おお くぼみ よ。 2019(平成31)年用年賀葉書及び寄附金付お年玉付年賀切手当せん番号の決定

料金案内

おお くぼみ よ

神西の岩坪は、出雲市神西町を流れる十間川水系岩坪川の河床にある甌穴群です。 岩坪の周囲の河床は平坦で滑らかな岩盤です。 「出雲国風土記」では神西町一帯は「滑磐石哉(滑らかな岩である)」ことから「滑狭郷」という地名になったとされ、岩坪周辺がこの岩だと言われています。 また、岩坪には甌穴の砂を掘り出して雨乞い神事を行う風習が伝わり、伝承や信仰の対象として地域で大切に守られています。 岩坪付近の平滑な岩盤に大小5穴の甌穴があり、大きなものは長径約2. 5m、深さ約1. 4mに達します。 滑らかな岩盤に大型の甌穴が並ぶ様子は独特で、目をひきます。 自然地形が地域の歴史文化と関わりを持つことが評価されて、出雲市の天然記念物に指定されています。 甌穴は水流による浸食作用で形成される微地形のひとつで、河川や海岸で認められます。 岩盤のくぼみに入り込んだ砂礫が水流によって転がりながら、くぼみを削り広げることで穴が拡大して形成されます。 島根県では、奥出雲町を流れる馬木川の渓谷「鬼の舌震」の甌穴群がよく知られています。 岩坪の岩盤は、新第三紀中新世の礫岩層です。 年代的には約1500万〜1300万年前頃の地層です。 この礫層は、直径1〜10cm程度の硬質な火山岩の円礫〜角礫を含み、直径20cmを超えるものも含まれます。 礫と礫の隙間を埋める細粒分は、地表である程度風化しており軟質で、もろく浸食されやすい状態です。 そのことが甌穴の拡大を促したと考えられます。 岩坪川は平常時の流量が少なく、平滑な河床の上を緩やかに流れる程度で、甌穴に流入する河川水はわずかのため、甌穴内の礫が動く機会は少ないと推定されます。 それでいて大型の甌穴が形成されたのは、岩質が大きく関わっているのでしょう。

次の

センチコガネは美しすぎる糞虫。オオセンチコガネとの見分け方も紹介

おお くぼみ よ

オオルリの生態など 春先になると、渓流の所々でオオルリの鳴き声が聞こえます。 野鳥撮影を始めて最初にオオルリを撮った頃、鳴き声も聞き分けられず、そんなに頻繁にオオルリの姿は見えませんでした。 見えても、高い木の枝の葉の陰に隠れて、見にくかったものです。 ある年、岐阜県の飛騨へ行った時、ちょうどオオルリのオスが渡って来た所だったらしく、何羽もまとまって近くで見ることが出来ました。 夢中でシヤッターを切ったのですが、余り良い写真が撮れず、又次の日撮ろうと朝早くから行ったのですが、もう、一羽も居ずガッカリしたものです。 その後、御嶽山に行った時、目の前の低い木に何羽かのオオルリが止まってじっとしていてくれてアップ写真が撮れました。 オオルリは、スズメ目ヒタキ科の鳥で全長約16 cm。 日本には4月中ごろから夏鳥として日本にやって来ます。 メスは薄茶色の目立たない色ですが、オスは綺麗な瑠璃色、額から喉、胸は紺色、腹は白、頭頂部は水色が買ったブルーと野鳥に関心を持ち始めた人なら最も見たいと思うだろう青い鳥のひとつです。 雄の幼鳥は頭部はメスのようで体は雄のように青くなります。 鳴き声は日本三鳴鳥のひとつで綺麗な声で囀ります。 縄張りを持ち渓流沿いに生息し岩壁のくぼみなどに巣を造ります。 オオルリの写真撮影方法 渡りはまず、オスの群れが渡ってきて、そのあとメスの群れが渡って来ます。 その時に出食わしたら仕事を休んででも撮影に行くことをおすすめします。 また、今度なんて思ってたらオオルリは居なくなります。 (笑) このタイミングに当たるとオスが沢山居るだけでなく、止まる木が低いです。 地面にも良く降ります。 縄張りを持って落ち着いてしまうと木のてっぺんで囀りなかなか降りて来ないので撮影し難くなります。 オオルリは木が強い鳥なのか威嚇するように目の前に飛んで来ることがありましたので撮影には距離がありすぎると油断しないで準備しておかないといけません。 秋の渡りの時期にも木の実を食べに低い木にも来ますので狙い目です。 あと渓流沿いで水浴びにきてるのか低いところに来ていることがあります。 AFボーグ71FL PENTAX K-3 BORG 89ED PENTAX K-3 AFボーグ71FL PENTAX K-3.

次の

料金案内

おお くぼみ よ

神西の岩坪は、出雲市神西町を流れる十間川水系岩坪川の河床にある甌穴群です。 岩坪の周囲の河床は平坦で滑らかな岩盤です。 「出雲国風土記」では神西町一帯は「滑磐石哉(滑らかな岩である)」ことから「滑狭郷」という地名になったとされ、岩坪周辺がこの岩だと言われています。 また、岩坪には甌穴の砂を掘り出して雨乞い神事を行う風習が伝わり、伝承や信仰の対象として地域で大切に守られています。 岩坪付近の平滑な岩盤に大小5穴の甌穴があり、大きなものは長径約2. 5m、深さ約1. 4mに達します。 滑らかな岩盤に大型の甌穴が並ぶ様子は独特で、目をひきます。 自然地形が地域の歴史文化と関わりを持つことが評価されて、出雲市の天然記念物に指定されています。 甌穴は水流による浸食作用で形成される微地形のひとつで、河川や海岸で認められます。 岩盤のくぼみに入り込んだ砂礫が水流によって転がりながら、くぼみを削り広げることで穴が拡大して形成されます。 島根県では、奥出雲町を流れる馬木川の渓谷「鬼の舌震」の甌穴群がよく知られています。 岩坪の岩盤は、新第三紀中新世の礫岩層です。 年代的には約1500万〜1300万年前頃の地層です。 この礫層は、直径1〜10cm程度の硬質な火山岩の円礫〜角礫を含み、直径20cmを超えるものも含まれます。 礫と礫の隙間を埋める細粒分は、地表である程度風化しており軟質で、もろく浸食されやすい状態です。 そのことが甌穴の拡大を促したと考えられます。 岩坪川は平常時の流量が少なく、平滑な河床の上を緩やかに流れる程度で、甌穴に流入する河川水はわずかのため、甌穴内の礫が動く機会は少ないと推定されます。 それでいて大型の甌穴が形成されたのは、岩質が大きく関わっているのでしょう。

次の