遊戯王 リンクス まとめ。 【遊戯王デュエルリンクス】武藤遊戯の実装・解放は何時?武藤遊戯の性能まであわせて予想!

【遊戯王デュエルリンクス】武藤遊戯の実装・解放は何時?武藤遊戯の性能まであわせて予想!

遊戯王 リンクス まとめ

ここではパックの弾数を区切りとして、当時のデッキ・カードプールがどのようであったかを記述する。 第1弾 2016年10月末~2016年12月後半頃 デュエルリンクスの最初期である。 この時期は《エネミーコントローラー》等の防御系カードの所持者が少なく、防御手段がなければ勝利できる【カラテマン1キル】が流行した。 また、下級通常モンスターの素の最高攻撃力は《アックス・レイダー》であり、スタンダードデッキの核となるモンスターであった。 ミニBOXエイジ・オブ・ディスカバリーが発売され水属性強化が入ると、梶木の海デッキが環境の一角となり、【海の伝説】デッキと【恐竜王国】の2強時代となった。 主なデッキ• 第2弾 2016年12月末~2017年2月後半頃 第2弾メインBOXネオ・インパクトが発売。 URの罠カードである《銀幕の鏡壁》がビートダウン中心の環境において特に採用された。 環境の多くが【恐竜王国】等のフィールドスキルで強化された下級モンスターによるビートダウンデッキであり、それに対するメタデッキとして【フライング寄生】が流行した。 ミニBOXフレイム・オブ・ザ・タイラントが追加、猛威を振るっていた《銀幕の鏡壁》等セットされた魔法罠の発動を封じる《エレクトロ軍曹》が流行。 その《エレクトロ軍曹》を軸に〔スリカエ〕や〔マインドスキャン〕を使用した【軍曹コントロール】などのコントロール色の強いデッキが登場した。 同BOXで《魔道化リジョン》、カードトレーダーに《墓守の審神者》が追加されたことで、【墓守】の使用者も増加した。 イベント「トゥーンワールドへの招待」の2回目が開催され、《サクリファイス》及び《イリュージョンの儀式》の2枚目が解禁、【サクリファイス】が一躍環境に躍り出る。 《ハーピィ・レディ》が孔雀舞のドロップに追加され、《突撃指令》を採用したバニラ軸の【ハーピィの狩場】、《サクリファイス》を採用した【狩場サクリ】も環境に登場した。 主なデッキ• 【ハーピィの狩場】• 【サクリファイス】• 第3弾 2017年2月末~2017年4月前半頃 デュエルリンクス初の公式大会であるKCカップが開催、その翌日に第3弾メインBOXヴァルキリーズ・レイジが発売された。 下級で1800の攻撃力を持つ《デュナミス・ヴァルキリア》の他、《天罰》や《荒野の大竜巻》、《死霊の巣》のような環境デッキに対するメタとなるカードが多く収録された。 フィールドメタとしても機能する《燃えさかる大地》の実装で、【スタンバイバーン】が実戦レベルになる。 KCカップでは《サンダー・ドラゴン》の効果で手札に加えた《サンダー・ドラゴン》のうち1枚を〔スリカエ〕でデッキに戻してカードをドロー、残った《サンダー・ドラゴン》の効果でデッキ圧縮するという手法が大流行。 この手法を取り入れた【サンドラサクリ】はこの大会で結果を残し、以降環境の中心として君臨した。 同大会ではアドを取りながらモンスターを展開できる【ハーピィの狩場】も流行し、大会後に追加されたミニBOXワンダー・オブ・ザ・スカイの《バード・フェイス》等の実装でさらに強化され、【サンドラサクリ】と並ぶ環境デッキとなった。 一方【恐竜王国】や【海の伝説】などのフィールドスキルに頼ったデッキは環境から後退した。 主なデッキ• 【ハーピィの狩場】• 第4弾 2017年4月半ば~2017年6月前半頃 第4弾メインBOXカオス・コンプライアンスが発売。 サイキック族が初登場、デュアル関係のカードが多く実装された。 環境は依然【サンドラサクリ】と【ハーピィの狩場】の2強状態で、リシドの【偽トラップ】のような【ハーピィの狩場】に強いタイプのデッキが増加した。 ミニBOXランド・オブ・ザ・タイタンズが追加され地属性、獣族、岩石族が強化された。 一部スキルに調整が入り、〔スリカエ〕の下方修正で【サンドラサクリ】は初手から以前の動きが出来なくなり環境から姿を消した。 イベント「扉の番人 迷宮兄弟!」で迷宮兄弟がプレイアブルデュエリストに追加。 スキル〔三星降格〕を用いたデッキが瞬く間に流行し、強力な除去効果を持つ《リボルバー・ドラゴン》を軸にした【三星リボルバー】、サポートが豊富な《ブラック・マジシャン》を軸にした【三星ブラマジ】は環境トップにまで上り詰めた。 WORLDCHAMPIONSHIP2017予選が開催。 最終予選では【三星降格】、【ハーピィの狩場】、【狩場サクリ】の使用率が高かった。 主なデッキ• 【ハーピィの狩場】• 第5弾 2017年6月半ば~2017年7月後半頃 第5弾メインBOXクリムゾン・キングダムが発売。 特殊召喚に関する効果を持つカードが多く、下級モンスターの攻撃力の水準も上がり徐々にカードパワーのインフレが進む。 また、《牛頭鬼》をはじめとしたアンデット族モンスターが実装され、《真紅眼の不死竜》を主軸においた【アンデアイズ】が登場。 プレイアブルデュエリストのレベル上限が40まで引き上げられ、レベルアップ報酬にカードが追加された。 特に《トゥーン・キングダム》が追加された【トゥーン】と、《鰤っ子姫》《フィッシャーチャージ》が追加された【海の伝説】は使用者が急増した。 アンデット族には2枚の《ゴブリンゾンビ》が与えられ、より強化された。 炎属性強化のミニBOXドーン・オブ・ディスティニーが追加され、新しく実装された上級ナチュルを大量展開して〔粉砕!〕で大きな爆発力をもつ【ナチュル】、《ネフティスの鳳凰神》を主軸とした【炎王ネフティス】が登場。 また汎用除去カードの《猪突猛進》が実装され、さまざまなデッキで活躍した。 イベントでは2回目の本気の城之内イベントが開催され、強力サーチカードである《レッドアイズ・インサイト》が実装され、しばらくの間【レッドアイズ】は環境トップに躍り出ることとなる。 スキル修正も行われ、〔ハーピィの狩場〕は1枚のディスアドバンテージ、〔三星降格〕はコストを2000から3000に引き上げられ、これらを用いたかつての環境デッキは姿を消した。 主なデッキ• 第6弾 2017年7月末~2017年9月半ば頃 第6弾メインBOXエレクトリック・オーバーロードが発売。 ミニBOXエコーズ・オブ・サイレンスが追加。 主なデッキ• 【ピエロスタチュー】• 第7弾 2017年9月後半~2017年11月前半頃 第7弾メインBOXジェネレーション・ネクストが発売。 ミニBOXサーヴァント・オブ・キングスが追加。 主なデッキ• 【サイバー・エンジェル】• 第8弾 2017年11月半ば~2017年12月末頃 第8弾メインBOXギャラクティック・オリジンが発売。 ミニBOXブレイド・オブ・スピリッツが追加。 主なデッキ• 【サイバー・エンジェル】• 【古代の機械】• 【剣闘獣】 第9弾 2018年1月前半~2018年2月半ば頃 第9弾メインBOXプライマル・バーストが発売。 《折れ竹光》《黄金色の竹光》《妖刀竹光》が実装され、《リーフ・フェアリー》と合わせた先攻1キルデッキが流行した。 ミニBOXレゾナンス・オブ・コントラストが追加。 主なデッキ• 【磁石の戦士】• 【剣闘獣】 第10弾 2018年2月後半~2018年3月末頃 第10弾メインBOXアビス・エンカウンターが発売。 ミニBOXランページ・オブ・ザ・フォレストが追加。 主なデッキ• 【エーリアン】• 【潜海奇襲】 第11弾 2018年4月前半~2018年5月半ば頃 第11弾メインBOXヴァリアント・ソウルが発売。 ミニBOXヴィジョン・オブ・アイスが追加。 主なデッキ• 【聖騎士】• 【根性森羅】 第12弾 2018年5月後半~2018年7月前半頃 第12弾メインBOXクルセイダー・バトルグラウンドが発売。 ミニBOXクラッシュ・オブ・ウィングスが追加。 主なデッキ• 【芝刈り魔導】• 【根性HERO】• 【根性森羅】• 【空牙団】 第13弾 2018年7月半ば~2018年8月後半頃 第13弾メインBOXバーニング・ノヴァが発売。 ミニBOXエンパイア・オブ・スカーレットが追加。 主なデッキ• 【ヴァンパイア】• 【空牙団】• 【アマゾネス】• 【M・HERO】 第14弾 2018年8月末~2018年9月後半頃 第14弾メインBOXガイア・ジェネシスが発売。 主なデッキ• 【ヴァンパイア】• 】 第15弾 2018年9月末~2018年11月前半頃 第15弾メインBOXスターダスト・アクセラレーションが発売。 ミニBOXパワー・オブ・ブレイブが追加。 主なデッキ• 【M・HERO】 第16弾 2018年11月半ば~2018年12月末頃 第16弾メインBOXブラックストーム・ライジングが発売。 KCカップにて環境に蔓延る強力な罠カードメタの【ワイルドマンビート】が流行。 ミニBOXシークレット・オブ・ジ・エンシェントが追加。 主なデッキ• 【ワイルドマンビート】• 【武神】 第17弾 2019年1月前半~2019年2月半ば頃 第17弾メインBOXレボリューション・ビギニングが発売。 ミニBOXトルネード・オブ・ファントムズが追加。 主なデッキ• 【コアキメイル】• 【バスター・ブレイダー】• 【アマゾネス】• 【古代の機械】• 第18弾 2019年2月後半~2019年3月末頃 第18弾メインBOXアブソリュート・インフェルノが発売。 ミニBOXディメンション・オブ・ウィザードが追加。 主なデッキ 第19弾 2019年4月前半~2019年5月半ば頃 第19弾メインBOXウォリアーズ・ユナイトが発売。 ミニBOXロード・オブ・シャイニングが追加。 主なデッキ• 【アマゾネス】• 【ヴァンパイア】• 【六武衆】 第20弾 2019年5月末~2019年7月前半頃 第20弾メインBOXブレイジング・ローズが発売。 ミニBOXガーディアン・オブ・ロックが追加。 主なデッキ• 【青眼】• 【サブテラー】• 【コアキネオス】• 【古代の機械】• 【沈黙魔導】• 【六武衆】• 【メタファイズ】 第21弾 2019年7月半ば~2019年8月末頃 第21弾メインBOXサイバネティック・リベリオンが発売。 ミニBOXカース・オブ・ドレッドが追加。 主なデッキ 第22弾 2019年9月前半~2019年9月後半頃 第22弾メインBOXヴァルハラ・コーリングが発売。 主なデッキ• 【堕天使】• ミニBOXスピリット・オブ・ザ・ビーストが追加。 主なデッキ 第24弾 2019年11月半ば~2019年12月末頃 第24弾メインBOXエアリアル・アサルトが発売。 ミニBOXソウル・オブ・レザレクションが追加。 主なデッキ• 【BF】• 【堕天使】• 【エレメント召喚獣】 第25弾 2020年1月前半~2020年2月末頃 第25弾メインBOXフューチャー・ホライゾンが発売。 ミニBOXマスター・オブ・シャドウが追加。 主なデッキ• 【芝刈り不知火】• 【エレメント召喚獣】• 【ブラマジ】• 【BF】 第26弾 2020年3月前半~2020年4月末頃 第26弾メインBOXジャッジメント・フォースが発売。 ミニBOXフォートレス・オブ・ギアが追加。 主なデッキ• 【エレメント召喚獣】• 【不知火】• 【水晶機巧】• 【ブラマジ】• 【BF】• 【月光】• 【サンドラ】• 【青眼】 第27弾 2020年5月前半~2020年6月半ば頃 第27弾メインBOXトゥルース・ユニバースが発売。 ミニBOXフレイム・オブ・ザ・ハートが追加。 主なデッキ• 【エレメント召喚獣】• 【不知火】• 【サイドラ】• 【ブラマジ】• 【BF】• 【水晶機巧】 第28弾 2020年6月半ば~ 第28弾メインBOXウィッチズ・ソーサリーが発売。 関連ページ•

次の

リンクスで実装された未OCGカードまとめ【遊戯王デュエルリンクス】

遊戯王 リンクス まとめ

この記事では、『 遊戯王 デュエルリンクス』の攻略情報、最強デッキレシピ、周回・育成するべきキャラなどの情報をまとめています。 遊戯王デュエルリンクスの攻略ならこのページをチェック! ここにはデュエリストの頂点であるデュエルキングになるための攻略情報が揃っているので、参考にしてみてください。 2017年1月19日 16:14より、ミニイベント「武藤遊戯 出現! 」が開催中です。 イベント開催期間は【デュエルワールド】に「武藤遊戯」が登場します!(ゲートには出現しません) 武藤遊戯を倒せば、課金アイテムである【ジェム】や【カード】が手に入りますよ。 イベントの詳細をチェックしましょう。 ですからチュートリアルが終わって、序盤に何をして良いか分からないという方も多いのではないでしょうか。 この記事では、遊戯王デュエルリンクスの序盤にプレイしておくべきことを紹介しています。 正しい攻略でスタートダッシュを切ろう! 破滅の魔王ガーランドルフは、儀式召喚した時にフィールドのモンスターを一掃できる効果を持っています。 いつでも劣勢を覆せる可能性を持っているデッキです。 環境でも十分デュエルキングを狙えますよ。 「AGE OF DISCOVERY(エイジ オブ ディスカバリー)」に封入されている『海竜ーダイダロス』を使用します。 梶木漁太のスキル「海の伝説」を使用して、盤面をコントロールしていきましょう。 手札に特定のカードが3枚揃えば、相手のモンスターに関わらず4,000ダメージを与えることができます。 使用するカードのレアリティもあまり高くないため、作りやすい点も嬉しいです。 攻撃力3,000の「双頭の雷龍」を筆頭に、攻撃力が高いモンスターでビートダウンしていきます。 サンダー・ドラゴンを入れた恐竜デッキよりも安定性が高く、難しいプレイングなしで高い勝率を維持できます。 構築できるデッキも多岐にわたりますが、対人戦には流行りのデッキが存在します。 また、それぞれのデュエリストには使用できるようにするための条件があります。 この記事では、現在使用できる全11キャラすべての解放条件を紹介していますよ。 遊戯王デュエルリンクスのキャラは、育成することでアイテムやスキルを獲得できるので良いこと尽くし! この記事では、効率的に経験値を稼いで最も速くキャラのレベルを上げる方法を紹介しています。 この記事では、デュエルリンクスをプレイする上で優先的に育てておいたほうが良いキャラを紹介しています。 またレジェンドデュエリストには、「 ゲートキー」を使って自由にデュエルを挑めるのもポイントです。 ですから、好きなレアカードが手に入るまで同じデュエリストを 周回することが重要になります。 記事では、必ず周回するべきおすすめデュエリストTOP3を紹介しています。 パックはBOXに入っていて、購入することでBOXの中身が減っていくという形式です。 BOX内のカードが0になると新しいBOXにリセットされます。 そのBOXリセットは、パックを全て引く前に任意のタイミングで行えるんです。 この記事では、最適なBOXリセットタイミングを紹介しています。 効率的に目当てのカードを手に入れたいならチェック! しかし頻繁に交換していると、ゴールドが枯渇してきますよね。 この記事では、遊戯王デュエルリンクスで最も効率良くゴールドを集める方法を紹介していますよ。 ゴールドが必要な人は必ずチェック!

次の

遊戯王あんてな

遊戯王 リンクス まとめ

ちなみに後半で詳しく解説しますが、松坂桃李さんの使用デッキはブラック・マジシャンデッキ。 使用デッキには《ヂェミナイ・エルフ》《千本ナイフ》など初期の有名カードも揃っています。 初期の遊戯王OCGからプレイし続けており、現在はデュエルリンクスを主戦場としているデュエリストの一人だと推察されます。 自分はDM世代なんでよくわからんのですが、どっかで見たことあるなーと思ったら、確かDMの最初の闇遊戯の餌食になるやつじゃないか。 関係はあるのか? — 松坂桃李 MToriofficial 無課金で『遊戯王デュエルリンクス』のキングに上り詰める 遊戯王デュエルリンクスにはビギナー、シルバー、ゴールド、レジェンド、キングとランクが存在します。 松坂桃李さんが菅田将暉さんのラジオに出演した際に語った内容によると、松坂さんは無課金でデュエルリンクスのキングに上り詰めたとのこと。 ちなみにデュエルリンクスでは課金をしない場合、レアリティの高いカードが入手しづらく、狙ったデッキを組みづらいという欠点があります。 無課金でも強力なデッキを組むことは可能ですが、パックの入手にはマストでジェムが必要。 無課金でジェムを入手するためにはランク戦で勝利し続けたり、ウィークリーミッションをこなし続けることが重要です。 松坂さんは無課金でキングに上り詰めたとのこと。 先日、Mr. シャチホコさんとリンクスでデュエルしたんですが、めちゃめちゃ強かったのでランクマやる人は気を付けて下さい。 アッコさんがデュエルするとこんなデッキなんだろうなと思わされました。 2019年秋までに既に5回に渡って、ゲスト出演しています。 リバースモンスターの説明をガチで行い、菅田将暉さんに「ただのガチ勢じゃん」と呆れつつ笑われる場面も。 リスナーのデュエルの悩みにも回答 松坂桃李さんは菅田将暉さんのラジオに出演した際、デュエルの悩みにも回答しています。 「最近、森羅デッキが多くて困っています。 何か対策はありますか?」 「あんなのはただの運デッキで、対策は意外と簡単。 モンスターが効果を発動したときに、それを無効化して破壊するトラップカードを使って、モンスターをどんどん排除していけば余裕で勝てる」 「森羅(しんら)」は「レガシー・オブ・ヴァリアント」で登場したカテゴリ。 デッキからカードをめくる効果と墓地肥やし、墓地に送られた際に発動する効果でアドバンテージを稼ぎ、勝利を収めるデッキです。 デッキのほとんどを植物族モンスターが占めるデッキ構築も特徴です。 森羅デッキは「デッキから一定の枚数をめくる」ギミックが多く、めくった中に展開の起点となるカードが含まれているか否かが勝敗を分けます。 よって「運デッキ」という評価は的を得ています。 また「モンスターをどんどん排除していく」戦術も刺さります。 森羅デッキはほとんどがモンスターカードです。 そのため、同名リバースカードをまとめて破壊できる《抹殺の使徒》は森羅デッキ対策に有効で、採用がオススメです。 またモンスター効果を無効にして破壊するカードとしては《神の警告》がオススメです。 《神の警告》についてはこちらの記事で詳しく解説しています。 松坂桃李『遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』を語る 松坂桃李さんは、ラジオ出演時に『遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』について熱く語っています。 「遊戯王初のラブストーリー」 松坂桃李さんは『遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』を「遊戯王初のラブストーリー」と称しています。 ここにおけるラブとは、海馬からアテムに対する執念をさしています。 『遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』についてはこちらの記事で詳しく解説しています。 キング松坂桃李の使用デッキはブラマジデッキ 何デッキを使ってるんだ?という声が聞こえたので、ランク戦で使ってるデッキの一つです。 今月はこやつで突破しました。 — 松坂桃李 MToriofficial モンスター 枚数 《クリボール》 1 《闇紅の魔導師》 1 《魔道化リジョン》 3 《マジシャンズ・ロッド》 2 《ブラック・マジシャン》 1 《ブラック・マジシャン》(絵違い) 1 《ブラック・マジシャン》(絵違い) 1 《ヂェミナイ・エルフ》 1 魔法 枚数 《黒魔術のカーテン》 1 《コズミックサイクロン》 1 《黒・魔・導》 2 《古のルール》 1 《千本ナイフ》 1 罠 枚数 《狡猾な落とし穴》 1 《凡人の施し》 1 《光の封殺剣》 1 《魔道化リジョン》を3積みしていることからも明らかな通り、キング松坂のデッキは上級モンスターメイン。 特に《ブラック・マジシャン》をとにかく場に出すことに特化したデッキと言えます。 序盤は通常ドロー、もしくは《魔道化リジョン》を墓地に送り《ブラック・マジシャン》を手札に加えます。 《ブラック・マジシャン》を手札に加えたら、他のモンスターをリリースしてアドバンス召喚。 《ブラック・マジシャン》を召喚します。 終盤は《ブラック・マジシャン》が自分フィールドに居る状態で《黒・魔・導》《千本ナイフ》を発動し、相手フィールドを破壊し尽くすことを目指します。 弱点は上級モンスターの多さ。 デュエルの序盤は思うようにデッキが回らず、手札事故がかなり増えることでしょう。 《ブラック・マジシャン》をサーチ・特殊召喚できる《マジシャンズ・ナビゲート》《守護神官マハード》あたりのカードを採用すると、より回しやすそうですね。 松坂桃李オススメの可愛いカード 《レモン・マジシャン・ガール》《アップル・マジシャン・ガール》 松坂桃李さんのオススメの可愛いカードは《レモン・マジシャン・ガール》《アップル・マジシャン・ガール》。 いずれも《ブラック・マジシャン・ガール》の弟子に当たるカードです。 相当なブラック・マジシャン好きですね。 ツイッターでは栗原類と遊戯王の情報交換を行う なるほど。 そうなんですね。 ありがとうございます。 5D'sの牛尾さんめっちゃ良いやつですね 笑 ということはこのセリフはKONAMIさんの粋な遊びなんですかね。 — 松坂桃李 MToriofficial 「遊戯王ツイートやめて」の声もある 松坂桃李さんは積極的にデュエルリンクスに関するツイートを行なっているものの、一部のファンの間では戸惑いもあるよう。 全てのファンが遊戯王に詳しいわけでもなく、内容がわからないからむやみに呟かないでほしいという意見も出ています。 しかし、芸能人が自身のツイッターで趣味の話題を呟いてはいけないという決まりはありません。 また松坂桃李さんのファンの中にも遊戯王のファンは存在し、そうしたファンは松坂さんのツイートを大いに楽しんでいます。 自分の興味のないツイートは「受け入れない」「拒否する」のではなく「分からなくとも、受け入れる」という態度で接することができると良いですね。 強いだけでなく「楽しんでいる」のがリアルに伝わってくるのが最高! ここまで松坂桃李さんの遊戯王関係の発言や使用デッキ、映画感想を見てきました。 デュエルリンクスでキングに上り詰めた松坂さん。 遊戯王に限らず、TCGは強くなればなるほど「ガチ」のデュエルが増え、楽しむことではなく「勝つこと」が目的化しがちです。 しかし松坂さんはラジオでの発言やツイートの1つ1つを見ても、遊戯王を楽しむ姿勢が見受けられるのが素晴らしいです。 強さと「楽しむ姿勢」を持ち合わせた松坂さん。 個人的には次回のWCSあたりで解説を担当してみてほしいです。

次の