ジュドー 声優。 ジュドーアーシタの名言セリフや声優まとめ!その後と最強説も

クロスボーンガンダムでグレイ・ストークっていたけどあれは明...

ジュドー 声優

概要 の主人公であるの妹。 年齢は10歳(物語開始時。 のちに11歳になる。 兄と再会したU. 0089年3月15日時点で12歳)。 10 身長153cm。 サイド1の「シャングリラ」にて兄と共に生活していたが、彼が学校に行かずにジャンク屋稼業に勤しむことを、あまりよく思っていなかった。 であった兄に似ず、優等生的な性格の持ち主。 兄からはされている。 そもそもジュドーはとの戦いを「大人が勝手に始めた」として傍観していたが、その彼がへの乗艦を承諾したのは、究極的には妹リィナの勧めによる所が大きい。 彼女としては腐敗著しいシャングリラのしかも最下層で生きるよりはずっとマシ、と考えた為だが、しかし兄が戦争の中でとして人を殺すという点や、兄妹や友人たち自身が生命の危険に晒されるという点に関してはほとんど想いを巡らせている様子はなかった。 ジュドーがアーガマのクルーになる際に一緒にアーガマへ乗り込むが、第12話にてジュドーが乗機にを受けに陥った際に、アーガマからと共にに乗り込み出撃。 ジュドーの危機を救うが乗機のから放り出され、ネオ・ジオン所属のに拿捕されてしまう(グレミーはルーとして保護していた)。 その後はグレミーの元、レディになるための教育を受けさせられることとなる。 その後、グレミーらと共にへし(第23話)、で社交界デビューする 第27話。 この時能力の表れなのか、舞踏会に参加していたの人々の醜い思念を感じ取り激しい憤りを覚える。 その後ジュドーの気配を感じ取り再会を果たすものののを受けする。 辛くもその場を抜け出しジュドーと共に迎賓館の出口へ向かうが、エゥーゴとの戦闘で動揺した連邦政府の出席者でその場は混乱していた。 リィナはしていたにも関わらずに代わって出席者たちに対し毅然とした態度で会場へ戻るように促し、場の混乱を鎮める。 その毅然とした態度はその場にいたネオ・ジオンのすら感服させ、思わぬところでグレミーの教育が役立つこととなった。 その後のによって孤島に流れ着く。 その間、に看護されるが、であるプルを信用できず、兄を守るため倒そうとする一幕もあった。 そして負傷した彼女が休んでいた小屋にがし、死亡した…ものと思われたが実はに救助されており(第37話)、最終話でへ旅立つ直前の兄と再会する。 では意図的にこの辺が変えられており、グレミーに誘拐もされておらず(地球に落下したガンダムチーム救助のために向かったことにされた)、爆発事故からも が救ったことになっていた。 その他 なお、TVアニメのキャスティングはオーディションではなく、スタッフの指名によるものだった。 前作『』のを演じ終えた岡本さんは、次回作のガンダムの告知でリィナを見て「この女の子は一体、誰がやるんだろう?」と思っていた矢先に、スタッフから「この女の子は君がやるんだよ」と言われ驚いたという。 関連項目 関連記事 親記事.

次の

【ベルセルク】ジュドーのかっこいいについて徹底追及して見た!

ジュドー 声優

出典: ジュドーアーシタの年齢ですが、公式設定では 14歳とされています。 この年齢はガンダム主人公最年少であるウッソ・エヴィンに次ぐ年齢です! ただ、この年齢は 宇宙世紀88年10月14日にあたるZZ第31話以降に準じており、ZZ開始から30話までは13歳という年齢でした。 なので、正しくは 13~14歳がジュドーの年齢と言えます。 13歳はウッソと同じ年齢で、つまりジュドーもガンダム最年少主人公と言えます(厳密にいえば『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』の主人公アルフレッド・イズルハの年齢は11歳で最年少主人公なのですが、パイロットではないのでノーカウント)。 13歳という年齢は日本でいえばまだ中学1年生ぐらいの年齢なので、そんな年齢で作中の活躍をしたジュドーのポテンシャルの高さには驚きです。 出典: ZZ本編最後にジュドーは ルー・ルカと共に 木星船団に参加します。 ZZ第47話でハマーンとの最終決戦、ハマーンとの一騎撃ちに勝利したジュドーは仲間の元に帰還します。 その後、ハマーンの行動を放置しておきながら、戦局が有利になると援軍に駆け付けてきたエゥーゴの大人達へと失望と怒りを覚えながらも、「代わりに俺を殴って気を済ませろ」と言ったブライトを涙ながら殴り飛ばし、第一次ネオ・ジオン戦争におけるジュドー達の戦いは終わりました。 宇宙世紀0089年3月15日、ジュドーとルー・ルカはネェル・アーガマクルーやシャングリラの仲間達、そして作中で死亡したとされていた妹のリィナ・アーシタに見送られ、木星船団に参加するという最後で締めくくられています 何故木星船団に参加したかはジュドー本人からは語られず仕舞いでしたが、ドラマCD『機動戦士ガンダム・オデッセイ』ではブライトが参加した理由を「己のニュータイプの資質を更に高める為」、「あるいは、争いばかりが続く地球圏嫌気がさしたのかもしれない」と語っています。 出典: ZZ本編終了後のジュドーのその後は、TVシリーズなどでは描かれていません。 しかし、幾つかの漫画など外伝作品にはジュドー(もしくはそれらしい人物)のその後が描かれています。 それらの 作品ごとにご紹介します。 このジュドーは敵機より放たれたビームの軌道を見切り、ビームサーベルで切り払う他、ドーベンウルフのインコム2基を左右の武装で破壊すると同時に本体をハイ・メガキャノンで撃墜するなど、歴戦のエースパイロットの風格を見せました。 『 機動戦士VS伝説巨神 逆襲のギガンティス』 こちらは長谷川祐一氏の漫画ですね。 舞台は宇宙世紀0091年、ZZ本編のその後2年後という世界観で描かれています。 木星圏のオリュンポス・コロニーで暮らしていたジュドー(ちなみにルーとは別れています)の元にアムロ・レイが訪れ、二人は協力し合いネオ・ジオン残党が発掘した巨大機動兵器『 巨神』の発動を阻止し、パイロットとして利用されていたミネバ・ザビを救出する……といった内容の漫画です。 しかしこの漫画に出てくる『 巨神』のデザインがもろに 最終回で敵味方全員因果地平の彼方に消え去る某伝説巨神(細部のデザインが異なりますが)なんですよね…… 確かにガンダムも某巨神も富野由悠季監督が原作者とはいえ、あの黒富野の代表作(というか問題作)をクロスオーバーさせるとは……という衝撃的な作品でした。 『 機動戦士ガンダム 英雄伝説』 こちらは青木健太・松川健一氏によりSDクラブNo. 第二次ネオ・ジオン抗争後、シャアと共に消息を絶ったアムロ・レイを捜すカイ・シデンがシャングリラコロニーを訪れ、騒動に巻き込まれるという話です。 この漫画にはシャングリラチルドレンのメンバーやゲモン・バジャックなどZZのキャラクターが登場し、ジュドーも最終回でZZガンダムに乗って活躍します。 『 機動戦士ガンダム ムーンクライシス』 こちらは松浦まさふみ氏の漫画です。 舞台は宇宙世紀0099年。 ジュドーはルー・ルカらしき人物と共に木星船団の仕事をしており、地球に帰還します。 その際にビーチャ・オーレグらしき人物と再会した描写がありました。 『 機動戦士クロスボーン・ガンダム スカルハート』• 『 機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人』• 『 機動戦士Vガンダム外伝』 この3作品は『逆襲のギガンティス』を描いた長谷川祐一氏の漫画です。 この3作に兆通して『木星じいさん』と名乗る『 グレイ・ストーク』という人物が登場しますが、 それがジュドーのその後の姿ではないかと噂されています。 『スカルハート』では自前のMSガンプに乗って、 主人公トビア・アロナクスと共にアムロ・レイの戦闘データをコピーしたバイオ脳が搭載されたMSアマクサを撃破しました。 『鋼鉄の7人』ではトビア達から神の雷計画を聞かされ、自分を欺いていた木星帝国に怒りを見せる一コマのみの登場でした。 『Vガンダム外伝』では戦乱が続く地球圏に嫌気が指し、同志たちと共にコロニーを2基連結させた冬眠船ダンディ・ライオンを建造し、太陽系外への脱出を計画していました。 作中では明言されていないものの、グレイ・ストーク=ジュドーのその後説の判断材料として、• グレイ・ストークの語る経歴が(16歳から木星船団で働いていた)ZZ本編その後のジュドーの経歴に酷似している。 ニュータイプであり、パイロットとしての技量もエースパイロット顔負けの高さを持つ。 MSガンプの頭部の外装の下にはZZに酷似した頭部があり、ハイ・メガキャノンを使用できる上、ダブルビームライフルに酷似した武装を持つ。 ゲーム作品では声優がジュドーと同じ矢尾一樹さんで、『ガンダムウォー』ではジュドーと同じ場に出せないという制限がある。 など、ジュドーと同一人物であることを示唆する証拠がちらほらあります。 しかし、実際は作中で誕生日を迎えていたので、正しくは13~14歳とのことです。 ZZ本編最後にジュドーはルー・ルカと共に木星船団の一員として木星へと旅立ちます。 ジュドーのその後はTV・OVAなどの映像作品を正史とするならば記されてはいませんが、幾つかの漫画などでその後を描かれていました。 特に、クロスボーン・ガンダムに出てくるグレイ・ストーク=ジュドー説が一番有力な説と考えられています。 14歳という若さで過酷な戦場を経験しながらも持ち前のバイタリティとメンタルの強さで乗り越えたジュドーならば、グレイ・ストークのような元気な老人になってもおかしくありませんね。

次の

ジュドーさんとは (ジュドーサンとは) [単語記事]

ジュドー 声優

「自分のできる事を最大限にやりぁ… 他人に利用なんかされるもんか!!」 プロフィール 声優: 誕生日: 身長165cm、体重56kg。 年齢:14歳(宇宙世紀0088年10月14日の第31話以降。 物語開始時の宇宙世紀0088年3月1日から同年10月9日に当たる第30話までは13歳)。 人物像 サイド1の旧式コロニー「シャングリラ」で生活費の捻出と妹のを「山の手の学校」へと通わせるためらと共にジャンク屋稼業にいそしむ少年。 しかし宇宙世紀0088年3月1日、シャングリラへの戦艦が入港したのと時を同じくしての乗るのイジェクション・ポッドを拾った事から、彼の人生は大きく変わる事になる。 ヤザンを加えた仲間達と共にを盗み出そうとした所を意見の食い違い(人殺しはしないという約束の解釈の違い)でヤザンと対立し、更にシャングリラへ入港して来たネオ・ジオンの部隊のモビルスーツを幾度か撃退した事でエゥーゴのメンバーとして迎え入れられる。 そして、最新鋭モビルスーツを与えられ、第一次ネオ・ジオン戦争を戦い抜く事になる。 との邂逅、、との出会いと別れ等を繰り返し、次第に能力を開花させていった。 そして宇宙世紀0089年3月15日。 ドラマCD「機動戦士ガンダム・オデッセイ」では、がその理由を「己のニュータイプとしての資質を更に高めるため」と語った。 ……同時に「あるいは、争いばかりが続く地球圏に、嫌気がさしたのかもしれない」とも。 容姿 こげ茶ぎみの髪色に、ちょっとはねっ毛がある髪型である。 服装は基本、黄色のシャツに赤いジャケットを羽織っている。 ズボンはスリムタイプ。 見ようによってはややぎみにも見える。 また、イラストでは結構美少年として描かれることも多い(作中では女性メンバーから好意を持たれることは多いが美少年かどうかは言及されていない)。 少年は、学業に打ち込まず労働に打ち込んでいたのは何故か? とある経緯から出会ったから 『学校に行かないでジャンク屋やって生計立てるなんて・・・ご両親に申し訳ないと思わないの?』と言われるが 『資金を稼がないといけないんだ! 俺達が住んでいるシャングリラは旧式だろう? 旧式だから最新型のコロニーと違って水道料金、ガス料金、電気料金は税金以上に取り立てられているんだ・・・』 両親のことを問われた時も 『二人とも、遠くの方で出稼ぎに行っているんだ。 仕送りしてくれるけど、それでも足りなくて・・・』と打ち明けている。 ニュータイプとして ハマーンはジュドーに期待を寄せ、ニュータイプの在り方を説いたが、彼はハマーンの語るニュータイプの思想を「己の知る処ではない」として共感を示さず、彼女を失望させる。 ジュドーは、やといった稀代のニュータイプ達に並ぶ程の能力を示した。 しかし、ニュータイプ能力の本質とは洞察力、認識能力の拡大から生まれる相互理解のための力であり、必ずしもパイロット(戦士)としての戦闘力を示すものではない。 後にジュピトリス2艦長はジュドーを「歴戦のニュータイプ」と評しているが、ジュドー自身、自らのニュータイプとしての資質を「嘘」であるとして、艦長の言葉を否定している。 アムロやカミーユほどニュータイプとして優れた資質を備えていたとは言えなかったが、彼らが持ち得なかった逞しいメンタリティを備えており、戦場で悪意と遭遇することはあっても、最後まで己を見失うことなく戦い抜いていった。 彼の力の源は、ルーやビーチャを始めとする仲間達との絆であり、素直な感性に根ざしたものであった。 理不尽な人の死や、エゴイスティックな大義への純粋な怒りはそのままジュドーの力となり、その気迫は時に対峙した強化人間やニュータイプさえも驚愕させている。 かつてのカミーユのように「人々の意思を力に変える」現象を起こしているが、精神崩壊を起こしたカミーユに対し無事に戻ってきたということも、彼の精神的な逞しさを象徴する出来事だろう。 水中や砂漠といった不慣れな環境においても、局地戦用MSを相手に果敢に戦闘に挑み、ネオ・ジオンの手練達を退けている。 ただし、正規兵ではないという事情はあるものの軍事組織に所属するパイロットとしては緊張感に欠けている部分もあり、戦闘中に虚を突かれる場面も見られた。 多くの経験を積み、パイロットとして成長を遂げたジュドーは、ファンネルによるオールレンジ攻撃を回避する他、死角に位置する敵機を狙撃するといった、かつてのアムロやを想起させる程の能力を発揮し始める。 「グレイ・ストーク卿」 の漫画『機動戦士Vガンダム外伝』にて、木星船団のリーダー「グレイ・ストーク」という人物が登場しているが、彼がZZガンダムを補修したと思しきMS「ガンプ」に搭乗していることと、木星船団のリーダーという立場、年齢などからストーク=ジュドー説が根強い。 またストークは同じく長谷川の『』内の一編「最終兵士」にも登場しているが、この『スカルハート』がに収録された際に、ストークの声優にはジュドーと同じく矢尾氏が起用されている。 ZZのジュドーとは別枠扱いなのでジュドーと同時に出撃することもできる。 一方ガンダムウォーのグレイ・ストークにはジュドーが場に出ているときは場に出せないという制約がある。 搭乗機体 ( (スタンパ・ハロイのコレクションとして登場。 この時、ハマーンはに搭乗している。 ) (長谷川裕一の漫画『逆襲のギガンティス』で搭乗) その他媒体でのジュドー スーパーロボット大戦シリーズ 作品の中でも最古参のメンバー。 、といった面々がいる都合上、作品の原作再現こそ少なめだが、獲得資金を倍にする精神コマンド『』の持ち主で、がとして使用可能なZZガンダムと非常に相性がいい。 また、で ハイメガキャノン・フルパワーを会得した事でボスクラスの敵との戦闘も任せられるようになった。 しかしがカミーユの精神崩壊展開の無い劇場版設定での参戦が多くなった事と任天堂携帯機ハードにおける宇宙世紀作品の不参加などが重なり、2005年発売の以降は約8年後の、据え置き作品では2017年発売のまで長らく参戦出来ない時期が続いていた。 Gジェネレーションシリーズシリーズ 初代から登場している最古参キャラ。 その他• シリーズで初めてをした人物(二人目は、三人目は。 本編以外ではも経験がある)である。 ガンダムを売却しようと画策した最初の主人公でもある(二人目は)。 当時の矢尾さん曰く、とジュドーの声の使い分けに困ったらしい。 pixivではジャンク屋つながりでとからんでいる絵がある。 実際にでは同じようにガンダムを売ろうとしていた一幕がある(ジュドー自身にその気はなく、ZZと一緒にいたのを目立たせて仲間と合流することを考えていたようだ。 ウッソからは本気で売るのではないかと心配されたが)。 境遇も近いことから、ガロードの心情をよく理解しているといったシーンも。 でのの評によれば、ガロードに似ているんだとか。 名前の由来は「」と、「ありがとうございました」が体育会風に訛った「あーした」。 柔道の金メダリストであるをもじったものであるという説もある(「 柔道の山下」もしくは「 柔道・山下」から)。 関連イラスト.

次の