巻き づめ を 治す 方法 足。 巻き爪治療の病院は何科?自分で治す方法は?

巻き爪とは|巻き爪|ドクター's コラム|eo健康

巻き づめ を 治す 方法 足

それでは、巻き爪は何科の病院に受診すれば良いのでしょうか。 一般的には 皮膚科か、もしくは 整形外科です。 どちらでも受診できますが、 それぞれの病院によって、また医師によって治療法は大きく異なってきます。 「爪を生かしたまま プレートやワイヤー療法によって巻き爪を矯正治療する方法」「爪の根元にある 爪母(爪を作る細胞)を殺して 爪の一部分または全部を成長させなくする方法」「巻き爪の 爪全体を剥いでしまう方法」などがあります。 後者2つは、麻酔を用いた治療となります。 また、 せっかく痛い思いをしながら治療したのに再発してしまうという症例も多くあります。 残りの一つ、ワイヤー療法は丸くなっている巻き爪を平らに引っ張って治すという方法です。 この療法は痛みもなく、爪を活かせるので人気ですが、治療期間が長く、爪を伸ばして爪の先端に穴をあける療法なので履ける靴もかなり限定されることや、通院回数が増えて治療費が嵩む事、保険適用外などのデメリットがあります。 専門医の施行が必要なため費用は掛かりますが、 化膿や感染症もしっかり治せてパンプスやサンダルも履けるので大変人気です。 いずれにしろ、巻き爪の問題は爪の慢性的な刺激による皮膚の炎症悪化であり、医師によっては「原因の爪を取ってしまえば良い」という 患者の気持ちを軽視した強引な治療法を行う場合も少なくありません。 病院を選ぶ際は、巻き爪専門で評判が良い医師・医院を探してみることも大切です。 巻き爪ブロックは、病院に通院するよりも 安価ながら効果も高く、自宅で 自分で出来ることや、巻き爪の痛みを素早く取ってくれる 即効性も話題となっています。 医学的に証明された治療方法を採用しながら、やり方はいたって簡単。 巻き爪の患部にバネを取り付けるだけなので、痛みもなく誰でもできる人気の治療器具です。 見た目もスマートでおしゃれなアクセサリー感覚で、若い女性の愛用者も多くいます。 薄型変形バネなので 装着したままストッキングや靴も大丈夫。 日常生活の支障になる事はありません。 かなり進行した巻き爪も完治してしまうほどの素晴らしい治療効果があります。 巻き爪治療中、もしくは巻き爪になりやすい生活習慣はできるだけ改善していきましょう。 以下に思い当たることはありませんか。 ・激しい運動で足の指に負担が掛かる ・パンプスやヒールの高い靴を好む ・肥満 ・歩き方に癖がある ・体を動かすことがほとんどない もしこれらのどれか一つ、または複数に当てはまる方は、意識的に変えていく事が望ましいです。 大抵の場合、足の爪に負担が掛かる事で巻き爪が悪化すると言われています。 そのため、運動量の以上に多いスポーツや外反母趾など指に負担の掛かる形状の靴、肥満による体重負担なども要因に挙げられます。 かといって、体を動かさな過ぎる事も問題と言われています。 これに対し、日々適度に歩くことで爪が自然と巻き込もうとする作用を抑制してくれます。 仕事柄、ヒールを履かなければならないとか、激しい運動になってしまう場合もありますが、可能な限り自分で気を使う事が巻き爪の治療を早めてくれます。

次の

第3回 巻き爪の正しい解決法~もう我慢する必要はありません~|足の悩み、一挙解決|時事メディカル

巻き づめ を 治す 方法 足

爪の切り方 手の指の爪はよく目立つところなので、きれいに見せるために、気を遣いながら丁寧に切りますよね。 足の指の爪はどうでしょうか。 とりあえず何となく短く切っていませんか? 巻き爪の症状に悩み病院に行く方の多くは、「自分の爪の切り方について特に考えたことがなかった」と言うようです。 間違った爪の切り方は、巻き爪の大きな原因になるそうです。 巻き爪にならない切り方は、足の爪を四角い形にカットすることが良いとされています。 爪の両端部分を切りすぎてしまうと皮膚に食い込みやすくなってしまいます。 また、深爪も良くありません。 爪を短くしすぎてしまうと、伸びる時に食い込んでしまうのです。 爪が皮膚に食い込んでしまうと、痛みが起きて腫れてしまい、巻き爪になりやすくなるのです。 巻き爪専用矯正グッズ 巻き爪を治すための色々なグッズが販売されています。 その種類の多さに驚かされます。 いかに多くの方が巻き爪に悩まされているのかがわかります。 たくさんの選択肢の中から自分に合ったグッズを探すことができると思います。 具体的にどのようなものがあるのかご紹介します。 ワイヤー ワイヤーやばねの引っ張る力で、巻き爪をサポートするグッズです。 比較的重い症状でない場合は、効果が出るものが多いそうです。 シール 巻き爪に、リフトアップ効果のあるシールを貼ります。 シールの弾力が、爪を引き上げてくれるのです。 簡単に使うことが出来ます。 軽度の症状の方にはおすすめです。 簡易器具 巻き上げ式の器具です。 様々なタイプの巻き爪に対応可能です。 とても効果の期待出来る矯正グッズです。 プレート 特殊合金のプレートを巻き爪に貼り付けます。 このプレーが、元の形に戻ろうとする力を利用します。 巻き爪もプレートに引っ張られて形を変えてきます。 どんな治療を受けるの? 巻き爪の治療には、大きく2つの方法があります。 手術と治療です。 フェノール法による巻き爪手術 フェノールという消毒薬を使用して行う手術です。 巻き爪の数ミリ幅のふちを、爪の根っこの部分である爪母(そうぼ)から切り取り、フェノールを使って爪母を殺してしまうというという方法です。 これにより、巻き爪になりやすい変形した爪が生えてこないようにするのです。 手術にかかる時間は10分程度です。 1日~1週間程、内服薬を服用したり、定期的に通院を勧められることもあるようですが、比較的、短期間で巻き爪の治療ができます。 手術というと、どんな痛みがあるのか心配の方もいると思います。 局所麻酔をするので、手術中の痛みがありません。 しかし、その局所麻酔をする時に痛みがあるのと、麻酔が切れた時に、ズキズキ痛むこともあるようです。 巻き爪の手術には保険が適応されるので、費用は6,500円~8,500円ほどが一般的です。 メリットとしては、手術によってすぐに効果が出ることです。 また、手術時間も短く、その日のうちに歩いて帰ることができるという気軽さもあるようです。 デメリットとしては、再発の可能性が比較的高いということと、爪の幅が狭くなってしまうということです。 プレート法による巻き爪治療 巻き爪の表面に、プラスチックや金属等のプレートを貼り付けて、その引っ張る力を利用して、巻き爪を矯正します。 プレートを取り付ける処置は10分程度で終わります。 痛みを感じることもありません。 プレートが剥がれてしまったり、爪のケアのために、1~2カ月は病院に行く必要があります。 完治するまでには半年から1年ほどかかります。 一般的に保険が適応されないので、初診料とプレート代を合わせて1万円ほどかかります。 その後の通院も考えると、高くつく治療ではあるようです。 メリットとしては、痛みがなく、短時間で処置できることです。 デメリットとしては、プレートが爪から剥がれてしまうことがあるということです。 また、費用が高く、治療期間も長くなってしまいます。 ワイヤー法による巻き爪治療 爪の両端に穴を開けて、その穴に特殊合金製のワイヤーを通します。 ワイヤーが元に戻ろうとする力を使って巻き爪を矯正します。 巻き爪に少しずつ力を加えながら整えていくので、歯の矯正のような方法です。 代表的な方法としては、マチワイヤー法、VHO法、クリップ法、BSプレス法などがあり、一番人気なのが、マチワイヤー法です。 爪の伸びている部分に穴を開けるだけというシンプルな方法で、痛みもなく、治療も1か所5分程で終わります。 しかし、半年から2年程通院する必要があります。 費用は、保険が適応にならないので、1か所10,000円前後かかります。 さらに、通院中に、ワイヤーの入れ替えが必要になります。 その際にも、ワイヤー代が1本4,000円~6,000円ほど発生します。 メリットとしては、爪に穴を開けるだけなので、痛みや恐怖がなく、すぐに終わってしまうことです。 デメリットとしては、やはり費用が高いということです。 正しい爪の切り方をする 間違った爪の切り方は、爪に負担をかけてしまい、巻き爪の原因になってしまいます。 正しい足の爪の切り方はどのような形でしょうか。 スクエアオフ 爪の両端を切り落としてしまうと、食い込みの原因になり、巻き爪を引き起こしてしまいます。 爪を切る時には、爪の先端を丸く切るのではなく、まっすぐに切ります。 このスクエアカットは、巻き爪防止には効果的なのですが、爪の両端が角ばっていると、ストッキングや靴下に引っかかってしまいます。 そこで、両端の角を少しだけ切り落とすスクエアオフの形が一番良い方法です。 指は長くきれいに見えるというメリットもありますよ。 ネイルも塗りやすくなります。 ちょうど良い長さにする 深爪にすると、爪が伸びる時に食い込みやすくなってしまいます。 また、伸ばしすぎの爪は割れてしまう危険性があり、巻き爪の原因になります。 常にちょうど良い長さに切っておくことが大切です。 正しい靴を選ぶ 靴によって爪を圧迫してしまうと、巻き爪の原因になってしまいます。 自分の足に合った正しい靴選びは、巻き爪の予防に効果的と言えます。 正しい靴の選び方をご紹介したいと思います。 自分の足のサイズに合った靴を選ぶ 靴を買う時には、必ず履いてみることが大切です。 大きすぎても、小さすぎても良くありません。 靴をかかとにぴったり合わせて、つま先部分に1センチほど余裕があるサイズが、ぴったり合っているとされています。 爪に負担をかけないように、大きめの靴を選ぶ方もいるようですが、大きすぎると、足が前後に動いてしまい、爪に負担がかかりやすくなってしまいます。 また、スニーカーを履く時には、きちんと靴紐を締めて、足を固定させることが大切です。 正しいヒールの靴を選ぶ 巻き爪予防に良いのは、一番楽なサンダルを履くことです。 しかし、いつもサンダルを履いているわけにはいきませんよね。 女性なら足を美しく見せるために、ヒールのある靴を履きたいですよね。 そこで、巻き爪予防に適したヒールのある靴を選ぶようにしましょう。 負担の少ない3㎝のヒールが良いとされています。 また、ヒールが太いほど、安定感があり爪への負担が少なくなります。 また、前滑りしてしまうと、爪を圧迫してしまうことになるので、中敷きを敷いて調節したり、つま先の開いたオープントゥの形もおすすめです。 正しいケア、保湿 肌や手のお手入れは入念にする方でも、爪のお手入れまでは気を遣っていない方が多いようです。 しかし、日ごろから正しい爪のケアをすることによって、巻き爪を予防するこができます。 巻き爪の原因の一つに乾燥があります。 爪はとても乾燥しやすいところです。 栄養不足が原因や、洗剤や除光液などの化学薬品が原因で乾燥することもあります。 また、肌と同じように、紫外線の影響で乾燥することもあります。 爪が乾燥してしまうと、爪が縮み内側に曲がって巻き爪になってしまうのです。 また、乾燥によって割れてしまった爪も、巻き爪になりやすくなります。 そこで、日ごろからきちんと保湿する必要があるのです。 爪の保湿をする時には、クリームやオイルを、爪の周りに皮膚にしっかりと揉み込むように塗ることが大切です。 そして指先を中心にマッサージをすると良いでしょう。 指先の血行が良くなり、栄養が爪まで届きやすくなるようです。 お好みの香りのオイルなどで、ゆったりとリラックスしながらマッサージすると良いですね。 巻き爪とは、なかなか厄介な病気のようです。 もしその初期症状を感じたら、すぐに対処する必要がありますね。 そして、その対処法の多さにも驚きました。 病院での治療方法も多岐にわたり、さらに自宅でケアする方法も、実にたくさんあるようです。 今、巻き爪に悩んでいる方は、そのままにして悩まずに、自分に合った色々なケア方法を探してみると良いですね。 そして、今は症状のない方でも、巻き爪になる可能性は大いにあるようです。 日ごろから爪のケアをすることを心掛けたいですね。

次の

テーピングで巻き爪を治す方法と効果!手順・購入方法

巻き づめ を 治す 方法 足

クエン酸を使った治し方 深爪とはどんな状態でしょうか? それは、 「陥入爪」(かんにゅうそう)です。 角ばった爪や割れた爪が、指の側面の肉に食い込んでいる状態を陥入爪と言います。 もし自分で爪を上から押してみて 痛かったら陥入爪と考えていいでしょう。 病院に行かなくてはならない状況もあるでしょう。 しかし、陥入爪になったからといって、必ず病院に行かなくてはならないわけではありません。 自分で出来ることもあります。 1つ目の自分で出来る方法を紹介します。 用意するものは、 糸ようじ、クエン酸です。 糸ようじのピックになっている部分を使います。 ピックを陥入爪に差し込みます。 てこの原理で外にはじき出します。 クエン酸で治療します。 なぜクエン酸かというと、 クエン酸は殺菌作用があるからです。 患部を清潔に保ち、早く治るように助けてくれます。 クエン酸はスーパーやドラッグストアなどで購入できます。 綿棒とピンセットを使った治し方 2つ目の治し方を紹介します。 準備するものは 綿棒と ピンセットです。 綿棒の綿を取ります。 米粒みたいな部分だけ取ります。 綿を丸めて、ピンセットを使って、食い込んでいるところに痛くない程度に綿を差し込みます。 ポイントは、爪が患部にあたらないようにすることです。 経過を観察してください。 時機に治ります。 清潔な状態を保ってください。 深爪にならないように予防する方法 普段から深爪にならないように気をつけていれば、深爪になることはありません。 それでは、どのようなことが予防法として行えるのでしょうか?いくつか見ていきましょう! 習慣を正す! まず注目したいのは「習慣」です。 どのような習慣がいけないのでしょうか? もし 爪を噛む癖を持っていたり、 爪を切りすぎる習慣があったら、見直さなくてはなりません。 噛む習慣はもうやめましょう。 どんな時に爪を噛みますか?• 気が付くと爪を噛んでいますか?• それとも緊張状態のときでしょうか? これらをしっかり思い返してみてください。 爪の切り方に注意する! 正しい爪の切り方ですが、爪の角を切らないようにしましょう。 爪を指の先端くらいまで伸ばし、先端と同じくらいの長さに切りそろえることができます。 もうちょっと短く切りたいと感じる程度でいいでしょう。 また、この切り方は、巻き爪にも有効的です。 巻き爪の矯正方法についてはこちらで詳しくお伝えしています。 足にぴったりしたものを選びましょう。 ハイヒールなど、足に過度に負担がかかるものは避けましょう。 爪の環境を改善する 保湿することと清潔さを保ちましょう。 清潔な状態を保っていれば爪を切りすぎてしまったとしても、細菌が侵入して化膿したり、炎症が起きたりすることを防ぐことができます。 まとめ 深爪は痛いし、見た目もキレイではありません。 また、深刻化すると手術をしなくてはならない場合もあります。 化膿したり、炎症を起こしたりもします。 そのためにも正しい爪の切り方を身につけましょう。 また、心理的に爪を噛む癖をやめられないならば、専門家の助けも必要でしょう。

次の