ご査収ください。 「ご一読ください」という敬語の正しい使い方〜ご査収ください、ご確認なさってください〜

「ご査収ください」とは?上司へ使える敬語?メールでの使い方や返事の仕方・英語表現まで徹底解説

ご査収ください

ご質問ありがとうございます。 "Please find the attached file for your review. " 「添付の資料をご査収ください。 」 * Please find: ご査収ください * the attached: 添付の * file: 資料 * for your review: ご検討ください "Please find enclosed the document for our proposed plan. " 「私たちの計画案についての書類を同封致しましたのでご査収ください。 」 * the enclosed: 同封の * document: 書類 * proposed plan: 計画案 "Attached please find the revised invoice for your payment. " 「訂正済みのご請求書を添付致しましたのでご査収ください。 」 * revised: 訂正、修正された * invoice: 請求書 * for your payment: 支払いの ここでは「お支払いに必要な」というニュアンスで使っています。 ビジネスシーンでよく使われる一般的な表現なので、使い方も様々です。 ご参考になれば幸いです。

次の

「ご査収」の意味と正しい使い方は?「ご確認」との違いや類語も

ご査収ください

ご査収の使い方 ご査収を使うべき場面 「ご査収」は、下記のように資料やデータを相手にしっかり確認してほしいときに使います。 ・添付ファイルを送ったとき ・確認してほしいデータを送ったとき ・履歴書を送ったとき 確認してほしい書類やファイルがないのに文末に「ご査収ください」と入れていると、「なにを確認すればいいんだろう?」と相手を困惑させてしまいます。 闇雲に使う言葉ではないということを抑えておいてください。 また、ビジネスメールで使う表現には、送る相手や状況によって使えないときがあります。 間違えやすい表現が下記の記事にまとめられています。 「自分が間違った使い方をしているかも?」と不安に思う方はぜひチェックしてみてください。 参考: ご査収くださいと似ている表現 ご査収くださいと混同しやすい表現を紹介します。 それぞれの意味を理解して、使い分けていきましょう。 「ご確認ください」 繰り返しになりますが、「ご査収ください」は調べる必要があるときに使うので、何も調べるものがないときや添付ファイルがないときには使いません。 例えばメールの文面をただ確認してもらいたい場合だけでしたら、「ご査収ください」よりも「ご確認ください」の方が適切でしょう。 「ご確認ください」は、「ご査収ください」よりもさまざまな場面で広く使える言葉です。 例えば、「資料をお送りしましたので、よろしくご査収ください」を「資料をお送りしましたので、ご確認ください」と言い換えることもできます。 一方「ご査収ください」が使えるのは、書類やデータを送ったときだけと覚えておくといいでしょう。 「ご査証ください」 もう一つ「ご査収ください」との違いがわかりにくい表現に、「ご査証ください」があります。 「査」は調べる、「証」は証明する意味をさします。 「ご査証ください」とは、調べて証明してくださいということです。 「ご査証ください」という表現ではなく、「査証」というビザを意味する言葉として知っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 調べてさらにそれを証明することをさしているので、ビジネスシーンで使われる頻度は「ご確認ください」や「ご査収ください」よりも低くなります。 参考: ご査収くださいを使うときに気をつけるポイント ご査収くださいと書類やファイルを送るときに気をつけるべきポイントを紹介します。 確認してほしいポイントを記載する ご査収くださいという表現と添付ファイルだけでは、確認するべき箇所がわかりにくく、受け取った側の負担になります。 送った側と受け取った側で確認したポイントが違うと、思ったように話が進まずに二度手間になってしまうかもしれません。 ご査収くださいと記載する場合は、「添付ファイル8 ページの12行目」のように確認してほしいポイントを記載しましょう。 間違ったファイルを送っていないか確認する 間違ったファイルを添付してしまうと、もう一度正しいファイルを送らなければならず相手にとっても手間になります。 また、社内の機密情報がまとめられた資料など本来なら限られた人しか見られないものを送ってしまい、情報漏洩につながります。 注意しましょう。 ファイルの種類を確認する 添付したファイルを開くためのソフトを、相手が使っているとは限りません。 一般的に利用されているMicrosoftのOfficeツールであっても、Mac ユーザーでソフトをインストールしていなければ利用できません。 可能であれば、ファイルを送る相手に事前に確認しましょう。 確認が難しい場合には、PDFファイルや テキストファイルのような、環境に左右されずに閲覧できるファイルに変換したほうが親切でしょう。 ファイルのサイズを確認する 添付ファイルの容量が大きすぎると、ファイルを開く相手の環境によっては開けないことがあります。 開けたとしても容量を大幅に使ってしまうと負担になってしまいます。 相手に確認するか、Zipファイルを使って圧縮し受け取りやすいようにしましょう。 添付ファイルが安全か確認する 気づかないうちに、ファイルがウイルスに感染していることがあります。 ウイルスに感染したファイルを送ってしまうと、相手に大きな迷惑をかけてしまいます。 ウイルスに感染していないかチェックできるツールなどを利用して、安全だと確認してから相手に送りましょう。 上記のポイントをもとに文面や内容をもう一度確認してから、ファイルや書類を送りましょう。 参考: 意味を理解して「ご査収」を使おう ご査収を使うときは、使うシチュエーションを理解した上で使いましょう。 メールを送る側と受け取る側で、「ご査収」の意味の理解が違うこともあります。 意味の齟齬を防ぐために、ご査収を他の言葉に置き換える方法も、覚えておくといいでしょう。 ビジネスで送るメールの書き方を習得して、相手を混乱させずスムーズなやりとりを目指しましょう。 この記事を読んだ方にオススメ ページ 印刷物のカタログやパンフレットは、通常複数のページから成り立っています。 インターネットのホームページもまったく同じで、テーマや内容ごとにそれぞれの画面が作られています。 この画面のことを、インターネットでも「ページ」と呼んでいます。 ホームページは、多くの場合、複数ページから成り立っています。

次の

「ご査収ください」の意味と読み方とは

ご査収ください

ご査収くださいの意味と読み方 「ご査収ください。 」 ビジネス用語として定着している言葉です。 会話よりもメールで使われることが多く、 添付ファイルがいっしょにあることも多いです。 意味を知らずに使うと危険なので、正確に知っておきましょう。 <ご査収の読み方> これは、 「 ごさしゅう」 と読みます。 <ご査収くださいの意味とは> これは、 「よく確認して受け取ってください」 という意味です。 メールや書類などに資料を添付し、「ご査収ください」とする使い方が多いです。 「確認の上、受け取ってください。 」という意味になります。 具体的に言えば、「ちゃんと中身を見て、問題ないことを確認してから正式に受け取ってね!」です。 そうでも書かないと、何も見ず受け取られて、後から文句や指摘が出ます。 絶対に確認してほしい場合に使う言葉なので、 確認が必要ないときには使ってはいけません。 「よく考えてください」という意味で使うのは間違いです。 漢字の意味を解説します。 「査」は「調べる」という意味の漢字です。 本来は「バラ科のボケ属」の木を表わす漢字。 それが「いかだ」や「調べる」という意味でも使われたもので、由来は不明。 トゲだらけの木なので、「よく見て扱う」という意味で使われたのかもしれない。 「収」は「おさめる」という意味の漢字。 字源は「縄を巻きつけて締める」という意味の漢字。 全てを束ねて収める意味となります。 二つを合わせると、 「よく調べておさめる」という意味になる。 受け取ったということは、責任持って合格としたという意味でもある。 あとから文句を言うのは筋違い。 そのための「ご査収ください」なので、気を付けよう。 <ご査収の使い方> ・資料を送付いたしましたので、ご査収願います。 ・ご査収の上、ご返事ください。 ・このような内容でよろしいでしょうか?ご査収願います。 以上、ご査収くださいの意味でした。 通じなかったり勘違いされるといろいろ面倒なので、 「合否を連絡して」などと具合的な言葉で言い換えるのが無難ではあります。 -- 前: 次:.

次の