メニエール 病 に なる 人。 メニエール病でも保険に入ることができるのか?

メニエール病ってどんな病気?症状や原因なの?仕事に影響する場合は休職すべき?

メニエール 病 に なる 人

メニエール病に限りませんが、めまいの予防法としては、睡眠不足にならない、適度な運動や趣味をもつ、適度のアルコールをたしなむ、問題があったときにくよくよしないで考え方を切り変える、緊張しないでどこでもリラックスするようにする、などがあげられます。 日常生活でどのようなことに気をつければよいか、一般的な事柄について以下にまとめました。 日常生活についての留意点 めまい発作が起こったら 日常生活についての留意点 食事について 健康を維持するのは食事あり、これを軽視すると高血圧、肥満などいろいろな病気を引き起こします。 規則ただしい食事をして、偏った食事はさけましょう。 メニエール病の本態は内リンパ水腫ですが、塩分をとりすぎるとメニエール病の発作を誘発する危険性があるとの報告もあり、治療の一つとして、水分と塩分を制限する方法があります。 医師に勧められたときには従ってください。 睡眠について メニエール病の発作予防の基本は規則正しい生活です。 めまい発作は夜更かしを続けると起こることが多いのです。 サラリーマンですと毎日残業したり、家庭の主婦でも病人を抱えたり、家や親戚に慶事や不幸が続くとつい寝不足が重なります。 メニエール病の人にとって、 睡眠不足はめまいの発作が起きる誘因の一つです。 不慣れな環境や悩みごとなどにより起きる睡眠障害であれば、状況がかわることにより解決しますが、大切なことは慢性化させないことです。 主治医に相談し、睡眠薬や安定剤などの投与を受けたり、カウンセリングが必要となることもあります。 仕事について メニエール病にかかると発作のないときは普通の人と変わりなく仕事ができますが、発作は突然起こりますから発作が起こるとすべての仕事を中断して休まねばなりません。 メニエール病の人は几帳面なかたが多いので、他人に迷惑をかけると、そのことを大変苦にします。 そうするとまためまいが起こりやすくなります。 勤め先の人々にこの病気の実態をよく知ってもらうことも大切です。 仕事の種類にとくに制限があるわけではありませんが、発作がおさまっても数日間はふらつきが残ることがあります。 このような時期には残業を控えるなどの配慮が必要です。 また、高所での仕事の人や車の運転に従事するひとは特に注意が必要です。 運動について 適度な運動は健康保持のためにも重要です。 運動は継続することが大切です。 毎朝のラジオ体操とか、軽いジョギング程度でもよい運動になります。 気持ちよい汗を流すことが大切です。 しかし、ゴルフなどでスコアを競ってイライラするようでは駄目です。 また、せっかく予定したゴルフだからといって、過労や睡眠不足で行えばメニエール病の発作が起きてもおかしくありません。 最近は、ダイビングをするひとが増加してきました。 ダイビングは、めまいが起きると死に結びつく危険があることを理解してください。 とくにスキューバーダイビングの場合は、めまいがしたときに上下がわからずに溺死するといわれています。 メニエール病は圧力の変化に敏感ですのでお勧めできません。 ほかにもいろいろなスポーツがありますが、それぞれ医師によく相談してください。 趣味について 趣味をもつことはストレスの解消になります。 仕事から離れて、没頭できれば何でもよいわけです。 他の人からみて、「なんてくだらない趣味だ」と思われても結構です。 音楽を聴く、楽器を奏でる、スポーツを鑑賞したり、実際にしたり、楽しければよいのです。 ただし、編み物のような細かい手作業、読書、パソコンなどは長時間続けると肩がこってふらつく感じが起きたりすることがあります。 旅行について 旅行は気分転換、ストレス解消のためにも最適です。 ただし、過密なスケジュールにならないように。 パック旅行など時間に追われて移動するような日程は避けて、ゆとりを持ったスケジュールで旅行を楽しんでください。 移動の際の乗り物に注意が必要なことがあります。 もし、強いめまい発作が起こって日が浅い時期にはめまいの兆候が残っていて、列車やバスに揺られるとめまいを誘発することがあります。 飛行機は比較的揺れが少なくて良いのですが、気圧の変化がメニエール病の発作の誘発に影響を与える場合もあります。 あらかじめ旅行の日程がわかっている時には、 医師によく相談するほうがよいでしょう。 コーヒーについて コーヒーのもっとも特徴的な成分はカフェインです。 このカフェインは、身体にいろいろな作用を及ぼします。 大脳に作用すると、眠気・疲労感がなくなり思考能力が増します。 心臓のはたらきを強めたり、利尿作用もあります。 コーヒーからただよう香りは、情緒を安定させ集中力を高める作用があるといわれています。 ただし、飲み過ぎると、興奮したり、夜中に小便に起きるようになり、睡眠に障害をきたすことがあります。 メニエール病だからといって、コーヒーを制限する必要はありません。 飲むことによって気持ちが落ち着くのであれば、よい効果があると思います。 ただし 一日に何十杯と飲むようなことは避けた方がよいと思います。 アルコールについて メニエール病の人にとってアルコールはいけないということはありません。 適度の飲酒がストレスを処理するのに有効であれば、発症の予防になると思います。 ただし、度を過ぎて午前様になるようであれば、生活のリズムをくずしめまいを発症する恐れがあります。 ほどほどにということでしょう。 また、アルコールは小脳の働きを抑えるので、ふらつきがでてきます。 めまいが完全に治まっていない時期に飲酒をすると強いめまい発作を誘発することがありますので注意してください。 タバコについて タバコは肺癌、喉頭癌などの発症に関わりがあるばかりではなく、血管障害も増大させます。 ニコチンは血管を収縮させ、血液の循環を悪くし、めまいを起こしやすい状況をつくります。 肺や心臓にも悪影響を及ぼします。 タバコは百害あって一利なしです。 できるだけ本数をへらすか、 禁煙することが望ましいと思います。 ストレスについて メニエール病はストレス病と考えられるので、ストレスの影響を受けやい神経質な人が多いようです。 何がストレスになりやすいのかはその人の年齢、つまりその人がどのライフスタイルにいるかによって異なります。 学生には入学試験、入社試験がストレスになるでしょうし、社会人では勤務時間の不規則、対人関係、リストラ、転職などがストレスとなります。 一般的に思春期ではストレスとして受験、恋愛、就職、結婚などの精神的要因が大きく、乳幼児と中高年期、老年期では身体的要因の関与が大きいとされています。 さらに職場や家庭での問題も精神的な要因となり、肉体的精神的二重のストレスを受けることになります。 このようなストレスへの対処の仕方は、まずストレスの原因を減らすことです。 適度な運動をして健康なからだを保つ、趣味をもち気分転換する、全部自分ひとりで処理しようとしないで周囲のひとから助けてもらうことなどです。 メニエール病の発作を予防するには、この ストレスとうまくつきあっていくことが大切です。。 めまい発作時の対応 自分もまわりの人もあわてない めまいはいつどこで起きるかわかりません。 メニエール病はめまい発作の前兆があることもあります。 耳鳴りや耳のふさがったような感じ、軽いふらふら感、頭痛などです。 前兆はその人によって違いますが、今までの経験から自分自身の前兆を自覚している人もいます。 そのような前兆を感じたら自宅で過ごすようにしましょう。 しかし、自宅だけではなく、外出先で起きてしまうかもしれません。 めまい発作が起きたら、まわりの人に協力してもらい、休める場所につれて行ってもらいます。 自分はもちろん、周囲のひともあわててはいけません。 周囲のひとに、それがメニエール病の発作であり、心配する必要はないことを伝えてください。 また、この発作はめまいの程度が激しく、飲食物を吐いても生命に関わるようなめまいではないことや、数時間の安静でおさまることを伝えてください。 あわてて救急車を呼ぼうとしたら待ってもらって下さい。 めまいがしているときは、救急車に揺られて病院に行くだけでも大変ですし、病院に行ってもすぐに診察できるとは限りませんから、苦痛を増すだけです。 らくな姿勢をとり、静かな環境にする めまいが起きたらまず横になりましょう。 メニエール病のめまいの多くは、難聴のあるほうの耳を上にして寝ているほうが楽だとされていますが、どちらを上にしても結構です。 ご自身が楽であれば仰向けでも構いません。 眼はあけているより、閉じているほうが楽です。 大きな物音は、メニエール病の人にとって大変耳障りです。 また、落ち着いてきためまいを増悪させる危険があります。 できるだけ静かな環境で休みましょう。 動いているものを見ると気持ちが悪くなるので、テレビは消しておき、なるべく、ひとの出入りも控えてもらいましょう。 トイレに行くときには、付き添ってもらうようにしましょう。 強いめまいのときは自分で歩くことは無理でしょう。 食事は無理してとる必要はありません。 メニエール病以外に病気がなければ、吐き気がおさまるまで水分だけにして、食事をしないほうが楽でしょう。 また、嘔吐するといけないので、枕元に洗面器をおいておくとよいでしょう。 めまいを抑える薬などを服用する メニエール病のめまい発作を度々繰りかえす人には医師から定期的な処方がなされていると思います。 しかし、薬を飲んでいてもめまい発作が起こることがあります。 このような時のため、主治医からめまい発作が起きたときに内服するよう、薬が処方されることがあります。 めまいを抑える薬や、吐き気を抑える薬、抗不安薬(精神安定剤)などです。 頓服薬を飲んで安静にしましょう。 抗不安薬を内服すると頭が少しボーッとする感じになり、めまいや動けないことの苦痛が軽くなります。 また、短時間で眠ることができ、軽い発作であれば目が覚めたときにはめまいは治っています。 かかりつけ医 メニエール病であれば数時間以内に激しいめまいは落ち着きます。 しかし、めまいが強く、吐き続けているとか、めまいの発作がいつもより長引いているようであれば、かかりつけの近所の医師に往診を依頼するのも一つの方法です。 応急処置はしてくれます。 メニエール病の発作を起こしたことがある人はあらかじめ近所にかかりつけ医を作っておくことが良いと思います。 できれば、めまいに詳しい医師が望まれます。 メニエール病の発作がまた起きてしまったと自分で思いこんでしまうのは危険なことがあります。 かかりつけ医がいると、この点も診断できるので安心です。

次の

両側性メニエール病

メニエール 病 に なる 人

メニエール病とは? メニエール病は、内耳の異常で、内リンパ水腫… 内耳のリンパが増え、水膨れのような状態になってしまう状態です。 これにより、めまいをはじめとする、様々な症状を引き起こすのが 特徴ですね。 基本的に、メニエール病の診察は耳鼻科で行うことになりますが 根本的な治療はなかなか難しい病気となっており、 苦しんでいる人が多い、というのも現状です。 メニエール病になってしまう原因は? メニエール病を発症してしまう原因については、 色々な原因が挙げられます。 ストレスや生活リズムの乱れ、疲労などが引き金に なるとされていますが、 具体的に〇〇をするとメニエール病になる、というわけではなく、 上記のような条件が重なると、メニエール病を発症 する人がいる、ということになります。 一度発症してしまうと、完全に治癒させることは 難しい病気となってしまいます スポンサーリンク メニエール病の症状は? メニエール病の主な症状はめまい、 難聴、耳のつまったような感じ、耳鳴り等になります。 繰り返されるめまいなどから、精神的に不安定になったり する場合もありますね。 これらの症状が、全て出現するわけではなく、 人によっては難聴を伴わないタイプや 一部の症状だけ、というケースも存在します。 めまいに関してはグルグル開店してしまうめまい、 ふわふわしたような感じのめまい、人によって 様々です。 めまいは発作的に起きて、数十分から数時間ほど 激しいめまいや、吐き気などを伴うめまいに 襲われるケースもあります。 また、上記のような吐き気を伴ったりしないような めまいが持続的に続くようなケースもあり、 症状、めまいの程度などは、人によって 個人差が存在します メニエール病の検査は? メニエール病かどうかを調べるための検査、 というものは一般的には存在していません。 診察を繰り返し、他の異常がない場合に、 メニエール病と診断されるケースが主になります。 レントゲンなどを撮影して「あ、メニエール病ですね」 みたいな感じの件さは存在しない、ということですね。 そのため、「これならメニエール病ではないか」 というような感じの診断になるわけです。 めまいを繰り返していること (一度起きただけではメニエール病と診断はできないようです)や、 他の箇所に異常がないこと、 などの条件が重なれば、メニエール病だと診断されることになります。 めまいは、脳などに異常がある場合もあるので、 続く場合は、CTやMRIの検査を受けて、脳の異常でないことを 確認しておいた方が、安心です メニエール病の治療は? メニエール病を完治させる、ということは難しいようです。 治療方法としては、主に薬の服用による治療になります。 その上で、ストレスだとか、生活習慣の乱れだとか、そういったものを 見直してくことによって、症状を緩和させていく、 という感じになるようです。 薬としては、めまいを抑える薬や、ビタミン剤、 精神的不安が強い場合は、抗不安薬などを併用しながら 経過の観察を行っていきます。 また、めまいが激しく、吐き気なども強い場合、 めまいに対応する点滴などが用いられる 場合もあります。 症状により、先生が適時判断をしながら、 治療を進めていくかたちになる場合が ほとんどだと思います スポンサーリンク メニエール病かな?と思ったら? 最初からいきなり、メニエール病かな? と思う人はなかなかいないかと思いますが もしもめまいや、それらしき症状で悩まされている場合は、 耳鼻科を受診するのが基本になります。 耳鼻科で、耳の検査や、難聴の有無などを確認し、 耳鼻科の先生が必要と判断すれば 脳神経外科や脳神経内科などを紹介されて、 そこでCTやMRIなどの検査を受けることになるかと思います そこで、異常がなければ、耳鼻科の方で 様子を見ながら、状況判断で薬を服用しつつ、 という感じになるかと思います。 メニエール病は、放置してしまっても、命に影響が 及ぶ可能性は低いですが、 放置すれば、症状は悪化し、めまいや精神的不安が強くなり 結果的に、日常生活にまで支障を及ぼす可能性も ある病気です。 そのため、めまいがある場合で、めまいが続く場合は、 メニエール病の可能性もありますし、他の病気の可能性も ありますから、早めに対応を行うことが重要に なるかと思います。 まとめ メニエール病はなかなか厄介な病気です。 単純に「薬を飲んですぐに治った!」みたいなことは なかなかないと思いますし、 長い付き合いになることも多い病気です。 めまいや難聴、こういった症状が繰り返されると 精神的にも疲れてきてしまうと思いますし、 当然、不安を感じることもあるかと思います。 完治はなかなか難しいとは思いますが 可能性としては0ではありませんし、 適切に治療を行うことで、めまいなどの発作を 起こす可能性を減らすことも十分にできます めまいで辛い場合は、放置せずに、他の病気の 可能性もありますから、まずは原因をはっきりと させておくことは重要なのではないか、と思います。

次の

めまいとメニエール病

メニエール 病 に なる 人

2-1. 2-2. 2-3. 3-1. 3-2. 3-3. メニエールの病になる人は心優しい人?!【メニエール・病になる人】 こんにちは。 キャリアコンサルタント の永田です。 今日は、メニエール病にかかってしまい、受け入れて入るけども「なぜなってしまうのか?」 その原因について深く知りたい方向けに記事を書いて行きたいと思います。 タイトルでも書きていますが、メニエールにかかってしまう方というのは、えてして 「心優しい方」が多いのではないかと思います。 そう、これをご覧くださっているあなたのような。。 そんなあなたは、きっと考えてしまうような癖がありませんか?? 私も実はそうなんです。。 一個のことを深く考えすぎてしまうんですよね。 考えなければ楽なのに、、と幾度となく思ってみても、ふと気がつくとまた考えている。。 こんな繰り返しで、常に「考えること」が癖づいてしまっています。 ですから、人からもよく 「もっと気楽に考えないよ」と言われたりしますが、なかなかそううまく行かないんですよね。 考えている方が「楽」なのです。 だから、永遠と考えていても苦ではないし、むしろ楽しい。 でもだからこそ、自分が知らない体のどこかでは、自律神経が疲れてしまっているのでしょう。 真面目すぎる(難しく考えすぎる) これも、一つあります。 考えすぎてしまうのと同時に、「難しく考えすぎる」というダブルパンチです。 これは、もうセットですからどうしようもないですね。 ハンバーガーとポテトのようなもんです。 こんな自分を受け入れなければ、楽しく生きていくことはできません。 かつて、私も小学生の頃からずっと「お前は難しく考えすぎるんだよ」とか「真面目すぎでしょ」と言われて生きてきました。 でも、それの何がいけないのか。 それが普通ではないのか? と思ってずっと今日まで生きてきましたから、体に染み付いていますよね。 数学は苦手なんですが、、先生に幾度となく「もっと簡単に考えて!!難しく考えすぎだよ」と言われてきました。 「難しく考えすぎって、、、全然難しく考えてないんだけど!!!」と心の中で思ってました。 それで、結局問題は解けないし、楽しくない。。 というループで数学は嫌いになったわけですが、 大人になった今、難しく考える自分とうまく付き合えることで、何だか数学も好きになれている気がしています。 (今はプログラミングですが) つまり、 自分自身を知ることで、過去の劣等感や恐れを書き換えることができるということですね。 嘘がつけない。 これもメニエールになる方の特徴の一つではないでしょうか? 「嘘がつけない」ということ。 人それぞれ、秘密だとか嘘だとか、言いたくないことを抱えていると思います。 それを自分のうちに秘めることはできるかもしれませんが、ずっと誰にも打ち明けることはできずにいると 自分の中にどんどん溜まってきて、それが身体症状として出てきてしまうのだと思われます。 結果的に、血の巡りや体中の水分の巡りを滞らせてしまって めまい、もしくは他の症状として病気という形で現れるのではないかと思っています。 では、どうすればいいの? 自分の特性を短所ではなく長所と考える! これは、結論とも言えるべきところなんですが、「メニエール病」というのは一種の 自分の特徴、もしくは個性みたいなものではないでしょうか? これが良い病気なのか?悪い病気なのか? その病気そのものには、判断基準はありません。 ただ、 自分にとって都合がいいか?悪いか?の判断をしているだけなのです。 だから、自分が「良い」という判断をすれば良いものになるし 「良く無いもの」という判断を下せば、それは良く無いものになります。 この病気の現象を長所として捉えることができたら、これからできることというのは無限に可能性は広がるんです。 こうやって、メニエールで悩む誰かのためにブログを書くことだってできるし、 自分で漢方を調合して、同じように苦しむ人に分けてあげることだってできます。 結果的には、自分がどのように向き合うか次第では無いでしょうか?? 病気になったら上手に付き合う! 先ほどの話と重複するのですが、 上手に付き合っていくことが何より大切です。 きちんと、処方された薬を飲んでいれば悪化はしませんし、適度に運動し、体にいいものをバランスよく摂取していればOK。 そして、ちゃんと睡眠も取って健康に過ごしていればそこまでひどくなりません。 いけないのは、 生活のバランスが崩れてしまうことです。 昼夜逆転の生活だったり、インスタントの物ばっかりだったり、タバコをたくさん吸ったり、一日中ゲームばかりしていたり、、、 こうした生活習慣をまずは見直すことが、治療への一歩というか これさえきちんとしていれば、よっぽど病気になんてかからないと思います。 深く考えすぎないこと!! んで、きちんと生活習慣整ってきたら、これ以上はあまり深く考えないようにすることをお勧めします。 結局、不安や恐怖の精神状態が血中の酸素の巡りを悪くしたり、臓器の機能を低下させる方向へ向かってしまいますので、 過度に緊張したり、不安にならないように心がけることが何より大事です。 でも、薬を飲まないと不安だし、まためまいの発作が起きたら怖いな。。。 そうですね。 そのように思う気持ちもわかります。 薬はしっかり服用するようにしましょう。 私は、最初「薬なんて効果本当にあるのか??」と思って途中で飲むのやめてしまいました。 初期の頃の話です。 そしたら、3ヶ月くらい立った頃から激しい発作が、、、、 その後病院に行き先生に「すいません、薬飲まなかったら発作が出ちゃいました。。。 」 と報告したら 「勝手にやめちゃダメ!飲み続けて。 治る薬じゃ無いけど、ある程度抑えることができるから。 」 とこっぴどく叱られ、子犬のように縮こまっていました笑 だから、きちんと薬や体に良い影響を及ぼす漢方などは飲むようにしましょう。 【まとめ】あなたのその優しさゆえに病気になるけど、それは一つの武器でもあるのだ!! ここまでご覧くださりありがとうございました! 非常に感謝です。 武器というと大袈裟かもしれないですが、メニエール 病になってしまうほどの「真面目さ」「優しさ」を持ち合わせているということです。 これって良く考えたらすごいことじゃ無いですか?? だって、 病気になるまで相手のこと考えてしまうんですよ? そんなこと 普通の人にはなかなかできないです。 あなただから、できることなんですよ。 それを、自分の良いところと考えるようにして、前向きに行きましょう。 大丈夫、余程死ぬことなんて無いですから。 もし、やばくなったら救急車呼んで病院に担ぎ込まれればいいのです。 それだけのこと。 必ず良い方向に行きます。 安心してくださいね。

次の