錆 兎 義勇。 真菰と錆兎どっちが先に最終選別を受けた?時系列を考察!

錆兎の着物と義勇の羽織の柄の関係は何巻で確認?

錆 兎 義勇

「鬼滅の刃」冨岡義勇の羽織がかっこいい? 富岡義勇 — R・Mリム*模写 RM69758651 義勇は詰襟の上から、右半分が無地・左半分が亀甲柄の羽織を着用している。 水柱の冨岡義勇の羽織は、とにかく個性的ですよね。 おしゃれなのでしょうか・・? 良いですよね!半々羽織! 炭治郎のチェックもかっこいいですけど義勇さんの羽織は色々なものが詰まってて来るものがあります — ズンダリンダ zundarinda0512 義勇さんの半々羽織、支部辞典で「ダサい私服」「イケメンは何を着ても似合う」てタグに関連されてて「えぇっ!?かっこいいじゃんなんで!!?!?」てなった。 あれダサいの? — るふらっぴ ruhurashian 「鬼滅の刃」冨岡義勇の羽織の柄は錆兎の着物と一緒なのはなぜ? 命を繋ぐんだ 義勇 このシーンは感動ものでしょ。 — 錆兎。 2GYSsyqo6hWpEcj 義勇の命の恩人、姉の蔦子と、同じ釜の飯を食った、親友である錆兎。 この二人がいなかったら、義勇はこの世にはいないということです。 姉の着物 義勇の姉の蔦子は、自身の結婚式の前日の晩に、鬼に襲われてしまいます。 ほかの家族が死んでいく中、義勇は、蔦子に匿われ、命は助かります。 しかし、その姉は、義勇の目の前で、鬼に食べられてしまうのです。 そんな姉の死が、義勇のトラウマになってしまうのでした。 「姉ではなく、自分が死ねばよかった」 たぶん誰でもそう思うと思いませんか? 自分のために死んでいった姉。 そして、生き残ってしまったつらさ・・・ それらを背負って、これからも生きていかなくてはならないということ。 死んでしまったほうが楽だと思っても仕方がないでしょうね。 そんな思いを克服しようとしていた矢先、またも義勇には試練が課せられることになるのです。 錆兎の着物 錆兎は、義勇が心許した親友です。 ともに鬼殺隊に入るべく修行に励んでいました。 そして、鬼殺隊最終選別の日、錆とは死んで、またしても義勇は生き残ってしまうことになります。 「水柱は、自分でなく、錆兎がなればよかった」 ここでもやはり、生き残ってしまった辛さ、重さを感じます。 そして、鬼殺隊に自分の居場所はないと考えていたのです。 それでも、義勇は生きていかなくてはならないのでしょう。 「義勇さんは錆兎から託されたものを、繋いでいかないんですか?」 と言う炭治郎の言葉に心動かされる義勇。 右に姉の着物、左に錆兎の亀甲柄の着物。 彼らを背負っていく覚悟の羽織なのでしょう。 伊之助が「半々羽織」と呼びつけていたので、名前はそれに決定。 その錆兎のほうの柄の名前が気になる人が多いみたいです。 この柄には、正式名称はないみたいで、幾何学模様に作者がオリジナルの色と模様を入れただけのオリジナルだということです。 pixiv. php? 錆兎の着物の柄のオリジナルは作者の想いが詰まったものなのでしょうね。 「鬼滅の刃」冨岡義勇の羽織は誰が作った? こないだ、いぶきが蜜璃コスするって聞いて即ゲスメガネ 前田まさお で絡みたい言うたのに軽くスルーされた気がする。 — まゑ🚬💚💭 7rakmae 鬼殺隊には、隊服縫製係という部署があります。 前田まさお、別名「ゲスメガネ」。 彼は、女性隊士に、露出の高い服を仕立てるという変態です。 義勇は、彼に頼んだのではないでしょうか? 「この生地で、俺に羽織を作ってくれ。 右はこの生地、左はこの生地、縦半分でたのむ・・」 真剣に頼み込む義勇。 おそらく前田はこう思ったのでしょう。 「ダサっ」 仕方がなく作ったのでしょうね。 後藤さんをさしおいてフルネームが出てる隠の前田まさおの存在よ — るーつ rutukimetu.

次の

鬼滅の刃 富岡義勇の過去とは?姉・蔦子や親友・錆兎に起きた悲劇

錆 兎 義勇

スポンサーリンク まとめ 冨岡義勇と同期で、たぶんその時に 一番強かったと思われる錆兎。 山に放たれていた鬼を全部ひとりで斬ってしまったのが、いけなかったのでしょう。 仲間もどうしていいかわかりません。 今もしもいてくれたら、どんなに心強かったかと思うと、また後悔してしまいます。 冨岡義勇が 半分ずつにしてきている羽織は、錆兎を忘れないためと自分を戒めるためなのでしょうね。 竃門炭治郎がくじけそうになった時に助けに来てくれた優しい兄弟子です。 しかも、ずばりと炭治郎に向かって、鱗滝さんに習ったことを身につけていない。 知識として習得しただけだと指摘します。 自分の知識として知っているものがあっても、それを使いこなさなければ宝の持ち腐れだと鍛錬で身をもって教えてもらいました。 特に 呼吸法は大切なようで、指摘を受けていました。 厳しい口調で指導もされますが、竃門炭治郎が錆兎に勝利するまで半年間木刀のみで炭治郎に教えてくれました。 竃門炭治郎の指導をしながら、錆兎はどう思っていたのでしょう。 もう少しで最終選別に残れそうだったのに。 竃門炭治郎より自分の方がずっと強い。 冨岡義勇が羨ましい。 鱗滝左近次にもう一度会いたい・・・。 でもそんなことは思わず、ただただ炭治郎を強くしたい。 最終選別に合格してほしいときっと錆兎なら思っていたのではないでしょうか。 竃門炭治郎との真剣を使った最後の訓練で、錆兎の面が切られました。 その時初めて見た錆兎の表情は とても優しい表情でしたね。 お面との対比でとても印象的でした。 そのあと錆兎は忽然と姿を消していました。 そして岩は切れていました。 なんだかキツネにつままれたような感じがしましたが、やはり この世の人ではなかったからでしょうか。 竃門炭治郎が岩を斬った途端、自分の仕事は終わったと思ったからなのでしょうか。 できれば幸せに鱗滝左近次の故郷に帰っていて欲しいです。

次の

「鬼滅の刃」冨岡義勇の半々羽織がかっこいい|錆兎の着物と柄が一緒なのはなぜ?

錆 兎 義勇

下記クリックで好きな項目にジャンプ• 【鬼滅の刃】真菰 まこも と錆兎 さびと どっちが先に最終選別を受けた? 手鬼が錆兎と真菰のことを同時に話していたので、てっきり2人同時に手鬼と戦ったと思っていました。 しかし、「義勇が錆兎と一緒に最終選別受けたこと」「その年の最終選別は錆兎以外全員受かった」と義勇が発言したことで、 別々の年に最終選別を受けたことが判明しました。 確かに錆兎と真菰が一緒に最終選別を受けたとは表現されていないので、読み手の勘違いということになります。 個人的には錆兎が先に最終選別を受けたと思っていますが、逆に「真菰が先に最終選別を受けた」という意見も多いです。 真菰と錆兎どっちが先に最終選別行ったんだろ 真菰かなあ — わらびどんまい waradoon 俺的には真菰が先で、冨岡義勇と錆兎が炭治郎のがなる前で最後の弟子って感じで考えてるんだけど 教えて水の呼吸の民 — フード FoodAct1018 ワニ先生がどっちが先かまでは設定していない可能性もありますが、鬼滅ファン的にはとても気になるところ。 一体どっちが先に最終選別を受けたのか・・・。 関連: 関連: 錆兎と真菰の面識 「最終選別はどっちが先か」について話をこじらせているのが、錆兎と真菰の面識の有無です。 錆兎も真菰もお互い面識のないまま最終選別を受けたという考察も多いですが、実は 2人とも同じ時期に鱗滝左近次の弟子として過ごしていたみたいですね。 アニメ公式サイトの真菰の紹介文には 「鱗滝のもとで錆兎とともに育てられた」と書いてあり、2人に面識があったことが分かります。 義勇の過去の振り返りでも真菰が一切登場していないのも、最終選別の時系列の考察を妨げる原因と言えます。 【鬼滅の刃】最終選別の時系列を関係・年齢から考察 面識がありつつも、一緒に最終選別を受けていないということは、 年齢の高いほうが先に最終選別を受けた可能性が高いです。 錆兎のセリフや口調が年上っぽい? 錆兎は真菰に対してちょいちょい上から目線というか命令口調の気がします。 兄弟ではないけど2人とも孤児だったということですので、もともと同じ孤児院から鱗滝さんのところに引き取られた可能性がありますが、 錆兎が真菰に「後は任せるぞ」とか「お前」とか言っているあたり、 錆兎のほうが兄貴分的な立場だった可能性は高そう。 そう仮定すると、 「年齢が上の錆兎が最初に最終選別に挑み、それ以降に真菰が最終選別を受けたのではないか?」 とも思えます。 義勇さん炭治郎に話した回想に真菰が出てこなかったのは、単純に「炭治郎が真菰のことを知っているはずがない」と思ったからかもしれませんね~。 そして、真菰が手鬼の印象に残るほど強かったのは、「 幽霊となった錆兎が炭治郎のときのように真菰を訓練した」と考えるのも面白いです。 そんな錆兎の幽霊に真菰は修行をほどこされた結果、大型の異形である手鬼の印象に残るくらい強くなったのかもしれません。 関連: 関連: 関連: 【鬼滅の刃】真菰と錆兎の最終選別の時系列についてのまとめ 真菰と錆兎は同時期に鱗滝さんの弟子として過ごしていたようなので、義勇さんも含め面識はあったことが分かります。 しかし一緒に最終選別を受けていないとなると、 年齢などの関係で真菰と錆兎の選別時期をずらしたとも考えられます。 仮のそうだとすると、錆兎のセリフや口調から錆兎の方が年上の気もしますから、 錆兎の方が最終選別を先に受けた可能性は高そうです。

次の