ウイルス 性 胃腸 炎 大人。 急性胃腸炎で症状は大人も要注意!?急性胃腸炎の応急処置は?

大人のウイルス性胃腸炎とウイルス性食中毒!:一般社団法人 安佐医師会

ウイルス 性 胃腸 炎 大人

胃腸炎・食中毒は冬を中心に年中はやっています! Q&A 大人のウイルス性胃腸炎とウイルス性食中毒! Q. 「食中毒」と「食あたり」はどう違うのですか? A. 同じ意味です。 食中毒の「中」は、「あたる」という意味で医学用語です。 ちなみに胃腸が炎症おこせば胃腸炎。 その胃腸炎が食品を食べて起こったのならば食中毒。 さらに原因により、感染性、ウイルス性、細菌性、カンピロバクター(菌の名前)などの言葉を胃腸炎、食中毒の頭につけます。 ウイルスでも食中毒を起しますか? 細菌性という気がしますが・・・ A. 実は小児、成人ともにウイルス性が圧倒的に多いのです。 細菌性が1割で、ウイルス性が9割と考えられています。 「お腹のかぜ」ってよく聞きますが、よく引く「かぜ」の一種なのですか? A. 「かぜ」とは鼻、のど、喉頭の感染症のことですから、「お腹のかぜ」というのは確かに変です。 しかし、世間ではよくこのように言います。 きっと、専門用語より分かりやすいためでしょう。 理由は先生に聞いてみられるとよいでしょう。 「嘔吐下痢症」という病名は大人でも使えますか? A. 悪くはありませんが、一般的に乳幼児の感染性胃腸炎に対して使います。 乳幼児は脱水をおこしやすいし、急変しやすいなどの理由によります。 大人は、どんなウイルスにかかることが多いんですか? A. 多い順にノロウイルス、ロタウイルス、アデノウイルスと推定されています。 サポウイルス、アストロウイルスなども少数ですが感染します。 それぞれのウイルスにどのような特徴がありますか? A. ノロ、ロタともに、成人から乳幼児まで全年齢相の散発性、集団性胃腸炎の中心です。 冬季は小児を中心に、初冬はノロ、初春はロタが毎年流行しています。 またノロは冬~春の集団食中毒感染患者の約9割から検出されます。 また高齢者施設・医療福祉施設の食中毒でない集団感染患者の約7割からも検出されます。 一般に集団感染の場合、多くは原因食品が推定できません。 推定できる食中毒事例でも、〝ノロに汚染された生カキ〟などとはっきり特定できることは極めてまれです。 周りに感染者がいて、あとは調理器具やタオルや人の手などを介して広がったと考えられます。 一方ロタも乳幼児や高齢者の施設でまれに集団感染します。 どんなとき、病院に行ったらいいですか? A. 嘔吐下痢が止まらないとき、下痢便に血が混じるとき、脱水になりそうなとき、意識が遠くなるときなど早急な手当てが必要です。 検査は受けた方がいいでしょうか? A. ロタ、ノロ、アデノウイルスに対しては、迅速検査を保険でうけることが出来ますが、感度が必ずしも充分ではありません。 一方細菌を疑う場合は、細菌培養という検査があります。 先生に相談されるとよいでしょう。 ウイルス性のものに特効薬はありますか? A. 残念ながらありません。 だから逆に症状に応じた対症治療が大切ともいえます。 細菌性なら抗生物質がありますが・・・ Q. ウイルス性のものに予防法はありますか? A. 菌の種類で、感染経路が多少異なりますが、 (1)手洗い (2)食品をよく洗う (3)充分加熱する (4)調理器具の殺菌 (5)うがい (6)マスクなどが大切です。

次の

大人が胃腸炎を完治するまでの期間とは?治癒を早めるコツ!

ウイルス 性 胃腸 炎 大人

Sponsored Link 大人の胃腸炎は何が原因で起こる? 一般的に胃腸炎の原因といえば、次のものがあります。 細菌(サルモネラ、O-157、腸炎ビブリオなど) 夏になると食中毒がよく話題になりますよね。 肉や魚などの加熱不足や手洗いや食器の消毒が不十分だった場合に起こります。 ウィルス(ノロウィルスやロタウィルスなど) 主に冬場になると「ノロウィルス」が流行しますが、これは、 牡蠣などの二枚貝が原因になることが多く、人から人へも感染します。 胃腸炎の原因は他にもあります。 暴飲暴食• カフェイン、アルコール、辛いものなどの刺激物の摂りすぎ• 強い精神的ストレス• 寄生虫• 化学物質 などがありますが、 中でも一番注意しなければならないのは、 「ストレス」だと言われています! ストレスが溜まると、お酒の飲みすぎや食べ過ぎになり胃腸への負担が増し、またストレスが溜まる…という悪循環を招きやすいといえます。 Sponsored Link 大人の胃腸炎の症状は? 胃腸炎の症状は、病原体により異なり、個人差もあります。 一般的には次のような症状があらわれます。 吐き気• 下痢(細菌性の場合は、血便も)• 発熱 ひどくなると、 血圧低下や意識障害などのショック症状を引き起こすこともあります。 胃腸炎の症状は風邪の症状と似ていることもありますが、感染性胃腸炎の場合、 吐き気や嘔吐、突然の激しい腹痛と水様性の下痢便が何度も繰り返されるのが特徴です。 また、下痢や嘔吐が原因で脱水症状になり、発熱が起こることもあります。 ストレス性胃腸炎の場合、下痢や嘔吐、吐き気などのほか、• 胃のもたれ、むかつき• 胃の痛み• 食欲不振• 消化不良• 満腹感• 酸っぱいものが上がってくる など、胃の不調があらわれます。 また、ストレスやプレッシャーなど精神的なことが原因で 頭痛が起きたり、下痢や便秘を繰り返したりすることもあります。 これらの症状には個人差があり、人によっては「下痢しない」「下痢だけ」といった場合もあるので注意して症状をみておく必要がありますね。 それから、 40歳以上に起こりやすいといわれる「慢性胃炎」があります。 食後の胃もたれや消化不良、胸やけ、みぞおちの痛みなどの症状が繰り返される症状です。 原因の特定が難しい病気ですが、近年ではピロリ菌が原因であることが多いことが分かってきていて、ピロリ菌の除去で治療ができるようになっているようです。 治療経過はどのような形になるの? 病院で詳しい検査をすれば、細菌やウィルスなどの原因特定ができますので、対策をとりやすいとは思います。 しかし検査には時間も費用もかかってしまうため、問診のみで原因が何なのかはっきりしない場合が多くあります。 ですから、 自分の症状をしっかり観察し、病院で正確に伝える必要がありますね。 原因が分かれば、細菌性の場合は抗生物質が出され、ウィルス性の場合は消化剤や整腸剤などが処方されます。 子供は症状が長引くことがありますが、大人の場合は、 感染性胃腸炎の場合2~3日で症状が緩和され、1週間前後で自然に回復してきます。 ストレス性の場合は、心療内科へ行くと精神的ストレスからくる身体的疾患を診てもらえます。 いずれも会社や学校をお休みする期間がありますので、医師に確認しておきましょう。 治療中は次のことに気を付けましょう!• ウィルス性の場合、体内のウィルスが完全に排出されるまで、2週間~1か月ほどかかるので、手洗いや身の回りの消毒・除菌をしっかりしましょう。 下痢や嘔吐の症状があるときは、脱水症状に十分注意してこまめな水分補給を心がけましょう。 経口補水液がおすすめです。 食事を無理にとらず、症状が落ち着いて来たらおかゆやうどんなどの胃にやさしいものから慣らしていきましょう。 自己判断で市販薬を服用するのはやめましょう。 胃腸の調子が悪いときは、アルコールや刺激物の摂取はひかえ、休養をとりましょう。 まとめ 大人の胃腸炎は、細菌やウィルス、ストレスの他にも、アルコールや暴飲暴食も原因になってしまうのですね! ストレスを受けた胃腸はすでに炎症で荒らされていますので、大量のアルコールや過度な食事でさらに胃腸への負担をかけないよう、ほどほどにしなければなりませんね。 胃腸炎の症状があらわれたら、長引かないようできるだけ病院を受診するようにしましょう。 Sponsored Link• おすすめ記事.

次の

【急性胃腸炎】 大人の原因や症状とは? 熱がある時の食事はどうする?

ウイルス 性 胃腸 炎 大人

ウイルス性胃腸炎とは、 ウイルスの感染によって胃腸に炎症を引き起こす疾患であり、下痢や嘔吐がその主症状となっています。 また、ウイルス性胃腸炎の原因とされるウイルスには、・ノロウイルス・アデノウイルス・アストロウイルスなどがあり、発生時期や症状にそれぞれ違いがあります。 小児のウイルス性胃腸炎の多くはロタウイルスによるものと言われ、大人の場合はノロウイルス感染者が多数となっており、ウイルス性胃腸炎はほぼこの二種類の発症だと言われています。 (勿論、アデノウイルスなどの発症が全くないわけではありません) ウイルス性胃腸炎にかかった時の症状は? ウイルス性胃腸炎は感染したウイルスによって症状が変わりますので、一概に言えない部分があります。 そこでここでは、ウイルス性胃腸炎の中でも感染者数が多いとされるロタウイルスとノロウイルスについて述べたいと思います。 まずは ロタウイルスですが、乳幼児に多いウイルス性胃腸炎で感染すると、嘔吐から発熱、そして下痢といった経過を辿ります。 発熱は半日~一日、発症の初期に見られます。 また、ロタウイルスに感染した人の便は、お米のとぎ汁のように白いのが特徴で「白色便下痢症」とも呼ばれています。 そして次に ノロウイルスですが、 ノロウイルスの症状もロタウイルスと同様に下痢や嘔吐、発熱が主となっていますが、感染者の中にはお腹のちょっとした違和感程度しか感じない方がいる一方、強烈な吐き気や下痢を短時間で繰り返す方もいたりと、症状の出方に個人差がある場合があります。 ウイルス性胃腸炎はうつるの?その感染経路や潜伏期間は? ウイルス性胃腸炎は人に感染する恐れのある胃腸炎です。 また 潜伏期間は、 ノロウイルスが24~48時間、 ロタウイルスが24~72時間とされ、主な感染経路はロタウイルス・ノロウイルス共に人から人への経口感染です。 ロタウイルスの感染力は非常に強く、感染者の便の1mlには1億個以上のウイルスが入っているとされ、わずか10個程度のロタウイルスがあれば感染してしまうと言われています。 便に限らず嘔吐物にもロタウイルスは含まれるので、それらを処理する際にウイルスが口に入ると二次感染を起こします。 また、ノロウイルスの感染経路はロタウイルスと同様の他、ノロウイルスが蓄積された牡蠣などの二枚貝や井戸水を摂取することによって感染するケースもあります。 何が原因でウイルス性胃腸炎にかかるの? ノロウイルスはウイルス性の食中毒の代表的なものと言われるように、牡蠣などの二枚貝を生食することでノロウイルスに感染すると言われています。 手洗い・うがいは、ウイルス性胃腸炎の感染経路が経口感染であることからとても有効だと言えるでしょう。 特に、ウイルス性胃腸炎感染者の便や嘔吐物を処理する時には、手袋やマスクを着用し、処理後は丁寧に手を洗うことが大切です。 また、床などに飛び散った嘔吐物を拭き取った際にアルコール消毒を行う方もいらっしゃりますが、実はノロウイルスやロタウイルスはアルコール消毒では死滅しません。 処理が適切でないと、乾燥後にウイルスが空気中に漂い、空気感染を起こすこともありますので注意が必要です。 この場合は次亜塩素酸ナトリウムを使うのがよいでしょう。 また、嘔吐物などが衣服に付着した際も漂白剤を入れて洗濯をするのがよいとされています。 ウイルス性胃腸炎かな?と思った時は何科?完治までの治療期間はどれくらい? 症状によって完治までの時間というのは異なりますが、一般的には ノロウイルスは3日程度、ロタウイルスでは3~7日程度とされています。 また治療といっても、ノロウイルス・ロタウイルスを始めとするウイルス性胃腸炎では抗ウイルス薬がないため、行うのは対処療法のみです。 下痢や嘔吐が続くと脱水症状になりやすく時には命の危険すらもありますから、下痢や吐き気がひどいのに全く水分を受け付けない場合などには点滴を行います。 また、本来であれば下痢や吐き気は体内に入り込んだウイルスを排出するための働きなので、無理に止めることはしませんが、一日に20回以上も下痢や嘔吐を繰り返すといった状況では、整腸剤や吐き気止めが処方されるケースもあるようです。 下痢や嘔吐がありウイルス性胃腸炎かな?と思ったら、内科もしくは消化器科を受診するのがよいでしょう。 お子さんの場合は小児科でも問題ありません。 ウイルス性胃腸炎の時におすすめ食事とレシピ ウィルス性胃腸炎の時には嘔吐と下痢で自分の想像以上の水分が体の外に出てしまうので、水分は多く摂ってください。 500mlのペットボトル4本以上は摂った方がいいです。 それから、下痢をしていると体の中の電解質で重要なカリウムが失われてしまうので適宜補充した方がいいと言われています。 カリウムは生野菜、果物に含まれているんですが、胃腸炎の時はそのまま食べるのは良くないし、食べれないと思うので果汁100%のつぶつぶなどが入っていない果物ジュースを半分くらい飲めたら飲んでください。 それ以外にはポカリスエットやアクエリアスを半分か1本、水と交互に飲んでみましょう。 成分のラベルにカリウムって書いてあると思います。 できれば、水分は冷たいものより常温の方が胃腸には優しいです。 さて、食事ですが症状が出てから1週間は、もしお腹が空いたらヨーグルトかリンゴやバナナをつぶすかミキサーにかけたものを少し、または重湯かスープを飲みましょう。 固形のもの、脂っこいもの、辛いもの、柑橘類などは胃腸に刺激が強すぎてきっと受け付けないし、治りも悪くなるのでやめてくださいね。 その後の1週間もうどんやおかゆ、スープなど胃腸に優しいものを少しずつ食べるようにしてください。 もちろんアルコールも2週間はお休みしてくださいね! レシピとまでは言えないかもですが、温かいおうどんにかつおぶしをかけて食べたり、鳥がらスープのもとを使って温かいおかゆを作って食べれば胃腸炎の時には十分です。 まとめ ウイルス性胃腸炎では、病院で詳しく検査をしてウイルスの特定まで行うことは稀です。 地域的に流行していたり特徴的な便の様子から「ロタウイルスです」「ノロウイルスです」と診断されることが多いでしょう。 どちらも人に移す感染症ですから、感染した場合は人に移さないようにすることも大切です。

次の