牡蠣 収穫 量。 牡蠣の名産地はどこ?漁獲量日本一はやはり広島!美味しいのは?

広島かき

牡蠣 収穫 量

広島かきは、広島湾北部を中心に養殖、生産されています。 平成29年 暦年 の広島県全体の生産量は、18,708トン(むき身)で日本全体の62. 7%を占めています。 一方、かきは世界各国で養殖されていますが、日本は、中国、大韓民国、アメリカに次ぐ世界第4位の生産量となっています。 世界主要国のかき生産量 単位:千トン(から付き) H24 2012年 H25 2013年 H26 2014年 H27 2015年 H28 2016年 H29 2017年 日本 161 164 184 164 159 174 中国 3,949 4,219 4,352 4,574 4,835 4,879 大韓民国 303 240 283 287 284 330 アメリカ 237 129 125 189 199 207 フランス 83 80 77 77 65 65 メキシコ 52 2 13 62 58 76 タイ 27 20 17 14 20 15 台湾 27 28 25 22 22 23 カナダ 13 10 13 13 14 15 フィリピン 21 22 22 20 20 23 オーストラリア 16 13 11 13 12 12 アイルランド 8 9 9 10 8 10 その他 22 15 23 67 71 30 合計 4,918 4,949 5,155 5,510 5,768 5,860 FAO資料)注1. 暦年 注2. 4 64. 4 65. 7 68. 1 62. 9 62. 7 (農林水産省:漁業・養殖業生産統計年報)注. 数値は暦年 平成24年より海面養殖業収獲統計調査のかき類が殻付き重量のみを表章することとなり、むき身重量は広島県で推定した値。 生産金額.

次の

水温変化が牡蠣の養殖に与える影響

牡蠣 収穫 量

統計の解説 ・世界のカキ(牡蠣)類の漁獲量・生産量 国別比較統計・ランキングです。 ・各国のカキ(牡蠣)類の国別漁獲量・生産量と国別順位を掲載しています。 ・漁獲・生産量の大半は養殖によるもの。 ・単位はトン。 ・カキ類の漁獲量と養殖生産量の合計量。 ・分類はISSCAAPをベース。 ・カキ類にはマガキ、アメリカガキ、カリブガキ、チリガキ、ミナミマガキなどの マガキ類やチリガキ、ヨーロッパヒラガキなどのイタボガキ類のほか、 オーストラリアガキなどイタボガキ科の貝を含む。 ・漁獲量と養殖生産量の内訳は右欄の内訳データリンクより 【内訳データ解説】 ・カキ(牡蠣)の漁獲量 - 漁獲量のみの値(養殖を除く) - 単位はトン ・カキ(牡蠣)の養殖生産量 - 養殖のみの値 - 単位はトン <2018年> 順位 国名 単位:トン 注 1 5,139,760 2 341,541 1 3 200,201 4 176,000 5 -- 以下会員限定 -- 6 7 -- 8 -- 9 -- 10 -- 11 -- 12 -- 13 -- 14 -- 15 -- 16 -- 17 -- 18 -- 19 -- 20 -- 21 -- 22 -- 23 -- 24 -- 25 -- 26 -- 27 -- 28 -- 29 -- 30 -- 31 -- 32 -- 33 -- 34 -- 35 -- 36 -- 37 -- 38 -- 38 -- 40 -- 41 -- 42 -- 43 -- 44 -- 45 -- 46 -- 46 -- 48 -- 48 -- 50 -- 51 -- 52 -- 999 -- 関連する国際統計データ• (1975-2018年) [内訳] - ホタテ貝(帆立貝)の漁獲量 [内訳] - ホタテ貝(帆立貝)の養殖生産量• (1975-2018年) [内訳] - カレイ・ヒラメ類の漁獲量 [内訳] - カレイ・ヒラメ類の養殖生産量• (1975-2018年) [内訳] - ムール貝の漁獲量 [内訳] - ムール貝の養殖生産量• (1975-2018年) [内訳] - カニの漁獲量 [内訳] - カニの養殖生産量 [内訳] - 海水生カニの漁獲・生産量 [内訳] - 淡水生カニの漁獲・生産量 [内訳] - タラバガニ類の漁獲・生産量• (1975-2018年) [内訳] - アサリの漁獲量 [内訳] - アサリの養殖生産量• (1975-2018年) [内訳] - フグ類の漁獲量 [内訳] - フグ類の養殖生産量• (1975-2018年) [内訳] - ハタ類の漁獲量 [内訳] - ハタ類の養殖生産量• (1975-2018年) [内訳] - テラピア類の漁獲量 [内訳] - テラピア類の養殖生産量• (1975-2018年) [内訳] - サケ・マス類の漁獲量 [内訳] - サケ・マス類の養殖生産量• (1975-2018年) [内訳] - 貝類の漁獲量 [内訳] - 貝類の養殖生産量• (1975-2018年) [内訳] - スズキ類の漁獲量 [内訳] - スズキ類の養殖生産量• (1975-2018年) [内訳] - エビの漁獲量 [内訳] - エビの養殖生産量 [内訳] - 海水生エビの漁獲・生産量 [内訳] - 淡水生エビ・ザリガニの漁獲・生産量 [内訳] - ロブスター類の漁獲・生産量• (1975-2018年) [内訳] - コイ(鯉)の漁獲量 [内訳] - コイ(鯉)の養殖生産量• (1975-2018年) [内訳] - 甲殻類の漁獲量 [内訳] - 甲殻類の養殖生産量• (1975-2018年) [内訳] - シジミの漁獲量 [内訳] - シジミの養殖生産量.

次の

帝国書院 | 統計資料 日本 農業・漁業・林業 かきの養殖

牡蠣 収穫 量

統計の解説 ・世界のカキ(牡蠣)類の漁獲量・生産量 国別比較統計・ランキングです。 ・各国のカキ(牡蠣)類の国別漁獲量・生産量と国別順位を掲載しています。 ・漁獲・生産量の大半は養殖によるもの。 ・単位はトン。 ・カキ類の漁獲量と養殖生産量の合計量。 ・分類はISSCAAPをベース。 ・カキ類にはマガキ、アメリカガキ、カリブガキ、チリガキ、ミナミマガキなどの マガキ類やチリガキ、ヨーロッパヒラガキなどのイタボガキ類のほか、 オーストラリアガキなどイタボガキ科の貝を含む。 ・漁獲量と養殖生産量の内訳は右欄の内訳データリンクより 【内訳データ解説】 ・カキ(牡蠣)の漁獲量 - 漁獲量のみの値(養殖を除く) - 単位はトン ・カキ(牡蠣)の養殖生産量 - 養殖のみの値 - 単位はトン <2018年> 順位 国名 単位:トン 注 1 5,139,760 2 341,541 1 3 200,201 4 176,000 5 -- 以下会員限定 -- 6 7 -- 8 -- 9 -- 10 -- 11 -- 12 -- 13 -- 14 -- 15 -- 16 -- 17 -- 18 -- 19 -- 20 -- 21 -- 22 -- 23 -- 24 -- 25 -- 26 -- 27 -- 28 -- 29 -- 30 -- 31 -- 32 -- 33 -- 34 -- 35 -- 36 -- 37 -- 38 -- 38 -- 40 -- 41 -- 42 -- 43 -- 44 -- 45 -- 46 -- 46 -- 48 -- 48 -- 50 -- 51 -- 52 -- 999 -- 関連する国際統計データ• (1975-2018年) [内訳] - ホタテ貝(帆立貝)の漁獲量 [内訳] - ホタテ貝(帆立貝)の養殖生産量• (1975-2018年) [内訳] - カレイ・ヒラメ類の漁獲量 [内訳] - カレイ・ヒラメ類の養殖生産量• (1975-2018年) [内訳] - ムール貝の漁獲量 [内訳] - ムール貝の養殖生産量• (1975-2018年) [内訳] - カニの漁獲量 [内訳] - カニの養殖生産量 [内訳] - 海水生カニの漁獲・生産量 [内訳] - 淡水生カニの漁獲・生産量 [内訳] - タラバガニ類の漁獲・生産量• (1975-2018年) [内訳] - アサリの漁獲量 [内訳] - アサリの養殖生産量• (1975-2018年) [内訳] - フグ類の漁獲量 [内訳] - フグ類の養殖生産量• (1975-2018年) [内訳] - ハタ類の漁獲量 [内訳] - ハタ類の養殖生産量• (1975-2018年) [内訳] - テラピア類の漁獲量 [内訳] - テラピア類の養殖生産量• (1975-2018年) [内訳] - サケ・マス類の漁獲量 [内訳] - サケ・マス類の養殖生産量• (1975-2018年) [内訳] - 貝類の漁獲量 [内訳] - 貝類の養殖生産量• (1975-2018年) [内訳] - スズキ類の漁獲量 [内訳] - スズキ類の養殖生産量• (1975-2018年) [内訳] - エビの漁獲量 [内訳] - エビの養殖生産量 [内訳] - 海水生エビの漁獲・生産量 [内訳] - 淡水生エビ・ザリガニの漁獲・生産量 [内訳] - ロブスター類の漁獲・生産量• (1975-2018年) [内訳] - コイ(鯉)の漁獲量 [内訳] - コイ(鯉)の養殖生産量• (1975-2018年) [内訳] - 甲殻類の漁獲量 [内訳] - 甲殻類の養殖生産量• (1975-2018年) [内訳] - シジミの漁獲量 [内訳] - シジミの養殖生産量.

次の