ラジャー の 意味。 「ラジャー!」は何語?

イエッサー・ラジャー・アイアイサーの違い!意味や使い方を解説 | コトバの意味紹介サイト

ラジャー の 意味

(2)納得し、了承すること。 「ー事項」 (新選国語辞典 より) りょうかい【了解】【諒解】 (1)事情を思いやって納得すること。 理解すること。 のみこむこと。 「事情をーする」「ーできない」 (2)〔ドイツ Verstehen〕ディルタイの用語。 文化を生の表現とみて、その意味を自己移入・追体験などによって共感的にとらえること。 (大辞林 より) 考察:了解について ビジネスでは敬意が含まれない言葉とされる年代もいるのでご用心。 「目上(上司)の人」が「目下(部下)の人」に対して使う。 または、「(気心のしれた)同僚同士」で使う。 感覚値としてですが第二次ベビーブーム年代以前のご年代の方々に多いような。 他動詞:(1)聞きいれること。 「その条件ではーできない」(2)知っていること。 (新選国語辞典 より) しょうち【承知】 (1)知っていること。 わかっていること。 「いきさつはーしております」 (2)聞きいれること。 承諾すること。 「解約の件はーできない」 (3)許すこと。 多くの否定の形で「許さない」「勘弁しない」の意を表す。 「そんなことをしたらーしないぞ」 (大辞林 より) 考察:承知について ビジネスにおいて一般的。 「目下(部下)の人」が「目上(上司)の人」に対して使う。 「 かしこまりました」としてもよい(個人的にはこちらが無難かと)。 謙虚な上司は部下に対して使うこともある。 しかし、部下との上下関係を明確にしバランスが取れないようであればNG。

次の

「ラジャー」は中国語?|神戸電子BLOG

ラジャー の 意味

「1人で戦地乗り込んで勝ってきて」「御意」 「御意」は「おい」ではなく「おんい」ではなく「ぎょい」と読みます。 皆さんは「御意」という言葉を聞いたことがありますか。 「御意」って聞いたことある? 普段の生活で「御意」を聞くことはほとんどありませんが、よく映画やテレビ、小説や漫画などで使われます。 「御意」の意味とは何でしょうか。 例えば、テレビ時代劇でお殿様の命令に武将が「御意」と返事しているのを耳にします。 現代に置き換えると上司が部下に命令を出し、「承知いたしました」と返事している状況ですが、「御意」とは武士が目上の人に使う敬語なのでしょうか。 最近では米倉涼子さんが演じる人気ドラマ「ドクターX 外科医・大門未知子」(テレビ朝日系)の中で、「御意」という言葉がたくさん出てきました。 「御意」は自分の意見を言わず権力に従うことでしょうか。 本当に医療現場で使われる言葉なのでしょうか。 ここではあまり日常であまり馴染みのない「御意」について、その興味深い本当の意味と正しい使い方について見ていきましょう。 「御意」の意味は? 「御意」とは身分の高い方、目上の人などを敬って、その考え・意向を指していう言葉です。 「御意にかなう」とは「お心にかなう」、「思し召しに沿う」という意味です。 「御意のとおり」でしたら「その考えに同意します」、「命令に従います」という意味です。 「御意」のもう一つの使い方は「御意のとおり」の意味から、身分の高い方、目上の人に対して同意や肯定を表す返事として使います。 「御意にござります」という使い方や、単に「御意」とだけ返事をする使い方があります。 「ごもっともです」、「おっしゃるとおりでございます」、「承知いたしました」という意味です。 絶対肯定の「御意」 「1人で戦地乗り込んで勝ってきて」「御意」という会話での「御意」は、目上の人の意向「1人で戦地に行って勝ってこい」に対して、その命令に従うという意味で「御意(承知いたしました)」という意味になります。 「御意」とは身分の高い方、目上の人に対して同意・肯定を表す意味を持つ言葉でした。 今の言葉でいうと「おっしゃるとおりでございます」「承知いたしました」という意味です。 ではその語源・由来について見ていきましょう。 「御意」の意味の語源・由来は? 「御意」は鎌倉時代~江戸時代に使われていた言葉です。 現代よりも絶対的な主従関係が存在した時代です。 その状況下で身分の高い人、目上の人の意見、命令に対して「おっしゃるとおりでございます」、「承知いたしました」という意味で使われました。 鎌倉時代~江戸時代は目上の方の意見に反対したら自分だけでなく一族もろとも殺される可能性がある、そんな時代でした。 そこでの「御意」は今の感覚での単なる返事「承知いたしました」よりも重い、否定を許されない故の肯定「承知いたしました」です。 主君から無理で苦しい要求を押し付けられても、家臣は反論の余地なく「御意」と言わざるを得ない、そんな厳しい主従関係が存在した時代でした。 では次に「御意」を「御」と「意」に分けて、それぞれの意味を見ていきましょう。 「御(ぎょ)」とは? 「御」は他人を尊敬してその行為・持ち物につける語です。 「ぎょ」と発音する言葉は「御意」の他に「御慶(ぎょけい)」があります。 「御慶」とはおよろこび。 お祝い。 特に新年を祝うあいさつで使われます。 また、天子・帝王など身分の高い方に関係ある事物の名詞の前に付いて、尊敬の意を表します。 「御物(ぎょもつ)」とは天子の持物、皇室の所有品という意味です。 私たちが日常的に聞き慣れている「御」は「ご」や「お」と発音されています。 例えば「御家族(ごかぞく)」「御手紙(おてがみ)」などがあります。 敬意を表す場合の他に丁寧をあらわす場合も言葉の前に付いて用いられます。 「意」とは? 「御意」の「意」は「心に思っていること・気持ち・考え・意見」を表す言葉です。 例えば「遺憾の意を表す」とは、「残念な気持ちを表す」という意味です。 つまり「御意」の語源・由来は「目上の尊敬している方が、心に思っていること」です。 英語に「御意」ってあるの? 英語で「御意」に当たる言葉は何でしょうか。 一番馴染みがありフランクな承認の言葉は「O. 」ですが、「O. 」だけではどの程度肯定したのか伝わりません。 友達同士の会話で軽く「いいよ」と返事する場合にも使われるので、信頼度が低く説得力に欠けます。 」よりもこちらの理解度、肯定の気持ちを強く伝える表現はあるのでしょうか。 まずはビジネスシーンで使われる言葉から見ていきましょう。 ビジネスシーンでの英語版「御意」は? 「御意」は鎌倉時代~江戸時代に使われた言葉で「承知いたしました」の意味でした。 「承知いたしました」とよく混同される言葉に「了解しました」があります。 親しい友達同士の間で、英語の「O. K」に相当するような軽い承諾の意味で「了解」は使われます。 目上の人や上司から部下に対して「了解」は使われますが、逆に部下から上司へまたは顧客へ「了解しました」を使うのは失礼にあたります。 意味として承諾を表しますが、「了解しました」は丁寧語で謙譲語ではないからです。 謙譲語とは自分の身分を低めて相手に敬意を表す言葉です。 部下が上司に承諾を伝えるときは謙譲語である「承知いたしました」を使います。 病院が舞台のテレビドラマで「御意」を使う意味 実際の医療現場では「御意」は使われていませんが、人気ドラマ「ドクターX 外科医・大門未知子」ではその医療の権力社会と昔の封建社会とを重ねて、面白おかしく「御意」が使われていました。 「御意」は絶対的な主従関係が存在していた時代に使われていた服従肯定を意味する言葉です。 権力に従わないと自分の未来・将来が脅かされるドラマの中の医師たちは、絶対服従の「御意」を使って生き残りをかけていました。 このドラマでの「御意」が説得力を持っていたもう一つの理由として、病院という現場が命を扱う現場、人と人の厚い信頼関係の上で成り立っている現場である、ということが言えます。 軽い意味での「O. 」では伝えきれない心の動きを「御意」を使うことによって表しています。 「御意」は尊敬する方、目上の人の意見を肯定するとき、受け入れるときに使う言葉でしたが、反論するときは何と言うのでしょうか。 お殿様など、自分より身分の高い人に対して意見を言うときは「恐れながら申し上げます」「恐れ多いことでございますが」「恐縮ではございますが」と前置きをします。 昔は自分より身分の高い人に意見を言う、ということが認められていなかったので、このような表現が生まれました。 今でも目上の方に意見を言うときに用いられており、前置きをすることで自分は喧嘩腰ではない、拒絶しているわけではない、ということを表せる謙虚な言葉です。 幕府や朝廷、お殿様に刃向かう行為、反旗を翻す行為は「謀反・謀叛(むほん)」といいます。 「謀反・謀叛」は、計画するだけでも重大な罪とされ、処刑されました。 時代とともに変化する「御意」 目上の人との関係の変化 いかがでしたでしょうか。 「御意」とは、鎌倉時代や江戸時代の敬語で、殿様や主君など身分の高い方の命令に「従います」という意味の返答で使われていた言葉でした。 語源は「身分の高い方のご意見」ですが、そこから「おっやるとおりでございます」「承知いたしました」を表す言葉となりました。 昔は絶対的な主従関係が存在しており、主君の意見に反対したら一族もろとも殺される可能性がありました。 自分にとっていかに不都合な内容でも、「御意」と返事せざるをえない状況が多々ありました。 現代は上司部下の間のコミュニケーションが重要視され、意見を交換しあいながら仕事を進めていき、絶対的な主従関係はなくなりました。 職業選択の自由もあります。 絶対服従を意味する「御意」という感覚がマッチしない時代となりました。 自分の身分を低めて相手に尊敬の意を表す謙譲語「承知いたしました」が主に使われています。

次の

イエッサー・ラジャー・アイアイサーの違い!意味や使い方を解説 | コトバの意味紹介サイト

ラジャー の 意味

(2)納得し、了承すること。 「ー事項」 (新選国語辞典 より) りょうかい【了解】【諒解】 (1)事情を思いやって納得すること。 理解すること。 のみこむこと。 「事情をーする」「ーできない」 (2)〔ドイツ Verstehen〕ディルタイの用語。 文化を生の表現とみて、その意味を自己移入・追体験などによって共感的にとらえること。 (大辞林 より) 考察:了解について ビジネスでは敬意が含まれない言葉とされる年代もいるのでご用心。 「目上(上司)の人」が「目下(部下)の人」に対して使う。 または、「(気心のしれた)同僚同士」で使う。 感覚値としてですが第二次ベビーブーム年代以前のご年代の方々に多いような。 他動詞:(1)聞きいれること。 「その条件ではーできない」(2)知っていること。 (新選国語辞典 より) しょうち【承知】 (1)知っていること。 わかっていること。 「いきさつはーしております」 (2)聞きいれること。 承諾すること。 「解約の件はーできない」 (3)許すこと。 多くの否定の形で「許さない」「勘弁しない」の意を表す。 「そんなことをしたらーしないぞ」 (大辞林 より) 考察:承知について ビジネスにおいて一般的。 「目下(部下)の人」が「目上(上司)の人」に対して使う。 「 かしこまりました」としてもよい(個人的にはこちらが無難かと)。 謙虚な上司は部下に対して使うこともある。 しかし、部下との上下関係を明確にしバランスが取れないようであればNG。

次の