あざらし英語。 オットセイって英語でなんて言うの?

アザラシ、オットセイ、アシカ、トド、セイウチの違い!

あざらし英語

食肉目鰭脚亜目科ハイイロアザラシ属。 雄は体長約 2. 3m,体重 170~310kg,雌は体長約 2m,体重 105~186kg。 出生体長は 95~105cm,出生体重は 11~20kgである。 体毛の色は変異に富む。 黒灰色,灰色および黒色の地色に灰色や茶ねずみ色の斑が全身にみられる。 雄のほうが雌よりも毛色が濃い。 出生仔の毛色は白色で,生後 2~4週間で灰色に変わる。 体は太く長い。 特に胸部が太く,雄の胸部には 3~4本の大きな皺 しわ が入る。 鼻口部は太く長く幅があり,吻端から頭頂までは平坦である。 前肢は長く,後肢は鰭 ひれ 状で,四肢には毛が密生する。 尾は短い。 門歯は上顎 6本,下顎 4本,犬歯は上顎と下顎に各 2本,頬歯は上顎と下顎に各 10本であるが,ときおり上顎の頬歯が 12本のものもいる。 一夫多妻で,繁殖場ではをつくるが,きわだったなわばり争いはない。 出産と交尾は 9月下旬から 3月初旬にかけて行なわれ,繁殖期以外は繁殖場から移動し広く分散して生息する。 食性範囲は広く,魚類および無脊椎動物を捕食し,ときおり海鳥を食べる。 における寒帯地方の亜北極海域に分布する。 北アメリカ北東部に生息する西大西洋系群,,,ノルウェー,イギリスおよびアイルランドに生息する東大西洋系群,に生息するバルト海系群の 3系群に分かれる。 沿岸性。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について の解説.

次の

ぞうあざらし を 英語

あざらし英語

アシカ、アザラシ、セイウチ、オットセイ、トドの違い、知っていそうで意外と間違いがちです。 まずは一番わかりやすいセイウチについて セイウチはセイウチ科で、牙(きば)があり、全長225〜360センチメートル、体重400〜1700キログラムとかなり大きい。 一番大きくて牙があるのが「 セイウチ」と覚えましょう。 セイウチを英語で言うと「walrus」 アザラシについて アザラシは漫画「 」の「ゴマちゃん」で人気になった「ゴマフアザラシ」をイメージするとわかりやすい。 セイウチと違って小さくてかわいいイメージです。 ただ、このアザラシ(アザラシ科)はアシカ(アシカ科)ととてもよく似ています。 アシカとの違いは耳がついているかどうか。 「もさ」さん、「カネトモ イチロウ」さん、ご指摘いただきありがとうございました。 ) この写真の動物は耳の穴だけしかありませんので(外耳がないので)「アザラシ」というわけです。 アザラシを英語で言うと「seal」 アシカとオットセイの違い アザラシとアシカも似ているのですが、アシカとオットセイはもっと似ています。 アシカとオットセイはともに「アシカ科」。 オットセイはアシカに比べて鼻面が細くとんがっています。 「アシカの方が鼻面が太く短く、丸顔である」と覚えましょう。 アシカ科トド属という分類になります。 アシカやオットセイに比べからだが大きく群れで生活し、陸で日光浴します。 アシカ科では最大の大きさです。 どこまで厳密に区別しているかは文脈で判断しましょう。 あわせて読みたい•

次の

ゾウアザラシ属

あざらし英語

アシカ、アザラシ、セイウチ、オットセイ、トドの違い、知っていそうで意外と間違いがちです。 まずは一番わかりやすいセイウチについて セイウチはセイウチ科で、牙(きば)があり、全長225〜360センチメートル、体重400〜1700キログラムとかなり大きい。 一番大きくて牙があるのが「 セイウチ」と覚えましょう。 セイウチを英語で言うと「walrus」 アザラシについて アザラシは漫画「 」の「ゴマちゃん」で人気になった「ゴマフアザラシ」をイメージするとわかりやすい。 セイウチと違って小さくてかわいいイメージです。 ただ、このアザラシ(アザラシ科)はアシカ(アシカ科)ととてもよく似ています。 アシカとの違いは耳がついているかどうか。 「もさ」さん、「カネトモ イチロウ」さん、ご指摘いただきありがとうございました。 ) この写真の動物は耳の穴だけしかありませんので(外耳がないので)「アザラシ」というわけです。 アザラシを英語で言うと「seal」 アシカとオットセイの違い アザラシとアシカも似ているのですが、アシカとオットセイはもっと似ています。 アシカとオットセイはともに「アシカ科」。 オットセイはアシカに比べて鼻面が細くとんがっています。 「アシカの方が鼻面が太く短く、丸顔である」と覚えましょう。 アシカ科トド属という分類になります。 アシカやオットセイに比べからだが大きく群れで生活し、陸で日光浴します。 アシカ科では最大の大きさです。 どこまで厳密に区別しているかは文脈で判断しましょう。 あわせて読みたい•

次の