新 大阪 駅 551。 新大阪駅で大人気のお土産「551 蓬莱 豚まん」が買える場所は、駅構内(改札の中・外合わせて)5ヶ所あり!

551蓬莱 アルデ新大阪店(地図/写真/新大阪駅/中華料理)

新 大阪 駅 551

TABIZINE編集部の井上です。 大阪出身の筆者がおすすめしたい大阪グルメは数多くありますが、その中でも外せないのが551の豚まんではないでしょうか。 いわゆる肉まんなのですが、551のこれは「豚まん」といいます。 筆者は大阪に帰省すると必ずと言っていいほど、551の豚まんを買います。 新大阪駅にも、大阪(伊丹)空港でも、関西空港でもお店があり、豚まんを買い求めることができるのですが、その際に注意してほしいことがあります。 お土産で持ち帰るときには必ず、できたてのあつあつ豚まんを買ってほしいということなんです! 空港や新大阪駅では、できたてと並んで必ずチルド商品が販売されています。 持ち歩きすることや持ち帰ってからの保存なども考えて、チルドを選ぶ方も多いと思われますが、551を愛する者からすると、できたての豚まんとチルドの豚まんはもはや完全に別物なのです(551の関係者の方々、すみません)。 やはりあつあつのできたて豚まんは、皮のもちもち感が全く違います。 飛行機や新幹線に乗ることを考えると、匂いを懸念してしまいますが、そこはもう開き直ってできたて豚まんを持ち帰るのです。 周りの乗客の方には申し訳ないですが、やっぱり美味しい豚まんを食べたいですからね。 できたての豚まんは、チルドとは違って日持ちしませんが、筆者はすぐ食べる分以外はすぐ冷凍します。 ちなみにできたてを冷凍するのと、最初からチルドになっているものでは、もちろん味が違いますよ。 解凍して食べるときに、豚まんに軽く水をかけて電子レンジでチンすると美味しく食べられます(あくまで個人の意見です)。 [All Photos by Chika] AREA•

次の

551蓬莱 阪急梅田駅店 (大阪市) 最新のレストランの口コ(2020年)

新 大阪 駅 551

豚まんも一緒にしゅうまい6個入りを購入しました! 行ったのはお昼時でしたが、特に混雑するほどでもなく、前に3人ほどが並んでいるだけですぐに買えました。 この日は豚まんと一緒に、チルド(お土産用)ではなくすぐに食べる用として購入しています。 豚まんはもう素晴らしい程に完成された美味しさです。 大阪に住んでいる人でも、何度でも食べたくなるのもうなずけます。 もうすでに皮から飛び出しまくっている豚肉にすぐ目がいってしまいます。 豚肉の重量感もありますが、何とか一口でほおばれる大きさ。 で、 めちゃくちゃ美味しかったです! これはお土産でもらえると間違いなく嬉しい! と思える焼売でした。 豚まんはさることながら、焼売がこれほどにボリューミーで肉厚で美味しいとは知りませんでした。 どちらも単体であればワンコインでお釣りがくるので、高いということもないですよ。 ぜひ新大阪でのお土産に困った時は参考にしてください。

次の

551蓬莱 アルデ新大阪店(地図/写真/新大阪駅/中華料理)

新 大阪 駅 551

JR新大阪駅店(駅構内改札外3F) まずは JR新大阪駅店について。 このお店は在来線に近いこともあって、平日でも週末でも大体上記写真ほどの列が出来ています。 と言っても、回転率は良いのでそんなに10分も20分も待ち時間が出来ることはそうそうありません。 行き方 新大阪駅の改札の中からJR新大阪駅店へと向かう場合、在来線の改札出口である 東改札を出て右に進むと、左手にすぐ見えてきます。 詳細情報 店舗名 JR新大阪駅店 電話番号 06-6304-3686 営業時間 9:00~21:30 定休日 無休 豚まんの種類 温かい商品 チルド商品 食べログ このお店では、すぐに食べる用の 温かい商品(温かい豚まん)も、お土産用の冷蔵の チルド商品も購入することが出来ます。 ただ新幹線改札(南改札・中央改札)までは少し距離がありますので、新幹線出発ギリギリで購入するのは控えた方が良いです。 在来線の改札(東改札)は目と鼻の先なので、利用する時には便利に使えるお店と言えるでしょう。 アントレマルシェ新大阪店(駅構内改札外3F) 続いてご紹介するのは、新大阪駅の改札外3Fにある アントレマルシェ新大阪店です。 このお店の一番の特徴は、 温かい商品のみの販売でチルド商品は販売していないこと。 出張帰りにお土産で!みたいな場合には、チルド商品がおすすめですが、この店舗ではそれが買えないということです。 ここで買うのにおすすめなのは、 すぐに食べたい時です! 行き方 新大阪駅の改札外の3FにEntree Marche(アントレマルシェ)という、お土産などが数多く取り揃えられたスペースがあります。 その中の一角に、アントレマルシェ新大阪店があります。 お店の目の前が休憩スペースなので、買った後にこのベンチに座って食べている人もちらほらいることも。 詳細情報 店舗名 アントレマルシェ新大阪店 電話番号 06-6307-0551 営業時間 9:00~21:30 定休日 無休 豚まんの種類 温かい商品のみ 食べログ もう一度言っておきますが、このお店では すぐに食べる用の温かい商品(温かい豚まん)の販売のみとなっています。 お土産用の冷蔵のチルド商品は購入することが出来ません。 このお店から新幹線改札(中央改札)までは近いので、新幹線内で食べたいと考えている場合も便利に利用出来ますね。 アルデ新大阪店 続いての店舗は、 アルデ新大阪店です。 先程までと同様に、駅の改札の外に店舗はありますが、このお店は 駅改札外の2Fにあります。 そして、 チルド商品のみの販売で温かい商品は販売していないのが特徴です。 さらには、 イートインスペースがあるので、店内で食事をすることが出来ます。 豚まんや焼売(シューマイ)が有名な551の蓬莱ですが、ここでは海鮮焼きそばやチャーハンなども食べることが出来ますよ 行き方 色々な行き方がありますが、新幹線の改札を出たところをベースに考えてみます。 新幹線の改札も2つ(中央改札と南改札)ありますが、 中央改札を出たところからの行き方です。 赤い〇で囲った場所が「新幹線中央改札」なので、そこを出て左前方にあるエスカレーターを下ります。 すぐに食べられる用の温かい商品は購入することが出来ません。 この店舗では、イートインとして551の蓬莱を堪能したい場合にはぜひ立ち寄りたいところですね。 エキマルシェ新大阪店(在来線改札内) ここから改札内の店舗です。 まずはJR新大阪駅の在来線の改札の中にある エキマルシェ新大阪店について。 店名の通り、この店舗は 在来線の改札の中にあります。 ここも行列が出来ていることが良くあります。 新幹線には乗らないけど新大阪駅の改札の中にいるという人には、このお店が役立つはずです。 行き方 駅構内(改札の中)なので、大層な行き方と言えるほどのものはありません。 改札の中には、EKI MARSHE(エキマルシェ)新大阪と呼ばれるお土産店やレストランがあり、その中にエキマルシェ新大阪店があります。 詳細情報 店舗名 エキマルシェ新大阪店 電話番号 06-6304-0551 営業時間 9:00~21:30 定休日 無休 豚まんの種類 温かい商品 チルド商品 食べログ このお店は、すぐに食べる用の温かい商品(温かい豚まん)も、お土産用の冷蔵のチルド商品も購入することが出来ます。 駅改札内の一角にあるので、乗換の際や在来線から改札を出ずに新幹線へと向かいたい場合などにも、立ち寄ることが出来るので使い勝手は良いです。 新幹線新大阪駅店(新幹線改札内) 最後にご紹介するのは、新大阪駅の 新幹線改札内にある 新幹線新大阪駅店です。 このお店特徴は、 チルド商品のみの販売で温かい商品は販売していません。 新大阪駅の新幹線の改札をくぐったはいいけど、551の豚まんをお土産に買い忘れた!なんて場合にも、ここでチルド商品であれば購入することが可能です。 新幹線内で自分が食べる用に温かい商品は買うことが出来ないので、そこだけ注意です。 行き方 新幹線中央改札のすぐ近くにあります。 2018年7月に移転して営業しています。 在来線乗換口とは逆の方向になるため、在来線から乗り換えて新幹線改札内に入ってきた方は、真っ直ぐ奥に進みましょう。 詳細情報 店舗名 新幹線新大阪駅店 電話番号 06-6307-6566 営業時間 8:00~21:00 定休日 無休 豚まんの種類 チルド商品のみ 食べログ もう一度言っておきますが、このお店では 冷蔵のチルド商品の販売のみとなっています。 すぐに食べられる用の温かい商品は購入することが出来ません。 新幹線の中で豚まんを食べたいと考えている人は、このお店ではなくそれ以外のお店を利用しましょう。 各店舗のまとめ 最後に、もう一度各店舗ごとに購入できる商品(温かい商品とチルド商品)が何なのかをまとめておきます。

次の