中村メイコ 子供。 中村メイコ(女優)

60すぎたら、どんどん捨てなさい【part5】子供になんか残すな!「カネは自分で使い切る」が正しい(週刊現代)

中村メイコ 子供

旧芸名は 中村 メイ子。 本名は神津 五月(こうづ さつき)。 芸名は、新旧ともに本名の五月に由来する(日本語の「五月」を英語の「」に置き換えたもの )。 来歴 [ ] (現・)出身。 2歳の時に(現・)制作の『江戸っ子健ちゃん』に出演し、映画デビューする。 その後、映画やラジオに多数出演、複数の配役をこなし、浪曲師ばりの7つの声として 有名となった。 天才子役としてデビューして以来、や、、、らと共演した。 幼い頃、と会食している。 にはテレビ本放送開始以前のラジオ時代から出演。 テレビ放送においては、1940年に開催が予定されていたに先立つ実験放送の頃から出演し、と並んで日本のテレビ放送黎明期を語る上で欠かせない存在となっている。 16歳の頃、雑誌社でアルバイトをしていた時に当時編集長格だったに熱烈な恋をしたが、吉行は既に結婚していたため片思いに終わり、痛手に耐えかねてアルバイトをやめる。 吉行淳之介の短編『水の畔り』(1955年)の描写「ある冬の日、冗談のように彼の両手でつつみこんだ少女の片方の掌を、乱暴に彼の外套のポケットへ投げこんだ…」に登場する少女のモデルは中村メイコだった。 その後、と知り合いに結婚した。 には歌手としても活動し、「田舎のバス」(作詞・作曲)がヒットした。 また、とともにの製菓会社のCMソングも歌った。 「新妻に捧げる歌」(の歌で、神津善行作曲)の作詞者である。 『』でのから1961年のまで3年連続で紅組司会を務めた。 そのラジオ中継の音声が現存し、第10回は放送の『』の中で、中村の司会も含め全編がされた(音声はモノラル)。 、芸歴80年目を迎えた。 人物 [ ]• ・・・など、有名な喜劇俳優・コメディアン達と共演した影響で、本人は「デビューした2歳からずっと私の肩書きは女優ではなく、『喜劇女優』」 と語っている。 とはプライベートでも大親友だったことが知られている。 また、ひばりと同じ「」のとも親交があったが、ひばり・チエミともに若くして病死、二人それぞれの訃報を聞いた直後のメイコはショックの余り号泣していた。 無名時代のが付き人をしていた。 家族 [ ] 作家のと、著述家で「おチエさんの老青春を生きる」の著者中村チエコ の長女である。 中、「奈良は文化財がたくさんあるから爆撃はないだろう」という父の考えにより、(現・)に疎開した。 夫は作曲家の、長女は作家の、次女は女優の、長男は画家のと芸能一家で知られ、メイコを含めた神津家は「神津ファミリー」と呼ばれる。 出演 [ ] 『江戸っ子健ちゃん』でデビューした子役時代 映画 [ ]• - 役(1937年)• 南風の丘(1937年)• 小島の春(1940年)・・・夏川静江と二人だけのシーンが10分続く。 エノケンの孫悟空(1940年)• 島は夕焼け(1941年)• 希望の青空 - 武田純子役(1942年)• 待っていた象(1949年)• ホームラン狂時代(1949年)• ママ横をむいてて(1955年)• 花嫁はどこにいる(1955年)• くちづけ - 第三話:女同志(1955年)• 森繁の新婚旅行(1956年)• 裏町のお嬢さん(1956年)• 奥様は大学生(1956年)• 東京チャキチャキ娘(1956年)• お初の片恋(1956年)• 歌う弥次喜多 黄金道中(1957年)• 大安吉日(1957年)• 御用聞き物語(1957年)• 続御用聞き物語(1957年)• ロマンス誕生(1957年)• 森繁の僕は美容師(1957年)• 恋して愛して喧嘩して(1957年)• 暖簾(1958年)• おしゃべり奥様(1959年)• 奥様三羽烏(1959年)• (1960年)• 青べか物語(1962年)• 危い橋は渡りたい(1963年)• (1963年)• (1964年)• (1965年)• (1966年)• (1966年)• (1968年)• 冠婚葬祭入門 新婚心得の巻(1971年)• 喜劇 女は男のふるさとヨ(1971年)• 女生きてます 盛り場渡り鳥(1972年)• ふしぎな國・日本(1983年)• (1991年)• (1995年)• (1998年)• (2015年) アニメ映画 [ ]• (1967年3月、劇場公開) - ジャック・キキ• (1970年、内上映) - みにくいアヒルの子 テレビドラマ [ ]• (1964年、)• 第137話「女は一度勝負する」(1967年)• 第236話「喜劇・いらっしゃいませ集団万引様」(1969年)• 第285話「ひばりの愛の逃亡姉妹」(1970年)• (1967年、)• 第115話「稲妻お光」(1968年、)• (1969年、) - 茂木とよ 役• (1970年、NHK)• 第3シリーズ(1971年、TBS)• (1973年、関西テレビ)• (1975年、) - 宇佐見節子 役• 第45話「花嫁は大奥一年生」(1984年、関西テレビ)• 第11話「主水の隠し子現れる」(1987年、) - お島 役• 第27話「恐怖の水中舞踊! 」(1987年、テレビ朝日・東映) - おつね 役• (1988年、NHK)- ナレーター• 第23話「黄門様の占い縁結び -姫路-」(1988年2月1日) - おつね 役• 第14話「泣き笑い助太刀志願 -小浜-」(1988年12月12日) - お若 役• L) - おさき 役• 第15話「妻を斬った男」(1988年、テレビ朝日)• 第2シリーズ(・)• 「夢いくたび母の暦」(1988年) - おかつ 役• 「まかない屋おりき」(1989年) - おりき 役• 第3シリーズ(・)• 「現われた初恋の人」(1991年) - おきよ 役• シリーズ(1991年 - 1996年、TBS)• (1995年) - 役• (2008年) - 役• (2002年、NHK) - 神山はま 役• (2005年 - 2006年、NHK) - ナレーター• 第11・12話(2015年、) - 老婆 役• (2015年、) - 浅野美佐子 役• (2007年、下北沢)• (1960年、NHK) - お話• (1965年、NHK) - ピピ• (1968年 - 1969年、フジテレビ) - ドカチン、カカカ、キザオ• (1989年 - 1991年、NHK) - ヘンべえ 吹き替え [ ]• ラジオコメディ みんな大好き(NHKラジオ第1) - 花咲花江、花咲マミ役 テーマソング『』• メイコの女房百景()• (1974年 - 2009年まで出演、)• (TBSラジオ、1974年) - の体験をインタビュー。 (・) - 『』内で放送されている番組。 (2012年3月26日、・) - 『天野祐吉の隠居大学』第12回• (2016年 - 、ニッポン放送『月1メイコ』と題して月1回火曜日に出演)• 「青い羽ねむる」(2017年9月16日、NHK-FM) - インコ・パピプー役• (2019年4月7日 - 、TBSラジオ) バラエティ [ ]• メイコのごめんあそばせ(1959年 - 1968年、) - 司会 NET(現・テレビ朝日)開局と同時にスタートした、平日夜のトーク番組。 (1959年 - 1961年、NHK) - 紅組司会・(1977年、NHK) - 紅組応援団長• (1967年4月 - 1969年3月) - 司会• (NHK) - 紅組初代キャプテン• (NHK) - てんぷく笑劇場に出演。 (フジテレビ)• (1972年、フジテレビ) - 司会• (1978年4月 - 1979年3月、フジテレビ) - 司会• メイコとあなたの税ミナール(フジテレビ) - 提供番組。 (フジテレビ) - 準レギュラー解答者• (TBS)• (朝日放送)• (フジテレビ)• 森田和義アワー 笑っていいとも!(1984年3月9日・1985年3月5日・1989年8月9日、フジテレビ) - テレフォンショッキングゲスト ドキュメンタリー [ ]• JNNドキュメント「海医者 山医者」(2013年5月26日、中部日本放送) - ナレーション 代表曲 [ ]• 雑木林に月が出た(作詞・作曲、1955年1月発売)• 田舎のバス(作詞・作曲、1955年2月発売) メディア企画 [ ]• ソング(作曲:神津善行 TBS創立10周年記念) CM [ ]• ワンルーム経営(1985年) 著書 [ ]• 『小さな花の背のび』ひまわり社 1952• 『メイコのお婿さん探し』東邦社徳島書房 1954• 『ママ横をむいてて』ひまわり社・それいゆ新書 1955• 『娘が空を見上げるとき』ひまわり社・それいゆ新書 1955• 『ママは横をむいてはいられない』文化服装学院出版局・すみれ新書 1964• 『メイコのガムシャラ教育 カンナとの"攻防"12年』祥伝社ノン・ブック 1971• 『メイコの「奥さん処世術」』主婦の友文庫 1973• 『メイコめい伝』朝日新聞社 1977 のち日本図書センター「人間の記録」• 『オトコ通り八丁目』集英社 1987 のち文庫• 『いい女になるための"自分育て"の12章』三笠書房 1989 のち知的生き方文庫• 『"自分育て"の恋愛論 あなたの魅力をひきだす』三笠書房 1993• 『夫とふたりきり! これはもう恐怖です 定年夫婦の生き方・暮らし方』青春出版社 2000 のち文庫• 『老いてほどほど 老妻からのラブレター』家の光協会 2004• 『五月蝿い五月晴れ 人生という名の喜劇を生きて』東京新聞出版局 2005• 『人生の終いじたく だって気になるじゃない、死んだ後のこと。 』青春出版社 2010 のち文庫• 『夫の終い方、妻の終い方 「お二人様の老後」を生きぬく知恵と悪知恵』PHP研究所 2012• 『大切なこと、ちょっと言わせてね メイコ流・人生のお作法』大和書房、2013 共著 [ ]• 『メイコとカンナの本音でトーク』神津カンナ共著 小学館 1982• 『拝啓、あのねママ :メイコと母の往復書簡』中村チエコ共著 河出書房新社 1989• 『メイコとカンナのがんばれ! お年寄り こんな老人介護もあったのね』神津カンナ共著 TBSラジオ編 二見書房サラ・ブックス 1993• 『母と娘でいいたい放題 ほめてけなしてにぎやかに』神津はづき共著 講談社 1995• 『メイコとカンナのことばの取説』神津カンナ共著 亜紀書房 2006 脚注 [ ] [] 注釈 [ ].

次の

中村メイコの旦那や息子・次女や娘婿(杉本哲太)が凄い!

中村メイコ 子供

スポンサーリンク 5月24日 火)徹子の部屋に出演されます。 かって天才子役、七色の声を持つ少女、結構キャラ的に黒柳徹子とかぶっている感覚があります。 やはり黒柳徹子にも言えますが、声が特徴的です。 おんぼろバスにあるように若いころの声は特に秀逸。 ほかにこのような声を持つ人はいません。 歌を聞いたら、何か清々しい気持ちになるというか。 音楽的にすごいという意味ではなく、心があらわれるような個人的好みでは本当に好きです。 また最近はあまりテレビに出ないので黒柳徹子ほど有名ではありません。 最近テレビで拝見したのは「プラチナエイジ」で伊佐山香織 — 榊原郁恵の母役で出演しました。 それが一番最近テレビでみた中村メイコさんです。 中村メイコ今現在 女優で著書『人生の終いじたく』(青春出版社刊)のヒットでも知られる中村メイコさん(82才)は「片付けは大人の教養」だと断言しています。 「自分でもなかなかできない片付けを、子供や孫、友人に始末させたら大変迷惑です。 体が動いているうちに少しずつ自分のことを片付けていって死んでいくの が大人としてのエチケット。 以前夫(作曲家の神津善行さん)が、『せいぜい思い出の写真は子供止まりだよ。 腕を組んだ爺さんと婆さんの写真がたくさん残っ ていても、嫌になるし捨てるのも大変。 若い人にそんな手間をかけさせるんじゃない』と言ったのですが、まさにその通りだと思います」 そんな中村さんは、最近になって自宅を処分した。 30年間暮らした一戸建てを手放し、広さ3分の1のマンションに引っ越しました。 自分が動けているうちに終い支度を自分でする、子供に迷惑をかけないというお考えのようです。 中村メイコの夫や子供は 旦那は作曲家の神津善行で1957年に結婚した。 子供は神津カンナ(長女) 神津はづき(次女、夫は杉本哲太) 神津善之介(長男) 3人の子供がいます。 現在82歳の年齢で子役のスタートなので芸歴はかなり古い、芸能活動を1937年から始められているので、芸能活動76年です。 中村メイコのプロフィール 本名:神津 五月(こうづ さつき) 芸名:中村メイコ 芸名は、新旧ともに本名の五月に由来する(日本語の「五月」を英語の「May」に置き換えたもの黒木メイサも同由来の芸名命名がなされているようです。 生年月日:1934年5月13日(82歳) 出生地:東京府 東京都 ・・・中村メイコが生れた時代は東京府だった 東京府(現・東京都)出身。 2歳の時にP. L映画製作所(現・東宝)制作の『江戸っ子健ちゃん』に出演し、映画デビューする。 その後、映画やラジオに多数出演、複数の配役をこなす7色の声として有名となった。 天才子役としてデビューして以来、榎本健一や古川ロッパ、徳川夢声、柳家金語楼、森繁久彌らと共演した。 エノケンやロッパと共演しているというのは恐らくものすごい経験、昭和の喜劇の歴史の生き証人です。 管理人は森繁久弥しかわかりません^^ スポンサーリンク こんな歌も歌っていました。 『田舎のバス』昭和の名曲です。 いい声ですね。 TBS 「ザ・ガードマン」 TBS 「おやじのヒゲシリーズ」 NHK 連続テレビ小説「さくら」 NHK 連続テレビ小説「風のハルカ」 NHK 大河ドラマ「篤姫」 TBSラジオ 「メイコのいきいきモーニング」 NHKラジオ 教育番組「おはなしの旅」 他 多数出演 中村メイコの著著 『夫とふたりきり!これはもう恐怖です』(青春出版) 『人間の記録(めいこめい伝)』(日本図書センター) 『五月蝿い五月晴れ』(東京新聞出版局) 『人生の終いじたく』 青春出版社 まとめ 夫の神津 善行(こうづ よしゆき、1932年1月2日 — )さんもご健在 一家そろって芸能一家です。 次女神津はづきの夫は杉本哲太です。 スポンサーリンク.

次の

中村メイコの夫は?娘と息子は?自宅を処分?美空ひばりと親友だった!

中村メイコ 子供

以来、人気女優として83年。 洋服や着物、靴、アクセサリーなどを人の何倍も所有し、 「買い物ほど楽しいものはないわよね。 それに、女優だから同じ物は身につけられないでしょ?」 ころころと笑う中村メイコさん。 その老い支度は5年前の80歳のとき。 夫・神津善行さんのユーモアあふれるひと言から始まった。 それをそろそろやめないか? もし君が先に死んじゃったら、僕は君の山のようなパンストに埋もれながら、それをどうするか考えなきゃならない。 そして、そのとおりだとも」 長女で作家の神津カンナさん、次女で女優の神津はづきさん、長男で画家の善之介さんはとうに独立。 約30年前に建築した2階建て+地下という、まるで体育館のような大邸宅は、夫婦2人暮らしにはあまりにも広すぎた。 生前整理をして生活と持ち物を縮小化。 老夫婦でも暮らしやすいコンパクトな家に住み替えることに。 まずは、作曲家である善行さんの魂ともいえるグランドピアノから敢行。 大親友の美空ひばりさんも遊んだであろうビリヤード台もいさぎよく。 愛着あるものを捨てる際の寂しさは、まったくなかったとメイコさん。 「 私は2歳から役者ですから、セットに合わせる名人なのね。 だから、ものを捨てて小さい家に越すことは、違う世界に行けるような感じがして、ワクワクしたの」 メイコさんがものを手放す際の基準は、年齢。 例えば、ハイヒール。 「いくら高価なブランド品でも、流行遅れのものを身につけるなんて嫌。 古くさいデザインのオーストリッチのカバンよりも、トレンドの千円のバッグのほうがかわいいじゃない?」 そんな性格も片づけを後押しした。 メイコさんの断捨離は週単位。 そんなこと考えていたら前に進めないでしょ?」 そんなメイコさんでも、捨てるのに躊躇したものがあったという。 「やっぱり親友のひばりさんにまつわるもの。 おそろいの着物とかね。 最後の最後まで捨てられなかったけれど、しかたないの。 人間ってね、しかたがないことばかりに向き合って暮らしているの。 例えば、今晩のおかずににんじんを切ることだってそう。 みずみずしく、きれいに茂った葉っぱを勢いよくザクッと切る。 すごく残酷なことでしょう? 自分の生活は、たとえ残酷でもバン! と切っていかないと、とめどなく膨らむばかりになってしまうから」 世は『ヤフオク!』や『メルカリ』などネットでの個人間売買が盛況だが、微塵も考えなかったという。 「それをしたら、(ひばりさんとの)友情を裏切ることになるから」 最期は病院で迎えたい 10週をかけ、メイコさんのお片づけは完了。 ものを手放すことで、私はすがすがしさを手に入れたんだと思うわ。 女の人って、どうしても思い出にがんじがらめになるもの。 でも人生って、年齢に合わせてそぎ落とさないと前に進まない。 私、このごろしみじみと思いますよ」 現在は4LDKのマンション暮らし。 とても居心地がよく、快適だと微笑む。 「 でも私、最期は自宅じゃなく、病院で迎えたいの。 だって、死ぬときのセットとして、いちばん似合うじゃない? 女優が死を演じるかのように旅立ちたい。 生活感ある日常の中に、看護師さんがウロウロするような非日常が持ち込まれたら、家族はつらいでしょうからね。 セットのような病室で、悲壮感なく、周りに迷惑をかけずに臨終を迎えたいわ。 《PROFILE》 なかむらめいこ。 2歳8か月で『江戸っ子健ちゃん』(1937年)で銀幕デビュー。 以来、映画、テレビ、舞台などで活躍。

次の