余った年賀状 有効活用法。 未使用の年賀状の交換手数料、書き損じはがきと同じ?コスパの良い有効活用法をご紹介☆

未使用の年賀状の処分の仕方と活用法

余った年賀状 有効活用法

スポンサーリンク 余ってしまった年賀はがきに期限はある? 年賀状を送るのは、1月7日までで、それ以降は寒中見舞いになるという暗黙のルール(?)がなんとなくあるようですが、年賀はがきに使用期限はありません。 料金さえ足りていれば、年賀状を出す期間を過ぎていたとしても、年賀はがきを使用することはできますよ。 ただ、年賀状として出すわけではないので、年賀の部分は二重線で消しておくなどした方がよいかと思われます。 余った年賀状は普通のはがきとして使ってしまいましょう! 使わなかった年賀はがきは交換してもらえる? 余った年賀はがきを普通の郵便はがきとして使うのもいいですが、そんなにはがきを使用する機会が無い!という方は、郵便局に持って行ってください。 なんと、年賀状を他のアイテムと交換してもらうことができるのです! 具体的に何に交換してもらえるのかと言いうと、 ・通常切手 ・郵便はがき ・郵便書簡 ・特殊封筒(レターパック封筒やスマートレター封筒) です!ただし交換してもえるのは、もちろん未投函のものだけ。 使用済みのはダメですよ!そして、年賀はがき1枚につき5円の手数料が必要になりますので、小銭の用意をお忘れなきよう! 手数料はかかってしまいますが、年賀はがきを使わないまま眠らせておいたり、捨ててしまったりするよりも、交換してもらう方が気分もスッキリしますよね。 交換期限も特に無いようですので、ご自宅にいつかの年賀はがきをお持ちの方は、小銭と一緒に郵便局窓口へ持ち込んでみてくださいね! また、悲しい事ですが、近親者のご不幸による服喪のために、年賀はがきが不要になった場合は、その年度の販売期間中であれば、無料で交換してもらうことができます。 交換できるアイテムは先ほどと同じです。 そして、年賀はがきの種類ってたくさんありますよね。 無地はもちろん、絵入りや寄附金付きやインクジェット紙など。 間違った年賀はがきを購入してしまった場合にも、その年度の販売期間中なら、無料で他の種類の年賀はがきに交換してもらうことができます。 ただし、広告入りなど、特殊な年賀はがきを除きますが…。 なので、年賀はがきが余ったり、書き損じたり、急に不要になったり、間違えて買ってしまったりしても慌てないでください!手数料を払えば、場合によっては無料で、新しいはがきその他に交換してもらうことが可能ですよ! スポンサーリンク 余った年賀はがきの有効活用法はまだあります! 郵便局に行くのが面倒くさい、忙しくて行けないという方は、余った年賀はがきで懸賞に応募してはいかがでしょう?ダメでもともと、当たればラッキーくらいの気持ちでぜひ! また、当たると言えば、年賀はがきにはお年玉くじが付いていますよね?交換してもらうにしろ、年賀状として以外で投函するにしろ、お年玉くじが当たっているか確認してからでも遅くないですよ!もしかしたら、とんでもないものが当たっているかも…? そして、どうせならお金にした~い!という方は、金券ショップに持ち込むという手もあります。 ただし、年賀はがきそのものを持って行っても安く買い叩かれるので、一度郵便局ではがきや切手に交換してもらい、それを金券ショップに持って行きます。 はがきの値段よりは安くなりますが、それでもはがき購入代の何割かを取り戻すことができますよ! さらに、書き損じはがきや未使用のはがきを寄付金にする活動をしている団体もあります。 集めたはがきを郵便局で切手にし、金券ショップで換金し、それを国際協力活動への寄付金にするのだそうです。 郵便局にも金券ショップにも行くヒマが無いけど、余った年賀はがきをなんとか活用したい!という方、寄付はいかがでしょう?こういう活動をしている団体に送るだけで、同じ地球に住むどこかの誰かを助けることができるかもしれません。 最後に 余った年賀はがきには、使用期限はとくにありません。 郵便局に持って行けば、1枚5円の手数料で、普通のはがきや切手に交換してもらうことができます。 交換してもらう前に、お年玉くじのチェックを忘れずに!また、懸賞に応募するときに使ったり、寄付活動をしている団体に送ったりして活用する手もありますよ!.

次の

余った年賀はがきの使い道??交換・換金で有効活用♪♪

余った年賀状 有効活用法

スポンサーリンク 私としては、懸賞に応募することが一番得ではないかなーと思います。 というのも、新しいはがきなどに変えてもいいですが、5円の手数料がかかってしまい、少し損をしてしまうからです。 それに対して、懸賞などに応募するときには、余った年賀状をそのまま使うことができますので損はしてませんよね? はがきで懸賞などに応募するということがほとんどなかった人でも、もしかしたらこのはがきを使うことで何かが当たるかもしれませんので、その時は一石二鳥ですね! おそらく、年賀状用のはがきを使うのって縁起が悪いんじゃないの?と思われる方がいるかもしれませんが、そんなことはありません。 しかし、翌年に去年の余った年賀状を使うことはできませんので注意をしましょうね。 余った年賀状は、1枚からでも寄付することができます。 私は、ユニセフのほうに余った年賀状を寄付したことあります。 ちょっとした金額にしかなりませんが、その気持ちや行動が大切だと思います。 ユニセフに寄付したあとは、後日受け取ったという通知がきます。 ですから、現金にしたい場合は買取ショップで売ったほうがいいと思います。 買取ショップによっては金額の割合が異なりますので一概にはいえません。 ちょっと損はしてしまいますが、現金に変更できるならいいのではないかなと思います。 戻ってきた年賀状は活用できるの? 戻ってきた年賀状は、1回郵便局のほうで受付をして送ろうとしているため、使用扱いになります。 そのため、使用はがきと扱われ、余った年賀状とはなりません。 ですから、もう一度新しい年賀はがきを購入して送らなければいけません。 もし、相手の住所が変わっていて転居手続きを行っていた場合、その転居のほうに送ります。 しかし、年末の郵便局は忙しいですので、転居手続きのほうまで手がまわらず、宛先不明という扱いをしてしまう場合があります。 そのため、一度郵便局に確認を行ったほうがよいと思います。 まとめ 余った年賀状の使い道は様々ありますので、是非参考にしてみてください。 戻ってきた年賀状を活用することはできませんが、郵便局に確認にいったほうがよいかと思います。

次の

【余った年賀状の有効活用法!】

余った年賀状 有効活用法

毎年、年賀状を多く買いすぎて余ってしまう 数多くの年賀状を毎年書くという人は、 準備する枚数も大量になってきますよね? また書き損じたときのことを考えて、 何十枚か余分に買っているという人もいます。 予想に反して、たくさん未使用の年賀状が余ってしまったら どうしたらいいのでしょうか? 余った年賀状はどうすればいい? 実は使っていない年賀状は、色々な方法で交換したり 使ったりする事ができます。 いつも「どうしよう・・・」と悩んでいる人は、 こんな方法がありますよ。 手数料を払えば、切手や郵便はがきに交換可能 未使用に限り年賀状は、 1枚に付き5円の手数料を払えば 切手や郵便はがきに交換する事ができます。 これは、その年の年賀状だけでなく 過去の年賀状はがきでも大丈夫です。 郵便書簡、エクスパックにも交換可能 はがきや切手に交換できるだけじゃなく、 郵便書簡やエクスパックにも交換する事ができますよ。 メルカリやラクマ、ヤフオクといった フリマアプリで出品している人は、こういったものにも 年賀状が余ったら交換する事ができます。 最近は、ネットで応募することが多いので、 はがきを使った方法は穴場かも? 買取ショップへ持っていく 金券ショップに行くと、余った年賀状を買い取ってくれます。 ただし、全ての金券ショップや買取ショップで買い取りができるとは 限らないので、事前に確認してからの方が安心です。 買取価格の相場は、だいたい販売価格の90%程度 100%ではありません。 また買取相場は、お店によって違うので 何件か回ってみるといいですよ。 国際貢献活動資金に寄付する 他には、に年賀状を寄付する方法があります。 未使用の年賀状はがきや書き損じたはがきの回収を行っています。 郵便局で切手シートに交換してから、専門業者で換金後、 恵まれない子供がいる国々へと災害対策や教育資金として送られています。 参照元: 他にも生協やコープで、定期的に未使用のはがきや書き損じのはがきを 回収している活動もあります。 よく知らないところへ送るのは不安という人は、 こういった形で慈善活動をする事ができますよ。 100枚を越える未使用の年賀はがきの場合、交換は損 郵便局で未使用の年賀状をはがきや切手に交換するときには 手数料が掛かります。 1枚辺り5円の手数料が掛かってしまうので、 100枚以上余っていると、交換するだけで500円のお金が掛かってしまいます。 100枚以上余っている場合は、交換するよりも買取りショップを利用したり、 懸賞に応募して消化した方がお金も掛からず損にはなりませんね。 年賀状はがきが交換できない場合はどんな状態? 年賀状が交換できる!とは言え、交換できない場合ももちろんあります。 それはどんな場合、状態のものなのでしょうか? 交換できない年賀状というのは 「宛先不明などで戻ってきた年賀状」 一見すると、年賀状は消印も押されていないし 「宛先不明で届けられませんでした」というスタンプが押してあるだけ。 これなら大丈夫?と思っていても、実は交換できません。 また、 宛先を書き換えてそのまま投函してもダメなんです。 目には見えなくても、消印のところに見えないインクで、 郵便局で仕分けられた時にバーコードが印刷されているので そのまま投函しても使用済み扱いで戻ってきます。 「宛先不明のため届けられませんでした」というスタンプを二重線で消します。 そしてその横に「再差出」と赤ペンで書いて投函します。 これが相手にも失礼にならないのでおすすめです。 同じはがきを使う場合も、けっこう手間が掛かるので それだったら新しいはがきに書いたほうが面倒じゃありません。 無料で余った年賀状を交換できる場合 年賀状を無料で新しいものと交換することができるのは 「身内の不幸で年賀状はがき・年賀切手が不要になった」場合です。 このケースのみ無料で交換する事ができます。 交換できる種類は、通常のはがき・往復はがき・郵便切手・レターパック スマートレター・郵便書簡 無料交換期間があるので注意しなくてはいけません。 服喪につき購入していた年賀状はがきが不要になった場合の 無料交換期間は、年賀状はがき・年賀切手の発売日から販売期間終了日までです。 交換できる場所は、簡易の郵便局をのぞく全ての郵便窓口。 申請するには、服喪であることを申し出て、 郵便局に備え付けてある請求書に、住所・氏名・亡くなった人との続柄を 記入すればおわりです。 期間が短いので注意しましょうね。 まとめ いかがだったでしょうか? 今回は、余った未使用年賀はがきの活用法について ご紹介しました。 これで何枚か余ってしまっても、 使い道や活用法に悩むことは少なくすむのではないでしょうか? ぜひ参考にしてみてください.

次の