コタキ 兄弟 と 四苦八苦 感想。 コタキ兄弟と四苦八苦/第1話/見逃し配信動画|ダメ兄弟が「レンタルおやじ」に!?

コタキ兄弟と四苦八苦

コタキ 兄弟 と 四苦八苦 感想

コタキ兄弟と四苦八苦4話のあらすじ 金曜夜0時12分放送の 「コタキ兄弟と四苦八苦」の第4話はどんな内容だったのでしょう? 見逃した方へ、 ネタバレなし・ネタバレありを共にお届けいたします! コタキ兄弟と四苦八苦4話のあらすじ(ネタバレなし) 「四、死苦」 無職の兄弟、一路(古舘寛治)と二路(滝藤賢一)にまたもや「レンタルおやじ」の依頼が!今回の依頼は少し長期になるからと、依頼人・島須弥子(樋口可南子)との面談から始まったのだが、須弥子は「あと3か月したら世界が終わる」と言い出す。 兄弟にあれこれ買い物を頼むなどまるで奴隷のように扱う須弥子に一路は不信感を抱くが、二路は「その分大金を稼げる」と大喜び。 tv-tokyo. レンタルおやじ代表・村田(宮藤官九郎)はカウンターに座って、さっちゃん(芳根京子)と話している。 村田はさっちゃんに今回の依頼主は珍しく、 3ヶ月という長期契約になる。 今日はそのための面接をしていると話す。 面接では、須弥子が一路と二路になぜレンタルおやじになったのか、どうしてレンタルおやじの登録に2人1組なのか、なんで客相手の商売をするのに写真にはサングラス姿なのか。 とぶしつけな質問をしている。 一路と二路は須弥子の質問にタジタジになりながらも、面接は終わり合格となった。 これから毎週、月曜日と金曜日は須弥子と会うことになる。 須弥子が3ヶ月後に世界が終わると話すと、2人は何も言えなくなった。 一路と二路は須弥子と多くの店が並ぶ商店街にいる。 2人は商店街で須弥子が気に入るカーディガンを探していた。 一路はPHS、二路はスマホで店に飾ってある写真を撮って、喫茶店で待つ須弥子にその写真を見せるが、須弥子はどれも気に入らない。 何度も往復する一路と二路。 一路はやりきれなくて須弥子に質問すると、須弥子は二路の写真のカーディガンを選ぶ。 そのカーディガンは一路が最初に須弥子に見せたカーディガンである。 別の日、再び、一路と二路は須弥子の買い物に付き合っている。 須弥子の買い物は止まらなく、二路が須弥子に財産がどのくらいあるのか聞くと、 須弥子は世界の終わりが来るから財産なんて持っていても仕方がないと、高額な買い物を続ける。 買い物がひと段落して須弥子がベンチに座ると、なにろう(一路)にカーディガンを探すよう指示するが、一路は須弥子に苦言を言い、二路は須弥子の機嫌を取ろうとする。 一路が二路を連れて、須弥子から離れたところで話をする。 須弥子の元に帰ってきた2人。 須弥子と2人で歩く一路は、須弥子から真剣な顔で世界が終わると言われると、一路はその言葉が脳裏に張り付いた。 それから、一路は家で取り憑かれたようにネットで終末論について調べる。 二路は奇声を上げ、変なことを口ずさみながら、ネットに没頭する一路を心配する。 喫茶店シャバダバでさっちゃんと二路が話していると、一路が店に入ってきて、疲れた様子で終末論を調べたが、3ヶ月後に世界が滅ぶ終末論はなかったと話す。 一路がどうしても、見れないサイトがあると二路に相談していると、須弥子から一路のPHSに明日の集合場所のメールが入る。 一路と二路は須弥子に呼ばれて 看護付きの海辺の高級ペンションにいる。 須弥子は1ヶ月で友達に会い、マンションを売って、財産をすべて処分したと話す。 須弥子は世界が終わるというのは自分の世界が終わることだったと2人に話す。 須弥子は知人や友人に心配をかけたくなく、自分の最後も見られたくなくてお金で人を雇うことにしたと話す。 ペンションで須弥子と一路たちが楽しく話しをすると、須弥子の心が2人と通い始める。 ある日、一路と二路は海岸で須弥子が小学生の時に、理科室に置いてあった水晶を盗んだ話を聞く。 須弥子は病気になったは、人を傷つけたとかではなく、水晶を盗んだせいだと考えたいと話していた。 どうして自分だけ世界から消えるのだろうと須弥子はつぶやく。 二路が語りで、一路が解説。 2人はこの世は何度も滅びる話をして、一路は 「我々もいつかは滅びる、多少の誤差はあるけれども」と伝えると須弥子は笑った。 その後、須弥子は一路たちを呼ぶことをやめ、電話も着信拒否となった。 須弥子は1ヶ月後に亡くなる。 須弥子の最後は村田と弁護士が看取っていた。 村田の話では須弥子は海洋散骨にこだわっていたようである。 コタキ兄弟と四苦八苦4話の感想 今回の話は、 前半は面白く、後半は涙が止まらない話でした。 でも、須弥子は一路と二路のことを最後は名前で呼んでいたんですね。 この 後日談の入れ方は最高でした。 この最後にものすごくも感動したので、ドラマの脚本家を見てみたら、野木亜希子さんと書いてました。 正直言って脚本家とか全然わからないのですが、見たこともない野木さんに感謝してしまいました。

次の

『コタキ兄弟と四苦八苦』第4話あらすじネタバレ|樋口可南子の笑顔に涙する視聴者続出|ソクラテスのつぶやき

コタキ 兄弟 と 四苦八苦 感想

コタキ兄弟と四苦八苦9話のあらすじ 金曜夜0時12分放送の 「コタキ兄弟と四苦八苦」の第9話はどんな内容だったのでしょう? 見逃した方へ、 ネタバレなし・ネタバレありを共にお届けいたします! コタキ兄弟と四苦八苦9話のあらすじ(ネタバレなし) 「九、増上慢苦」 夫の様子がおかしいので調べてほしい…レンタル兄弟おやじの一路(古舘寛治)と二路(滝藤賢一)は依頼人の夫が足繁く通う、年収650万のカリスマレンタルおじさま・ボブ 吉沢悠 が開催するセミナーを潜入捜査することに。 tv-tokyo. html コタキ兄弟と四苦八苦9話のあらすじ(ネタバレあり) 古滝二路(滝藤賢一)が家の中で封筒を探していたら、物入れの中に大きめの茶封筒があって、中を見ると封筒、さらに封筒、そして最後に見つけたものは、と話しかけたところで有花(中村優子)との喫茶店での会話が終わる。 二路は待ち伏せをして有花を喫茶店に誘っていた。 帰り際、二路は有花に白い封筒を渡すと中には3時間無料のレンタルおやじ券が入っている。 会計を済ませた二路が再び有花のところに戻ってきて、 封筒の中にはカフェで働くさっちゃん(芳根京子)を隠し撮りした写真があったことを伝える。 喫茶店シャバダバで一路とさっちゃんが話をしている様子を見る二路。 二路は一路にこの店に通い始めた理由を聞くと、 一路はたまたま久しぶりにこの店の前を通り、憩いの場にしていたら、たまたまさっちゃんがバイトに来ただけと答える。 一路と二路に相談をしたい女性客がシャバダバに来る。 案内には年収650万円と書いてあり一路たちは驚く。 一路と二路はセミナーに潜入する。 会場にはたくさん人がいて、その中で依頼人の夫を見つけてマークする。 セミナーが始まると、ボブ(吉沢悠)が登場して会場は盛り上がる。 右手には足ふきマットを持っている。 ボブはマットを捨てて、俺達は足ふきマットではない年収650万円のおじさまだとボブが壇上で叫ぶと、会場のおじさまたちも叫ぶ。 俺たちは足ふきマットじゃない、タオルだとボブが叫ぶと、会場のおじさまたちも叫ぶ。 一路と二路もみんなと一緒になって立ち上がり叫んでいる。 シャバダバに戻った2人は明らかに洗脳にみえるボブのセミナーの話をさっちゃんにする。 650万のからくりはセミナーの売上480万円を含めている。 一路たちはボブのやっていることを見抜いていると上から目線で話す。 依頼人とその夫をシャバダバに呼んでボブのセミナーのトリックを夫に説明する。 夫は一路たちの話を理解して、他の仲間にも説明してほしいと話すと、一路たちはシャバダバでセミナーをはじめて、正しいレンタルおやじのあり方を教える。 説明を終えるといつもよりかんたんにお金をもらう一路と二路で、さっちゃんも来てくれる人たちが飲み物を買ってくれるので店の売上にも繋がって喜ぶ。 一路と二路はボブの客を全員引き抜くことを考える。 一路たちの説明会は徐々に手の混んだものとなる。 セミナーは2時間で1人2000円の収入となる。 さっちゃんはカップケーキを1個300円で売る。 そこには、年収650万円のからくりを暴くと書いてある。 一路たちのセミナーが終わり、さっちゃんはボブのセミナー情報をネットで調べると、今治タオルを1本無料で配っていた。 ボブのセミナーが反響を取り戻すと、一路たちのセミナーの客が減る。 一路たちもなにか特典をつけることを考えると、さっちゃんは以前たくさん購入したふえるワカメを提案する。 ふえるワカメは好評で一路たちのセミナーは活気を取り戻す。 ボブはふえるワカメをネットで見ると、一路のセミナーが気になる。 足ふきマットvsふえるワカメの抗争がはじまる。 しかし、 レンタルおやじの名前を使って勝手にセミナーを開いて荒稼ぎする一路たちはレンタルおやじ代表の村田(宮藤官九郎)に怒られる。 一路はルパン、二路は次元、さっちゃんも峰不二子の格好をしている。 村田が店を出ると、後ろのテーブルにいたボブが一路たちに話しかける。 ボブは兄弟セミナーを見に来たが中止になって残念である。 ボブも以前レンタルおやじにいた。 ボブは村田から暖簾分けしてもらった村田の愛弟子である。 一路がボブに悪徳だと言うと、ボブは一路に悪徳とは何か問う。 ボブは一路たちにリピーターがいないことを指摘する。 ボブは一路と二路の身辺調査もしている。 ボブは自分は鏡で自分を卑怯だというお前らが卑怯であると言い返す。 ボブは一路と二路のレンタルおやじの引退を要求するがと、さっちゃんがボブに一路たちを許すようにお願いする。 そして、ボブの過去の話になる。 ボブは過去に女性客に人気がありすぎて値段が高騰し刺された経験がある。 レンタルおやじは1000円だからいい。 高額だと相手は期待してしまう。 ささやかに助け合うことがレンタルおやじであると村田に教えられたことを話す。 ボブはおやじたちに元気と希望を取り戻してほしい。 ボブは一路と二路にリピーターが着かない原因は相手の話を聞く態度がなっていないと話す。 ボブは2人から千円をもらうと、それをテーブルに置いて店を出る。 一路たちの完敗である。 サッちゃんが用事で店から出ると、一路と二路が2人きりになる。 二路が一路に封筒の中に見つけた写真の話をすると、 一路はさっちゃんは自分たちの妹だと話す。 コタキ兄弟と四苦八苦9話の感想 寅さんやルパンが出てきました。 潜入捜査も出てきて、 何やらパロディー色が強い感じで面白かったですね。 おやじたちも元気に生きていることが伝わってきました。 おやじは奥が深い、村田やボブも金儲けだけでやっているのではなく、いい人のように見えました。 千円の意味もジーンときました。 おやじの私もボブに引き込まれました。 セミナーに行かないように注意します。 でも特典はタオルよりふえるワカメの方が名前が好きです。 最後にさっちゃんの秘密が明らかに!?本当なのかな。 次回の展開が楽しみです。

次の

【コタキ兄弟と四苦八苦】9話ネタバレ感想 レンタルおじさま、一路と二路の性格の欠点をズバリ指摘

コタキ 兄弟 と 四苦八苦 感想

コタキ兄弟と四苦八苦8話のあらすじ 金曜夜0時12分放送の 「コタキ兄弟と四苦八苦」の第8話はどんな内容だったのでしょう? 見逃した方へ、 ネタバレなし・ネタバレありを共にお届けいたします! コタキ兄弟と四苦八苦6話のあらすじ(ネタバレなし) 「八、五蘊盛苦」 ある朝、レンタル兄弟おやじ一路(古舘寛治)が自宅で目を覚ますと事件発生!なんと一路と二路(滝藤賢一)が入れ替わってる!?外見はそのままに中身だけが入れ替わり、真面目な一路が混乱する一方、能天気な二路は入れ替わりを楽しんでいた。 tv-tokyo. html コタキ兄弟と四苦八苦8話のあらすじ(ネタバレあり) 喫茶店シャバダバでは今日からわかめフェアが始まる。 さっちゃん(芳根京子)はカレーライスを食べる古滝一路(古舘寛治)と古滝二路(滝藤賢一)に父の話をする。 さっちゃんの父は船乗りで、海の事故で亡くなっている。 この店は優しくて頼りがいのある父が好きだった。 さっちゃんは同棲していた恋人と別れた時にこの店を思い出して立ち寄った時に偶然アルバイト募集をしていたので、働いていたカフェを辞めてシャバダバのさっちゃんになった。 さっちゃんは本当は恋人と2人で暮らし続けたかった。 わかめフェアをやるきっかけになったのは、昨日さっちゃんが店にいたにも関わらず、店の店主・後藤が三河屋に騙されて、頼みもしない古いわかめを大量に買ってしまったためである。 さっちゃんはもし自分が筋骨隆々の男なら三河屋もこの店に近づいてこなかったはずだと、さっちゃんは男になりたいとつぶやく。 一路はわかめ大盛りのカレーライス、二路はわかめソースをかけているピラフを食べる。 次の日、一路と二路が目覚めると、2人は入れ替わっていることに気づく。 2人はシャバダバに行き体が入れ替わったことをさっちゃんに説明する。 一路は入れ替わった理由は二路のせいだと話すと、二路はどうせ入れ替わるならオヤジじゃなくて女性と入れ替わると言い返して妄想を巡らせる。 2人の言い合いを見ているさっちゃんは自分が変わりたかったと愚痴をこぼす。 二路が自分と一路のどっちと変わりたいか聞くと、さっちゃんは質問をスルーする。 話がゴタゴタしてくるとさっちゃんはもとに戻る方法を考えようと提案する。 入れ替わるきっかけとなった出来事を思い出すと、一路と二路はわかめカレーとわかめピラフを思い出す。 さっちゃんは大量にあるわかめを1杯50円で2人に食べさせるが、いくら食べても2人はもとに戻らない。 それでもさっちゃんは2人にわかめを食べさせるが、さっちゃんはわかめの在庫を減らしたいだけである。 わかめを食べ続ける一路と二路は昨日Y字路にあるお稲荷さんで流れ星を見たことを思い出しす。 3人はお稲荷さんに行くと、一路と二路はY字路を右に行ったと話す。 さっちゃんは左は喫茶店、右は行ってはいけない道だと父親から言われていたことを話す。 一路の家は右にある。 3人でバカ話をしていると一路と二路がもとに戻っていた。 昼間だが、流れ星が流れると、さっちゃんが一路になり、一路は二路になり、二路はさっちゃんに入れ替わる。 二路姿の一路はさっちゃんの中身が二路なのに困惑するが、さっちゃん姿の二路はさっちゃんの体に興味津々。 一路姿のさっちゃんは男になったことを喜んでいる。 すると、三河屋を見つけた一路姿のさっちゃんは三河屋を追いかける。 しかし、一路の体では体力がなく三河屋に追いつけず。 さっちゃんは40代後半の体を痛感する。 さっちゃんは空き地で待ち受ける三河屋と勝負をしようとするが、一路の右肩は四十肩で上がらない。 再びお稲荷さんで流れ星を見る3人は今度はさっちゃんが二路、一路はさっちゃん、二路は一路になる。 すると再び三河屋が現れて、二路姿のさっちゃんが三河屋を追いかける。 今度はちょっと苦しいが体は動く、空き地で待ち受ける三河屋に二路姿のさっちゃんが挑む。 しかし、二路の体には逃げる癖がついていて三河屋の前から逃げ出してしまう。 逃げながらさっちゃんは男になっても駄目だと痛感すると元の姿に戻る。 さっちゃんが再びお稲荷さんの前に来るとレンタルオヤジ代表の村田(宮藤官九郎)が来る。 さっちゃんは自分が男で強かったら苦しいことがすべて解決すると話す。 さっちゃんは男になりたいわけではなく、女の人を好きになってしまった。 同棲していた人も女性で、さっちゃんは苦しんでいる。 さっちゃんがシャバダバで目を覚ますと、一路と二路が店を手伝っている。 入れ替わりはさっちゃんの夢である。 さっちゃんはカウンターで疲れて寝てしまい、その様子を見た一路と二路が店を手伝っていた。 しかし、三河屋に騙されてわかめを買ったのは現実である。 3人は気づいていないが、子供の頃、迷子になったさっちゃんを助けたのも一路と二路であった。 五蘊盛苦とは肉体と精神が思うがままにならない苦しみである。 コタキ兄弟と四苦八苦6話の感想 今回の話はわかめ以外はさっちゃんの夢でした。 コタキ兄弟より間違いなく若いさっちゃんの方が体力あります。 40代男性の体力なんて大したことないんです。 私40代男性も痛感しています。 同性愛は最近ドラマでよく見ますが、同性愛者はやっぱり悩みが多いでしょうね。 五蘊盛苦って私も読めませんし、意味もわかりません。 このドラマで見かける難しい漢字は私にとって一期一会で、もう見ることはないでしょう。 それにしても、さっちゃんの周りにはおじさんが多いですよね。 もう少しイケメンがいてもいいんじゃないかな。 でも、おじさんドラマだから仕方ないかな。

次の