自衛隊 辞め たい。 自衛隊(自衛官)を辞めたい!自衛隊から民間企業で働くには

自衛隊から転職・再就職したい人!辞めたい人へ!

自衛隊 辞め たい

【このページのまとめ】• ・自衛隊を辞めたいと感じる理由は「訓練がつらい」「仕事が合わない」など ・辞めるメリットは、自衛隊が原因の悩みや不安がなくなること ・デメリットは、自衛隊と民間企業との違いにギャップを感じる恐れがあること ・自衛隊を辞めて民間企業へ転職するなら年齢の若いうちに行動するのがおすすめ ・転職成功のポイントは、自己分析の徹底と自衛隊経験者ならではのアピールすること 「自衛隊を辞めたい…でも、本当に辞めても大丈夫?」とお悩みの自衛官の方はいるのではないでしょうか?本コラムでは、自衛隊を辞めたいと思う主な理由や、辞めるメリット・デメリットなどをまとめました。 自衛隊は民間企業と違い、特殊な業務を行う場合もあります。 現在、業務内容や体力面のつらさを感じて退官を検討しているなら、自衛隊を辞めるときの注意点を確認しておきましょう。 コンテンツ目次• 現在の自分の状況に当てはまるものはないか、チェックしてみましょう。 訓練がつらい】 自衛隊の厳しい訓練についていけない、体力的に厳しいと感じ、辞めたいと考える人がいます。 自衛隊の組織は大きく分けて「陸上自衛隊」「海上自衛隊」「航空自衛隊」の3つ。 それぞれ、災害発生時や国の平和維持活動といった有事に備えて、日々厳しい訓練を行っています。 自衛官の中には午前・午後の訓練のあと、自主的にトレーニングを行う人も。 規則的な生活と訓練を繰り返すうちに、精神的・肉体的なつらさを感じることもあるようです。 仕事が合わない】 自衛官になったものの、自衛隊の業務内容や集団行動が合わないと感じる人もいます。 入隊後は必ずしも希望の勤務先に配属されるとは限りません。 基地や駐屯地は全国各地にあり、転勤は数年単位で行われる可能性もあります。 そのため、自分の希望する業務ができなかったり、転勤先に馴染めず人間関係のトラブルを抱えたりする人も。 仕事と自分の能力とのミスマッチを感じることが、辞めたい理由の1つになっています。 別の仕事に興味がある】 自衛隊として働くうちに、別の仕事への興味を持つパターンもあります。 他の仕事に興味を持つ理由は、恋人や家族との時間を増やしたい、トレーニングを繰り返す日々に不満を感じている、自衛隊以外の仕事を経験してみたいなど、人によってさまざま。 前向きな理由があるのなら、転職という道を考えてみても良いのではないでしょうか。 辞めて後悔する場合もあるため、ここでしっかりと検討しておくのをおすすめします。 【自衛隊を辞めるメリット】 自衛隊を辞めるメリットは、「自衛隊が原因の悩みや不安」がなくなることでしょう。 日々のトレーニングがつらいと感じている場合、脱退後は厳しい訓練から開放されます。 また、業務内容や転勤の多さに不満を感じている場合は、転職して新しい道へ進むことが可能です。 自衛隊での生活がつらく心身に悪影響が出ている、辞めたあとのビジョンが明確にある人にとっては、脱退という選択が良い結果につながる可能性が高いでしょう。 【自衛隊を辞めるデメリット】 自衛隊の生活は規則をはじめ、業務内容や任務そのものが特殊です。 入隊期間が長いと、その分自衛隊と転職後の仕事にギャップを感じる恐れがあります。 また、自衛隊は公務員。 公務員は、安定した給与と待遇面の良さ、社会的信用度の高さが魅力ですが、民間企業へ就職する場合は全く同じ条件での就職は難しくなる場合があります。 民間企業へ就職しても、極端に条件が悪くなるわけではありませんが、住宅や車などのローンを組む際は、在職中に審査を済ませておくと安心です。 【辞めたい…と思いつめても「脱柵」は避ける】 脱柵とは自衛隊員が脱走することを指します。 自衛官の中には、無断欠勤が続いたり、脱走して連絡が取れなくなったりする人がいますが、これは周りの人にとっても自分にとっても良くない行為です。 脱柵した後は、「所在不明隊員」として扱われ、実家や近隣などの捜索が行われます。 所属する部隊や警務隊に多大な迷惑をかけるだけではなく、その際にかかった費用は脱柵した本人が負担しなければなりません。 無断欠勤が一定期間続いた場合、「懲戒解雇」の対象になることもあります。 悩みを抱え思いつめてしまったとしても、脱柵は避けてください。 つらい状況からいち早く脱出するためにも、しっかりと「辞めたい」という意思を上官へ伝えることが大切です。 【「任用一時金」の償還が必要になる場合がある】 自衛官候補生として入隊する場合、候補生教育が修了したときに「任用一時金」が支給されます。 任官後1年3か月未満で離職すると、任用一時金の償還が必要です。 離職する時期によって、以下のように返済額が変わるので注意しましょう。 とはいえ、以下のようなポイントがあるので確認しておきましょう。 【転職は年齢が若いほどうまくいきやすい】 自衛隊から民間企業へ転職する場合、年齢が若い方が選択肢は多く、採用ハードルは低い傾向があります。 転職を検討するなら、できるだけ若いうちに行動するのがおすすめ。 教育訓練を受けている任期制隊員の場合は、任期満了のタイミングで民間企業へ転職する人が多いようです。 【自衛隊と民間企業の違いを理解しておくのが成功のカギ】 自衛隊と民間企業では、待遇や働き方が異なります。 違いを知らないまま転職するのは、早期離職のリスクや再入隊に繋がるので注意が必要です。 以下に、自衛隊と民間企業の違いを挙げたので、ご参考にしてください。 ・自衛隊の特徴 定年まで安定して働ける 食事や衣料品の支給が受けられる 医療費の優遇がある 集団行動を重んじる ・民間企業の特徴 雇用は社会情勢などの影響を受ける場合がある 食事や衣料品の支給はない 医療費は3割負担(全額負担の場合もある) 成果主義の場合は個人で評価を出せる 自衛隊と民間企業では、それぞれ別の良さや厳しさがあり、一概にどちらが優れているとはいえません。 自分の性格や価値観、能力を考慮したうえで、転職すべきか判断してください。 【退職自衛官向けの「再就職支援」を利用する】 退職自衛官は、無料の職業紹介などを受けられる「再就職支援」を利用することが可能です。 自衛隊の仕事は精神面・体力面の強さを求められるため、一般企業に勤める人よりも早い段階で退職時期を迎える傾向があります。 退職後の生活を不安なく送れるように設けられた、退職自衛官の再就職に関する支援制度が「再就職支援」です。 「再就職支援」を利用する場合は、自衛隊援護機関に援護依頼手続きを行います。 自衛隊援護機関は、一般財団法人自衛隊援護協会へ求人・求職情報の取次を行い、企業へ求職者を紹介するのが一般的な流れです。 ただし、平成27年10月1日から再就職規制が導入され、再就職に関するルールが設けられました。 在職中に届け出が必要な場合や、離職後の事前届出が必要な場合など、さまざまなルールがあります。 転職する際は事前にしっかりと確認してください。 出典1: 出典2: 【自分で転職活動をする】 転職サイトやハローワーク、転職エージェントなどを利用し、自分で転職先を探すという方法もあります。 自分でコツコツ探したい方は転職サイト、就職相談でアドバイスをもらいながら探したいならハローワークや転職エージェントを利用するのがおすすめです。 ただし、自衛隊と民間企業とでは考え方や求める人材に違いがあり、1人で転職活動を行うのは難しいと感じる可能性があります。 次の項では、自衛隊からの転職を成功させるポイントをご紹介しているので、転職活動の進め方に不安を感じる人は、参考にしてみてください。 自己分析・企業研究をしっかり行う】 自己分析と企業研究は求職活動の基本です。 この2つがしっかりできていないと、企業と自分の能力・価値観の間でミスマッチが起こり、早期離職に繋がる恐れがあります。 せっかく転職してもすぐに辞めてしまっては、次の転職にも悪影響を及ぼしかねません。 転職を成功させたいなら徹底して行うようにしてください。 ・自己分析のやり方 これまでの自分の経験を棚卸しし、良かったこと・悪かったことなどをリストアップします。 リストから、自分の価値観や強み、性格などを分析。 分析した結果を基に、自分に向いている仕事を探していきます。 ・企業研究のやり方 自己分析で向いていると判断した業界や職種に関連する企業をリストアップします。 そして、企業ごとに企業情報や事業内容、採用情報、求める人物像といったデータを集めます。 同業界内での違いや位置づけ、特色なども調べておくと、なお効果的でしょう。 自衛隊経験者ならではのアピールが効果的】 自衛隊と民間企業では異なる部分も多いですが、自衛隊員として培ってきた「強み」は民間企業でも活かすことができます。 例えば以下のようものが「強み」になります。 ・訓練を耐え抜いてきた体力 ・厳しいルールの中で生活し身についた忍耐力 ・集団行動の中で培った協調性 ・後輩への指導経験 民間企業への転職では、強みや能力をどのように会社へ貢献し、利益につなげられるかが重視されます。 企業研究で調べた「求める人物像」と照らし合わせ、自分の強みが会社にマッチしていることを積極的にアピールしましょう。 成功率を上げるなら就職のプロに相談する】 自衛隊という特殊な環境から民間企業へ転職するのは1人ではなかなか難しいもの。 「転職活動のやり方が分からない…」と不安や悩みを抱えているのなら、親や友人など、身近な人へ相談してみましょう。 相談する人がいないという場合は、第三者に相談するというのも1つの手。 ハローワークの相談窓口や転職エージェントのアドバイザーといった就職のプロに相談すれば、スムーズに求職活動を進められるでしょう。 転職エージェントのハタラクティブでは、カウンセリングから内定までをトータルサポート。 専任のアドバイザーがマンツーマンで対応するため、転職に関する疑問点や不安な気持ちをお気軽にご相談いただけます。 転職活動が初めての方へは、支援の一環として、応募書類の作成方法や面接対策のやり方を丁寧にアドバイス。 企業とのやり取りの代行や面接スケジュールの調整などもハタラクティブが行います。 サービスは全て無料。 1人での転職に不安を感じている方は、ぜひご相談ください。

次の

自衛隊を辞めたい!人間関係がつらいのが原因?|自衛隊はつらいしんどい?自衛官の恋愛の悩みや給料

自衛隊 辞め たい

将来性、仕事内容の問題• 人間関係の問題• 組織の性質、雰囲気の問題 「こんな理由で退職をしてしまっていいのか」とお悩みの方は、退職を考えるキッカケとなっている一般的な要因を確認してみてください。 日々過酷なトレーニングに耐えなくてはいけない• プライベートの時間を作る事ができない• 繰り返しの日々に不安を感じる• 閉鎖的な社会で生きるため、世間知らずになりかねない• 将来幹部になったとしても、退屈なデスクワークが待っている 自衛隊は災害など、出動要請があった場合は国民を守り、多くの方から感謝される非常に有意義な仕事です。 しかし、普段の日々はトレーニングやデスクワークの繰り返しで、「このままでいいのだろうか」「続けられる自信がない」と不安に感じてしまう人が多いようです。 また、トレーニングやデスクワークは自衛隊独自の経験であり、どの企業からも優遇されるスキルは身につきません。 自衛隊を辞めたいと考えている人は「これ以上身を置き続ける必要がない」判断をするでしょう。 上司からのパワハラに耐えられない• 自分の時間を取ることができない• 縦社会(体育会系)の雰囲気に耐えられない• いじめ、嫌がらせ、仲間はずれが起きている 自衛隊員は、全国各地の駐屯地で勤務をすることになります。 四六時中、配属された隊のメンバーと行動をともにすることになります。 職場の人間との関係が濃すぎるというのも、人によってはストレスとなります。 また、所属する隊の中にいじめがある場合や、部下に暴力を振るう上司がいる場合は退職を考えざるを得ません。 ネット上や、SNSなどで退職者の意見を聞いてみても、「隊の当たり外れ」は存在するようです。 消灯時間、起床時間が徹底的に管理されている• いつ何時も、不測事態の際は出動しなければいけない• 隊独自のルールについていけない• 風通しの悪い組織体系に不満を感じる 仕事内容や人間関係だけでなく、自衛隊での生活そのものが嫌で退職を決意される方も多くいます。 自衛隊員は閉鎖的な環境で、独特のルールに従って生活をしています。 「徹底的に決められた生活リズム」、「意見を言っても通ることのない縦社会」、「気を抜くことができない休暇」など、一般人には考えるだけでも嫌になってしいそうなポイントが多数あります。 組織にとっては、今まで変わることなく受け継がれてきた文化ですが、この独自の雰囲気が合わないと感じる方も多いようです。 自衛隊の実際の離職率について 一般的に、自衛隊員の離職率は女性で約2%、男性で1%と言われています。 公務員の中では若干高い程度ですが、民間企業と比べると圧倒的に低い数値となっています。 上記で解説をした通り、あれだけ過酷な環境にいながら意外にも離職率が低い理由は自衛隊員は強い責任感と信念を持っているためです。 辛い、辞めたいと感じたとしても我慢をしてしまう人が多いのです。 また、暴力的な上司に対して恐怖心を持っていることや、隊員たちの関係が濃すぎることも退職を言い出せず我慢してしまう要因となっています。 画像参照: 辞めたいと考えているにも関わらず、我慢をし続ける人が多い自衛隊の現状が「自殺率」に顕著に現れてしまっています。 自衛隊員が仕事を辞めるベストなタイミング 自衛隊員が退職できるタイミングは以下の3種類です。 任期途中退職• 任期満了退職• 定年退職 自衛隊には、任期と呼ばれる働く期間が定められています。 「一般の隊員(陸士)」は2年単位、「上層部(曹、准尉、幹部)」は53〜55歳までが任期となり、任期が終了すると任期満了退職、もしくは定年退職となります。 任期に沿って退職をすることが一般的ですが、上司からの合意を貰うことで隊員は任期途中にも退職をすることができます。 もちろん、任期を終えて退職をするほうが円満に話が進みます。 しかし、自殺に追い込まれるほど勤務し続けることが苦しいのであれば、上官や隊員の引き止めに屈することなく、退職をすべきでしょう。 自衛隊を辞めて後悔しないために知っておきたいポイント 自衛隊は任期途中であったとしても、退職をすることができると解説しました。 しかし、余裕がある方が無責任に辞めるべきではありません。 以下に退職に成功する人と、失敗する人の違いをまとめています。 辛いと感じる理由を明確にできていない• 内定が取れそうという理由で退職先を決めてしまう• 自衛隊の価値観を大きく引きずっている• 自衛隊を辞めることのデメリットを把握していない 反対に、自衛隊からの転職に失敗してしまう人は「なんとなく」で転職先を決めてしまっていることが多いです。 自分が満足するための1番の条件が定まっていないため、転職先の企業でも仕事に対する熱意が出ず、すぐに退職をしてしまうことがあります。 自衛隊を辞める前にやっておくべきこと4つ 自衛隊からの転職に失敗する人の特徴を踏まえ、退職をする前にやっておくべきことを4つ紹介します。 自衛隊の再就職訓練で資格をとっておく 自衛隊には、救護班と呼ばれる再就職を支援してくれる部隊があります。 休日などに救護班を訪れ、資格講座に申込みをしたり、実際に再就職の紹介をしてもらうことが転職の第一歩となります。 もちろん興味のない資格や、ミスマッチな企業を紹介してもらっても意味がありません。 求人情報を眺めに行くのではなく、やりたいことをベースに求人や資格を探すようにしましょう。 企業は自衛隊の支援だけでなく、自分でも探す 自分の求める企業が自衛隊の再就職支援にはないとわかった場合、妥協して紹介可能な範囲から選ぶのではなく、民間の就職支援も受けるべきでしょう。 自衛隊の再就職支援はたしかに手厚いですが、民間の転職エージェントと比べると紹介できる企業数は劣っています。 転職で後悔をしないためには、支援を頼りのするのではなく自分でも動き出すことが大切です。 賃貸契約• ローンの契約• クレジットカードの発行• 融資 上記の様に、審査が必要なサービスは、信頼性の高い公務員の方が利用しやすいケースがあります。 もし、退職前に契約できるものであれば自分が公務員であるうちに手続きを済ませてしまうと良いでしょう。 空いた時間を活かしてスキルを付ける 退職日が決定し、作業が落ち着き始めると意外にも時間に余裕が持てるようになります。 リフレッシュも大切ですが、その間に次の職場で必要なスキルを磨くことがスタートダッシュの大きな秘訣です。 最初にイメージが「面倒を見なくてはいけない新人」よりも「頼れる即戦力」の方が、気持ちよく仕事ができるはずです。 自衛隊を退職後の再就職先について 自衛隊の再就職支援を利用される方は「保管、警備関係の会社」や「運送会社」に転職する人が多くいます。 WEB関係• IT関係• 警備会社• 運送会社• サービス業• 介護福祉関係 「元自衛隊員」というだけで、採用担当者は「忍耐強い点」や「責任感がある点」、「体力がある点」、「明るくハキハキしている点」を評価してくれます。 人材価値は申し分なく、転職は非常に有利に進められます。 経験のない職種の会社からの内定も比較的取りやすいでしょう。 自衛隊からの転職を成功させる3つのコツ 最後に、自衛隊方の転職を成功させるためのコツを紹介します。 穏便に自衛隊を辞める 転職に成功するためには、まず波風が立てることなく退職をする必要があります。 円満に辞めるためには以下のポイントに注意しましょう。 自衛隊独自の退職ルールを理解する• 1番に伝えるべきは直属の上司• なるべく任期満了時に退職する 自衛隊員が円満に退職するためには、独自の退職のルールを把握しておくことが一番重要です。 とくに覚えておかなくてはいけないことは20日前までに必要書類を上司が任免権者に送らなくてはいけないことです。 1 退職 1 依願退職 隊員が退職を申し出たときは、勤務する部隊等の長は退職希望の理由等について調査し、退職を適当と認めた場合は、次に掲げる書類を添えて、退職希望日の原則 20 日前までに任免権者(防衛大臣の任免にかかる隊員にあつては退職希望日の原則 45 日前までに海上幕僚長)に上申するとともに、必要とすれば指揮系統上の上級者に写しを送付する。 20日前までに相談をするのではなく、上司が任免権者に送り終えていなければいけないので、余裕をもって承認を得て、必要書類を預かり、記載して提出していなければいけません。 民間企業であれば、退職代行業者を利用して即日退職することをおすすめしていますが、自衛隊の場合すぐに退職をすることは難しいでしょう。 fa-link関連リンク 2. プロに転職の相談をする 上記でも簡単に解説しましたが、納得の行く転職先を見つけるためには、 自衛隊の再就職支援だけではなく民間の転職エージェントに相談をすることが大切です。 自衛隊の再就職サポートに比べ、紹介できる転職先やサポート内容が充実しています。 実際に転職エージェントのサポート内容をまとめています。 転職に関する相談は何度でも無料• ミスマッチのないように、適正を判断した上で仕事を紹介してくれる• 履歴書や職務経歴書のアドバイスをしてくれる• 面接、選考の対策をしてくれる• 面接日の調整や連絡を依頼できる• 給料など、雇用条件の交渉も依頼できる なかなか自分の時間が取れない自衛隊員であったとしても、ここまで徹底したサポートをしてくれるのであれば安心でしょう。 ただし、自衛隊の再就職サポートのように資格講座を無料で受ける事はできないので、2つを平行して利用することをおすすめします。 【職業別】関連リンク - - 仕事を辞めたくて仕方がない人は「」を参考に会社を辞めるべきか診断してみてください。

次の

私が陸上自衛隊を辞めた理由|パワハラで精神が崩壊しかけた日のこと

自衛隊 辞め たい

【このページのまとめ】• ・自衛隊を辞めたいと感じる理由は「訓練がつらい」「仕事が合わない」など ・辞めるメリットは、自衛隊が原因の悩みや不安がなくなること ・デメリットは、自衛隊と民間企業との違いにギャップを感じる恐れがあること ・自衛隊を辞めて民間企業へ転職するなら年齢の若いうちに行動するのがおすすめ ・転職成功のポイントは、自己分析の徹底と自衛隊経験者ならではのアピールすること 「自衛隊を辞めたい…でも、本当に辞めても大丈夫?」とお悩みの自衛官の方はいるのではないでしょうか?本コラムでは、自衛隊を辞めたいと思う主な理由や、辞めるメリット・デメリットなどをまとめました。 自衛隊は民間企業と違い、特殊な業務を行う場合もあります。 現在、業務内容や体力面のつらさを感じて退官を検討しているなら、自衛隊を辞めるときの注意点を確認しておきましょう。 コンテンツ目次• 現在の自分の状況に当てはまるものはないか、チェックしてみましょう。 訓練がつらい】 自衛隊の厳しい訓練についていけない、体力的に厳しいと感じ、辞めたいと考える人がいます。 自衛隊の組織は大きく分けて「陸上自衛隊」「海上自衛隊」「航空自衛隊」の3つ。 それぞれ、災害発生時や国の平和維持活動といった有事に備えて、日々厳しい訓練を行っています。 自衛官の中には午前・午後の訓練のあと、自主的にトレーニングを行う人も。 規則的な生活と訓練を繰り返すうちに、精神的・肉体的なつらさを感じることもあるようです。 仕事が合わない】 自衛官になったものの、自衛隊の業務内容や集団行動が合わないと感じる人もいます。 入隊後は必ずしも希望の勤務先に配属されるとは限りません。 基地や駐屯地は全国各地にあり、転勤は数年単位で行われる可能性もあります。 そのため、自分の希望する業務ができなかったり、転勤先に馴染めず人間関係のトラブルを抱えたりする人も。 仕事と自分の能力とのミスマッチを感じることが、辞めたい理由の1つになっています。 別の仕事に興味がある】 自衛隊として働くうちに、別の仕事への興味を持つパターンもあります。 他の仕事に興味を持つ理由は、恋人や家族との時間を増やしたい、トレーニングを繰り返す日々に不満を感じている、自衛隊以外の仕事を経験してみたいなど、人によってさまざま。 前向きな理由があるのなら、転職という道を考えてみても良いのではないでしょうか。 辞めて後悔する場合もあるため、ここでしっかりと検討しておくのをおすすめします。 【自衛隊を辞めるメリット】 自衛隊を辞めるメリットは、「自衛隊が原因の悩みや不安」がなくなることでしょう。 日々のトレーニングがつらいと感じている場合、脱退後は厳しい訓練から開放されます。 また、業務内容や転勤の多さに不満を感じている場合は、転職して新しい道へ進むことが可能です。 自衛隊での生活がつらく心身に悪影響が出ている、辞めたあとのビジョンが明確にある人にとっては、脱退という選択が良い結果につながる可能性が高いでしょう。 【自衛隊を辞めるデメリット】 自衛隊の生活は規則をはじめ、業務内容や任務そのものが特殊です。 入隊期間が長いと、その分自衛隊と転職後の仕事にギャップを感じる恐れがあります。 また、自衛隊は公務員。 公務員は、安定した給与と待遇面の良さ、社会的信用度の高さが魅力ですが、民間企業へ就職する場合は全く同じ条件での就職は難しくなる場合があります。 民間企業へ就職しても、極端に条件が悪くなるわけではありませんが、住宅や車などのローンを組む際は、在職中に審査を済ませておくと安心です。 【辞めたい…と思いつめても「脱柵」は避ける】 脱柵とは自衛隊員が脱走することを指します。 自衛官の中には、無断欠勤が続いたり、脱走して連絡が取れなくなったりする人がいますが、これは周りの人にとっても自分にとっても良くない行為です。 脱柵した後は、「所在不明隊員」として扱われ、実家や近隣などの捜索が行われます。 所属する部隊や警務隊に多大な迷惑をかけるだけではなく、その際にかかった費用は脱柵した本人が負担しなければなりません。 無断欠勤が一定期間続いた場合、「懲戒解雇」の対象になることもあります。 悩みを抱え思いつめてしまったとしても、脱柵は避けてください。 つらい状況からいち早く脱出するためにも、しっかりと「辞めたい」という意思を上官へ伝えることが大切です。 【「任用一時金」の償還が必要になる場合がある】 自衛官候補生として入隊する場合、候補生教育が修了したときに「任用一時金」が支給されます。 任官後1年3か月未満で離職すると、任用一時金の償還が必要です。 離職する時期によって、以下のように返済額が変わるので注意しましょう。 とはいえ、以下のようなポイントがあるので確認しておきましょう。 【転職は年齢が若いほどうまくいきやすい】 自衛隊から民間企業へ転職する場合、年齢が若い方が選択肢は多く、採用ハードルは低い傾向があります。 転職を検討するなら、できるだけ若いうちに行動するのがおすすめ。 教育訓練を受けている任期制隊員の場合は、任期満了のタイミングで民間企業へ転職する人が多いようです。 【自衛隊と民間企業の違いを理解しておくのが成功のカギ】 自衛隊と民間企業では、待遇や働き方が異なります。 違いを知らないまま転職するのは、早期離職のリスクや再入隊に繋がるので注意が必要です。 以下に、自衛隊と民間企業の違いを挙げたので、ご参考にしてください。 ・自衛隊の特徴 定年まで安定して働ける 食事や衣料品の支給が受けられる 医療費の優遇がある 集団行動を重んじる ・民間企業の特徴 雇用は社会情勢などの影響を受ける場合がある 食事や衣料品の支給はない 医療費は3割負担(全額負担の場合もある) 成果主義の場合は個人で評価を出せる 自衛隊と民間企業では、それぞれ別の良さや厳しさがあり、一概にどちらが優れているとはいえません。 自分の性格や価値観、能力を考慮したうえで、転職すべきか判断してください。 【退職自衛官向けの「再就職支援」を利用する】 退職自衛官は、無料の職業紹介などを受けられる「再就職支援」を利用することが可能です。 自衛隊の仕事は精神面・体力面の強さを求められるため、一般企業に勤める人よりも早い段階で退職時期を迎える傾向があります。 退職後の生活を不安なく送れるように設けられた、退職自衛官の再就職に関する支援制度が「再就職支援」です。 「再就職支援」を利用する場合は、自衛隊援護機関に援護依頼手続きを行います。 自衛隊援護機関は、一般財団法人自衛隊援護協会へ求人・求職情報の取次を行い、企業へ求職者を紹介するのが一般的な流れです。 ただし、平成27年10月1日から再就職規制が導入され、再就職に関するルールが設けられました。 在職中に届け出が必要な場合や、離職後の事前届出が必要な場合など、さまざまなルールがあります。 転職する際は事前にしっかりと確認してください。 出典1: 出典2: 【自分で転職活動をする】 転職サイトやハローワーク、転職エージェントなどを利用し、自分で転職先を探すという方法もあります。 自分でコツコツ探したい方は転職サイト、就職相談でアドバイスをもらいながら探したいならハローワークや転職エージェントを利用するのがおすすめです。 ただし、自衛隊と民間企業とでは考え方や求める人材に違いがあり、1人で転職活動を行うのは難しいと感じる可能性があります。 次の項では、自衛隊からの転職を成功させるポイントをご紹介しているので、転職活動の進め方に不安を感じる人は、参考にしてみてください。 自己分析・企業研究をしっかり行う】 自己分析と企業研究は求職活動の基本です。 この2つがしっかりできていないと、企業と自分の能力・価値観の間でミスマッチが起こり、早期離職に繋がる恐れがあります。 せっかく転職してもすぐに辞めてしまっては、次の転職にも悪影響を及ぼしかねません。 転職を成功させたいなら徹底して行うようにしてください。 ・自己分析のやり方 これまでの自分の経験を棚卸しし、良かったこと・悪かったことなどをリストアップします。 リストから、自分の価値観や強み、性格などを分析。 分析した結果を基に、自分に向いている仕事を探していきます。 ・企業研究のやり方 自己分析で向いていると判断した業界や職種に関連する企業をリストアップします。 そして、企業ごとに企業情報や事業内容、採用情報、求める人物像といったデータを集めます。 同業界内での違いや位置づけ、特色なども調べておくと、なお効果的でしょう。 自衛隊経験者ならではのアピールが効果的】 自衛隊と民間企業では異なる部分も多いですが、自衛隊員として培ってきた「強み」は民間企業でも活かすことができます。 例えば以下のようものが「強み」になります。 ・訓練を耐え抜いてきた体力 ・厳しいルールの中で生活し身についた忍耐力 ・集団行動の中で培った協調性 ・後輩への指導経験 民間企業への転職では、強みや能力をどのように会社へ貢献し、利益につなげられるかが重視されます。 企業研究で調べた「求める人物像」と照らし合わせ、自分の強みが会社にマッチしていることを積極的にアピールしましょう。 成功率を上げるなら就職のプロに相談する】 自衛隊という特殊な環境から民間企業へ転職するのは1人ではなかなか難しいもの。 「転職活動のやり方が分からない…」と不安や悩みを抱えているのなら、親や友人など、身近な人へ相談してみましょう。 相談する人がいないという場合は、第三者に相談するというのも1つの手。 ハローワークの相談窓口や転職エージェントのアドバイザーといった就職のプロに相談すれば、スムーズに求職活動を進められるでしょう。 転職エージェントのハタラクティブでは、カウンセリングから内定までをトータルサポート。 専任のアドバイザーがマンツーマンで対応するため、転職に関する疑問点や不安な気持ちをお気軽にご相談いただけます。 転職活動が初めての方へは、支援の一環として、応募書類の作成方法や面接対策のやり方を丁寧にアドバイス。 企業とのやり取りの代行や面接スケジュールの調整などもハタラクティブが行います。 サービスは全て無料。 1人での転職に不安を感じている方は、ぜひご相談ください。

次の