ハング アウト 画面 分割。 Googleハングアウトで画面共有しながらチャットする方法

Google、「G Suite」のビデオ会議を「ビデオハングアウト」から「Meet」に完全移行へ

ハング アウト 画面 分割

今日は Google+(グーグルプラス)のビデオチャット機能「」をご紹介します。 ハングアウトって何? ハングアウトとはGoogle+(グーグルプラス)上で使える、 ビデオチャットのサービスです。 ビデオチャットの中では、今はSkype(スカイプ)が1番有名かもしれません。 そこで、ハングアウトとSkypeを比較してみました。 Google+のハングアウト Skype 使用する前に必要なもの Google+への登録 専用アプリのインストール 登録ID 専用アプリのインストール 初めて使う時のわかりやすさ Google+に慣れていないと少し手間取る。 インターネット初心者でも比較的簡単に使える。 同時にビデオチャットが出来る最大人数 10人 (無料) 10人 (有料) Google+のハングアウトの場合、導入が少し難しいかもしれませんが、10人まで無料で同時にビデオチャットが出来るので、 複数拠点間での会議をするときに便利です。 使い方は? まず、Google+にログインし、画面右上の「ハングアウト開始」ボタンを押します。 すると、以下のようなインストール画面が表示されるので、緑色の「プラグインをインストール」をクリックして下さい。 あとは、「ハングアウトに招待」をクリックして、一緒にビデオチャットしたい人を招待すればOKです。 WEBカメラを準備して、是非使ってみて下さい!• 株式会社アドトラスト様 1件当たりの獲得単価が 新聞の10分の1に!• 株式会社愛知不動産鑑定所様 月2~3件のお問い合わせが 月20件に激増!• アクオ株式会社様 月100枚の買取の目標を オープン1ヶ月で達成!• 合資会社高垣商店様 リスティング広告運用初月から 月間100コール!• 元気でんき株式会社様 新規顧客獲得 月間100件以上!• 株式会社あミューズ様 運用翌月から 月商1. 5倍!月間PVは 5倍の30万に!• コーティングハウス匠様 お問い合わせが、月1〜2件から 月平均15〜20件に! ハウスメーカー 保険代理店 自動車メーカー 大学 住宅展示場 カードローン 中古車の買取 高等学校 戸建て販売 学資保険 中古車の販売 専門学校 注文住宅 生命保険 自動車販売店 ビジネススクール マンション管理 医療保険 タイヤ販売 マナー教室 工務店、リフォーム 法人向け保険 タイヤ買取 英会話教室 造園 自動車保険 カーコーティング テーマパーク 中古マンション査定 信用金庫 カーアクセサリー通販 旅館 分譲マンション 銀行 板金塗装 ホテル 土地売却 損害保険 バス用品メーカー 日本語学校 オフィス移転・引越 医師求人 マッサージチェアメーカー 写真館 オフィスデザイン 看護師求人 オーディオ機器販売 ゴルフスクール オフィス家具 介護士求人 音楽メーカー ゴルフ場 建築(設計)事務所 薬剤師求人 バイクメーカー スキー場 家具販売 美容師求人 破砕機修理 テニススクール オフィス家具買取 工場系求人 太陽光パネル修理 ファミリーレストラン オーダー家具制作 工場系人材紹介 看板制作 居酒屋 不動産仲介 アパレル求人 印刷会社 葬儀場 土地活用(駐車場) 技術者求人 業務用冷蔵庫 墓石店 土地活用(投資マンション) 官公庁求人 ECサイトコンサルティング 幼稚園 外壁塗装 警備員求人 飲食店向けコンサルティング インフラ 防水工事 人材派遣 封入器メーカー 美術館 高齢者向け住宅仲介 人材紹介 プロジェクターメーカー 飲食系ポータルサイト 老人ホーム 庭師求人 物流センター ヨガスタジオ デイサービス 大手求人ポータルサイト ホームページ制作 結婚式場 足場設置 アクセサリー通販 厨房機器販売 二次会代行 建具販売 水商売向けドレス通販 分析装置メーカー ウエディングドレスレンタル 畳張替え 健康器具通販 スマホアプリ開発 リサイクル リノベーション 整体師向けDVD通販 税理士紹介サイト 整体師スクール スケルトン工事 食品通販 グリーンレンタル 結婚相談所 解体工事 生活用品通販 鳥害対策 トリミングスクール 高級マンション賃貸 パソコン部品通販 営業研修 韓国語教室 産婦人科 美容整形外科 整体 エステ 鍼灸院 不妊治療クリニック ネイルサロン.

次の

ハングアウトをPCで表示する3つの方法

ハング アウト 画面 分割

お好きなところからどうぞ• ウェビナー(ウェブセミナー)や多人数会議でお困りの方に…… シゴト上、音声通話であったり、1対多のウェブセミナーなどをする機会が多く、 その度に頭を悩ませてきました。 では人数制限があるし、 映像は出さずに音声のみでOKなのでUstreamもちょっと面倒。 (広告出るし……) 他にもいろいろなサービスがあって試したのですが、 音声が途中でプツプツ途切れたり、人数が多くなってくると急に落ちたり、 なにかとかゆいところに手が届かないものばかり。 そんな時に知ったのが Googleハングアウト です。 Googleハングアウトとは?何ができるの? Googleハングアウトとは、Googleが提供するサービスで、 チャット機能で写真や画像のやり取りができ、 さらに ビデオハングアウトでは、ビデオ通話を使って、 お互いの顔を見ながら 1:1 の会話はもちろん、同時に最大10人までの会話も楽しめます。 スマホアプリにも対応しているので、 外出先からもすべて無料で友だちや家族と連絡を取ることができます。 ウェビナーで大活躍! Googleハングアウトは、YOUTUBEとも連動しており、 ハングアウトオンエアとしてその会話を視聴することもできます。 ウェビナーを行う時はこのビデオハングアウトとYOUTUBE連携が非常に役に立ちます。 最大10名までの参加というのは配信する側の最大人数で、 これはいわば、 講師は10人までOKということですね。 その講師の対談やセミナーを受信するのは、 YOUTUBEで視聴できるので、人数制限はありません。 1:多 のウェビナーなどではまさにもってこいの機能です! そんな多機能なGoogleハングアウトですが、 今回の記事では、 Googleビデオハングアウトを使ってウェビナーや多人数会議を行う方法 を具体的に説明していきます。 Googleハングアウトを始める前の事前準備• Googleアカウントを取得します。 参照:• をダウンロード&インストールします。 カメラやマイクをお使いのPCにセッティングしておきます。 Googleハングアウトでウェビナーや多人数会議を行う設定方法• 配信したいアカウントでYOUTUBEの画面にログインし、右上のアイコンから『クリエイターツール』をクリックします。 『動画の管理』の『ライブイベント』をクリックし、『新しいイベントのスケジュールを設定』をクリックします。 タイトルや説明文などを入力し、『配信を開始』をクリックします。 クローズウェビナーなのであれば、『限定公開』にすれば、URLを知っている人しか視聴することができません。 ポップアップが出たら、『OK』をクリックします。 これで準備が完了です。 マイク、カメラの設定 最初の状態はカメラやマイク機能がONになっています。 カメラを利用しない場合は、カメラ機能をオフにしましょう。 Google+のアカウントのアバターが表示されるようになります。 一緒に配信をする人を招待する。 複数の講師でウェビナーを行う場合には、参加者を招待しなくてはなりません。 メニューバーの『ユーザーを招待』をクリックします。 『共有するリンク』を参加者に通知します。 リンクを送られた招待者は 招待者へ送ったリンクをクリックすると、確認画面が出るので、チェックを入れて『OK』をクリックします。 注意)もちろん招待者も の導入が必要です。 ハングアウトの画面が起動されるので、カメラのオン・オフを設定し、『参加』をクリックします。 右下にユーザーの画像やアバターが表示されれば、追加完了です。 閲覧者に配信会場を知らせる 準備が整ったら、配信を開始する前に閲覧者(ウェビナー受講者)に配信場所をお知らせしましょう。 右下の『リンク』をクリックして、『YouTubeページ』のリンクを参加者に送ります。 配信を開始すると、ここに音声や画像が表示されます。 右側にはチャット欄もあり、閲覧者からの質問や感想などを受け付けることなどもできます。 画面を共有する Googleハングアウトでは、参加者(講師側)のPC画面を共有することができます。 レジュメやブラウザなどを説明するときに非常に役に立ちます。 画面共有の方法は、まず左のサイドバーにある『画面を共有』をクリックします。 立ち上げているアプリごとに共有を選べるので、共有したい画面選びます。 パワーポイントやPDF、メモ帳などでウェビナータイトルを作っておくといいですね。 これで画面が共有される状態になりました。 参加者や閲覧者全員に表示させる場合は『全員に固定表示』を。 共有を停止する場合は『停止』をクリックすれば共有が終了し、アバター画面になります。 配信を開始する 準備が整ったらいよいよ配信を開始します。 開始する方法は、画面下の『配信開始』をクリックするだけです。 『チン』というアラームがなり、右上に開始の合図が表示されます。 閲覧リンクから見るとこんな感じに表示されています。 注意! 配信側と閲覧側では 30秒くらいのラグ(遅れ)があります。 音声と共有画面のずれなどはないのですが、閲覧者には遅れて届くため、 チャットの質問への回答が遅れてしまう可能性があります。 事前に閲覧者へ説明しておきましょう。 配信の停止 配信を停止する場合は、管理者が『配信を停止』をクリックすれば終了です。 『チン』という音がなったらそこから音声などは配信されなくなります。 自動的にYouTubeに動画がアップ! なんと、Googleビデオハングアウトは自動でYouTubeに動画がアップされます。 ウェビナーに参加できなかった方にも、これでコンテンツ配布が可能となります。 ウェビナーの強い味方!Googleハングアウト いかがだったでしょうか。 今まで色々なサービスを試してきた上で言うと、 音質、重さ、使い勝手など、すべてにおいて非常に優秀なツールです。 そして何より 無料というのが素晴らしいですね! 今回はウェビナーに特化した利用方法を説明しましたが、 その他1:1でのチャット機能や、Google+と連携させた使い方など、 ハングアウトの可能性はまだまだ広がっています。 是非試してみてくださいね。 以上、 Googleハングアウトの設定方法と使い方【ウェビナーにおすすめ!】 についての記事でした。

次の

Googleハングアウトの設定方法と使い方【ウェビナーにおすすめ!】

ハング アウト 画面 分割

Zoomの代替アプリに、どんなものがあるのか知りたい! アプリのインストールとかしたくないので、もっとシンプルなWeb会議システムを使いたい! …という方は、この記事で紹介する 「Googleハングアウト」が便利です。 ということでこんにちは、 です! 現在知名度が急上昇しているZoomを利用するためには、基本的にアプリのインストールが必要です。 また、セキュリティ上の懸念も数多く残っているため、人によっては 「使いたくない」と考える方も少なくないようです。 今回は、そのZoomの代替アプリ・サービスとして使える「Googleハングアウト」について、このツールの特徴や使い方、Zoomとの違いについてまとめました。 先に結論をざっくりまとめると、両者の違い・使い分けは以下の通りです。 com Googleハングアウトとは、名前の通り Google社の提供するWeb会議・Webチャットツールです。 導入が非常に簡単で、Googleアカウント Gmailのアカウント を持っていれば、アプリをインストールしなくてもSafariやChromeなどのWebブラウザですぐさまWeb会議が可能なのが特徴です。 それこそ、 Web会議開始まで1〜2分で出来てしまうというシンプルさが売りのWeb会議ツールです。 もちろん、ビデオチャット・音声チャットのどちらも可能で、操作しているパソコンの画面・ウィンドウを見ながら操作する、画面共有も可能です。 無料版の場合、同時にWeb会議に参加可能な人数は 10人までとなっています。 ちなみに、GoogleはビジネスユースのWeb会議システムとして、 「Google Meet」というサービスもリリースしています。 Googleハングアウトが一般ユーザ向けのシンプルなツールなのに対して、Google Meetは、よりビジネスとして、企業・グループでのWeb会議を行うためのサービスという位置づけです。 こちらも、特定のアプリ・ソフトはインストール不要で、基本的にブラウザ上ですべて動作します。 続いて、トップ画面の 「ビデオハングアウト」をクリックしましょう。 Googleアカウントのログイン画面が表示されるので、自身のGmailアカウントでログインしましょう。 すでにログイン済みの場合、この画面は表示されずに自動的に先に進みます! 初回起動時には、このように 「ハングアウトにカメラとマイクの使用を許可する」という画面が表示されます。 ここではそのまま 「許可」をクリックします。 これでハングアウトのWeb会議 ビデオハングアウト が作成され、自動的に開始されました! Web会議の開催に必要な作業は、これだけです。 Web会議にはそれぞれ個別のURLが設定されており、このURLを伝えてアクセスしてもらうだけで、Web会議に参加してもらうことが可能です。 この 「共有リンクをコピー」をクリックすると、以下のようなWeb会議への招待用URLがコピーされます。 Googleアカウントにログインした状態で以下をクリックするだけで、Web会議に参加できる…という仕組みです。 この辺の招待方法は、Zoomとほぼほぼ同じですね。 参加者全員がZoomのアカウントを作成• 参加者全員がZoomのアプリをダウンロード・インストール• アプリの初期設定を行う• 主催者が参加者を招待• 参加者がURLをクリック• 主催者が「参加リクエスト」を承認 Web会議のために、Zoomのアカウント作成+アプリのインストールをしないといけない、というのが大きなハードルですね。 定期的に利用する方は、専用のアカウントとアプリをインストールして定期的に利用するのも良いでしょう。 Googleハングアウトの場合は、GoogleアカウントさえもっていればURLをクリックするだけなので、一度きりのWeb会議への参加は、非常にラクです。 また、Zoomにはセキュリティの脆弱性や中国との関係性など、セキュリティ上の問題がいくつかあります。 出来ることなら、Zoomのアプリをインストールするのは避けたい、という人も少なくないでしょう。 アプリをインストールせずとも、Web会議に気軽に参加できるGoogleハングアウトは、その点でもメリットがあります。 ただし、Zoomのように複数人でのスケジュール調整機能やユーザ管理機能はありません。 そのため、会社・グループ内でGoogleハングアウトを使って会議しようとした場合、別のツールを使って、招待URLやスケジュールのやり取りをする必要があります。 これが2〜3人なら良いでしょうが…10人、それ以上の人数での会議となってくると、Web会議専用のスケジュール機能などが付いたアプリの方が便利です。 Zoomを使うなら、通信量・無制限のWiFiルータを使いましょう。 Zoomでは、ビデオ通話1時間あたり、 700MB近くものデータ通信量を使います。 光通信などを自宅やオフィスに引き込むという選択肢もありますが、設置と工事にかかる手間を考えると、その手間を省けるWiFiルータの方がオススメです。 特に現在、テレワーク需要が急激に増えた関係で、工事完了までかなり時間がかかるため、WiFiルータを受け取って即利用可能となるWiFiレンタルサービスがベストです。 TipstourのオススメWiFiサービスは以下の通りです。

次の