キャメル シガー メンソール スリム。 安いタバコを探している方におすすめ!セブンイレブンで売れている人気葉巻タバコランキングTOP10!|毎日セブン店長

キャメルに「ベリーカプセル」2銘柄が新登場

キャメル シガー メンソール スリム

いつものローソンで、価格は330円にて購入しました。 ライトではないのはこちらから。 それではみていきましょう。 通常のものよりか緑色が薄く、草原のような色合いです。 上側に「SUPER SLIMS」と書いてあります。 箱も凄く薄い! 輸入元とかいてあります。 原産国は製のようです。 しますと、銀紙の封に「CAMEL」と書かれています。 通常とライトを比較。 箱くらいしかぱっと見だと差が分からないですね。 タバコの写メ。 紙巻きではなく、シガーなので、葉(をペーストにした物)で巻かれています。 レビュー 昨日、ライトではない方をレビューしましたので、それと、クールループドを比較しつつ検証していきます。 「ライト」と言うだけあって、ライトでは無い物よりか軽いですね。 でも、ライトじゃない方は「10ミリ」くらいに感じましたが、こちらは「ライト」らしく、少し軽い程度で、6~8ミリくらいに感じます。 そこまで極端に軽くは無い感じです。 キャメルシガー は結構軽かったので… 味としては、ライトだけあって、普通のより控えめな感じです。 したときのニオイは若干甘めの、メンソール的なニオイがしたのですが、喫味としては「メンソールの方が主張しているかな」といったところ。 繊細な味というわけではなく、さっぱりとしたメンソール風味といったところでしょうか。 メンソールの味が結構強いです。 ちょっと前にレビューした「」のメンソールは「ザ・メンソール」って具合の味でしたが、キャメルシガー スリムのメンソールはいい具合にまろやかな風味があっていい感じ。 ライトの方が吸える時間が、通常のものより長いかな?と言う気がします。 こちらは3分半~4分ほどでしたが、ライトは4分半くらいは行けますね。 個人的な感想としては、ライトの方が「吸いやすい」チューニングで、味わうなら「ライトじゃ無い方」という感じでしょうか。 クールループドとの比較ですが、クールループドの「強いミント感」に馴染めないと言う方には「キャメルシガー メンソール スリム」は良い選択肢なのでは無いでしょうか? 全体的なバランスが取れており、(普段はず~っとキャビンを吸っているのでよっぽどのことがない限りは買わないけど)これは2020年新発売の中でもポテンシャルが高いと思います。 3月は「クールループド」の新味、iQOSの新作など発売され、激戦区みたいな感じなので、今までのまとめ記事(2019年度上・下半期の)でどのように選んでいくか、難しくなりそうです。 SeisoSakuya.

次の

見た目も価格も“スーパースリム”なキャメルのリトルシガー2銘柄が新発売|ウォーカープラス

キャメル シガー メンソール スリム

JTは7月2日より順次、スーパースリムロングサイズの「キャメル・シガー・メンソール・ウルトラライト・100's・スリム」を発売する。 「キャメル・シガー・メンソール・ウルトラライト・100's・スリム」 税込330円 を発売 同商品は、1913年のアメリカでの誕生以来100年以上の歴史を持ち、現在では約100の市場で販売しているキャメルブランドから、100's スペック ロングサイズ のリトルシガーとして発売されるもの。 キャメルブランドで支持されている「強メンソールの爽快感とすっきりした味わい」を、「シリーズ史上最も軽い吸い応えと、より長いサイズ」で愉しんでもらいたい思いから、求めやすい330円 税込 という価格にて提供する。 キャメル・シガーシリーズのラインアップは同商品の発売をもって計9銘柄。 多くのユーザーからサポートされているキャメルブランドの「味・香り」を「吸い応え」の好みに合わせて、豊富なラインアップとともに味わえるという。 なお、成人喫煙者限定のWEBサイト「CLUB JT」内、オンラインショップではキャメルブランドの世界観を愉しんでもらうとともに、より愛着を感じてもらいたいという思いから、日常で使えるノートや灰皿等のキャメルオリジナルグッズを販売。 キャメルブランドならではの多彩なカラーバリエーションも愉しめる。 「CLUB JT」の利用には、JT IDが必要となる。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

キャメルシガーがスリムになって新登場!3月6日から330円で発売されます!

キャメル シガー メンソール スリム

いつものローソンで、価格は330円にて購入しました。 ライトではないのはこちらから。 それではみていきましょう。 通常のものよりか緑色が薄く、草原のような色合いです。 上側に「SUPER SLIMS」と書いてあります。 箱も凄く薄い! 輸入元とかいてあります。 原産国は製のようです。 しますと、銀紙の封に「CAMEL」と書かれています。 通常とライトを比較。 箱くらいしかぱっと見だと差が分からないですね。 タバコの写メ。 紙巻きではなく、シガーなので、葉(をペーストにした物)で巻かれています。 レビュー 昨日、ライトではない方をレビューしましたので、それと、クールループドを比較しつつ検証していきます。 「ライト」と言うだけあって、ライトでは無い物よりか軽いですね。 でも、ライトじゃない方は「10ミリ」くらいに感じましたが、こちらは「ライト」らしく、少し軽い程度で、6~8ミリくらいに感じます。 そこまで極端に軽くは無い感じです。 キャメルシガー は結構軽かったので… 味としては、ライトだけあって、普通のより控えめな感じです。 したときのニオイは若干甘めの、メンソール的なニオイがしたのですが、喫味としては「メンソールの方が主張しているかな」といったところ。 繊細な味というわけではなく、さっぱりとしたメンソール風味といったところでしょうか。 メンソールの味が結構強いです。 ちょっと前にレビューした「」のメンソールは「ザ・メンソール」って具合の味でしたが、キャメルシガー スリムのメンソールはいい具合にまろやかな風味があっていい感じ。 ライトの方が吸える時間が、通常のものより長いかな?と言う気がします。 こちらは3分半~4分ほどでしたが、ライトは4分半くらいは行けますね。 個人的な感想としては、ライトの方が「吸いやすい」チューニングで、味わうなら「ライトじゃ無い方」という感じでしょうか。 クールループドとの比較ですが、クールループドの「強いミント感」に馴染めないと言う方には「キャメルシガー メンソール スリム」は良い選択肢なのでは無いでしょうか? 全体的なバランスが取れており、(普段はず~っとキャビンを吸っているのでよっぽどのことがない限りは買わないけど)これは2020年新発売の中でもポテンシャルが高いと思います。 3月は「クールループド」の新味、iQOSの新作など発売され、激戦区みたいな感じなので、今までのまとめ記事(2019年度上・下半期の)でどのように選んでいくか、難しくなりそうです。 SeisoSakuya.

次の