タコ 釣り タックル。 船タコ釣りのタックルやタコエギなどの仕掛け・釣り方など!明石デビュー準備をレポート

タコエギの釣り方特集|仕掛けとタックルのおすすめをご紹介!

タコ 釣り タックル

釣りをするには、揃えるべき道具があります。 絶対に必要なものから、あると便利なものまでさまざまです。 船釣りか、堤防釣りかでも変わってきます。 タコの船釣り・堤防釣りに共通の絶対に必要な道具 タコの船釣り・堤防釣りに共通の絶対に必要な道具についてご紹介します。 人によっては不要なものがあるかもしれません。 その辺は自身の判断で決めればよいです。 竿 タコ釣りは、船でも堤防でも同じ竿で釣ることができます。 エギ釣りでもテンヤ釣りでも同様です。 ただ、 釣り方などによって、竿のオモリ負荷や穂先の柔らかさが異なっています。 そのため、 最適な竿を選んだ方が釣りやすいです。 その辺は、予算と相談して決めればよいです。 リール・ライン リールは、 ベイトリールの方が使いやすいです。 軽くキャストする程度なら、ベイトリールでもOKです。 少し遠くまでキャストするのなら、 スピニングリールを使うとよいです。 ライン切れやバックラッシュの恐れがあるので、予備のリールを持って行った方が無難です。 ラインは、強度のある PEがおすすめです。 リーダー リーダーは、基本的には必要です。 なくても釣れなくはありませんが、念のため付けておいた方がよいです。 市販のものを購入しても作っても構いません。 テンヤでリーダーが付いているものに関しては必要ありません。 クーラーボックス タコ釣りにもクーラーボックスは必要です。 選ぶ際に考えるのは大きさだけです。 釣れるタコの大きさや数で選びます。 25リットルぐらいのものを購入すると、船釣りでも堤防釣りでも使えます。 保冷力などはそれほど気にしなくてもよいです。 もちろん、こだわっても構いませんが・・・ ただ、保冷力が高いものほど価格が高くなるので注意が必要です。 個人的には、安価なもので十分だと思います。 ライフジャケット 船釣りでは、 必須のアイテムです。 堤防釣りでも、装着しておいた方がよいです。 何が起こってもよいように自分の命は自分で守ることが重要です。 釣り船によっては、無料で貸してくれるところもあります。 事前に確認しておくとよいです。 ネット ネットは、タコを入れるのに使います。 タコは脱走の名人です。 タコをそのままクーラーボックスに入れると、次に開ける際一斉に逃げ出してしまいます。 そのようなことにならないように、ネットに入れてチャックを締めておきます。 ネットと言っても、 100円均一の洗濯用のもの(特大)で十分です。 タコ専用の入れ物も販売されています。 氷 氷は、釣ったタコが傷まないように冷やしておくのに必要です。 釣り船によっては用意してくれることがあります。 確認が必要です。 堤防釣りは、各自で用意しておきます。 タコを釣る場所(船・堤防)や釣り方によって必要となる道具 タコを釣る場所(船・堤防)や釣り方によって必要となる道具についてご紹介します。 釣る場所や釣り方によっては絶対に必要なものがあります。 どこでどのような釣り方をするのかで決めってきます。 テンヤ テンヤ釣りに必要です。 テンヤは、すべてが同じ重さではありません。 一般的には、 40号・50号・60号がよく使われます。 釣りに行く場所や潮の状況などによって、これらを使い分けます。 どの重さをよく使うのかなどについて、事前に確認しておくとよいです。 エギ・タコジグ・タコスッテ エギ釣りやタコジグ釣り、タコスッテ釣りに必要です。 タコの釣り方によって、エギ・タコジグ・タコスッテの中から選びます。 それぞれに、 タイプ(形状やカラー、重さ)の異なるものがたくさんあります。 日によって、どのタイプがよく釣れるかわかりません。 そのため、いろいろなタイプのものを用意しておくことが望ましいです。 エサ エサは、基本的には テンヤ釣りをする時に必要となります。 船釣りの場合は、釣り船で用意してくれることが多いです。 事前にエサの有無と種類を確認しておきます。 堤防釣りの場合は、各自で用意する必要があります。 最近では、 エギ釣りや スッテ釣りでも使用することがあります。 使うのであれば、エサを準備するようにします。 エサは、船釣りでも堤防釣りでもほとんど同じです。 アジやサンマなどの 魚系と鶏肉や豚の脂などの 肉系があります。 集寄アイテム 集寄アイテムは、 テンヤ釣りでよく使われます。 タコへのアピール力を増すためです。 潮が速い時などは付けない方がよいです。 エギ釣りや スッテ釣りに使っても構いません。 サルカン(ノーマル、三又) サルカンは、 すべての釣り方で使います。 エギやスッテを同時に何個付けるかで、使うサルカンの種類が変わってきます。 オモリ エギ釣りや スッテ釣りなどには必須のアイテムです。 テンヤには、オモリが付属しているので必要ありません。 重さは、釣りに行く場所や潮の状況などによって変わります。 そのため、いろいろな重さのものを用意しておきます。 よく使う 40号・50号・60号は複数個持っていきます。 タコ釣りにあると便利な道具 タコ釣りにあると便利な道具についてご紹介します。 個人的には、すべて揃えておいた方がよいと思います。 タックルボックス タックルボックスは、タコ釣りに必要な釣具を持ち運ぶのに便利です。 他に持ち運べるものがあれば必要ありません。 ペンチ・はさみ ラインや仕掛けなどを切るのに使います。 それほど出番はありませんが、ないと困ります。 ナイフ タコを締める人は用意しておきます。 締めて持って帰った方がおいしく食べられます。 締めないのなら必要ありません。 ピックでも構いません。 レインウエア 釣りをしている際、急に雨が降ってくることがあります。 堤防釣りなら、釣りを中止すればよいですが、船釣りはそうはいきません。 船釣りには持って行った方がよいです。 屋根のある船でも、念のため用意しておいた方が無難です。 帽子 タコ釣りは、夏がシーズンとなっています。 そのため、帽子は暑さ対策の必須アイテムとなっています。 熱中症予防におすすめです。

次の

タコの釣り方について仕掛けとポイント別に徹底解説します!

タコ 釣り タックル

タコが乗ったことが分かる竿先の柔らかさ• タコが岩礁や岩にしがみついた時に引き上げる竿の硬さ まず、タコがエギに乗ったことが分かるよう、 竿先が柔らかいものがベストです。 タコは魚と違って、針が掛かっても暴れたり引いたりしません。 感覚的には 「あれ、海藻でも引っかかったかな?」みたいな感じです。 笑 そのため、タコが乗ったときに敏感にその感覚が分かる竿の方が釣果も上がりますし、釣り自体も楽しめます。 その反面、 竿はある程度丈夫なものである必要もあります。 タコ釣りをしていると、タコが海底の岩を吸盤に抱いた状態で釣れることがあります。 タコの吸盤の力は本当にすごいです。 特に大物の場合、完全に岩にしがみつかれると抜きあげきれない(竿が耐えられない)場合もありますので、ロッドは丈夫なものを選んでおいて損はありません。 タコエギ• スナップ(スイベル)• おもり• ぴーたろも必ず2個付けします。 エギが多い分タコを誘える可能性が高くなりますし、タコがエギに抱き着いた時にしっかり針掛かりする可能性も高くなりますよー! 次に おもりです。 エギ自体にも軽いおもりがついてはいるのですが、タコ釣りの棚はあくまで底狙いとなりますので、きちんと着底させられるおもりを付ける必要があります。 余裕があれば、おもりも2種類ほど用意をしておくことをオススメします。 タコが釣れたら洗濯ネットの口は必ずしっかり閉じることを忘れずに! 釣りに集中していると足を上手に使ってジッパーを開けて逃げちゃいますよー。 エギを海底まで着底させる• エギを動かして誘いをかける• タコが乗ったらエギをしっかり抱かせて抜きあげる タコ釣りで狙うポイントはあくまで 海底です。 頑張って海中で仕掛けを動かしてもタコは釣れません。 間違っても仕掛けが海中を漂うような状態とならないようにしてください。 また、タコ釣りは通常の魚の釣りと違って、 アタリや引きが明確でないことも多いです。 「ん?何か重くなった気がするぞ?」という感覚の方が強いかもしれません。 重さを感じたら、タコが釣れている証拠。 タコエギングのコツとテクニック タコエギングの誘い方 タコは海底の岩場にへばりついて生息しているため、タコエギでは海底を狙っていくというのは前述の通りです。 この海底でのエギとおもりの動かし方ですが、少しコツがあります。 またこのとき、クイクイと動かす間に 糸がふけないようテンション(糸の張り)をかけ続けた状態で動かすのも非常に重要です。 そもそもテンションが掛かっていない状態だと、おもりの動きが竿を伝わって感じることができませんし、上図のイメージのようにおもりとエギが動いていないケースが多いです。 このように、エギが海底から浮いてしまっていると上手くタコが誘えません。 逆に大きな合わせをすると、タコが身切れしてしまいバラしてしまう可能性が高まります。 実際に釣ったことがある人は分かると思いますが 「ヌッ」と重みを感じたらタコが仕掛けにかかっています。 足元に仕掛けを落として誘いをかけるだけでもタコ釣りは成立しますが、タコも海底に無数に張り付いている訳ではありません。 もし足元でタコが釣れたら、そのあとは仕掛けを少し投げて広めの範囲で誘いをかけてみましょう。

次の

タコエギングでタコを釣るコツとテクニック。タコ釣り入門

タコ 釣り タックル

気軽にタコエギで釣れるタコ いつの頃からそう呼ばれ始めたのか知りませんが、【オクトパッシング(オクトパスフィッシング)】というのは、単にオクトパス(タコ)とフィッシング(釣り)の造語ですね。 もともと擬似餌で釣ることが多いマダコですが、近年のルアーフィッシングの台頭に伴ってか、その人気はタコ釣りにまで波及してきています。 特に、 従来のタコテンヤやタコジグを使う釣りではなく、イカ釣りでよく使う エギと呼ばれる類いのルアーを使ったタコのエギングが、非常に人気を集めています。 ここではその人気の釣法について紹介します。 まずは、タコエギを使ったオクトパッシングに適切なタックルと仕掛けについて紹介しましょう。 タコエギを使ったオクトパッシング向けのタックルと仕掛け タコエギ仕掛けの一例 タコエギ用のタックルと仕掛けは、至ってシンプルで 、 他のタコ釣り仕掛けに比べると、比較的ライトタックルで臨めますが、もちろんある程度の強度は必要です。 一番シンプルな仕掛けは、ロッドにリール、PEラインにタコエギを直結という感じになります。 エギの交換を容易にするために、図のようにスナップ付きサルカンやルアー用のスナップを入れても良いでしょう。 以下に、このタコエギタックルの概要を、簡単に説明しておきます。 釣り竿(ロッド)は先調子で硬めのものを使う ロッドは先調子で1. 8m~3m程度のものを用意します。 『水深が浅い』、『水面までの高さが低い』、『キャストは近投重視』なら短めのロッド、逆に、『水深が深い』、『水面までの高さが高い』、『キャストは遠投重視』なら長めのロッドが良いでしょう。 とは言っても、釣り場の状況はケースバイケースなので、中間をとって2. 4m程度のロッドを使うのが一番無難だと言えます。 釣り竿の種類は問いませんが、 とにかく硬めのロッドが適しており、タコ専用ロッドを除けば、船竿や投げ竿などが使いやすいでしょう。 もちろんエギングロッドや、ルアーロッドでも問題ありませんが、少なくとも適合ルアーで30g(エギなら最低でも4号対応)程度、適合ラインがPEで1. 5号(ナイロンで6号)程度は必要です。 なお、置き竿ができる釣りではなく、エギングほどではありませんが、 タコエギにアクションを与え続けますので、手首に掛かる負担を考えれば、 重さは200g位までのロッドが良いでしょう。 リールはスピニングリール、ベイトリールのいずれでもOK リールについては、スピニングリールでもベイトリールでも、どちらを使っても問題ありません。 現実的には、 ほとんどの方がスピニングリールを使っていますが、 リールの重さとパワーの兼ね合いを考慮すれば、ベイトリールに十分なメリットがあり、玄人さんほどベイトを好む傾向が強まります。 防波堤のタコエギを使ったオクトパッシングは、あまり水深のある場所では不向きな釣りで、キャスティングの距離も、せいぜい50m程度までです。 それなら「使うリールも小型でOK」と言いたいところですが、実はそうもいきません。 タコ釣りでは最大ドラグ力が、6kgは欲しいところですので、巻き取りパワーの強いベイトリールなら200g以下の小型のものもありますが、スピニングリールの場合は、汎用的なものだと3,000番以上が目安となり250gを越えてきます。 この重さの優位性もベイトリールでのメリットになりますが、トラブルが発生しやすいというデメリットも兼ね備えています。 初心者さんにはトラブルの少ないスピニングリールを、 ベイトキャスティングに慣れた方であれば、ベイトリールを使うことをお勧めします。 道糸(ライン)はPEの一択 安価なラインで十分ですので、出来るだけ PEラインを使いましょう。 タコエギの場合は1. 5号~2号でOKですが、ロッドとリールが十分に頑強なタックルであれば、3号を使用しても良いでしょう。 タコ釣りは根掛かりが多いだけでなく、タコが岩礁に張り付くこともしばしばありますので、伸びの大きなナイロンラインは不利です。 もちろんキャスティングや、タコエギのアクションにも影響を及ぼしますので、PE以外のラインは釣りを難しくさせます。 食いの良さ(タコの場合は乗りの良さ)に気を配る必要がないこの釣りでは、実質はPE一択だと思っておいても良いでしょう。 エギはイカ用ではなくタコエギを使う イカエギもタコエギもルアーの中では、同じ餌木という部類に属していますが、 見た目はわずかな違いでも、釣果は較べるべくもない圧倒的な差が生じます。 イイダコであればイカ用の餌木でも釣れますが、マダコを釣るのであれば、きちんとタコ用の餌木を使用しましょう。 (左)イカエギ/(右)タコエギ 因みに、タコエギとの主な違いは以下の2点になります。 フックの形状が、細かいカンナではなく、掛け針になっている。 イカ用の餌木に比べて、同じ餌木の号数でも重量は重い。 まず、フックですが、イカエギのカンナでは針が全方向に向けて広がっていますので、 ズル引きすることが多いオクトパッシングには、根掛かり多発の原因となり不向きです。 また、カンナが小さ過ぎて、せっかく掛けたタコを逃してしまうケースが多発しますので、 掛け針(テンヤ用のカンナ)が採用されたタコエギを使用しましょう。 シンカー(オモリ)を含めた餌木の重量の違いは、前傾重心の違いにも現れますが、これは リフトアンドフォールが中心のイカエギと、 ズル引きが中心のタコエギでは、アクション性能の違いによるものです。 もちろんイカ用の餌木を改造してタコ用の餌木としても使用できますが、この際は、上記の2点をタコ用として改良を加える必要があります。 タコエギを使ったマダコの釣り方 タコは甲殻類の中でも、特にカニが大好物なのですが、人工の防波堤は、捨て石や敷石、波止際に付くイガイなどの存在もあり、カニが豊富に存在しています。 普段は沖目にいるタコも、捕食時には堤防近くの掛け上がりや岩場、そして岸壁にまで寄ってきます。 波止際の敷石近辺は絶好のポイント 写真のような場所には、カニが豊富なだけでなく、タコの隠れ家となる場所も多く、目の前をタコが通っていくのを見かけることもしばしばあり、 わずか数メートル先の落ち込みが絶好のポイントだったりもします。 このような ガチャガチャした場所や、もう少し 沖目の岩場にいるタコを狙うのが、このタコエギを使ったオクトパッシングになります。 ただ、防波堤の構造を考えれば、沖目といっても遠投する必要はありません。 波止の掛け上がりより向こう側に岩場があればポイントになりますが、逆に砂地ばかりであれば、そこを狙っても十分な釣果は得られません。 キャスティング距離は、波止の掛け上がりがある少し向こう側の20m~30mを中心とし、そこからエギにアクションを加えながらズルズルと底を引いてきます。 タコエギでの釣り方の最重要ポイントは、このアクションとズル引きになりますが、このテクニックについては、少し詳しく説明しておきましょう。 YO-ZURI 『タコやん』の説明書 コチラは管理人がよく使うタコエギの使用説明書ですが、タコエギのアクションについて非常に分かりやすく、簡潔に纏められています。 そのままフォールさせることで、タコエギを目立たせることができ、タコの目にとまる機会を作ります。 この位置でリールを止め、 竿先を上下にチョンチョンチョンチョンと5cm~10cmほど軽く揺さぶってやると、タコエギはシンカーで引っ掛かったままなので、その位置でお尻を振るようにダンスします。 ここでは この動きをここでは 【ふりふりシェイク】と呼んでいますが、この動作が最もタコを誘い出す効果的な動きになります。 長い場合だと10秒以上待つこともありますが、 この時間がもっともタコがエギを抱いてくる可能性が高くなる瞬間です。 軽く竿できいてやり、少しでも重みを感じるようであれば、思い切って大合わせしましょう。 タコがフックに掛かれば、ずっしりと重みが掛かりますので、 出来るだけロッドを煽らないで、リールの巻きで寄せてきます。 とにかく陸に引き上げるまでは、 決してラインを緩めないように、海面まで来ても油断せずに一気に引き抜きましょう。 以上が、タコエギでの釣り方の基本的な操作になります。 タコエギを使った基本アクションは、経験がなくても簡単に誰でもすぐに行え、しかもこの基本操作だけでも十分にタコはゲットできます。 ズル引きしていても、フックが上向きで浮いている状態なので、 他のタコ仕掛けに較べて根掛かりが少ないというのは、大きなメリットです。 まずはこの基本操作を身に付けて、タコを釣る要領を経験し、その後、自分なりのアクションを色々と試しながら、タコをゲットする機会を増やしていきましょう。 それでは、次にタコ釣りを行う際に、身に付けておきたい知識についても、簡単に紹介しておきましょう。 タコ釣りの特徴、環境条件、釣り場、時期など この内容を細かく書いていくと、新たな記事がもう1本必要となりますので、ここでは掻い摘んで箇条書きで紹介しますが、知っておいて損はない内容ばかりですので、是非ともこの機会に覚えておいて下さい。 タコは波止際以外では、ほぼ浮き上がりませんので、タコエギ釣法は海底以外ではヒットしません。 タコはそれほど警戒心が強くないので、目立つものに貪欲に捕食(アタック)してきます。 タコエギはラトル構造の製品も多く、引きずることで出る音で誘うというのも有効です。 タコは大きく動いているターゲットをあまり捕食しませんので、タコエギを止めるという動作は非常に重要です。 タコは比較的時合いを重視する必要がないターゲットですが、潮が動いていない時は活性が落ちます。 タコは真水を嫌いますので、長雨や大雨の後の水潮の際は、釣果が落ちる傾向があります。 タコはカニが豊富にいる釣り場であれば、どこでも釣れますが、湾内よりは外海向きが良いでしょう。 タコは夜行性ですが、タコエギを使ったこの釣りは、もちろん夜釣りでも有効に使えます。 タコは周年釣れるターゲットですが、良く釣れる時期は春先から秋口で、数・サイズは8月が最も期待できます。 以上、タコエギでのオクトパッシングをする上で、知っておいた方が良いことを、ざっと書き出してみました。 タコ釣りについては、環境条件や釣り場、時期などの縛りがほとんどなく、いつでも誰でも気軽に取り組める釣りである事が伺えます。 オクトパスフィッシングにお勧めのタックル 投げ釣りや船釣り用の頑強なタックルを持っていれば、オクトパッシングは楽しむことはできます。 ただ、タコ釣り向けのタックルを使うことで、疲れ(特に手首への負担)と釣果に大きなプラスの影響を及ぼすことは確かです。 ただ、 『タコ釣りセット』のように、中途半端に安価で販売されている製品の中には、タックルが重過ぎて、むしろ逆効果のものも多く存在します。 ここでは、タコエギを使ったオクトパッシング向けのタックルについて、参考となるような製品を一通りだけ紹介しておきます。 タコエギでのオクトパッシング向けのタックル まずは、この釣り方のタックルの中で、唯一お金を掛けてもそれだけの価値があると思うロッドから紹介します。 タコを極めるつもりであれば、 コストパフォーマンスに優れたプロ仕様のタコ専用ロッドがおすすめです。 オクトパスフィッシングの名人で、タコの先駆者であるデビル渡辺氏が監修を務めたロッドというだけでも、購買意欲がそそられます。 ロッド長が7. 6ftで最大PEで8号まで使えるパワーは桁外れで、キロオーバーの大型タコをいとも簡単に抜くことが可能です。 それにもかかわらず、ロッドの重量がなんと171gしかないという驚くべき高性能ロッドで、次々とポイントを打ち歩くオクトパッシングにおいて、負担軽減の面でも強烈に後押ししてくれます。 上記のTKFC-762Hは、クラーケン専用ベイトキャスティングモデルですが、スピニングモデルも同様に販売されています。 次にリールですが、 管理人はタコ釣りで使用するタックルでは、ロッドはそれなりに性能の高いものを使用しても良いと思っていますが、 リールについては とにかく頑強で、最大ドラグ力が優れたものであれば、安価なもので十分だと考えています。 根の周りを攻めることと、タコの重量が1kgオーバーが普通ということを考えれば、 高性能なリールを使っていても壊れてしまえば元も子もないという考えからです。 ですので、コチラは最近売り出し中で、安価でありながら高強度・高性能を謳っているカストキング社のスピニングリールとベイトリールを、各1点ずつだけ紹介しておきます。 また、いずれの製品もボールベアリング数2桁を誇る構造なので、一体製造コストはどうなっているのか不思議でならないくらいです。 ちなみに、 管理人はRoyale Legendの性能と価格の魅力に惹かれて購入し、このリールをタコ釣りや船釣りにも使用しています。 実釣での使い勝手も良く、そのコスパの高さを実感(耐久性は使用歴が浅いので未評価)したので、続けてスピニングリールの購入も検討中です。 【追記】Royale Legendについては、そのコスパの高さを評し、紹介記事を作成しました。 その他、PEラインとタコエギについても、それぞれ1点ずつだけお勧めの製品を紹介しておきます。 タコ釣りを行っている方なら使用されている方も多い人気製品だと思いますが、管理人もそのパフォーマンスには非常に満足しています。 様々なタイプのタコエギが販売されていますが、YO-ZURIのタコやんだけでも、十分な釣果が期待できます。 ジャバラベイトなどの目立たせるための工夫も必要なく、タコを魅了する要素を十分に備えたタコエギで、 根掛かりも少なく非常に使いやすいです。 ただし、根掛かりのロストの心配だけでなく、カラーによる食いの違いもあるので、タコエギは必ず複数用意しておきましょう。 その際、 濁りにも強くフィールドを問わないパールオレンジやレッド系は1本は必ず用意しておくことをお勧めします。 以上で、タコエギを使ったオクトパッシングについての紹介を終わります。 何度も言うようですが、この釣りは初心者さんでも気軽にタコの釣果が得られる、魅力ある釣り方の一つです。 他のタコ仕掛けに較べて根掛かりが少なく、コストパフォーマンスに優れた釣りというのも嬉しい要素です。 何か新しい釣りを試そうと探されている方は、 是非ともこの 釣って楽しい、食べて美味しいマダコを狙いに、ロッド1本で防波堤に出陣されてみてはいかがでしょうか。 【追記】タコジグを使ったオクトパッシングや、タコエギ収納の便利グッズについても記事を作成しました。

次の