新潟 コロナ ウイルス。 新型コロナウイルス感染症に関する対応(2020年8月11日更新)

【確信的】上越市で初の新型コロナ感染者が袋叩き『4月1日に東京から帰省』コロナ疎開か…30代男性会社員【新潟県】

新潟 コロナ ウイルス

帰省するか否かは、考えたら分かるよね?? 首都圏が非常事態ってのは、脱出するって意味ではない! 脱出人はいいさ、どうせまたしばらくしたら、首都圏に戻るんだから。 残された家族や親戚は「何で帰省をやめさせなかったんだ」と周りから白い目で見られながら、この地で生活していかなきゃならないんだぞ!! 上越くらいの小さな町だと、魔女狩り的な犯人探しは容易じゃないかな?田舎なめんなよ! 他人にうつして、万が一の時、その後悔を一生背負って一族皆、孫の代まで言われる覚悟を持つ者のみ、帰省すればいいさ。 普通の親だったら、帰ってくるな!と言うはずですが… 帰省して、卓球やら、友達とスポーツジムやら、あなた達の行動自体、迷惑以外の何ものでもありません。 東京にいろ!帰ってくるな!帰って来たなら、巣籠もりしてろ! 東京脱出!東京脱出!ってか?クソ野郎! 管理人の率直な感想 4月1日に東京から帰省し、翌日に医療機関を受診。 体調が悪くなってから帰省していますね。 帰省するなって言ってるのに。 続々と帰省者による感染拡大の事例が出ていますが、今回の件は非常に悪質。 実家に帰ったらゆっくりしたいはずです。 翌日に即受診している。 帰ってる途中には既に症状があったはずなんです。 もっと前からかもしれない。 自己中の最たる例です。 身内も甘いと推測します。 「具合が悪いんだ」「東京は危ない、今すぐ帰ってこい」というところでしょう。 上越市で初の感染者です。 市内の人は、この身勝手な行動に激怒していることでしょう。 もっと他人のことを考えてほしい。 普通の人なら全然難しいことじゃないんですけどね。 家族のことすら考えられない人間には何を言っても無駄かも知れませんが・・・。

次の

新型コロナウイルス感染症について 新潟市

新潟 コロナ ウイルス

つなぎ融資について解説する新潟県産業労働部 創業・経営支援課の福原課長(右) 新潟県は1日、新型コロナウイルス感染症の影響を受けている事業者への迅速な資金繰りを実施するとして、新潟県新型コロナウイルス感染症対策資金(融資限度額3,000万円、3年間実質無利子・保証料ゼロ、5月1日取扱開始)が実行されるまでの間、実質無利子でのつなぎ融資を行うことなどを説明した。 つなぎ融資を実施する背景には、国や県の各種支援策が早くても5月中旬に支給、雇用調整助成金については6月以降となることが見込まれているほか、県の新型コロナ対策資金に関しても正式な融資までには通常14営業日ほどかかり、申し込みが殺到して更に長期化が懸念されることが挙げられる。 この点、つなぎ融資は4営業日ほどで資金が手元にわたる。 つなぎ融資が受けられれば、正式な融資が受けられる要件についても概ね満たしたと判断されるようだ。 このつなぎ融資は実質無利子で、県が利子補給を行う。 こうした県による利子補給の取り組みは、県で把握している限り、他の都道府県では行っていない独自のものだという。 審査の受付状況にもよるが、1日に申請すれば最速で7日、2日に申請しても最速で8日にはつなぎ融資が受けられ、GW期間中も多くの金融機関(詳細は末尾に記す)で受付しているという。 このほか、県では、この制度融資の対象外となる事業者には、新潟県社会福祉協議会の緊急小口資金(1世帯10万円、最大で20万円)などの活用を呼び掛けた。 新潟県社会福祉協議会も金融機関同様GW期間中、概ね対応できるようになっており、1日に受け付けたものについては最速で8日には貸付できるように準備しているという。 一方、新潟県は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、「施設の使用停止等の協力要請」に応じた県内事業者に対する協力金(1事業者当たり10万円)の申請受付を開始すると説明した。 申請受付期間は11日から6月末までだが、県ホームページから申請受付要領を入手して郵送する場合は1日から申請でき、ポータルサイトでオンライン申請する場合は8日から可能となる。 支給日は最速で14日の木曜日になる見通しだ(詳しくは、で確認できる)。 また、県庁受付、県地域振興局、市町村、商工会・商工会議所窓口では11日から、県内金融機関や商店街振興組合等でも、順次配布を開始していくという。 相談窓口は新潟県緊急事態措置・協力金相談センター(TEL/025-280-5222)で、土日祝日を含め午前9時から午後5時まで受け付ける。

次の

県の対応

新潟 コロナ ウイルス

新潟大学における新型ウイルス感染拡大防止のための行動指針(2020年6月19日時点) 新潟大学では「新型コロナウィルス感染症(COVID-19)対策本部」を2月27日に立ち上げ、本学の活動状況を検討しながら、対策を進めております。 「新潟大学における新型ウイルス感染拡大防止のための行動指針」として、学生・教職員の皆様と共有するためにわかりやすく整理しました。 行動指針のレベル 新潟大学では、行動指針のレベルを4段階で考えています。 レベル3(赤)・・・ 警戒レベルとして最も高いレベル。 大学の機能に停止・休止を含む大きな制限が加えられる。 レベル2(黄)・・・ 警戒レベルとして中庸なレベル。 大学の機能に対し、一定の制限が加えられる。 コロナ後の日常・・・ コロナ後の日常レベル。 コロナ前の日常・・・ コロナ前の日常レベル。 「新潟大学における新型ウイルス感染拡大防止のための行動指針」におけるレベル分けを変更しました 全国における新型コロナウイルス感染症に関する緊急事態宣言は、5月25日に解除されましたが、感染が終息したわけではないので、コロナ禍の前の状態に戻ることはできません。 今後は、日常生活と感染拡大防止対策を両立していかなければなりません。 そこで、新潟大学では、1)従来のレベル1を「コロナ前の日常レベル」に変更、2)「コロナ後の日常レベル」を新たに設定、しました。 【学生・教職員の皆さんへ】新型コロナウイルス感染症の感染が疑われる場合、感染者または濃厚接触者となった場合の相談・連絡について• (2020年7月17日更新) 感染者発生について• (2020年7月31日掲載)• (2020年7月29日掲載) 学長メッセージ• (2020年8月7日掲載)• (2020年8月7日掲載)• (2020年7月31日掲載)• (2020年5月22日掲載)• (2020年4月17日掲載)• (2020年4月6日掲載)• (2020年3月9日掲載) 学生の皆さんへ(新入生・在学生) 受験生の皆さんへ• (2020年7月27日更新) 企業等の方へ• (2020年7月22日掲載) 教職員の皆さんへ(学内限定公開)• (2020年8月11日更新) その他• (2020年7月31日掲載)• (2020年6月3日更新)• (2020年5月8日掲載)• (2020年5月1日掲載)• (2020年4月21日掲載).

次の