ステーション ワゴン。 ステーションワゴン 燃費ランキング

最新ワゴンは超絶美しい!? 国産ステーションワゴン3選

ステーション ワゴン

現在、ホンダのラインナップでステーションワゴンは「シャトル」と「ジェイド」があります。 なかでもジェイドは、低い全高で美しいデザインの3列シート車という特徴があり、いまではレアな存在です。 ジェイドは2015年に発売され、当初は3列シートの6人乗りのみでしたが、2018年に2列シートの5人乗り仕様を投入し、ワゴンのイメージを強めて新たな需要を喚起することになりました。 また、パワーユニットもデビュー時は1. 5リッター直列4気筒エンジン+モーターのハイブリッド仕様だけでしたが、最高出力150馬力とパワフルな1. 5リッター直列4気筒ターボエンジンを追加し、スポーティさを強調しています。 さらに、ジェイドの魅力は、低い全高と優れた足回りがもたらす走りの性能です。 サスペンションは、現在のFF車では少数派の4輪独立懸架で、リアにダブルウイッシュボーンを採用しており、重心の低いボディと相まって、ワインディング・ロードで威力を発揮。 また、使い勝手という点では1540mm(RSグレード)という全高は、ほとんどの機械式駐車場に駐車が可能で、現行モデルの3列シート車では唯一ジェイドだけとなっています。 国内メーカーの最新ワゴンである「カローラツーリング」 2019年9月17日にセダンのトヨタ「カローラ」とワゴンの「カローラツーリング」がフルモデルチェンジして登場しました。 カローラシリーズとしては7年ぶりの刷新で、通算で12代目となります。 パワーユニットは2018年に発売された5ドアハッチバックの「カローラスポーツ」と同じ、116馬力を発揮する1. 2リッター直列4気筒ターボエンジンと、1. 8リッター直列4気筒自然吸気エンジン、1. 8リッター直列4気筒エンジン+モーターのハイブリッド仕様の3種類から選べます。 なお、1. 2リッターターボエンジン車のトランスミッションは6速MTのみで、ATは設定されていません。 サスペンションはフロントがマクファーソンストラットでリアがダブルウイッシュボーンと、先代のトーションビームリア・サスペンションから4輪独立懸架にグレードアップされたことで、走りの質を向上させています。 なお、従来型の「カローラフィールダー」もグレードを限定して、現在も併売されています。

次の

人気のハイブリッドステーションワゴン おすすめ比較ランキング

ステーション ワゴン

2〜253万円 中古車価格:下部参照 現行型カローラは1966年にデビューした初代モデルから数えて11代目に当たります。 カローラワゴンから名称をカローラ・フィールダーに改めたのが9代目のとき。 以来、このクラスでは数少ないコンパクト・として高い人気を誇っています。 現行モデルはカローラの原点に戻り、「大人4人が安心・安全・快適に長距離を移動できるミニマムサイズのクルマ」をテーマに立ち返り、高い実用性と経済性を誇る小型大衆車として開発されました。 また、ステーションワゴンとのクロスオーバーであるクロスフィールダーも設定されます。 トヨタ・カローラフィールダーはコンパクトなボディながら荷室容積は標準で407Lを確保し、リアシートを折り畳めば最大荷室容積872Lのラゲッジスペースが出現します。 駆動方式はFFと。 パワーユニットは1,496直4と1,797直4の2本で、前者にはシステムが用意されます。 組み合わされるはで、一部のグレードには5MTの設定もあります。 また、レーザーレーダーとカメラの2つの異なるセンサーで高い認識性能と信頼性を両立する安全運転支援システム「C」がトヨタ車で初採用されています。 カタログ燃費()燃費は16. 0〜33. もともとアベンシスは欧州で販売していたカリーナE(コロナの欧州仕様車)の後継車種として誕生した経緯があり、欧州市場では以外に4ドアも販売されています。 3代目トヨタ・アベンシスの開発テーマは「欧州車を超えるトヨタの欧州車」で、生産はイギリスのTMUK(トヨタモーターマニュファクチャリング)で行われており、日本市場に輸入・販売されています。 現行型アベンシスの人気はそれほどでもなくマイナーな存在ですが、装備は輸入車らしく充実しており、インテリアではアルカンターラ+本革の専用シート表皮となり、センタークラスターおよびドアスイッチベースに木目調加飾を採用しています。 さらに、運転席電動ランバーサポートやクルーズコントロールなどを装備することで快適性と利便性を高めています。 駆動方式はFFのみ。 搭載されるエンジンは1,986cc直4となります。 組み合わされるはです。 カタログ燃費()燃費は14. 最新「アベンシスワゴン」中古車情報 中古車でしか買えないトヨタの絶版ステーションワゴン 現行のトヨタのラインナップの中ではは少数派ですが、絶版車に目を移すとそのラインナップは豊富です。 ここからは中古車として購入が可能な代表的なトヨタ製ステーションワゴンをご紹介しましょう。 7〜305. 6万円 中古車価格:下部参照 2002〜07年にかけて生産された3代目トヨタ・カルディナは、「ザ・ツーリングマシン」をコンセプトに先代までのオーソドックスなから決別し、走りを意識したスポーツワゴンに生まれ変わりました。 駆動方式はFFとで、トップグレードのGT-FOURには、セリカ譲りの3S-GTE型1,998cc直4が搭載されました。 カタログ燃費(10・15モード)燃費は10. ベースとなったアルテッツァの走りの資質はそのままに、の利便性を融合しました。 パワーユニットはにラインアップされた直4は設定されず、VVT-iをそなえる2,997cc直6と1,988cc直6Dの2本。 駆動方式はFRのほかの設定もありました。 カタログ燃費(10・15モード)燃費は8. 8〜441万円 中古車価格:下部参照 1955年に初代モデルが登場したトヨタ・クラウンには、62年に登場した2代目モデルからが設定されました。 クラウンからステーションワゴンが落とされたのは2003年に登場した「ゼロ・クラウン」の愛称を持つ12代目からで、同車のデビュー後も07年まで11代目のステーションワゴンが継続販売されました。 カタログ燃費(10・15モード)燃費は9. 最新「クラウンエステート」中古車情報.

次の

車中泊もできる!中古「ステーションワゴン」おすすめ5選

ステーション ワゴン

ここでは、エンジンの排気量・自動車メーカーを問わず、ボディタイプが ステーションワゴンに属する車を集めて、 最高出力(馬力)が大きいものから順番に並べています。 ランキングにある車名の部分は、より具体的なデータをまとめた詳細記事へのURLリンクとなっておりますので、ご興味の湧いた車種がありましたら比較・検討にご利用ください。 このページは全642件・54ページ中の1ページ目、 1-12件目件までの一覧表です。 排気量1リットルあたりの馬力は153. 排気量1リットルあたりの馬力は151. 排気量1リットルあたりの馬力は107. 排気量1リットルあたりの馬力は107. 排気量1リットルあたりの馬力は116. 排気量1リットルあたりの馬力は143. 排気量1リットルあたりの馬力は140. 排気量1リットルあたりの馬力は102. 排気量1リットルあたりの馬力は102. 排気量1リットルあたりの馬力は122. 排気量1リットルあたりの馬力は96. 排気量1リットルあたりの馬力は96. 8PSという結果になりました。 最高出力が大きい関連ランキング ボディタイプ別 ワゴン [限定] 車両重量別 セグメント別(全長基準) ボディタイプ別 ワゴン [限定] 車両重量別 セグメント別(全長基準).

次の