チャンピオンカップ再戦。 非公式サッカー世界王者

非公式サッカー世界王者

チャンピオンカップ再戦

1872年、イングランドとスコットランドの間で初めて行われたサッカー国際試合の模様を伝える絵。 初期 [ ] サッカー初の国際試合は、1872年11月30日に ()にてイングランドとスコットランドの間で行われ、0-0のスコアレスドローに終わった。 その3か月後、1873年3月8日に ()で再戦があり、4-2でイングランドが勝利してUFWC初代チャンピオンの地位を得た。 1876年からはが、1882年からはが、それぞれ国際試合に参加するようになった。 王座はイングランドとスコットランドの間で争われ続けたが、1903年3月にアイルランドがスコットランドを3-0で下したことで、3か国目のチャンピオンが誕生した。 ウェールズの王座獲得は、1907年3月にスコットランドを1-0で破るまで待たねばならなかった。 1908年に王座を奪回したスコットランドはイングランドと同様、の構成国(これらはと呼ばれる)としか試合を行わなかった。 1909年末にイングランドが、以外の国との国際試合で初勝利を挙げた。 アイルランドが1927年にイングランドに勝利して3度目のチャンピオンとなったが、当時「アイルランド」の名称を使うチームは2つあり、この時のチームはが管轄するを指す。 しばらくの間、UFWC王座が海外に流出することはなかった。 それは、ホームネイションズが・・のワールドカップに参加しなかったためであり、また、やの影響からサッカーの国際化が遅れたためでもある。 1930年代から2000年まで [ ] 1931年5月16日、UFWCは初めてブリテン諸島外に移り、が新王者となった。 しかし1932年7月12日にイングランドがオーストリアを4-3で下したことで、UFWCはまたもホームネイションズ内で争われる時代に入った。 1940年代に入るとヨーロッパ大陸の国々、特に第二次世界大戦中はと中立国がその地位を占めた。 を前にイングランドが王座を取り戻したが、本大会の第1ラウンド(6月29日)ではイングランドがに0-1で敗れる が起こり、初めてタイトルがを越えた。 さらに、同グループ最終戦でアメリカ合衆国を破ったがUFWC新王者となり、しかも同国が第1ラウンドを突破できなかったので、タイトルはに渡った。 FIFAの地区 タイトルがアメリカ州にある間、1963年にはがチャンピオン国となった。 CONCACAF選手権(現:)でに2-1で勝利したためで、4日後にはに敗れたため王座を失うのだが、史上最小のチャンピオン国として名を残している。 その後、開催までに、UFWCはの手によってヨーロッパに戻った。 そして1967年に行われたイングランドとスコットランドの試合結果から、UFWCのアイデアが生まれた。 1978年の途中まではこのタイトルはヨーロッパの国々が保持したが、でが奪い、それ以降4年間は南アメリカ諸国の手にあった。 ヨーロッパ勢がタイトルを奪還するのは、でがを下したときで、次の年にはアルゼンチンが王座に返り咲いたが、それを除けばヨーロッパの国がしばらくの間タイトルを保持し続けることになる。 1992年、UFWCはアメリカ合衆国が奪い、1試合だけが、続けて南アメリカの国が数試合保持した後、ヨーロッパに戻った。 初のタイトル所有国は1995年にコロンビアに勝利しただったが、がヨーロッパに奪い返した。 1998年3月にが親善試合でに敗れるまで、ヨーロッパ勢がタイトルを守り続けた。 直前に、UFWCはアルゼンチンに移った。 そして、本大会中に争奪が続いたタイトルは決勝戦でブラジルを破った開催国のが得た。 2001年から2010年まで [ ] 開幕時点ではドイツが王座を保持していたが、大会中にイングランドや優勝国の手に渡って、開催直前にはがチャンピオンとなった。 ところが、そのオランダがを勝ち抜けず本大会出場を逃したため、本大会ではUFWCタイトルマッチは行われないことになった。 同国は2003年9月10日にに1-3で敗れてタイトルを失った。 アイルランドがチェコを破り、さらに2004年5月にはがアイルランドを下したことで、UFWCはのものになった。 それは同年末に小国に移り、2005年初めにはが確保した。 6か月後にはナイジェリアが奪還したが、11月にはが勝利して、ヨーロッパ勢がタイトルを奪った。 その6か月後、今度は南アメリカのが奪取した。 この時点で既にウルグアイは出場権を逃していたため、2大会連続でUFWCはワールドカップで争われなかった。 2006年11月15日、がヨーロッパのUFWC奪回に成功した。 UFWCタイトル防衛回数ランキングで常に1位にあるスコットランドが2007年3月24日にジョージアを下し、約40年ぶりにタイトルホルダーとなった。 前回のタイトル奪取は1967年4月15日に敵地でイングランドに勝利したときで、このときは1か月後に行われた次の試合でソ連に敗れている。 そして今回のタイトルも、4日後には2006年のワールドカップ優勝国に敗れ、防衛に失敗した。 その後、、、と転々とし、前には、優勝候補のひとつオランダが確保した。 本大会ではスペインが決勝戦でオランダに勝ち、大会初優勝を果たすとともにUFWCも得た。 2010年9月7日の親善試合でアルゼンチンがスペインに勝利し王座を得たが、10月8日にはアルゼンチンを破ったに王座が移動した。 2011年以降 [ ] 日本はタイトルを防衛したまま2011年1月のを無敗で優勝し、でも2引き分けで防衛するも、2011年11月15日に行われた・第5戦のに0-1で敗れ、1年以上保持してきた王座を北朝鮮代表に渡すこととなった。 その後、北朝鮮代表は、では全勝優勝を果たすなど、2012年は1年間王座防衛を続け、翌2013年1月の最終予選でも、予選突破こそならなかったものの、予選突破したに引き分けた以外全勝したことにより防衛を続けていた。 しかし、2013年1月23日、タイで開催されたキングス・カップ初戦で、にPK戦の末破れ、約1年2カ月に亘って防衛したタイトルを譲ることとなった。 そのスウェーデンも、キングスカップ決勝でに勝ち1度防衛を果たしたが、11日後の2月6日にホームでに2-3で破れ、アルゼンチンが2010年日本に敗れタイトルを失って以来の王座に返り咲いた。 アルゼンチンは、などを戦う中で8度防衛を果たしたが、2013年10月15日、予選最終戦の戦で敗れ王座を明け渡した。 ウルグアイが王座を守ったままのに持ち込まれ、、オランダ、アルゼンチンを経た末に大会優勝国のドイツがタイトルを同時に獲得した。 獲得後初の試合となった9月3日に行われた親善試合でアルゼンチンがドイツを破り、ワールドカップ決勝のリベンジを果たした。 その後、10月11日に北京で行われたにてブラジルがアルゼンチンを破り、タイトルを奪取した。 ブラジルがタイトルを維持したままが開催され、、アルゼンチンを経てチリに王座が移った。 チリは第3節まではタイトルを防衛したが、4節でに敗れ、ウルグアイが2014年コスタリカに敗れて以来の王座に返り咲いた。 ウルグアイがタイトルを維持したままが開催され、メキシコを経て優勝したチリがタイトルを奪取した。 その後は、ワールドカップ南米予選を通じて王座は南米各国を転々とし、予選終了時にはがタイトルを確保した。 2018FIFAワールドカップでサッカーペルー代表はグループC初戦のデンマーク戦で0-1で敗れタイトルはデンマークが奪取した。 その後、オーストラリア、フランスと引き分け決勝トーナメント1回戦でクロアチアと対戦。 1-1 PK:2-3 で敗れタイトルがクロアチアに渡った。 その後ロシア、イングランドに勝利したが、決勝でフランスに敗れた。 ランキング [ ] UFWCはあくまで非公式のタイトルであるため、過去の所有国を格付けする基準は無い。 UFWCを管理するウェブサイトは、タイトルをかけた試合数や勝利数(やによる勝利を含む)を表示し、勝利数によってランキングしている。 2019年10月13日時点のランキング 順位 国・地域名 タイトル戦 試合数 タイトル戦 勝利数 最終タイトル 保有年月日 1 149 86 2007年3月28日 2 145 73 2000年6月20日 3 105 62 2017年3月28日 4 91 56 現チャンピオン 5 64 41 2000年2月23日 6 71 38 2015年6月17日 7 69 31 2019年9月6日 8 59 28 2018年11月16日 46 2013年2月6日 10 56 27 2007年8月22日 11 65 26 2016年11月15日 12 49 21 2017年3月23日 13 47 17 2008年9月10日 31 2010年9月7日 15 37 15 2004年3月31日 16 42 14 2018年6月16日 17 35 12 1968年6月16日 69 1988年9月14日 19 24 11 2008年5月24日 23 2011年11月15日 21 16 10 2013年1月23日 33 1994年6月26日 23 32 9 2015年6月26日 24 18 8 2017年8月31日 13 2014年7月5日 31 2016年9月6日 25 2006年5月23日 28 10 7 2005年3月27日 11 2005年10月8日 30 20 6 1985年9月4日 31 18 5 1990年1月17日 62 1933年10月14日 18 1995年5月31日 34 21 4 2018年7月1日 7 2005年11月16日 18 1989年5月7日 37 10 3 2018年7月15日 18 2016年6月18日 9 2004年5月29日 40 14 2 1965年8月22日 4 2007年3月24日 22 1992年6月4日 8 1992年6月14日 44 6 1 1992年6月18日 3 1963年3月28日 7 2000年4月26日 6 1995年2月4日 7 2007年10月17日 6 2006年10月18日• は、1991年以前の時代を含む。 は、1949-1990年のを含む。 は、1993年以前のを含む。 は、1922年以前のを含む。 は、1991年以前のと1994-2006年のを含む。 は、2010年以前のオランダ領アンティルを含む。 ルール [ ]• 国際試合で最初に勝利したチームを、Unofficial Football World Champions 初代王者とする。 1872年にイングランドとスコットランドとの間で行われた初の国際試合は引き分けとなったが、これもタイトルマッチとして認める。 よって、翌年の再戦に4-2で勝利したイングランドが初代王者となる。 タイトルマッチは、国際サッカー連盟が定めるとし、勝者がチャンピオンを引き継ぐ。 引き分けとなった場合は、チャンピオンはタイトルを防衛する。 やで決着した試合は引き分けとは扱わない。 タイトルマッチは、理事会が認可した規則に従って行われる。 トロフィーとマスコット [ ] UFWC獲得国のには、サッカーとの国際的な公式大会開催に尽力した ()にちなんだCW Alcockカップが贈呈される。 これは実物またはイメージ(画像)を送付する手段が取られる。 UFWCには、緑色のをモデルにした公式「ヒューイー Hughie 」がいる。 恐竜が使われる理由は、UFWCが立案された際、サッカー国際試合の歴史を遡って調査した作業を、恐竜の発掘に喩えたためである。 記録 [ ] 連続防衛回数 2011年11月24日段階で世界王者が連続して防衛を遂げた記録は、2008年に王座に就き2010年まで維持したオランダの21回 、次いで1880年から1888年まで20回防衛のスコットランド、3位には1996年から1998年に15回のドイツと、同じく2010年から2011年まで15回防衛した日本が続く。 最多得点と最大得失点差 タイトルマッチにおける最多得点は、1899年2月18日にイングランドが13-2でアイルランドに勝利した試合である。 この得失点差11もまた最大であり、1901年2月23日にスコットランドが11-0でアイルランドを破った試合と並ぶタイ記録となる。 なお、後者のスコットランドの勝利は、相手を零封した試合での最多得点でもある。 国際大会におけるUFWC戦跡 [ ] 大陸別選手権大会は、UFWC争奪にからむ試合が行われた回のみ表示する。 FIFAワールドカップ [ ] 年 UFWC が 持ち込まれたか 開幕時の タイトル保有国 閉幕時の タイトル保有国 不参加の タイトル保有国 大会優勝国 No - - No - - No - - Yes - No - - Yes - Yes - Yes - No - - Yes - Yes - Yes - Yes - No - - Yes - Yes - No - - No - - Yes - Yes - Yes - どのワールドカップ大会でも、UFWC保有国が決勝戦を制してタイトルを防衛した例はない。 1974年と2010年の大会ではUFWC王者オランダが決勝まで進んだが、それぞれ西ドイツとスペインに敗れ、ワールドカップ優勝を逃すとともにUFWCタイトルも失った。 西ドイツも1986年に決勝まで残ったが、予選からトーナメントを通じてタイトルは4か国間を移動し、決勝の開始時点でアルゼンチンがタイトルを持っていた。 ノックアウトトーナメントという仕様上、決勝トーナメントにUFWCタイトルが持ち込まれた場合は自動的に大会の優勝者がタイトルを獲得することになる。 1950年大会のチリ、1962年のメキシコ、1994年のはそれぞれ決勝トーナメントに進出しなかったが、グループリーグでUFWCタイトルを勝ち取った。 日本とUFWC王座 [ ] 日本は2010年の6月までに5回UFWCタイトルマッチに挑んだが、いずれも勝利を挙げることができなかった。 2010年10月8日、率いるがホームのにを擁するを迎え、の得点によって1-0で勝利。 6度目のタイトル挑戦で初のUFWCチャンピオンとなった。 日本の初戴冠後、日本は15戦(10勝5分。 勝利はUFWCの規定に基づき勝利と数える)王座を保持し続けるものの、2011年11月15日にに敗れ、王座を手放した。 日本のタイトルマッチでの戦績は以下の通り。 日付 タイトル保有国 試合結果 挑戦国 大会および会場 (防衛) 1 - 0 ( ) (防衛) 5 - 0 ( ) (防衛) 1 - 0 ( ) (防衛) 3 - 0 ( ) (防衛) 1 - 0 ( ) 0 - 1 (奪取) ( ) (防衛) 0 - 0 ( ) (防衛) 1 - 1 ( ) (防衛) 2 - 1 ( ) (防衛) 5 - 0 ( ) (防衛) 3 - 2 ( ) (防衛) 2 - 2 3 - 0 ( ) (防衛) 1 - 0 ( ) (防衛) 0 - 0 ( ) (防衛) 0 - 0 ( ) (防衛) 3 - 0 ( ) (防衛) 1 - 0 ( ) (防衛) 1 - 1 ( ) (防衛) 1 - 0 ( ) (防衛) 8 - 0 ( ) (防衛) 4 - 0 ( ) 0 - 1 (奪取) ( ) (防衛) 4 - 0 ( ) 他のUFWCタイトル [ ] 最下位賞 [ ] 1873年3月8日の試合に勝ったイングランドから勝者の系譜が続いているならば、同様にスコットランドに始まる敗者の系譜も続いているはずであり、そのチームはいわば現時点の世界最弱ではないか。 このような意見がUFWCフォーラム(掲示板)で提案され、王者の決定と同じ手法で世界最弱の歴史が調査された。 王者同様、当初は敗者もホームネイションズの中で、主にウェールズとアイルランドの間で競われた。 これがヨーロッパ大陸に渡ったのは、1926年にベルギーがイングランドに3-5で敗れたことに始まる。 1940年まで、この位置は、、、の4カ国の間で行き来された。 しかし1940年8月5日に当時の最弱国がに併合されラトビア代表が消滅したために世界最弱の系譜は一旦途絶えた。 そこで24日後に行われた別の国際大会で負けたフィンランドに世界最弱の座を引き継ぐこととされた。 フィンランドはその後9年間24試合に渡って勝利を手にできなかったが、やっとに勝ってこの不名誉な称号を返上した。 この座はすぐにノルウェーに移り、三国とフィンランドの間を最下位賞の称号は行き来した。 1953年、に2-4で破れたフランスがこの位置についたが、すぐにアイルランドを経てへ渡り、同国に7年間居座った。 しかしで勝利してポルトガルに押し付けた。 ポルトガルはブルガリアに勝って逃れたが、後に同国に敗れ戻って来てしまった。 そして1963年4月、最下位賞にあったポルトガルは優勝国ブラジルとの対戦が組まれた。 ここに非公式世界最弱と公式な世界最強の2国が激突、結果はポルトガルが1-0で勝利し、ブラジルは不名誉な地位を受け継いでしまった。 しかし3日後にはベルギーに5-1で勝ち、ブラジルはこれをアメリカ州から追い出した。 その後、フランス、、ギリシャを経由し、1966年から長い期間フィンランドがその座を占めながらも一度だけスペインに勝利したこともあった。 1972年以降はやノルウェー、北アイルランドを経て1975年にはスウェーデンが最下位賞対象国となった。 1975年5月、スウェーデンはに4-0で勝利し、最弱の座はアフリカに渡った。 しかし1976年1月にを3-1で負かせ、以後最下位賞の称号はアジアの国々でやり取りされている。 1970年代に、、とを、1980年代には、、、とを巡り、1988年に再度オマーンが敗れると1993年にマレーシアに勝つまでそこに留まった。 数ヵ月後にマレーシアはを破り、3年後の1996年にマカオはを破った。 以後21戦負け続けたフィリピンは2000年のにて勝ちを手にし、世界最弱国はとなった。 何度もの試合を10点以上の失点で涙を呑んだグアムも、2009年の予選でついにから勝ちを掴み、不名誉な座を脱した。 以後、モンゴルとの間で争われた。 2011年2月16日マカオは予備予選でに勝利し 、木の匙はカンボジアに渡った。 3年後の2014年にに勝ったことで13戦保持し続けた最下位賞を逃れ、そのチャイニーズタイペイも半年後のでブルネイに勝利を収めている。 非公式女子サッカー世界王者 [ ] の非公式世界王者 : Womens Unofficial Football World Championships, WUFWC の歴史 は男子よりも100年程新しく、1971年にがにを迎えて行われ、4-0で勝利した試合を皮切りに始まった。 この王座は、オランダ、を短い間に経由し、1975年から1984年の間はスカンジナビアの、、が占めた。 1984年、第1回が開催され、王者スウェーデンは順当に王位を維持し駒を進め、で行われる決勝を1-0の1勝1敗で分けたためで決着をつけ選手権を勝利したが、2戦目のアウェーでは敗れたためにWUFWCはに移る奇妙な結果となった。 その後、、なども名を連ねながら王座はヨーロッパを巡ったが、1987年にがノルウェーに勝利し、WUFWCは世界を巡る時代へ突入した。 当初はアメリカとヨーロッパの国々が王座を奪い合ったが、1994年にがノルウェーに勝ってアジアに初のタイトルをもたらしたが、5日後には失った。 南アメリカはこれに遅れる1997年にが勝ち取った。 タイトルはアメリカ州・ヨーロッパ・アジアを動き回り、2000年には、2001年にはが初めて王座を占めた。 1991年から始まったには毎回WUFWCは持ち込まれた。 その他にも王座は移動し、やが王者になったこともあった。 開幕前、当時の王者イングランドは5月23日にに敗れた。 これはイギリスで報道されなかったため混乱を招いたが、FIFAとオーストラリアからの情報で確認された。 本大会ではオーストラリアが保持していた王座をグループリーグでブラジルが奪い、準々決勝でアメリカに渡ったのち 、7月17日ので勝利したが得て 、男女同時に王座を確保した8カ国目(のべ10カ国目)の代表となった。 この時点で日本は女子ワールドカップ、男子AFCアジアカップ、女子、女子を含む6つのタイトルを保持することになった。 オランダ:1974年5月11日 - 5月31日• イングランド:1975年3月12日 - 6月15日• スウェーデン:1989年5月7日 - 6月14日• オランダ:1991年5月28日 - 6月12日• アメリカ合衆国:1992年6月2日 - 6月13日• ドイツ:1997年10月9日 - 10月12日• ブラジル:1998年3月25日 - 4月29日• ブラジル:1998年7月7日 - 7月12日• イタリア:2007年3月28日 - 4月6日• 日本:2011年7月17日 - 11月15日• ドイツ:2014年7月13日 - 9月3日 その他 [ ] UFWCではサッカーの大陸別非公式王者 、または他のスポーツやカテゴリーでも同様のタイトルを検討している。 類似の試み [ ] ナサシ・バトン [ ] 同様の仮想的なタイトルに、のがある。 これは優勝国のウルグアイを起点とし、当時チームのキャプテンの名前を名称に始められた。 ナサシ・バトンは基本的にUFWCと同じタイトルの受け渡しをルールとするが、考慮する試合の勝敗は90分間経過時点を当てはめている。 現在のタイトルホルダーは、2017年3月29日にでトリニダード・トバゴに勝ったメキシコである。 近年にナサシ・バトンとUFWCの間で生じた典型的な差異は、2015年コパ・アメリカ準々決勝におけるコロンビア対アルゼンチン戦である。 90分経過時点では同点だったためナサシ・バトンのタイトルは移行せずコロンビアに残り、UFWCでは延長戦の結果からアルゼンチンに移された。 ヴァーチャル・ワールドチャンピオンシップ [ ] ヴァーチャル・ワールドチャンピオンシップ The Virtual World Championship は、UFWCと同じくタイトルマッチ形式を用いながら、対象をFIFA主催試合およびその予選に限定するものである。 これは、親善試合などを含めると常に強いチーム同士が戦うわけではなく、王座が中堅チームに移った間にどこが保有しているかわからなく可能性があるという批判がUFWCに対してあるので、この問題を回避するために考えられた。 この方式では、決勝からタイトル争いを始めている。 ただし、以降のオリンピックにおけるサッカーの試合は、参加チームがフル代表ではなくなったため考慮していない。 現在の王者は、2013年10月15日に行われた の決勝でアルゼンチンを破ったドイツである。 ヴァーチャル・ワールドチャンピオンシップでは90分経過時点での結果が考慮される。 パウンド・フォー・パウンド・ワールドチャンピオンシップ [ ] スコットランドのサッカー雑誌が提案した ・ワールドチャンピオンシップ Pound for Pound World Championship というものも存在する。 ヴァーチャル・ワールドチャンピオンシップとほぼ同じ運用ながら、対象試合を両チームの実力が拮抗する試合に限定するので、FIFA公認の親善試合なども対象となる。 また、UFWCと同じく延長戦やPK戦の結果も勝敗に反映する。 他のチャンピオンシップと大きく異なる点は、起点を1930年ワールドカップに置くところと、ワールドカップ決勝開始時に当時のチャンピオンが王座を自動的に返上しなければならないルールにある。 したがって、4年に1度必ずリセットされ、ワールドカップ優勝国が必ずパウンド・フォー・パウンド世界王者になる。 現在の王者は2013年6月30日ので2010年ワールドカップ優勝国のスペインを破ったブラジルであり、次の防衛戦はである。 最近のUFWCとの乖離は、2010年9月の親善試合で、スペインがアルゼンチンに敗れた時点に始まった。 メディアの報道 [ ] UFWCの一般的認知度は低い。 しかし、特定の対戦を報道する際、その解説にこれらチャンピオンシップを加えて試合の価値を知らしめることがしばしばメディアで行われる。 2011年1月には日本代表がアジアカップで勝ち進んだことで、日本でも配信によるのコラム や などで報道・紹介された。 関連項目 [ ]• ランファーリー・シールド() - ニュージーランドのの国内公式戦。 注釈 [ ] 脚注 [ ] []• UFWC. 2011年7月18日閲覧。 The Official History Of The Football Association• UFWC. 2011年7月18日閲覧。 UFWC. 2011年7月18日閲覧。 UFWC. 2011年7月18日閲覧。 UFWC. 2011年7月18日閲覧。 UFWC. 2011年7月18日閲覧。 UFWC. 2011年7月18日閲覧。 UFWC. 2011年7月18日閲覧。 UFWC. 2011年7月18日閲覧。 UFWC. 2011年7月18日閲覧。 UFWC. 2011年7月18日閲覧。 UFWC. 2011年7月18日閲覧。 UFWC. 2011年7月18日閲覧。 UFWC. 2011年7月18日閲覧。 UFWC. 2011年10月24日閲覧。 UFWC. 2011年10月24日閲覧。 UFWC. 2011年10月24日閲覧。 UFWC. 2011年10月24日閲覧。 UFWC. 2011年7月18日閲覧。 夕刊フジ. 2011年7月18日閲覧。 Weblio英和辞典. 2011年7月18日閲覧。 UFWC. 2011年7月18日閲覧。 AFC. 2011年7月18日閲覧。 UFWC. 2011年7月18日閲覧。 UFWC. 2011年7月18日閲覧。 UFWC. 2011年7月18日閲覧。 UFWC. 2011年7月18日閲覧。 UFWC. 2011年7月18日閲覧。 長田浩一「」 - 時事ドットコム(時事通信社配信)• 文献 [ ]• Unofficial Football World Championship Paul Brown著、2011年、Superelastic、• 『サッカー非公式世界王者の歴史』 ポール・ブラウン著、宇都宮徹壱監修、伊藤綺訳、2011年、飛鳥新社、 外部リンク [ ]• 最新の防衛戦レポート (英語).

次の

「第41回チャンピオンカップ」(BG2)の結果

チャンピオンカップ再戦

過去作でポケモンリーグに何度でも再戦できたように、ポケモンソード・シールドでもエンディング後にチャンピオンカップに再挑戦できる。 ただし、エンディング前のチャンピオンカップと同様にトーナメント形式になっている。 トーナメントには一般トレーナーに加えてライバルやジムリーダー、元チャンピオンもランダムで登場する 解禁条件有り。 今作では挑戦時にチャンピオンの特権として好きなトレーナーを1人だけ招待することができる。 招待できるのは、ホップ・ダンデ・マリィ・ビート・ヤロー・ルリナ・カブ・サイトウorオニオン・マクワorメロン・ネズ・キバナの中から1人。 エンディング後にを入手すると、そのトレーナーがトーナメントに参加するようになり、なおかつ招待もできるようになる。 招待した1人は必ずトーナメントに出場し、残り6枠はランダムで選出される。 チャンピオンカップに再挑戦して優勝するとボールガイからお祝いの報酬がもらえる。 チャンピオンカップには1日に何度でも挑戦できるが、その日1回目の優勝時には必ず「ねがいのかたまり」をもらえる。 「ねがいのかたまり」はのポケモンの巣に投げ入れるとダイマックスポケモンが出現する効果を持つ貴重な道具。 その日2回目以降の優勝時の報酬は下表の「ねがいのかたまり」以外からランダムとなる。 トレーナーの手持ちポケモンは各トレーナーページを参照。 名前 解禁条件 の途中で各トレーナーからレアリーグカードをもらう サイトウ・マクワは剣版限定、オニオン・メロンは盾版限定 エンディング後、でのバトルに勝利した後、レアリーグカードをもらう エンディング後、でのバトルに勝利した後、レアリーグカードをもらう 【一般トレーナー】 上記以外に15人の一般トレーナーが最初からランダムで登場する。 一般トレーナーは招待できない。 各トレーナーはそれぞれ特定のタイプのポケモンを使い、ダイマックスはさせてこない。 56 Lv. 57 Lv. 58 ジムチャレンジャー デネボラ Lv. 56 Lv. 58 ジムチャレンジャー ウェイ Lv. 57 Lv. 57 Lv. 56 Lv. 58 シナリオ・イベント攻略.

次の

【ポケモン剣盾】クリア後(殿堂入り)やるべきこと一覧

チャンピオンカップ再戦

馬名 性齢 斤量 想定騎手 調教師 父 母父 前走 前 人 前 着 セ6 57. 0 浦和記 - 2 牡6 57. 0 1 15 セ8 57. 0 6 3 牡5 57. 0 Jクラ - 2 牡8 57. 0 4 8 牡9 57. 0 10 2 牡4 55. 0 日テレ - 1 牡5 57. 0 1 1 牡7 57. 0 南部杯 - 3 牡7 57. 0 1 1 牡5 57. 0 8 2 牡5 57. 0 Jクラ - 1 牡5 57. 0 13 12 牡8 57. 0 南部杯 - 6 牡5 57. 0 5 3 牡6 57. 0 4 12 牡7 57. 0 南部杯 - 5 牡4 55. 0 3 5 牡7 57. 0 9 1 牡7 57. 0 7 1 枠 馬 馬名 性齢 斤量 騎手 単勝 人気 馬体重 調教師 1 1 牡4 57. 0 30. 0 102. 7 12 494 0 2 3 牡4 57. 0 6. 0 4. 7 3 516 -4 3 5 牡3 55. 0 4. 0 6. 1 4 452 -6 4 7 牡6 57. 0 59. 0 20. 0 20. 0 332. 0 3. 0 181. 9 13 466 -4 7 13 牡3 55. 0 45. 9 9 502 -2 7 14 牡4 57. 0 375. 0 275. 0 47. 結果・成績などのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認して下さい。 着 枠 馬 馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 上り 通過順 単勝 人気 馬体重 1 3 5 牡3 55. 0 1:48. 5 35. 4 2 550 +11 2 6 11 牡6 57. 0 1:48. 5 クビ 35. 5 1 536 +10 3 2 4 牡5 57. 0 1:48. 7 3 516 -4 4 2 3 牡4 57. 0 1:48. 7 5 482 +1 5 6 12 牡8 57. 0 1:49. 9 13 466 -4 6 3 6 牡4 57. 0 1:49. 1 4 452 -6 7 8 16 牡6 57. 0 1:49. 2 アタマ 35. 8 10 494 +2 8 1 1 牡4 57. 0 1:49. 2 アタマ 35. 0 8 474 +10 9 4 8 セ7 57. 0 1:49. 2 ハナ 35. 4 6 488 +2 10 8 15 牡6 57. 0 1:49. 0 14 526 +12 11 4 7 牡6 57. 0 1:49. 4 クビ 35. 4 11 532 +4 12 1 2 牡5 57. 0 1:49. 9 3 35. 7 12 494 0 13 5 10 牡7 57. 0 1:50. 9 15 480 +9 14 7 13 牡3 55. 0 1:50. 3 クビ 37. 9 9 502 -2 15 5 9 牡6 57. 0 1:50. 5 7 580 +6 16 7 14 牡4 57. 0 1:51. 8 8 38. 8 16 516 +6 1着 サトノティターン Aシュタルケ騎手 「スタートで狭くなりましたが、道中はリズムよく走れました。 道中位置取りを上げて行って、直線で1頭だと集中力を欠くと聞いていたので、気をつけて乗りました。 最後はいい脚を使ってくれましたし、いいレースができまし」 チャンピオンズカップ 歴代優勝馬 開催日 開催 天気 R 距離 馬場 タイム 勝ち馬 騎手 調教師 2着馬 同着含 4回中京2日 晴 11 ダ1800m 良 1:50. 1 4回中京2日 晴 11 ダ1800m 良 1:50. 1 4回中京2日 曇 11 ダ1800m 良 1:50. 1 4回中京2日 曇 11 ダ1800m 良 1:50. 4 4回中京2日 晴 11 ダ1800m 良 1:51. 0 5回阪神2日 晴 11 ダ1800m 良 1:50. 4 5回阪神2日 曇 11 ダ1800m 良 1:48. 8 6回阪神2日 晴 11 ダ1800m 良 1:50. 6 5回阪神2日 晴 11 ダ1800m 稍 1:48. 9 5回阪神2日 晴 11 ダ1800m 良 1:49. 9 チャンピオンズカップ コース解析 8枠 期間内の勝率4. 5%は1枠の勝率8. 8%と比べるとほぼ半分。 複勝率16. 4%も全枠の中では最も低い。 チャンピオンズCのポイント 中京開催になった2014年以降、勝ち馬はすべて1ケタ馬番。 3着以内のべ15頭のうち12頭が9番枠より内だった。 特に1~4番枠は近5年で2勝を含む5連対と抜群。 3着以内も8頭と半数以上を占め、毎年2頭以上が馬券に絡んでいる。 圧倒的に内枠が有利なレースだ。 過去のレース映像からも分かるとおり、3~4コーナーの構造上、外を回した馬は圧倒的に不利。 成績の字面だけ見ると差しが決まっているように見えるが、4コーナーで2~6番手にいた馬のほうが馬券に絡んでいる。 この『好走ポジション』を取れる可能性が高く、一発の魅力があるのは。 1番枠は4年連続4着以上で、すべて人気より上の着順に食い込んでいる。 届いている差し・追い込みタイプも、昨年のウェスタールンドをはじめインコースを通ってきた馬ばかり。 2番枠を引いたが内ピッタリを回ってくれば、上位進出も十分だ。 チャンピオンズカップ レース概要.

次の