カラオケ100点おじさん。 熟女がカラオケ100点おじさんに弟子入り、どれだけ上手くなる?

カラオケ100点おじさん 実際『ハナミズキ』で100点達成

カラオケ100点おじさん

名前 :佐々木淳平(ささき じゅんぺい) 生年月日:1980年6月3日 年齢 :38歳(2018年現在) 血液型 :A型 出身地 :山梨県南都留郡 居住地 :東京都 身長 :185cm 体重 :91kg 高校 :山梨県立市川高等学校 学歴 :日本工学院専門学校蒲田校 佐々木淳平さんは、 山梨県南都留郡出身。 調べてみると、山間の自然豊かな所で 生まれ育ったようです。 山梨県立市川高等学校に進学し、 バスケ部に所属されていたようです。 身長185㎝というのも納得ですね! 山梨県立市川高等学校は県内のバスケの強豪校で、 スラムダンクで言えば、赤木剛憲主将 のようなポジションだったそうです。 高校卒業後は、東京に上京し、 日本工学院専門学校蒲田校に入学。 調べてみると、 クリエイター、ミュージック、デザイン、 IT、テクノロジーの全5カレッジに 多彩な学科・コース・専攻があったのですが、 今現在、音楽関係のお仕事をされているので、 ミュージックアーティスト科に 所属されていたのかもしれません。 歌が好きだという佐々木淳平さん。 母親の勧めもあり、 高校時代はバスケ部に所属しながら、 将来は歌手を夢見て上京されたのでしょう。 上京後は、 バーで働きながらコーラスや仮歌などの仕事を こなしていたという佐々木淳平さん。 テレビ東京系音楽バラエティ番組 「音楽ば~か」シーズン3 の サバイバルオーディションで、 様々な挑戦者達の中から見事最後まで勝ち残り、 坪木菜果さんと共に、 「テクマクジャンクション」という アニソンデュオを結成。 このユニット名はふかわりょうさんが 考案したそうです。 その後、現在に至るまでの活動は 不明だったのですが、 今現在の活動は次のようでした。 ファンの間ではJPと呼ばれ、 ライブハウスなどで精力的に 活動されており、 アニソン界の重鎮、水木一郎さんを リスペクトしているのか、 ブログには、 よろしくお願いします ゼーーーーット! とお馴染みのフレーズがよく出てきますね。 佐々木淳平さんが所属する、 プロチームは、2016年大会では 準優勝するなど、強豪チームで、 佐々木淳平さんは、中心的プレイヤーだそうです! SLAMDIVAは5人+マネージャー1人の 6名で活動しています。 普段はそれぞれが音楽活動や声優活動を している人間の集まりで、 全員が「DivA Effect Project」に かかわっているメンバーなのだそうですね。 情報が入り次第、追記したいと思います! 佐々木淳平のライブ情報は? ライブ情報は、 または、 のイベント欄などから確認できます。

次の

カラオケバトルの歴代優勝者が100点満点をたたき出した曲

カラオケ100点おじさん

名前 :佐々木淳平(ささき じゅんぺい) 生年月日:1980年6月3日 年齢 :38歳(2018年現在) 血液型 :A型 出身地 :山梨県南都留郡 居住地 :東京都 身長 :185cm 体重 :91kg 高校 :山梨県立市川高等学校 学歴 :日本工学院専門学校蒲田校 佐々木淳平さんは、 山梨県南都留郡出身。 調べてみると、山間の自然豊かな所で 生まれ育ったようです。 山梨県立市川高等学校に進学し、 バスケ部に所属されていたようです。 身長185㎝というのも納得ですね! 山梨県立市川高等学校は県内のバスケの強豪校で、 スラムダンクで言えば、赤木剛憲主将 のようなポジションだったそうです。 高校卒業後は、東京に上京し、 日本工学院専門学校蒲田校に入学。 調べてみると、 クリエイター、ミュージック、デザイン、 IT、テクノロジーの全5カレッジに 多彩な学科・コース・専攻があったのですが、 今現在、音楽関係のお仕事をされているので、 ミュージックアーティスト科に 所属されていたのかもしれません。 歌が好きだという佐々木淳平さん。 母親の勧めもあり、 高校時代はバスケ部に所属しながら、 将来は歌手を夢見て上京されたのでしょう。 上京後は、 バーで働きながらコーラスや仮歌などの仕事を こなしていたという佐々木淳平さん。 テレビ東京系音楽バラエティ番組 「音楽ば~か」シーズン3 の サバイバルオーディションで、 様々な挑戦者達の中から見事最後まで勝ち残り、 坪木菜果さんと共に、 「テクマクジャンクション」という アニソンデュオを結成。 このユニット名はふかわりょうさんが 考案したそうです。 その後、現在に至るまでの活動は 不明だったのですが、 今現在の活動は次のようでした。 ファンの間ではJPと呼ばれ、 ライブハウスなどで精力的に 活動されており、 アニソン界の重鎮、水木一郎さんを リスペクトしているのか、 ブログには、 よろしくお願いします ゼーーーーット! とお馴染みのフレーズがよく出てきますね。 佐々木淳平さんが所属する、 プロチームは、2016年大会では 準優勝するなど、強豪チームで、 佐々木淳平さんは、中心的プレイヤーだそうです! SLAMDIVAは5人+マネージャー1人の 6名で活動しています。 普段はそれぞれが音楽活動や声優活動を している人間の集まりで、 全員が「DivA Effect Project」に かかわっているメンバーなのだそうですね。 情報が入り次第、追記したいと思います! 佐々木淳平のライブ情報は? ライブ情報は、 または、 のイベント欄などから確認できます。

次の

熟女がカラオケ100点おじさんに弟子入り、どれだけ上手くなる?

カラオケ100点おじさん

どうすれば高得点を出せるのか、「カラオケ100点おじさん」としてYouTubeチャンネル登録者数9万人を超えるシンガーソングライター・佐々木淳平さん(39才)に指導してもらいました。 * * * 「カラオケ? 行かない、ヘタだし」。 ここ数年、すっかり歌を忘れていたオバが、何十年ぶりかで魂の揺さぶられる歌声にビビビッ! そしたら何、急にキャラ変しちゃって「私も、歌いた~い」だって。 で、逃げる編集Mちゃんを道連れに、憧れの先生から歌うまの秘伝を伝授されたら、あらま不思議。 グッと点数アップ。 そればかりか、女ふたりの人生の大穴まであらわに! 歌は人なり、だったのね。 「カラオケで高点数を取ることと、人の心に響く歌を歌うのは基本、別。 でも歌がうまくなるにはコイツ(カラオケAI採点機)を先生に練習するのが、結果的に早道なんですよ」 そう語るのは、歌手であると同時に、カラオケバーの店長でもある佐々木淳平さんだ。 アラカンの私と、アラフィフの編集Mちゃんが、歌がうまくなりたいと志を立てて入門したのには、ちょっとしたワケがある。 「私、あいみょんの『マリーゴールド』」「じゃあ、米津玄師の『パプリカ』、歌っちゃう」「私、振り付けできるよ」。 娘や孫のいる人は、最新の曲を覚えられるのよね。 一方、私たち独り者は昭和のまんま。 分が悪いったらありゃしない。 去年の暮れ、オバはとうとう紅白を見なかったもんね。 ちっとも胸に届かないのよ。 「愛している」の、「会いたい」のって、何言ってんの。 だんだん腹が立ってきたりして。 こうして時代から遅れていくのは、まあ、いいとしよう。 けど、せめて「これ」という私の1曲を持ちたいではないの。 カラオケから、歌から逃げない女でいたいのよ。 そんなわけで、「まず曲選びから教えてください」と私。 すると淳平先生、思わぬことを言うんだわ。 「点数を出すには、歌に感情を込めないこと。 たんたんと音通りに歌うこと。 「曲が決まったら練習、練習、また練習。 1000本ノックですか?」と編集Mちゃんが不安げに淳平先生を見上げれば、「いやいや、ただ歌えばいいわけではありません」(淳平先生・以下同)。 ひとつずつ課題をクリアして歌うことが大事なんだって。 たとえば…。 息はいっぱい吸って、意識してちょっとずつ吐く練習。 マイクを離したり近づけたりして、抑揚をつける練習。 大げさなくらいでちょうどいいんだそう。 「AIの基準で歌うと最初はすごく窮屈だけど、必ず結果は出ます。 頑張りましょう」 それともうひとつ。 淳平先生は言わなかったけど、私は決定的な方法を見つけちゃった。 それは、歌のうまい人と一緒に歌うこと。 息の継ぎ方、声の出し方、張り方まで、たった1曲でかなり習得できるよ。 歌うって、なんて楽しいんでしょ。 オバにしては高得点の82. 698点で全国平均をちょい上回った。 Mちゃんは、柏原芳恵の『春なのに』で、85. 261点。 カラオケで30曲以上100点を出したのをきっかけに、YouTubeで『カラオケ100点おじさんチャンネル』を開設。 2年足らずで登録者数9万人超え。 ガイドメロディーをオンにすると、バーの長さや位置で音の高さ、長さがわかります。 Aメロは小さめの声で、Bメロはやや大きめ。 そしてサビでめいっぱい声を出す。 曲がどうできているか。 そしてどこで息継ぎをしているか。 音程は高得点を出す重要なカギです。 音の上がり下がりは手で指し示して、音を見える化すると、音程がグッと安定しますよ。 ちゃんと歌えたら高得点につながります。 最後まで歌い切れたら最高に気持ちいいよ。 582点(+2. 884点) 62年の人生で最高得点。 AIくんってば、「さらなる向上が期待できます」って励ましてくれちゃって、もう~。 「ちょっと遅れる歌い出し。 これはクセになっているので抜けるまで大変かも。 でも意識していれば必ず直ります」。 オバ、90点を出す日も近い!? てか、それより淳平先生と一緒に『赤いスイートピー』を歌ったのが、ふふふ、最高の思い出だわ。 826点(+6. 565点) ン十年ぶりの『春なのに』で、いきなり85点も出て驚きましたが、淳平先生の指導でまさかの90点超え! 実は若かりし頃、某ボーカルスクールに通っていたので音程には少々自信がありましたが、なんと! 当時の先生に言われてた課題と同じことをAI先生に指摘されるとは!? AIって、心ないんじゃないの!? いつか、アンタの心も揺さぶってやる~。

次の