なりすまし メール。 「なりすましメール」とは?迷惑メールの仕組みを解説

なりすましメールへのセキュリティ対策方法とは?詳しく解説!|ITトレンド

なりすまし メール

なりすましメールとは まずは、なりすましメールとはどのようなものか見ていきましょう。 第三者が利用者になりすまして送るメール なりすましメールとは、第三者が利用者を装って(なりすまして)送るメールのことです。 このような「なりすまし」にはいくつか種類がありますが、本人確認ができない状況で第三者が特定の個人を装います。 メールの場合は、特定の個人だけでなく組織になりすますこともあるでしょう。 なりすましにはアカウントを乗っ取られるケースもありますが、メールの場合はもっとシンプルなものが多いです。 実際に初めてメールのやり取りをする相手であれば、メールに書かれている内容を信じてしまいやすいでしょう。 このようになりすましメールは不正アクセスされていない状況でも起こり得るため注意が必要です。 実際に特定の企業名を謳った詐欺メールが増えており、詐欺被害は拡大しています。 会社の信用被害や個人の金銭被害が起こる なりすましメールでは企業の信用被害や、個人の金銭被害が発生するため注意しなければなりません。 例えば、企業のメールアカウントを不正アクセスによって乗っ取られていれば、セキュリティ対策が万全とはいえないでしょう。 このような企業が顧客の個人情報を多く保有していれば、顧客は安心できないため信用が損なわれてしまいます。 そのためにもメールのID・パスワードの管理を徹底するといった対策が必要です。 また、不正アクセスだけでなくビジネスメール詐欺の被害も非常に増えています。 近年では、詐欺メールの内容も巧妙化しており、見抜くことが難しくなっているでしょう。 個人宛に詐欺メールが届くこともあれば、企業へ詐欺のビジネスメールが送られてくるケースもあるため注意しなければなりません。 普段使っているサイトから、未払いの連絡やサービスの更新といった内容の詐欺メールが届くことが多いです。 なりすましメールへのセキュリティ対策 つづいて、なりすましメールへのセキュリティ対策を見ていきましょう。 メールの暗号化を行えば、内容の秘匿性が上がるだけでなく、送信先の信憑性も高くなるでしょう。 また、メールの内容が改ざんされたかどうかも把握することが可能です。 ドメイン名とメールサーバ:SPF・DKIM・DMARCで対策 なりすましメールは、ドメイン名とメールサーバを確かめると見抜くことが可能です。 その対策には「SPF」「DKIM」「DMARC」による方法があります。 SPF SPFは「Sender Policy Framework」の略で、電子メールの送信元ドメインが偽物でないか検査します。 送信元を偽ったなりすましメールができないよう、ドメインをDNSサーバに問い合わせることで認証が可能です。 DKIM DKIMは「DomainKeys Identified Mail」の略で、送信ドメインを認証する技術の1つです。 送信元のメールサーバが署名を行い、サーバに登録した鍵を使って受信側が検証を行います。 DMARC DMARCは「Domain-based Message Authentication Reporting and Conformance」の略です。 主にSPFやDKIMと一緒に使われ、認証を補強します。 送受信プロトコル:SMTPS・IMAPS・POPSで対策 送受信のプロトコルを理解して対策を行うことで、なりすましメールへの対策も可能です。 プロトコルには「SMTPS」「IMAPS」「POPS」という3つの手順があります。 この手順の中で暗号化やセキュリティ対策を行うことで、なりすましメールの被害を予防します。 IMAPS IMAPSは「Internet Message Access Protocol over SSL」の略です。 メールを受信する手順であり、メールをサーバに残す方式となります。 POPS POPSは「POP over SSL」の略です。 POPは「Post Office Protocol」のことで、メールを受信する手順になります。 この方式でメールを受け取るとサーバにメールは残りません。 なりすましメールに対して適切な対策を講じよう! メールセキュリティの脅威は多くありますが、特になりすましメールには注意しましょう。 なりすましメールによって企業の信用度が下がったり、金銭的な被害を受けたりします。 不正アクセスを受けアカウントが乗っ取られると、重大な情報漏えいに繋がるでしょう。 メッセージの暗号化や、ドメイン・プロトコルを認証することで対策できます。 なりすましメールに対し、適切なセキュリティ対策を行いましょう。

次の

クラウド型 DMARC 解析サービス

なりすまし メール

少し前に、大手企業の名前を使った「なりすましメール」を受信しました。 その際に「なりすましメールの見分け方」をツイッターで図解したのですが、これだとわかりにくいかもしれないな~と思ったので、今日はもう少し詳しく説明したいと思います。 昨日、ヤフーメールの迷惑メールフォルダに「なりすましメール」が届いていたので、なりすましメールと本物のメールの見分け方を解説してみました。 企業名を騙った怪しいメールの大部分はこの方法で見破れます。 手順1、送信元メールアドレスを調べる 本物のメールと偽物のメールを見分けたいとき、まず最初に調べるべきポイントは 「送信者のメールアドレス」です。 送信者の「氏名」はいくらでも偽装できるため、送信元のメールアドレスを調べます。 送信元アドレスの調べ方は、怪しいメールの件名部分などにマウスの矢印を合わせると浮かび上がります。 スマホの場合は調べられないため、どうしても気になるメールを受信したときはパソコンを使って送信者のアドレスを調べてください。 送信者のアドレスを調べる際は、 うっかりクリックしてメールを開封してしまわないように気を付けてください。 手順1 送信元のメールアドレスを調べる 送信元メールアドレスを調べる際、 よく見ておいて欲しいのは「 」よりも後ろの部分です。 「 」以降がどのような文字列になっているか、なんとなくでいいので記憶しておいてください。 (例) 偽メールの場合• com• info• biz この よりも後ろの部分を「 ドメイン」と言います。 企業から送られてくる本物のメールの場合、このドメイン部分が企業のホームページのドメイン(URL)と同じになっているはずです。 手順2、本物の企業サイトのドメインと送信元メールアドレスを見比べる 企業の名前を騙った偽メールの場合、送信元メールアドレスのドメイン部分が本物の企業サイトのドメインとは微妙に違ったり、全然違うものだったりします。 怪しいメールの送信元アドレスを見て、ドメイン部分( よりも後ろの部分)が本物の企業サイトと同じになっているか?よく確認してください。 (例) 偽メールの場合• com(NTTドコモの偽物。 本物はnttdocomo. jp)• info(TBSテレビの偽物。 本物はtbs. jp)• biz(ソフトバンクの偽物。 本物はsoftbank. ocn. jp」になっていました。 本物のMUFGカードのサイトとは、 以降のドメイン部分が全然違うことがわかります。 不審メールのドメイン:polka. ocn. 本物のMUFGのドメイン:mufg. jp 不審メール、スパムメールの中には巧妙なものもあり、すぐには見分けられないものも数多くあります。 身に覚えのないメールが送られてきたときや知らない相手からメールが来たときは、今回ご紹介した方法を参考にしてください。 なりすましメールだとわかったら?(対処法) なりすましメールへの対処方法ですが、「」によれば、• 開封しない(無視する)• クリックしない、返信しない• 入力しない、信用しない のが有効だそうです。 Gメールやヤフーメールの場合、迷惑メールフォルダに振り分けられたメールは、初期設定では1カ月間で自動削除されます。 怪しいメールがあったら無視して、自動で削除されるのを待ちましょう。 迷惑メールの中には、開封しただけでウイルスプログラムが実行される場合もありますので注意してください。 なりすましメールでどんな被害が出るのか? なりすましメールや不審なメールを開封してしまった場合、どのような被害が出るのでしょうか? 「」および「」によると、主な被害例としては、• メールを開封したパソコンやスマホがウイルスに感染する• パソコン、スマホ内のIDやパスワードを盗まれ、自分になりすました攻撃者が不正ログインする• メールフォルダに登録しているアドレス宛に、自分名義のウイルスメールが勝手に送信されてしまう• SNSアカウントの乗っ取り• 自分になりすましたSNSアカウントが勝手に作られてしまう といった被害が起こるそうです。 自分一人が被害に遭うだけでなく、自分でも知らないうちに取引先などを攻撃してしまう場合もあります。 この場合、迷惑メールによる被害者になるとともに加害者になってしまう危険性もあります。 迷惑メール、なりすましメールへの対処は意外と重要なので、普段メールを使う方は注意したいですね。

次の

クラウド型 DMARC 解析サービス

なりすまし メール

この記事で分かること• シャープなりすましメールって何? 悪意を持って第三者が企業や団体になりすましてメール送信することを「なりすましメール」といいます。 シャープなりすましメールは、シャープのドメインメールアドレスを利用してあたかもマスクが当選したとなりすましてメールを送り付けてきます。 なりすましメールには、 本文に記載されたURLやリンク等から詐欺サイトに誘導してきます。 主に個人情報として、 名前・住所・電話番号・口座情報・クレジットカード情報などの顧客情報を盗み取ります。 シャープ公式ツイッターでは、当選通知メールが届いた後の購入までの内容にも注意を促しています。 また当選通知メールは、まず応募時に入力された内容を照合する、ご本人確認ページをご案内します。 いきなり販売ページへ飛ぶことはありません。 こちらもご注意ください。 また期間中はいつでも購入でき、売り切れもありません。 シャープなりすましメールの内容は? ネットの声では、偽メールを送ってきて、 本文に書いてあるリンク先をクリックさせ 個人情報やクレジットカードの番号を盗み取る手口が注意喚起されています。 の当選メールだけど、これアブないんじゃない? メールの発信元なんて、偽装できちゃう。 詐欺する奴らの餌食になりそう。 みんな騙されないように。 どんなメールが来るか知らないけど、メールのURLをクリックする時には厳重注意です。 慎重に正しいURLかどうかチェックしよう。 — mottokoihougaiino mottokoihougai1 念のため時間を置き、しばらくはツイッターの状況を確認して様子を伺いましょう。 公式ツイッターをフォローしておきましょう。 公式ツイッター cocorostore-info sharp. jp cocorostore-info sherp. jp この2つ、どこが違うの、という人。 — 15の夜 nusundabaikude 発信元のアドレスは、一語一句確認しましょう。 シャープマスクなりすましメールを見分ける方法 なりすましメールを見分ける前に シャープマスクの当選通知メールが届いたら、 すぐにURLをクリックしない ことをおすすめします! まずは、心落ち着かせます。 そして、以下のことを確認して見分けていきましょう。 発信元(相手)のメールアドレスが「 cocorostore-info sharp. jp」であるか確認する• URLや添付ファイルをすぐにクリックしない• 本文に記載のURLが「ココロストア」「ココロライフ」のURLなのか確認する• 上記問題なければ、しばらくツイッターの状況を様子見する.

次の