ジェネリックバイアグラ。 バイアグラジェネリック

【ED治療薬徹底比較】人気ランキング|先発薬・ジェネリック紹介|レビトラ徹底調査隊!

ジェネリックバイアグラ

シルデナフィル(バイアグラのジェネリック薬)について 1998年にファイザー社から発売されたED治療薬バイアグラ(一般名・シルデナフィルクエン酸塩)は医薬品としての成分特許が切れたため、 他の製薬会社によって同成分のジェネリック薬(後発薬)が発売されました。 ED治療薬の中でジェネリック薬がでるのはバイアグラが国内初となります。 レビトラやシアリスは特許が切れていないので、まだジェネリック薬はありません。 膨大な開発費用がかかった先発薬に比べ、後発薬であるジェネリック薬は製造コストを抑えられるため、低価格のバイアグラ後発薬が各製薬会社から発売され、2014年はED治療薬のジェネリック元年でした。 ジェネリック薬は先発薬と成分は同じでも形状や使い易さ等、各社工夫をこらしています。 当院では多数のジェネリック薬の中から厳選して東和製薬と富士化学工業とテバ製薬のシルデナフィルを採用しました。 ジェネリック薬のシェアは80%でバイアグラは20%、いまやバイアグラを含むシルデナフィルの主流はジェネリック薬です。 シルデナフィル「SN」シオノケミカル バイアグラのジェネリック薬 当院最安のシルデナフィル (バイアグラのジェネリック薬) 2019年10月1日 処方開始 シルデナフィルVI「SN」はバイアグラと同成分のジェネリック薬です。 「SN」は製造販売元のシオノケミカル株式会社を意味しています。 シルデナフィルVI「SN」の成分や効果はバイアグラと同等です。 富士化学のシルデナフィルはバイアグラに色も形もソックリなので人気がありますが、中にはバイアグラとはわからない錠剤がいいという方も少なくないのです。 パートナーに見られていて「なんの薬飲んだの?」と聞かれて、「ああ、胃薬だよ」と返答しても自然です。 当院ではジェネリックは3種扱っていますが、その中では最安値で提供できることになりました。 25mgと50mgを用意しました。 シルデナフィルファンの方は是非これもお試しください。 C 2019 Hideaki Murota, M. , Shinjuku West Clinic, Geneikai シルデナフィル「FCI」 富士化学 バイアグラのジェネリック薬 25mg 399円(税込) 50mg 795円(税込) シルデナフィルVI「FCI」の成分はバイアグラと同じで、薬品名のVI ブイアイ は、先発薬バイアグラ VIAGRA の頭文字を意味し「FCI」は発売元の富士化学工業の略です。 錠剤にもFCIのマークが刻印されています。 富士化学工業のシルデナフィルVI「FCI」は写真のように色や形がファイザー社のバイアグラにたいへん似ており、根強いバイアグラファンにも使いなれた安心感のある錠剤となっています。 安くてバイアグラにソックリなので人気があります。 特徴は水なしで飲める OD錠 口腔内崩壊錠 で、味もコーヒー風味とレモン風味の2種類があります。 錠剤の中央に浅いスリット(割線)が入っていて、半分の25mgで飲みたい場合にも指で簡単に割れるよう工夫されています。 形状がバイアグラとまったく違うジェネリック薬を希望される方にはお勧めします。 水なしで飲めるというのが好評で、中でもレモン風味に人気があります。 ED治療薬の中でもレビトラやシアリスには見向きもしないバイアグラ一筋というような根強いファンの方も多いのですが、ジェネリック薬のシルデナフィルは種類も多く値段も下がって、使い易さなどの選択枝が増えたことはユーザーにとってはたいへんなメリットといえるでしょう。 当院で取り扱っていないシルデナフィル シルデナフィル錠25mgVI「テバ」 シルデナフィル錠50mgVI「テバ」 シルデナフィル錠25mgVI「キッセイ」 シルデナフィル錠50mgVI「キッセイ」 シルデナフィル錠25mgVI「DK」 シルデナフィル錠50mgVI「DK」 シルデナフィル錠50mgVI「あすか」 シルデナフィル錠50mgVI「YD」 国内未承認のバイアグラジェネリック 上記に記載がないバイアグラジェネリックはすべて未承認薬です。 ご注意下さい。 例)カマグラ、カマグラゴールド、マネグラ、バイスマ、センフォース、ゼネグラ、エリアクタ、 スハグラ、カベルタ、フィルデナ・チュアブル、パラディグラ、シデグラ、オーログラ、ベガなど。 安売りクリニックのビニール入り国内未承認の輸入薬にご注意! 国内未承認薬は重い副作用がでても医薬品副作用救済制度が適応されません。 当院の処方薬はすべて国内正規品で日本語のシートに入っています。 ED,AGA関連ページ•

次の

バイアグラは薬局でも買える?オンラインの簡単ネット注文

ジェネリックバイアグラ

ED治療薬について ED治療薬とは勃起不全に使われる薬ということは皆さんご存知かと思いますが、ではどんな作用が起こっているかをご説明します。 勃起をしない状態では酵素 PDE5が働いているのですが、その働きを食い止めて、血管を拡張する サイクリックGMPの働きを強めることによって、勃起を強めることができます。 ED治療薬は一時的に勃起力を高めるものであり、根本的に治療するものではありませんので、病院で診察・処方された場合は様子を見ながら原因を調べつつ治療していくことになります。 また、精神的な原因からEDとなっている方には精神安定剤との併用も行ってます。 ED治療薬の歴史を辿ると、元々は狭心症の治療薬として開発されました。 しかしながら、治験で狭心症の薬としての効果が見られず、治験者には 陰茎の勃起を促進する作用が確認されの誕生となりました。 後々、ドイツ開発のや米国で誕生のと、今では 三種類のED治療薬があり タイミングや体質に合った薬を選ぶことが可能になりました。 それぞれ作用時間や効き具合、副作用、併用できる薬などが違うので、どのED治療薬が一番優れているのかは一概に言えません。 ご自身の体質や目的に合ったED治療薬を服用しましょう。 ED治療薬の有効性 ED治療薬は 約90%の有効性があると、非常に高い水準で解消されていると言われております。 健康状態が良い70歳の方が服用した時の感想で「現役10代の時のように力強く張りのある勃起に感動した!」と話しておりました。 治療薬には 使い方が重要です。 服用タイミングや摂取量を適切にすることで改善効果にも差がでますので、それぞれの薬の服用方法や注意点は必ず確認することが重要です。 安全性 ED治療薬を服用したら「一日中勃起状態になるのでは?」「違法ドラッグのように依存してしまうのでは?」などの声が上がっておりますがこちらは問題ありません。 ED治療薬は 血管を拡張することで血流を活性化させ、 性器に血が集まり易くすることで力強い勃起になりますが、強制的に勃起させるわけではありません。 あくまでも脳内で興奮状態になった際に勃起しますので普段の勃起の感覚と何も変わりありません。 ただ、勃起した時の 力強さと 持続性がパワーアップするということです。 依存性についてもほとんどなく、使用タイミングはご自身でお決めになれるので携帯して持たれている方が多くいます。 薬にも種類があり、それぞれに用量用法がありますので服用する際は十分に注意する必要があります。 ED治療薬の種類 日本ではED治療薬といえば バイアグラと認知されている方はとても多いかと思われます。 近年では レビトラ・シアリスなども認知が広まり、クリニックや専門医で処方されている方が増えております。 ただ、診察に出向く手間と1錠あたりの値段が1,500~2,500円と高値ということがネックになっている方もいます。 そういった方は ジェネリック医薬品を購入されているそうです。 代表的なED治療薬のジェネリックは(バイアグラジェネリック)、(レビトラジェネリック)、(シアリスジェネリックがあります。 これらは日本では未承認薬品の為国内のクリニックなどでは処方されません。 海外で直接購入するか、インターネットで 個人輸入代行サイトから購入することができます。 その際には診察に行く手間も省けて処方せんも必要ありません。 安価なジェネリックを簡単に購入できるというメリットがあります。 作用機序 これまでの解説でED治療薬が勃起の手助けをしてくれる効果があると理解できたかと思います。 ここからは更に詳しく解説いたします。 勃起をしていない通常時では、PDE5(ホスホジステラーゼタイプ5)という酵素が活発に動いていることで勃起を妨げています。 その理由は、勃起に必要なサイクリックGMPという酵素をPDE5が分解してしまうからです。 サイクリックGMPは血管を膨張させ血流を良くする作用があり、勃起には必要不可欠な酵素になります。 ED(勃起不全)の方はPDE5が活発で、強くサイクリックGMPを分解していることが原因で勃起がなかなかできない状態になっています。 ED治療薬の バイアグラ、シアリス、レビトラや カマグラゴールド、ビダリスタ、バリフにはサイクリックGMPを分解してしまうPDE5を阻害する作用がありますので、服用すると 力強い勃起が実現できるというになっています。 副作用について 目の充血や 顔のほてり、 頭痛や 鼻詰まり、 動悸といった副作用が代表的に上がっております。 他にも稀に消化不良や筋痛、四肢痛なども報告があります。 バイアグラと聞くと、過去に死亡事件や健康被害が報告されたことがあり、危険な薬という印象をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。 そういった事件や被害の原因には用法用量を無視した過剰摂取や、入手経路が不確かで正規ではない治療薬を服用したことがあります。 正規のED治療薬では多少の副作用はありますが、いずれも一時的かつ軽度のものなので、危険性は非常に低いとされています。 ただし、もともと持病があって別の薬を飲んでいたり、特に高血圧などの血管に病気を持っている方やニトログリセリンなどの併用禁忌薬を服用している方は注意が必要なので、医師への相談の上で服用されることをお勧めします。 作用時間 バイアグラや カマグラゴールドは 空腹後30分程度で作用します。 力強い勃起力がありますが、食事と併用すると効果が半減してしまうので、食事をしたときは2時間ほど経ってから服用しましょう。 その場合は1時間ほどで作用します。 また、食後服用の場合、あっさりしたものを腹7分目程度に抑えましょう。 レビトラや バリフの場合は水に溶けやすい性質を持っているので バイアグラよりも 早く効き、空腹時は 20分程度で作用します。 また、レビトラは 食事の影響をバイアグラと比べて 受けづらい特徴があります。 メーカー指示によると、700kcal以内でその脂肪の割合が30%以内であれば良いそうです。 シアリスや ビダリスタは服用から3時間で作用します。 こちらも 食事の影響を受けづらく、メーカー発表では800kcalまでであれば大丈夫とされています。 レビトラやレビスマは700kcal、シリアスやシアスマは800kcalまで大丈夫と言われていますが、やはり 空腹での服用が一番効果を発揮できるのは確かです。 せっかくの治療薬とその機会の為に、出来る限りお腹一杯での服用は避けるように調整してみましょう。

次の

バイアグラジェネリックについて

ジェネリックバイアグラ

ジェネリックバイアグラを選ぶ理由 バイアグラのジェネリックとは文字通り バイアグラと同じ成分が含まれており、バイアグラと同じ ED改善の 効果が期待出来る 後発医薬品です。 ファイザー製で安心安全なバイアグラや、レビトラやシアリスなども選択肢は多くあるにもかかわらず、多くの男性がバイアグラのジェネリックを選んでいます。 なぜでしょうか。 バイアグラのジェネリックが好まれる4つの理由を紹介します。 理由1. バイアグラの圧倒的知名度 まずは、レビトラやシアリスではなく バイアグラを選ぶ男性が多い理由をみていきましょう。 実のところバイアグラよりも効果の持続時間や安全性においてはシアリスの方が高いと言われています。 さらに即効性においてはレビトラの方が速く効きます。 にもかかわらず、多くの男性がバイアグラを利用する理由が 圧倒的な知名度です。 バイアグラはこれら3種類の ED治療薬の中で一番最初に開発販売されたED治療薬。 そのため知名度の高さだけではなく、数々の実験結果や副作用に関する調査も行われている事から、 まず最初にバイアグラを試してみるという人が多いのです。 バイアグラじゃないとイヤだという患者様もいらっしゃるようです。 理由2. 通販で購入できる場合がある 日本でバイアグラを手に入れるためには、 病院で処方してもらう必要があります。 しかし性の悩みを「第三者に相談するのは恥ずかしい」、「病院に行く時間がない」と考える人は非常に多いのです。 そんな男性のために、一部のバイアグラ ジェネリックは 通販で購入出来ます。 理由3. コスパが良い ジェネリック医薬品は、先発薬に比べて 圧倒的に安く購入することができます。 先発薬は薬の効用や安全性を確かめるために膨大な数の臨床実験が必要です。 その代わりに、発売後しばらくは特許で守られて専売することができるのですが、それでも 開発費用を回収するために値段を高く設定する必要があるのです。 一方で既に安全性や効用が証明されている成分を使うジェネリックの場合は、先発薬ほど開発費用がかからないため、商品価格を安く抑えることができるのです。 実際にファイザー製のバイアグラと比較すると、 ジェネリックのバイアグラは10分の1程度から購入出来ます。 理由4. ED以外の改善効果もある バイアグラジェネリックには、ファイザー製のバイアグラにはない特徴を持っているものもあります。 その1つが追加の効果です。 インド製のバイアグラジェネリックには、勃起力に悩む男性が一緒に悩みがちな 早漏を防止する効果がある医薬品を配合している製品もあります。 また、バイアグラの 持続時間の短さを補うためにシアリスの有効成分を配合しているジェネリックもあるのです。 ほかにも錠剤に味がついているものや、飲み込みやすいように喉を通りやすい形に加工しているものなど、創意工夫が見られるのもジェネリック医薬品の特徴です。 副作用を避けるための注意点と選び方 バイアグラのジェネリックは実は選ぶのが非常に難しいのです。 商品によって配合成分も効果も大きく異なります。 またジェネリック医薬品のほとんどはインド産です。 そのため不安要素が非常に多いのです。 自分に合ったバイアグラのジェネリックを 選ぶために重要な5つのポイントを紹介します。 選び方1. 会社の信頼性 バイアグラのジェネリックを選ぶ上で、製最も重要なポイントが 信頼性の高さです。 国産のジェネリックバイアグラであれば、医師から処方をしてもらうため心配はほとんどありません。 しかし通販で購入する場合は自分で信頼の出来る製品を探す必要があります。 基本的にジェネリックの多くはインド産で会社のHPは全て英語です。 会社のHP上では商品名ではなく、医薬品の名前で掲載されていることもあります。 重大な副作用が発生する可能性は低いとはいえ、劣悪な環境で生産されていることもあるため、注意する必要があります。 効果効能と目的 実はファイザー製のバイアグラと異なり、ジェネリックには様々な効果が追加されているものがあります。 例えば早漏防止効果です。 実は勃起力の低下に悩む人は、早漏にも悩む傾向があることがわかっています。 そのためバイアグラジェネリックの中には、と呼ばれる 早漏防止効果のある成分を配合した製品も存在するのです。 逆に 遅漏気味の男性であれば間違っても早漏防止効果のあるバイアグラジェネリックを 飲んではいけません。 射精困難や性欲低下の副作用が発生してしまう事があるのです。 選び方3. コスパの良さ バイアグラのジェネリックを選ぶ 一番の理由は値段です。 国産であればファイザー製バイアグラの50〜70%程度、 インド産の最も安いジェネリックであれば 10分の1で購入できます。 基本的な 有効成分は同じなので値段と効果に関連性はありません。 しかし当然国産のバイアグラジェネリックはインド産よりも 安心して利用出来ると感じる人が多いため、値段は高くなるのです。 また国産の場合は基本的には通販では購入が出来ないのも特徴です。 選び方4. 口コミや感想 通販サイトに記載がある内容だけでは、一般的な効果効能は知ることができても 実際に効くのかどうか、 副作用はあるのかどうかなどはわかりません。 そこで頼りになるのが、 実際の利用者からの口コミです。 それらも参考にして、効果が期待できそうで副作用の口コミが少ないものを選ぶのがおすすめです。 選び方5. 入手方法 バイアグラのジェネリックを選ぶ時に、意外と重要になるのが買いやすさです。 実はジェネリックだからといって 全てが通販で購入できるわけではないのです。 通販で購入できるのはインド産のジェネリックバイアグラのみです。 インド産のバイアグラジェネリックが通販で購入出来る理由は人気があるにもかかわらず日本では認可されていないため、 個人輸入代行サイトがたくさん存在するからです。 一方で日本で認可された 国産のバイアグラジェネリックは病院で処方してもらう必要があります。 おすすめランキングTOP10 それでは早速、信頼性、効果効能と目的、コスパ、口コミ、入手方法の5つのポイントを基に、おすすめのバイアグラジェネリックを10種類ご紹介します。 配合成分や効果効能が同じである場合は、利用者の口コミを基にランキング付けをしています。 10位. シルダリスト|インド産 シルダリストの特徴 製造会社 ダラム社 (Dharam Ltd. バイアグラの有効成分であるシルデナフィルの特徴である ピーク時の効果の強さと、シアリスの有効成分であるタダラフィルの 効果持続時間の長さを組み合わせて、長時間・強力に勃起力をサポートする作用があります。 喉を通りやすいように長細い錠剤になっています。 錠剤は真っ赤なので、抵抗を感じる人がいるかもしれません。 利用者からの口コミでは、効果が強すぎて副作用を感じたという内容や、シルダリストを飲むのであれば、「シアリスだけでいい」か「バイアグラだけでいい」という口コミが多いようです。 製造を行っているのはインドのムンバイを拠点にする ダラム社。 ED治療薬のほかにも 200以上のジェネリック医薬品を製造している信頼のおける会社と言えるでしょう。 バイアグラの特徴である食事の影響や持続時間の短さを面倒に感じる男性にはおすすめのED治療薬です。 バイスマ|インド産 バイスマの特徴 製造会社 スマート社 (Smart Ltd. スマート社の 歴史は比較的浅く2013年の創業です。 懸念点の一つは開発会社の 企業公式ホームページすら見つからない点です。 少し信頼性に欠ける気もしますが、実際のところ 利用者の口コミは高評価なものが多いのです。 バイスマの最大の特徴は、インド産バイアグラジェネリックでは 唯一の日本語表記のパッケージを用意している点です。 箱に「シルデナフィル錠」、「バイスマ」と日本語で書かれているだけでなんとなく安心出来ます。 英語が苦手で誤った製品を注文したくない方にはおすすめです。 スーパーPフォース|インド産 スーパーPフォースの特徴 製造会社 サンライズレメディーズ社 (Sunrise Remedies Inc. バイアグラの成分であるシルデナフィルに加え、過度の興奮による 早漏を防ぐ作用があるダポキセチンを含んでいます。 逆に早漏に悩みを抱えていない男性がスーパーPフォースを飲むと、膣内射精障害や極度の遅漏になってしまうこともあるので、注意してください。 単純に 勃起力だけを改善したい男性にはおすすめ出来ません。 製造販売はインドのサンライズレメディーズ社が行っています。 スーパーPフォースの他にも、シアリスのジェネリック「」や「」、「」を製造しています。 正規品のバイアグラと比較すると、最安で8分の1程度の値段で購入できるのも魅力的なポイントの1つです。 ゼネグラ|インド産 バイスマの特徴 製造会社 アルケムラボラトリーズ社 (Alkem laboratories Ltd. インド産ではありますが、 信頼性の高い製品と言えます。 バイアグラと比較して圧倒的に安く抑えることができる事と、個人輸入を代行してくれる通販サイトであれば、たいていどこでも取扱があるため、気に入った場合は 継続しやすいのがゼネグラの特徴です。 また 早漏防止効果もないため、シンプルに ED治療薬を探している場合におすすめ出来ます。 最安の通販サイトで購入すれば、一粒120円程度で購入できる点もゼネグラのうれしいポイントです。 先発薬のバイアグラが一粒1500円程度することを考えると、10分の1以下で購入できるのです。 センフォース|インド産 センフォースの特徴 製造会社 センチュリオンレメディーズ社 (Centurion Remedies Pvt Ltd. 値段は最安で一粒当り約80円程度です。 100mgタイプなので4分の1にカットして使用すると、 一回わずか20円で使うことができます。 ちなみに日本人の体には100mgは強すぎる場合があるのでピルカッターでカットするのがおすすめです。 製造を行っているのは、 インドのセンチュリオンレメディーズ社です。 1986年に創業し、ED治療薬のほか、マラリアの薬や糖尿病の薬のジェネリックを製造販売しています。 インド産ですが 比較的企業の信頼性も高いようです。 カマグラ|インド産 カマグラの特徴 製造会社 アジャンタファーマ社 (Ajanta Pharma Ltd. 製造を行っているのはアジャンタファーマ社。 早漏防止効果を追加したスーパーカマグラの製造も行っている インドの超大手製薬会社です。 形状はファイザーが製造するバイアグラと似ており、菱形をしていますが、色は青緑色であるため並べていても違いはわかるようになっています。 大手の有名な製薬会社が作っている薬というと値段が高いイメージがありますが、カマグラは 比較的良心的な価格で購入できます。 最安では一錠100円ほど。 カットして使えば25円程度で服用できます。 通販で購入するバイアグラのジェネリック医薬品で迷ったら、カマグラを購入しておけば大きく外す可能性は低いでしょう。 日本国内で認可されている医薬品であり、日本国内で製造されている高い 信頼性と安心感があります。 ファイザー製のバイアグラはもちろん、ほかの国産のジェネリックよりも安く処方してもらうことができるのもFCIを選ぶ理由でしょう。 しかしインド産のバイアグラジェネリックとは異なり、 通販での入手は出来ません。 FCIを入手する場合は国内の取扱がある病院で処方してもらう必要があるので、少し敷居は高めですね。 とはいえ、「海外の医薬品は怖い」と感じる方にはおすすめ出来る 信頼性のあるED治療薬です。 スーパーカマグラ|インド産 カマグラの特徴 製造会社 アジャンタファーマ社 (Ajanta Pharma Ltd. 勃起力の向上効果と早漏防止効果が期待できます。 EDと早漏の両方の治療薬としてはランキング1位です。 製造はインドの首都ムンバイに拠点を置くジェネリック医薬品専門の製薬会社「アジャンタファーマ社」です。 シプラ社と同様に1935年に創業しており、信頼性は インド国内ではバツグンの製薬会社と言えます。 「ED治療の薬と早漏防止の薬を混ぜても大丈夫なの?」と不安に思う人もいるかもしれませんが、トルコで行われた研究では全く問題がない事が確認されています。 ただしダポキセチンは日本では未認可の医薬品です。 日本の医師に質問してもわからないかもしれないので、ご自身でしっかりと理解した上で使用するようにしてくださいね。 スハグラ|インド産 スハグラの特徴 製造会社 シプラ社 (Cipla Inc. 日本以外でも多くの国で愛用されている 世界的に有名なバイアグラのジェネリックであり、形や色もファイザー製のバイアグラに似た菱形をしています。 スハグラの特徴は、 信頼性が高い会社が製造販売を行っていることでしょう。 シプラ社の創業は1935年。 なんと第二次世界大戦よりも前に事業を開始して、今日まで成長を続けています。 インドから医薬品を購入すると考えると、なんとなく不安な気持ちになるかもしれませんが、 創業85年の会社が作っていると聞くと少し安心できますね。 格安で購入できるインド製バイアグラジェネリックの中では、値段と製造会社のバランスが最も取れているため、おすすめの製品です。 ただし、認知度が高いからこそ偽物の可能性も低くないため、服用するときには注意してください。 国内の病院が取り扱うジェネリック医薬品の中では最も一般的な薬で、実際にED治療専門病院の浜松第一クリニックでも処方されています。 トーワ最大の特徴は飲みやすさです。 バイアグラはジェネリックを含めて、服用時は基本的にぬるま湯で飲み込む必要がありますが、トーワは 口の中で溶けるタイプのバイアグラです。 そのため 水が必要ありません。 また、薬特有の苦みを軽減するために、 コーヒー味とレモン味の2種類を用意しています。 国産のジェネリックなので 通販では購入出来ませんが、 厚生労働省から承認を受けており、 信頼性の高さがポイントです。 ED治療薬のジェネリックはほかにも バイアグラが選ばれる理由は圧倒的な知名度と、これまでに使ったことがある人が多いことから来る安心感です。 即効性や効果の持続時間の長さを考えると、レビトラやシアリスの方がメリットが大きいのが正直なところ。 STERONでは、レビトラとシアリスのジェネリック医薬品のランキングもつけているので参考にしてください。 最後にいきなりですが、 バイアグラは根本的な解決にはなりません。 確かにバイアグラやシアリス、レビトラやそれらのジェネリック医薬品は服用後一時的に、 PDE5と呼ばれる酵素の働きを妨げ、血流を促進し、 勃起し易い状態を作りだす効果があります。 しかし 効果発揮はあくまで薬を飲んだ時だけです。 20代の頃のように常にムラムラし、直ぐに勃起するような 精力に溢れる体質を根本から取り戻すにはの分泌量と血液の循環機能を改善する事が唯一の方法です。 バイアグラはあくまで一時的な血管拡張剤であり、 精力剤ではないのです。 若い頃のギラギラの 精力を根本から取り戻す事を目的に開発されたのが 精力剤です。 精力の源であるテストステロンの分泌を促進する亜鉛やマカに、勃起力を促進するアルギニンやランペップ等を配合した男性向けサプリです。 ちなみに個人的な一番のおすすめは 現役医師が開発した「ペプチア」です。 ペプチアは92. 5%の男性のEDを改善したアルギニンとフランス松樹皮エキスの組み合わせや 勃起持続力が確認されている特許成分ランペップを採用した精力剤ランキング1位の製品です。 どうしても失敗出来ない夜に一時的にバイアグラを利用するのは良いですが、並行して 根本から悩みを解決するために取り組む事が大切ですよ。

次の