三代目無観客ライブ。 欅坂46、初の無観客配信ライブ『KEYAKIZAKA46 Live Online, but with YOU!』開催

三代目JSB・今市隆二&登坂広臣、ドーム公演のダイジェスト映像を配信

三代目無観客ライブ

aikoの無観客ライブが素晴らしかった さて、こうした非常時だからこそ、アーティストの底力が見えてくるもの。 筆者が改めて感服したのが、aiko 44 でした。 3月7日と8日に予定されていた公演を延期し、かわりに無観客ライブ『Love Like Rock vol. 9~別枠ちゃん~』を1週間の期間限定で配信したところ、ツイッターのトレンドでは「aiko」が1位になるほどの話題を呼びました(公開は3月15日・日曜23時59分まで)。 人のいない客席に向かって、どうやってテンションを保つのだろうなどと心配した筆者が浅はかでした。 どのような状況であろうと、質を追求する姿勢にはいささかのブレもない。 稀代の名曲「カブトムシ」は、深みを増していることを再確認しました。 緊急時だからといって、余計な気合が入っているわけでもなければ、特別なメッセージを発しているわけでもない。 粛々と普段通りのエンターテイメントを披露してくれたおかげで、得難い経験ができたように思います。 彼女の声の強さは、そのまま豊かな弁舌へとつながり、節回しに説得力を与えている。 今回、歓声がないことで分かった新たな発見でした。 コロナウイルスのおかげと言ったら叱られるでしょうか。 この数週間、自粛をめぐり様々な議論を呼んだエンタメですが、こういうときだからこそ、この役に立たない慰み物に救われるのかもしれません。 <文/音楽批評・石黒隆之>.

次の

三代目JSB・今市隆二&登坂広臣、ドーム公演のダイジェスト映像を配信

三代目無観客ライブ

ニュースやオリジナルドラマ、アニメ、スポーツなど、多彩な番組を配信中の「ABEMA」が、新たな機能となる有料オンラインライブ 「PayPerView」(ペイパービュー)をリリース。 この新機能スタートに合わせて、サービスの概要から配信ラインナップまでを一挙にご紹介。 「ABEMA」における「無料コンテンツ」「プレミアムコンテンツ」に次ぐ3つ目のコンテンツ形態となり、 ベーシック会員・プレミアム会員に関わらず、「PayPerView」機能にてコンテンツを購入すれば誰でも視聴可能だ。 今回、サイバーエージェントグループで3DCG動画広告制作会社の株式会社CyberHuman Productionsと連携し、国内で3台しかない、リアルタイムに人物と3DCG空間を合成して撮影ができる「バーチャル撮影システム」を活用し、多様なCGや3D空間、ARを用いたライブ会場とはまた違った臨場感のある視聴体験が可能に。 新型コロナウイルス感染症拡大の影響から、無観客ライブの流れが加速していることを受けて開始される新機能で、アーティストライブやイベント、舞台など、エンターテインメント産業における高品質なオンラインライブを提供していく。 様々な機能を搭載 「PayPerView」には様々な機能があり、ライブ中に出演者へスタンプを送ることができる「応援機能」、お馴染みの「コメント機能」といった、演者との双方向なコミュニケーションが実現。 オンラインライブにあわせた「グッズの販売」、様々なアングルからオンラインライブを視聴できる「マルチアングルライブ」機能(今夏リリース予定)、ライブ中に視聴者が投票という形でリアルタイムに参加ができる「投票機能」(今夏リリース予定)などが導入される。 さらに、一部地域、一部のコンテンツを除いて、 購入は海外からも可能で、海外在住者や旅行中でも楽しむことができる。 購入方法の「手順4」の「購入する」をタップすると、コインが足りない場合、そこから購入が可能。 もしくは、コインのページにて事前に購入することもできる。 ~」』の模様をオンライン配信。 昨年3月から6月にかけて行われた6大ドームを含む全国11か所で約55 万人を動員した昨年のツアー以来、 1年ぶりのライブが実現する。 イベントには藤田ニコル、池田美優をはじめ、新川優愛、トリンドル玲奈、マギーら豪華モデル陣が出演。 配信日時:6月27日(土)午後5時~ 視聴料金:2,000コイン そのほかにも注目ライブが続々 鈴木このみのオンライン無観客ライブ「鈴木このみ 6th Live Tour ~Unveil "ZERO"~」(全3部構成)。 朗読劇「Online・Reading『百合と薔薇』Vol. 01」(2日間2公演)。 2日間で全24アーティストが出演する大規模オンライン音楽フェス「LIVE HUMAN 2020」(Day1&2)が配信される。 「ABEMA」の拠点でもある渋谷の街をモチーフに、ARや3DCGを駆使した演出など、これまでにない臨場感あふれる新たなライブ体験が楽しめる。

次の

サザン&LDH JAPANの無観客ライブ配信も―ABEMA新機能「ペイパービュー」購入・視聴方法まで

三代目無観客ライブ

【テレ東無観客フェス 2020】は、テレビ東京のプロデューサー・ディレクターが9日間にわたってイベントを仕掛ける無観客ライブイベント。 キンボシ (特別出演:田村淳(ロンドンブーツ1号2号))、さらば青春の光、マヂカルラブリーといった名だたる芸人たちと並んで、神宿が唯一アイドルとして出演することに。 「超ぶっ飛んでるのに、超胸キュンするオリジナルライブ」の実現に挑戦する。 一見相反する二つのテーマを同時に実現することなど果たして可能なのか…。 テレビ東京の古東担当プロデューサーは「この挑戦には、絶対に、テレビの現場のスタッフ以外のアイデアが必要です。 『これまでのテレビの歴史には無いような、新しいものを作ってみたい!』と映像製作に興味がある方々の参加も大歓迎です」と、イベントへの参加を呼びかけている。 今回の制作会議への参加券はチケットぴあサイトから購入可能で、料金の異なるAランク・Sランク・SSランクの3種ある。 「ガツガツと意見を言うのはちょっと…」と発言することに気が引ける人は、視聴メインのチケットで1000円から参加できる。 具体的な制作スケジュール は公式サイトに掲載される。 古東プロデューサーは「この急すぎるスケジュールもテレビ東京の番組づくりのリアルです(苦笑)。 そんなところも、ひとつの思い出づくりとして楽しんでもらえたらうれしいです!」と、コメントしている。 tv-tokyo.

次の