喪中 初詣 ルール。 喪中の合格祈願や初詣ルール

喪中の際の正月の過ごし方と初詣ルールやマナー!

喪中 初詣 ルール

スポンサーリンク 喪中の時初詣はできるの?ルールは? 年内に身内の方が亡くなられたりすると 喪中ってことになりますよね。 そんな時、 初詣は控えるって聞いたことありましたけど、これって本当なのかしら? 喪中ってことで 控えるのはお祝いごと。 なので「おめでとうございます」の年賀状は控えたり、鏡餅やお正月の飾りなど新年を祝うっていうものはやらないでいたり、結婚式などのお祝いごとには参加しないといったことが一般的です。 ということは初詣はどうなんでしょうか? 初詣に出かける場所っていうのは 神社ですよね。 神道では、死を穢れ(けがれ)と扱うので、喪中の場合は神社にお参りをするのは避けたほうがいいんです。 正確に言うと四十九日までの忌中の間は鳥居をくぐらないようにするということなので、忌中が終わった後、神道では五十日祭、仏教なら四十九日をすぎればお参りをしてもいいてことですよね。 忌中のときは初詣に行けないってことですが、実は言ってもいいところがあるんです! それは・・・ お寺。 仏教では人の死を穢れとは扱っていないのでOKなんです。 なのでお寺にお参りすることは禁じられていないんですよ。 お正月は故人や先祖へ新年の挨拶をするっていうのがお寺の思想なので、喪中であってもお参りをしても大丈夫ってことになります。 ではお寺なら忌中の時も新年のお参りはやってもいいのかというと、流石にこれはやめておいたほうがいいようです。 いずれにしても、神道では五十日祭、仏教では四十九日までの忌中の期間は初詣は控えておくということですね。 私も経験がありますけど、この期間というのは本当に悲しいやら忙しいやらで、忙しさで悲しみを忘れるほど・・・悲しんでる間もないくらい忙しかったのを覚えています。 喪中の範囲ってどこまでなの? スポンサーリンク 2親等っていっても具体的には誰までか、というと、ん~~~って思うかもしれませんが、簡単に分かる方法があります。 それは 夫婦単位で見るといいんです! 夫と妻は0親等 ここから始まるとしたら 父と母そして子供夫婦は1親等となります。 確かに、遠方にいる人まで喪中にするのは、ピンとこないってことなんですかね。 更に血族のみっていう考え方もあるようで・・・まあ、あとはその家族の考え方や住んでるところの風習に合わせるってことでいいでしょうね。 喪中のときはお札はどうすればいいの? さて、初詣に行き時などに昨年の御札も一緒に収めに行きますよね。 喪中のときなら初詣も大丈夫なんですが、やはり行かないって方もいると思います。 そんなときは昨年のお札はとうしたらいいんでしょうか。 喪中のときは先程のように忌中の期間(四十九日や五十日祭)を過ぎていれば初詣や神社にお参りをしてもOKなのでそのときに持っていっていいですよね。 では忌中の場合や喪中でも個人の考えで、気になるので初詣には行かないというときは 立春以降にお参りをして、そのときに納めれば大丈夫です。 この立春っていうのは地球と太陽の位置関係で決まるということですから、毎年この日って決まってなくて、年によって変わるのでカレンダーなどで確認してくださいね。 そして古い御札を納めて新しいものをいただくってことになります。 破魔矢も同じように納めればいいようです。 基本的には、古いお札や破魔矢というのはいつでも収めることができるらいいですよ。 しかも、御札などをいただいたところに収めなければいけないってこともなく、ちがう神社でも大丈夫なので、収めさせていただけるお宮に行けばいいってことですね。 また、郵送でも受け付けてくれるところもあるようなので、送る時期や焼納料についてはお問い合わせしてみて下さい。 先程、立春以降に参拝して新しい御札をいただくとお伝えしましたが、では、破魔矢はどうなんでしょう。 お正月以外で手に入れることができるんでしょうか? これは、大きな神社なら授与していただけるそうです。 小さな神社だとお正月の時期しか置いていないようですので、行こうとしている神社に問い合わせてくださいね。 まとめ 喪中の時の初詣のルールって意外に知らないことがありますよね。 忌中を過ぎていれば大丈夫なんですが、お住まいの地区や家族のお考えもあるでしょうから、それに沿ったほうがいいでしょうね。 喪中の範囲も時代とともに変わってきてるようですが、基本は2親等って覚えておけば大丈夫です。 新しい御札もそのときにいただくことができます。 破魔矢はお正月以降だと大きな神社だと置いてあるようですので、行こうとする神社に問い合わせてくださいね。

次の

喪中のときの神社・お寺は参拝しても良いのか|初詣/お守り

喪中 初詣 ルール

初めての方へ• プランと費用• 葬儀場を探す• 葬儀の知識• 喪中は仏式や神式の葬儀を行った場合に、喪に服すべき期間のことです。 一方、仏教宗派の中でもユニークな教えを持つことで有名なのが、西本願寺や東本願寺などで有名な浄土真宗です。 そして特殊な教えを持つために、浄土真宗では喪中や忌中に対する考え方も独特なものとなっています。 ここでは浄土真宗が考える喪中や忌中について見ていきましょう。 浄土真宗には喪や忌の概念がない 実は浄土真宗には、 喪や忌といった考え方がありません。 このため故人が亡くなった日から四十九日や一周忌にかけての日々も、喪中や忌中のことを気にかける必要がないといえます。 だからこそ 浄土真宗を信じている場合は、四十九日や一周忌を迎える前であっても特に行動が制限されることはないという立場です。 浄土真宗に喪や忌の概念がない理由についてですが、それは次の項で見ていく浄土真宗の死生観が大きく関わっています。 浄土真宗の死生観 浄土真宗で喪中や忌中がない理由を理解するには、浄土真宗の教えや死生観について知ることが大切です。 浄土真宗は浄土信仰を軸とする仏教宗派で、鎌倉時代に親鸞聖人によって開かれました。 浄土真宗は阿弥陀如来のお力にすがって救いを求めようとする教えであるため、信徒がよく「南無阿弥陀仏」と念仏を唱えます。 そして浄土真宗の死生観とは、亡くなった方は生前の行為に関係なく、 誰もがすぐさま阿弥陀如来のお力により極楽浄土にて仏様として生まれ変わるというものです。 このため故人の冥福を祈る意味のある喪中や忌中は、浄土真宗の教えや死生観に基づいて考えればあり得ないことといえます。 なお浄土真宗ではご臨終の際に行う 末期の水もありませんが、これは極楽浄土は住む人々が苦痛を味わうことのない世界とされているためです。 また葬儀で持参する香典についても、他の仏教宗派では「御霊前」と書くべきところを、浄土真宗では霊の状態を経ることなく成仏するという考え方から、「御仏前」と書きます。 他の宗派はどうか 以上のように浄土真宗では、亡くなった方はすぐ極楽浄土で成仏するという考え方であるため、喪中や忌中という概念がありません。 それでは浄土真宗以外の仏教宗派では、喪中をどのように考えているのでしょうか。 浄土真宗以外のすべての宗派では、喪中はあるものとみなします。 このため家が浄土真宗以外である場合は、一周忌が過ぎるまでは喪中の期間を過ごすのが一般的です。 もちろん喪中の間は、おめでたいことや派手なことをなるべく避けるようにします。 浄土真宗でも喪中に控えるべきことはある? 浄土真宗では、喪中や忌中の考えがないということに触れてきました。 もし喪中や忌中というものが存在しないと考えるのであれば、浄土真宗では一周忌までの期間をどのように過ごすのでしょうか。 基本的には控えることはない 一般的に喪中の間は、おめでたいことや派手なことに関してはなるべく避けるべきとされています。 しかし浄土真宗の場合は喪中はないものと考えるため、基本的に おめでたいことを避ける理由がありません。 このため浄土真宗では、 故人の一周忌が過ぎるまでの期間に結婚式への参加などしても、特に問題はないという立場です。 喪中の概念をもつ宗派への配慮は必要 喪中の存在を考えない立場に立つ浄土真宗では、一周忌を迎える前であっても以下のような行為を控える必要はありません。 ただし浄土真宗以外の宗教・宗派では、基本的に喪中はあるものとみなすため、配慮する必要があります。 神社への初詣 まず最初に挙げられる喪中に控えるべきとされている行為が、神社への初詣です。 喪中の場合は、基本的に神社への初詣をしても問題ないとしているケースが多いですが、やはり 神社によっては控えるべきと考えるところもあります。 もちろん浄土真宗の考え方では、一周忌を迎える前に神社へ初詣することは問題ありません。 しかし神社が喪中の参拝に対して否定的な立場である場合、喪中であるにもかかわらず参拝することに対して神社側が不快感を覚えるでしょう。 念のため、 前もって神社に確認するなど配慮が必要です。 日本には様々な種類の神社があることをご存知ですか?神社の中でも3大神社と呼ばれる影響力の強い神社の神宮・天神・八幡宮・住吉・大社について知りたいという方はこちらの記事も併せてご覧ください。 年賀状 年賀状も新年の到来を祝う意味があるため、喪中は控えるべきとされている行為の1つです。 このため喪中の存在を認める立場としては、喪中はがきを発送するのが一般的とされています。 浄土真宗の場合、年賀状を出しても問題はありませんが、 受け取る側が喪中が明けていないことを理由に受け取りを躊躇する場合もあるでしょう。 このため発送する前に、年賀状を出すことが宗教上問題ないことをきちんと説明するなど、誤解が生まれないようにする配慮が大切です。 結婚式 結婚式もおめでたい性格を持った行事であるため、 喪中の場合は挙式も参加も控えるべきとされています。 年賀状と同じように、 挙式や参加に対して宗教上問題がない旨を、あらかじめ関係者に伝えることが大切です。 喪中や忌中に控えたほうがいいこと 浄土真宗以外のほとんどの宗教や宗派では、浄土真宗以外のほとんどの宗教や宗派では、喪中や忌中の存在を認める立場です。 このため浄土真宗以外では、喪中や忌中に控えるべきことについて知っておくことが大切でしょう。 ここでは、喪中や忌中に控えるべきとされていることについて、簡潔に見ていきます。 お正月飾り 最初に挙げられる喪中や忌中に控えるべき行為が、お正月飾りです。 お正月飾りとは、年末年始に家などで飾られる 鏡餅やしめ縄、門松などを指します。 いずれも昨年1年間を無事に過ごせたことに感謝しつつ、歳神様をお招きして新年の到来をお祝いするためのものです。 このようにお正月飾りには、新年をおめでたい気持ちで迎える意味があるため、 おめでたいことを控えるべき喪中や忌中に飾るのは不適切とされています。 おせち料理 喪中や忌中に控えるべき行為の中には、おせち料理も挙げられます。 お正月の風物詩に数えられるおせち料理ですが、喪中や忌中に避けるべき理由は、 紅白のかまぼこや海老、鯛といったおめでたい意味の料理が含まれているためです。 ただしおせち料理については、 おめでたい意味の料理さえ避けてあれば、食べて良いとされています。 加えて喪中専用のおせち料理もあるため、喪中の中でお正月を迎える場合に注文すると良いでしょう。 旅行 旅行も喪中や忌中に控えるべきとされている行為の1つです。 おめでたい意味や派手さがあるわけではありませんが、 旅行は遊興に含まれると考える方もいるため、事前にご親族などに確認を取ったうえで出かけると良いです。 特に忌中の間は、より慎重になるべきでしょう。 とはいえ、喪中に旅行に行ってはいけないことが、法律などで明記されているわけではありません。 むしろ故人を失った悲しみを癒すという目的があれば、旅行に出かけても問題はないでしょう。 もし行先についても気になるのであれば、 有名なお寺や温泉などを巡ってみるのも1つの方法です。 以下の記事で喪中に控えるべきことについて解説をしていますのでこちらも合わせてご覧ください。 喪中とは故人が亡くなった日から一周忌までの期間で、喪が明けるまではおめでたいことなどを避けるべきとされ、四十九日までの忌中では神社参拝も避ける。 浄土真宗では亡くなった故人が極楽浄土で成仏するという考え方であるため、喪や忌という概念がないため、喪中や忌中という期間も存在しないものとみなす。 浄土真宗では喪中が存在しないものとみなすため、一般的に喪中で避けるべきとされることでも控えることはないが、他の宗教・宗派を信じる人々に配慮する必要がある。 一般的に喪中や忌中に控えるべきとされることとして、お正月飾りやおせち料理、旅行がある。 一般的におめでたいことなどを控えて、故人の喪に服して過ごすべきとされる喪中ですが、浄土真宗の場合は喪中はないものとみなします。 これは浄土真宗の教えでは、亡くなった方は仏様のお力によって、すぐさま極楽浄土で生まれ変わるという考え方があるためです。 このため浄土真宗の知人・友人がいる方は、浄土真宗の独特な考え方とともに、喪中でもおめでたいことを控える必要がないと考えている点を理解しましょう。 一方で浄土真宗を信じる方たちも、喪中におめでたいことなどをする際は、周りの方に配慮する気持ちも大切です。 「終活ねっと」では他にも様々な記事を掲載しております。 以下では浄土真宗の法事について解説をしていますので合わせてご覧ください。 今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

喪中に神社への初詣はやっぱりNG?どんな場合が大丈夫?

喪中 初詣 ルール

スポンサードリンク 喪中に初詣はダメなの? 「 喪中だけど初詣に行きたい」 そういうこと、ありますよね。 今年は喪中なので初詣を控えている、という話をよく聞きます。 喪中とは、近親者を亡くした人が「喪に服す期間」のことを指します。 ですが、受験があるとか、厄除け祈願とか、安産祈願とか、初詣デートがしたいとか、 理由はさまざまですが、服喪中でも神社でお参りしたい気持ちがあっても不思議じゃありません。 自分に身近な人が亡くなったり、亡くなってからあまり期間がたっていなくい場合は別ですが、 故人があまり身近な存在でなかったり、ある程度の日にちが経ってくると、初詣に行っていいものかどうか考えてしまうことだってあります。 喪中の初詣に神社がダメな理由 神社では、死を『 穢れ(けがれ)』と考えます。 神さまは穢れを嫌うため、神聖な場所である鳥居をくぐることが出来ないのです。 このことから、 近親者に不幸があった場合は、神社にまつわる慶事を避けなければならないとされています。 喪中でも初詣に神社に行ける場合 世間的には、喪中の期間に神社へ初詣へ行くのはNGであると言われていますが、必ずしもそうとは限りません。 喪中の期間は、一般的には一周忌までの期間(12~13ヶ月)を指すことが多いです。 約1年ですね。 喪中期間の1年の間、ずっと神社に出掛けて初詣をするのはダメ!ということではありません。 初詣や参拝で神社に行くのはNGとされているのは、喪中期間の中の 忌中の間だけ。 忌中が過ぎれば、神社に出向いても大丈夫なんですよ。 つまり、 喪中期間でも忌明け後であれば、神社を参拝できるということです。 一般的に、四十九日の法要を終えると忌が明けると言われており、忌中の日数も定められています。 両親や配偶者は50日間。 祖父母は30日間、兄弟姉妹や子ども、叔父叔母(伯父伯母)は20日間です。 喪中の初詣にお寺はいいの? 神社は死を穢れと考えますが、お寺にはそのような考え方はありません。 また、忌中や喪中といった考え方もありません。 仏教では死は俗世から離れて極楽浄土へ旅立つことなので、『死を忌む』という考え方がないのです。 だから、お寺で葬儀をする場合もあるし、初七日法要、四十九日法要などの法要もしますよね。 なので、 お寺は喪中の期間(忌中期間でも)に参拝に行っても問題ありません。 お寺への初詣は、喪中・忌中の期間でも可能です。 毎年、初詣に行くのに神社かお寺か意識していなくて、神社だと思っていたらお寺だということもあるかもです。 初詣で毎年非常に混雑する1つである成田山は、正式には成田山新勝寺といい、真言宗智山派のお寺です。 外国人観光客にも知名度の高い浅草寺も名前のとおりお寺ですし、厄除けで有名な川崎大師も真言宗智山派のお寺です。 スポンサードリンク 喪中の初詣でお守りは買っていいの? 毎年の初詣で、新しいお守りをいただくようにして人は多いですよね。 ですが、これも初詣と同じです。 神社の場合は忌中を過ぎていれば、喪中であってもお守りをいただいて大丈夫ですし、お寺は喪中・忌中どちらでも問題ありません。 合格祈願や出産祈願などで、どうしても新しいお守りやお札で神さまのご守護を得たいと思う時は、 直接神社に問い合わせてみるのがおすすめです。 今は神社仏閣もHPや公式サイトがあり、中には、お守りを郵送で受け付けているところも見かけます。 有名な神社であれば、WEBから簡単に申し込みできます。 ふだん初詣に出掛ける神社や、お守りを入手したい神社が郵送の対応をしているかどうか、電話やメールで相談をしてみるのもひとつの方法です。 ちなみに、お守りは忌中ではない人に買ってきてもらう、というのは控えたほうがいいかもしれません。 神社にもよりますが、『誰かの手を通すと、神社からの繋がりが切れてしまう』という考え方があり、自分の手で直接手に入れることを推奨しているところもあるからです。 古いお守りやお札の処分はどうする? 古いお札やお守りを お焚き上げするのは初詣の期間だけではありません。 どこの神社、お寺でも通年行われているので、神社の場合は忌中の初詣期間は避け、四十九日が過ぎてからお焚き上げしてもらいましょう。 神社によっては 郵送対応しているところもあるので一度問い合わせて相談するのも良いと思います。 お寺の場合は初詣の期間中でも大丈夫。 お寺なら忌中や喪中は存在しないので、 初詣先がお寺なら忌中でも問題ないです。 喪中の初詣でおみくじを引くのはNG? おみくじも初詣やお守りと一緒で、忌中を過ぎていれば、神社で引いても大丈夫です。 初詣先がお寺であれば、忌中でも全く問題ありません。 おみくじには神さまからの言葉が書かれています。 ・ ・ 喪中で神社の厄払いは出来る? 初詣は忌中であきらめがつくとしても、厄年で厄が気になることもあるかと思います。 初詣と同じで、 神社では厄払いも忌中はNGです。 なので、厄払いをしたい時は、• お寺で厄払いをする• 忌明けを待って神社で厄払いをする ということになります。 お寺で厄払いする場合の注意点 神社で行うのは厄払い、お寺で行なうのは厄除けと言います。 厄除けを行っている宗派のお寺であれば、忌中・喪中関係なく厄除けをしてもらえますが、厄払いは神社とお寺では考え方が異なるので注意が必要です。 神社・・・厄は乗り越えていくものであり、大難を小難に、小難を無難に、としていくもの。 お寺・・・神仏の力を頼り、厄を切り払ってもらうもの。 このことを踏まえて、どちらが自分に合っているか考えて選ぶのも大切ですね。 喪中に初詣はダメなのか神社の参拝を避ける時期とお守り厄払いの扱い まとめ 神社へ初詣に行ってはいけないのは「喪中」ではなく「忌中」の時です。 神社では死は穢れとされ、忌明けをするまで、鳥居をくぐることが出来ません。 忌中を過ぎたら喪中でもお守りやおみくじを買ってもOKです。 神社へのお参りは忌明けまで出来ませんが、お寺は違います。 お寺には死を穢れとする考え方自体がないからです。 むしろ、身近な方を亡くした後だからこそお参りが必要と考えているところもあり、特に制限はされていないのです。 なので、お寺に初詣に行く分には、特に喪中だから、忌中だからと気にすることはありません。

次の