シミ クリーム おすすめ。 シミ消しクリームは皮膚科でもらう?市販でおすすめのシミ消しクリームとは?

シミ取りクリームおすすめ11選!ハイドロキノン濃度別に人気コスメを評価

シミ クリーム おすすめ

上記のシミタイプは残念ながらクリームでは薄くできません。 こうしたシミを薄くするには 美容医療が有効です。 詳しくは、6章の「 」をチェックしてみてくださいね。 では次からは、シミにいいクリームの選び方をご紹介していきます。 シミ消しクリームの正しい選び方 効果的なシミ消しクリーム選ぶには、以下の2つが重要なポイントになります。 シミ消しクリームおすすめランキングTOP5 ここからは、シミを薄くするために効果的なシミ消しクリームをご紹介します。 美容ライターの成分・コスパ評価• シミに悩む方達へのアンケート調査 …をもとに、総合評価が高いアイテムを5位までのランキングでご紹介。 気になるアイテムをチェックしてくださいね。 1位:Qusomeホワイトクリーム1. 次からは、ランキングには入らなかったものの20代におすすめな化粧水を 肌悩みや目的別にご紹介します。 次はケア方法を知りたい!という方は「 」へジャンプしてみてくださいね。 特徴別シミ消しクリームおすすめ6選 ここからは、ランキングには入らなかったもののおすすめなシミ消しクリームを、• といった特徴別にご紹介していきます。 気になるものをチェックしてみて下さいね。 4-1. 」…といった場合は、 あなたのシミにビタミンC誘導体という成分が有効でない可能性があります。 こうした場合はビタミンC誘導体以外の美白有効成分 (例:プラセンタエキス・コウジ酸など)が配合されたものを試すのがおすすめですよ。 まとめ シミ消しクリームについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか? 効果的なシミ消しクリームを選ぶときには、 パッケージや公式サイトで、美白有効成分を確認するように心がけてみてくださいね。 もう1度おすすめのシミ消しクリームを見たい方は、以下からチェックすることができますよ。

次の

市販シミ消しクリームのおすすめ10選!効果が出る順人気商品まとめ【プチプラからハイドロキノン配合まで】

シミ クリーム おすすめ

この記事の目次• シミ消しクリームの選び方 シミ消しクリームといっても、プチプラなものからから高価なデパコスまで、その種類はさまざま。 なので、どれを選べばいいのか、本当にシミを消す効果があるのかなど、選ぶときにはかなり迷ってしまうと思います。 そこで、こちらからは効果のあるシミ消しクリームを見極めるポイントをご紹介。 自分のシミに合わせて選んでみてくださいね。 効果が期待できる美白成分で選ぶ シミ消しクリームに配合されている代表的な美白成分には以下のようなものがあります。 ビタミンC誘導体 古くから美白化粧品に使われている安全性の高い美白成分。 メラニン還元作用があり、シミを薄くする効果がある。 アルブチン ビタミンC誘導体と同様に歴史がある美白成分で安全性も高い。 メラニン生成を予防する。 トラネキサム酸 肝斑の治療にも使われる美白成分。 メラニン生成を抑制する。 プラセンタエキス 動物の胎盤から抽出される美白成分。 安価なためプチプラ美白化粧品によく使用される。 エラグ酸 ポリフェノール成分が豊富な美白成分。 メラニンの生成を抑制する。 ルシノール モミの木に含まれる成分からポーラが開発した美白成分。 メラニンの生成を抑制する。 4MSK サリチル酸の誘導体で資生堂が開発した美白成分。 ターンオーバーを促して、たまったメラニンを排出する。 エナジーシグナルAMP アデノシン-リン酸二ナトリウム OTという大塚製薬が開発した美白成分。 ターンオーバーを促して、たまったメラニンを排出する。 ハイドロキノン シミの治療薬としても使われるパワフルな効き目のある美白成分。 メラニン還元作用があり、シミを薄くする効果がある。 どの美白成分も将来できるシミを予防する目的で配合されていますが、最近は研究も進み、使い続けることで今あるシミを薄くする効果も高い商品も多くなってきました。 特に「」と 「ハイドロキノン」は、メラニンを還元して黒色を淡色化する作用があり、シミを消す効果が期待できる美白成分。 また、 「4MSK」や 「エナジーシグナルAMP」は、ターンオーバーを促進してメラニンを排出する作用があり、こちらもシミを薄くする効果が期待できます。 より高い効果を求めるなら、これらの美白成分が配合されたシミ消しクリームを選びましょう。 シミを消す効果が期待できる美白成分の中でも、ハイドロキノンは皮膚の漂白剤と言われるほど効果が高い分、刺激が強いことでも有名です。 肌が弱い方は、ハイドロキノン配合のシミ消しクリームは避けたほうが賢明。 使うときはサンプルやトライアルでパッチテストを行ってくださいね。 肌悩みに合わせて選ぶ シミ消しクリームには、顔全体に使うものと、スポット的に使うものがあり、スポット的に使うもののほうがより美白成分の濃度が高く、価格が高めで効き目がパワフルな傾向にあります。 顔全体にたくさんある、シミやくすみを何とかしたい方は全顔用を、頬にできた濃いシミなど、スポットで気になるシミを消したい方は、部分用のシミ消しクリームを選びましょう。 また、シミ消しクリームには、美白成分のほか、保湿成分や抗炎症成分、エイジングケア成分を配合しているものもあります。 シミ以外にも乾燥や肌荒れ、シワやたるみなど、改善したい肌悩みに合わせて選ぶと、ケアが一遍にできて便利です。 低刺激で無添加のものを選ぶ 肌トラブルを避けるためにも、低刺激で作用が穏やかなシミ消しクリームを選びましょう。 肌への負担となりやすい「アルコール」や「パラベン」などを配合していない、無添加処方のシミ消しクリームがおすすめ。 肌への影響が心配な方は、トライアルが用意されているものや返金保証がついたもので一度試してから本商品を購入するようにしましょう。 安全性が高く、信頼できるメーカーのものを選ぶ 白斑問題があったこともあり、美白化粧品の肌への安全性は最も気になるところですよね。 その点、独自の研究機関を持った老舗の化粧品ブランドや製薬会社、医師が開発したシミ消しクリームなら安心。 直接肌に塗るものなので、信頼度の高いメーカーのものを選びましょう。 無理なく続けられるものを選ぶ どんなに効果の高いシミ消しクリームでも、すぐにシミを消すのはなかなか難しいもの。 効果を実感するためには、皮膚が生まれ変わるターンオーバーに合わせて、最低でも1カ月から3カ月ほどの継続使用が必要です。 価格が高くて続けられない・・・なんてことになったら、それまでの苦労も水の泡。 自分のお財布事情と相談して、無理なく続けられるシミ消しクリームを選びましょう。 シミ消しクリームおすすめランキング 以上を踏まえ、口コミでも評価が高く、シミを消す効果が期待できる美白クリームを厳選!おすすめ順にランキング形式でご紹介します。 どれも老舗コスメブランドや製薬会社が開発した、安全性が高いシミ消しクリームです。 お財布事情に合わせて続けられるものを選んでくださいね。 シミ消しクリームの使い方と注意点 せっかく効果の高いシミ消しクリームを使っても、使い方を間違えていると効果が半減してしまいます。 こちらからはシミ消しクリームの効果的な使い方や使う上での注意点をご紹介します。 使う順番をチェック シミ消しクリームを使うときに一番注意しなければいけないのが使う順番。 ほとんどのシミ消しクリームは、部分用も全顔用もいつものスキンケアの一番最後に塗るものが多いですが、商品によっては洗顔後すぐに塗るものもあります。 また、ハイドロキノンは紫外線によって変化しやすい成分のため、朝、塗って紫外線に当たると肌に刺激を与えたり、肌荒れを引き起こしたりすることもあるので、ハイドロキノンを配合したシミ取りクリームを使うときには特に注意が必要。 必ず商品の使い方に目を通し、使う順番を間違えないようにしましょう。 使える場所をチェック 前述したように、シミ消しクリームには、部分的にシミをケアするスポット用と、顔全体のシミやくすみをケアする全顔用があります。 スポット用は美白成分が高濃度に配合されている場合もあり、目元など皮膚の薄い部分に使ったりすると刺激を感じることもあります。 顔全体に使うことを控えるよう注意しているシミ取りクリームもありますので、商品に書かれている使用可能部位をしっかりチェックしましょう。 紫外線対策を怠らないこと シミ消しクリームでシミを消すケアをしているのに、UVケアを怠っていては効果も台無し。 特に、ハイドロキノンを配合したシミ消しクリームを使っているときは、肌が敏感になり、紫外線の影響を受けやすくなっている場合もあります。 シミ消しクリームの効果を早く実感するためにも、ちょっとした外出でも気を抜かず、日焼け止めや帽子、日傘を使うなどして、一年を通してUVケアを徹底することが大切。 新たなメラニン生成を防ぎ、シミを予防するケアも徹底しましょう。 ピーリングなど角質ケアを併用する 洗顔後、いつものスキンケアを行う前に、ピーリングや酵素洗顔による角質ケアを週に1、2度、取り入れてみましょう。 角質ケアを行うと、肌のターンオーバーが促され、メラニンを含む角質が排出されるだけでなく、美白成分の浸透力がアップ。 シミ消しクリームの効果をより実感しやすくなります。 肌に合わないと感じたらすぐに使用を中止する シミ消しクリームを使って、少しでも赤みやかゆみを感じたり、肌に合わないと感じたときは、すぐに使用を中止しましょう。 症状がひどいときや、使用を中止しても赤みやかゆみが引かないときは、早めに専門医を受診してください。 シミ消しクリームによくある疑問 どんな美白成分ならシミを消す効果が期待できる? 美白化粧品に配合される美白成分にはいろいろな種類があり、主にシミを防ぐ目的で配合されていますが、シミを薄くする効果が期待できる美白成分もあります。 それは「メラニンを還元する成分」と「メラニンの排出を促す成分」で、主には以下のような美白成分が挙げられます。 敏感肌におすすめの美白成分• ビタミンC誘導体• アルブチン• トラネキサム酸• プラセンタエキス 特にトラネキサム酸は抗肌荒れ効果もあり、肌に不調が起きやすい敏感肌に最適。 プラセンタエキスは強い美白作用はありませんが、肌に負担になりにくいと言われています。 炎症を抑えるグリチルリチン酸ジカリウムや、バリア機能をサポートするセラミド等が配合されているものは、敏感肌をいたわりながら美白ケアを行うことが可能です。 シミ消しクリームはどんなシミでもOK? 一口にシミといっても種類はさまざま。 シミ消しクリームはどんなタイプのシミでも消せるわけではないため、自分のシミがどの種類なのか見極めておくことが大切です。 シミの種類 特徴 効果 老人性色素斑 主に紫外線が原因でできる境界線のくっきりとしたシミ。 消せる 肝斑 女性ホルモンや摩擦の炎症が引き起こす左右対称で広範囲のシミ。 消せない 脂漏性角化症 シミの部分の角質が厚くなり、盛り上がったシミ。 消せない 雀卵斑 そばかすのこと。 遺伝的要素が強く、思春期に顕著に表れることも。 消せる 炎症性色素沈着 ニキビや傷、やけど等の炎症でメラニンが沈着したシミ。 消せる 自作のシミ消しクリームは効果ある? 動画やまとめサイトで、ヒマシ油や重曹でカソーダを作ったり、ハイドロキノン原末やクエン酸でハイドロキノンクリームを作ったり、自作のシミ消しクリームについての効果が挙げられていますが、人によっては刺激が強く、肌を傷める可能性もあるため、あまりおすすめできません。 安く済むことがメリットですが、肌トラブルを起こしてしまったら本末転倒。 化粧品は肌に塗るものなので、安全性の高さを優先しましょう。 どのぐらい使えば効果が感じられる?即効性は? シミ消しクリームを毎日正しく使った場合、ターンオーバーの関係で個人差はありますが、肌が明るくなったと感じる方は、早い方だと1~2週間。 そして、さらにシミが薄くなったと実感するには1~3カ月間の継続使用が必要です。 ただし、毎日のUVケアを怠るとそれ以上かかってしまうこともあります。 早く効果を感じるためにも、紫外線対策は万全に行いましょう。 シミ消しクリームとレーザー治療、迷ってるんだけど? 確かに手っ取り早くシミを消すならレーザー治療が最適ですが、レーザー治療でシミを消しても、メラニンを作るメラノサイトが破壊されるわけではないので、継続して美白ケアは必要です。 しかも、レーザー治療をした部分はバリア機能が低下しているため、紫外線の影響を受けやすく、UVケアをしっかりしていないと同じ部位にシミができてしまうことがあります。 美容クリニックで行うシミ消しは最終手段と考えて、まずはシミ消しクリームをはじめとする美白化粧品で地道にシミケアを行っていきましょう。 シミ消しクリームでコンシーラー要らずの肌を目指そう 以上、シミ消しに効果的なクリームの選び方や使い方、おすすめの商品をご紹介しました。 美白ケアは焦らず根気よく行うことが大切。 シミ消しクリームで毎日続けてケアしていけば、きっとシミの気にならない肌を手に入れられるはずです。 効果の高いシミ消しクリームでコンシーラー要らずの明るい肌を目指しましょう!.

次の

シミ対策クリームのおすすめ人気ランキング20選【美白を目指す!】

シミ クリーム おすすめ

シミを 「予防」するだけでなく「消したい」のならハイドロキノンクリーム一択になります 継続できる価格か シミ消しクリームで効果を感じるまでは個人差もありますが3ヶ月くらいの時間がかかるといわれています。 なので 高価なデパコスクリームを一度だけ買うよりも、継続して続けられる価格のものを選んだほうがいいです。 高いから効果があるというわけではないので自分のお肌に合うかが大事です。 自分が続けやすいか シミ消しクリームでシミを消そうとしても中々効果が実感できずに挫折したという声は多いです。 短期で効果を実感したい人は、シミを消す効果が実際にあるハイドロキノンクリームがおすすめです。 ですがハイドロキノンは紫外線に気をつけたり、日中は使用できないなどの面倒な点もあります。 「手軽なオールインワンがいい」、「長期的でもいいのでお肌に優しい成分の化粧品を使いたい」、など 自分の続けやすいスタイルに合わせて選んでいくのがいいと思います。 中でもラグジュアリーホワイトは 不安定なハイドロキノンを独自技術で酸化しにくくした、「新安定型ハイドロキノン」が使われているのが特徴です。 濃度2. 5%の安定型ハイドロキノンに加え、スクワランやコラーゲンなどの保湿成分に加えて、美白にも効果的な「プラセンタエキス」を配合しているので、美白効果をアップできます。 トライアルセットのアイテム全てに「新安定型ハイドロキノン」や「ハイドロキノン誘導体」が配合されていてハイドロキノンに特化したライン使いをしたい人にもおすすめ。 配合されている成分の中でも 注目は、美白有効成分「ハイドロキノン誘導体」でアルブチンの10倍の美白効果があるとされています。 この成分により、低刺激かつ、お肌に安全に美白効果を得る事ができます。 さらにシミトリーには美白成分だけではなく、 ビタミンCの約600倍、コエンザイムQ10の約250倍の美容成分を含むフラバンジェノールをはじめ、9種類の天然由来保湿エキスも配合されています。 気になるシミだけではなく、シワなどの肌トラブルも目立たなくしてくれます。 ハイドロキノンは配合されていませんが似た作用を目指して作られたハイドロキノン誘導体や効果の高い美白成分がたっぷりです。 短期で集中してシミを薄くしたいという人はこれ 美白効果抜群のハイドロキノンですが、成分が強い分、効果も強いので肌への負担も気になるところです。 ここでは、ハイドロキノン配合のシミ消しクリームを選ぶ時のポイントを解説していきます。 肌に優しく効果を感じられる濃度を選ぶ ハイドロキノンクリームは配合量が多いものを選べばいいというものではありません。 最初から高濃度のものを使うと肌普段が大きい場合も多いです。 でも逆に濃度が低すぎても効果を思うように感じられないかもしれません。 ハイドロキノンを使用するのが 初めての場合は、濃度2%前後の刺激が少ないものからスタートすることをおすすめします。 国産のものを選ぶ ハイドロキノンクリームを海外から個人輸入しているという人もいますが濃度や安全性に注意が必要です。 特に海外のものは高濃度で肌負担が大きいものもあるので国産の肌に優しいものを選んでくださいね。 国産のハイドロキノンクリームは肌の炎症を抑える成分や保湿成分がしっかり入っているものも多いので負担もなくせます。 トライアルのあるものを選ぶ ハイドロキノンはお肌に合う合わないが大きい成分です。 市販のハイドロキノンは肌負担が少ないものも多いですが、やはり実際に使ってみないと分かりません。 返金保障やトライアルがあるものを選ぶと損もないですしお試ししやすいですよ。 おすすめの高濃度ハイドロキノンクリーム ハイドロキノンクリームに慣れてきた人や、もっと高い濃度を試してみたいという人におすすめのクリームを紹介します。 プラスナノHQ プラスナノHQは、プラスキレイというコスメブランドから発売されているハイドロキノンクリームでピンポイントでシミに使用できます。 もともとプラスキレイは、 ハイドロキノン製品メーカーとして、多くの医療機関・サロンへ製品を提供している会社でした。 そのため「プラスナノHQ」はクリニックで培われた技術で ナノ化されたハイドロキノンを高濃度に4%配合のクリームになります。 また、ハイドロキノンだけでなく「ビタミンA」や「ビタミンC」といった肌を整える成分が配合されているので、肌質の改善にも効果を発揮します。 ただ私は初めだけ少し刺激を感じたので、敏感肌の人はしっかりパッチテストをするのがおすすめです。 「医薬部外品」とは、厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が、一定の濃度で配合されているため、効果もみえやすいのが特徴です。 有名な製薬会社や化粧品会社が開発した製品や、医師が開発に携わっている製品も、安全性が保証されているので安心です。 成分自体にシミを薄くする効果はありませんが、スキンケアで肌がターンオーバーすることによりシミを排出することができます。 私が使って特に効果を感じたおすすめを紹介します。 長期でも安全にシミに取り組みたい人はこれ SIMIUS(シミウス) ホワイトニングリフトケアジェル メビウス製薬が販売しているホワイトニングリフトケアジェルは、シリーズ累計販売実績500万個突破という人気のシミ消しクリームです。 特徴はプラセンタの高濃度配合でメラニンの生成を抑制してシミの予防をしてくれます。 オールインワンタイプなので化粧水から美容液、さらには化粧下地までがこれ一本でOKなので楽チンです。 さらに、このジェルはマッサージにも最適。 メビウス製薬独自開発の「ダブルクリスタル製法」により、内側に美白成分、外側にマッサージ機能を持たせ、ジェルを2層にわけています。 マッサージをしながら美白もしたい!という方にもおすすめのシミ消しクリームです。 アスタリフトホワイトケア 松田聖子さんのCMで一躍有名になったアスタリフトは技術力に定評のある富士フイルムの化粧品です。 長年の研究で培われてきた 独自のナノ化技術が特徴で、皮膚の細胞と細胞の間のほんのわずかな隙間に成分が浸透することができ、美容効果が高まります。 また、富士フイルムが開発した高い抗炎症作用を持つ3つの成分「アジア酸」、「マデカッソ酸」、「アジアチコシド」を複合した美白有用成分「AMA」と一緒に配合することで、メラニンの生成を抑制する効果がさらに向上しています。 その他にも、肌にハリを与える成分である3種類のコラーゲンや酵母エキス、ビタミンC誘導体が含まれ美白をサポートしてくれます。 アスタリフトの特徴的な成分である抗酸化作用抜群のアスタキサンチンもナノ化した状態で配合されていて、エイジングケアに期待できます。 プチプラコスメでもシミは消える? 最近は、ドラッグストアなどでホワイトニング化粧品がプチプラで販売されています。 シミが気になってきて、まず身近のお店でプチプラからケアを始める人も多いのではないでしょうか。 私もそうだったのですが、 プチプラコスメでシミに変化を感じることはほぼありません(^^; 値段が安いと有効成分の配合濃度がどうしても低めのものが多いので、効果も実感しにくくなってしまいます。 効果が出づらいため、色々な種類を試したり、本数をたくさん買ったりした結果、結局かなりの金額になることもあります。 ただプチプラは量を気にせず使えるので、美白化粧水などたっぷり使いやシートパックをしたい場合はいいかもしれないですね。 化粧水や美容液で肌を整えたあと、クリームなどでしっかり仕上げをしてくださいね。 正しい使用量を守る シミ消しクリームはチューブなどの少量なのに値段が高いというものも多いです。 私がそうだったのですが、量をけちってしまったり毎日継続できなければ効果も中々でません(^^; 使用推奨量を守って使うことで結果的にシミへの効果も早く実感できてコスパも良くなりますよ。 使用期限は厳守! シミ消しクリームは特にハイドロキノンは非常に繊細な成分ですので、 使用期限をしっかりと守る事が大切です。 使用期限を超えたり保存状態が悪い場合、品質が劣化し効果が得られないどころか肌トラブルにもつながる場合がありますので注意してくださいね。 ここでは体の中からのケアで普段からできるものをまとめました 生活習慣の見直しをしてみよう ストレスをためずしっかり睡眠を 意外かもしれませんが、疲れやストレスもシミの原因になり得るんです。 というのも、 疲れやストレスが溜まると、体内に活性酸素が発生し、メラノサイトを刺激するからです。 メラノサイトが刺激されると、メラニンの生成が促進され、シミができやすくなってしまいます。 疲れが溜まったなと思ったら、良質な睡眠を十分にとるようにしてくださいね。 睡眠中に分泌されるメラトニンというホルモンは、活性酸素を無毒化してくれます。 適度に運動をする 運動不足で血行不良になることも、肌のターンオーバーを乱す原因になります。 軽い運動はストレスだけではなく、もちろん体にも良いので、ぜひ続けていきたいところですね。 紫外線は徹底的にカット! もっとも基本的でありながら、確実な方法が紫外線をカットすることです。 また、紫外線をカットするには、日焼け止めだけではなく帽子や日傘なども併用すると、より確実です。 日焼け止めだけだと、塗りムラがあったり、汗などで落ちてしまうことがあったりするからです。 紫外線をしっかりカットすることは、シミだけではなくシワなどの肌の老化自体を食い止める効果があります 日焼け後のスキンケアの基本は冷やすこと 日焼けをしてしまった時には、すぐに美白化粧品を使うのではなく、 まずは冷やして肌の炎症を抑えましょう。 炎症が起きると、メラノサイトが刺激されてメラニンの生成が促されてしまうので、なるべく早く鎮めることが大切です。 肌の摩擦を避ける 肌への慢性的な刺激は、色素沈着の原因にもなります。 洗顔の際に強い力で顔をこすったり、タオルで拭くときにゴシゴシこすったりしていませんか? 洗顔やマッサージは、指先を軽く滑らせる程度の力でおこなうようにするのがおススメです。 また、顔や体を拭く際には、こするのではなく水分を押さえるようにすると良いですよ。 シミ消しに効果的な食べ物を摂取する 美白に効く食べ物は、抗酸化作用のある栄養素を含む食材です。 これらの栄養素は、メラニンの生成を阻害してシミを防いでくれるんですよ。 ハイドロキノンクリーム• トレチノイン これらのクリームは市販で販売されているクリームより高濃度の成分が配合されており、皮膚科でしか処方される事はありません。 処方された際は、かならず主治医の指示のもと使用し、用法・容量をきちんと守って使うようにしてくださいね。 即効性ならレーザー治療もおすすめ シミをセルフケアする方法は、根気強くインナーケアとスキンケアを続けて行くことが成功の秘訣です。 ただ、残念ながら、濃く広がってしまったシミはすぐに無くなる事はありません。 時間をかけずにシミを改善したい、という場合は美容皮膚科でのレーザー治療を考えるのもひとつの手かもしれません。 美容皮膚科での治療は、高額なんじゃないの?という印象が強いですが、近年は一般化しており、安価な価格を打ち出している病院も出てきました。 肌質やシミの種類にもよって、一度の治療でシミが消し去れない場合もありますが、数回通う事で効果は出ますので、結局の所安くシミが治った、という場合もあります。 ただ、やはり医療行為とはなりますので、美容皮膚科を選ぶ際には注意が必要です。 良い美容皮膚科を見分けるポイントは2つ。 レーザー治療専門で症例数多数• カウンセリングが無料• 痛くない• シミ以外にニキビ跡・しわ・毛穴・たるみも治療• レーザーで難しい肝班も治療可能 世界最大規模のレーザー治療専門クリニックでアフターケアもしっかりしてくれます。 ちなみにドクターシーラボの生みの親のクリニックだそうで、よく愛用していた私は親近感がわきました^^ 近くにクリニックがある場合はまずは無料カウンセリングを受けてみるのもいいかもしれませんね。 【結論】結局どのシミ消しクリームがいいの? シミ消しクリームを選ぶのであればやはりハイドロキノンクリームを選ぶのがおすすめです。 「ハイドロキノン」は、今のところシミに最強!と言われる成分で効果を感じるスピードも早いです。 ただしハイドロキノンは肌に合わないと肌荒れなどのトラブルの原因にもなるので、まずはトライアルセットを利用するのが良いです。 私のおすすめは、ビーグレンのホワイトケア。 ハイドロキノンの配合量1. 9%と肌に優しいですが、4%並みの効果を実感できます。 実際に使ってみてもビーグレンが一番浸透力が高くシミへの効果を実感できました。 トライアルセットもあり、1800円とお手軽に試すことができます。

次の