下ごしらえ。 “ビーツ”の下ごしらえと美味しい食べ方

「下ごしらえ」とは?意味や使い方を解説します!

下ごしらえ

夏の薬味にかかせない「みょうが」。 さっぱりした風味としゃきしゃきの歯ごたえが、冷奴やそうめんと相まってぐっと清涼感を高めてくれますよね。 【関連記事】 知っておきたい!新鮮なみょうがを選ぶポイントって? みょうがはぷっくりと丸く、ツヤが良いものを選ぶのがポイントです。 また、穂先のチェックを忘れずに!冷房の効いたところに長い間置いてあると、鮮度が落ちて穂先がパリパリに乾いてしまうんです。 穂先の開きが浅く、先端に向けてきゅっとつぼまっているものが新鮮ですよ。 実はどちらも正解です!食べ方によって使い分けましょう。 【生で食べる場合:水にさらす必要あり】 みょうがにはアクがあり、ツンとする苦味や独特の香りがあります。 サラダやお漬物など、生で食べる場合は水でさらします。 サラダや冷奴に添えてすぐに食べたいときは、キンキンに冷やした氷水でアク抜きしましょう。 きゅっと締まって歯応えが良くなり、色も鮮やかになりますよ。 【加熱して食べる場合:水にさらさなくてもOK】 炒め物や揚げ物のようにみょうがを加熱して食べる場合は、水にさらさずに調理しても問題なし!ただし少しでも苦味が気になるなら、水にさらしてから調理したほうがおいしく食べられますよ。 小口切りは、輪切りのように「切り口が円」になるように端から切っていく切り方です。 厚みはメニューによっていろいろですが、写真くらいが一般的。 千切りは、縦半分に切ってから1~2ミリ程の幅で切ります。 そうめんなどの薬味なら、つけ汁のなかで麺と一緒に掴みやすいこちらがオススメ!サラダなどに立体的に盛りつけたり、混ぜ込み系でも小口切りと違う存在感が出せるので使い分けを。 そのまま食べる場合にも、箸で掴みやすく食感も楽しめるこちらの切り方を推奨します! 3ステップで基本をマスター!みょうがの下ごしらえ 1. 洗う 手で穂先の間についた泥などを優しく洗い流します。 表面がツヤツヤときれいであれば皮を剥かなくてOK。 全体が黒ずんでいたり部分的に変色していたりするものがあれば、その部分だけ剥ぐか切り落とします。 切る みょうがの付け根の下の部分を2ミリ程切り落とし、小口切りの場合はそのまま切ります。 千切りの場合は縦に半分に切ってから千切りしましょう。 30秒水さらす ボウルにザルを重ねて水を張り、切ったみょうがを入れて菜箸などで軽くほぐします。 アク抜きが終わったらすぐにペーパータオルで水気を切るのも大事なポイント!断面に水分がついていると雑菌が繁殖しやすく、腐りやすくなってしまうので要注意。 刻んだみょうがをさらに「追いみょうが」して、そうめんや蕎麦のお供に食べるのもおすすめです! 【みょうが+大葉のさっぱり餃子】 小口切りのみょうがと、千切りにした大葉を鶏ひき肉に練り込んで餃子にします。 つけダレは、ポン酢やフレンチドレッシングなど酸味が効いたものがベストマッチ!夏バテ時季には薬味でサッパリな餃子をどうぞ。 *** 愛される名脇役、みょうが。 ちょっとしたポイントだけで、ぐんと味が変わります。 ワンランクアップしたおいしさを楽しんでみてくださいね! 【教えてくれた人】 飯泉友紀さん [PROFILE] 訪問調理師。 オフィスや家庭に訪問し、ケータリングや作り置きなど様々な形態での食事提供を行う。 キッチンがあっても作り手がいない場所へ、おかんとして食事を届けるプロジェクト「台所におかん」代表。

次の

「下ごしらえ」とは?意味や使い方を解説します!

下ごしらえ

バーベキューで焼き鳥! 下ごしらえとは バーベキューで焼き鳥を楽しみたいけど、どんな下ごしらえがあるのでしょうか?おおまかには 鶏肉の下ごしらえ、 野菜の下ごしらえ、そして タレの下ごしらえが上げられます。 焼き鳥の下ごしらえでもう一つ重要なポイントは、 下味の付け方。 バーベキューで焼き鳥! その1. 鶏肉の下ごしらえ 鶏肉の部位の種類は非常に豊富です。 その中でもモモ、ささみ、手羽、つくね、せせり、砂肝、なんこつあたりはよく耳にする部位ですが、聞いたことのない部位に出合うこともありますよね。 焼き鳥はカットが命、同じような大きさに切って、串に刺したときの厚みを均等にすると焼きやすいです。 ここでは鶏肉の各部位の場所と特徴、そして下ごしらえのしかたをご紹介します。 出典: テールぼんじり仕込みヒップ焼き鳥屋日常ルーティン おびモモの一部。 オイスターミートともいう。 肉質がとっても柔らかく、ジューシーでものすごく美味しい。 ソリ ソリレースともいう。 モモの付け根の肉「 そり」とも言う。 弾力がある。 かんむりとさかの部分。 あっさり、コリコリした食感。 なかなかグロイが焼くとギョーザのようにも見えてくる。 コラーゲンたっぷりのもっちりした食感。 焼くと表面はカリッ、中はトロリ。 ガツ胃(砂肝)の前の方にある部分。 砂肝に比べて脂分が多く、旨みもたっぷり。 バーベキューで焼き鳥!その2. 野菜の下ごしらえ バーベキューで 焼き鳥の 下ごしらえは鶏肉だけではありません。 焼き鳥のお供になる「野菜」の下ごしらえも忘れてはいけません。 さらに 炭で焼いた時に出る煙が「 くんせい効果 」をもたらしてくれます。 丁度よい火加減になるように、炭の状態を見ながら焼くことが必要なため、ガスや電気の焼き台より手間はかかりますが、コツさえ覚えれば最高に美味しい、炭火焼きならではの焼鳥になります。 注意: 炭を敷いたら火をつけて炭火をつくりますが、炭が燃えたらからといってすぐに調理に進んではいけません。 火がついたばかりの炭は温度が安定せず、調理には不向きです。 しばらく置いておくと、炭の内部が赤くなり、表面には灰がついて白くなってきます。 この状態になった炭を 熾き(おき)といいます。 熾きになった炭は温度が変化しにくくて調理しやすいです。 オーブンやトースターを温めてから食材を焼くように、炭火はこの熾きの状態になってから使用するようにしましょう。 ハイブリッドバーベキュー備長炭 炭の火起こしが苦手、でも備長炭で焼き鳥を焼きたい。 そんなときはライター1つでバーベキューOK。 初心者でも簡単に火起こしができます。 備長炭のような遠赤外線効果を発揮してくれます。 串 竹串を使う場合は焦げをなるべく避けるために、あらかじめ水に浸けておきましょう。 コンロ 野外のバーベキューでは基本的に炭火用のコンロを使います。 串焼き専用ラックが備え付けられたものもあります。 ガスコンロのように火力の調節は簡単には出来ませんので、調節には強火にしたい所に炭を二重に敷き、中火のゾーンには一重、弱火のゾーンには炭を敷きません。 こうすることで、炭火の強さを三段階に分ける工夫が必要になります。 直火を使わず、赤熱させた輻射板からの輻射熱( 遠赤外線効果)でじっくりムラなく美味しく焼けます。

次の

チンゲンサイの下ごしらえ方法と切り方!料理での使い方や美味しい食べ方は?

下ごしらえ

バーベキューで焼き鳥! 下ごしらえとは バーベキューで焼き鳥を楽しみたいけど、どんな下ごしらえがあるのでしょうか?おおまかには 鶏肉の下ごしらえ、 野菜の下ごしらえ、そして タレの下ごしらえが上げられます。 焼き鳥の下ごしらえでもう一つ重要なポイントは、 下味の付け方。 バーベキューで焼き鳥! その1. 鶏肉の下ごしらえ 鶏肉の部位の種類は非常に豊富です。 その中でもモモ、ささみ、手羽、つくね、せせり、砂肝、なんこつあたりはよく耳にする部位ですが、聞いたことのない部位に出合うこともありますよね。 焼き鳥はカットが命、同じような大きさに切って、串に刺したときの厚みを均等にすると焼きやすいです。 ここでは鶏肉の各部位の場所と特徴、そして下ごしらえのしかたをご紹介します。 出典: テールぼんじり仕込みヒップ焼き鳥屋日常ルーティン おびモモの一部。 オイスターミートともいう。 肉質がとっても柔らかく、ジューシーでものすごく美味しい。 ソリ ソリレースともいう。 モモの付け根の肉「 そり」とも言う。 弾力がある。 かんむりとさかの部分。 あっさり、コリコリした食感。 なかなかグロイが焼くとギョーザのようにも見えてくる。 コラーゲンたっぷりのもっちりした食感。 焼くと表面はカリッ、中はトロリ。 ガツ胃(砂肝)の前の方にある部分。 砂肝に比べて脂分が多く、旨みもたっぷり。 バーベキューで焼き鳥!その2. 野菜の下ごしらえ バーベキューで 焼き鳥の 下ごしらえは鶏肉だけではありません。 焼き鳥のお供になる「野菜」の下ごしらえも忘れてはいけません。 さらに 炭で焼いた時に出る煙が「 くんせい効果 」をもたらしてくれます。 丁度よい火加減になるように、炭の状態を見ながら焼くことが必要なため、ガスや電気の焼き台より手間はかかりますが、コツさえ覚えれば最高に美味しい、炭火焼きならではの焼鳥になります。 注意: 炭を敷いたら火をつけて炭火をつくりますが、炭が燃えたらからといってすぐに調理に進んではいけません。 火がついたばかりの炭は温度が安定せず、調理には不向きです。 しばらく置いておくと、炭の内部が赤くなり、表面には灰がついて白くなってきます。 この状態になった炭を 熾き(おき)といいます。 熾きになった炭は温度が変化しにくくて調理しやすいです。 オーブンやトースターを温めてから食材を焼くように、炭火はこの熾きの状態になってから使用するようにしましょう。 ハイブリッドバーベキュー備長炭 炭の火起こしが苦手、でも備長炭で焼き鳥を焼きたい。 そんなときはライター1つでバーベキューOK。 初心者でも簡単に火起こしができます。 備長炭のような遠赤外線効果を発揮してくれます。 串 竹串を使う場合は焦げをなるべく避けるために、あらかじめ水に浸けておきましょう。 コンロ 野外のバーベキューでは基本的に炭火用のコンロを使います。 串焼き専用ラックが備え付けられたものもあります。 ガスコンロのように火力の調節は簡単には出来ませんので、調節には強火にしたい所に炭を二重に敷き、中火のゾーンには一重、弱火のゾーンには炭を敷きません。 こうすることで、炭火の強さを三段階に分ける工夫が必要になります。 直火を使わず、赤熱させた輻射板からの輻射熱( 遠赤外線効果)でじっくりムラなく美味しく焼けます。

次の