ミニフィットプラン メリハリプラン。 ミニフィットプラン

「ソフトバンクのスマホ新料金プラン」どう選ぶ? ポイントは3つ【2020年最新版】

ミニフィットプラン メリハリプラン

ソフトバンクから2020年3月12日に提供開始される「 ミニフィットプラン」と「 メリハリプラン」は、月間データ量の利用状況に応じて好きな方を選択できる新しい料金プランとして誕生しました。 「ミニフィットプラン」は毎月のデータ量に応じて請求額が確定する3段階の変動型プランです。 一方、「メリハリプラン」は、月間50GBを一定額で利用できる上、対象となる動画やSNSサービスが使い放題となります。 これだけ聞くと、データ量をあまり使わないならミニフィットプラン、データ量をたくさん使うならメリハリプランが良いだろう。 と思いがちですが、両プランの仕組みや割引条件を比較すると、また違った側面も見えてきます。 本記事では、ソフトバンクの新料金プラン「ミニフィットプラン」と「メリハリプラン」を徹底的に比較し、どちらの方がお得なのかという点について解説します。 関連記事: 「」 「」 目次• 基本料金で比較 はじめに、「ミニフィットプラン」と「メリハリプラン」の基本料金を比較します。 ミニフィットプランとメリハリプランを比較した場合、 基本プラン980円は共通しており、データ定額サービスの料金設定に違いがあります。 ミニフィットプランのデータ定額サービスは1GB未満3,000円、2GB未満5,000円、5GB未満6,500円なのに対し、メリハリプランのデータ定額サービスは一律6,500円ですが、 動画SNS使い放題対象サービスを含めた月間データ量が毎月2GB以下であれば1,500円割引されるという特徴があります。 わかりやすく理解するために、表で表してみます。 さらに金額が変わらない上に、メリハリプランでは毎月50GBまで高速通信が利用でき、さらに対象の動画SNSサービスが使い放題となります。 つまり、 月間データ量が1GBを超える利用が続く場合は、メリハリプランを選択したほうがひと月に利用できるデータ量上限が50GBと非常に多く、なお、ミニフィットプランと比べて料金差がないためおトクです。 もしも現在、「iPhone基本パック」「スマートフォン基本パック」「ケータイ基本パック」「ケータイ基本パック for 4G ケータイ」のいずれかに加入しているユーザーが、「定額オプション+」または「準定額オプション+」に申し込む場合、各種「基本パック」の継続利用はできません。 「半年おトク割」は同条件で適用 次に、「ミニフィットプラン」と「メリハリプラン」に半年おトク割を適用した場合について確認します。 半年おトク割は、 新規契約または機種変更時(USIM単体契約を含む)に加えて「ミニフィットプラン」または「メリハリプラン」のいずれかに加入した場合に、適用条件を満たした翌請求月を1カ月目として、最大6カ月間毎月1,000円割引されるものです。 半年おトク割において「ミニフィットプラン」と「メリハリプラン」を比較した場合、加入条件や適用期間、割引金額においては全く同じですから、どちらがお得というわけでもありません。 半年おトク割を適用しようと考える場合、新しい端末へ新規契約または機種変更を行うことが条件となりますが、もしも、新機種の購入を検討する場合は「 ソフトバンクオンラインショップ」の活用を忘れてはいけません。 以上の点から、「ミニフィットプラン」または「メリハリプラン」における半年おトク割で確実におトクにするためにもソフトバンクオンラインショップの活用を忘れずに意識しておきましょう。 「おうち割 光セット」は同条件で適用 今度は、「ミニフィットプラン」と「メリハリプラン」におうち割 光セットを適用した場合について確認します。 おうち割 光セットは、 ソフトバンク指定のインターネットサービス「ソフトバンク光」や「ソフトバンクエアー」を契約するとソフトバンクスマホの基本料金が1回線あたり毎月最大1,000円割引されるサービスです。 ミニフィットプランとメリハリプランにおいては、同一条件で加入できるほか、割引額はどちらも毎月1,000円という点で同様です。 まずは、以下の表をご確認ください。 メリハリプランの方が圧倒的に金額が安いうえに、月間データ量も50GB使える上、さらに対象の動画SNSが使い放題となるという利点もあります。 ここに記載していない「通話オプション」「半年おトク割」「おうち割 光セット」に関しては、先程確認したとおり、ミニフィットプランとメリハリプランにおける割引は同額のため、あえて計算にいれていません。 「ミニフィットプラン」と「メリハリプラン」はどちらもソフトバンク光を活用して月間データ量を節約したい ここまで、ミニフィットプランとメリハリプランについてあらゆる視点で比較してみましたが、 両プランは共通して月間データ量を節約することで安くなる可能性があります。 例えば、ミニフィットプランは段階プランで月間のデータ量の応じて請求額が確定し、メリハリプランでは対象の動画SNS使い放題サービスを含めた月間データ量が2GB以下であれば1,500円の割引が適用されます。 毎月のデータ量を節約するために抑えておきたいポイントは、 本体設定の見直しと Wi-Fi環境の見直しの2点です。 手順としては、まずは本体設定の見直しを試してみて、それでもデータ量を抑えられない場合はWi-Fi環境を見直すという流れです。 本体設定の見直しについては、案外知っているようでなかなか気づきにくいポイントがいくつもあります。 私はiPhoneを利用しておりますが、試しに細かく設定して幾分かデータ量消費を抑えることができました。 Wi-Fi環境を整えるのであれば、迷わず「ソフトバンク光」を活用したいところです。 ソフトバンク光は、最大通信速度1Gbps(エリアによっては最大10Gbps)で利用できる固定インターネットサービスで、 利用料金は集合住宅タイプだと2年自動更新プランで毎月3,800円~、戸建て向けタイプだと2年自動更新プランで5,200円~です。 さらに、ミニフィットプラン・メリハリプラン 契約者はソフトバンク光をセットで利用すると、 おうち割 光セットの適用で1回線あたり毎月1,000円割引されます。 つまり、 ミニフィットプランとメリハリプラン契約者は、ソフトバンク光を利用することで「おうち割 光セット」による割引で確実に毎月1,000円安くなり、さらにデータ量消費を抑えることで基本料金をぐっと安く抑えられる可能性が広がります。 特に、現在他社インターネット利用中・または固定回線のインターネットを利用していないユーザーは、ソフトバンク光へ乗り換えて、今よりお得に利用していきましょう。

次の

【ソフトバンク】ミニフィットプランを分かりやすく解説|どんな人におすすめの料金プランか?

ミニフィットプラン メリハリプラン

ソフトバンク新料金プラン メリハリプランとは メリハリプランはウルトラギガモンスター+と比較して、 基本プランやデータプランの料金は変わっておりません。 ではメリハリプランで何が変わったのかというと3点• 半年おトク割• 2GB以下だと1,500円の割引が適用される• 通話オプションが高くなった 半年おトク割 ウルトラギガモンスター+は1年おトク割が適用され、 1年間は1,000円の割引が適用されるようになっていました。 しかしメリハリプランでは半年おトク割になり、 半年しか1,000円の割引が適用されません。 ワイモバイルの割引も1年から半年と改悪されていたので、 ソフトバンクは永年割引以外は半年にするつもりなのでしょうね。 2GB以下だと1,500円の割引が適用される 旧プランと比較して大きな変化といえばこちら。 メリハリプランでデータ使用量が2GB以下だと、 自動的に 1,500円の割引が適用されるようになります。 ですからすべての割引を適用すれば 1,980円で利用可能に。 後で紹介するミニフィットプランは1GB以下で1,980円なので、 4人以上の家族ならメリハリプランを選んだ方がお得というわけです。 このうちソフトバンクでは低用量プラン自体がなくなりそうですね笑 通話オプションが高くなった 通話オプション 月額 準定額オプション+ 800円 定額オプション+ 1,800円 旧プランの通話オプションより 300円ほど高くなっています。 しかし通話オプションに下記のサービスがつくようになりました。 留守番電話+ 300円• 割り込み通話 200円• グループ通話 200円• 一定額ストップサービス 100円 そのため上記のサービスを使わない人には値上げ、 使っていた人たちはお得に使えるようになったというわけです。 通話サービスの押し売りなので、使わない人には悲報ですね。 ソフトバンク ミニフィットプランとは ミニフィットプランでも割引が少なくなり、 通話オプションが高くなっているのでこれは省きます。 半年おトク割• 通話オプションが高くなった ではミニモンスターとミニフィットプランの違いは、 4段階の定額プランから 3段階の定額プランに変わったことです。 ただドコモ・auは基本料金が2,980円に対して、 ミニフィットプランは基本料金が 3,980円になっています。 また永年割引がおうち割光セットしかないため、 他社より 1,000円高くなってしまうプランとなっている。 そのためドコモやauで家族割や光回線の適用をできるなら、 そっちで契約したほうが安く使い続けることが可能です。 ミニモンスターもひどいプランでしたが、 それが更に改悪されたのがミニフィットプランというわけですね。 まとめ ソフトバンクの新料金プランである メリハリプラン・ミニフィットプランは微妙。 割引の減額と通話オプションの値上げがありました。 ただメリハリプランはライトユーザーからヘビーユーザーまで 使える便利なプランなので、家族で契約するならメリハリプランがおすすめです。 通信料金の値下げはいつになったらくるのでしょうか。

次の

ソフトバンクの「メリハリプラン」「ミニフィットプラン」の内容、旧プランからの変更点

ミニフィットプラン メリハリプラン

3月になりました。 進学や転職といった新生活に踏み出す人が多くなる頃合いです。 自分や家族の携帯電話を買い換えようと考える人も少なくないと思います。 携帯電話ショップの店員さんから「新しい料金プランがありますよ」と勧められることもあるでしょう。 店員さんからの声がけの有無はともかく、「最近携帯電話料金が高いなぁ……」と思うことがあるなら、料金プランが自分に合っているのかどうかチェックするべきです。 この記事では、ソフトバンク(SoftBank)のスマートフォン向けのプランが自分に合っているかどうかを検討する上で確認したいポイントを3つ紹介します。 (料金は全て 税別です) 【訂正:3月10日19時】初出時、「準定額オプション+」「定額オプション+」の価格が誤っていました。 おわびして訂正いたします 目次• ポイント1:毎月のデータ通信容量はどのくらい? 現在ソフトバンクのスマホで契約できる料金プランは、「音声通話」「データ(パケット)通信」「ネット接続」の3サービスが自動的にセットとなる、いわゆる「パッケージ型プラン」になっています(原則として別々に契約する必要がありません)。 その月額料金を一番大きく左右するのが、 データ通信量です。 Wi-Fi(無線LAN)を経由せずにたくさんネットを利用する人は「ウルトラギガモンスター+」(3月12日以降は「メリハリプラン」)がおすすめです。 詳しくは後述しますが、特定の動画・音楽配信・SNSサービスに関するデータ通信量をカウントしない「 ギガノーカウント(動画SNS放題)」がある上、その対象外の通信についても月間50GBの高速通信容量を備えています。 データ通信がたまたま少なかった月の「損」も少なくなります。 特に仕事でも使っている場合は通話をよくする人もいると思います。 現行のスマホ向け料金プランでは、一部を除いて電話(音声通話)の料金は従量制、つまり通話した分だけ料金がかかります。 日本国内の電話番号宛の通話が多い場合、 定額で国内通話を(準)定額利用できるオプションサービスの契約を検討してみましょう。 今回は、ウルトラギガモンスター+/ミニモンスター(3月11日までの料金プラン)向けと、メリハリプラン/ミニフィットプラン(3月12日以降の料金プラン)向けのサービスを合わせて紹介します。 国内宛の通話時間が1カ月当たり12分30秒以上で、かつ1回当たりの通話時間が5分以内に収まる人には準定額オプションがおすすめです。 一方、国内宛の通話時間が1カ月当たり37分30秒以上になる人には定額オプションがおすすめです。 準定額オプション/定額オプションと比べると200円の値上げとなっていますが、以下の月額800円相当のオプションサービスが自動で付帯します。 留守番電話プラス(月額300円)• 割込通話(月額200円)• グループ通話(月額200円)• 一定額ストップサービス(月額100円) 付帯サービスのことを考慮に入れない場合、国内宛の通話時間が1カ月当たり20分以上で、かつ1回当たりの通話時間が5分以内に収まる人には準定額オプション+が、1カ月当たり45分以上になる人には定額オプション+がおすすめです。 ソフトバンクのスマホ向けプランでは、 テザリングは月額500円の有料オプションサービスとして提供されています。 ノートパソコンやゲーム機など、他のWi-Fiデバイスをつないで使いたい場合は、別途料金がかかりますので注意してください。 端末の購入を前提にした設計ですが、ソフトバンクには料金シミュレーターもあります プランのあらましをチェック! 最後になりましたが、3月12日から受け付けを開始する新しいパッケージプランであるメリハリプランとミニフィットプランの内容を、適用できる割り引きと合わせて確認します。 なお、先日発表された5G通信サービス「SoftBank 5G」は、これらのプランの月額1000円加算すると利用できますが、8月までに契約した場合は契約から2年間は無料(加算なし)となります。 (メリハリプランはスマホ以外の端末でも契約できますが、今回はスマホで契約することを前提に説明します) メリハリプラン(月額7480円/5980円) メリハリプランは、「基本プラン(音声)」と「データプランメリハリ」を組み合わせたパッケージプランです。 基本プラン(音声)は月額980円です。 データプランメリハリは、先述の通りギガノーカウントと、月間50GBのデータ通信容量が付帯して月額6500円(月間通信量が2GB以下の場合は5000円)です。 割り引き前の合計月額料金は7480円(2GB以下の場合は5980円)という計算となります。 3月8日現在のギガノーカウント対象のアプリ/サービスは以下の通りです。 ただし、いずれのアプリ/サービスも、通信内容によってはギガノーカウントの対象外となるので注意しましょう。 YouTube• Amazon Prime Video• AbemaTV• TVer• GYAO! クラシル• Hulu• LINE• スタディサプリ• Instagram• Facebook• Twitter• TikTok 3月8日現在のギガノーカウント対象アプリ/サービス ミニフィットプラン(月額3980円〜) ミニフィットプランは、基本プラン(音声)と「データプランミニフィット」を組み合わせたパッケージプランです。 基本プラン(音声)は、メリハリプランと同じく月額980円です。 データプランミニフィットは、月間のデータ通信容量に応じて月額料金が以下の通り変動します。 〜1GB:3000円• 〜2GB:5000円• 〜5GB:6500円 割り引き前の合計月額料金は3980円から7480円という計算になります。 適用可能な割り引き メリハリプランとミニフィットプランが共通して適用できる割り引きは「半年おトク割(6ヵ月)」「おうち割 光セット」があります。 半分おトク割(6ヵ月)は、新規契約、MNP/番号移行、機種変更をした翌請求月から6カ月間の月額料金を1000円割り引きます。 USIMカード単体での契約でも適用可能です。 おうち割 光セットは、指定の固定通信サービスを契約することで、月額料金を1000円割り引きます。 みんな家族割+は、家族割引グループ内における対象データプランの契約数に応じて割り引き額が変動する仕組みです。 2回線だと1回線当たり月額500円、3回線だと1回線当たり月額1500円、4回線以上だと1回線当たり月額2000円が割り引かれます。 なお、割り引き対象外のデータプランでも、一部は回線数のカウントに含められるので、家族が契約しているプランも合わせてチェックすることをおすすめします。

次の