アラン ドロン 若い 頃。 アラン・ドロン!オススメ作品はありますか?

アラン・ドロン

アラン ドロン 若い 頃

アラン・ドロンの若い頃の美貌がハンパない代表作!日本人気のワケは? アラン・ドロンが魅せた現代男性のエレガンス 1960年代から1970年代にかけて、外国人俳優の中で、美男子の代表として人気を誇ったのが、フランスの男優アラン・ドロンです。 1970年代には、日本のファッションブランド「ダーバン」のCMキャラクターとして、テレビCMに出演。 」という決め台詞は、一世を風靡しました。 しかし、当時ほとんどの日本人は、「ダーバン」から後ろに続く言葉、「セ・レレガンス・ドゥ・ロム・モデルヌ」の正しい発音や意味など、誰も知りませんでした。 ちなみに日本語のコピーは、「ダーバン、大人の心」。 アラン・ドロンによる決め台詞を直訳すると、「現代男性のエレガンス」といったところでしょうか。 アロン・ドロンは、1935年生まれ。 2017年5月に、81歳で俳優業から引退することを発表し話題になりました。 アラン・ドロンは「太陽がいっぱい」で世界的大スターに!日本での大人気と本国での意外な評価 アラン・ドロンの世界的な出世作は、なんといっても、1960年公開されたルネ・クレマン監督「太陽がいっぱい」でしょう。 そして1963年に公開された「地下室のメロディー」で、名優ジャン・ギャバンと共演し、その人気を不動のものとします。 その後も「冒険者たち」では、リノ・ヴァンチュラ。 「さらば友よ」では、チャールズ・ブロンソン。 そして「ボルサリーノ」では、ジャン・ポール・ベルモントと、アロン・ドロンとは全く対照的な骨太で男臭い俳優との共演作がヒットしました。 しかしそれらの映画はどれも、共演者のほうが評価されるばかり。 フランス本国では、どちらかというと、ただの垢抜けない二枚目といった感じで、同世代のジャン・ポール・ベルモントのほうが、はるかに人気があったようです。 日本では、アラン・ドロンの演技より、いかにも白人の男性らしい端正な容貌ばかりが注目されて、女性たちの間で大人気となり、アラン・ドロンと言えば、男前の代名詞のように言われるようになりました。 もしかしたら、アラン・ドロンは、フランスの杉様(杉良太郎)といった存在だったのかもしれません。 アラン・ドロンに波乱万丈の生い立ち!結婚した妻や子供は? アラン・ドロン青少年期の悲惨な生い立ち アロン・ドロンは、幼い頃に両親が離婚。 母は再婚しますが、新たに生まれた娘ばかりが溺愛され、アラン・ドロンは厄介者扱いでした。 やがて彼は非行に走り、少年院、さらには刑務所に入ったこともあるようです。 身の置き場を失ったアラン・ドロンは、志願して第一次インドシナ戦争へ従軍。 除隊後は、アメリカやメキシコをあてもなく放浪し、フランスへ戻った翌年の1957年、映画祭で沸くカンヌの町を歩いていた時にスカウトされました。 この時、アラン・ドロンは22歳。 こうしてアロン・ドロンは、映画俳優という人生を歩み始めることになります。 初期の作品には、アロン・ドロンの青年期そのものである、孤独や挫折、そして野望と、女性に対する屈折した愛憎そのままが演じられていたといっても過言ではありません。 だからこそ、その残酷なまでの美貌とナイーブさが、多くの女性たちの心をつかんだのでしょう。 人気を得てからというもの、金と権力に固執するようになったとも言われるアロン・ドロンですが、そのワケは恵まれなかった生い立ちにあるのかもしれません。 アラン・ドロンの恋多き人生と家庭的な不幸 アロン・ドロンは、1959年、「恋ひとすじに」で共演したロミー・シュナイダーと同棲し婚約しますが、1963年に婚約を破棄。 女優のナタリー・ドロンと結婚し、息子のアンソニー・ドロンが生まれます。 しかし、女優を続けたいという彼女と対立し、1966年に離婚しました。 その後は、女優のミレーユ・ダルクと長く愛人関係にありましたが、1987年、オランダ人モデルのアラン・ファビアンと出会い、未婚のまま2子をもうけます。 しかし、2002年には別れました。 また、ドイツ人のモデル・歌手のニコとの間にも、男の子が1人います。 こうしてみると、アロン・ドロンは恋多き人生のようですが、幼児期の母親に対するトラウマを引きずったままなのか、良き家庭を築くことはできなかったようです。 アラン・ドロンの引退・俳優生活60周年を期して映画祭を開催 引退を表明したアラン・ドロンですが、その人気はいまだ衰えることがありません。 2017年は、アラン・ドロンの俳優生活60年を迎える節目でもあります。 そこで、7月1~14日まで、東京・渋谷のBunkamuraル・シネマで、「アラン・ドロンに魅せられて」が開催されることになりました。 「冒険者たち」や「山猫」などはもちろん、「地下室のメロディー」や「太陽が知っている」「スワンの恋」など、近年は、スクリーンで上映されることのなかった貴重な作品群が、2週間限定で上映されます。 期間中は、1959年に、パリでアラン・ドロン本人にインタビューしたことがある映画評論家・秦早穂子のトークイベントも行われる予定です。 思えば、1960年代は、新しい映画の動き、ヌーヴェルヴァーグの黄金期であり、発祥の地フランスは、日本人にとって憧れの国でした。 アラン・ドロンは、ルネ・クレマンの「太陽がいっぱい」や、ロベール・アンリコの「冒険者たち」など、そのフランスを代表する映画スターと言えます。 映画界はその後、ハリウッド映画が世界を席巻し、日本でフランス映画が見られることも少なくなっていきました。 しかし映画を離れ、日本で美男子の代名詞となったアロン・ドロンは、今も日本人の記憶に残る、外国人映画俳優の1人といっても過言ではないでしょう。

次の

黒柳徹子の激太り画像?若い頃の写真とアランドロン?現在の年齢とろれつ?

アラン ドロン 若い 頃

往年の銀幕のスターの魅力を振り返る「名画プレイバック」の番外編。 二枚目の代名詞であり、日本で最も人気の高いフランスの俳優の魅力を、当連載の担当ライターの対談形式でお届けします! スカウトされる形で1957年に映画デビューを果たして以来、出演作も多いドロン。 今回はフランスに在住経験があり、フランス文化にも精通しているさんに、「ドロンの魅力を堪能できる5本」をセレクトしていただきました。 絵になりますね。 冨永:セリフは少ないけど、動いているだけでかっこいい。 イメージビデオに近い感覚ですよね。 今:監督と撮影監督のという、鉄板コンビの力も大きいですよね。 冨永: トレンチコートの着こなしや帽子のつばを指先で直す仕草などは、すべてメルヴィルが決めたものなんですよ。 そこが映画スターとしてのドロンの肝でもある。 最近のインタビューでも、よい監督とはどういう人か? と聞かれて、「全部やって見せてくれる人」と答えていて(笑)。 メルヴィルももも、すべてをやって見せてくれたと。 わかります! あのどこか 悲しげで、憂いを含んだ、ミステリアスな目の美しさにも引き込まれます。 冨永:年を取ると目がしょぼしょぼになったりするけど、80歳を超えた今でも目力、輝きといった強さは衰えない。 ドロンの 薄いブルーの目には、男や女をたらし込む系の魅力もあれば蔑むような冷たさや強さもあると思うけど、それも演出、監督の力量に左右されるところがあるんじゃないのかな。 冨永:そう。 だからドロンの謎めいた、ミステリアスとか憂いとか、そのイメージも作ってもらったものなんですよね。 『サムライ』でドロンはプロデューサーを兼ねていますが、 どうしたら自分が一番かっこよく見えるかということには敏感で、そのイメージのためには何でもするというのがドロンだとも思う。 ドロンというアイコンを自分が演じているという認識はあるはずで、いろんな役ができる 器用な俳優ではないですね。 今:そういう意味では、出世作のトム・リプレー役のドロンは、圧倒的な若さと美しさの輝きと対比される、 負け犬感というか幸薄い感じがぐっとくるわけですが、このイメージがそもそものドロンのブランドですよね。 ドロンというスターの方向性を決定づけたルネ・クレマンも魅力をよくわかっていた。 特に 肉体美は強調されていますよね。 冨永:クレマンは肉体としてのドロンを撮っていた感はありますね。 トムを疑う刑事が寝込みを訪ねてきた時、なぜかトムは シャツをはだけながら対応していたり、カメラのアングルが妙に低めを狙ったりとか(笑)。 今:ラストシーンの、破滅が迫るのも知らずに人生の頂点にいる瞬間の、あの笑顔ももちろん忘れられないけど、あれほど切ないのに、シャツがはだけた胸元の記憶が鮮明だったりもする(笑)。 冨永:私が一番印象に残っているのは、 ギターを弾いている時の、上目遣いの目だけのクローズアップ。 ドロンの名刺代わりになるようなシーンだと思うし、映画スターの出発地点でもある。 それについては、本人もクレマンにすごく感謝しているんですね。 実は最初は、がトム役だったのですが、自分の役と直談判してスイッチしたそうです。 この頃から、自分の見せ方を、よくわかっていたんだなあと。 この時点で、既にプロデューサー的な視点はもっていたのかもしれませんね。 ちなみにクレマンの奥さんをまず味方につけて、監督を説得してもらったとか。 冨永:欧米ではみじめさを含めてルーザーと捉えるけど、日本だと、姑息さや間抜けなのに素敵! となるのは判官びいき、共感の方が強くなるんじゃないのかな。 あと、 ドロンにユーモアセンスがないというのも大きい気がします。 ちなみに 『太陽がいっぱい』のドロンは、胸毛もないし、すね毛も薄い。 つるっつるなの(笑)。 欧米ではちょっと受け取り方が違うんだけど、日本人はその美しさは大好きなんですよね。 世界的に見ても日本での人気は異常に高いし、ドロン自身が 「自分は日本では生き神様のように思われている」「日本では自分が美しい男の理想型」とか豪語している(笑)。 今:生き神様とは大きく出ましたね(笑)。 そういえばアメリカにも進出したけれどウケなかった。 本国フランスでは、どうなんでしょう? 冨永:フランスではかっこいい男と、いわゆるイケメン的ないい男(美男)は区別しているところがあって。 かっこいい男はやなどで、ドロンはあくまでもいい男。 かっこいい男の前では、いい男は一段下がるという感じで格差がある。 今は大分変わったけど、ルックスだけではかっこいい男にはなれない、顔だけの男なんてのは所詮そこまでよ、というフランス人特有の皮肉です。 そういう価値観の中で、ドロンはフランスではいい男でもここまでできるといった、 イケメンの価値をあげた存在なのかもしれない。 もちろん、ドロンの美しさはユニバーサルだから、フランスでもどこの国でも、そこに異論がある人はいないでしょう。 一番のウリともいうべき陰を取っ払ってもなお美しい。 ドロンの美しさは最強! と確信できる映画です。 ビジュアル面でも絢爛豪華な作品ですが、ドロンの輝きは負けていないし、 怪我をして片目を眼帯で隠すという演出は狙い過ぎという気はするけど、事実美しさが際立つ感すらある。 ドロンは明るいキャラを演じたり、コミカルなことをやろうとすると大抵は失敗するんだけど、ヴィスコンティは上手く使ってくれていて、稀有な成功例と言えます。 同じく、『太陽がいっぱい』と同年に公開された の優しくて優柔不断、かつ純朴なキャラも異質で、典型的なドロンのイメージと違った魅力をヴィスコンティは引き出すことに成功している。 ヴィスコンティの偉大さを痛感しますね。 冨永:昔、 さんが『太陽がいっぱい』について「これはホモセクシャルの映画」とおっしゃっていてびっくりしたのですが、実際にそうなんですよね。 ドロンはクレマンやヴィスコンティのセクシャリティをわかっていた上で、監督にきれいに撮らせたという側面はあるかなと。 ヴィスコンティとは『山猫』のギャラでもめて決裂してしまったことは、両者にとっても残念だっただろうとは思います。 もう一本ぐらい撮りたかったんじゃないのかな。 [PR] 友達が少ないのは自分のことが一番好きだから!? 冨永: ドロンとバーガーは、すごく仲が悪いんですよ。 バーガーは自伝「Ich」の本文1ページ目で、ヴィスコンティと住んでいる家にドロンが訪ねて来たんだけど、絶対に会わせたくなくて、失礼極まりない態度で撃退してやったエピソードを披露しているぐらい(笑)。 今:自伝の冒頭がドロン撃退の武勇伝とは、バーガーの破格な人物像を物語っているなあ(笑)。 ギャラ問題で引き合いに出されたとドロンは、どうだったんでしょう? 冨永: ランカスターとは仲が良かったらしい。 ドロンは 年上のおじさんの懐に飛び込むのは得意な人だと思いますね。 ただ、最終的には自分のことしか好きじゃないという気が。 今:なるほど。 そこら辺がドロンの孤高感につながるのかな。 冨永:例えば は、ベベルという愛称で国民にも俳優仲間にも非常に親しまれている感があるのに対し、ドロンはそのままドロンなんですよ。 今とは在り方が違うでしょうが、そういう意味ではドロンは正統派の映画スターだなと。 今:影とか孤独、孤高といった印象は、複雑な生い立ちに負うところもありますかね。 女性遍歴は華やかに見えるけど、ドロンがインタビューなどで積極的に名前を挙げるのはぐらいだし。 ロミーとは『恋ひとすじに』(1959)で共演して同棲&婚約したけど、結局そのまま破局してしまった。 それでも別れた後に『太陽が知っている』(1968)で共演しているから、本当は一番相性が良かったのかな。 『ジェフ』(1969)で共演して長年一緒だったミレイユ・ダルクとも2007年に舞台「マディソン郡の橋」で共演している。 80を過ぎた今も、現代社会に足りないものはと聞かれると「人と人が愛し合うこと」と答えるあたり、やはりアムールの国の申し子だと思います。 かっこいい男と、いい男の価値の差を話しましたが、ドロンもそういうフランス的な美の価値観を持っていたので、若作りはしなかった。 30代後半ともなると、見た目はもうすっかりオヤジだけど、そこは全然気にしていなかったのは、アメリカ的価値観とはかなり異なりますね。 今:ベスト5のうち、『パリの灯は遠く』は40代の作品ですね。 冨永:幸薄い感が漂うし追い詰められ感もドロンぽさはありつつ、カフカ的な話なので芝居せざるを得ない作品ですよね。 あくまでも推論ですが、 見た目が衰えている中で芝居ができるということを見せなきゃいけない焦りもあったのかなと。 そういう視点でも、ドロンのキャリアにとって貴重な作品と言えます。 今:映画自体がよくできているというのもありますが、冒頭の傲慢な感じや少しくたびれた感じ、ドロンが持つ 硬質さのようなものがうまく生かされているのは、やはりの采配のなせる技でしょうかね。 でも、 いいものを作るためなら政治信念が違っても組むという姿勢は柔軟なんですよね。 ロージーとは『暗殺者のメロディ』(1972)でも組んでいたから、いい監督と仕事をすることが何より重要なんでしょう。 逆に言えば、 年長の巨匠・名匠との仕事に恵まれたけれど、同世代以下とはいい関係が築けなかったことが、1980年代以降にキャリアが伸び悩んだ大きな要因だと思います。 今:それでもドロンというアイコン、ブランド力は1980年代も強力で、特に日本では多くのCMに出演したり、 プロデュースした男性用香水「SAMOURAI」「SHOGUN」が人気を博したりと、しっかり商売してましたよね(笑)。 元祖ファンミみたいな。 CMもダーバンやマツダ・カペラ、レミーマルタンなど、今回、YouTubeでサーチして改めていろいろ見て、日本人はどれだけドロンが好きなんだ! と思いましたよ。 今:これぞスターですね。 本人的には、そうした自分のキャリアをどう思っているんでしょうか。 オスカーが欲しかったとか、そういう野心はあったんですかね? 冨永:あったとは思います。 でもインタビューでは、 「やり残したことはない。 多くの名匠・巨匠と組んで、すべてを得て、すべてを知った。 だから思い出を大切にしたい」と語っています。 今:それは素敵ですね~。 冨永:と言いつつ、2008年にすごいお馬鹿なコメディー映画に出て、 の(2009)を断ったりと、よくわからないんですよね(笑)。 最近のインタビューをあれこれ拾ってみると、思いつくままにいろんなことをしゃべり過ぎててツッコミどころも多い。 天然なのかな(笑)。 今:改めて興味が湧いてきました(笑)。 見逃している作品もチェックしてみなくては!.

次の

【若い頃から現在まで】フランス名俳優アラン・ドロンってどんな人?

アラン ドロン 若い 頃

アラン・ドロンの若い頃の美貌がハンパない代表作!日本人気のワケは? アラン・ドロンが魅せた現代男性のエレガンス 1960年代から1970年代にかけて、外国人俳優の中で、美男子の代表として人気を誇ったのが、フランスの男優アラン・ドロンです。 1970年代には、日本のファッションブランド「ダーバン」のCMキャラクターとして、テレビCMに出演。 」という決め台詞は、一世を風靡しました。 しかし、当時ほとんどの日本人は、「ダーバン」から後ろに続く言葉、「セ・レレガンス・ドゥ・ロム・モデルヌ」の正しい発音や意味など、誰も知りませんでした。 ちなみに日本語のコピーは、「ダーバン、大人の心」。 アラン・ドロンによる決め台詞を直訳すると、「現代男性のエレガンス」といったところでしょうか。 アロン・ドロンは、1935年生まれ。 2017年5月に、81歳で俳優業から引退することを発表し話題になりました。 アラン・ドロンは「太陽がいっぱい」で世界的大スターに!日本での大人気と本国での意外な評価 アラン・ドロンの世界的な出世作は、なんといっても、1960年公開されたルネ・クレマン監督「太陽がいっぱい」でしょう。 そして1963年に公開された「地下室のメロディー」で、名優ジャン・ギャバンと共演し、その人気を不動のものとします。 その後も「冒険者たち」では、リノ・ヴァンチュラ。 「さらば友よ」では、チャールズ・ブロンソン。 そして「ボルサリーノ」では、ジャン・ポール・ベルモントと、アロン・ドロンとは全く対照的な骨太で男臭い俳優との共演作がヒットしました。 しかしそれらの映画はどれも、共演者のほうが評価されるばかり。 フランス本国では、どちらかというと、ただの垢抜けない二枚目といった感じで、同世代のジャン・ポール・ベルモントのほうが、はるかに人気があったようです。 日本では、アラン・ドロンの演技より、いかにも白人の男性らしい端正な容貌ばかりが注目されて、女性たちの間で大人気となり、アラン・ドロンと言えば、男前の代名詞のように言われるようになりました。 もしかしたら、アラン・ドロンは、フランスの杉様(杉良太郎)といった存在だったのかもしれません。 アラン・ドロンに波乱万丈の生い立ち!結婚した妻や子供は? アラン・ドロン青少年期の悲惨な生い立ち アロン・ドロンは、幼い頃に両親が離婚。 母は再婚しますが、新たに生まれた娘ばかりが溺愛され、アラン・ドロンは厄介者扱いでした。 やがて彼は非行に走り、少年院、さらには刑務所に入ったこともあるようです。 身の置き場を失ったアラン・ドロンは、志願して第一次インドシナ戦争へ従軍。 除隊後は、アメリカやメキシコをあてもなく放浪し、フランスへ戻った翌年の1957年、映画祭で沸くカンヌの町を歩いていた時にスカウトされました。 この時、アラン・ドロンは22歳。 こうしてアロン・ドロンは、映画俳優という人生を歩み始めることになります。 初期の作品には、アロン・ドロンの青年期そのものである、孤独や挫折、そして野望と、女性に対する屈折した愛憎そのままが演じられていたといっても過言ではありません。 だからこそ、その残酷なまでの美貌とナイーブさが、多くの女性たちの心をつかんだのでしょう。 人気を得てからというもの、金と権力に固執するようになったとも言われるアロン・ドロンですが、そのワケは恵まれなかった生い立ちにあるのかもしれません。 アラン・ドロンの恋多き人生と家庭的な不幸 アロン・ドロンは、1959年、「恋ひとすじに」で共演したロミー・シュナイダーと同棲し婚約しますが、1963年に婚約を破棄。 女優のナタリー・ドロンと結婚し、息子のアンソニー・ドロンが生まれます。 しかし、女優を続けたいという彼女と対立し、1966年に離婚しました。 その後は、女優のミレーユ・ダルクと長く愛人関係にありましたが、1987年、オランダ人モデルのアラン・ファビアンと出会い、未婚のまま2子をもうけます。 しかし、2002年には別れました。 また、ドイツ人のモデル・歌手のニコとの間にも、男の子が1人います。 こうしてみると、アロン・ドロンは恋多き人生のようですが、幼児期の母親に対するトラウマを引きずったままなのか、良き家庭を築くことはできなかったようです。 アラン・ドロンの引退・俳優生活60周年を期して映画祭を開催 引退を表明したアラン・ドロンですが、その人気はいまだ衰えることがありません。 2017年は、アラン・ドロンの俳優生活60年を迎える節目でもあります。 そこで、7月1~14日まで、東京・渋谷のBunkamuraル・シネマで、「アラン・ドロンに魅せられて」が開催されることになりました。 「冒険者たち」や「山猫」などはもちろん、「地下室のメロディー」や「太陽が知っている」「スワンの恋」など、近年は、スクリーンで上映されることのなかった貴重な作品群が、2週間限定で上映されます。 期間中は、1959年に、パリでアラン・ドロン本人にインタビューしたことがある映画評論家・秦早穂子のトークイベントも行われる予定です。 思えば、1960年代は、新しい映画の動き、ヌーヴェルヴァーグの黄金期であり、発祥の地フランスは、日本人にとって憧れの国でした。 アラン・ドロンは、ルネ・クレマンの「太陽がいっぱい」や、ロベール・アンリコの「冒険者たち」など、そのフランスを代表する映画スターと言えます。 映画界はその後、ハリウッド映画が世界を席巻し、日本でフランス映画が見られることも少なくなっていきました。 しかし映画を離れ、日本で美男子の代名詞となったアロン・ドロンは、今も日本人の記憶に残る、外国人映画俳優の1人といっても過言ではないでしょう。

次の