橋本環奈ディープフェイクエロ動画。 橋本環奈や石原さとみの AVフェイクポルノに対するうずまく想い

芸能人フェイクポルノが見れる動画サイトまとめ【DEEPFAKE】

橋本環奈ディープフェイクエロ動画

もくじ• 芸能人ディープフェイク動画サイトまとめ【DEEPFAKE】 DFIDOL 2019年春に新たに誕生したフェイクポルノ動画サイト「」 こちらは動画配信ではなく、動画ダウンロードサイトです。 アップされている動画のメインは韓国のアイドルや女優などですが、橋本環奈、石原さとみ、新垣結衣、など日本のアイドルや女優モデルなども少しアップされています。 名前で検索する場合はアルファベットで。 サムネイルをクリックすると詳細画像がずらりと現れ、ダウンロードのリンクが表示されます。 以前は無料でもダウンロード可能でしたが、現在は有料会員にならないとダウンロードできないようです。 詳細はこちらの記事でご確認ください。 FAKEY 日本人フェイクポルノ動画共有サイト「FAKEY」 橋本環奈、石原さとみ、吉岡里帆、新垣結衣、広瀬すずなど日本のアイドルや女優モデルなどのディープフェイクがアップされています。 2019年2月時点で390本の動画を確認。 ディープフェイクVR ディープフェイクでは珍しい、石原さとみのVR動画が1本だけ公開されています。 画質が荒いですが、とても自然な動画に仕上がってます。 ただ、プレイヤーがVR対応していないので、視界を動かすことができません。 FAKEYの詳しい情報 追記 2019年2月9日 注意現在 FAKEYがアクセスできない状態のようです。 復旧するのか、はたまた閉鎖したのか定かではありません。 KPOPDEEPFAKES. NET KPOPアイドル中心のサイト「」 ディープフェイクでは珍しいVR動画も多数投稿されています。 ここはとにかく広告がうざいサイトです。 スマホで閲覧すると再生前の広告を閉じることができず動画を再生できませんでした。 PCブラウザなら問題ないです。 ディープフェイクが投稿されている KPOPアイドル一覧• AOA• APINK• Brackpink• EXID• G-IDLE• Grind• Gugudan• IOI• Lorna• Lobelyz• Mamamoo• Miss A• Momolrand• OMG• Red Velvet• Secret• SNSD• Soloist• T-ara• Twice ディープフェイクチュートリアル フォーラムでは、フェイクポルノ制作に必要なソフトや作りかたのチュートリアルが掲載されています。 Mr DeepFakes 海外セレブ中心のフェイクポルノ動画サイト「」 フェイクポルノVRもいくつか投稿されています。 海外ドラマ「ゲーム オブ スローンズ」のデナーリス(エミリア・クラーク)のフェイクポルノVR動画がありました。 ただ、プレイヤーがVR対応していないので、視界を動かすことができません。 ADULT DEEPFAKES. com こちらも海外セレブ中心のフェイクポルノ動画サイト「」 900本ほどのフェイクポルノ動画がアップされています。 スマホ画面でスクロールして一番下のフッターに「Celebtites」をタップすると、Angelina Jolie 、Chloe 、GraceAvril Lavigne、Britney Spearsなどセレブのサムネイルがすらりと現れます。 サムネイルをタップすればそのセレブのフェイクポルノ動画一覧が表示されます。 その他 有名な動画共有サイト• 上記のポルノ動画共有サイトでも「Deepfake」で検索するとでてきます。 自分でフェイクポルノ作りたい人はこちら 関連記事.

次の

アダルトのディープフェイク(フェイクポルノ)が凄かった

橋本環奈ディープフェイクエロ動画

人気の女優やアイドルが一糸纏わぬ裸にされてしまう最新技術を駆使した動画「 ディープフェイク」が巷で流行しているようです。 これまで確認されただけでも、• 広瀬すず• 新垣結衣• 橋本環奈• 石原さとみ• 吉岡里帆• 齋藤飛鳥• 山本彩• 白石麻衣• 上戸彩 らの精密かつ 本物かと思うレベルの「ディープフェイク」動画が作成されており、2019年8月7日に「デイリー新潮」(週刊新潮電子版)によってその存在が報じられました。 そこで、 この記事では2018年から2019年にかけて一気に技術力が加速し、ブームとなっている広瀬すずや新垣結衣、橋本環奈、石原さとみ、齋藤飛鳥、白石麻衣といった人気女優・芸能人を裸にする実際の「ディープフェイク」動画を大手サイトと共に紹介します。 橋本環奈もとんでもない姿に!? さて、 デイリー新潮がいよいよ日本のタブーを報じてしまいました。 一瞬目を疑ってしまう動画が最近、世間に拡がりつつあるという。 「 ディープフェイクという手法を使った偽ポルノ動画です。 人工知能を駆使してポルノ動画の顔と声だけを有名女優などにすり替える悪ふざけのような動画で、アメリカやロシアを中心に一昨年くらいに流行したもの。 驚くのは、ロボットのような不自然な動きをすることはまったくなく、実に自然に表情まで変化するのだ。 「顔認識に加え、目・鼻・口の動きを理解する表情認識が可能な人工知能にポルノ動画を勉強させている、高度な技術です」 とは、ITジャーナリストの三上洋氏。 「そのうえで、はめ込みたい顔を正面や横から細かくデータを取って、元の動画に合わせるんです。 このディープフェイクが話題になったのは、オバマ前大統領がトランプ大統領を罵倒する偽動画が制作されてから。 アメリカでは州によってはディープフェイクによるリベンジポルノを法規制する動きもあります」 デイリー新潮より一部抜粋 これは人類の歴史において、• 農耕技術の開発• 産業革命 に匹敵する革命です。 倫理に反する行為であるとはいえ、かつては画像版でもこの手のメソッドが取り入れられていました。 その精度はホンモノと変わらないレベルと話題 流行りの 著名芸能人らのディープフェイク動画を作成・掲載している業界大手の「DIFIDOL」というサイトは、かつて無料で誰でも見られたのですが、 現在は有料化しており、有料会員に登録しなければ見られないようです。 では、毎日毎日汗を流して働き、どんなに頑張っても広瀬すずや新垣結衣、石原さとみらとは付き合うことができない我々一般人は、ホンモノと全く変わらないクオリティーであるディープフェイク動画を見ることができないと言うのか、、 いや、ちがう!! 無料で広瀬すずや新垣結衣、上戸彩らの高精細かつ精密な無料のディープフェイク動画を視聴できるサイトを見つけました!!! 【無料動画】有料会員じゃなくても視聴できるディープフェイク動画があった! 石原さとみまでもが… このサイトに 実際のディープフェイク動画を貼り付けて掲載するのはかなりデンジャラスな行為になってしまうので、 その ディープフェイク動画が無料で掲載されているページのURLを貼ることにします。 フルの動画ではなく、ディープフェイクの動画がどのようなもので、どれほどのクオリティーかを知るためのものですが、 このレベルがとんでもないんです。 実際に私も視聴しましたが、 広瀬すずも新垣結衣も石原さとみもどれも本人が行為をしているようにしか見えませんし、作り物だとは到底思えないレベル…。 ちなみに、私が視聴した 無料のディープフェイク動画で使用されていた広瀬すず、新垣結衣、橋本環奈の巧みに加工された本人顔画像がこちらです。 アダルト大量ならU-NEXT!!! 【画像】ディープフェイクに映る広瀬すず そして、 実際のディープフェイク無料動画は以下です。 実際のディープフェイク動画 まず、GoogleもしくはYahoo!で、 「 erohika. com」のURLをコピペして検索します。 上記のページ内で「 2019年7月5日」の投稿をクリックすると、• 広瀬すず• 新垣結衣• 上戸彩• 石原さとみ といった著名人が裸になった ディープフェイク動画の無料動画が視聴できます。 「 erohika. com」トップページに飛べば、すぐに「2019年7月6日」の投稿は見つかります。 また、視聴する上ではいくつかの絶対確認しておくべき注意点もあります。

次の

女優・アイドルの“妄想本番”動画『ディープフェイク』大問題に発展!

橋本環奈ディープフェイクエロ動画

問題の動画は、ネット上の動画投稿サイトや動画共有サイトなどにゲリラ的にアップされており、某人気サイトでは約400本も自由に視聴できる状態になっているという。 中にはVR(仮想現実)動画もあり、まるでタレント本人とリアルでエッチをしているような感覚を楽しむことができるものもあるというから驚きだ。 「もちろん、タレント本人が出演しているわけではありません。 有名芸能人の顔とAV動画を組み合わせた人物画像合成動画のことで、『ディープフェイク』と呼ばれています。 元となる画像と映像を重ね合わせ、結合することで生成されるのですが、海外では有名人のポルノビデオや、リベンジポルノ作成のために利用されることもあり社会問題化しています。 日本でもここ数年、AVファンを中心に人気を呼んでおり、動画投稿サイトにアップされては削除されるイタチごっこが繰り返されています」(夕刊紙記者) エロは技術発展の推進力 実際の合成動画を見ると、その完成度の高さに驚かされる。 人気女優K・Kの動画では、本人が騎乗位で激しく腰を振る様子が映し出され、アエギ声や快楽に身を委ね悶絶する表情までがリアルに再現されている。 フェイク動画と言われても「いやいやマジで本人でしょ?」と疑いたくなるほど、その完成度は高い。 「1990年代には〝アイコラ〟が大流行し、一部の雑誌がグラビア展開して著作権法違反の疑いで告訴される事件がありました。 当時のアイコラはアイドルの顔とヌード写真を切り貼りするだけの簡単なものでしたが、それでも、アイドル本人が本当にヌードになったかのように感じるには十分でした。 今や合成技術もかなり発達し、ディープフェイクによるエロ動画を本物の流出動画と勘違いする人もいるくらいです。 一部のサイトでは熱烈なファンから動画作成依頼もあるほどで、自分のお気に入りのアイドルを指名する人も出てくる始末です」(同・記者) 同じように、海外ではエマ・ワトソンやスカーレット・ヨハンソン、クロエ・グレース・モレッツなどのセレブの合成動画が人気だというから、〝妄想エロ〟に対する興味は万国共通なのだろう。 また、動画を合成する職人は、自分の技術を見せびらかす傾向にあり、スケベ心よりもいかに違和感を抱かせず、視聴者を喜ばせるかに精力を注いでいるという。 タレントのイメージ問題もあり、今までスルーしていきた芸能関係者も、ここに来てさすがに無視するわけにもいかなくなったようで、このまま無法状態が続けば訴訟問題に発展する可能性は大。 くれぐれも興味本位で視聴するようなことは控えたい。

次の