かいり せい しょう がい。 「 か 」 から始まる病気名 治療 方法 用品 食べ物 とは 一覧

かいりせいしょうがい を 英語

かいり せい しょう がい

快 使用可否判定 名前に使える漢字です 字画数 訓読み こころよ い ・はや い 音読み 名のり・人名訓 意味 気持ちがよい。 胸のすくような感じ。 ,病気がよくなる。 ,はやい。 ,すばらしい。 成り立ち 「えぐり取る」という意味の「夬」と「心」を表す「忄(りっしんべん)」を組み合わせて、悩みなどを取り除いた「こころよい」気持ちを表す。 願い おもしろい、さっぱりする、充実感、晴れ晴れとした気持ちを表す漢字で、早い、鋭いの意味もある。 さっぱりと晴れ上がった空に輝く、太陽のような明るい人に。 魅力的な人柄で人気を集め、健康的で頭のよい人になるように願って。 漢字のイメージ 熟語 快活 快感 快気 快挙 快勝 快晴 快走 快足 快諾 快調 快適 快刀 快復 快方 快眠 快癒 豪快 漢字の説明例 「愉快(ゆかい)」・「爽快(そうかい)」の「かい」 浬 使用可否判定 名前に使える漢字です 字画数 訓読み かいり・ノット 音読み 意味 海上の里程の単位。 一海里は一八五二メートル 願い 航海上での距離の単位である「海里」を表す字。 大海原を船が悠然と進むイメージから、自分のペースを守りながら、大きな夢に向かって人生を歩んでいけるようにという願いを込めて。 漢字のイメージ 漢字の説明例 さんずいに「里」 字画数 計17画 カタカナ表記 カイリ ローマ字表記 kairi.

次の

「 か 」 から始まる病気名 治療 方法 用品 食べ物 とは 一覧

かいり せい しょう がい

関連ページを参照したい場合は番号をクリックしてください。 配列はキーワードで アイウエオ順にソートとしています。 行 内容 関連ページ キーワード 赤ブドウ酒様血管腫とは(あかぶどうしゅようけっかんしゅ) あかぶどうしゅようけっかんしゅ アカラシアとは あからしあ アカントアメーバ角膜炎とは(あかんとあめーばかくまくえん) あかんとあめーばかくまくえん 亜急性甲状腺炎とは(あきゅうせいこうじょうせんえん) あきゅうせいこうじょうせんえん アキレス腱断裂とは(あきれすけんだんれつ) あきれすけんだんれつ 悪性黒色腫とは(あくせいこくしょくしゅ) あくせいこくしょくしゅ 悪性骨腫瘍とは あくせいこつしゅよう) あくせいこつしゅよう 悪性リンパ腫とは(あくせいりんぱしゅ) あくせいりんぱしゅ アコンドロプラジアとは(あこんどろぷらじあ) あこんどろぷらじあ アジソン病とは(あじそんびょう) あじそんびょう 腸内細菌叢(そう)とは あしどふぃるすきん 足白癬とは(あしはくせん) あしはくせん アスピリン喘息に禁忌ではない解熱消炎鎮痛剤はあるのか? あすぴりんぜんそく あせもとは(あせも) あせも アダムス・ストークス症候群とは あだむすすとーくすしょうこうぐん アデノイド増殖症とは(あでのいどぞうしょくしょう) あでのいどぞうしょくしょう アテロームとは(あてろーむ) あてろーむ アトニーとは あとにー アトピー性皮膚炎の方が使えるアルコールを含まない保湿乳液 あとぴーせいひふえん アトピー性皮膚炎とは(あとぴーせいひふえん) あとぴーせいひふえん アトピー性皮膚炎の患者が献血は可能か あとぴーせいひふえん、けんけつ アトピー性皮膚炎などで使用する保湿作用のある軟膏とは あとぴーせいひふえん、なんこう アトピー性皮膚炎にステロイド外用剤の使い方 あとぴーせいひふえんとすてろいど アナフィラキシーショックとは(あなふぃらきしーしょっく) あなふぃらきしーしょっく アナフィラクトイド紫斑とは(あなふぃらくといどしはん) あなふぃらくといどしはん アニサキス症とは(あにさきす) あにさきす 血圧高めの人によいという「アミールS」とは あみーる アミロイドーシスとは(あみろいどーしす) あみろいどーしす アメーバ赤痢とは(あめーばせきり) あめーばせきり アルコール依存症とは(あるこーるいぞんしょう) あるこーるいぞんしょう アルコール性肝障害とは(あるこーるせいかんしょうがい) あるこーるせいかんしょうがい アルツハイマー病(あるつはいまー) あるつはいまー アルツハイマー型老年痴呆とは(あるつはいまーがたろうねんちほう) あるつはいまーがたろうねんちほう アレルギーとは あれるぎー 昆虫アレルギーとは(こんちゅうあれるぎー あれるぎー 食物アレルギーとは(ショクモツアレルギー) あれるぎー、しょくもつ ハウスダストによる通年性アレルギー性鼻炎の場合年間を通じて鼻炎薬を使用してもよいか あれるぎー、つうねんせいあれるぎーせいびえん アレルギー性接触性皮膚炎とは(あれるぎーせいせっしょくせいひふえん) あれるぎーせいせっしょくせいひふえん アレルギー性結膜炎とは(あれるぎーせいびえん) あれるぎーせいびえん アレルギー性鼻炎とは(あれるぎーせいびえん) あれるぎーせいびえん アレルギーを引き起こすアレルゲン(抗原)にはどのようなものがありますか? あれるげん 胃のポリープは放置しておいても良いか い、ぽりーぷ 胃潰瘍とは いかいよう 検診で胃下垂といわれてから胃がもたれるような感じがするのですが、どのようにしたら治りますか? いかすい 胃下垂症とは いかすいしょう 胃癌とは(いがん) いがん 動悸、息切れ、気つけに効く薬局で売っている薬はありますか いきぎれ 疲れやすく、動悸・息切れを伴う時に有効な漢方薬とは いきぎれ、かんぽうやく 貧血気味で動悸、息切れが強い時に有効な漢方薬とは いきぎれ、かんぽうやく 胃酸過多症とは(いさんかたしょう) いさんかたしょう 意識障害とは いしきしょうがい 普段から胃腸の弱い方に有効な漢方薬とは いじゃく、かんぽうやく 胃腸の働きが衰えてだるい症状に有効な漢方薬とは いじゃく、かんぽうやく 胃が弱いのですがどのような鎮痛剤がよいか いじゃく、ちんつうざい 萎縮性膣炎とは(いしゅくせいちつえん) いしゅくせいちつえん 胃切除後症候群とは いせつじょしょうこうぐん 異染性ロイコジストロフィーとは(いせんせいろいこじすとろふぃー) いせんせいろいこじすとろふぃー イタイイタイ病とは(いたいいたいびょう) いたいいたいびょう 背中・腰の急激な筋肉の痛みに有効な漢方薬とは いたみ、かんぽうやく 冷えるとつらい痛みに有効な漢方薬とは いたみ、かんぽうやく 慢性で長引く痛みに有効な漢方薬とは いたみ、かんぽうやく 体のあちこちの筋肉痛に有効な漢方薬とは いたみ、かんぽうやく いちご状血管腫とは(いちごじょうけっかんしゅ) いちごじょうけっかんしゅ 胃腸が悪い方の口内炎に有効な漢方薬とは いちょうえん、かんぽうやく 風邪薬や消炎鎮痛剤を飲むと胃が悪くなるのはなぜですか? いつう、かぜぐすり お腹が冷えると胃が痛む方に有効な漢方薬とは いつう、かんぽうやく 一過性脳虚血発作とは(いっかせいのうきょけつほっさ) いっかせいのうきょけつほっさ 一酸化炭素中毒とは(いっさんかたんそちゅうどく) いっさんかたんそちゅうどく 遺伝性有機酸血症とは(いでんせいゆうきさんけっしょう) いでんせいゆうきさんけっしょう 胃肉腫とは(いにくしゅ) いにくしゅ イヌ回虫症とは(いぬかいちゅうしょう) いぬかいちゅうしょう イヌ咬傷とは(いぬこうしょう) いぬこうしょう いびきとは(いびき) いびき 肌のあれ、いぼに有効な漢方薬とは いぼ、かんぽうやく 胃ポリープとは いぽりーぷ イライラから来るこりに有効な漢方薬とは いらいら、かんぽうやく イライラに有効な漢方薬とは いらいら、かんぽうやく いらいらを伴う側頭部痛に有効な漢方薬とは いらいら、かんぽうやく イライラして落ち着かない方に有効な漢方薬とは いらいら、かんぽうやく 太り気味でイライラしやすい方に有効な漢方薬とは いらいら、かんぽうやく ウイルソン病とは(ういるそんびょう) いるそんびょう イレウスとは(いれうす) いれうす いんきんたむしとは(いんきんたむし) いんきんたむし いんきんたむしはどんな症状でどんな原因菌か いんきんたむしげんいんきん 陰茎癌とは陰茎がんとは(いんけいがん) いんけいがん 咽喉頭神経症とは(いんこうとうしんけいしょう) いんこうとうしんけいしょう 飲酒後,体内に残っているアルコール濃度を簡易にチェックできるものはないか いんしゅ、あるこーるのうど インスリノーマとは(いんすりのーま) いんすりのーま 咽頭結膜熱(プール熱) の発症原因と治療法 いんとうけつまくえん 咽頭食道異物とは(いんとうしょくどういぶつ) いんとうしょくどういぶつ 院内感染とは いんないかんせん 陰嚢水腫とは(いんのうすいしゅ) いんのうすいしゅ 陰部の白癬症の人が使った後の便座の消毒方法とは いんぶ、はくせんしょう インプラント義歯とは(いんぷらんとぎし) いんぷらんとぎし インポテンスとは(いんぽてんす) いんぽてんす ED インポテンツ とは いんぽてんつ ウイルス性髄膜炎とは(ういるすせいずいまくえん) ういるすせいずいまくえん ウエーバー・クリスチャン病とは(うぇーばー・くりすちゃんびょう) うぇーばー・くりすちゃんびょう ウエゲナー肉芽腫症とは(うえげなーにくげしゅしょう) うえげなーにくげしゅしょう ウエスト症候群とは(うえすとしょうこうぐん) うえすとしょうこうぐん ウェルシュ菌中毒とは(うぇるしゅきんちゅうどく) うぇるしゅきんちゅうどく うおのめ・たことは(うおのめ・たこ) うおのめ 受け口とは(うけぐち) うけぐち う蝕とは(うしょく) うしょく 薄毛とは? うすげ うっ血性心不全とは うっけつせいしんふぜん うつ病 とは/鬱病とは(うつびょう) うつびょう 子供のうつ病とは(こども、うつびょう) うつびょう、こども 右脳と左脳の違い うのう ウンナ母斑とは(うんなぼはん) うんなぼはん エイズ(後天性免疫不全症候群)とは えいず、こうてんせいめんえきふぜんしょうこうぐん 会陰部裂傷とは(えいんぶれっしょう) えいんぶれっしょう エキノコッカス症とは(えきのこっかすしょう) えきのこっかすしょう エコノミークラス症候群とは えこのみーくらすしょうこうぐん X脚とは(えっくすきゃく) えっくすきゃく エプーリスとは(えぷりーす) えぷりーす エボラ出血熱とは(えぼらしゅっけつねつ) えぼらしゅっけつねつ 嚥下とは(えんげ) えんげ 円形脱毛症とは(えんけいだつもうしょう) えんけいだつもうしょう 嚥下障害とは(えんげしょうがい) えんげしょうがい 遠視とは(えんし) えんし 円錐角膜とは(えんすいかくまく) えんすいかくまく 横隔膜のけいれんとは(おうかくまくけいれん) おうかくまくけいれん 横隔膜まひとは(おうかくまくまひ) おうかくまくまひ 黄色ブドウ球菌食中毒とは(おうしょくぶどうきゅうきんしょくちゅうどく) おうしょくぶどうきゅうきんしょくちゅうどく 黄体機能不全とは(おうたいきのうふぜん) おうたいきのうふぜん 黄体嚢胞とは(おうたいのうほう) おうたいのうほう 黄熱病とは(おうねつびょう) おうねつびょう 黄斑円孔とは(おうはんえんこう) おうはんえんこう 黄斑部網膜上膜形成症とは(おうはんぶもうまくじょうまくけいせいしょう) おうはんぶもうまくじょうまくけいせいしょう オウム病とは おうむびょう O脚とは おーきゃく) おーきゃく 太田母斑とは(おおたぼはん) おおたぼはん 於血(おけつ)とは おけつ オスグッド病とは(おすぐっど) おすぐっどびょう おたふくかぜとは(おたふくかぜ) おたふくかぜ にきび、おでき、とびひ、水疱瘡などの細菌性あるいはウイルス性感染症にステロイド(副腎皮質ホルモン)を使用しない理由 おでき 「おなら」を防ぐには おなら OTC薬で腸内ガス(おなら)の発生をおさえる薬とは おなら 子供のおむつかぶれやあせもに何が効きますか おむつかぶれ 肩こりや腰痛の貼り薬に含まれる温感刺激成分は何ですか? おんかんしげきせいぶん 温熱療法とは おんねつりょうほう 外陰炎とは(がいいんえん) がいいんえん 外陰潰瘍とは(がいいんかいよう) がいいんかいよう 外陰がんとは/外陰癌とは がいいんがん 外陰カンジダ症とは(がいいんかんじだしょう) がいいんかんじだしょう 外陰ジストロフィーとは(がいいんじすとろふぃー) がいいんじすとろふぃー 外陰ページェット病とは がいいんぺーじぇっとびょう 外耳道異物とは(がいじどういぶつ) がいじどういぶつ 外耳道炎とは(がいじどうえん) がいじどうえん 外耳道損傷とは(がいじどうそんしょう) がいじどうそんしょう 外出血とは(がいしゅっけつ) がいしゅっけつ 外傷による急性腹膜炎とは(がいしょう、きゅうせいふくまくえん) がいしょう、きゅうせいふくまくえん 外傷による腹腔内出血とは(がいしょう、ふくくうないしゅっけつ) がいしょう、ふくくうないしゅっけつ 外傷性気胸とは(がいしょうせいききょう) がいしょうせいききょう 外傷性頸部症候群とは(がいしょうせいけいぶしょうこうぐん) がいしょうせいけいぶしょうこうぐん 外傷性てんかんとは(がいしょうせいてんかん) がいしょうせいてんかん 外傷性白内障とは(がいしょうせいはくないしょう) がいしょうせいはくないしょう 疥癬(かいせん)の治療法 かいせん 疥癬とは(かいせん) かいせん 回虫症とは(かいちゅうしょう) かいちゅうしょう 貝中毒とは(かいちゅうどく) かいちゅうどく 外反母趾とは がいはんぼし) がいはんぼし 開放性骨折とは(かいほうせいこっせつ) かいほうせいこっせつ 海馬とは? かいま 海綿状血管腫とは(かいめんじょうけっかんしゅ) かいめんじょうけっかんしゅ 潰瘍性大腸炎とは かいようせいだいちょうえん 解離性大動脈瘤とは かいりせいだいどうみゃくりゅう 下咽頭頸部食道癌とは(かいんとうけいぶしょくどうがん) かいんとうけいぶしょくどうがん 火炎状血管腫とは(かえんじょうけっかんしゅ) かえんじょうけっかんしゅ 下顎前突とは(かがいぜんとつ) かがいぜんとつ 下顎骨折とは(かがくこっせつ) かがくこっせつ 化学損傷とは(かがくそんしょう) かがくそんしょう 化学物質による食中毒(かがくぶっしつ、しょくちゅうどく) かがくぶっしつ、しょくちゅうどく 化学療法とは かがくりょうほう 過換気症候群とは かかんきしょうこうぐん 核黄疸とは(かくおうだん) かくおうだん 顎関節症とは(がくかんせつしょう) がくかんせつしょう 喀血とは(かくけつ、かっけつ) かくけつ、かっけつ 顎骨腫瘍とは(がくこつしゅよう) がくこつしゅよう 学習障害とは(がくしゅうしょうがい) がくしゅうしょうがい 郭清とは(かくせい) かくせい 拡張型心筋症とは かくちょうがたしんきんしょう 角膜異物とは(かくまくいぶつ) かくまくいぶつ 角膜炎とは(かくまくえん) かくまくえん 角膜潰瘍とは(かくまくかいよう) かくまくかいよう 角膜ジストロフィーとは(かくまくじすとろふぃー) かくまくじすとろふぃー 角膜びらんとは(かくまくびらん) かくまくびらん 角膜ヘルペスとは(かくまくへるぺす) かくまくへるぺす 発疹や発赤があってカサカサの時に有効な漢方薬とは かさかさ、かんぽうやく 発疹や発赤がなくカサカサの時に有効な漢方薬とは かさかさ、かんぽうやく 下肢静脈瘤とは かしじょうみゃくりゅう 過熟児とは(かじゅくじ) かじゅくじ 火傷とは(かしょう) かしょう 過少月経とは(かしょうげっけい) かしょうげっけい 過小月経とは(かしょうげっけい) かしょうげっけい 下垂体機能低下症とは(かすいたいきのうていかしょう) かすいたいきのうていかしょう 下垂体性巨人症とは(かすいたいせいきょじんしょう) かすいたいせいきょじんしょう 垂体性小人症とは(かすいたいせいこびとしょう) かすいたいせいこびとしょう かぜやインフルエンザにビタミンCは効くか かぜ 風邪でビタミンCが有効といわれる理由は何でしょうか? かぜ 胃腸症状を伴う風邪に効く漢方薬とは かぜ、いちょうしょうじょう 風邪のひきはじめに有効な漢方薬とは(かぜのひきはじめ) かぜ、かんぽうやく こじれた風邪に有効な漢方薬とは(こじれたかぜ) かぜ、こじれ 節々が痛い風邪に有効な漢方薬とは かぜ、ふしぶし 仮性近視とは(かせいきんし) かせいきんし 仮性クループとは(かせいくるーぷ) かせいくるーぷ 薬局で風邪薬を購入費用は医療費控除の対象となるか かぜぐすり、いりょうこうじょ かぜ症候群とは かぜしょうこうぐん 下腿潰瘍とは(かたいかいよう) かたいかいよう 過多月経とは(かたげっけい) かたげっけい どうして肩こり、腰痛、しびれがおこるのか かたこり 肩こりとは(かたこり) かたこり 頭痛、肩こりを伴う高血圧に有効な漢方薬とは かたこり、かんぽうやく 磁石が肩こりに有効な理由 かたこり、じしゃく 千寿製薬の白内障治療薬カタリンは効果がないのか かたりん 活血とは かっけつ 褐色細胞腫とは(かっしょくさいぼうしゅ) かっしょくさいぼうしゅ 括約不全とは(かつやくふぜん) かつやくふぜん 家庭用防虫剤中毒とは(かていようぼうちゅうざいちゅうどく) かていようぼうちゅうざいちゅうどく カドミウム中毒とは(かどみにゅうむちゅうどく) かどみにゅうむちゅうどく 腫れて化膿しやすいときに有効な漢方薬とは かのう、かんぽうやく 化膿性関節炎とは(かのうせいかんせつえん) かのうせいかんせつえん 化膿性汗腺炎とは(かのうせいかんせんえん) かのうせいかんせんえん 化膿性骨髄炎とは(かのうせいこつずいえん) かのうせいこつずいえん 過敏性腸症候群とは かびんせいちょうしょうこうぐん 過敏性肺炎とは(かびんせいはいえん) かびんせいはいえん かぶれとは(かぶれ) かぶれ 銀杏(いちょう)にかぶれる原因とは かぶれ、いちょう 花粉症とは? かふんしょう 花粉症の原因となる植物の花粉の飛散時期 かふんしょう 花粉症で鼻をかみすぎてかさかさしてます。 肌のケアを教えてください(女性)。 かふんしょう 花粉症とは(かふんしょう) かふんしょう 風邪薬や花粉症薬で緑内障や前立腺肥大の人は禁忌とあるのはなぜか かふんしょう、かぜぐすり スギ花粉症の時期が終わっても症状が続くのはなぜですか? かふんしょう、すぎかふん 花粉症に天然にがりがなぜ効くか かふんしょう、にがり 「クスリになるテレビ」で天然にがりが花粉症に有効。 服用方法は? かふんしょう、にがり 花粉症に鼻炎用内服薬の「使用上の注意」に「長期連用しないこと」とありますが何日ぐらいまでなら大丈夫か? かふんしょうとびえんやっく 子供用の花粉症用の目薬はないか。 かふんしょうよう、めぐすり 貨幣状皮膚炎とは(かへいじょうひふえん) かへいじょうひふえん カポジ水痘様発疹症(かぽじすいとうようほっしんしょう) かぽじすいとうようほっしんしょう かみそりまけで常に膿んでいる状態なのですが、良い市販薬はありますか? かみそりまけ 過眠症とは(かみんしょう) かみんしょう 仮面うつ病とは(かめんうつびょう) かめんうつびょう かゆみが強いときに有効な漢方薬とは かゆみ、かんぽうやく かゆみ止めの飲み薬タイプの市販薬はありますか? かゆみどめ ガラクトース血症とは(がらくとーすけっしょう) がらくとーすけっしょう ガラクトシアリドーシスとは(がらくとしありどーしす) がらくとしありどーしす 空の巣症候群とは(からのすしょうこうぐん) からのすしょうこうぐん カルブンケルとは(かるぶんける) かるぶんける 川崎病とは(かわさきびょう) かわさきびょう ポリフェノールはガンに効くか がん、ぽりふぇのーる 肝炎の時、なぜ血小板が減少するか かんえん、けっしょうばん 感音難聴とは(かんおんなんちょう) かんおんなんちょう 眼窩気腫とは(がんかきしゅ) がんかきしゅ 眼窩骨折とは(がんかこっせつ) がんかこっせつ 眼窩腫瘍とは(がんかしゅよう) がんかしゅよう 眼窩底骨折とは(がんかていこっせつ) がんかていこっせつ 眼球振盪とは(がんきゅうしんとう) がんきゅうしんとう 肝吸虫症とは(かんきゅうちゅうしょう) かんきゅうちゅうしょう 眼球突出とは(がんきゅうとっしゅつ) がんきゅうとっしゅつ 眼球の裂傷とは(がんきゅうのれっしょう) がんきゅうのれっしょう 眼筋まひとは(がんきんまひ) がんきんまひ ガングリオンとは(がんぐりおん) がんぐりおん 眼瞼炎とは(がんけんえん) がんけんえん 眼瞼下垂とは(がんけんかすい) がんけんかすい 肝硬変とは かんこうへん 肝細胞癌とは(かんさいぼうがん) かんさいぼうがん 肝ジストマ症とは(かんじすとま) かんじすとま 水虫、タムシ、はたけ、シラクモ、カンジダ症にステロイド(副腎皮質ホルモン)を使用しない理由 かんじだしょう カンジダ膣炎とは(かんじだちつえん) かんじだちつえん 間質性肺炎・肺線維症とは かんしつせいはいえん 糖尿病の患者数 かんじゃすう 汗疹とは(かんしん) かんしん 乾性角結膜炎とは、ドライアイとは(かんせいかくけつまくえん、どらいあい) かんせいかくけつまくえん、どらいあい 眼精疲労とは(がんせいひろう) がんせいひろう 乾癬(かんせん)とは かんせん がん前駆症とは/癌前駆症とは(がんぜんくしょう) がんぜんくしょう 乾癬性関節炎とは(かんせんせいかんせつえん) かんせんせいかんせつえん 完全大血管転位症とは かんぜんだいけっかんてんいしょう 肝臓の病気の症状とは かんぞう 肝臓の検査とは かんぞう、けんさ 眼内異物とは(がんないいぶつ) がんないいぶつ 疳の虫とは(かんのむし) かんのむし 肝斑とは(かんはん) かんはん 乾皮症とは(かんぴしょう) かんぴしょう 柑皮症とは(かんぴしょう) かんぴしょう カンピロバクター腸炎とは(かんぴろばくたーちょうえん) かんぴろばくたーちょうえん 冠不全とは(かんふぜん) かんふぜん 眼部帯状疱疹とは(がんぶたいじょうほうしん) がんぶたいじょうほうしん 汗疱とは(かんぽう) かんぽう 陥没乳頭とは(かんぼつにゅうとう) かんぼつにゅうとう 顔面骨骨折とは(がんめんこつこっせつ) がんめんこつこっせつ 顔面神経麻痺とは(がんめんしんけいまひ) がんめんしんけいまひ 乾酪性副鼻腔炎とは(かんらくせいふくびくうえん) かんらくせいふくびくうえん 気圧外傷とは(きあつがいしょう) きあつがいしょう 期外収縮とは きがいしゅうしゅく 気管支拡張症とは きかんしかくちょうしょう 気管支喘息とは(喘息) きかんしぜんそく 気管支肺異形成症とは(きかんしはいいけいせいしょう) きかんしはいいけいせいしょう 義歯とは(ぎし) ぎし 基礎体温とは きそたいおん 基礎代謝とは? きそたいしゃ キチンキトサンが糖尿病に良い理由 きちんきとさん 吃音とは(きつおん) きつおん ぎっくり腰に有効な漢方薬とは ぎっくりこし、かんぽうやく 動悸、息切れ、気つけに効く薬局で売っている薬はありますか きつけ 亀頭包皮炎とは(きとうほうひえん) きとうほうひえん 機能性子宮出血とは(きのうせいしきゅうしゅっけつ) きのうせいしきゅうしゅっけつ 機能性出血とは(きのうせいしゅっけつ) きのうせいしゅっけつ 稀発月経とは(きはつげっけい) きはつげっけい 牛海綿状脳症(BSE)とは ぎゅうかいめんじょうのうしょう、BSE 嗅覚障害とは(きゅうかくしょうがい) きゅうかくしょうがい 嗅覚障害の治療に亜鉛が用いられることはあるか きゅうかくしょうがい、あえん 吸収不良症候群とは(きゅうしゅうふりょうしょうこうぐん) きゅうしゅうふりょうしょうこうぐん 急性アルコール中毒とは(きゅうせいあるこーるちゅうどく) きゅうせいあるこーるちゅうどく 急性胃炎とは(きゅうせいいえん) きゅうせいいえん 急性咽頭炎とは(きゅうせいいんとうえん) きゅうせいいんとうえん 急性うっ滞性乳腺炎とは(きゅうせいうったいせいにゅうせんえん) きゅうせいうったいせいにゅうせんえん 急性うっ滞性乳腺炎とは(きゅうせいうったいせいにゅうせんえん) きゅうせいうったいせいにゅうせんえん 急性灰白髄炎とは(きゅうせいかいはくずいえん) きゅうせいかいはくずいえん 急性化膿性乳腺炎とは(きゅうせいかのうせいにゅうせんえん) きゅうせいかのうせいにゅうせんえん A型急性肝炎とは(Aがたきゅうせいかんえん) きゅうせいかんえん B型急性肝炎とは(Bがたきゅうせいかんえん) きゅうせいかんえん 急性気管支炎とは きゅうせいきかんしえん 急性結膜炎とは(きゅうせいけつまくえん) きゅうせいけつまくえん 急性睾丸炎とは(きゅうせいこうがんえん) きゅうせいこうがんえん 急性喉頭炎とは(きゅうせいこうとうえん) きゅうせいこうとうえん 急性喉頭蓋炎とは(きゅうせいこうとうがいえん) きゅうせいこうとうがいえん 急性骨髄性白血病とは(きゅうせいこつずいせいはっけつびょう) きゅうせいこつずいせいはっけつびょう 急性糸球体腎炎とは(きゅうせいしきゅうたいじんえん) きゅうせいしきゅうたいじんえん 急性歯肉炎とは(きゅうせいしにくえん) きゅうせいしにくえん 急性出血性結膜炎とは(きゅうせいしゅっけつせいけつまくえん) きゅうせいしゅっけつせいけつまくえん 急性上腸間膜動脈閉塞症とは(きゅうせいじょうちょうかんまくどうみゃくへいそくしょう) きゅうせいじょうちょうかんまくどうみゃくへいそくしょう 急性腎盂腎炎とは(きゅうせいじんうじんえん) きゅうせいじんうじんえん 急性腎炎とは(きゅうせいじんえん) きゅうせいじんえん 急性腎不全とは(きゅうせいじんふぜん) きゅうせいじんふぜん 急性心膜炎とは きゅうせいしんまくえん 急性膵炎とは(きゅうせいすいえん) きゅうせいすいえん 急性声門下喉頭炎とは(きゅうせいせいもんかこうとうえん) きゅうせいせいもんかこうとうえん 急性前立腺炎とは(きゅうせいぜんりつせんえん) きゅうせいぜんりつせんえん 急性中耳炎とは(きゅうせいちゅうじえん) きゅうせいちゅうじえん 急性虫垂炎とは きゅうせいちゅうすいえん 急性胃腸炎とは(きゅうせいちょうえん) きゅうせいちょうえん 急性脳症とは(きゅうせいのうしょう) きゅうせいのうしょう 急性脳脊髄膜炎とは(きゅうせいのうせきずいまくえん) きゅうせいのうせきずいまくえん 急性白血病とは(きゅうせいはっけつびょう) きゅうせいはっけつびょう 急性鼻炎とは(きゅうせいびえん) きゅうせいびえん 急性副睾丸炎とは(きゅうせいふくこうがんえん) きゅうせいふくこうがんえん 急性副腎皮質機能不全とは(きゅうせいふくじんひしつきのうふぜん) きゅうせいふくじんひしつきのうふぜん 急性副腎不全とは(きゅうせいふくじんふぜん) きゅうせいふくじんふぜん 急性副鼻腔炎とは(きゅうせいふくびくうえん) きゅうせいふくびくうえん 急性腹膜炎とは(きゅうせいふくまくえん) きゅうせいふくまくえん 急性扁桃炎(アンギーナ)はどのような症状で治療法は? きゅうせいへんとうえん 急性膀胱炎とは(きゅうせいぼうこうえん) きゅうせいぼうこうえん 急性網膜壊死とは(きゅうせいもうまくえし) きゅうせいもうまくえし 急性リンパ性白血病とは(きゅうせいりんぱせいはっけつびょう) きゅうせいりんぱせいはっけつびょう 境界性人格障害とは(きょうかいせいじんかくしょうがい) きょうかいせいじんかくしょうがい 胸郭出口症候群とは(きょうかくでぐちしょうこうぐん) きょうかくでぐちしょうこうぐん 狂犬病とは(きょうけんびょう) きょうけんびょう 頬骨骨折とは(きょうこつこっせつ) きょうこつこっせつ 狭窄性腱鞘炎とは(きょうさくせいけんしょうえん) きょうさくせいけんしょうえん 狭心症とは きょうしんしょう 蟯虫 ぎょうちゅう)の治療法 ぎょうちゅう 蟯虫症とは(ぎょうちゅうしょう) ぎょうちゅうしょう 強直性脊椎炎とは(きょうちょくせいせきついえん) きょうちょくせいせきついえん 強迫神経症とは(きょうはくしんけいしょう) きょうはくしんけいしょう 強皮症(きょうひしょう)とは きょうひしょう 恐怖症とは(きょうふしょう) きょうふしょう 離人神経症とは(りじんしんけいしょう) きょうふしょう 胸部打撲傷とは(きょうぶだぼくしょう) きょうぶだぼくしょう 強膜炎とは(きょうまくえん) きょうまくえん 強膜破裂とは(きょうまくはれつ) きょうまくはれつ 局所がかゆいのですが(女性) きょくしょそうようかん 局部床義歯とは(きょくぶしょうぎば) きょくぶしょうぎば 虚血性視神経症とは(きょけつせいしんけいしょう) きょけつせいしんけいしょう 虚血性大腸炎とは(きょけつせいだいちょうえん) きょけつせいだいちょうえん 巨赤芽球性貧血とは(きょせきがきゅうせいひんけつ) きょせきがきゅうせいひんけつ 巨大児とは(きょだいじ) きょだいじ ギランバレー症候群とは(ぎらんばれーしょうこうぐん) ぎらんばれーしょうこうぐん 切り傷やすり傷の治療法 きりきず 桐沢型ぶどう膜炎とは(きりさわがたぶどうまくえん) きりさわがたぶどうまくえん 起立性低血圧とは きりつせいていけつあつ 禁煙の効果的な方法 きんえん 緊急避妊法とは きんきゅうひにんほう 筋ジストロフィーとは(きんじすとろふぃー) きんじすとろふぃー 金属床義歯とは(きんぞくしょうぎし) きんぞくしょうぎし 緊張型頭痛と片頭痛の違いと治療法 きんちょうがたずつう、へんずつう 緊張型頭痛とは(きんちょうがたづつう) きんちょうがたづつう 空気嚥下症とは(くうきえんげしょう) くうきえんげしょう グッドパスチュア症候群とは(ぐうどぱすちゅあ) ぐうどぱすちゅあ シミ、そばかす、くすみの原因となるメラニンをつくらせない化粧法はありますか? くすみ、めらにん 口の外傷とは(くちのがいしょう) くちのがいしょう 荒れやすい唇をなめらかに保つ方法を教えてください。 くちびる、あれ クッシング症候群とは(くっしんぐしょうこうぐん) くっしんぐしょうこうぐん くも状血管腫とは(くもじょうけっかんしゅ) くもじょうけっかんしゅ くも膜下血腫とは(くもまくかけっしゅ) くもまくかけっしゅ くも膜下出血とは くもまくかしゅっけつ クラインフェルター症候群とは(くらいんふぇるたーしょうこうぐん) くらいんふぇるたーしょうこうぐん クラゲ刺傷とは(くらげししょう) くらげししょう クラッベ病とは(くらっぺびょう) くらっぺびょう HbA1cとは(グリコヘモグロビン) ぐりこへもぐろびん クリプトスポリジウム症(くりぷとすぽりじうむ) くりぷとすぽりじうむ クレアチニン (CRE) くれあちにん 健康食品としてのクレアチンの使用目的とは くれあちん、けんこうしょくひん クレゾール中毒とは(くれぞーるちゅうどく) くれぞーるちゅうどく クロイツヘルツヤコブ病(ヤコブ病)とは くろいつへるつやこぶびょう クローンとは くろーん クローン病とは(くろーんびょう) くろーんびょう 黒ナマズとは(くろなまず) くろなまず 頸管不全症とは(けいかんふぜんしょう) けいかんふぜんしょう 頸管無力症とは(けいかんむりょくしょう) けいかんむりょくしょう 頸肩腕症候群とは(けいけんわんしょうこうぐん) けいけんわんしょうこうぐん 頸肩腕痛とは(けいけんわんつう) けいけんわんつう 脛骨骨折とは(けいこつこっせつ) けいこつこっせつ 憩室とは けいしつ 頸椎椎間板ヘルニアとは(けいついついかんばんへるにあ) けいついついかんばんへるにあ 頚椎捻挫とは(けいついねんざ) けいついねんざ 頸部脊椎症とは(けいぶせきついしょう) けいぶせきついしょう 頸部リンパ節とは(けいぶりんぱせつえん) けいぶりんぱせつえん 劇症肝炎とは(げきしょうかんえん) げきしょうかんえん 下血とは(げけつ) げけつ 下肢静脈血栓症とは けしじょうみゃくけっせんしょう 血圧は毎日何時頃、測ればよいか けつあつ 1回目の血圧が高く2回目が低く出ました。 どちらが正しいですか けつあつ 太ると血圧が上がるといわれるのはなぜですか? けつあつ 最低血圧が高いのですが最高血圧が低ければ危険はありませんか? けつあつ おくらは血圧を下げる?(おくら) けつあつ、おくら 温泉好きですが血圧にどんな影響がありますか けつあつ、おんせん 血圧が高いが仁丹を飲んでも良いか? けつあつ、じんたん 血圧が高いですが抜歯や外科手術は受けられるか けつあつ、ばっし 1回目の血圧値が高く、2回目の血圧値が低く出た。 どちらが正しいか? けつあつち 太ると血圧が高くなるといわれるのはなぜか けつあつち 結核とは けっかく 結核菌の標的は肺だけか けっかくきん 結核性髄膜炎とは(けっかくせいずいまくえん) けっかくせいずいまくえん 血管運動性鼻炎とは(けっかんうんどうせいびえん) けっかんうんどうせいびえん 血管炎とは けっかんえん 血管腫とは(けっかんしゅ) けっかんしゅ 血胸とは(けっきょう) けっきょう 月経困難症とは(げっけいこんなんしょう) げっけいこんなんしょう 月経困難症で黄体ホルモン剤を服用しながら、子供をつくってもよいか げっけいこんなんしょう、おうたいほるもん、こども 月経前緊張症とは(げっけいぜんきんちょうしょう) げっけいぜんきんちょうしょう 月経痛がひどい人に良い漢方薬とは げっけいつう、かんぽうやく 血色素量とは(Hb) けっしきそりょうへまとくりっと 血小板減少性紫斑病とは(けっしょうばんげんしょうせいしはんびょう) けっしょうばんげんしょうせいしはんびょう 血小板数とは(Plts) けっしょうばんすう 結節性硬化症とは(けっせつせいこうかしょう) けっせつせいこうかしょう 結節性甲状腺腫とは(けっせつせいこうじょうせんせんしゅ) けっせつせいこうじょうせんせんしゅ 結節性紅斑とは(けっせつせいこうはん) けっせつせいこうはん 結節性多発動脈炎とは(けっせつせいたはつどうみゃくえん) けっせつせいたはつどうみゃくえん 結節性動脈周囲炎とは(けっせつせいどうみゃくしゅういえん) けっせつせいどうみゃくしゅういえん 血栓性外痔核とは(けっせんせいがいじかく) けっせんせいがいじかく 血栓性静脈炎とは けっせんせいじょうみゃくえん 結腸過長症とは(けっちょうかちょうしょう) けっちょうかちょうしょう シークワーサーという果物で血糖値が下がるか けっとう、しーくわさー オリゴ糖は血糖値を上昇させるか(おりごとう、けっとうち) けっとうち 正常血糖値 けっとうち BSとは(血糖値) けっとうち 血尿が出たが、どんな病気が考えられるか。 けつにょう 血尿とは(けつにょう) けつにょう 結膜異物とは(けつまくいぶつ) けつまくいぶつ ものもらい(結膜炎、めいぼともいう)にはどの目薬が有効か けつまくえん 結膜下出血とは(けつまくかしゅっけつ) けつまくかしゅっけつ 結膜のう洗浄用ホウ酸水の作り方 けつまくのう 血友病とは(けつゆうびょう) けつゆうびょう 一般用医薬品に含まれる解熱鎮痛成分 げねつちんつうせいぶん ゲノミクスとは げのみくす ゲノムとは げのむ 口渇や下痢を伴うむくみに有効な漢方薬とは げり、かんぽうやく 胃腸薬に含まれる制酸剤が、便秘または下痢を起こすことがあるのか げり、せいさんざい おなかが冷えて下痢する場合と食中毒による下痢する場合はどのような症状の違いがあるか? げりとしょくちゅうどく ケロイドとは(けろいど) けろいど 限局性強皮症とは(げんきょくせいきょうひしょう) げんきょくせいきょうひしょう 献血の年齢制限とは けんけつ 眼瞼気腫とは(げんけんきしゅ) げんけんきしゅ ビタミンCを服用すると検尿に影響がでるか けんにょう、びたみんC 原発性アルドステロン症とは(げんぱつせいあるどすてろんしょう) げんぱつせいあるどすてろんしょう 原発性胆汁性肝硬変とは(げんぱつせいたんじゅうせいかんこうへん) げんぱつせいたんじゅうせいかんこうへん 原発性肺癌とは げんぱつせいはいがん 原発性免疫不全症候群とは(げんぱつせいめんえきふぜんしょうこうぐん) げんぱつせいめんえきふぜんしょうこうぐん 肩板損傷とは(けんばんそんしょう) けんばんそんしょう 健忘症候群とは(けんぼうしょうこうぐん) けんぼうしょうこうぐん 玄米胚芽油は何に効くか げんまいはいがゆとこうのう 高温障害とは(こうおんしょうがい) こうおんしょうがい 口蓋扁桃肥大とは(こうがいへんとうひだい) こうがいへんとうひだい 口蓋裂とは(こうがいれつ) こうがいれつ 光化学スモッグとは(こうかがくすもっぐ) こうかがくすもっぐ 口角びらんとは(こうかくびらん) こうかくびらん 口渇や下痢を伴うむくみに有効な漢方薬とは こうかつ、かんぽうやく 睾丸腫瘍とは(こうがんしゅよう) こうがんしゅよう 睾丸捻転とは(こうがんねんてん) こうがんねんてん 口腔乾燥症とは(こうくうかんそうしょう) こうくうかんそうしょう 口腔粘膜褥創性潰瘍とは(こうくうねんまくじょくそうせいかいよう) こうくうねんまくじょくそうせいかいよう 血圧の高い人によいという「アミールSTM」を降圧薬服用中の人が飲んでもよいか こうけつあつ、あみーる 頭痛、肩こりを伴う高血圧に有効な漢方薬とは こうけつあつ、かんぽうやく 疲れやすく耳鳴りを伴う高血圧に有効な漢方薬とは こうけつあつ、かんぽうやく 便秘がちで高血圧に有効な漢方薬とは こうけつあつ、かんぽうやく 高血圧症の診断基準(WHO とは こうけつあつ、しんだんきじゅん 蕎麦(ソバ)は高血圧に効果があるか こうけつあつ、そば 血圧高めの人によいという「ラピスサポート」とは こうけつあつ、らぴすさぽーと 高血圧性腎症とは(こうけつあつせいじんしょう) こうけつあつせいじんしょう 高血圧性脳症とは(こうけつあつせいのうしょう) こうけつあつせいのうしょう 膠原病 こうげんびょう とは こうげんびょう 咬合異常とは(こうごういじょう) こうごういじょう 高コレステロール血症 こうこれすてろーるけっしょう 虹彩炎とは(こうさいえん) こうさいえん 虹彩毛様体炎とは(こうさいもうようたいえん) こうさいもうようたいえん 虹彩離断とは(こうさいりだん) こうさいりだん 高山病とは(こうざんびょう) こうざんびょう 高脂血症とは? こうしけっしょう 高脂血症の診断基準(血清脂質値:空腹時採血)とは こうしけっしょう、しんだんきじゅん 口臭(こうしゅう)の原因とは こうしゅう 口臭とは(こうしゅう) こうしゅう 後縦靱帯骨化症とは(こうじゅうじんたいこっかしょう) こうじゅうじんたいこっかしょう 甲状腺がんとは/甲状腺癌とは(こうじょうせんがん) こうじょうせんがん 抗コリン作用がある薬剤は甲状腺機能亢進症の人には投与禁忌か こうじょうせんきのうこうしんしょう 甲状腺機能亢進症とは こうじょうせんきのうこうしんしょう バセドウ病とは(ばせどうびょう) こうじょうせんきのうこうしんしょう 甲状腺機能亢進症とは(こうじょうせんきのうこうしんしょう) こうじょうせんきのうこうしんしょう 甲状腺機能低下症とは(こうじょうせんきのうていかしょう) こうじょうせんきのうていかしょう 甲状腺ホルモンとは こうじょうせんほるもん 口唇炎とは こうしんえん フケ・かゆみをとる抗真菌薬配合シャンプーとは こうしんきんやく、しゃんぷー 口唇裂とは(こうしんれつ) こうしんれつ 一般用ケトプロフェン外用剤が接触皮膚炎、光線過敏症をおこすおそれあり、使用上の注意に追加(H15.1) こうせんかびんしょう、けとぷろふぇん 拘束性心筋症とは こうそくせいしんきんしょう 鉤虫症とは(こうちゅうしょう) こうちゅうしょう 後天性巨大結腸症とは(こうてんせいきょだいけっちょうしょう) こうてんせいきょだいけっちょうしょう 喉頭癌とは(こうとうがん) こうとうがん 喉頭狭窄とは(こうとうきょうさく) こうとうきょうさく 喉頭軟化症とは こうとうなんかしょう) こうとうなんかしょう 口内炎には何が効きますか こうないえん 口内炎(こうないえん)とは こうないえん 赤く腫れて痛む口内炎に有効な漢方薬とは こうないえん、かんぽうやく 胃腸が悪い方の口内炎に有効な漢方薬とは こうないえん、かんぽうやく 高尿酸血症とは(こうにょうさんけっしょう) こうにょうさんけっしょう 更年期障害とは? こうねんきしょうがい 更年期障害に効く健康食品(大豆イソフラボン) こうねんきしょうがい、だいずいそふらぼん ビタミンEは更年期障害に効くのか? こうねんきしょうがい、びたみんE 更年期症状(こうねんきしょうじょう、女性ホルモンが欠乏状態)とは こうねんきしょうじょう 紅皮症とは(こうひしょう) こうひしょう 硬膜外血腫とは(こうまくがいけっしゅ) こうまくがいけっしゅ 硬膜下血腫とは(こうまくかけっしゅ) こうまくかけっしゅ 肛門癌とは(こうもんがん) こうもんがん 肛門周囲膿瘍とは こうもんしゅういのうよう 肛門掻痒症とは(こうもんそうようしょう) こうもんそうようしょう 肛門ポリープとは(こうもんぽりーぷ こうもんぽりーぷ 声変わり障害(こえがわりしょうがい) こえがわりしょうがい ゴーシェ病とは(ごーしえびょう) ごーしえびょう 五月病(ごがつびょう)とは ごがつびょう 大気汚染による呼吸器病とは(たいきおせん、こきゅうきびょう) こきゅうきびょう、たいきおせん 呼吸窮迫症候群とは(こきゅうきゅうはくしょうこうぐん) こきゅうきゅうはくしょうこうぐん 黒色表皮腫とは(こくしょくひょうひしゅ) こくしょくひょうひしゅ こしけ(帯下)とは? こしけ 五十肩と肩こりの違いは? ごじゅうかた 五十肩とは(ごじゅうかた) ごじゅうかた 骨髄異形成症候群とは(こつずいいけいせいしょうこうぐん、MDS) こつずいいけいせいしょうこうぐん 骨髄移植とは(こつずいいしょく) こつずいいしょく 骨粗鬆症とは(こつそしょうしょう) こつそしょうしょう 骨盤位とは(こつばんい) こつばんい 骨盤骨折とは(こつばんこっせつ) こつばんこっせつ 骨盤腹膜炎とは(こつばんふくまくえん) こつばんふくまくえん 股部白癬(こぶはくせん) こぶはくせん 鼓膜炎とは(こまくえん) こまくえん 鼓膜損傷とは(こまくそんしょう) こまくそんしょう 鼓膜裂傷とは(こまくれっしょう) こまくれっしょう こむらがえりがたびたび起こる。 病気でしょうか? こむらがえり 湿気が多いとつらいこりに有効な漢方薬とは こり、かんぽうやく 冷えるとつらいこりに有効な漢方薬とは こり、かんぽうやく コルサコフ症候群とは(けんぼうしょうこうぐん) こるさこふしょうこうぐん コレステロールが多いとなぜ悪いか これすてろーる コレステロールの高めの人にいいというコレスケアとは これすてろーる、これすけあ コレラとは(これら) これら 混合性結合組織病とは こんごうせいけつごうそしきびょう 混合性結合組織病とは(こんごうせいけつごうそしきびょう) こんごうせいけつごうそしきびょう 根尖性歯周炎とは こんせんせいししゅういえん) こんせんせいししゅういえん コンプライアンスとは こんぷらいあんす サーモンパッチとは(さーもんぱっち) さーもんぱっち 在郷軍人病とは(ざいおうぐんじんびょう) ざいおうぐんじんびょう 細菌とウイルスの違いとは さいきん、ういるす 細菌性角膜潰瘍とは(さいきんせいかくまくかいよう) さいきんせいかくまくかいよう 細菌性赤痢とは(さいきんせいせきり) さいきんせいせきり 細菌性肺炎とは さいきんせいはいえん 血圧には上(最高血圧)と下(最低血圧)があるのはなぜか さいこうけつあつ、さいていけつあつ 再生不良性貧血とは(さいせいふりょうせいひんけつ) さいせいふりょうせいひんけつ 臍帯巻絡とは(さいたいけんらく) さいたいけんらく 臍帯ヘルニアとは(さいたいへるにあ) さいたいへるにあ サイトメガロウイルス網膜炎とは(さいとめがろういるすもうまくえん) さいとめがろういるすもうまくえん 細胞療法とは さいぼうりょうほう 逆子とは(さかご) さかご 鎖肛とは(さこう) さこう 鎖骨骨折とは(さこつこっせつ) さこつこっせつ 座骨神経痛とは(ざこつしんけいつう) ざこつしんけいつう 殺菌作用とは(さっきんさよう) さっきんさよう サリン中毒とは(さりんちゅうどく) さりんちゅうどく サルコイドージスとは(さるこいどーじす) さるこいどーじす サルモネラ食中毒とは(さるもねらしょくちゅうどく) さるもねらしょくちゅうどく 三叉神経痛とは(さんさしんけいつう) さんさしんけいつう 産褥感染症とは(さんじょくかんせんしょう) さんじょくかんせんしょう 蚕食性角膜潰瘍とは(さんしょくせいかくまくかいよう) さんしょくせいかくまくかいよう サンドホッフ病とは(さんどほっふびょう) さんどほっふびょう 残尿感が気になる方に有効な漢方薬とは ざんにょうかん、かんぽうやく 産瘤とは(さんりゅう) さんりゅう 霰粒腫とは(さんりゅうしゅ) さんりゅうしゅ 痔(じ)はどんな病気があるか じ 痔の手術は痛いと聞くが現状はどうか じ 痔核(いぼ痔)とは じ、いぼじ 外痔核とは? じ、がいじかく いぼ痔や切れ痔に有効な漢方薬とは じ、かんぽうやく 痔を伴い便秘がちの方に有効な漢方薬とは じ、かんぽうやく 裂肛(切れ痔)とは じ、きれじ 痔瘻(じろう)とは? じ、じろう 便に血が混じりる。 痔によるものか じ、ち 内痔核とは? じ、ないじかく 裂肛とは? じ、れっこう ジアルジア症とは(じあるじあしょう) じあるじあしょう シアン中毒とは(しあんちゅうどく) しあんちゅうどく シェーグレン症候群とは しぇーぐれんしょうこうぐん シェーンライン・ヘノッホ紫斑病とは(シェーンライン・ヘノッホしはんびょう) しぇーんらいんへのっほしはんびょう 耳介血腫とは(じかいけっしゅ) じかいけっしゅ 耳介湿疹とは(じかいしっしん) じかいしっしん 紫外線障害とは(しがいせんしょうがい) しがいせんしょうがい 自家感作性皮膚炎とは(じかかんさせいひふえん) じかかんさせいひふえん 痔核とは じかく 耳下腺炎性睾丸炎とは(じかせんえんせいこうがんえん) じかせんえんせいこうがんえん シガテラ中毒とは(しがてらちゅうどく) しがてらちゅうどく 耳管狭窄症とは じかんきょうさくしょう じかんきょうさくしょう 弛緩出血とは(しかんしゅっけつ) しかんしゅっけつ 歯冠破折とは(しかんはせつ) しかんはせつ 色素性乾皮症とは(しきそせいかんぴしょう) しきそせいかんぴしょう 子宮の奇形とは(しきゅう、のきけい) しきゅう、きけい 子宮外妊娠(しきゅうがいにんしん) しきゅうがいにんしん 子宮下垂とは(しきゅうかすい) しきゅうかすい 子宮がん健診とは しきゅうがんけんしん 子宮筋腫の自覚症状とは しきゅうきんしゅ 子宮筋腫とは(しきゅうきんしゅ) しきゅうきんしゅ 子宮筋腫と悪性腫瘍の見分け方とは しきゅうきんしゅ、あくせいしゅよう 子宮筋腫の主症状とは しきゅうきんしゅ、しょうじょう 子宮筋腫が多発年齢とは しきゅうきんしゅ、たはつねんれい 子宮筋層炎とは(、しきゅうきんそうえん) しきゅうきんそうえん 子宮頸癌とは/子宮頸がんとは(しきゅうけいがん) しきゅうけいがん 子宮頸管炎とは(しきゅうけいかんえん) しきゅうけいかんえん 子宮頸管ポリープとは(しきゅうけいかんぽりーぷ) しきゅうけいかんぽりーぷ 子宮頸管裂傷とは(しきゅうけいかんれっしょう) しきゅうけいかんれっしょう 子宮腺筋症とは しきゅうせんきんしょう 子宮体癌とは/子宮体がんとは(しきゅうたいがん) しきゅうたいがん 子宮脱(しきゅうだつ)とは しきゅうだつ 子宮膣部びらんとは(しきゅうちつぶびらん) しきゅうちつぶびらん 子宮内胎児発育遅延とは(しきゅうないたいじはついくちえん) しきゅうないたいじはついくちえん 子宮内膜炎とは(しきゅうないまくえん) しきゅうないまくえん 子宮内膜症とは(しきゅうないまくしょう) しきゅうないまくしょう 子宮付属器炎とは(しきゅうふぞくきえん) しきゅうふぞくきえん ジクワット中毒とは(じくわっとちゅうどく) じくわっとちゅうどく 歯頸部う蝕とは(しけいぶうしょく) しけいぶうしょく 歯垢(しこう)と歯石(しせき)の違いとは しこう、しせき 耳硬化症とは(じこうかしょう) じこうかしょう 耳垢栓塞とは(じこうせんそく) じこうせんそく 自己免疫疾患とは じこめんえきしっかん 歯根破折とは(しこんはせつ) しこんはせつ 時差ぼけの解消薬はないか じさぼけ 時差症候群とは(じさようこうぐん) じさようこうぐん 四肢の開放性損傷とは(しし、かいほうせいそんしょう) しし、かいほうせいそんしょう 四肢切断とは(ししせつだん) ししせつだん 歯周病とは ししゅうびょう 歯周病予防の歯磨き剤は歯周病予防に有効ですか。 ししゅうびょうよぼう 視床下部から分泌されるホルモン ししょうかぶ、ほるもん 糸状虫症とは(しじょうちゅうしょう) しじょうちゅうしょう 視神経炎とは(ししんけいえん) ししんけいえん 視神経管骨折(ししんけいかんこっせつ) ししんけいかんこっせつ 歯髄炎とは(しずいえん) しずいえん 磁性アタッチメント義歯とは(じせいあたっちめんとぎし) じせいあたっちめんとぎし 耳せつとは(じせつ) じせつ 自然気胸とは(しぜんききょう) しぜんききょう 歯槽膿漏とは(しそうのうろう) しそうのうろう 鎮痛薬を服用したが、2時間たっても歯の痛みがおさまりません。 成分の異なる他の解熱鎮痛薬をさらに服用してよいでしょうか? しつう、ちんつうやくとこうのう 膝蓋骨骨折とは(しつがいこつこっせつ) しつがいこつこっせつ 湿疹とは しっしん 膝靱帯損傷とは(しつじんたいそんしょう) しつじんたいそんしょう 痔の軟膏と坐剤はどのように使い分けたらよいか じとなんこう 歯肉膿瘍とは(しにくのうよう) しにくのうよう ジフテリアとは(じふてりあ) じふてりあ 自閉性障害とは(じへいしょうがい) じへいしょうがい ジベールばら色粃糠疹とは(じべーるばらいろひこうしん) じべーるばらいろひこうしん 脂肪肝(しぼうかん)とは. しぼうかん シミやそばかすにビタミンCがよいというがどれくらいの期間服用したらよいか? しみ しみとは(しみ) しみ しみや、しもやけに有効な漢方薬とは しみ、かんぽうやく 香水を肌に直接付けるとシミになるか? しみ、こうすい シミ、そばかす、くすみの原因となるメラニンをつくらせない化粧法はありますか? しみ、めらにん しみ、そばかすに何が効きますか しみそばかす 弱視とは(じゃくし) じゃくし 若年性関節リウマチとは(じゃくねんせいかんせつりうまち) じゃくねんせいかんせつりうまち 斜頸とは(しゃけい) しゃけい ジャケットクラウンとは(じゃけっとくらうん) じゃけっとくらうん 斜視とは(しゃし) しゃし しゃっくりとは(しゃっくり) しゃっくり 縦隔炎とは(じゅうかくえん) じゅうかくえん 縦隔腫瘍とは(じゅうかくしゅよう) じゅうかくしゅよう 習慣性流産とは(しゅうかんせいりゅうざん) しゅうかんせいりゅうざん 周期性嘔吐症とは(しゅうきせいおうとしょう) しゅうきせいおうとしょう 周期性傾眠症とは(しゅうきせいけいみんしょう) しゅうきせいけいみんしょう 周期性四肢麻痺とは(しゅうきせいししまひ) しゅうきせいししまひ 重金属中毒とは(じゅうきんぞくちゅうどく) じゅうきんぞくちゅうどく 充実性腫瘍とは(じゅうじつせいしゅよう) じゅうじつせいしゅよう 重症筋無力症とは じゅうしょうきんむりょくしょう) じゅうしょうきんむりょくしょう 重症急性呼吸器症候群(SARS :Severe Acute Respiratory Syndrome)とは じゅうしょうこきゅうきしょうこうぐん 集中治療室(ICU)とは しゅうちゅうちりょうしつ 十二指腸潰瘍とは じゅうにしちょうかいよう 十二指腸虫症とは(じゅうにしちょうちゅうしょう) じゅうにしちょうちゅうしょう 習癖異常とは(しゅうへきいじょう) しゅうへきいじょう 絨毛がんとは/絨毛癌とは(じゅうもうがん) じゅうもうがん 手根管症候群とは(しゅこんかんしょうこうぐん) しゅこんかんしょうこうぐん 酒さとは(しゅさ) しゅさ 出血性ショックとは(しゅっけつせいしょっく) しゅっけつせいしょっく 術後肛門障害とは(じゅつごこうもんしょうがい) じゅつごこうもんしょうがい 術後性上顎洞嚢胞とは(じゅつごじゅおがくどうのうほう) じゅつごじゅおがくどうのうほう 術後精神病とは(じゅつごせいしんびょう) じゅつごせいしんびょう 手部腱損傷とは(しゅぶけんそんしょう) しゅぶけんそんしょう 主婦湿疹とは(しゅふしっしん) しゅふしっしん 手部靱帯損傷とは(しゅぶじんたいそんしょう) しゅぶじんたいそんしょう 春季カタルとは(しゅんきかたる) しゅんきかたる 常位胎盤早期剥離とは(じょういたいばんそうきはくり) じょういたいばんそうきはくり 上咽頭若年性血管線維腫とは(じょういんとうじゃくねんせいけっかんせんいしゅ) じょういんとうじゃくねんせいけっかんせんいしゅ 上顎前突とは(じょうがくぜんとつ) じょうがくぜんとつ 上顎洞癌とは(じょうがくどうがん) じょうがくどうがん 症候性血小板減少症とは(しょうこうせいけっしょうばんげんしょうしょう) しょうこうせいけっしょうばんげんしょうしょう 猩紅熱とは(しょうこうねつ) しょうこうねつ 踵骨骨折(しょうこつこっせつ) しょうこつこっせつ 硝子体混濁とは(しょうしたいこんだく) しょうしたいこんだく 硝子体出血とは(しょうしたいしゅっけつ) しょうしたいしゅっけつ 症状性精神病とは(しょうじょうせいせいしんびょう) しょうじょうせいせいしんびょう 掌蹠膿庖症とは(しょうせきのうほうしょう) しょうせきのうほうしょう 上大静脈症候群とは じょうだいじょうみゃくしょうこうぐん 条虫症とは(じょうちゅうしょう) じょうちゅうしょう 小児の気管支喘息の改訂ガイドラインとは しょうに、きかんしぜんそく 小児,乳幼児などの年齢区分は? しょうに、ねんれいくぶん 小児嗄声とは(しょうにさせい) しょうにさせい 小児自閉症とは(しょうにじへいしょう) しょうにじへいしょう 小児糖尿病とは(しょうにとうにょうびょう) しょうにとうにょうびょう 小児バラ疹とは(、しょうにばらしん) しょうにばらしん 小乳房症とは(しょうにゅうぼうしょう) しょうにゅうぼうしょう 小脳失調症とは(しょうのうしっちょうしょう) しょうのうしっちょうしょう 上腕骨骨折とは(じょうわんこつこっせつ) じょうわんこつこっせつ 上腕骨橈側顆骨折とは(じょうわんこつとうそくかこっせつ) じょうわんこつとうそくかこっせつ 上腕二頭筋皮下断裂とは(じょうわんにとうきんひかだんれつ) じょうわんにとうきんひかだんれつ 上顎骨折とは(じょがくこっせつ) じょがくこっせつ 作業要因による職業性疾患とは(さぎょうよういん、しょくぎょうせいしっかん) しょくぎょうせいしっかん 痔に用いるステロイドを含まない坐薬 じょくそう 褥瘡患部の肉が露出している状態(黄色,赤色期)に使用する消毒薬と濃度とは じょくそう 褥瘡(床ずれ)とは じょくそう 有毒植物での食中毒(ゆうどくしょくぶつ、しょくちゅうどく) しょくちゅうどく 食道アカラシアとは しょくどうあからしあ 食道異物とは(しょくどういぶつ) しょくどういぶつ 食道炎とは しょくどうえん 食道潰瘍とは(しょくどうかいよう) しょくどうかいよう 食道癌とは(しょくどうがん) しょくどうがん 食道狭窄とは(しょくどうきょうさく) しょくどうきょうさく 食道静脈瘤とは しょくどうじょうみゃくりゅう 食道損傷とは(しょくどうそんしょう) しょくどうそんしょう 食道肉腫とは(しょくどうにくしゅ) しょくどうにくしゅ 食道裂孔ヘルニアとは(しょくどうれっこうへるにあ) しょくどうれっこうへるに 食物繊維は何に効くか しょくぶつせんいとこうのう 疲労感が強く食欲不振の方に有効な漢方薬とは しょくよくふしん、かんぽうやく 処女膜閉塞とは(しょじょまくへいそく) しょじょまくへいそく 女性ホルモンはどこで作られるか じょせいほるもん 男性にも女性ホルモンがあるか じょせいほるもん、だんせい 徐脈頻脈症候群とは じょみゃくひんみゃくしょうこうぐん 初老期痴呆とは(しょろうきちほう) しょろうきちほう 初老期認知症とは(しょろうきにんちしょう) しょろうきにんちしょう シラクモとは? しらくも 「しらくも」に何が聞くか しらくも しらくもとは(しらくも) しらくも 水虫、タムシ、はたけ、シラクモ、カンジダ症にステロイド(副腎皮質ホルモン)を使用しない理由 しらくも 自律神経失調症とは(じりつしんけいしっちょうしょう) じりつしんけいしっちょうしょう 脂漏性角化症とは(しろうせいかくかしょう) しろうせいかくかしょう 脂漏性皮膚炎とは(しろうせいひふえん) しろうせいひふえん 白そこひ(白内障)とは しろそこひ しろなまずとは(しろなまず) しろなまず 心因性失声症とは(しんいんせいしっせいしょう) しんいんせいしっせいしょう 心因性鼻炎とは(しんいんせいびえん) しんいんせいびえん 人格障害とは(じんかくしょうがい) じんかくしょうがい 「みぞおち」のあたりが痛むが、どんな病気か しんかぶつう、みぞおち 腎癌とは(じんがん) じんがん 心気神経症とは(しんきしんけいしょう) しんきしんけいしょう 腎機能を調べる方法とは じんきのう 腎機能が悪いが、造影剤を使っても大丈夫か。 じんきのう、ぞうえいざい 心筋炎とは しんきんえん ときどき脈が乱れます。 心筋梗塞の前触れでしょうか? しんきんこうそく 心筋梗塞とは しんきんこうそく 心筋症とは しんきんしょう 真菌性髄膜炎とは(しんきんせいずいまくえん) しんきんせいずいまくえん 神経芽細胞腫とは(しんけいがさいぼうしゅ) しんけいがさいぼうしゅ 神経質とは(しんけいしつ) しんけいしつ 疲れやすく神経質な方に有効な漢方薬とは しんけいしつ、かんぽうやく 神経症とは(しんけいしょう) しんけいしょう 神経痛とは(しんけいつう) しんけいつう 神経因性膀胱とは(しんけいんせいぼう) しんけいんせいぼう 腎結核とは(じんけっかく) じんけっかく 腎血管性高血圧とは(じんけっかんせいこうけつあつ) じんけっかんせいこうけつあつ 腎硬化症とは(じんこうかしょう) じんこうかしょう 心挫傷とは(しんざしょう) しんざしょう 心室細動とは しんしつさいどう 心室中隔欠損症とは しんしつちゅうかくけそんしょう 真珠腫性中耳炎とは(しんじゅしゅせいちゅうじえん) しんじゅしゅせいちゅうじえ 滲出性中耳炎とは(しんしゅつせいちゅうじえん) しんしゅつせいちゅうじえん 腎症候性出血熱とは(じんしょうこうせいしゅっけつねつ) じんしょうこうせいしゅっけつねつ 尋常性乾癬とは(じんじょうせいかんせん) じんじょうせいかんせん 尋常性白斑とは(じんじょうせいはくはん) じんじょうせいはくはん 尋常性疣贅とは(じんじょうせいゆうぜい) じんじょうせいゆうぜい 尋常性座瘡とは(じんじょうせざそうび) じんじょうせざそう 心身症とは(しんしんしょう) しんしんしょう 腎生検とは じんせいけん 新生児壊死性腸炎とは(しんせいじえしせいちょうえん) しんせいじえしせいちょうえん 新生児嘔吐とは(しんせいじおうと) しんせいじおうと 新生児肝炎とは(しんせいじかんえん) しんせいじかんえん 新生児痙攣とは/新生児けいれんとは(しんせいじけいれん) しんせいじけいれん 新生児高ビリルビン血症とは(しんせいじこうびりるびんけっしょう) しんせいじこうびりるびんけっしょう 新生児出血傾向(しんせいじしゅっけつけいこう) しんせいじしゅっけつけいこう 新生児循環不全とは(しんせいじじゅんかんふぜん) しんせいじじゅんかんふぜん 新生児髄膜炎とは(しんせいじずいまくえん) しんせいじずいまくえん 新生児肺炎とは(しんせいじはいえん) しんせいじはいえん 新生児敗血症とは(しんせいじはいけつしょう) しんせいじはいけつしょう 新生児メレナとは(しんせいじめれな) しんせいじめれな 新生児溶血性黄疸とは(しんせいじようけつせいおうだん) しんせいじようけつせいおうだん 真性多血症とは(しんせいたけつしょう) しんせいたけつしょう 腎性貧血と言われた。 輸血はしなくてよいか。 じんせいひんけつ 腎臓が萎縮していると言われた。 どのような病気か。 じんぞう、いしゅく 腎臓結石とは(じんぞうけっせき) じんぞうけっせき モビラート軟膏は心臓疾患に禁忌か? しんぞうしっかん 心臓神経症とは(しんぞうしんけいしょう) しんぞうしんけいしょう 心臓弁膜症とは しんぞうべんまくしょう 心タンポナーデとは(しんたんぽなーで) しんたんぽなーで 心的外傷後ストレス障害 PTSDとは しんてきがいしょうごすとれすしょうこうぐん 振動障害とは(しんどうしょうがい) しんどうしょうがい シンナー中毒とは(しんなーちゅうどく) しんなーちゅうどく 心内膜炎とは しんないまくえん 塵肺症とは(じんぱいしょう) じんぱいしょう 心不全とは しんふぜん 心房細動とは しんぼうさいどう 心房粗動とは しんぼうそどう 心房中隔欠損症とは しんぼうちゅうかくけっそんしょう 蕁麻疹とは(じんましん) じんましん 膵炎とは(すいえん) すいえん 膵癌とは(すいがん) すいがん 水銀中毒とは(すいぎんちゅうどく) すいぎんちゅうどく 水晶体脱臼とは(すいしょうたいだっきゅう) すいしょうたいだっきゅう 水腎症とは(すいじんしょう) すいじんしょう 膵臓の病気は発見されにくいと言われていますが、どんな症状か。 検査にはどんなものがあるか。 すいぞう 膵臓から分泌されるホルモンとは すいぞう、ほるもん 錘体外路症状とは すいたいがいろしょうじょう 水痘とは(すいとう) すいとう 水頭症とは(すいとうしょう) すいとうしょう 水尿管症とは(すいにょうかんしょう) すいにょうかんしょう 膵嚢胞とは(すいのうほう) すいのうほう 水疱性類天疱瘡とは(すいほうせいるいてんほうそう) すいほうせいるいてんほうそう にきび、おでき、とびひ、水疱瘡などの細菌性あるいはウイルス性感染症にステロイド(副腎皮質ホルモン)を使用しない理由 すいほうそう 睡眠時無呼吸症候群とは(すいみんじむこきゅうしょうこうぐん) すいみんじむこきゅうしょうこうぐん 睡眠障害とは(すいみんしょうがい) すいみんしょうがい 睡眠相後退症候群とは(すいみんそうこうたいしょうこうぐん) すいみんそうこうたいしょうこうぐん 頭蓋骨陥没骨折とは(ずがいこつかんぼつこっせつ) ずがいこつかんぼつこっせつ 頭蓋骨線状骨折とは(ずがいこつせんじょうこっせつ) ずがいこつせんじょうこっせつ 頭蓋底骨折とは(ずがいていこっせつ) ずがいていこっせつ 頭蓋内出血とは(ずがいないしゅっけつ) ずがいないしゅっけつ スキルス性胃癌とは(すきるすせいいがん) すきるすせいいがん 頭血腫とは(ずけつしゅ) ずけつしゅ スチューデントアパシーとは(すちゅーでんとあぱしー) すちゅーでんとあぱしー 頭部軟部組織損傷とは(ずぶなんぶそしきそんしょう) ずぶなんぶそしきそんしょう ころんで肘や膝をすりむきました。 どのように処置をしたらいいですか? すりむきとしょち 生活習慣病とは せいかつしゅうかんびょう 性器ヘルペス症 せいきへるぺすしょう 制菌作用とは、静菌作用とは(せいきんさよう) せいきんさよう 静菌作用とは(せいきんさよう) せいきんさよう 性行為感染症とは(せいこういかんせんんしょう) せいこういかんせんんしょう 性行動異常とは(せいこうどういじょう) せいこうどういじょう 脆弱X症候群とは(ぜいじゃくXしょうこうぐん) ぜいじゃくXしょうこうぐん 性障害とは(せいしょうがい) せいしょうがい 青色母斑とは(せいしょくぼはん) せいしょくぼはん 成人T細胞性白血病とは(せいじんTさいぼうせいはっけつびょう) せいじんTさいぼうせいはっけつびょう 成人呼吸窮迫症候群とは(せいじんこきゅうきゅうはくしょうこうぐん) せいじんこきゅうきゅうはくしょうこうぐん 産後の精神障害とは(さんご、せいしんしょうがい) せいしんしょうがい,さんご 精神遅滞とは(せいしんちたい) せいしんちたい 精神分裂病とは(せいしんぶんれつびょう) せいしんぶんれつびょう PPD(精製タンパク誘導物質、精製ツベルクリン)とは せいせいつべるくりん 性腺機能低下症とは(せいせんきのうていかしょう) せいせんきのうていかしょう 精巣上体炎とは(せいそうじょうたいえん) せいそうじょうたいえん 精巣捻転とは(せいそうねんてん) せいそうねんてん 声帯結節とは(せいたいけっせつ) せいたいけっせつ 声帯ポリープとは(せいたいぽりーぷ) せいたいぽりーぷ 声帯ポリープ様変性とは(せいたいぽりーぷようへんせい) せいたいぽりーぷようへんせい 成長ホルモン分泌不全性低身長症とは(せいちょうほるもんぶんぴつふぜんせいていしんちょうしょう) せいちょうほるもんぶんぴつふぜんせいていしんちょうしょ 成年性浮腫性硬化症とは(せいねんせいふしゅせいこうかしょう) せいねんせいふしゅせいこうかしょう 成分献血とは(せいぶんけんけつ) せいぶんけんけつ 喘鳴とは(ぜいめい) ぜいめい 正乱視とは(せいらんし) せいらんし 生理の前から痛む方に有効な漢方薬とは せいり、かんぽうやく 生理が遅い方に有効な漢方薬とは せいり、かんぽうやく 生理が早い方に有効な漢方薬とは せいり、かんぽうやく 生理の周期が不安定な方に有効な漢方薬とは せいりしゅうき、かんぽうやく 3日後から修学旅行なので生理を遅らせたいのですが、お薬ありますか? せいりちょうせつ 生理痛が激しいのですが毎月痛み止めを飲んでも大丈夫ですか せいりつう 13才の生理痛に効く薬はないですか?小児用バファリン(アセトアミノフェン)では効きません。 せいりつう 生理痛がひどいのですが病気か せいりつう 生理の後半に痛みが強い方に有効な漢方薬とは せいりつう、かんぽうやく 生理的黄疸とは(せいりてきおうだん) せいりてきおうだん 生理日を遅らしたり、早めたり生理日をずらす薬はありますか? せいりび 生理不順とは? せいりふじゅん 黄色い痰を伴う咳に有効な漢方薬とは せき、かんぽうやく 急な激しい咳に有効な漢方薬とは せき、かんぽうやく うすい水様の痰を伴う咳に有効な漢方薬とは せき、かんぽうやく 赤外線障害とは(せきがいせんしょうがい) せきがいせんしょうがい 脊髄腫瘍とは(せきずいしゅよう) せきずいしゅよう 脊髄小脳変性症とは せきずいしょうのうへんせいしょう) せきずいしょうのうへんせいしょう 脊髄損傷とは(せきずいそんしょう) せきずいそんしょう 脊柱側弯症とは(せきちゅうそくわんしょう) せきちゅうそくわんしょう 脊椎過敏症とは(せきついかびんしょう) せきついかびんしょう 脊椎カリエスとは(せきついかりえす) せきついかりえす 脊椎損傷とは(せきついそんしょう) せきついそんしょう 脊椎分離症とは(せきついぶんりしょう) せきついぶんりしょう せつとは(せつ) せつ 舌癌とは(ぜつがん) ぜつがん 雪眼炎とは、電気性眼炎とは(せつがんえん、でんきせいがんえん) せつがんえん、でんきせいがんえん 赤血球数とは(RBC) せっけっきゅうすう 摂食障害とは(せっしょくしょうがい) せっしょくしょうがい 接触性皮膚炎とは(せっしょくせいひふえん) せっしょくせいひふえん 一般用ケトプロフェン外用剤が接触皮膚炎、光線過敏症をおこすおそれあり、使用上の注意に追加(H15.0) せっしょくせいひふえん、けとぷろふぇん 接着性ブリッジとは(せっちゃくせいぶりっじ) せっちゃくせいぶりっじ 切迫流産とは(せっぱくりゅうざん) せっぱくりゅうざん ぜにたむし(ぜにたむし) ぜにたむし ぜにたむしはどんな症状でどんな原因菌か ぜにたむしとげんいんきん セラモメタルクラウンとは(せらもめたるくらうん) せらもめたるくらうん セルライトとは せるらいと めまいを伴う前額部痛に伴う漢方薬とは ぜんがくぶつう、かんぽうやく 閃輝性暗点とは(せんきせいあんてん) せんきせいあんてん 前期破水とは(ぜんきはすい) ぜんきはすい 尖圭コンジロームとは(せんけいこんじろーむ) せんけいこんじろーむ 洗剤・界面活性剤中毒とは(せんざい、かいめんかっせいざいちゅうどく) せんざい、かいめんかっせいざい 染色体異常(13トリソミー)とは(13とりそみー) せんしょくたいいじょう、13とりそみー 染色体異常(18トリソミー)とは(18とりそみー) せんしょくたいいじょう、18とりそみー 21トリソミーとは(21とりそみー) せんしょくたいいじょう、21とりそみー 全身性エリテマトーデス SLE とは ゼンシンセイエリテマトーデス、SLE 喘息患者に解熱剤の使用は危険か ぜんそく、げねつやく 喘息治療薬と缶コーヒは飲みあわせが悪いと聞いたのですが ぜんそくちりょうやく 先端巨大症とは(せんたいきょだいしょう) せんたいきょだいしょう 前置胎盤とは(ぜんちたいばん) ぜんちたいばん 前庭神経炎とは(ぜんていしんけいえん) ぜんていしんけいえん 先天性巨大結腸症とは(せんてんせいきょだいけっちょうしょう) せんてんせいきょだいけっちょうしょう 先天性股関節脱臼とは せんてんせいこかんせつだっきゅう) せんてんせいこかんせつだっきゅう 先天性食道閉鎖とは(せんてんせいしょくどうへいさ) せんてんせいしょくどうへいさ 先天性耳瘻孔とは せんてんせいじろうこう せんてんせいじろうこう 先天性胆道閉鎖とは(せんてんせいたんどうへいさ) せんてんせいたんどうへいさ 先天性腸管閉鎖とは(せんてんせいちょうかんへいさ) せんてんせいちょうかんへいさ 先天性内反足とは(せんてんせいないはんそく) せんてんせいないはんそく 先天性代謝異常症とは(せんてんたいしゃいじょうしょう) せんてんたいしゃいじょうしょう 前房出血とは(ぜんぼうしゅっけつ) ぜんぼうしゅっけつ せん妄とは(せんもう) せんもう 染毛剤(毛染め)でかぶれてかゆいのですが。 せんもうざい 旋毛虫症とは(せんもうちゅうしょう) せんもうちゅうしょう 前立腺癌とは/前立腺がんとは(ぜんりつせんがん) ぜんりつせんがん 風邪薬や花粉症薬で緑内障や前立腺肥大の人は禁忌とあるのはなぜか ぜんりつせんひだい、かぜぐすり 前立腺肥大症とは(ぜんりつせんひだいしょう) ぜんりつせんひだいしょう 前腕骨骨折とは(ぜんわんこつこっせつ) ぜんわんこつこっせつ 躁うつ病とは(そううつびょう) そううつびょう 騒音性難聴とは(そうおんせいなんちょう) そうおんせいなんちょう 音響外傷性難聴とは(、おんきょうがいしょうせいなんちょう) そうおんせいなんちょう 総義歯とは(そうぎし) そうぎし 叢生とは(そうせい) そうせい 総蛋白質とは(TP) そうたんぱく 壮年性脱毛症(男性型脱毛症)の兆候は? そうねんせいだつもうしょう 壮年性脱毛症とは(そうねんせいだつもうしょう) そうねんせいだつもうしょう 総ビリルビンとは(Bil) そうびりるびん 僧帽弁狭窄症とは そうぼうべんきょうさくしょう 帽弁閉鎖不全症とは そうぼうべんへいさふぜんしょう 早漏とは(そうろう) そうろう 足関節靱帯損傷とは(そくかんせつじんたいそんしょう) そくかんせつじんたいそんしょう 側頭動脈炎とは(そくとうどうみゃくえん) そくとうどうみゃくえん 冷えるとおこる頭頂部痛に有効な漢方薬とは そくとうぶつう、かんぽうやく 続発性血小板減少症とは(ぞくはつせいけっしょうばんげんしょうしょう) ぞくはつせいけっしょうばんげんしょうしょう 続発性免疫不全症候群とは(ぞくはつせいめんえきふぜんしょうこうぐん) ぞくはつせいめんえきふぜんしょうこうぐん 鼠径リンパ肉芽腫症とは(そけいりんぱにくげしゅしょう) そけいりんぱにくげしゅしょう ソバカスに良く効いて早く治る物はないか そばかす シミ、そばかす、くすみの原因となるメラニンをつくらせない化粧法はありますか? そばかす、めらにん ターナー症候群とは(たーなーしょうこうぐん) たーなーしょうこうぐん ターミナルケアとは たーみなるけあ 第一種学校伝染病と登校停止期間とは だいいっしゅがっこうでんせんびょう 体外衝撃波尿路結石破砕術(ESWL)とは たいがいしょうげきはにょうろけっせきはさいじゅつ 第三種学校伝染病と登校停止期間とは だいさんしゅがっこうでんせんびょう 胎児仮死とは(たいじかし) たいじかし 帯状疱疹とは(たいじょうほうしん) たいじょうほうしん 対症療法とは(たいしょうりょうほう) たいしょうりょうほう 大腿骨頸部骨折とは(だいたいぶけいぶこっせつ) だいたいぶけいぶこっせつ 大腸癌とは/大腸がん/大腸ガン(だいちょうがん) だいちょうがん 大腸憩室とは(だいちょうけいしつ) だいちょうけいしつ 大腸のポリープは放置しておいても良いか だいちょうぽりーぷ 大腸ポリープとは だいちょうぽりーぷ 大動脈炎症候群とは だいどうみゃくえんしょうこうぐん 大動脈閉鎖不全症とは だいどうみゃくへいさふぜんしょう 大動脈弁狭窄症とは だいどうみゃくべんきょうさくしょう 大動脈瘤とは だいどうみゃくりゅう 第二種学校伝染病と登校停止期間とは だいにしゅがっこうでんせんびょう 胎盤機能不全症候群とは(たいばんきのうふぜんしょうこうぐん) たいばんきのうふぜんしょうこうぐん 体部白癬とは(たいぶはくせん) たいぶはくせん 胎便吸引症候群とは(たいべんきゅういんしょうこうぐん) たいべんきゅういんしょうこうぐん 体毛が抜けて生えるまで たいもう 第四性病とは(だいよんせいびょう) だいよんせいびょう ダウン症候群とは(だうんしょうこうぐん) だうんしょうこうぐん 唾液腺炎とは(だえきせんえん) だえきせんえん 多汗症とは(たかんしょう) たかんしょう ダグラス窩膿瘍とは だぐらすかかいよう 多形滲出性紅斑とは(たけいしんしゅつせいこうはん) たけいしんしゅつせいこうは うおのめ・たことは(うおのめ・たこ) たこ 多種スルファターゼ欠損症とは(たしゅするふぁたーぜけっそんしょう) たしゅするふぁたーぜけっそんしょう 唾石症とは(だせきしょう) だせきしょう ただれとは ただれ 脱臼とは(だっきゅう) だっきゅう 脱肛とは だっこう 韃靼そば茶とは(ダッタン)とは だったんそば 脱毛の原因 だつもうげんいん 脱毛症の種類 だつもうしょう 脱毛ワックス(エステケアワックスヘアーリムーバーキット)できれいに脱毛できないのはなぜか? だつもうわっくす 多動性障害とは(たどうせいしょうがい) たどうせいしょうがい 多乳頭症とは(たにゅうとうしょう) たにゅうとうしょう 多乳房症とは(たにゅうぼうしょう) たにゅうぼうしょう 疲れやすく尿量が減少または多尿の時に有効な漢方薬とは たにょう、かんぽうやく たばこを吸っている人のそばにいるだけでもだめですか? たばこ たばこを吸い始めた年齢と本数は死亡率と関係があるか たばこしぼうりつ 煙草を吸うためのどがいがらっぽい。 のど用消毒殺菌薬を使用するとのどの調子がよいので、このままずっと使用してもよいのですか? たばことしょうどくさっきんやく たばこをやめると太りますか たばことたいけい タバコの誤食とは(たばこのごしょく) たばこのごしょく 多発性筋炎(皮膚筋炎)とは たはつせいきんえん 多発性硬化症とは(たはつせいこうかしょう) たはつせいこうかしょう 多発性骨髄腫とは(たはつせいこつずいしゅ) たはつせいこつずいしゅ 多発性嚢胞腎とは(たはつせいのうほうじん) たはつせいのうほうじん 打撲とは(だぼく) だぼく 水虫、タムシ、はたけ、シラクモ、カンジダ症にステロイド(副腎皮質ホルモン)を使用しない理由 たむし うすい水様の痰を伴う咳に有効な漢方薬とは たん、かんぽうやく 胆管癌とは(たんかんがん) たんかんがん 胆管細胞癌とは たんかんさいぼうがん) たんかんさいぼうがん 単純性甲状腺腺腫とは(たんじゅんせいこうじょうせんせんしゅ) たんじゅんせいこうじょうせんせんしゅ 単純性疱疹とは(ヘルペス) たんじゅんせいほうしん 男性不妊症とは(だんせいふにんしょう) だんせいふにんしょう 女性にも男性ホルモンがあるか だんせいほるもん、じょせい 男性ホルモンや女性ホルモンはどこで作られる だんせいほるもん、じょせいほるもん 胆石はこのまま放置しておいてよいか たんせき 胆石症とは(たんせき) たんせきしょう 胆道感染症とは(たんどうかんせんしょう) たんどうかんせんしょう 丹毒とは(たんどく) たんどく 胆嚢炎とは たんのうえん 胆嚢癌とは(たんのうがん) たんのうがん 胆嚢ポリープとは(たんのうぽりーぷ) たんのうぽりーぷ チアノーゼとは ちあのーぜ 蓄膿症とは(ちくのうしょう) ちくのうしょう 智歯周囲炎とは(ちししゅういえん) ちししゅういえん 膣内のpHとは ちつ、ph 膣カンジダ症(ちつかんじだしょう) ちつかんじだしょう チック症とは(ちっくしょう) ちっくしょう 膣トリコモナス症とは(ちつとりこもなすしょう) ちつとりこもなすしょう 血の道とは(ちのみち) ちのみち 血の道症とは(ちのみちしょう) ちのみちしょう 虫刺症とは(ちゅうししょう) ちゅうししょう 中心性脈絡網膜症とは(ちゅうしんせいみゃくらくもうまくしょう) ちゅうしんせいみゃくらくもうまくしょう 中心性網膜炎とは(ちゅうしんせいもうまくえん) ちゅうしんせいもうまくえん 中心性網脈絡膜炎とは(ちゅうしんせいもうみゃくらくまくえん) ちゅうしんせいもうみゃくらくまくえん 中枢性尿崩症とは(ちゅうすうせいにょうほうしょう) ちゅうすうせいにょうほうしょう 中皮腫とは(ちゅうひしゅ) ちゅうひしゅ 肘部管症候群とは(ちゅうぶかんしょうこうぐん) ちゅうぶかんしょうこうぐん 腸炎ビブリオ食中毒とは(ちょうえんびぶりおしょくちゅうどく) ちょうえんびぶりおしょくちゅうどく 腸間膜動脈閉塞症(ちょうかんまくどうみゃくへいそくしょう) ちょうかんまくどうみゃくへいそくしょう 腸管癒着症とは(ちょうかんゆちゃくしょう) ちょうかんゆちゃくしょう 聴神経腫瘍とは(ちょうしんけいしゅよう) ちょうしんけいしゅよう 腸チフスとは(ちょうちふす) ちょうちふす 発疹チフス,腸チフス,パラチフスの違いとは ちょうちふす アシドフィルス菌 ちょうないさいきんそう 腸閉塞とは(ちょうへいそく) ちょうへいそく 直腸炎とは(ちょくちょうえん) ちょくちょうえん 直腸脱とは(ちょくちょうだつ) ちょくちょうだつ 直腸ポリープとは(ちょくちょうぽりーぷ) ちょくちょうぽりーぷ 直腸癌とは/直腸がんとは/直腸ガンとは(ちょくとうがん) ちょくちょうがん チョコレート嚢胞とは(ちょこれーとのうほう) ちょこれーとのうほう 遅漏とは(ちろう) ちろう 医者から陳旧性心筋梗塞といわれたがどういう意味ですか ちんきゅうせいしんきんこうそく 通勤拒否とは(つうきんきょひ) つうきんきょひ 痛風とは(つうふう) つうふう 痛風のひとが飲むと逆に発作の誘因となりうる解熱鎮痛剤があったと思うのですが? つうふう、ほっさ 疲れとは? つかれ 疲れやすく、動悸・息切れを伴う時に有効な漢方薬とは つかれ、かんぽうやく 全身がだるく疲れやすい時に有効な漢方薬とは つかれ、かんぽやく 突き指とは(つきゆび) つきゆび 通経とは つけい かぜ薬を服用中ですが、頭痛がなおりません。 別の鎮痛薬を一緒に飲んでよいですか? づつう、かぜぐすり 頭痛、肩こりを伴う高血圧に有効な漢方薬とは づつう、かんぽうやく 飛行機に乗ったり、高い山に登ると頭が痛くなるのはなぜか? づつう、ひこうき つつが虫病とは(つつがむしびょう) つつがむしびょう ツベルクリン反応とは つべるくりんはんのう 爪はどれくらいの期間で生え替わるか? つめ 爪白癬とは(つめはくせん) つめはくせん 爪水虫(つめみずむし)とは? つめみずむし 爪水虫には飲み薬しかないそうすが、内臓に影響がでる場合があると聞いたことがあり、あまり飲みたくありません。 塗り薬がでる予定はないのでしょうか。 つめみずむし 爪水虫の治療法 つめみずむし、ちりょう つわりに効く薬はありますか? つわり 手足口病とは てあしくちびょう 低温障害とは(ていおんしょうがい) ていおんしょうがい 冬に冷え性で夏に暑がりは低血圧症か ていけつあつ 低血糖を起こした時に飲めるブドウ糖入りジュースとは ていけっとう 低血糖症とは(ていけっとうしょう) ていけっとうしょう 低血糖症状とは ていけっとうしょうじょう テイザックス病とは(てぃざっくびょう) てぃざっくびょう 低出生体重児とは(ていしゅっしょうたいじゅうじ) ていしゅっしょうたいじゅうじ 停留睾丸とは(ていりゅうこうがん) ていりゅうこうがん テール嚢胞とは(てーるのうほう) てーるのうほう テクノストレスとは(てくのすとれす) てくのすとれす 手首自傷症候群とは(てくびじしょうしょうこうぐん) てくびじしょうしょうこうぐん 鉄芽球性貧血とは(てつがきゅうせいひんけつ) てつがきゅうせいひんけつ 鉄欠乏性貧血とは(てつけつぼうせいひんけつ) てつけつぼうせいひんけつ 出っ歯とは(でっぱ) でっぱ テニス肘とは(てにすひじ) てにすひじ ブルーな日やムレやすい日などデリケートなところの不快感が気になります。 こんなときの快適グッズがありますか? でりけーと 転移性肝癌とは(てんいせいかんがん) てんいせいかんがん 転移性肺がんとは てんいせいはいがん 転移性脈絡膜腫瘍とは(てんいせいみゃくらくまくしゅよう) てんいせいみゃくらくまくしゅよう てんかんとは てんかん デング熱とは(でんぐねつ) でんぐねつ 電撃傷とは(でんげきしょう) でんげきしょう 伝染性軟属腫とは(でんせんせいなんぞくしゅ) でんせいせいなんぞくしゅ 伝染性紅斑とは(でんせんせいこうはん) でんせんせいこうはん 伝染性単核症とは(でんせんせいたんかくしょう) でんせんせいたんかくしょう 伝染性膿痂疹とは(でんせんせいのうかしん) でんせんせいのうかしん 点頭てんかんとは/West症候群(てんとうてんかん) てんとうてんかん 天然痘とは(てんねんとう) てんねんとう 癜風とは(でんぷう) でんぷう 動悸、息切れ、気つけに効く薬局で売っている薬はありますか どうき 疲れやすく、動悸・息切れを伴う時に有効な漢方薬とは どうき、かんぽうやく 貧血気味で動悸、息切れが強い時に有効な漢方薬とは どうき、かんぽうやく 糖原病とは(とうげんびょう) とうげんびょう 統合失調症とは(とうごうしっちょうしょう) とうごうしっちょうしょう 凍傷とは(とうしょう) とうしょう 痘瘡とは(とうそう) とうそう 糖尿病の患者数 とうにょうびょう、かんじゃすう 経口血糖降下薬の成分はインスリンか。 またはインスリンの代用品か。 とうにょうびょう 糖尿病とは とうにょうびょう 栄養ドリンク剤は味が甘いので、糖尿病に悪くないか。 とうにょうびょう、えいようどりんく 核酸が糖尿病に良い理由 とうにょうびょう、かくさん 糖尿病患者が風邪をひいたとき、市販の風邪薬を飲んでもよいか。 とうにょうびょう、かぜ キチン・キトサンは何に効くか とうにょうびょう、きちんきとさん ギムネマが糖尿病に良い理由 とうにょうびょう、ぎむねま グアバ茶(パーラー茶、ばんじろう)が糖尿病に良い理由 とうにょうびょう、ぐあばちゃ サロンシップ直貼を糖尿病患者に使わない方がよい理由 とうにょうびょう、さろんしっぷ 糖尿病の診断基準(日本糖尿病学会:1999年5月)とは とうにょうびょう、しんだんきじゅん 糖尿病で疲れ易いので、栄養剤やドリンク剤を 飲んでも良いか。 とうにょうびょう、どりんく バナバ茶が糖尿病に良い理由 とうにょうびょう、ばなばちゃ プロポリスが糖尿病に良い理由 とうにょうびょう、ぷろぽりす 糖尿病の自覚症状 とうにょうびょうじかくしょうじょう 糖尿病性壊疽とは(とうにょうびょうせいえそ) とうにょうびょうせいえそ 糖尿病性神経障害とは(とうにょうびょうせいしんけいしょうがい) とうにょうびょうせいしんけいしょうがい 糖尿病性腎症とは(とうにょうびょうせいじんしょう) とうにょうびょうせいじんしょう 糖尿病性白内障とは(とうにょうびょうせいはくないしょう) とうにょうびょうせいはくないしょう 糖尿病治療薬(医師の処方せん必要)。 とうにょうびょうちりょうやく 使用上の注意に「糖尿病の人は、服用前に医師又は薬剤師にご相談下さい」とあるが、どうしてですか? とうにょうびょうとちゅうい 糖尿病網膜症とは(とうにょうびょうもうまくしょう) とうにょうびょうもうまくしょう 糖尿病によいといわれる薬、健康食品、生薬 とうにょうびょうやく 頭部外傷後遺症とは(とうぶがいしょうこういしょう) とうぶがいしょうこういしょう 頭部外傷後精神障害とは(とうぶがいしょうごせいしんしょうがい) とうぶがいしょうごせいしんしょうがい 洞不全症候群とは(徐脈頻脈症候群) どうふぜんしょうこうぐん 動物咬傷とは(どうぶつこうしょう) どうぶつこうしょう 頭部白癬とは(とうぶはくせん) とうぶはくせん 頭部粃糠疹とは(とうぶひこうしん) とうぶひこうしん 動脈管開存症とは(PDA どうみゃくかんかいぞんしょう 動脈硬化とは どうみゃくこうか トキソプラズマ症とは(ときそぷらずま) ときそぷらずま トキソプラズマ網脈絡膜炎とは(ときそぷらずまもうみゃくらくまくえん) ときそぷらずまもうみゃくらくまくえん 毒蛾・毛虫による皮膚炎とは(どくが、けむし、ひふえん) どくが、けむし 毒キノコ中毒とは(どくきのこちゅうどく) どくきのこちゅうどく 毒蛇咬傷とは(どくじゃこうしょう) どくじゃこうしょう 特定心筋症とは とくていしんきんしょう 特発性間質性肺炎とは とくはつせいかんしつせいはいえん 特発性血小板減少症とは(とくはつせいけっしょうばんげんしょうしょう) とくはつせいけっしょうばんげんしょうしょう 特発性腎出血とは(とくはつせいじんしゅっけつ) とくはつせいじんしゅっけつ 吐血とは(とけつ) とけつ 突発性発疹とは(とっぱつせいほっしん) とっぱつせいほっしん とびひ(伝染性膿痂疹)と治療法 とびひ 小児がかかる「とびひ」とは とびひ とびひとは(とびひ) とびひ にきび、おでき、とびひ、水疱瘡などの細菌性あるいはウイルス性感染症にステロイド(副腎皮質ホルモン)を使用しない理由 とびひ ドメスティックバイオレンス(DV)とは どめすてぃっくばいおれんす ドライアイの症状はどのようなものか どらいあい ドライアイはどのような疾患で治療法は? どらいあい ドライアイとは どらいあい ドライアイの治療はどのようにしたらよいか どらいあいちりょう ドライマウスとは(どらいまうす) どらいまうす トラコーマとは とらこーま トリコチロマニアとは(とりこちろまにあ) とりこちろまにあ トリコモナス膣炎とは(とりこもなすちつえん) とりこもなすちつえん 内因性真菌性眼内炎とは(ないいんせいしんきんせいがんないえん) ないいんせいしんきんせいがんないえん 内耳炎とは(ないじえん) ないじえん 内視鏡的ポリープ摘除術とは(ないしきょうてきぽりーぷてきじょじゅつ) ないしきょうてきぽりーぷてきじょじゅつ 内出血とは(ないしゅっけつ) ないしゅっけつ 内分泌性鼻炎とは(ないぶんぴつせいびえん) ないぶんぴつせいびえん ナルコレプシーとは(なるこれぷしー) なるこれぷしー 軟骨無形成症とはは(なんこつむけいせいしょう) なんこつむけいせいしょう 軟性下疳とは(なんせいげかん) なんせいげかん 二ーマンピック病とは(にーまんぴっくびょう) にーまんぴっくびょう にきび、おでき、とびひ、水疱瘡などの細菌性あるいはウイルス性感染症にステロイド(副腎皮質ホルモン)を使用しない理由 にきび にきびとは(にきび) にきび 化膿しやすいニキビに有効な漢方薬とは にきび、かんぽうやく 母のコールドクリームを使ったらニキビがひどくなった。 なぜか? にきび、こーるどくりーむ にきびや吹出物を防ぐお化粧方法を教えてください。 にきびとふきでもの 肉離れとは(にくばなれ) にくばなれ ニコチン依存症とは? にこちんいぞんしょう 二次性血小板減少症とは(にじせいけっしょうばんげんしょうしょう) にじせいけっしょうばんげんしょうしょう 二次性低血圧とは にじせいていけつあつ 日射病とは(にっしゃびょう) にっしゃびょう 日本住血吸虫症とは(にっぽんじゅうけっきゅうちゅうしょう) にっぽんじゅうけっきゅうちゅうしょう 日本脳炎とは(にっぽんのうえん) にっぽんのうえん 乳癌とは/乳がんとは(にゅうがん) にゅうがん 乳がん健診 にゅうがんけんしん 乳酸菌とは にゅうさんきん 乳歯環状う蝕とは(にゅうしかんじょううしょく) にゅうしかんじょううしょく 乳児寄生菌性紅斑とは(にゅうじきせいきんせいこうはん) にゅうじきせいきんせいこうはん 乳児急性下痢症とは(にゅうじきゅうせいげりしょう) にゅうじきゅうせいげりしょう 乳児突然死症候群とは(にゅうじとつぜんししょうこうぐん) にゅうじとつぜんししょうこうぐん 乳児皮膚カンジダ症とは(にゅうじひふかんじだしょう) にゅうじひふかんじだしょう 無月経・乳汁分泌症候群とは(むげっけい、にゅうじゅうぶんぴつしょうこうぐん) にゅうじゅうぶんぴつしょうこうぐん 乳汁漏とは(にゅうじゅうろう) にゅうじゅうろう 乳腺症とは(にゅうせんしょう) にゅうせんしょう 乳腺線維腺腫とは(にゅうせんせんいせんしゅ) にゅうせんせんいせんしゅ 乳糖とは(ラクトース) にゅうとう、らくとーす ニューモシスチス・カリニ肺炎とは(にゅーもしすちす・かりにはいえん) にゅーもしすちす・かりにはいえん 乳幼児多発性汗腺膿瘍(にゅうようじたはつせいかんせんのうよう) にゅうようじたはつせいかんせんのうよう 乳幼児突然死症候群 SIDS とは にゅうようじとつぜんししょうこうぐん 尿管結石とは(にょうかんけっせき) にょうかんけっせき 尿管腫瘍とは(にょうかんしゅよう) にょうかんしゅよう 尿酸を下げる薬はどんなものがあるか にょうさん 尿酸とは にょうさん 尿素サイクル異常症とは(にょうそさいくるいじょうしょう) にょうそさいくるいじょうしょう 尿素窒素は何の検査か にょうそちっそ、BUN 尿蛋白が出たが、どんな病気が考えられますか。 にょうたんぱく 尿糖測定キットはあるか にょうとう 尿道炎とは(にょうどうえん) にょうどうえん 尿道狭窄とは(にょうどうきょうさく) にょうどうきょうさく 尿道結石とは(にょうどうけっせき) にょうどうけっせき 尿毒症とは(にょうどくしょう) にょうどくしょう 尿もれにはどのような薬が使われるか にょうもれ 尿もれに効くハルンケア内服液とは何ですか にょうもれ、はるんけあ 小児,乳幼児などの年齢区分は? にょうようじ、ねんれいくぶん 尿路感染症とは にょうろかんせんしょう 尿路結石とは(にょうろけっせき) にょうろけっせき 尿路結石除去術とは(にょうろけっせきじょきょじゅつ) にょうろけっせきじょきょじゅつ 妊娠検査薬でどうして妊娠がわかるのか にんしん 妊娠しているとき風邪薬を飲んでもよいか にんしん、かぜぐすり 妊娠中ですが花粉症で弱ってます。 点鼻薬なら使ってもよいですか? にんしん、びえんやく 妊娠している人が水虫薬を使ってもよいか にんしん、みずむしやく 妊娠悪阻とは にんしんおそ にんしんおそ 妊娠の危険日というのはいつ頃か にんしんきけんび 妊娠性鼻炎とは(にんしんせいびえん) にんしんせいびえん 妊娠線のスキンケア にんしんせん 妊娠中毒症とは(にんしんちゅうどくしょう) にんしんちゅうどくしょう 妊娠糖尿病とは(にんしんとうにょうびょう) にんしんとうにょうびょう 妊娠貧血とは(にんしんひんけつ) にんしんひんけつ 猫泣き症候群とは(ねこなきしょうこうぐん) ねこなきしょうこうぐん 熱けいれんとは/熱痙攣とは(ねつけいれん) ねつけいれん 熱失神とは(ねつしっしん) ねつしっしん 熱射病とは(ねっしゃびょう) ねっしゃびょう 熱傷とは(ねっしょう) ねっしょう 熱中症(日射病)とは? ねっちゅうしょう 熱疲労とは(ねつひろう) ねつひろう ネフローゼ症候群とは(ねふろーぜしょうこうぐん) ねふろーぜしょうこうぐん 眠気をとるドリンクとは ねむけ ねむけざまし薬ありますか ねむけざまし ねんざとは(ねんざ) ねんざ 粘膜皮膚眼症候群とは(ねんまくひふがんしょうこうぐん) ねんまくひふがんしょうこうぐん ノイローゼとは(のいろーぜ) のいろーぜ 脳の脂質代謝異常とは(のう、ししつたいしゃいじょう) のう、ししつたいしゃいじょう 脳下垂体から分泌されるホルモン のうかすいたい、ほるもん 膿胸とは( のうきょう) のうきょう 脳血管障害とは のうけっかんしょうがい 脳血管性痴呆とは(のうけっかんせいちほう) のうけっかんせいちほう 脳梗塞とは( のうこうそく) のうこうそく 脳挫傷とは(のうざしょう) のうざしょう 脳室内出血とは(のうしつないしゅっけつ) のうしつないしゅっけつ 脳出血とは のうしゅっけつ 脳腫瘍とは(のうしゅよう) のうしゅよう 脳静脈洞血栓症とは(のうじょうみゃくどうけっせんしょう) のうじょうみゃくどうけっせんしょう 脳震盪とは(のうしんとう) のうしんとう 脳性麻痺とは/脳性まひとは(のうせいまひ) のうせいまひ 脳卒中とは のうそっちゅう 脳動脈瘤とは(のうどうみゃくりゅう) のうどうみゃくりゅう 脳内血腫とは(のうないけっしゅ) のうないけっしゅ 脳内出血とは(のうないしゅっけつ) のうないしゅっけつ 脳波とは? のうは 嚢胞性腫瘍とは(のうほうせいしゅよう) のうほうせいしゅよう のどに何かつまった感じのする方に有効な漢方薬とは のど、かんぽうやく ほてりがありのどの渇きが強いときに有効な漢方薬とは のどのかわき、かんぽうやく 冷えて、のぼせに有効な漢方薬とは のぼせ、かんぽうやく 乗り物酔いの薬は症状が発症してから服用しても効果があるか のりものよい 乗り物酔いとは(のりものよい) のりものよい ノロウイルスとは のろういるす パーキンソン病とは ぱーきんそんびょう パーシャルデンチャーとは(ぱーしゃるでんちゃー) ぱーしゃるでんちゃー 肺壊疽とは はいえそ 肺炎とは はいえん 肺化膿症(肺膿瘍・肺壊疽)とは はいかのうしょう 肺化膿症とは はいかのうしょう 肺気腫とは(はいきしゅ) はいきしゅ 肺吸虫症とは(はいきゅうちゅうしょう) はいきゅうちゅうしょう 肺結核とは はいけっかく 敗血症とは(はいけつしょう) はいけつしょう 肺サルコイドーシスとは はいさるこいどーしす 肺ジストマ症とは(はいじすとま) はいじすとま 肺真菌症とは はいしんきんしょう 肺性心とは はいせいしん 肺線維症とは はいせんいしょう 肺塞栓症とは はいそくせんしょう) はいそくせんしょう 梅毒とは(ばいどく) ばいどく 排尿困難に効く薬とは はいにょうこんなん 排尿痛が強い方に有効な漢方薬とは はいにょうつう、かんぽうやく 肺膿瘍とは はいのうよう パイプ洗浄剤中毒とは(ぱいぷせんじゅざいちゅうどく) ぱいぷせんじゅざいちゅうどく 排便障害とは(はいべんしょうがい) はいべんしょうがい 検査薬でどうして排卵日がわかるのか はいらんび 排卵日を唾液で計れますか? はいらんび 白内障とは? はくないしょう 白内障の治療薬 はくないしょうちりょう 白髪になる原因 はくはつ 麦粒腫とは(ばくりゅうしゅ) ばくりゅうしゅ はしかとは(はしか) はしか はしかや風疹の予防接種は何歳に受けるのですか? はしか、よぼうせっしゅ 橋本病とは(はしもとびょう) はしもとびょう 破傷風とは(はしょうふう) はしょうふう バセドウ氏病の主症状は? ばせどうしびょう バセドウ氏病とは ばせどうしびょう 肌のあれ、いぼに有効な漢方薬とは はだあれ、かんぽうやく 化粧水を使っているのに肌がかさかさするのはなぜか? はだあれ、けしょうひん 子供にできる「はたけ」とは、その治療法とは はたけ 水虫、タムシ、はたけ、シラクモ、カンジダ症にステロイド(副腎皮質ホルモン)を使用しない理由 はたけ 蜂刺傷とは/ハチ刺傷とは/はち刺傷とは(はちししょう) はちししょう 白血球数とは(WBC) はっけっきゅうすう 白血球増多症とは(はっけっきゅうぞうたしょう) はっけっきゅうぞうたしょう 白血球分画とは はっけっきゅうぶんかく 発疹チフス,腸チフス,パラチフスの違いとは はっしんちふす 発疹チフスとは(はっしんちふす) はっしんちふす パッチテストは皮膚科に行かずに出来ますか? ぱっちてすと なぜ発熱するのか。 悪影響はないですか? ひやけどめ、SPF 赤ちゃんの日やけ止めありますか? ひやけどめ、あかちゃん 白くなりにくい日やけどめクリームはないですか? ひやけどめくりーむ 牛海綿状脳症(BSE)とは ぎゅうかいめんじょうのうしょう、BSE 病原大腸菌食中毒とは(びょうげんだいちょうきんしょくちゅうどく) びょうげんだいちょうきんしょくちゅうどく 標準体重の算出方法 ひょうじゅんたいじゅう ひょうそとは(ひょうそ) ひょうそ 病巣扁桃感染症とは(びょうそうへんとうかんせんしょう) びょうそうへんとうかんせんしょう 日和見感染(ひよりむかんせん)とは ひよりみかんせん 非淋菌性尿道炎とは(ひりんきんせいにょうどうえん) ひりんきんせいにょうどうえん 鼻涙管閉塞とは(びるいかんへいそく) びるいかんへいそく 昼間のおもらしとは(ひるまのおもらし) ひるまのおもらし 疲れやすく尿量が減少または多尿の時に有効な漢方薬とは ひろう、かんぽうやく 眠りが浅く疲労感がある方に有効な漢方薬とは ひろう、かんぽうやく カフェインが入っていない肉体疲労に効くドリンク ひろう、どりんく 疲労感が強く食欲不振の方に有効な漢方薬とは ひろうかん、かんぽうやく ピロリ菌の検査はできるか ぴろりきん 貧血の症状と貧血になる原因 ひんけつ 貧血気味で動悸、息切れが強い時に有効な漢方薬とは ひんけつ、かんぽうやく トイレが近く時間がかかるヒトに有効な漢方薬とは ひんにょう、かんぽうやく 頻発月経とは(ひんぱつげっけい) ひんぱつげっけい 貧毛症や無毛症の治療法 ひんもうしょう ファロー四徴症とは ふぁろーよんちょうこう 不安神経症とは(ふあんしんけいしょう) ふあんしんけいしょう 不育症とは(ふいくしょう) ふいくしょう フィラリア症とは(ふぃらりあ) ふぃらりあ 風疹とは(ふうしん) ふうしん はしかや風疹の予防接種は何歳に受けるのですか? ふうしん、よぼうせっしゅ プール熱とは ぷーるびょう フェカリス菌 ふぇかりすきん フェニルケトン尿症とは(ふぇにるけとんにょうしょう) ふぇにるけとんにょうしょう フォルクマン拘縮とは(ふぉるくまんこうしゅく) ふぉるくまんこうしゅく 吹出物とは? ふきでもの 腹圧性尿失禁とは(ふくあつせいにょうしっきん) ふくあつせいにょうしっきん 副甲状腺機能亢進症とは(ふくこうじょうせんきのうこうしんしょう) ふくこうじょうせんきのうこうしんしょ 副甲状腺機能低下症とは(ふくこうじょうせんていかしょう) ふくこうじょうせんていかしょう 副甲状腺ホルモンとは ふくこうじょうせんほるもん 副作用で「羞明」と書いてあるが,何と読むのか,どういう副作用か ふくさよう、しゅうめい 副腎から分泌されるホルモンとは ふくじん、ほるもん 副腎クリーゼとは(ふくじんくりーぜ) ふくじんくりーぜ ふぐ中毒とは(ふぐちゅうどく) ふぐちゅうどく 腹痛が強く、お腹が張る方に有効な漢方薬とは ふくつう、かんぽうやく ふけ症とは(ふけしょう) ふけしょう フケ症の治療法とは ふけしょう、ちりょうほう 不正咬合とは(ふせいこうごう) ふせいこうごう 不正性器出血とは(ふせいせいきしゅっけつ) ふせいせいきしゅっけつ 不整脈の検査にはどの様なものがあるか ふせいみゃく 不正乱視とは(ふせいらんし) ふせいらんし 二日酔いで頭が痛くなるのはなぜか? ふつかよい 二日酔に効くドリンクとは ふつかよい のぼせて顔色が赤く二日酔いのかたに有効な漢方薬とは ふつかよい、かんぽうやく 物理アレルギーとは(ぶつりあれるぎー) ぶつりあれるぎー 不定愁訴症候群とは(ふていしゅうそしょうこうぐん) ふていしゅうそしょうこうぐん ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群とは(SSSS)(ぶどうきゅうきんせいねっしょうようひふしょうこうぐん) ぶどうきゅうきんせいねっしょうようひふしょうこうぐ 不妊症とは(ふにんしょう) ふにんしょう 筋肉の部分断裂とは(ぶぶんだんれつ) ぶぶんだんれつ 不眠症とは(ふみんしょう) ふみんしょう フリクテン性結膜炎とは(ふりくてんせいけつまくえん) ふりくてんせいけつまくえん ブリッジ治療とは(ぶりっじちりょう) ぶりっじちりょう プリングル病とは(ぷりんぐるびょう) ぷりんぐるびょう フルンケルとは(ふるんける) ふるんける フレイルチェストとは(ふれいるちぇすと) ふれいるちぇすと 糞線虫症とは(ふんせんちゅうしょう) ふんせんちゅうしょう 分娩時骨折とは(ぶんべんじこっせつ) ぶんべんじこっせつ 分娩まひとは(ぶんべんまひ) ぶんべんまひ 粉瘤とは(ふんりゅう) ふんりゅう 閉鎖性骨折とは(へいさせいこっせつ) へいさせいこっせつ 閉塞性動脈硬化症とは へいそくせいどうみゃくこうかしょう ベーチェット病とは(べーちぇっとびょう) べーちぇっとびょう ペストとは(ぺすと) ぺすと へその緒の処置方法とは へそのお 子供のペニスの先の腫れの治療法 ぺにすのはれ、こども ヘマトクリット値とは(Ht) へまとくりっと ペルテス病とは(ぺるてすびょう) ぺるてすびょう ヘルパンギーナとは へるぱんぎーな ヘルペスなんですが良い薬ありませんか へるぺす 変形性関節症とは(へんけいせいかんせつしょう) へんけいせいかんせつしょう 変形性膝関節症とは へんけいせいひざかんせつしょう 偏頭痛とは へんずつう) へんずつう 胼胝腫とは(べんちしゅ) べんちしゅ 扁桃悪性リンパ腫とは(へんとうあくせいりんぱしゅ) へんとうあくせいりんぱしゅ 扁桃周囲膿瘍とは(へんとうしゅういのうよう) へんとうしゅういのうよう 扁桃摘出術とは(へんとうてきしゅつじゅつ) へんとうてきしゅつじゅつ 扁桃病巣感染症とは(へんとうびょうそうかんせんしょう) へんとうびょうそうかんせんしょう 習慣性扁桃炎とは(しゅうかんせいへんとうえん) へんとうびょうそうかんせんしょう 便秘薬を服用したら、便の色が黒色がかった緑色になったが、この薬のせいか べんのいろ、べんぴやく 柿を食べ過ぎると便秘になるのはなぜか べんぴ かぜ薬をのんだら便秘になってしまいました。 便秘をおこさないかぜ薬はないか べんぴ、かぜぐすり 便秘がちで高血圧に有効な漢方薬とは べんぴ、かんぽうやく 太って便秘がちな方に有効な漢方薬とは べんぴ、かんぽうやく 皮下脂肪が多く便秘の方に有効な漢方薬とはが べんぴ、かんぽうやく 痔を伴い便秘がちの方に有効な漢方薬とは べんぴ、かんぽうやく 便秘に穏やかに効く漢方薬とは べんぴ、かんぽうやく 下剤を連用してもよいか べんぴ、げざい 下剤のセンナやダイオウを長期連用すると腸が黒くなるのはなぜか べんぴ、げざい、せんな、だいおう 便秘でよく「宿便」って聞きますが、何のことなんでしょうか? べんぴ、しゅくべん 胃腸薬に含まれる制酸剤が、便秘または下痢を起こすと聞きましたが、本当ですか べんぴ、せいさんざい 総合感冒薬を飲んで便秘になったがなぜか べんぴ、そうごうかんぼうじょう 妊婦の便秘に浣腸を用いてよいか べんぴ、にんぷ ビタミンB1(塩酸チアミン)に便秘の効能がないのにB1誘導体(フルスルチアミン)にあるのは べんぴ、びたみんB1 経口便秘薬、浣腸薬、坐薬の中で便秘に早く効くのはどれですか?またそれぞれどのくらいで効いてくるんですか? べんぴ、べんぴやく 1才未満に使う便秘薬はあるか べんぴやく 便秘薬 コーラックなど を生理中でも飲んでよいか? べんぴやく、せいり 扁平足とは(へんぺいそく) へんぺいそく 扁平苔癬とは(へんぺいたいせん) へんぺいたいせん 扁平乳頭とは(へんぺいにゅうとう) へんぺいにゅうとう 扁平母斑とは(へんぺいぼはん) へんぺいぼはん 蜂窩織炎とは(ほうかしきえん) ほうかしきえん 包茎とは(ほうけい) ほうけい 膀胱炎とは? ぼうこうえん 膀胱癌とは/膀胱がんとは(ぼうこうがん) ぼうこうがん 膀胱結石とは(ぼうこうけっせき) ぼうこうけっせき 膀胱尿管逆流現象とは(ぼうこうにょうかんぎゃくりゅうげんしょう) ぼうこうにょうかんぎゃくりゅうげんしょう 房室ブロックとは ぼうしつぶろっく 放射線障害とは(ほうしゃせんしょうがい) ほうしゃせんしょうがい 胞状奇胎とは(ほうじょうきたい) ほうじょうきたい 蜂巣炎とは(ほうそうえん) ほうそうえん 包虫症とは(ほうちゅうしょう) ほうちゅうしょう 70代の男性ですが,かぜ薬を服用後、尿の出が悪くなった。 薬のせいか ぼうにょう、かぜぐすり かぜ薬を服用後、尿の出が悪くなることがあるか ぼうにょう、かぜぐすり 疲れやすく尿量が減少または多尿の時に有効な漢方薬とは ぼうにょう、かんぽうやく 腹痛が強く、お腹が張る方に有効な漢方薬とは ぼうまんかん、かんぽうやく ボーダーライン人格障害とは(ぼーだらいんじんかくしょうがい) ぼーだらいんじんかくしょうがい 単純性血管腫とは(ぽーとわいんぼはん) ぽーとわいんぼはん ポートワイン母斑とは(ぽーとわいんぼはん) ぽーとわいんぼはん ホジキン病とは(ほじきんびょう) ほじきんびょう 発作性上室性頻拍症とは ほっさせいじょうしつせいひんぱく 鎮痛薬を服用したら発疹が出ました。 この薬は何回か服用したことがあり,これまで異常はありませんでした。 このようなことは?あるのでしょうか? ほっしん、ちんつうやく ボツリヌス菌食中毒とは(ぼつりぬすしょくちゅうどく) ぼつりぬすしょくちゅうどく ほてりがありのどの渇きが強いときに有効な漢方薬とは ほてり、かんぽうやく 骨と関節の棘形成 ほねかんせつ、きょくけいせい 頬粘膜癌とは(ほねんまくがん) ほねんまくがん 母斑細胞母斑とは(ぼはんさいぼうぼはん) ぼはんさいぼうぼはん ホモシスチン尿症とは(ほもしすちんにょうしょう) ほもしすちんにょうしょう ポリオとは(ぽりお) ぽりお ポリベク トミーとは(ぽりぺくとみー) ぽりぺくとみー ポルフィリン症とは(ぽるふぃりんしょう) ぽるふぃりんしょう ホルモンとは ほるもん 本態性高血圧症とは(ほんたいせいこうけつあつしょう) ほんたいせいこうけつあつしょう 本態性低血圧とは ほんたいせいていけつあつ マールブルク病とは(まーるぶるぐびょう) まーるぶるぐびょう マイコプラズマ肺炎とは まいこぷらずまはいえん 麻疹とは(ましん) ましん マタニティー・ブルーとは(またにてぃー・ぶるー) またにてぃー・ぶるー 末端肥大症とは(まったんひだいしょう) まったんひだいしょう 瞼の裂傷とは/まぶたの裂傷とは(まぶたのれっしょう) まぶたのれっしょう マラリアとは(まらりあ) まらりあ マロリー・ワイス症候群とは(まろりー・わいすしょうこうぐん) まろりー・わいすしょうこうぐん 慢性胃炎とは(まんせいいえん) まんせいいえん 慢性咽頭炎とは(まんせいいんとうえん) まんせいいんとうえん 慢性胃炎の方に有効な漢方薬とは まんせいえん、かんぽうやく 慢性円板状エリテマトーデスとは(まんせいえんばんじょうえりてまとーです) まんせいえんばんじょうえりてまとーで 慢性化膿性中耳炎とは(まんせいかのうせいちゅうじえん) まんせいかのうせいちゅうじえん C型慢性肝炎とは まんせいかんえん 慢性肝炎とは(まんせいかんえん) まんせいかんえん 慢性関節リウマチ RA とは まんせいかんせつりゅうまち 慢性気管支炎とは まんせいきかんしえん 慢性結膜炎とは(まんせいけつまくえん) まんせいけつまくえん 慢性甲状腺炎とは(まんせいこうじょうせんえん) まんせいこうじょうせんえん 慢性喉頭炎とは(まんせいこうとうえん) まんせいこうとうえん 慢性硬膜下血腫とは(まんせいこうまくかけっしゅ) まんせいこうまくかけっしゅ 慢性骨髄性白血病とは(まんせいこつずいせいはっけつびょう) まんせいこつずいせいはっけつびょう 慢性再発性アフタとは(まんせいさいはつせいあふた) まんせいさいはつせいあふた 慢性糸球体腎炎とは(まんせいしきゅうたいじんえん) まんせいしきゅうたいじんえん 慢性歯肉炎とは(まんせいしにくえん) まんせいしにくえん 慢性腎盂腎炎とは(まんせいじんうじんえん) まんせいじんうじんえん 慢性腎炎とは(まんせいじんえん) まんせいじんえん 慢性腎不全とは(まんせいじんふぜん) まんせいじんふぜん 慢性膵炎とは(まんせいすいえん) まんせいすいえん 慢性鼻炎は(まんせいびえん) まんせいびえん 慢性ヒ素中毒とは/慢性砒素中毒とは(まんせいひそちゅうどく) まんせいひそちゅうどく 慢性副鼻腔炎とは(まんせいふくびくうえん) まんせいふくびくうえん 慢性便秘とは(まんせいべんぴ) まんせいべんぴ 慢性膀胱炎とは(まんせいぼうこうえん) まんせいぼうこうえん 慢性リンパ性白血病とは(まんせいりんぱせいはっけつびょう) まんせいりんぱせいはっけつびょう 花粉アレルギー薬を飲み始めて甘味が感じられませんでした。 味覚異常がおこるのか みかくいじょう、かふん 未熟児とは(みじゅくじ) みじゅくじ 未熟児貧血とは(みじゅくじひんけつ) みじゅくじひんけつ 未熟児網膜症とは(みじゅくじもうまくしょう) みじゅくじもうまくしょう みずいぼとは(みずいぼ) みずいぼ 汗をかきやすく水太りの方に有効な漢方薬とは みずぶとり、かんぽうやく みずぼうそうに効く薬を欲しいのですが みずぼうそう みずぼうそうとは みずぼうそう 水虫を治療する要点 みずむし 足の水虫を洗うとき共用タオルを用いてもよいか みずむし 足の水虫に手で薬を塗って手に水虫がうつりませんか? みずむし なぜ水虫というのか? みずむし 水虫、タムシ、はたけ、シラクモ、カンジダ症にステロイド(副腎皮質ホルモン)を使用しない理由 みずむし 水虫とは(みずむし) みずむし 水虫の薬を薬局で買って塗ってますがなかなか治りません。 水虫ではないのでしょうか みずむし 竹酢液は水虫に効くか みずむし、ちくさくえき 水虫の原因菌は何種類あるか みずむしげんいんきん 三日はしかとは(みっかばしか) みっかばしか 水俣病とは(みなまたびょう) みなまたびょう 耳鳴りとは(みみなり) みみなり 疲れやすく耳鳴りを伴う高血圧に有効な漢方薬とは みみなり、かんぽうやく 脈絡膜破裂とは(みゃくらくまくはれつ) みゃくらくまくはれつ 無菌性尾髄膜炎とは(むきんせいずいまくえん) むきんせいずいまくえん カリウムとむくみ解消 むくみ 口渇や下痢を伴うむくみに有効な漢方薬とは むくみ、かんぽうやく 足腰が冷え疲れると足がむくむ時に有効な漢方薬とは むくみ、かんぽうやく 下半身がむくみ、汗をかきやすい時に有効な漢方薬とは むくみ、かんぽうやく むくみや腫れを伴う痛みに有効な漢方薬とは むくみ、かんぽうやく 無月経とは(むげっけい) むげっけい 無月経・乳汁分泌症候群とは(むげっけい、にゅうじゅうぶんぴつしょうこうぐん) むげっけい ムコ多糖症とは(むこたとうしょう) むこたとうしょう ムコ多糖類が糖尿病に良い理由 むこたとうるい 虫さされの治療法 むしさされ 虫さされとは(むしさされ) むしさされ 虫さされに尿は効果があるか むしさされ、にょう 虫歯は薬が効かないの? むしば 虫歯とは(むしば) むしば 除毛クリームでむだ毛がとれないのはなぜか? むだげ、じょもうくりーむ むちうち損傷とは(むちうちそんしょう) むちうちそんしょう 無乳頭症とは(むにゅうとうしょう) むにゅうとうしょ 無乳房症とは(むにゅうぼうしょう) むにゅうぼうしょう 胸やけがとれないが、どうすればよいか むねやけ 胸やけとは むねやけ 夢遊病とは(むゆうびょう) むゆうびょう、 おたふくかぜ(ムンプス)とは むんぷす 肌の疲れ、目元のくまを化粧する方法? め、けしょう ブルーベリーはなぜ目によいか? め、ぶるーべりー ブルーベリー、ビルベリーはなぜ目によいか め、ぶるーべりー、びるべりー 溶接で、目がおかしくなった人に何を出していますか?。 め、ようせつ ものもらい(結膜炎、めいぼともいう)にはどの目薬が有効か めいぼ メープルシロップ尿症とは(めーぷるしろっぷにょうしょう) めーぷるしろっぷにょうしょう メタルクラウンとは(めたるくらうん) めたるくらうん メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)とは めちしりんたいせいぶどうきゅうきん メニエール病とは(めにえーるびょう) めにえーるびょう 目の薬傷(めのやくしょう) めのやくしょう めまいを伴う前額部痛に伴う漢方薬とは めまい、かんぽうやく 最近、めまいや耳鳴り、心臓がどきどきし、病院で調べてもらいましたが異常ありませんでした。 更年期障害か(30歳代) めまい、みみなり めまいの原因 めまいげんいん めまいの治療法 めまいちりょう めまいを起こす病気 めまいとびょうき 蒙古斑とは(もうこはん) もうこはん 網状皮斑とは(もうじょうひはん) もうじょうひはん 網膜芽細胞腫とは(もうまくがさいぼうしゅ) もうまくがさいぼうしゅ 網膜色素変性症とは(もうまくしきそへんせいしょう) もうまくしきそへんせいしょう 網膜振盪症とは(もうまくしんとうしょう) もうまくしんとうしょう 網膜中心静脈閉塞症とは(もうまくちゅうしんじょうみゃくへいそくしょう) もうまくちゅうしんじょうみゃくへいそくしょう 網膜中心動脈閉塞症とは(もうまくちゅうしんどうみゃくへいそくしょう) もうまくちゅうしんどうみゃくへいそくしょう 網膜剥離とは(もうまくはくり) もうまくはくり 網膜絡膜炎とは(もうまくらくまくえん) もうまくらくまくえん 燃え尽き症候群とは/燃えつき症候群(もえつきしょうこうぐん) もえつきしょうこうぐん ものもらい(結膜炎、めいぼともいう)にはどの目薬が有効か ものもらい もやもや病とは(もやもやびょう) もやもやびょう 八重歯とは(やえば) やえば 野球肘とは(やきゅうひじ) やきゅうひじ 夜驚病とは(やきょうびょう) やきょうびょう 薬剤の副作用で舌が黒くなることはあるか やくざい、した 薬剤性肝障害とは(やくざいせいかんしょうがい) やくざいせいかんしょうがい 薬疹とは(やくしん) やくしん 薬物アレルギーとは(やくぶつあれるぎー) やくぶつあれるぎー 薬物依存症とは(やくぶついぞんしょう) やくぶついぞんしょう 薬物起因性血小板減少症とは(やくぶつきいんせいけっしょうばんげんしょうしょう) やくぶつきいんせいけっしょうばんげんしょうしょう 薬物性鼻炎とは(やくぶつせいびえん) やくぶつせいびえん やけど、きり傷、すり傷でガーゼをあてるとは?がすときに痛くてはがしにくいのですがよい方法がありませんか。 やけど やけどとは(やけど) やけど 軽いやけどの治療法 やけどとちりょうほう 夜尿症とは(やにょうしょう) やにょうしょう よく腹痛をおこし夜尿症もある方に有効な漢方薬とは やにょうしょう、かんぽうやく 落ち着きがなく夜尿症のある方に有効な漢方薬とは やにょうしょう、かんぽうやく 有機溶剤中毒とは(ゆうきようざいちゅうどく) ゆうきようざいちゅうどく 有機リン剤中毒とは(ゆうきりんざいちゅうどく) ゆうきりんざいちゅうどく 有酸素運動とは ゆうさんそうんどう 遊走腎とは(ゆうそうじん) ゆうそうじん 幽門狭窄症とは(ゆうもんきょうさくしょう) ゆうもんきょうさくしょう ようとは(よう) よう 溶血性尿毒症症候群 HUS とは hemolytic uremic syndrome ようけつせいにょうどくしょう 溶血性貧血とは(ようけつせいひんけつ) ようけつせいひんけつ 羊水過少症とは(ようすいかしょうしょう) ようすいかしょうしょう 羊水過多症とは(ようすいかたしょう) ようすいかたしょう 腰椎椎間板ヘルニアとは(ようついついかんばんへるにあ) ようついついかんばんへるにあ 慢性で長引く腰痛に有効な漢方薬とは ようつう、かんぽうやく 腰痛症とは(ようつうしょう) ようつうしょう 腰部脊柱管狭窄症とは(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう) ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう 抑うつ神経症とは(よくうつしんけいしょう) よくうつしんけいしょう 翼状片とは(よくじょうへん) よくじょうへん 横川吸虫症とは(よこがわきゅうちゅうしょう) よこがわきゅうちゅうしょう 予防充填とは(よぼうじゅうてん) よぼうじゅうてん 予防接種の種類及び病気の特徴とは よぼうせっしゅ ラッサ熱とは(らっさねつ) らっさねつ ラミネート ベニアークラウンとは(らみねーとべにあくらうん) らみねーとべにあくらうん 乱ぐいとは(らんぐい) らんぐい 卵巣機能不全とは(らんそうきのうふぜん) らんそうきのうふぜん 卵巣腫瘍とは(らんそうしゅよう) らんそうしゅよう ランブル鞭毛虫症(らんぶるべんもうちゅうしょう) らんぶるべんもうちゅうしょう リウマチ熱とは(りうまちねつ) りうまちねつ リストカットとは(りすとかっと) りすとかっと リベドとは(りべど) りべど 流行性角結膜炎とは(りゅうこうせいかくけつまくえん) りゅうこうせいかくけつまくえん 流行性耳下腺炎とは(りゅうこうせいじかせんえん) りゅうこうせいじかせんえん 流行性髄膜炎とは(りゅうこうせいずいまくえん) りゅうこうせいずいまくえん 突発性難聴とは(とっぱつせいなんちょう) りょうせいほっさせいずいめまいしょう 良性発作性頭位めまい症とは(りょうせいほっさせいずいめまいしょう) りょうせいほっさせいずいめまいしょう 緑内障の治療 りょうないしょうちりょう 緑内障とは? りょくないしょう 緑内障はどのような疾患で治療法は? りょくないしょう 緑内障とは(りょくないしょう) りょくないしょう 風邪薬や花粉症薬で緑内障や前立腺肥大の人は禁忌とあるのはなぜか りょくないしょう、かぜぐすり かぜ薬の使用上の注意に「緑内障のある方は相談」とあるがなぜか りょくないしょう、かぜぐすり 緑内障の持病があるが、鼻炎用内服薬を使って大丈夫でしょうか? りょくないしょう、びえんやく 薬局で買った目薬は緑内障の人には使ってはだめですか りょくないしょう、めぐすり 緑内障ですが、鼻炎用内服薬を使ってもよいか? りょくないしょうとびえんやく 旅行者下痢症とは(りょこうしゃげりしょう) りょこうしゃげりしょう 淋菌性膣炎とは(りんきんせいちつえん) りんきんせいちつえん リンゴ病とは(りんごびょう) りんごびょう 淋疾とは(りんしつ) りんしつ 類乾癬とは(るいかんせん) るいかんせん 涙腺腫瘍とは(るいせんしゅよう) るいせんしゅよう 類肉芽腫症(サルコイドーシス)は るいにくがしゅ 涙嚢炎とは(るいのうえん) るいのうえん ルテイン嚢胞とは(るていんのうほう) るていんのうほう 肩こりや腰痛の貼り薬に含まれる冷感刺激成分は何ですか? れいかんしげきせいぶん レイノー現象とは(れいのーげんしょう) れいのーげんしょう レイノー症候群とは れいのーしょうこうぐん レイノー病とは れいのーびょう レーベル病とは(れーべるびょう) れーべるびょう レクリングハウゼン病とは(れくりんぐはうぜんびょう) れくりんぐはうぜんびょう レジオネラ症とは(れじおねらしょう) れじおねらしょう 受容体(レセプター)とは? れせぷたー 裂状乳頭とは(れつじょうにゅうとう) れつじょうにゅうとう レトロウイルスとは れとろういるす レプトスピラ症とは(れぷとすぴらしょう) れぷとすぴらしょう レム睡眠、ノンレム睡眠とは? れむすいみん 老視とは(ろうし) ろうし 老人性円板状黄斑変性症とは(ろうじんせいえんばんじょうおうはんへんせいしょう) ろうじんせいえんばんじょうおうはんへんせいしょう 老人性色素斑とは(ろうじんせいしきそはん) ろうじんせいしきそはん 老人性膣炎とは(ろうじんせいちつえん) ろうじんせいちつえん 老人性難聴とは(ろうじんせいなんちょう) ろうじんせいなんちょう 老人性疣贅とは(ろうじんせいゆうぜい) ろうじんせいゆうぜい 老人性外陰炎とは(ろろうじんんせいがいいんえん) ろうじんんせいがいいんえん 老年痴呆(ろうねんびょう) ろうねんびょう 肋膜炎(胸膜炎)とは ろくまくえん 肋間神経痛とは(ろっかんしんけいつう) ろっかんしんけいつう 肋骨骨折とは(ろっこつこっせつ) ろっこつこっせつ 濾胞性リンパ芽腫とは(ろほうせいりんぱがしゅ) ろほうせいりんぱがしゅ ワイル病とは(わいるびょう) わいるびょう 腋臭症に使用する20%塩化アルミニウムローションの作り方とは わきがしゅうしょう、えんかあるみにうむ A型急性肝炎とは(Aがたきゅうせいかんえん) Aがたきゅうせいかんえん B型急性肝炎とは(Bがたきゅうせいかんえん) Bがたきゅうせいかんえん BSEとは(牛海綿状脳症 ぎゅうかいめんじょうのうしょう、BSE DICとは(DIC) DIC GM1ガングリオシドーシスとは(GM1がんぐりおしどーしす) GM1がんぐりおしどーしす HIV感染症の治療に健康保険は使えるか HIVかんせんしょう、けんこうほけん ICU症候群とは(ICUしょうこうぐん) ICUしょうこうぐん LSDとは LSD MDSとは(MDS) MDS O157とは O157 PCB中毒とは(PCBちゅうどく) PCBちゅうどく PCBによる中毒とは PCB中毒 QOLとは QOL SIDSとは(SIDS) SIDS SLEとは(全身性エリテマトーデス) SLE STD(性感染症)とは STD、せいかんせんしょう VDT障害とは(VDTしょうがい) VDTしょうがい West症候群 点頭てんかん とは west WPW症候群とは WPWしょうこうぐん XYY症候群とは(XYYしょうこうぐん) XYYしょうこうぐん.

次の

解離性障害(かいりせいしょうがい)とは

かいり せい しょう がい

こころの悩みや葛藤がからだの症状としてあらわれる状態をいいます。 つまり、なにかの病気を思わせるような症状があるが、いろいろ検査をしても症状に対応するような異常が見つからず、症状の背景には心理的な原因があると想定されるような状態です。 この場合、症状はあたかも重大な病気があるかのように自覚され、病院を何度も受診します。 医師からからだの病気ではない(あるいは症状を説明できるような診察・検査結果は得られない)と説明されるといったんは納得します。 しかし、症状が頑固に続くので、しばらくすると「やはり病気ではないか」「前の医師は誤診したのではないか」「もっとくわしく診てもらおう」「もっと専門的な病院に行こう」などと考え再受診、再々受診に至ります。 また代替医療の利用も多いようです。 よくある症状には消化器症状(腹痛、嘔吐〈おうと〉、下痢など)、循環器症状(息切れ、胸痛など)、泌尿器症状(排尿困難、生殖器や周囲の不快感など)、皮膚症状などがあります。 身体表現性障害は、症状の出かたやとらえかたによっていくつかに分類できます。 ちょっとした症状に敏感になります。 次項の身体化障害が治療を強く求めるのに対し、心気障害では診断にこだわるといった特徴があります。 頭痛、舌痛、胸痛、腹痛、腰痛などがよくみられます。 実際に身体疾患や外傷のために疼痛(とうつう)がある(あった)が、その程度が検査所見にくらべて強すぎるのが特徴です。 多くの場合、仕事や家事にさしつかえるようになり、重症になると長期の入院治療を受けることもあります。

次の