天使 もえ avgle。 JKお散歩 天使もえ

天使もえの動画 55件

天使 もえ avgle

天使もえ(あまつかもえ)の略歴は? 2014年5月1日、イメージビデオでデビュー。 2014年7月7日、専属でAVデビュー。 2015年1月21日、『』のメンバーとして歌手デビュー。 同年3月18日、ソロCDデビュー。 2015年9月24日、のメンバーに加入。 所属事務所は『』。 天使もえ(あまつかもえ)はどんなAV女優? 色白のボディで笑顔が可愛い癒し系。 プレイスタイルはM。 本人曰く性格は酷くムッツリ。 人前に立つのは苦手で胃薬が手放せない。 色々考え込んでしまう性格でエッチしてる時だけ唯一何も考えずに無になれるので人生で一番好きな時間。 初体験は高校2年生の時に大好きだったと。 お互い信頼してたので初めての時からリラックスできて気持ち良かった。 感情的にも肉体的にもいまだに幼なじみを超える相手には出会っていない。 デビューのきっかけは自暴自棄になり後戻りできないジャンルに飛び込みたいと思いAVの世界に。 自暴自棄になった理由に関しては内緒。 どんな酷い扱いを受けるのかなと『AV女優 末路』でネット検索していたが業界の人がみんな優しくて驚いた。 『水曜日のダウンタウン』に出演した事で一般的な知名度が飛躍的に上がりTwitterのフォロワー数が一気に増える。 AV女優のプロになりすぎるのはイヤなので他の女優の作品を見て勉強する事はあえてしない。 AVの撮影前にはピュアな心を忘れないように少女漫画を読んで頭の中をリセット。 強いてライバルをあげるなら『さくらゆら』。 初めて会った時に可愛過ぎて自信喪失してしまった。 情報発信はBlogとTwitter。 ブログは更新頻度が少なく放置気味。 全国各地でが開催されていてAV以外での活動もあり直接会える可能性が高いAV女優。

次の

天使もえの動画 55件

天使 もえ avgle

雑誌掲載コメント 全ての中年オヤジ感涙必至!? オジサン好き系JK天使もえ JKお散歩。 一見可愛らしい響きの言葉ですが、まぁ現代のエンコーですわな。 「コロコロしたお腹とか、白髪が交じった髪とか好きなんですよね」そんなオッサン殺しの台詞を吐くもえちゃん。 君は天使か、それとも悪魔か…。 紺のハイソックスにチェックの短めスカート、胸のリボンは大きめで、ブラウスの上には白いベスト。 学生バッグを肩掛けし、やや茶色かかった髪、耳にはちょっと背伸びしたピアス、はにかんだ笑顔。 …恐ろしい、この国はこんなにも違和感のないハイスペックJKができてしまう国になってしまったのですね。 途中セーラー服もあるが、あれはただのコスにしか見えないので止めた方がいい。 作品特色としては、キモメンシリーズより男優が少しマイルドになった感じ。 オッサンたちの溢れんばかりの性欲を受け止める器量良しのもえちゃんを楽しむ作品。 それを象徴するのが杉浦ボッ樹氏とのHだ。 グロクエの禁断介護シリーズなどでお馴染みのハゲオヤジ、今回はネクタイをビシッと締めたビジネスマン風だが、彼女の白く伸びた足を見つめる視線はもう脂ぎっている。 小悪魔的にキスを求めるもえ、火がついたオヤジは舌を入れ、足に手を這わせ、パンツ越しにクリ愛撫、ブラウスをめくって乳舐め。 それぞれの動作がイチイチねちっこくて素晴らしい。 最初は小生意気だったもえも、挿入され往年のテクを魅せられると、どんどんトロけていき、「おじさん、いやだぁ…」と言いながらも喜んでいる声だ。 最後までオヤジ主導で行くのかと思いきや、意外にラブい雰囲気でのキスハメなどあり、ただのエンコーモノとも違う、イーブンな関係が俗っぽくなくて良い。 月刊DMM - まじん AVライターコメント 肢体のなめらかさ、純粋な気持ちにさせる声…これはキラー JKお散歩って実際に警察沙汰にもなったJKビジネスの一つですが、こうしてファンタジーとして見せられると夢を抱けますね。 今回登場の「天使もえ」は若い子たちのエンジェルかと思っていたけど、これはオジサンキラーでもありますわ。 突かれながら「ダメぇ」の媚びまくったようなアニメ声が特に。 それでいてボディは四肢が細く長く伸びて子どもじゃない。 手コキをあえて稚拙にしてみたり、乳首だけで感じまくったり、世の中に疲れたオジサンたちには理想的なんです。 JKとホテルでエンコーするシリーズ二作目。 ハリウッド映画と違ってAVはシリーズは後半の方が名作が生まれやすい傾向にあるので少し不安でしたが、期待通りのJKものAVの良作でした。 内容は 1、セーラー服半袖 2、パケ写の制服 3、ブラウス+リボン+スカート+腰にセーターの夏服 で、それぞれ違う男優との本番。 良かった点 心配だったチャプター2の杉浦ボッ樹との絡みは、意外にも私が求めている「おじさんのテクに支配されているJK感」が出ていてすごいよかったです。 常連という設定で、ラブラブな感じも良かったです。 杉浦も抑えた感じのキャラで、いつものキモさを全面に出したような演技を控えて脇役に徹してくれていたので、杉浦が苦手という方も気にならないと思います。 チャプター3は、チャプター2がラブラブな感じだったのに対して、若干加虐心をそそるような、「嫌だけど感じてしまう」という天使もえの十八番なシュチュエーションで、自分的にはこのチャプターが一番良かったです。 その他、制服のままバックから突きまくるシーンが多く、夏服なのでキレイな身体のラインがエロさを際立たせていました。 バックからガンガン突かれて痙攣しながらイクシーンなどは彼女の演技力の高さもあって非常に良かったです。 悪かった点 前作同様カメラワークの悪さを感じました。 前作よりは改善されていましたが、なんか遠いなというシーンが結構見受けられました。 折角のエンコーものという設定なのだから、ハメ撮り視点の画があってもよかったのではないかと思います。 あとデートシーンはあまり必要を感じませんでした。 絡みのホテル内のシーンでは固定カメラなのに、デートシーンは第三者視点になっていて、その設定の一貫性の無さに「?」となってしまいました。 単刀直入に絡みから入ってしまい、あとはタイトルと少しのセリフで視聴者に想像させる構成にした方が、よりエンコー感が増すような気がしました。 天使もえかJKモノが好きであれば即買いでしょう。 全編を通じて制服を鑑賞できる。 スレンダーでミニスカート、ブラウスが似合うもえちゃん。 脱がしきらずにブラを鑑賞できるのがよい。 ミニスカのチェックがたまらないね。 第三話のブラが好み。 イチゴの柄で超もえ。 男優氏がピンク色のブラウスを脱がします。 ボタンをはずして腰のカーディガンはそのままで。 真ん中にピンクのリボンがあります。 ブラウスを肩からはぐるとピンクのブラ紐が・・・ そののちエロ過ぎる腕が見えます・・・ 小生この場面で発射・・・ 豊満ボデーはえろすぎ。 第二話 太ももを見せつけベットに座り 紺の靴下茶色のローファー 腰にはカーディガン。 たまらん・・・ ロングの髪 仁王立ちフェラ・・・ 肩に流れる髪が興奮。 ミニスカのままフェラする姿はたまらんね 男優氏は椅子に座りご奉仕フェラ おっぱいをなめながら手コキ 男優氏もそうとう感じてます・・・ モザイク越しの下の動きがたまらん・・・ やばいぐらいに銜え込み そして上下にお顔を揺らします・・・ ブルーのブラウスのそでがたまらん・・・ ゴムをつけてます こんな娘に着けてもらえて最高 椅子にバックで突きまくり バックで太ももがあらわになりミニスカが ひらひらしている・・・ そして騎乗位・・・ たまらんね こしにのせたままブラジャー御開帳 たわわなおっぱいをつつんだまま騎乗位 仁王立ちフェラがうますぎ・・・ 可愛いお口で男性を口で含み・・・ 小生たまらず発射・・・ 女子高生マニアとして数々のJKものAVを観てきましたが、巷の男どもが女子高生に対して抱く欲望の全ての要素を詰め込んだ作品だと思います。 しかし、JKものを謳う以上、モデルはスレンダータイプが理想です。 女子高生も制服を脱げばただの若い子ですから。 言うまでもなく、本作は全て制服着衣のプレイです。 女子高生マニアの性癖:女子高生を思う存分堪能するための性癖といえば、「女子高生の脚」「女子高生の尻」「女子高生をバックから」この3点に尽きます。 本作はこの性癖を全てカバーしており、マニアの欲望を完全に満たしています!! リアル現役女子高生に手を出せない人は、まずこの作品をみて日頃の欲望を満たしましょう!! レビューを表示する お散歩してるのは、インターミッションの数分間だけであり、残りはホテル内でのコスプレ風俗です。 「お散歩」からエスカレーションするプロセスを描くべきじゃなかったかと思いますが、いきなりホテルに入ってしまいます。 女優「天使もえ」は整った顔立ちであり、サービスはきめ細かく、こういうデリヘル嬢がいたらいいなあって思えます。 着エロに徹していて、下半身だけ脱いで、靴すら履いたままという、JKの記号にこだわるところはいいです。 最後は脱いで、全裸をみせてほしかったですが。 男優が微妙にブサメンだったり太ってたりジジイだったりするところは、いかにもありそうです。 男女の年齢差、美醜の差が、女優の美しさと、可憐さを際立たせます。

次の

JKお散歩 天使もえ

天使 もえ avgle

雑誌掲載コメント 全ての中年オヤジ感涙必至!? オジサン好き系JK天使もえ JKお散歩。 一見可愛らしい響きの言葉ですが、まぁ現代のエンコーですわな。 「コロコロしたお腹とか、白髪が交じった髪とか好きなんですよね」そんなオッサン殺しの台詞を吐くもえちゃん。 君は天使か、それとも悪魔か…。 紺のハイソックスにチェックの短めスカート、胸のリボンは大きめで、ブラウスの上には白いベスト。 学生バッグを肩掛けし、やや茶色かかった髪、耳にはちょっと背伸びしたピアス、はにかんだ笑顔。 …恐ろしい、この国はこんなにも違和感のないハイスペックJKができてしまう国になってしまったのですね。 途中セーラー服もあるが、あれはただのコスにしか見えないので止めた方がいい。 作品特色としては、キモメンシリーズより男優が少しマイルドになった感じ。 オッサンたちの溢れんばかりの性欲を受け止める器量良しのもえちゃんを楽しむ作品。 それを象徴するのが杉浦ボッ樹氏とのHだ。 グロクエの禁断介護シリーズなどでお馴染みのハゲオヤジ、今回はネクタイをビシッと締めたビジネスマン風だが、彼女の白く伸びた足を見つめる視線はもう脂ぎっている。 小悪魔的にキスを求めるもえ、火がついたオヤジは舌を入れ、足に手を這わせ、パンツ越しにクリ愛撫、ブラウスをめくって乳舐め。 それぞれの動作がイチイチねちっこくて素晴らしい。 最初は小生意気だったもえも、挿入され往年のテクを魅せられると、どんどんトロけていき、「おじさん、いやだぁ…」と言いながらも喜んでいる声だ。 最後までオヤジ主導で行くのかと思いきや、意外にラブい雰囲気でのキスハメなどあり、ただのエンコーモノとも違う、イーブンな関係が俗っぽくなくて良い。 月刊DMM - まじん AVライターコメント 肢体のなめらかさ、純粋な気持ちにさせる声…これはキラー JKお散歩って実際に警察沙汰にもなったJKビジネスの一つですが、こうしてファンタジーとして見せられると夢を抱けますね。 今回登場の「天使もえ」は若い子たちのエンジェルかと思っていたけど、これはオジサンキラーでもありますわ。 突かれながら「ダメぇ」の媚びまくったようなアニメ声が特に。 それでいてボディは四肢が細く長く伸びて子どもじゃない。 手コキをあえて稚拙にしてみたり、乳首だけで感じまくったり、世の中に疲れたオジサンたちには理想的なんです。 JKとホテルでエンコーするシリーズ二作目。 ハリウッド映画と違ってAVはシリーズは後半の方が名作が生まれやすい傾向にあるので少し不安でしたが、期待通りのJKものAVの良作でした。 内容は 1、セーラー服半袖 2、パケ写の制服 3、ブラウス+リボン+スカート+腰にセーターの夏服 で、それぞれ違う男優との本番。 良かった点 心配だったチャプター2の杉浦ボッ樹との絡みは、意外にも私が求めている「おじさんのテクに支配されているJK感」が出ていてすごいよかったです。 常連という設定で、ラブラブな感じも良かったです。 杉浦も抑えた感じのキャラで、いつものキモさを全面に出したような演技を控えて脇役に徹してくれていたので、杉浦が苦手という方も気にならないと思います。 チャプター3は、チャプター2がラブラブな感じだったのに対して、若干加虐心をそそるような、「嫌だけど感じてしまう」という天使もえの十八番なシュチュエーションで、自分的にはこのチャプターが一番良かったです。 その他、制服のままバックから突きまくるシーンが多く、夏服なのでキレイな身体のラインがエロさを際立たせていました。 バックからガンガン突かれて痙攣しながらイクシーンなどは彼女の演技力の高さもあって非常に良かったです。 悪かった点 前作同様カメラワークの悪さを感じました。 前作よりは改善されていましたが、なんか遠いなというシーンが結構見受けられました。 折角のエンコーものという設定なのだから、ハメ撮り視点の画があってもよかったのではないかと思います。 あとデートシーンはあまり必要を感じませんでした。 絡みのホテル内のシーンでは固定カメラなのに、デートシーンは第三者視点になっていて、その設定の一貫性の無さに「?」となってしまいました。 単刀直入に絡みから入ってしまい、あとはタイトルと少しのセリフで視聴者に想像させる構成にした方が、よりエンコー感が増すような気がしました。 天使もえかJKモノが好きであれば即買いでしょう。 全編を通じて制服を鑑賞できる。 スレンダーでミニスカート、ブラウスが似合うもえちゃん。 脱がしきらずにブラを鑑賞できるのがよい。 ミニスカのチェックがたまらないね。 第三話のブラが好み。 イチゴの柄で超もえ。 男優氏がピンク色のブラウスを脱がします。 ボタンをはずして腰のカーディガンはそのままで。 真ん中にピンクのリボンがあります。 ブラウスを肩からはぐるとピンクのブラ紐が・・・ そののちエロ過ぎる腕が見えます・・・ 小生この場面で発射・・・ 豊満ボデーはえろすぎ。 第二話 太ももを見せつけベットに座り 紺の靴下茶色のローファー 腰にはカーディガン。 たまらん・・・ ロングの髪 仁王立ちフェラ・・・ 肩に流れる髪が興奮。 ミニスカのままフェラする姿はたまらんね 男優氏は椅子に座りご奉仕フェラ おっぱいをなめながら手コキ 男優氏もそうとう感じてます・・・ モザイク越しの下の動きがたまらん・・・ やばいぐらいに銜え込み そして上下にお顔を揺らします・・・ ブルーのブラウスのそでがたまらん・・・ ゴムをつけてます こんな娘に着けてもらえて最高 椅子にバックで突きまくり バックで太ももがあらわになりミニスカが ひらひらしている・・・ そして騎乗位・・・ たまらんね こしにのせたままブラジャー御開帳 たわわなおっぱいをつつんだまま騎乗位 仁王立ちフェラがうますぎ・・・ 可愛いお口で男性を口で含み・・・ 小生たまらず発射・・・ 女子高生マニアとして数々のJKものAVを観てきましたが、巷の男どもが女子高生に対して抱く欲望の全ての要素を詰め込んだ作品だと思います。 しかし、JKものを謳う以上、モデルはスレンダータイプが理想です。 女子高生も制服を脱げばただの若い子ですから。 言うまでもなく、本作は全て制服着衣のプレイです。 女子高生マニアの性癖:女子高生を思う存分堪能するための性癖といえば、「女子高生の脚」「女子高生の尻」「女子高生をバックから」この3点に尽きます。 本作はこの性癖を全てカバーしており、マニアの欲望を完全に満たしています!! リアル現役女子高生に手を出せない人は、まずこの作品をみて日頃の欲望を満たしましょう!! レビューを表示する お散歩してるのは、インターミッションの数分間だけであり、残りはホテル内でのコスプレ風俗です。 「お散歩」からエスカレーションするプロセスを描くべきじゃなかったかと思いますが、いきなりホテルに入ってしまいます。 女優「天使もえ」は整った顔立ちであり、サービスはきめ細かく、こういうデリヘル嬢がいたらいいなあって思えます。 着エロに徹していて、下半身だけ脱いで、靴すら履いたままという、JKの記号にこだわるところはいいです。 最後は脱いで、全裸をみせてほしかったですが。 男優が微妙にブサメンだったり太ってたりジジイだったりするところは、いかにもありそうです。 男女の年齢差、美醜の差が、女優の美しさと、可憐さを際立たせます。

次の