冷凍グリンピースご飯。 グリンピースご飯 (豆ご飯) レシピ|【みんなのきょうの料理】おいしいレシピや献立を探そう

グリンピースご飯に缶詰を!嫌いな人でも手軽に美味しく食べる方法とは?

冷凍グリンピースご飯

茹で方 1. まず、グリンピースを茹でる際はさやの中から豆を出しましょう。 さやは白いスジの入ったほうを指で広がるようにパカッと割って中の豆を取り出しましょう。 すべて出し終わったらザルに入れて水で洗います。 鍋にお湯を入れて塩を入れます。 沸騰してきたらグリンピースを入れます。 3、4分茹でて色が鮮やかになってきたら火を止めます。 茹で汁が冷める前にグリンピースを取り出してしまうと表面がシワシワになってツヤがなくなってしまうので気をつけてましょう~。 保存期間は2、3日が目安なので、数日中に使う予定がない場合は早めに冷凍保存してしまいましょう~。 グリンピースを冷凍保存 生のグリンピースを冷凍保存する場合はさやから取り出してビニールに入れて保存しましょう。 茹でた後で冷凍保存する場合は茹で汁から取り出して 密封ビニールなどに入れて空気を抜いて冷凍保存します。 生でも冷凍保存できますが、茹でてからのほうがすぐに調理に使えて便利なので、 茹でてからの冷凍保存のほうがおすすめです。 便利な使い方 きちんと下茹でしてから冷凍保存すれば調理の際に使い勝手が良くなります。 電子レンジで解凍してもいいですが、凍ったまま スープや 炒飯、 炒め物に入れることもできます。 五目御飯や炊き込みご飯の彩りとしてグリンピースを使いたい場合は凍ったまま炊飯器に入れましょう。

次の

グリンピースの保存方法!冷凍で便利に使いやすく!

冷凍グリンピースご飯

スポンサーリンク 白米だけのご飯もいいものですが、 いつも同じ風だと飽きてしまうものですね。 かやくご飯、炊き込みご飯といった調理法やふりかけ、 卵、納豆などを直接ご飯にかけるなどしたバリエーションの中に、 グリンピースご飯を考える人も多いのではないでしょうか。 私もグリンピースは小さな頃から好きで、 かに玉やシューマイに乗っているグリンピースを 好んで食べていたものです。 ただ、グリンピースが大嫌いな家族がいまして、 それだけ残すなんて状況を見て 少し悲しさを覚えたことがあります。 しかも、そういう人は少なくないんですよね。 スポンサーリンク 比較的、安価で買うことができるグリンピースの缶詰。 これを直接食べようとすると、ボソボソとした食感が嫌で、 美味しくないと感じる人も少なくないですね。 これが原因で、 グリンピースが嫌という人もいるのではないでしょうか? 私も正直、そのまま缶詰で食べることはありません。 長期保存できるように加工していますから、 味や風味が犠牲になっているのが残念なところです。 例えば、シューマイに1つ乗せるにしても、 何かかしら手を加えたいところですね。 それと言うのも、 新鮮なグリンピースが非常に美味しいからなのです! 一度、新鮮なグリンピースを一度使って、 食べてみてはいかがでしょうか。 販売されているのを見つけるのは難しいですが、 旬の時期である春なら 新鮮なグリンピースを買うこともできます。 缶詰と比べれば、触感も風味も全く別物。 ぷにぷにした触感と爽やかな豆の味を一度食べてみれば、 グリンピースのイメージが変わること間違いなしです! 缶詰で嫌がる人は一度こちらで試してみると、 グリンピースという食べ物とグッと距離が近づきますよ! ただ、 風味は2,3日ほどしか持ちませんので、 使いきれない分はサヤごと、 もしくはサヤから出していたならそのままジップロックなどに入れ、 空気を抜いて冷凍庫などに保存してくださいね。 入手が難しいということでしたら、 冷凍食品でもある程度は代用が利きます。 電子レンジでの解凍は、 水分などの影響で触感にむらっけが出てしまうことがあるので、 オススメできません。 美味しく作る為のレシピを紹介! 話を戻して。 折角、缶詰という手軽な手段で使えるグリンピースがあるのですから、 これをうまく活かしてご飯にかけて召し上がりたいところです。 そんな方に、レシピをご紹介いたします。 まず、ご飯を炊きます。 今回は調整がしやすいよう2合で合わせます。 味を調えるため、白だし小さじ1杯、 酒大さじ1杯、塩を小さじ1杯入れてましょう。 ご飯を炊いている間に、グリンピースの缶詰を開け、 余分な水分を切ってしまいます。 鍋にグリンピースが隠れるくらいの水を入れます。 そのまま、沸騰させて、2~3分ほど茹でます。 この一手間で、グリンピースに美味しさを取り戻させます! ごはんが炊き上がったらグリンピースを入れて、 30分ほど蒸らします。 その後、ご飯全体にグリンピースがまんべんなく混ざるよう、 しゃもじでかき混ぜてくださいね。 これで完成です!! ただ、 形は崩れて、触感はほとんどなくなりますので、 お好みで!! まとめ 改めて、グリンピースご飯に缶詰を使う3つのポイントを まとめてみました! グリンピースの缶詰を使うなら、そのままでは使わないこと! まず、沸騰したお湯で2,3分ほど茹でましょう。 ですので、 新鮮なものを食べる、もしくは触感をよいものにして 青臭さをなくせば、美味しくいただくことができます! レシピの1つに加えて、食卓に彩りを。 栄養豊富なグリンピースをたくさん、 美味しくいただきましょう!

次の

暴露!ためしてガッテン グリーンピースのワザ!(2010/5/12放送)の○×をコッソリ公開!

冷凍グリンピースご飯

茹で方 1. まず、グリンピースを茹でる際はさやの中から豆を出しましょう。 さやは白いスジの入ったほうを指で広がるようにパカッと割って中の豆を取り出しましょう。 すべて出し終わったらザルに入れて水で洗います。 鍋にお湯を入れて塩を入れます。 沸騰してきたらグリンピースを入れます。 3、4分茹でて色が鮮やかになってきたら火を止めます。 茹で汁が冷める前にグリンピースを取り出してしまうと表面がシワシワになってツヤがなくなってしまうので気をつけてましょう~。 保存期間は2、3日が目安なので、数日中に使う予定がない場合は早めに冷凍保存してしまいましょう~。 グリンピースを冷凍保存 生のグリンピースを冷凍保存する場合はさやから取り出してビニールに入れて保存しましょう。 茹でた後で冷凍保存する場合は茹で汁から取り出して 密封ビニールなどに入れて空気を抜いて冷凍保存します。 生でも冷凍保存できますが、茹でてからのほうがすぐに調理に使えて便利なので、 茹でてからの冷凍保存のほうがおすすめです。 便利な使い方 きちんと下茹でしてから冷凍保存すれば調理の際に使い勝手が良くなります。 電子レンジで解凍してもいいですが、凍ったまま スープや 炒飯、 炒め物に入れることもできます。 五目御飯や炊き込みご飯の彩りとしてグリンピースを使いたい場合は凍ったまま炊飯器に入れましょう。

次の