イグジット かね ちか。 EXIT兼近大樹の犯罪歴(前科)ともう一つの警察沙汰(窃盗)【文春全文まとめ】

EXIT(イグジット)兼近が逮捕されていた?容疑は少女買春あっせん!?【週刊文春】

イグジット かね ちか

兼近氏は窃盗事件について、事情聴取と10日間の勾留はされたが逮捕はされていないと否定しています。 (後述します) EXIT兼近のインタビューまとめ 札幌にいた頃、2011年頃まで風俗店で従業員として働いていた。 その頃に売春防止法違反容疑で逮捕されたのは事実。 逮捕されたのは19歳ぐらいの頃。 簡易裁判で罰金刑10万円で出てきた。 被害者がいないということになったので、服役はしていない。 (逮捕された事件について)当時、自分はそれが普通だと思っていた。 周りが全員そうだったから、悪いことをしているという認識がなかった。 自分はお金の受け取り役ではなく、なにか事件が起きたときに助けに行くという役だった。 援助交際のお客さんがお金払わないとか、逃げちゃうとか、暴力とかがあるため。 つまり、自分は用心棒代わりだった。 用心棒をする代わりに女の子がもらったお金をちょっともらっていた。 その女の子たちはもともと暴力団のしのぎで援助交際を始めた。 しかし、上が暴力団なので、いきなりお金をくれないなどトラブルが多かった。 そういう子たちが20~30人集まって、全部自分に連絡してくるようになり、規模が大きくなっていった。 自分が元締めだったかと言われれば、元締めだったと思う。 それは自分より上の人がいなかったから。 ただ、警察側が元締めではない判断した。 自分がなにかを引っ張ってやっているわけではなく、たまたま援助交際をやっていた女の子たちが繋がったのが自分だったから。 風俗店の従業員を始めたきっかけは、女友達。 15、16歳のときからの女友達がいて、その子が18歳を超えたときに自分が風俗店で働いていたので、一緒に働き始めた。 その時はそれが当たり前になっていた。 『そういう人生なんだ』って思っていた。 実際に逮捕されたとき自分は店長だったが、それが駄目なことだと初めて知った。 そこで始めて法律の大切さを知った。 翌2012年の窃盗事件については、自分が逮捕されたというのは絶対に嘘。 それは逮捕歴調べてくれれば、絶対にわかる。 自分が働いていたバーがあって、その店のオーナーが窃盗で捕まっている。 窃盗事件の共犯者でもない。 でも、自分を含めた従業員全員、事情聴取はされた。 窃盗事件は「B」のオーナーらが計画し、実行に移した。 警察に共犯の可能性を疑われたため事情聴取をされたが、10日間の勾留の末に嫌疑が晴れ、保釈された。 窃盗事件は濡れ衣だった。 警察から『関係している人たちが全員悪い人たちだから』という理由で疑われた。 自分は当時、一緒に育ってきた周りが不良グループだった。 当時付き合っていた小学校からの同級生がみんな不良だったので、東京に飛んできた。 自分は死んだことにして全員(関係を)切って東京に来た。 芸人を志したきっかけは、勾留中に読んだピースの又吉さんの『第2図書係補佐』。 勾留期間中に警察の人から『ここから出たら、全員切って東京に行け』と言われた。 『B』で働いていた頃、『自殺する』と言って女性客からお金を借りたのは完全な嘘。 上京後は、バイトを無茶苦茶している。 全部やり直そうと思ってお金を持たずに裸一貫で来ているので、派遣でイベント会社をしたり、居酒屋もしていた。 上京した頃は、家賃2万円の中国人寮に住んでいた。 正直、(逮捕歴は)いつか絶対バレるとことなので、吉本にはずっと話していた。 絶対誰か気づくので、それが今、文春さんが知ってくれたっていうことが正直嬉しかった。 『やっと今、言えるんだ』って思った。 吉本からは『誰にも言うな』『絶対ダメ』って言われていた。

次の

EXIT兼近大樹の犯罪歴(前科)ともう一つの警察沙汰(窃盗)【文春全文まとめ】

イグジット かね ちか

A post shared by kanechikadaiki on Jun 17, 2020 at 6:16am PDT マウスピース矯正ではないけれど、自分も小学校から中学にかけて合計4年間くらい(?)ブリッジの矯正歯科をしていた経験があるので、矯正歯科が完了した時の解放感はものすごくよくわかります。 やっと口の中から異物がなくなる爽快感といったら! 矯正歯科が終わった当初は、歯並びがきれいになった喜びよりも、器具が外れた開放感の方が大きかったなあ、私は。 っていうか、かねち、ローランド様くらい歯が白いよ(笑)。 ブラックライトが当たったら歯だけ浮いて見えるんじゃないかと思う。 なにより、歯並びの悪さは、毎日歯磨きをする自分だもんね。 ちゃんと歯間ブラシやフロスと普通の歯ブラシを併用したとしても、なーーんか気になる。 やっぱり歯並びがいい方が断然歯は磨きやすい。 歯磨きの時に歯が磨きやすかったり、食事の時に食べ物が歯に挟まりづらかったりすると思う。 EXIT兼近の歯にまつわる話 貧乏で歯の矯正が出来なかったため 下の真ん中の歯が異常に前に出ていて 上の歯とあたり奥歯がほぼ機能せず、固い食材を前歯でカリカリ噛んでいる人それがかねち。 — りんたろー from EXIT rinnxofficial 陣内:まあ、兼近は入ってくるか~ 兼近:まあ、そうですよね。 僕入らないと嘘になっちゃいますから。 陣内 歯の矯正してるやん、おまえ。 兼近 ちょっと、これに向けて。 これに向けて、ちょっとずつ色んなとこ、きれいにしてこうかなと思って。 陣内 めちゃめちゃ、これに向けてるやん。 ま、兼近は入ってくるよ。 兼近 そうですね、ちょっと、がんばろうかなと思って。 まあ、もちろんりんたろーさんも入ってくるんで、一応、入ってきたらまずいんで、まあ賞金がありますんで。 それは絶対に半々にしようって。 陣内 いや、りんたろーは入ってこうへんやろ。 りんたろー あ、いやいや、うちも矯正してるし。 陣内 ジージャンを羽織るな、おまえ。 腹立つわ。 りんたろー 絶対袖は通さない。 陣内 袖は通せ。 りんたろー そうなんですよ。 陣内 歯、矯正してやん。 りんたろー だから僕も備えてるんですよ。 だからもう準備はできてます。 陣内 もう髪型おばはんやんか.

次の

EXIT兼近とりんたろーのマウスピース矯正歯科はどこ?歯並びが綺麗に!

イグジット かね ちか

9月5日発売の『週刊文春』で、20歳のとき売春防止違反の疑いで逮捕され、罰金刑の有罪判決を受けたという衝撃の過去が明らかになりました。 同誌が取材した、兼近の地元北海道札幌市の記者のコメントによると、逮捕容疑は2011年4月、当時19歳の女子生徒に、出会い系サイトで知り合った男性と市内のホテルでいかがわしい行為をさせたというもの。 その際に現金1万5000円を受け取らせているので、 少女売春あっせんと呼ばれる行為です。 9月1日深夜、週刊文春取材班が本人に直撃すると、兼近は事実関係を認めたうえで、「はいはい。 そうです。 簡易裁判で、罰金刑10万円で出てきました。 僕はそのとき、それが普通だと思っていたんで。 周りが全員そうで」と回答しています。 20分にわたって罪を告白するという異例の対応でした。 兼近といえば、実家が貧しかったことを度々本人が語っており、有名な話です。 異例の対応、兼近は「やっと、今、言えるんだ」 今回の取材を受け兼近は、「正直、いつか絶対バレることなんで、吉本にはずっと話していて。 絶対に誰かが気付くんで、それが今、 文春さんが知ってくれたっていうことで正直嬉しかったです。 『やっと、今、言えるんだ』って!」と記者に対して答えています。 また、同誌発売後に、「見出しだけで判断せず、買って内容を読んで見てください」と、一連の報道を受けての思いを画像4枚に渡りツイート。 そこから抜け出しても受け入れてくれる場所はまだあるぞと、 失敗しても抜け出して楽しんで生きてる俺を見せることが人を励ますことになれればと本気で思っています」とつづっています。 同ツイートには5日夜の時点でRTが2万、いいねは12万を超えています。

次の