ミニ 四 駆 超速 グランプリ タイヤ 改造。 【超速グランプリ】ギヤの改造考察(1)

超皇帝発進!

ミニ 四 駆 超速 グランプリ タイヤ 改造

Contents• スタビライザーやローラー上を装着してローラー減速をつける 簡単にできるコーナー対策として、 ローラーを装着するという方法があります。 ローラーには最大で8箇所に装着することが可能。 2段ステーを装着するとスタビライザーとローラー上をセッティングできます。 ローラーを多く装着するほどコーナーでコースアウトにくくなりますが、その分だけ コーナーで減速するためタイムが遅くなります。 最初は ローラーを1箇所ずつ装着していき、コースアウトしないギリギリのローラー数を試してみるとよいでしょう。 コースの登り坂でコースアウトする時の原因・対策 登り坂があるコースでは パワーが足りないと坂を登りきれずにコースアウトすることがあります。 パワーはモーターのパーツ性能が大きく関係してきます。 パワーの低い貧弱なモーターしか持っていない場合は、ショップで購入できる トルクチューンモーターへ変更するだけでもパワーが格段に上がります。 ジャンプ特性のパーツを選択することでコースアウトを防止できます。 ショップでは リヤローラー・スタビライザーがおすすめ。 ブレーキ減速1のスキルがつくのでジャンプ時に減速してコースアウトを防止します。 ウエイトはフロント・リアを同じ重さにする ウエイト(重り)の装着もコースアウトの対策として有効です。 セッティングウエイト2gと4gがあり、ショップでそれぞれ600コインで手に入ります。 ウエイトを設定するときはフロントとリアを同じ重さにセッティングしましょう。 重すぎると速度が落ちすぎるため、2gずつ装着してコースアウトしないか試してみましょう。 ウエイトは バウンド対策にも有効です。 パーツ改造でコーナー安定に有利なスキルをつける パーツ改造で コーナー安定などコースアウトにしくいスキルを付けることも有効です。 逆に 軽量化や エアロダウンフォース減少などを設定すると速度は上がりますがコースアウトしやすくなります。 改造は一度設定すると外すことができないので、レアパーツはよく考えてから改造をするようにしましょう。 1位 【大人気PCゲームのスマホ版】 GooglePlay・AppStoreで1位を獲得! シェルターを発展させ、世紀末の荒廃した世界で生き残れ!もちろん日本語対応。 2位 【 最新作RPG】 最強のアニマルを育成し、敵を殲滅させろ! 今一番アツいスマホ間違いなし! 3位 【史上最強の三国RPG】 今まで語られることのなかった、 新しき三国志のストーリー。 【神器】システムで課金勢を蹴散らそう! 4位 【キャラが可愛すぎる!】 楽しい学院生活で、女の子との絆を深めよう!奥深いバトルで激ハマりするユーザー多数! 5位 【放置系ゲームの王道】 MMO初心者でも無料で楽しめる!本当に放置してるだけで最強になります。 2位 【 最新作RPG】 最強のアニマルを育成し、敵を殲滅させろ! 今一番アツいスマホゲーム間違いなし! 3位 【史上最強の三国RPG】 今まで語られることのなかった、新しき三国志のストーリー。 【神器】システムで課金勢を蹴散らそう! 4位 【キャラが可愛すぎる!】 楽しい学院生活で、女の子との絆を深めよう!奥深いバトルで激ハマりするユーザー多数! 5位 【放置系ゲームの王道】 MMO初心者でも無料で楽しめる!本当に放置してるだけで最強になります。

次の

【超速グランプリ】タイヤの選び方とおすすめ改造

ミニ 四 駆 超速 グランプリ タイヤ 改造

改造の基本 本作では、各パーツごとにレアリティに応じた数の改造スロットがあり、そのスロットにさまざまな改造を施せる。 これにより、パーツの性能を引き上げることができる。 そんな改造でもっとも重要なポイントは、一度改造を施したスロットには、ほかの改造は施せないこと。 改造項目は複数あり、同じ改造を同じパーツに行うこともできる(改造項目によっては最大改造数が決まっている場合もある)ので、どのような組み合わせで改造を施していくかが重要。 なお、レアリティで決まるのはこの改造できる数のみで、パーツ自体の性能に違いはない。 再改造でランクが上がると、そこまで上げた強化レベルも新しいランクで再計算されるので、再改造はいつ行ってもよい。 これは貴重なものなので注意。 カテゴリごとの改造指南 ここからは、カテゴリごとに、基本的な例を解説していく。 ただしあくまでも個人の例で、必ずしもこれが政界ではない。 モードやコースによっても必要な改造は異なるので、 あくまでも一例として参考にしよう。 エアロダウンフォース関連の改造については、ウイングなどで高めることができるので、あまり考えない。 まずはそちらで調整した方がいいだろう。 ただし、一度肉抜きすると元に戻せないうえ、見た目に影響がでてくる。 ちなみにステッカーやメッシュなど、見た目だけの変更では性能に差は出ない。 ただパーツに余裕があるなら、これら中心の改造パターンも用意しておくのもいい。 スピードはレブチューン、パワーはトルクチューンに対して行い、それぞれを複数用意しておきたい。 レブチューンである程度パワーのあるもの、トルクチューンにスピードを加えたものなど、さまざまなタイプのモーターを用意し、細かく切り替えられるようにしておくことがベスト。 また、同じスピード重視でも、改造段階を複数用意しておくと便利。 改造レベルの総数を、90、180、最大など、ある程度段階でわけておけば、モーターの切り替えだけで調整できることもある。 すべてを無理に高レアリティにする必要もなく、低レアリティで改造段階の低いものも用意しておこう。 もちろん、ノーマルモーターにも使いどころはある。 ギヤ ギヤを改造するメリットは、大きくわけてギヤ負荷を下げることと、パワーロスを改善すること。 どの場合もパワーが上がるので、効果がわかりやすい改造だといえる。 ギヤの改造例 改造項目 内容 回数 腕前 ギヤフローティング加工 ギヤ負荷 〇〇〇 パワー 〇 2 20 ギヤ位置の固定 パワーロス 〇〇〇 パワー 〇 2 20 ギヤ研磨 ギヤ負荷 〇〇 パワー 〇 4 10 ホイール フロントとリアでは、改造項目自体に違いはない。 ただ、タイヤと違ってホイール自体の改造は優先度は低い。 まずはタイヤの改造を優先し、余裕ができてからでOK。 これは、パワーロスを改善することができるので、可能なら優先させたい。 基本的にフロントタイヤは摩擦重視、リアタイヤは旋回重視という考え方が一般的。 これはオフロード性能が上がるので、スパイクタイヤでは鉄板改造といえるだろう。 オススメの改造.

次の

ミニ四駆超速グランプリ(アプリ) 最強ボディ&最速パーツの改造方法!

ミニ 四 駆 超速 グランプリ タイヤ 改造

アプリ『ミニ四駆』はパーツも大量にあり、改造項目もたくさんあるので、どこから改造していいのか悩みますよね。 特に改造項目は取り返しのつかない部分もあり、高レアリティパーツを改造するときは特に悩ましいです。 そんな時の指針は、パーツごとの「良いところ(=特長)を伸ばす」のがオススメです! 改造段階は、自分の「ウデマエLv. 」に依拠します。 ウデマエが20LV. の場合は、改造も20段階まで出来るのです。 もちろん、全部フルマックスでレベルアップ出来ればよいのですが、レベルが上がるほど必要な強化パーツが増える為、何でもかんでもマックスまで強化はしてられません。 そこで取捨選択が必要になってくるのですが、どうやら元の数値が高い項目の方が、改造した際の上昇幅が多いようです。 740」上がります。 改造項目も、そもそもそのパーツに期待される能力(スピードを伸ばしたいのか、コーナリングを安定させたいのか)に沿った改造を選ぶと、腐りにくいと思われます。 もちろん、欠点を補うことも重要ではあります。 ただ、中途半端に欠点を補おうとしても、元の数値が低いとあまり効果を得られないこともあります。 改造で欠点を補うくらいであれば、それ用のパーツを付けたほうが効果的です。 (減速ならスタビライザーを付けるとか) 改造のコツ2:最優先はモーター! 次点でギヤ、アクセサリー 改造の指針はなんとなくお分かり頂けたかなと思いますが、そもそもパーツが多いので、どれから強化すればいいか迷うことも多いと思います。 まずは「モーター」パーツを鍛えます。 パーツの性能(数値)を見ればすぐに分かりますが、モーターパーツはスピードとパワーの数値が他より段違いに高いです。 ギヤも数値上は低めですが、必ず使用するパーツの為、改造しても腐りません。 (あとは改造項目が少ない為、最適解が分かりやすく、失敗しにくいパーツでもあります) アクセサリーは現状付け得で、付けただけ性能がアップしますので、こちらも手に入り次第、改造したいパーツです(ただしウデマエLV. 20から本格的に改造がオススメ)。 オススメアクセサリは「ゴールドターミナル」(通称:金タミ)で、当初はあまり性能が発揮されませんでしたが、上方修正された現在はかなり有用なパーツです。 メインスキルが「節電」で、5レーンが基本の超速グランプリに代表されるロングコースだと後半のスピードダウンが防げます。 改造のコツ3:被ったパーツは捨てちゃダメ! 改造バリエーション用に取っておこう 厳密には改造ではありませんが、余ったパーツの扱いにお困りではありませんか? 私も前回の記事で書いた通り、ボディ「シャイニングスコーピオン」狙いでスーパー1シャーシとFRP強化ステーを3つずつ引いた男ですので、ご多分に漏れず扱いに困っております。 一応、「リサイクル」という機能はありまして、各パーツごとのEXPに変換できるのですが、変換できるEXPがさほど多くないのと、ミッション周回した方が遥かに効率が良いです。 現状では、余ったパーツは残しておいて、改造バリエーションを広げるのが正解だと思います。 (同じトルクモーターでも、改造の方針次第で「パワー全開脳筋モーター」と「スピード盛々万能モーター」を作ることができます) また、今後どのようなコンテンツが実装されるか分かりませんので、選択肢は広いほうが良いのは間違いありません。 ただ、パーツをリサイクルせずに持っておくばかりですと、所持欄を圧迫します。 その場合は、ガシャで引いた際に「パーツ開封」をせずに、袋に入ったまま保管しておく方法をオススメします。 ただし、セッティングの際に未開封パーツを忘れて、「これ持ってなかったけ? ガシャ引かなきゃ……」となることも多いので、注意しましょう。 (ちゃんとセッティング画面から未開封パーツも参照できるようになっているので、念頭に置いておけばOKです!).

次の