硫化水素 発生方法。 硫化水素自殺が止まらない 連鎖「第一号」は香川大生 AERA

【中1理科】3分でわかる!水素の発生方法(作り方)・集め方・性質

硫化水素 発生方法

硫化水素ガスとは 今回の女性の死因は、浴室で発生した硫化水素ガスを吸引したことによるものとされています。 硫化水素ガスとは、腐った卵のような匂いがするガスです。 おならの匂いとも称されます。 強い毒性を持っているのが特徴で、高濃度のガスを吸うと人間でも死に至ります。 また可燃性を持っていることも特徴で、硫化水素ガスが充満している部屋でタバコなど、火気を出すと爆発します。 昔草津温泉で、硫化水素ガスでの死亡事例があった気がします。 草津温泉スキー場のリフトの上からしたを見ると、下記のような風景がみえるんですが、この立ち込めている煙が硫化水素ガスです。 確か死因はこのガスが風でリフトの乗客を巻き込むように動いてしまった他、リフトに乗っていた人達がガスを吸引し死んでしまったとされています。 温泉地などで、卵が腐った匂いがしている所から発生しているガスも濃度により吸いこむことは危険です。 皆さんも気をつけてくださいませ 硫化水素ガスの発生原因 硫化水素ガスは、実は自宅で簡単に発生させることができます。 トイレ用洗剤で塩酸が入っているものがあるのですが(サンポール、強力トイレマジックリン等)含まれている塩酸と、硫黄入の入浴剤、湯の花(温泉街で売っている湯の花に、硫黄が入っているものがあります)などを合わせると発生してしまうのです。 カビを落とす洗剤とか、普通の洗剤にも、塩酸という酸は、汚れを溶かす効果があり、入っていることがあります。 風呂の中に湯の花をいれて、その硫黄成分が、洗剤の塩酸と混合してガスが発生。 そのガスを吸引して死亡なんて、バカバカしい話ですよね。 絶対にしたくないですよね。 実は以前も同様のことがありました。 皆さん気をつけてください。 記事引用(浴室で硫化水素ガス発生で死亡) 硫化水素による異臭騒ぎ 44歳女性死亡 東京・豊島区 4月11日 月 4時56分配信 東京・豊島区で、硫化水素による異臭騒ぎがあり、44歳の女性が死亡した。 10日午後5時半ごろ、豊島区南大塚のマンションの一室で硫化水素が発生し、この部屋に住んでいる14歳の娘と両親の3人が、病院に搬送された。 父親と娘は命に別条はなかったが、母親 44 は、搬送先の病院で死亡が確認された。 近所の人は「卵が腐ったような臭いが部屋の中でしていた。 救助隊の人が来て、『避難してください』ということで」と話した。 硫化水素は浴室から発生し、浴室からはトイレ用の洗剤が見つかっていて、警視庁はくわしい状況を調べている。 最終更新:4月11日 月 4時56分.

次の

硫化水素自殺が止まらない 連鎖「第一号」は香川大生 AERA

硫化水素 発生方法

濃硫酸以上に濃い硫酸といえて、希硫酸で薄めるというより過剰の三酸化硫黄を吸収して希硫酸の濃度が濃くなると考えれば良いです。 濃硫酸の性質 無色で粘性のある液体(ねばりけのある液体)で密度が大きな液体です。 沸点が高く不揮発性の酸です。 濃硫酸は水分子とも水素結合するので吸水性が強く、乾燥剤に使われます。 糖類などの有機化合物に対して脱水作用を示します。 水に加えると多量の熱を発生して希硫酸になります。 逆に濃硫酸に水という薄め方はしません。 発熱が大きいので加えた水が沸騰し硫酸が飛び散るくらい危険だからです。 このことは濃硫酸をあつかう注意点なので覚えておいた方が良いと思いますよ。 濃硫酸と希硫酸の性質の違い どちらも酸ですが酸性の強弱と酸化力が違ってきます。 濃硫酸は、 弱酸性で加熱すると酸化作用があります。 希硫酸は、 強酸性で酸化力はありません。 濃硫酸は水をほとんど含んでなくて、希硫酸は薄いけど水が多いので水素イオンとなる原料が多く酸性度は増すんですね。 酸性度と酸化力とは違いますので注意して下さい。 ここもややこしいところです。 タンパク質(硫黄を構成元素として持つ)を含む卵が腐ったときにもわずかですが発生しますね。 水に少しだけ溶けて 弱酸性を示します。 還元作用は強く硫黄を生成します。 金属イオンと反応して有色の金属硫化物の沈澱を生じます。 (この金属イオンとの沈澱は「系統分離」の際の重要ポイントです。 ) 硫黄についてはこれくらいで良いと思いますが、 濃硫酸と希硫酸の違いについて確認しておきます。 亜鉛に希硫酸を反応させると気体が発生します。 銅に濃硫酸を反応させても気体が発生します。 しかし、発生する気体はそれぞれ違います。 それぞれ発生する気体は何か? 希硫酸は酸性が強いので水素が発生します。 硫黄の化合物は酸化剤としても還元剤としても、弱酸としても強酸としてのはたらきもあります。 ややこしいので濃硫酸と希硫酸の違いから覚えておくようにするといいでしょう。 濃硫酸の取り扱いには十分ご注意下さい。

次の

硫化水素中毒のメカニズムと対応方法|家庭の医学|時事メディカル

硫化水素 発生方法

周りの人たちを巻き添えにしかねない硫化水素自殺が相次ぐ。 「第1号」は昨春の香川大生。 1年後、また香川大生が同じ道をたどった。 編集部 大重史朗、西谷格 香川県高松市内にある5階建てマンションの3階に住む女子大生 18 が「異臭」に気づいたのは、4月28日の夜8時か9時ごろだった。 卵が腐ったようなにおいが部屋に漂ってきた。 「ガス漏れかな」とも一瞬思ったが、そのまま寝た。 真っ青になったのは、翌29日の昼前だ。 通報を受けて駆けつけたガス会社の職員に、外に非難するよう指示された。 その後、消防車や救急車、さらに警察車両が次々に駆けつけた。 隣の部屋に住んでいる香川大3年生 20 が、室内で硫化水素を発生させて自殺していたのだ。 周辺に一晩漏れ続け 警察などによると、男子学生は内側から粘着テープで目張りしたトイレの中で倒れており、そばに洗剤と入浴剤を混ぜた液体が入ったバケツが置いてあった。 玄関の壁には「硫化水素発生中」という張り紙があり、警察が付近の住民約40人を避難させる騒ぎとなった。 死亡したのは28日の夜とみられ、女子大生が異臭に気づいた時刻とほぼ重なる。 つまり、猛毒の硫化水素が一晩中マンション周辺に漏れていたのだ。 女子大生は複雑な表情でこう語った。 「4月に引っ越してきたばかりなので、男子学生の顔も知らないけれど、巻き添えになったらと思うと、怖い。 生きててよかった。 」 硫化水素を使った自殺が、全国で相次いでいる。 特に今年3月から急増し、新聞各紙の報道などによると、4月だけで少なくともほぼ60人に上り、1日に、3件連続することも珍しくなくなった。 そして、こうした連鎖の起点となったのが、昨年3月6日、くしくも冒頭のケースと同じ香川大の4年生だった男子学生 24 の自殺とみられるのである。 香川大にとっては、学生の硫化水素自殺が2年連続で起きてしまったことになる。 安倍文雄副学長は、「ショックを受けています。 ただ今回のケースは去年の自殺と直接関係があるというよりも、全国で発生している自殺の連鎖反応ではないでしょうか」 と話した。 学内の保健管理センターの相談員を増やすことなどを検討するという。 その「第一号」の現場となった高松市内の2階建てアパートは、JR高松駅から南へ約5キロの住宅街にある。 男子学生は工学部知能機械システム工学科に所属していた。 大学関係者によると、愛媛県松山市内の高校を卒業して同大に入学。 2年留年したが、指導教授は「ゼミにはきちんと出席していました」と話す。 動機は不明だが、卒論も仕上がり、3月末に卒業できるめどがついた中での自殺だった。 サイトが自殺方法紹介 当時アパートの周りには硫黄のようなにおいが立ち込め、ガスマスクを装着した消防隊員がベランダの窓ガラスを割って部屋に突入した。 男子学生が風呂場で倒れており、部屋中に高濃度の硫化水素が充満していた。 「近所の人は家に入って、窓を閉めてください」 ガスマスクをした消防隊員やレスキュー隊まで出動するなど騒然とした中、警察は付近の住民に大声で呼びかけた。 アパートの前が通学路になっている近くの小学校では、子どもを外に出さないように教室で待機させる事態にまで発展した。 男子学生の部屋の玄関には鍵がかけられ、中にはトイレ用洗剤と入浴剤を混ぜて硫化水素を発生させた形跡があった。 ドアには、危険を知らせる張り紙がしてあった。 その後各地で続発する硫化水素自殺と同じやり方なのだ。 だが、この男子学生が自分でこうした方法を編み出したわけではなさそうだ。 地元の警察署は自殺を確認した数時間後、ある資料を入手していた。 いろいろな自殺の方法を紹介するインターネットのサイトをプリントアウトしたものだ。 警察は、男子学生がこのサイトの影響を受けて自殺にいたったのではないかとみていたようなのだ。 「練炭とちがう自己顕示」 そのサイトを改めてインターネットで検索してみた。 首吊り自殺や練炭自殺の方法などを紹介した後に、「硫化水素による自殺」という項目が設けられている。 「トイレ用洗剤と入浴剤を混ぜる」「目張りをする」「張り紙を張る」などと説明されている。 さらに化学式まで使って硫化水素の発生方法を解説している。 また、05年12月に秋田県湯沢市の泥湯温泉で、一家4人が中毒しした事故も紹介されている。 当時大きく報道され、硫化水素ガスの恐ろしさを広く知らしめた事故だ。 「第1号」の男子学生がこのサイトを見ていたとすれば、硫化水素の威力を十分認識したうえで、ことに及んだはずだ。 このサイトは今年4月半ばまで内容が更新されていた。 どんな人物がどういう目的でサイトを作ったかは定かでないが、硫化水素自殺をした人たちのほとんどがこうしたサイトを参考にしたことは疑いがない。 自殺の連鎖でほかに思い当たるのは、練炭による自殺だ。 ここ数年で増え、ネットで道連れの仲間を募るケースなども後を絶たない。 しかし、東京都足立区のヒガノクリニック院長で、精神科医の日向野春総さんは、ネットで知り合った者どうしが林の中などでひっそりと死ぬ練炭自殺と、硫化水素自殺は明らかに性質が異なる、と指摘する。 「硫化水素自殺をする人は、ネットを参考にしながら自分なりに硫化水素を合成させ、『知的な作業をしているんだ』と自己顕示欲を一段高いところから見せつけている。 『注意してください』と張り紙をしてはいるが、周囲で生活をしている人がどうなるか、真剣に心配しているわけではない」 自殺の敷居低くなった 4月25日には東京・有楽町にある外資系高級ホテル「ザ・ベニンシュラ東京」の宿泊客が硫化水素自殺を図り、多数の宿泊客が避難する騒ぎになった。 なぜ大都会の真ん中の高級ホテルを死に場所にするのか。 不可解にも思えるが、これこそ自己顕示欲を見せつけた一例なのかもしれない。 発生直後に現場を通りかかった50代の男性会社員は「人を巻き込まないでほしい」と迷惑顔で憤ったが、結果的に新聞やテレビで大きく報じられ、「自己顕示」という意味では有効な死に場所だった。 「各地で連鎖する盛り上がりは異常ですね。 まるで高層ビルの大規模火災で、一人の宿泊客が窓から飛び降りると、次々と飛び降りる人が増えるような感じと似ています」 自殺の流行はこれまでにもあった。 かつては北関東の著名な滝や都内の団地が「自殺の名所」になった。 そしてネットで出会った者どうしが自殺を図る練炭自殺に次いで、今回の硫化水素自殺が出現した。 「自殺の敷居が低くなってきている」という碓井教授は、 「『他人の迷惑も考えないで』と怒りたくなるのは同感ですが、まじめに死と直面している人にとっては、自分が責められているように感じるので逆効果。 家族や宿泊客が巻き添えになるなど決して 自殺は 美しいことではないことを伝えることが大事です」 とアドバイスする。 また、インターネット事情に詳しいフリーライターの百舌鳥伶人 もずれいと さんは、 「何でも情報が得られることを『知る権利』と言えるか疑問になってきた。 自殺サイトのはんらんはインターネットが手助けしている側面もある。 検索してもサイトがでないように検索サイト側の対策も必要だ」 と具体策を提言する。 硫化水素は、色が無色で卵が腐ったようなにおいがあり、空気より重いのが特徴で、濃度が高くなるにつれてにおいを感じなくなる。 吸い込むと、のどや目の粘膜などに刺激を感じ、昏睡状態に陥り死亡する。 密室の中など高濃度だといきなり倒れることもあるという。 昭和大学教授で毒物学が専門の吉田武美教授は、 「少しでもそれらしいにおいを感じたら、部屋の中に入るようなことはせず、すぐにその場を離れることが第一です」 と巻き添えにならないための自衛の注意を呼びかける。 AERA 2008. 12号 硫化水素などで検索すると自殺サイトが多数見つかります。 張り紙はサイトの画像をプリントアウト、市販品のような張り紙ができます。 六一〇ハップが手に入らない場合は,農薬の石灰硫黄合剤で代用可能で、石灰硫黄合剤はホームセンターの園芸コーナーで購入できると紹介されていました。 練炭とちがう自己顕示の自殺と述べているが、そうとは言えないと思う。 数十年前都市ガス自殺が多発したため、都市ガスは一酸化炭素を含まないガスになった。 練炭自殺は一酸化炭素ガスを利用したものであるが、乗用車など密室の狭い空間が必要であり手法が容易とはいえない。 硫化水素ガス自殺は一酸化炭素ではないが、ガスの発生が簡単で1人でも実施できる。 練炭自殺と同路線、進化したものと思える。 10年以上前データハウスの「完全自殺マニュアル」がベストセラーになった。 わら人形や丑三つ時のお百度参りの方法を書いた日本文芸社の図解マニュアル本が図解のため分かりやすかった。 自殺サイトの図解説明とにているように思う。

次の