アシガール 漫画 ネタバレ。 アシガール15巻の発売日はいつ?ネタバレと漫画を無料で読む方法

アシガール99話(8月号掲載)ネタバレ最新考察!大事にされる唯と現代に戻る尊

アシガール 漫画 ネタバレ

アシガール【第98話】のネタバレ 現代で、 一人葛藤していた唯。 しかし、 もう帰れないのだと思っていた矢先に、唯は 木村先生からついに、尊の書いた タイムマシンの設計図と 清永からの「愛の手紙」を受け取ることに成功。 そして 無事に戦国に帰れた唯だったが、いろいろあって 満月の日から時間が経っての清永の元への到着となり、あの 織田との会合の日に現れたのだということが明かされた。 そして、 信長とのことが一段落したとき。 唯は 「世継ぎ」が出来たことを他の人間から祝福されるが、 素直に受け取れず。 嫌味すら言って皆を責め立てると、 皆は腰低く謝っていて、それを見た尊は 「お世継ぎのご母堂」が強いことを思い知っていた。 ただそれは 「唯が大事にされている」証拠だとも思う尊は、同時に 清永も顔が穏やかになっているのを見つけ、 思わず安心してしまうのだった。 戦国時代の尊の生活 そして 戦国での日常に戻り始めていた唯は、ふと 尊が見当たらないことに気付く。 そこで探し回っていたところ、 庭にいた孫四郎に、 尊が「けんきゅーしつ」にいることを聞いた。 しかし、すぐには意味が分からず、 きょとんとしてしまう唯。 すると孫四郎は、 庭の隅に小さくつくられた小屋に案内してくれて、 唯はさらに困惑してしまった。 そして中に入ってみると、そこには 勉強机と大量の研究結果が所狭しと並んでいて、その 見慣れた光景に思わず 驚きの声をあげる唯。 どうやら尊は、 戦国に来てから庭に持ち込んであれこれやっていて、 それを見た清永が、この「研究室」となる小屋を建ててくれたので、 ここで研究をしているようだった。 ちなみに いつの間にか、尊は一人称が「わし」になっているが、唯は そこまで突っ込まない。 ただ こっちでも同じことをする尊には、唯は 改めて驚いていた。 唯が知る尊の功績 ということで、 尊が何を作っていたのかを唯は聞いてみることに。 すると尊は、 「生きていくために必要に迫られた」ものを作ったそうだった。 そして見せられたのは、 せっけんやシャンプー、歯磨き粉などの「衛生的に過ごす」ためのものや、 総合栄養サプリ、さらには 大量の虫よけグッズ。 あとは まくらや座椅子、わらじに見えるスニーカーなど、 戦国で快適に過ごすためのグッズを 大量に作りこんでいた。 ただ 懐中電灯だけは、電池がちょっとまだ難しく、スイッチを押すと10秒で消えてしまうものしか出来ていないとのこと。 しかし 尊の功績は、こんなものではなかった。 というのも尊は、 井戸を改良して、 「水道もどき」を作っていたのだ。 それは 水仕事をする女性陣に大好評で、尊は 唯に功績を紹介している最中も、次々に礼を言われる。 それに 思わず感心する唯だが、 尊はまだまだ功績を残していた。 そして次々に、唯は 尊の発明品を紹介される。 するとここからは、 「消火器もどき」や、「ハイパー物見櫓」など、 結構役に立つし大掛かりなものが多かった。 こうして唯が感心しながら見ていると、尊たちは突然 三之助に声をかけられる。 というのも、 頭のいい三之助はいつの間にか 尊の弟子になっていて、 マグネシウムの抽出も出来るし、 薬やせっけんあたりの作り方は、全て伝授しているとのことだった。 尊の戦国生活の終わり そしてそれらを知った唯は、改めて 尊が成長していることに驚く。 実のところ唯は、 尊はきっと膝をかかえて、ずっとメソメソしていると思っていた。 しかしそれを聞いた尊は、確かに 戦は嫌だが、自分にできることを、と思って動いていたことを話し、 思わず礼を言ってしまう唯。 するとそんな時、ふと尊は 今作っているものも完成させたいので、 「赤ちゃんに会ってから帰ろうかな」とつぶやいたのだが、 唯はそれに大反対したのだった。 現代の母たちが心配しているのもそうだし、唯は 尊には現代に帰ってもらい、3人乗りのタイムマシンも開発してもらわなければならないのだ。 それを聞いた尊は、 ちょっとその、 唯の断固としたあまりの反対に、 少し複雑な様子。 しかし、 帰ることには納得しているのか、尊は 次の満月の夜に現代に帰り、5カ月間の戦国生活を終えたのだった。 そして そんな尊の功績が、 のちに 御月家を救うことになるのだが、 それはまたあとの話。 現代に帰ってきた尊の心 それから現代に帰った尊は、 まず髪の毛をバッサリ切っていた。 戦国でどうしても切れずに、ずっと切りたいと思っていたようなのだ。 ただ その様子が、なんだか前よりも男らしくなったように感じられて、 唯たちの両親は、 尊が成長したと感動し、 父も今度は戦国で鍛えてこようかと思うほど。 しかし そんな印象を全く知る由もない尊は、 現代の柔らかいベッドに心の底から感動し、 現代のありがたみを思い知っていた。 だからこそ、 尊は知らない。 実は学校で、自分が 「2学期ほとんど学校に来ていなかったのに、模試が学年トップで、様子もカッコよくなっている」と話題になっているのを。 というか 「そんなこと」よりも、なんだか尊は 安心のあとに、 戦国への「淋しさ」が感じられるようになっていたので、 気にしていなかったのだ。 そして戦国のことを振り返ると、 一年もたっていないのに、なんだか遠い昔のことのような。 でも、 現代は何一つ変わっていなくて、やはりあまり時間は経っていないような、 なんとも言えない感覚に。 そして そんな複雑な思いをいだいていると、尊はようやく気が付いた。 自分が前より、じろじろ見られているような気がすることに。 ただ、尊はすぐに それを「気のせい」だと思っていて、 「戦国武将生活」が神経が過敏になっているだけだと、結局 まったく気づきもしないのだった。 アシガールの最新話を含めココハナをすぐに無料で読む 以上、アシガール【第98話】のネタバレをご紹介しましたが、やっぱり絵があって最新話を読んだ方が面白さは全然違ってきますよ。 U-NEXTを使えばココハナの 2020年8月号も電子書籍で今すぐ無料で読むことができます。 今回のアシガールの最新話を絵付きで読みたいと思ったらぜひ試してみてください! 31日間無料お試し期間がありますし、登録直後に600ポイントもらえますので。 そして、尊がかなり頑張っていたのがわかって、ちょっと感動しました…! さて次回、一体なにが起こるのでしょうか? 尊の発明がなにか御月家を救うとなると…戦に関連するものなのかな、とも考えられますが、なんかもしかして、織田との交渉に有利になるとかもあるのかな。 ジコニウム合金って何に使うの…? 笑 次回、何かどう作用して、どうなるのか!楽しみですね! 次回のアシガール【第99話】掲載のココハナ2020年9月号の発売日は7月28日になります! まとめ 以上、アシガール【第98話】のネタバレ・感想を紹介しました。 漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。 無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!.

次の

アシガール【最新話】ネタバレ99話!戦国時代に馴染んだ尊、現代へ│シロカミエンタ

アシガール 漫画 ネタバレ

本記事は、2019年1月28日発売のココハナ掲載漫画『アシガール』番外編ネタバレ・感想をご紹介していきます。 閨チャレンジを終えた唯は夜中に目が覚めると、隣で眠る忠清の美しい顔に見惚れていました。 すると忠清も目を覚まし、ふたりはまた幸せな時間を満喫していました。 翌朝となり唯が目を覚ますと既に忠清は部屋にはおらず、藤尾がやってきて唯の世話をすると渡瀬を紹介した。 だが唯は渡瀬の笑ってない目が怖いと逃げ出し、忠清の後を追うと馬に乗る忠清の姿が…。 忠清の背中を見つめながら、唯は450年の時を超え出会うはずのない人と出会い結ばれたことについてかんがえていた。 これは許されることなのだろうかと考えを巡らせてはいたが、自分で決めたことだからとここで生きる決意。 そして、忠清の元へ駆け出したのであった。 それでは早速、2019年1月28日発売のココハナ掲載漫画『アシガール』番外編ネタバレ・感想をお届けしていきます。 関連記事: スポンサーリンク Contents• 木村先生は、そこではじめて唯が結婚をするために外国へといったことを聞かされ驚いていた。 そんな木村先生は、羽木家の事で驚くべき発見があったと家系図を開いて見せた。 緑号へ行った羽木忠高は子供のいなかった御月晴永の跡を継ぎ、御月忠永へ改名したのだという。 忠清は忠永の後を継いだ御月清永ということになる。 なので御月清永は、明治維新まで続いた緑合御月藩の基礎を築いた名君なのだと説明をする。 そして家系図によると、清永が結婚した女(天野氏)との間には7人(四男三女)の子供がいたのだと続けた。 現代でそんな話がされていた頃、閨チャレンジを終えた唯は夜中にふと目を覚ましていた。 隣で眠る忠清のキレイな寝顔を見つめながら、唯は幸せな気分にひたりまくっていた。 唯が若君の愛おしくも可愛い寝顔を見つめながら、そっと唇へと指を伸ばすと、若君は唯が起きていることに気づき目を覚ました。 そして二人は再び、幸せな時間を満喫するのでした。 翌朝、唯が目を覚ますと既に忠清の姿はなく少し不安になる唯。 すると、障子から藤尾が顔を覗かせまた。 そんな藤尾の登場に驚いてしまった唯は、藤尾に今日から唯の世話をする渡瀬を紹介されたのだった。 しかし唯は、顔は笑ってるものの目は笑っていない渡瀬の顔に恐怖していた。 そして唯は、外回りに出たと言う忠清の姿を探し部屋を飛び出していったのだった。 すると、馬に乗る忠清の後ろ姿をとらえ、じっと見つめる唯。 自分が450年と言う時間を超え、出会うはずのない人と出会い結ばれたのだということを改めて考えていた。 これは許されることなのか?などと考えをめぐらせていると、その表情に成之と若君が気付いた様子。 そんな唯は、許されるかわからなくても自分が決めたことだからと気持ちを新たにし、ここで生きる決意をすると若君の下へと駆け出していたのだった。 タイムスリップ編のラストとなった前回は、幸せそうな唯と若君の姿に癒されました。 また時空を超えての大恋愛の末、結ばれた唯の迷いと決心というのもとてもよかったですよね! 心証はどんなスタートになるのか今からとても楽しみです! スポンサーリンク 漫画『アシガール』番外編 ネタバレ・考察 今さらビックリしたことが😅2017年9月から で始まった。 永禄二年の秋、羽木家は高山との戦いで損害を被っていました。 そして黒羽城を狙う野上衆とも小競り合いが続いていたのだった。 そんなある日のことでした、高山が修復中の小垣城へ奇襲をかけたとの知らせが入ったのであった。 その知らせを受けた忠清、父のもとへと急いで向かった。 そして、何ゆえ すぐさま小垣へ援軍を出されぬのです!と進言したのだった。 そして、一昨日に小垣城が落とされてしまったと続けたのだった。 忠清もその知らせには驚いてはいたものの、それよりも今は政秀や小垣のものがどうなっているのかが気にかかって仕方がなかった。 だからこそどうなのかと父に訊ねたのだが、父からはきっぱりと「まだわからぬ」と返されてしまったのであった。 飛び出してしまった忠清 今はまだ、早やって出陣をする時ではないと忠告する父に向い忠清は声を荒げていた。 お見捨てになるのですか?という忠清のその言葉に、父もまた声を荒げ忠清を怒鳴りつけるのであった。 このとき父の予想では、小垣は手遅れであろうと判断していたのであった。 だからこそ小垣城に援軍を出すのは得策ではないと考え、城の守りを固めることで野上に備えることを優先しようとしていたのだった。 そして小垣城を奪い返すのであれば、そんな足元の地固めが終わったのちになるだろうとも考えていた。 だからこそ父は、頭を冷やせ忠清と叫んだのであった。 説明を一通り聞かされた忠清は、ひとりいてもたってもいられず馬に跨り駆け出したのだった。 そんな忠清を小平太は止めようとしたのであったが、それをさらにじじ様が止めに入った。 それはじじ様が忠清は、そこまで愚かではないとわかっていたからなのであった。 ひと駆けなされてお戻りになる、わかっておいでなのじゃ、なればこそ遣り切れぬ思いでおられるのじゃ。 じじ様のそんな言葉の通り、忠清は領地内の草むらに一人たどり着いていました。 そこで忠清は、愛馬に語り掛けていました。 お前から見れば、人はさぞ醜いものであろうのと。 忠清は愛馬にその思い悩む胸中を語りながらも、草むらへと寝ころんだのであった。 唯と忠清の出会い 忠清が、草むらに寝ころび思い悩んでいた時でした。 どこからともなく唐突にしいたけだぁという声が響き渡り、忠清は思わず起き上がったのであった。 その突然の声に何事かと思い、慌てて子へと目をやるとスカートに傘をかぶった、足軽のような風貌の人間がキノコに向ってゆっくりと迫っていたのであった。 しかしそのキノコをみた忠清は、思わずポツリとたわけ毒じゃと一言呟いたのだった。 こんな切羽詰まった時に何とものんきな奴だと、思わず忠清は笑ってしまったのであった。 しかし、まさかこの時のキノコ小僧が、自分の未来の妻になる相手だなんて…。 忠清は、そんなことを夢にも思っていなかったのであった。 そして、今、妻となった唯を目の前にしているものの、あの時の小僧と唯が同一人物であるということを、忠清は知るはずもないのであった…。 なんだか癒され、運命を感じるストーリーでしたね。 そもそもこの時の事を、2人が覚えているのかというのもちょっと気になってしまいました。 唯と忠清が、昔話をしていたらあの時のは!?みたいな感じになったりしたら面白そうですよね(笑) とはいえ、次回からはまた本編へと戻るということなので、少し先の未来の結婚生活の話などになるのかもしれませんね。 それはそれで今からとても楽しみで仕方ありませんね! スポンサーリンク 漫画『アシガール』番外編は面白い?最近の読者の感想は? 今月号のアシガール読んだー💕…でも、え??若君、気づいてなかったの、唯の事…。 愛しい妻なのに😁💖けどそこがまたナイスです💖ああ、早くも来月号からの新婚編も気になるー!!2月の新刊もめっちゃ嬉しい😆😆 — 立夏 SyndromZeroxx 3月号 番外編。 若君からの視点で初めて唯ちゃんと逢った時の回想😍前編。 ドラマは終わっても原作が続いてるなら、それ読んでまた萌えることが出来るし。 花晴れもアシガールも原作が面白いから良かった。 でも面白いからこそ余計に「これっ、このシーンをドラマで見てぇぇ〜〜!!!」ともなるんだけどね。 ジレンマ。 よきですな。 なんで今回このU-NEXTをオススメするかというと、、、現在、 31日間無料キャンペーンというとてもお得なキャンペーンを実施しているという訳です!!! 私も実際に、無料トライアル期間という事で登録してみました! そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。 また、読める漫画の種類も不自由はしないと思いますよ! 何よりこの31日間無料キャンペーンを絶対逃さない方が良いですよ。 また、本ページの情報はH30年12月時点のものなので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにて確認してみて下さいね。 ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会に是非是非利用してみて下さいね。 ほっこりとした癒されるエピソードだったわけですが、やっぱりあの時の小僧を忠清は唯だとは知らないんですね(笑) とはいえ、そんな出会いをして結ばれた二人は幸せいっぱいというのも運命を感じますね! さて、次回はいよいよ新編の始まりということで、唯が奥方になってからのエピソードということになります。 JAPAN IDを利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。 スポンサーリンク.

次の

アシガール15巻の発売日はいつ?ネタバレと漫画を無料で読む方法

アシガール 漫画 ネタバレ

現在の連載ペースを考慮したうえで15巻の発売日を予想すると、 2020年10月25日ではないかと思います。 ただこれは決定ではなくあくまで独自予想です。 休載や出版社の諸事情により大きく時期がずれることがあることをご承知おきください。 また変更や決定がありましたら修正していきますね! 気になるのは、アシガールに特装版や特典が付くのか?ですよね。 アシガールはココハナでの連載になるのですが、これまで特典や特装版の販売はなかったようです。 そんな唯の元に尊が登場! 治療の為一度現代に戻ることになった唯でしたが…? アシガール最新巻では清永に縁談が? 信長からの話に清永はどうするのか。 そして唯はいつ帰って来るのか…? 清永から天野家の姫との縁談の話が舞い込んできます。 信長には逆らい難く、受け入れようかと言う城の雰囲気に、清永は? そこに待ったをかけたのは勿論…。 スポンサーリンク 【最新刊】アシガール15巻のネタバレ とりあえず縁談? 未来へ手紙を飛ばしてから四か月。 唯は戻らないものの家系図があるからと楽観視していましたが、信長が清永に強引に天野家の菊姫との縁談を言い出しました。 立腹する信茂、しかし考えてみれば人質を出せとか、相手の家の人間になれとか、そういうことを言っている訳では無く「取り敢えず受け入れてみてはどうか」という流れになって行きます。 何でも、菊姫は尾張一の美女だとか…。 最悪尾張に行く事も考えている様な清永に、姉がこのことを知ったらどう思うかと考える尊。 そこへ織田の使者がやってきます。 姿を見せたのはなんと信長本人。 本当に唯は生きているのか、とズバリ清永に尋ねる信長。 それに当たり前だと言いつつも場所を答えられない清永に、信長は逃げられたなと笑い、このまま縁談を進めると強引に話を持っていきます。 焦る尊… 信長登場 一方、西の館には宗熊が清永に会いに来ていました。 威圧感のある信長に気圧される尊。 信長の恐ろしさを知る尊は、姉には申し訳ないと思いつつもここはひとまず承諾するべきだと考えます。 しかし清永は断りそうな雰囲気、焦った尊でしたが、そこに大きなお腹を抱えた唯が現れます! 髪形が戻ってることやお腹が大きくなっていることに混乱する尊をよそに、目に涙を溜めて清永の前に座る唯。 信長は視界に入っていない様子…。 縁談とはどういうことだと責める唯に、大きなお腹を見てどうして子どもが出来ていたことを報告しなかったのだと息子を問い詰める忠永。 清永は子は助からないと医者に言われていたこと、だからこそ小垣で養生させていたと告げる清永。 唯は、子供の為に頑張って運動したりよく食べていたりしたことを報告します。 それなのに再婚しようだなんてあんまりだと怒る唯、相手が誰かも知らず信長にもタメ口で同意を求めます。 その場が一気に凍り付きました。 青褪める尊でしたが、「まったくもってひどい」と信長、けしからん男だと大笑い。 清永の泣き所も分かって良かったと良い、唯に謝罪する信長。 最後に、唯に良い子を産めよと言って去って行きました。 その後、どうしてこんなことになったのだと尊に怒りを向ける唯。 清永は嫌な思いをさせたことを謝り、自分が唯と子供を守ると誓うのでした。 手紙とタイムマシン さて、遡る事四か月前、唯は現代で清永の元に帰れないことに絶望していました。 両親に慰められ、次の満月には帰れるかもしれないと希望を持ちます。 しかし何度目かの満月を迎えても帰れる気配は無く…。 そんな時に慌てた様子で現れた木村先生。 大きくなった唯のお腹に驚きつつ、唯に尊からの手紙を渡します。 木村先生宛ての手紙には、唯に渡してほしいという文章と、タイムマシンの設計図があったのです。 清永からの愛の言葉も綴られているそれに、涙を流して喜ぶ唯。 木村先生は両親が誤魔化してくれました。 それを元に7日かけてタイムマシンを組み立て、更に一ヶ月待って燃料を貯めます。 満月の2日前、美容院に行って髪を整えてもらおうと思っていた唯でしたが、美容院のおばさんはいつものクセで唯の髪形をおかっぱに…。 落ち込む唯でしたが、2日後には笑顔で戦国時代へと向かいました。 小垣城に戻った唯を、宗熊が受け入れてくれました。 その時一揆が起きていた影響で通り抜けが禁じられていたため、唯が城を経ったのはそれから8日後のこと。 走って帰るつもりでしたが、身重の唯を宗熊が気を遣って駕籠に乗せてくれました。 唯が満月ではない日に帰還したのはそういう理由だったのです。 自分が帰って来なければ新しい妻を迎えていたのだろうとネチネチ言う唯に謝る忠永たち。 そんな様子を見て、清永はおかしそうに笑うのでした。 コミックを無料で読む!お得に読む方法!! あらすじが分かって、ネタバレを読むのも面白いけど、やっぱり物足りない!絵が欲しい!! ストーリーを絵で楽しむのが漫画の醍醐味でもありますからね。 信長という人物はいろいろなマンガや小説の題材にされていますが、一貫して「キレたらヤバい」という感じがしますよね。 アシガールでは唯の動じない様子(知らなかっただけかもしれませんが^^;)を好感触にとらえてくれてよかったです。 ひとまず、無事に子供が生まれてくることを祈るばかりです。 続きが気になると言う方は、是非漫画を手に取ってみてください! スポンサーリンク.

次の