ち きる 意味。 生きる意味がない、分からない時、仏教では?

「憔悴」の意味・読み方とは?「憔悴しきる」の使い方や類語も解説!

ち きる 意味

昔の茨城弁集 昭和35年〜45年頃の茨城弁集 /新規に開設しました。 どなたでもお気軽に書き込みください。 黒太文字:標準語。 (広辞苑) 1 そ【十】 とお。 じゅう。 複合語として用いる。 2 そ【衣】 ころも。 きもの。 3 そ【背】 セの古形 せ。 せなか。 うしろ。 複合語として用いる。 複合語に見られる。 6 そ【阻】 1 山のけわしいこと。 2 へだてること。 はばむこと。 7 そ【俎】 1 木製の平板の台で、二足または四足のついたもの。 豆 トウ と共に中国の重要な祭器で、犠牲 イケニエ の肉をのせて供える。 2 まないた。 8 そ【祖】 1 親の前の代。 親の親。 2 家系の初代。 また、父より前の直系血縁者。 とおつおや。 4 はじめ。 9 そ【疽】 [正字通「癰之深者曰疽、疽深而悪、癰浅而大」] 悪性の腫物の一種。 主に背部に生じ、筋骨を腐らすようになる。 癰 ヨウ の類。 10 そ【租】 1 年貢。 みつぎ。 2 律令制の現物納租税の一。 口分田・位田・職田など私的用益を許した田から収穫の一部を現物納させたもの。 率は大化改新後おおむね田一段につき一束五把、すなわち収穫の約三パーセント。 租の大半は諸国に蓄積して正税 シヨウゼイ と呼び、毎年出挙 スイコ して利稲を官費に使用。 田租 デンソ。 3 借りること。 11 そ【素】 スとも 1 白色の絹。 また、白色。 無地 ムジ。 2 生地のまま。 生れたまま。 3 かざりけのないこと。 いつわりのないこと。 簡単なこと。 4 物事・物質のもととなるもの。 5 つね。 つねづね。 6 〔数〕「互いに素」 7 〔化〕元素の名につける語。 12 そ【措】 1 おくこと。 おちつかせること。 2 ふるまい。 13 そ【疏】 呉音はショ 1 通すこと。 通ずること。 また、その文書。 官にたてまつる文書。 上奏文。 3 注釈。 注の一層精細なもの。 4 「主典 サカン 」 14 そ【粗】 1 あらいこと。 雑なこと。 そまつなこと。 2 そまつなもの。 15 そ【組】 1 くみひも。 また、ひもを編むこと。 2 くみ立てること。 編成すること。 3 組合の略。 16 そ【疎】 「疏」の俗字 1 あらいこと。 まばら。 2 うといこと。 したしくないこと。 3 注意のゆきとどかないこと。 おろそか。 17 そ【訴】 1 うったえること。 うったえ。 2 不満・苦痛を 申したてること。 18 そ【酥】 牛または羊の乳を煮つめて濃くしたもの。 蘇 ソ。 19 そ【塑】 土をこねて物の形を作ること。 20 そ【想】 21 そ【楚】 中国の国名。 1 春秋戦国時代の国。 戦国七雄の一。 揚子江中流域を領有。 周の武王の時、帝〓〓 センギヨク の子孫の熊繹 ユウエキ が封ぜられたと称する。 春秋の初め王号を僭称、郢 エイ に都し、強大を誇ったが、秦のために滅ぼされた。 中原諸国とは風俗言語も異なり、漢族から蛮夷の国と見なされた。 〜前223 2 隋末の六一七年林子弘が江南に建てた国。 都は予章。 許州の人、馬殷が湖南に建てた国。 都は潭州。 六世で南唐に滅ぼされた。 皇帝は北宋の宰相張邦昌。 一ヵ月で滅亡。 22 そ【遡】 「溯」は異体字 流れをさかのぼる。 みなもとへもどる。 23 そ【錯】 24 そ【礎】 柱の基石。 いしずえ。 25 そ【蘇】 1 よみがえること。 2 酥 ソ に同じ。 3 蘇 ソビエト 連邦の略。 26 そ【其】:【代】 1 それ。 その人。 2 なにがし。 27 そ:【副】 副詞ソウの転 そう。 そのよう。 28 そ:【助詞】 終助詞 サ変動詞「す」の古い命令形であるという。 或いは、清音であった係助詞「ぞ」と同源ともいう。 1 副詞「な」を伴い「な…そ」の形で動詞の連用形 カ変・サ変では古い命令形の「こ」「せ」 を挿み、動作をゆるやかに禁止する意を表す。 懇願するように どうか…してくれるな。 どうか…しないで下さい。 平安時代には女性が、あるいは女性に対して、用いた 2 平安後期から「そ」だけで禁止の意を表す例を生じた。 …してくれるな。 …なさるな。 29 そ:【感】 1 馬を追う声。 2 掛け声。 30 ぞ 「そ」の濁音。 舌端を前硬口蓋に寄せて発する有声摩擦子音〔z〕と母音〔o〕との結合した音節。 〔zo〕 ただし、〔dzo〕と発音する場合が多い。 上代特殊仮名遣では奈良時代に甲〔ZO〕乙〔ZOO〕二類の別があった。 31 ぞ:【助詞】 奈良時代には多くは清音 1 係助詞 多くの事柄、あるいは広い範囲の中から特に取り立てて注目すべきものを指定する。 ・事柄全体を説き聞かせ、断定して示す。 「 …だから …なのだ」「 …だから …である」の意。 ・疑問の語と共に用いられ、相手に問いただす意を表す。 ・結びの語として「とぞ」の形で、「…ということだ」の意。 ・一つの事柄を特に指定し強調する。 ・助詞「も」と接合して危惧の念を表す。 「…するといけないから」の意。 2 副助詞 疑問の語と共に使われて不定・不明の意を強調する。 中世以後の用法。 「…か」の意。 3 終助詞 聞き手に対して自分の発言を強調する。 体言には「だ」を介して付く。 江戸後期以後の用法。 小学校の教科書に出て来る『租庸調』の『租』が残ったと思われる。 みつぎ。 口分田・位田・職田など私的用益を許した田から収穫の一部を現物納させたもの。 率は大化改新後おおむね田一段につき一束五把、すなわち収穫の約三パーセント。 租の大半は諸国に蓄積して正税 シヨウゼイ と呼び、毎年出挙 スイコ して利稲を官費に使用。 田租 デンソ。 日本語の『そ』には『沿う・副う・備える・供える・具える』意味が込められているようである。 英語では『settle』又は『set』に当たる。 否定的な意味は無く、建設的な意味合いが強い。 ・そ 【形動】手荒い様、大雑把な様、粗末な様 『粗』。 現代では終助詞だけが趨勢を示す。 古形は清音。 係助詞・副助詞は茨城ではそのまま『ぞ』を使うが、終助詞は 『ど』に変化する。 (伝聞形の『とぞ』に該当する言葉は無い。 そのまま、『と』を使ったりする。 )文末で使うことは無い。 ・ そーいごどぞもあっ ぺ よ:そんなこともあるだろうよ。 ・ おめはなんぞのもんだ:お前はどういう人間だ。 ・ なんぞあったのがー:何かあったのかい。 現代語でも『ぞ』は終助詞として使われる。 茨城では 『ど』と言う。 強調して 『どや』とも言う。 接続助詞の『と』も 『ど』と言うことが多い。 古形『そ』。 語調を整える終助詞『い』あるいはその古形と考えられる『え』さらにその古形の『や』等と結びついて様々な語形となる。 ・ 〜せ・せー:宮崎。 『ぞ』の古形『そ』に終助詞『え』がついた『そえ』が変化したもの。 関西では 『でっせ』『まっせ』が代表的。 ・ よーいうぞな:良く言うよ:香川。 ・ 思い出しますぞね:高知。 ・ 怖いことしよったんぞよ:島根。 『ぞよ』は単に古い言葉。 それほど。 そんなに、そう〜 『其』。 今では方言にしか聞こえないが古い言葉。 ・ せう:長野。 ・ せーう:神奈川。 ・ そう:岩手。 ・ へう:岩手。 (そい・しょい) 醤油 鹿児島。 英語の『soy sauce』はこれに由来するという説がある。 ・ そい ・ そえ 【指代】それ 1970年代の東京でも、『それで』を『そいで』、『それから』を『そいから』と言っていた。 ・ そい:八丈島・鹿児島。 ・ そえ:青森。 延ばす場合もある。 単に『其言う』意味だろう。 古い言葉に『其のいな』(そのような)がある。 古語の『其故(そえ)』の流れか。 近世に『そやつ』と言ったのが『そいつ』に変化したのに似ている。 関西では『そんなに』を 『そ が ーに、そ が いに、そ げ ーに、そないに、そねーに』と言う。 茨城では 『そいに、そーいに、そーゆに』に当たり、格助詞『が、な』が抜けている。 ただし、 『 そ げ ーに、そー げに』は茨城でも使われる。 単純に『そう言うこと』が転じたと考えることもできるが、『そう由こと』が訛ったとも考えられる。 そういうような〜。 そうゆうふうに。 (そい) 所為(せい)。 ・ 〜ぞい 【終助】 文末に添えて、感嘆または親しみの意を加える …であるかな。 …だわよ。 多く「ぞいの」「ぞいな」の形で使う(広辞苑)。 原型は 『〜ぞや・〜ぞよ』と考えられる。 = 『〜どい』。 ・ 〜ぞい:福島。 江戸の下町言葉でもある。 ・ そいから:静岡。 ・ そいだ ・ そいた 【複】言った 『添えた』。 『そう言った』の説もある。 ・ そいだって:そう言ったって:静岡。 ・ そいだ ・ そいた ・ そーいだ ・ そーいた 【助】そんな、そういうような 『其故たる、其由たる』の意味。 ・ そいだんて:静岡。 ・ そやで:だから:三重。 東京ではしばしば使われる俗語。 もともとは、『其故で』の意味と思われる。 ・ そいで:神奈川・静岡。 (そいどん) 【複】されども、それでも 鹿児島。 ・ そいな ・ そーいな そのような 古い言葉に『其のいな』(そのような)がある。 現代語では関西に『そないな』が残っている。 『其故なる、其由なる』の意味。 古語に『 そえに:【副】 ソ 其 ユヱニの約 それだから。 それ故。 俺にはそういう風にはできないんだもの。 『其故の』の意味。 ・ そいふ ・ そーいーふ ・ そーいーふー 【複】そういう風 『そう』を『そ』と言うのは古い標準語。 教育の行き届かない時代に『そう言ふ』をそのまま読んでしまった名残の可能性もあるだろう。 ・ そいふた ・ そーいふーた 【複】そういうふうな 『そう』を『そ』と言うのは古い標準語。 『其故風たる』意味。 ・ そいもん おかず 『添え物』。 ・ そえもん:副食物・おかず・そえもの:静岡。 ・ そいんだら ・ そーいんだら ・ そーいーんだら 【複】そう言うのなら、そのようなものなら 『そう』を『そ』と言うのは古い標準語。 『其故なるならば』が現代語に通じ、『其故たりたらば』が茨城方言に変化したと思われる。 限りなく標準語に近い言葉。 (ぞえる) 【動】ふざける 静岡。 元『戯える(そばえる)』か。 ・ そが ・ そか ・ そーが ・ そーがー ・ そーがい ・ そーかい ・ そーがえ ・ そーがや ・ そーがよ ・ そーがん 【複】そうか、そうかい? 『そう』を『そ』と言うのは古い標準語。 今や疑問形を除き、『そうかい』と言う人は少なくなった。 親しい間では詰まって『そうか』が主流である。 さらにらに詰まって『そう?』とも言う。 もともとは『そうかや』『そうかよ』だったはずだがそのような言い回しはなくなってしまった。 『ああそうですか』が標準語としての現代語である。 ・ そーがい:福島。 ・ そーがん:福島。 ・ そーきゃー:静岡。 背中合せ。 『背向』。 広辞苑に『そで: 新潟・岐阜・徳島県で 山嶺の裏側。 そんで。 そがい。 』とある。 ・ そんで:山の背面:静岡。 (そ が い) 【複】その様 静岡。 『然様にして・其が様・其が故』の意味。 『そのかーし・そんかーし』を経て 『そーかーし』に転じたもの。 = 『そのかし・そんかし』。 ・ そーがす 【複】そうです 近世語の『がんす』が転じた『がす』。 ・ そーがせ 【接】そうですよ 古い丁寧語。 『がせ』は、近世語の『がんす』が転じた『がす』に文の終りについて、その陳述の意を強める助詞『え』がついた『がすえ』が訛ったもの。 ・ そーがって ・ そーがど 【複】そうかって、そうかと ・ そーっかて:神奈川。 関西の影響のある方言。 ・ そ が れ 盛りが過ぎて衰えたもの 『尽・末枯れ』(すがれ)の転。 ・ そ が れ:静岡。 ・ そ が れる 【動】草木が枯れる、盛りが過ぎて衰える 『尽れる・末枯れる』(すがれる)の転。 (そーき) 肋(あばら)、肋肉の煮付け、リブ 沖縄。 西日本では笊を 『そうけ』と言うことからあばら骨を笊に例えたか。 ・ そーきぶに:あばら骨。 (そーきぶに) あばら骨 沖縄。 (そーきゃー) 【複】そうですか 静岡。 元 『そうかや・そうかいや』と思われる。 さらに 『そーけや』とも思われる。 一メートル程度まで巨大化するが食べるとまずい。 ・ そきる:群馬。 ・ そぎる:削る:山口・福岡・長崎・熊本。 ・ そぐる:しごく:広島。 いずれも標準語の意味に準じたもの。 ・ そ ぐ:削る・はぐ:東京多摩。 ・ そぐる:しごく:広島。 ・ そ ぐー ・ そ ぐ う 【動】適する、似合う 標準語では多く否定形を伴うが、土浦では肯定形も良く用いられた。 ・ そ ご う:山形。 標準語では、『何事もなく達者であること、またその様』の意味だが、茨城方言では、様子の意味、さらに悪い意味が加わっている。 またしばしば、 『びんぼうそくさい・びんぼーそくせー』(貧乏でも何事もなく達者であることが一番言い)と言った。 ・ そくさい:息災:富山・兵庫。 ・ そぐじる 【動】損なう ・ そぐー:福島。 せきたてるさま。 』を意味する。 ・ そくそく:ゆっくりと:岐阜・和歌山。 ただし『損なう』(そくなう)は明治期の小説には良く見る言葉だが今や使われない。 ・ そくなれ:損ない:秋田。 ・ んまれそくなれ:生まれ損ない:秋田。 一八八五年 明治一八 婦人束髪会が発足して広まり、軽便かつ衛生的なため流行。 』とある。 ・ そぐび 首 『素首』。 濁音化。 『すくも』の転。 ・ そぐる 【動】損なう、そびれる、失敗する 多く複合語の形で使われる。 『殺ぐ・削ぐ』は古くは清音で、『損なう』の語源説の一つになっている。 ・ そぐる:福島。 ・ そくる:福島・愛媛。 ・ そっくる:山梨・長野。 (そくる) 【動】仲間に入って利益を得る 神奈川。 (そ げ) 刺 広辞苑に『 そ げ:削げ。 竹や木の端の削がれたもの。 また、それが皮膚に突きささったもの。 』とあることから、『刺』にはもともと2種類の言葉があったが、後に『とげ』に一本化されてしまったようである。 私のかすかな記憶には茨城で 『つぉ げ 』と言った記憶があるが文献には無い。 ・ そ げ:福井・奈良・岡山・鹿児島。 ・ そ げ:鹿児島。 ・ そ げ ら:岐阜・愛媛。 ・ そ げ そ げ しい:とげとげしい:香川。 『集覧:水・稲』。 『そうけえ』なら広域方言。 『聞書』には、江戸では 『そうかえ、来るかえ』、浪花では 『そうけい、来るけい』と言っていたとある。 そうなると、この茨城方言は上方の言葉の流れとも言える。 福井県でも 『け、 けー 』が使われる。 茨城県の人たちの多くは、この言葉を茨城方言と意識しているが、実は上方語に由来するものである。 ・ そーきゃー:静岡。 ・ そーぎゃい:青森。 ・ そーけ:神奈川・静岡。 ・ そーけー:神奈川・静岡。 ・ そーけーよー:神奈川。 『集覧:北』。 ・ そけ:鹿児島。 ・ そけー:東京武蔵村山・山梨。 江戸言葉。 『其が様』が訛ったか。 ・ そがー:そのよう:広島。 ・ そ ぎ ゃー:そのよう:兵庫。 ・ そげ:そのよう:三重・島根・福岡・大分・鹿児島。 三重の一部を除き鼻濁音が無い。 ・ そ げ:宮城・山形。 ・ そげん:鹿児島。 ・ そげんな:そうなのかい:鹿児島。 ・ そ げ だ ・ そ げ ーた ・ そ げ な ・ そ げ ーな 【連体】そんな、そのような 『其気な』(そげな)『其が様な』が訛ったか。 『げ』は濁音・鼻濁音。 古い標準語の 『そ がいな』はもともとは『そがいなる』と考えられ、この茨城方言は、タリ活用形の『其が様たる』とナリ活用形の『其が様なる』意味とも考えられる。 高齢者中心に使われていた。 関西弁の同じ意味の訛『そないな』も調べるとこれも古い標準語であり、昔は『そがいな』『そないな』というの二つの言い方があったことになる。 ・ すっけん:長野。 ・ そげな:鹿児島。 ・ そ げ な:宮城。 『集覧:久』。 茨城でも神奈川でも方言と認識されているのが面白い。 ・ そーけだつ:神奈川。 高齢者中心に使われた。 西国言葉では 『そない・そないに』。 にはもう一つ、 『そ が いに、そ げ ーに、そげん』(そのように。 そんなふうに。 )がある。 『な』と『が』が入れ替わっただけである。 『其が様に』の意味と思われる。 ・ そ が い:そのよう:静岡。 ・ そ が えに:山形。 ・ そがん:そのような・そのように:岡山・佐賀。 ・ そぎゃー:そのような・そのように:長崎。 ・ そぎゃん:そのような・そのように:鳥取・佐賀・長崎・熊本。 ・ そげん:鹿児島。 ・ そごん:そのように:八丈島。 ・ そねー:そのように:岡山。 ・ そやん:そのような・そのように:佐賀。 ・ そんげ:そのように:宮崎。 ・ そいぎー:それならば・さようなら=挨拶。 そーいぎんた:それならば:佐賀。 『そい』は『それ』。 ・ そんねーに:神奈川。 ・ そげーら ・ そげーらへん その辺り 『そこいら・そこいらへん』。 逆行同化。 ・ しょへーら:方々:静岡。 ・ そけーら:神奈川・山梨・静岡。 ・ そけーらじゅー:そこらじゅう:神奈川。 ・ そけーらへん:東京青梅。 ・ そこんじょら:神奈川。 目的にはずれる。 変っている。 『削げる、殺げる』。 『集覧:久』。 『気がそげる』『気がそがれる』。 ・ そ げ る:茨城・山口。 ・ そべる:岩手・宮城・愛媛。 可笑しいよね。 鼠か何かが食いついてどこかに行っちゃったのかなあ。 ・ そごいら 【代】その辺り、そこら 『其処いら』。 本来は『そこやら』『そこへやあるらめ』と考えられる。 ・ そこいら:群馬・東京・神奈川・山梨・静岡。 ・ そごいらじー ・ そごいらじゅー 【副】そこらじゅう 『そこいら』は辞書掲載語。 『そこいらじゅう』なら標準口語。 ・ そこいらじゅー:群馬。 ・ そこいらへん:東京青梅・静岡。 ・ そご が な ・ そご が の それ、そこにあるもの 『そこの物』の意味。 現代では消えてしまった言葉。 (そ ご そ ご ) 【形動】心もとなく寒さを感じるさま 神奈川。 ・ そごっと 【副】そっと、こっそり ・ そこっと:宮城。 ・ そっこそっこ:福島。 (そこで) 近所に出かけること 神奈川。 遠出に対する言葉と考えられる。 ところで、標準語には『近出』という言葉は無い。 (そこはつ) 束髪 鹿児島。 ・ そごら そこら 『其処等』。 ・ 〜そごる 【動】損なう 多く複合語の形で使われる。 『そこそこ』(ほどほど)の意味でも使った。 ・ そごどごだねー ・ そごどごろだねー 【複】そんな軽い程度のことではない、それどころではない 『其処所』(そこどころ)ではない。 ・ そごなもん ・ そごのもん そこのもの 『そこにあるもの、そこなるもの、そこのもの』。 (そこぬけ) 食いしん坊 神奈川。 比喩語。 ・ そごばぐ 【形動】そこそこ、いくらか 『若干』(そこばく)。 濁音化。 ・ そごらこごら そこらここら、そこここ、あちこち 濁音化。 『そこらここら』は若い人たちはあまり使わない。 ・ しょっこもっこ:山形。 ・ そっこもこっこも:山形。 ・ そごらじー ・ そごらじゅー どこにでも、辺り一面に ・ そこらかん ぱ ち:神奈川。 ・ そこらじゅー:群馬。 『底干』の意味か。 古語の 『そこひ』(底ひ)は『すべて上下縦横の至り極まる所。 』の意味。 ・ ひそこ:高知。 ・ ひぞこ:岡山・広島・徳島。 ・ ひそこり:八丈島・和歌山。 ・ ひっそこり:八丈島・静岡。 本格的に飲食するまえに、とりあえず、軽く飲食しておく意にいうことが多い。 納得させる。 底値になる。 『底を入れる』。 (そこんそば) そこ、そのところ、そのあたり 静岡。 『そこの傍』の意味。 『集覧:西・稲』。 『集覧:久・新』。 ・ そざす:感情を害する:岩手。 ・ そざす:汚す・傷める・損じる:宮城。 ・ かきそざし:書き損じ:宮城。 ・ じょさね:宮城。 ・ ぞーさね:福島。 ・ ぞーさねー:栃木・埼玉・山梨。 ・ そーじ 障子 ・ そじ:鹿児島。 茨城方言では、家の掃除だけではなく、田畑の手入れも 『そうじ』と言った。 さらに、耳垢を除去するのは 『みみそーじ』、鼻をきれいにするのは 『はなそーじ』と言う。 行幸・行啓にも供奉 グブ した。 ・ ぞーし:千葉・愛知・香川。 ・ ぞーし:台所働き:静岡。 ・ ぞーし:走使い:千葉。 ・ ぞーしばん:台所働き:静岡。 (葬式台車) 土葬の葬儀に伴い、自宅から墓まで棺を運ぶ台車 大八車の上に家型の屋根が載った台車で棺が入るようになっていた。 牽引するのは六道(六尺・陸尺)による。 ・ そしたくれ ・ そしたっくれ ・ そしたっけれ ・ そしたけれ 【接】そうしたら 『そうしたりけれ(ば)』。 合せて。 一体に。 なべて。 おおよそ。 『総じて』。 標準語では文語であるが、茨城では濁音化こそしているものの口語でも良く使われる。 ・ そーって:長野。 ・ そーべつ:長野。 『総別・惣別』。 ・ そーじゃあんめ ・ そーじゃあんめー 【複】そうではないだろう、そうじゃないだろう 茨城では比較的新しい言い方。 ・ そーじゃあんめー:神奈川。 『集覧:新』。 ・ そじゃす:失敗する:青森。 ・ そだす:山形。 ・ そじらす 【動】悪くする、駄目にする、荒らす、壊す 『損ず』『損じる』の転訛。 ・ そじれる 【動】悪くなる、駄目になる、荒れる、壊れる 『損ず』『損じる』の転訛。 ・ そじける:反抗する:山梨。 ・ そじる:山形・福島。 ・ そじる:失敗する:青森。 ・ そずる:山形・宮城。 ・ そずる:削る:岡山。 『そう』を『そ』と言うのは古い言い方。 東京の高齢者は 『そうすんと』と言う。 そうすると明日のことも考えなければいけない。 ・ そすば ・ そーすば ・ そす ぱ ・ そーすっ ぱ ・ そーせば 【接】そうすれば 『そう』を『そ』と言うのは古い言い方。 (そーずら) 【複】そうでしょう ・ そーずら:山梨・静岡。 京言葉の 『どす』を生んだと推測される都の江戸の遊郭言葉の 『おす』(あります。 ございます。 )の複合語 『でおす』とルーツは同じと考えられる。 『ずら』は、元 『うずらむ』でこの場合 『そうぞあらむ』意味か。 ・ そすろ ・ そーすろ そうしろ 昭和30年代の言葉。 『そう』を『そ』と言うのは古い言い方。 (そーすんと) 【複】そうすると 東京・神奈川。 ・ そーせると:静岡。 ・ ぞせー ておち。 てぬかり。 懈怠 ケダイ。 『如才』。 ・ ぞせー:福島。 明治の静岡では、『する』はサ行下一段活用だったようである。 『集覧:北 』。 ・ そそ:神奈川・静岡。 上総下総にて そそといふ。 此外男女の陰名国々異名多し。 (江戸にて物の そそけたつなどいふ詞有。 和泉及遠江邊にては ぼぼけたつと云。 江戸にてはさはいはれぬことばなり。 )』とある。 『草履』は『ぞうり』『じょうり』の二種類の発音があり、童謡に歌われた『じょじょ』以外に 『ぞぞ』があってもおかしくはない。 ・ ぞーぞー:神奈川。 ・ そーぞーい が い 【形動】想像外 想像外の意味の『想像以外』という言葉は、方言だと考えていたが、横瀬夜雨が小品『田舎の新春』で、伊藤左千夫が『水害雑録』で、童謡に用いている。 横瀬夜雨は茨城県下妻市、伊藤左千夫は千葉県成東町で各々生まれており、関東圏の方言なのだろうか。 辞書を調べて見ると『以外』の意味には『それより外側であること』の意味があり、泉鏡花も『夜行巡査』の中で『巡査の視線以外に免るることを得ざりしなり』として、用いており、やや古い標準語であった。 あわただしい。 そそっかしい。 古語の『そそかし』の流れ。 ・ そそっかち:そそっかしい人:静岡。 『雪ぐ・濯ぐ』。 当時、『そそぐ・すすぐ』のどちらが正しいのいぶかしがった記憶がある。 ・ そそぎだづ 【動】心が浮かれる 『噪き立つ』の意味の変化か。 (気が)『そそる』と同じ語源の言葉。 ・ そそくさ 【形動】おちつかないさま。 あわただしいさま。 せわしいさま。 ・ そそくさ:東京・神奈川。 もてあそぶ。 修繕する。 療養する。 うまくおさめる。 言いつくろう。 飾りたてる。 きどる。 』の意味があるが共通の意味は見出せない。 そびれる。 ・ そそくれる:そびれる:東京。 ・ そそげだづ 【動】身の毛がよだつ 『そそけだつ』なら標準語。 『そそく・そそける』とは『ほつれ乱れる。 けばだつ。 』の意味。 『そそ』(静かに吹く風の音。 また、物の軽く動く音。 )がある。 ・ そぞし:福島。 ・ そぞしー:八丈島・山梨。 また、馬の足を洗うこと。 』とある。 (そそっかち) 粗相 静岡。 ・ そそっと 【副】そっと 『そそと』。 ・ そそっと 【副】いい加減に、さっさと = 『ささっと』。 粗略なこと。 しそこない。 また、ぶしつけなこと。 )と同源。 古い標準語の『そっぱい・そっぺい(味わい、面白み、塩気)』を人名化したと思われる。 粗略なこと。 しそこない。 また、ぶしつけなこと。 )と同源。 古い標準語の『そっぱい・そっぺい(味わい、面白み、塩気)』を人名化したと思われる。 『粗相』は古語にはなく後に当て字したのだろうか。 もてあそぶ。 )がある。 『そそくさ』『そそくさい』等と同義の名詞形とも考えられる。 けばだつ。 )、 『そそけ』(髪などの乱れてそそけること。 )、 『そそけだつ』(髪の毛などがそそける。 身の毛がよだつ。 ぞっとする。 )がある。 ・ そそっ ぱ ち:神奈川・静岡。 ・ ぞそっ ぺ え:おいしくない・粗雑な様:福島。 ・ そぞむ 【動】涼む ・ そぞむ:山梨。 ・ そぞめぐ 【動】大勢の者がどやどやと音を立てる、ざわざわする 『そそめく』『ぞぞめく』。 この言葉も『漫ろ(そぞろ)』を 『そそら』と表現したと思われる。 一般に茨城方言はカ行音・タ行音が濁音化するが、この場合はサ行音で清音化したのだろうか。 うかれさわぐ。 ぞめく。 遊里に通う。 選別する。 あおる。 』の意味で関連する意味は見当たらない。 古形は『すずろ』。 『集覧:新』。 古形は『すずろ』。 ・ そそらっかしー:群馬。 ジンベイザメを茨城では 『 じんべーさま・ じん ぺ ーさま・ じんべさま・ じんべーさん・じん ぺーさん』と言うように『べ』が半濁音化することが多い。 『とそらっ ぽ 』と言う地域がある。 古形は『すずろ』。 ・ そそらっ ぽ むぐ 【動】そっぽ向く、上の空の状態 『そそらっ ぽ 』と 『そらっ ぽ 』を向くの合成語か?。 ぞめき。 遊里に通うこと。 また、その人。 』の意味。 ・ そそりたでる 【動】感情・欲望などを盛んに起させる。 濁音化。 あおる。 そそのかす やや古い標準語。 『集覧:久』。 ・ そだ 【古】切り取った木の枝、木の枝を束ねたもの 『粗朶』。 標準語。 『国誌』には『そた:断枝(そきえた)』とある。 ・ ぼさ:粗朶:神奈川。 ・ ぼやさっけ:長野。 『宗太鰹・惣太鰹』(そうだがつお)の意味と考えられる。 以下同様。 強調形は 『そおた・そおだ』と言い『お』にアクセントがある。 『集覧:多』。 現代標準語の感覚からは不思議な言い方だが、『そうにてある』即ち『其たる・然うたる』意味で、古語の流れの言葉。 『そーたら』はまさにその名残りである。 『そおた・そおだ』という言い方が残るのは、『其ありたる』の名残と思われる。 ・ そた:青森。 だからお前には見せられないって言うんだよ。 お爺さんに怒られるから見なさい。 ・ そーだあんめ ・ そーだあんめー 【複】そうじゃないだろう 『そうではあるまい』。 ・ そーじゃあんめー:神奈川。 ・ そーであんめーした:福島。 『した』は『候たり、候じゃ』の意味。 ・ そだいな ・ そだいなー ・ そーだいなー ・ そだいねー ・ そーだいねー 【慣】そうだねえ、そうだよねえ 考えに詰まった時に使う。 『その通りだ』の意味もある。 『そう』を『そ』と言うのは古い標準語。 終助詞『や、よ』は歴史的には『い、え』に変化した。 ・ そだきっと 【複】そうだけれど = 『んだきっと』。 『そう』を『そ』と言うのは古い標準語。 『そう』を『そ』と言うのは古い標準語。 『集覧:稲』。 ・ そーだかい:静岡。 『そう』を『そ』と言うのは古い標準語。 『其にてあるがごとく』の意味。 『けっと』『けんと』と清音で言うのが茨城らしい。 『其にてあるけれど』の意味。 『と』のように清音化しているのは、『とも、ても』で中古以降の接続助詞そのものである。 ・ せーじゃけど:岡山。 ・ そーだげんちょも:福島。 『こっさ』『こっさら』は、現代語では『ことやら』が近い。 『ことやら』は遡れば『ことやあるらむ』である。 このことから、『ことぞあるらむ』の清音形『ことそあるらむ』が訛ったと考えられる。 ・ そだごど:福島。 ・ そたごと:青森・福島。 『し』は近世江戸語の『す』の変化したもので、軽い確認の意味を表す。 完結した文章の末尾につける。 『よ』に近く、現代語の『さ』に近い。 現代では東北弁に残っている。 茨城方言集覧では 『そーだし』は旧多賀郡・稲敷郡。 『そーだねし』『そーたわし』は旧稲敷郡の言葉として紹介されている。 『そーだし』は現代の方言形では 『そうだす 』に当たり、 『そーたわし』は『そうだよ』に当たり、『然にてあるわす』の意味。 ・ そだす:山形。 ・ そだすけ ・ そーだすけ 【慣】そうだって 古い言い回し。 次第に『そうだしけ』に変化する。 ・ そーだ、そーだ、そーだむらのそんちょーさん が 、そーだのんでしんだそーだ。 そーしきまんじゅーでっかいそーだ。 なかのあんこはちっちゃいそーだ。 』とか『そうだそうだ』と言った時の子供の囃し言葉のようで、『そーだ、そーだ、そーだむらのそんちょーさんが、そーだのんでしんだそーだ。 』とは、現代の東京都心の子供達に今でも受け継がれているようであり、全国的なものらしい。 横浜市で育った家内にこれを話したら最後に 『なかのあんこはちっちゃいそーだ。 』が付く事を思い出してくれた。 幼い頃母親の実家である調布で聞かされたという。 茨城では 『そーしきまんじゅーでっかいそーだ。 』の部分が 『じゃーぼまんじーでっけーそーだ・じゃんぼまんじーでっけーそーだ』に変わる。 (そーだせーば・そーだってば) 【複】そうだと言えば、そうだというのに 神奈川。 関西方言とのつながりが見える言葉。 関西言葉の 『〜だっせ』『〜だっせー』は、『そうだ候え』(そうだよ)の意味と思っていたが、全く異なる可能性を暗示する方言である。 ・ そだちげ ・ そだちけ ・ そーだちけ 【慣】そうだって、そう言うから 『集覧:西』。 『そうだってーかい』。 ・ そーだっけね ・ そーだっけねえ 【慣】そうだったね 『そうだっけ』『34111』『43111』は標準語だが『ね』がつくことはあまり無い。 『223224』『2232241』(茨城弁)。 『そうだってかい』。 『そー』は単音の事もある。 ・ そーだちげが ・ そーだちけが ・ そーだっちげが ・ そーだっちけが ・ そーだっちけが 【複】そうだって『そー』は単音の事もある。 ? 『そー』は単音の事もある。 ・ そーだっちけど ・ そーだっちけよ 【複】そうだってよ 『そー』は単音の事もある。 ・ そーだっちど ・ そーだっちーど 【複】そうだってよ 『そー』は単音の事もある。 ・ そーだっちゅー:静岡。 ・ そーだっつー:静岡。 ・ そーだっちば ・ そーだっちゅば ・ そーだっちゅーば 【複】そうだってば、そうだと言うのに 『そー』は単音の事もある。 ・ そーだせーば:神奈川。 ・ そーだっちゃあっか ・ そーたっちゃあっか ・ そーだっちゃあっかや ・ そーたっちゃあっかよ 【複】そんなことってないだろう 『そー』は単音の事もある。 ・ そーだっちゃあんめー ・ そーたっちゃあんめー 【複】そんなことってないだろう 『そー・めー』は単音の事もある。 方言こそ進化していいることを思わせる例。 現代標準語を含め、日本語は最小の表現で必要な情報が伝われば良いという方向に進んでおり、微妙な表現は駆逐される傾向にある。 たった一語の短縮も重要である。 リズム感で言えばこの茨城方言はたった2音である。 そだっちゃあんめー:ひとが折角あげるって言ってるのに、いらないって言うんだって。 そんな言い方は無いだろうよ。 『そう』を『そ』と言うのは古い標準語。 ・ そだって:青森・秋田。 ・ そだっても:青森・秋田。 ・ そだても:山形。 ・ そだども:秋田。 ・ そだんてー:それだから:青森。 『そーだっ ぺ よ』の『ぺ』が『よ』の音の影響を受けて、イ段・ウ段・オ段に変化したもの。 ただし、この例は然程多くは無い。 『そー』は短縮する場合もある。 ・ そーだっ ぺ:福島。 ・ そーだっべが ・ そーだっ ぺ が ・ そだっへが ・ そーだっへが 【複】そうだろうか 『そー』は短縮する場合もある。 以下は、茨城方言の『へ』のルーツが『や・よ』が変化した『い・え』を語源としている可能性を示す言葉。 ・ そだいか:宮城。 ・ そだべか:宮城。 『そー』は短縮する場合もある。 一見二重表現であるが、『そうだぞ、そうだぞえ、そうだぞや』が訛ったもの。 ・ そーだどん:福島。 ・ そだども:青森。 ・ そーだどもや 【複】そうだよ 『そうだともや』。 ・ そーだな ・ そーたな 【連体】そんな 『其にてある』。 ・ そんたら:秋田。 ・ ほだな:秋田。 ・ そーだない ・ そーだなや 【複】そうだね この『い』は『や』が変化したもの。 江戸時代には 『そうだなえ』とも言ったとされる。 『そうだなや・そうだなよ』。 ・ そーだない:福島。 ・ そーだねす:そうですね:宮城。 ・ そんねーに:神奈川。 ・ ほだい:山形。 清音化と段の変化。 ・ そだに ・ そだにぇ ・ そだね ・ そだねー ・ そーだねー 【複】そうじゃない 『そう』を『そ』と言うのは古い標準語。 ・ そんね・そんねー:福島。 ・ そだんにかよー:そうじゃないかね:千葉。 ・ そだべー ・ そーだべ ・ そーだべー 【複】そうだろう、そうでしょう 『そう』を『そ』と言うのは古い標準語。 ・ そーだべ:福島。 ・ そーだべー:岩手・神奈川。 ・ そだべか:宮城。 『集覧:稲』。 ・ そーだわい ・ そーだわや 【複】そうだよ 現代語では女性言葉の『そうだわよ』に当たる。 ・ そーだわい:福島。 ・ そーだわん:福島。 この場合の『し』は現代語の『さ』に当たる終助詞『す』が転じたもの。 ・ そーだら 【複】そうなら ・ そだー:青森。 『そんなん』。 ・ そーだんべ:埼玉。 ・ そーだんべー:埼玉。 ・ そーだんめ ・ そーだんめー 【複】そうじゃないだろう 『そうではあるまい』。 ・ そーじゃ 【慣】そうだ 時代劇でも聞かれる古い言葉。 助動詞 『じゃ』は、現代では、山陰・四国・九州でしか使われない。 ・ そづ 無駄、手落ち 濁音化。 『そつ』『卒』。 カ行音がタ行音に変化するのは沖縄方言に顕著である。 ・ そっか ・ そっかー そうか 今では標準口語でもしばしば使われる。 (そーっかて) 【複】そうかしら 神奈川。 『集覧:北』。 大辞林だけに解説されている言葉。 辞書には当て字が無い。 当て字が無い言葉は多く古い言葉であることが多い。 ヒノキぞっきの建物:ヒノキだけで出来た建物。 『羽おりも着ものも、もめんぞっきではあるが/路傍の石(有三)」』。 ・ ぞっき:純粋:山梨・長野。 ・ ぞっき:雑木:群馬。 (そっくぇー) 粘り気 神奈川。 そっくぇー が ない:粘り気が無い。 『素っ気無い』には『潤いが無い』の意味がある。 ・ そっくび 首をののしって言うことば 標準語。 『素っ首』。 ・ そっくら:神奈川・山梨・静岡。 ・ ぞっくり:秋田・長野。 ・ むったり:青森。 ・ ぞっくり:東京多摩。 ・ そっくりある 【動】そっくりそのままある ・ そっくり:福島・長野。 ・ そっくりしてる 【動】そっくりそのままある (ぞっくりする) 【複】気味が悪い 神奈川。 『反る』+『返る』。 『集覧:西・新』。 ・ そっくりかえる:東京。 ・ そっくりげる:青森・宮城。 ・ そっくりけーる:群馬・神奈川・山梨。 江戸言葉。 ・ そっけがない:東京。 ・ そっけねー:神奈川。 『反処』の意味と考えられる。 ・ そっこー:傾斜地の畑:千葉。 『香取』掲載語。 ・ そっこと:宮城。 ・ そっこり:宮城。 ・ そんごら:山形。 ・ そんごり:山形。 『其にて候や』の意味か。 ・ そった:青森・宮城。 ・ そったでった:そんなだった:青森。 ・ そったごど 【複】そんなこと 『其たる事』の意味。 ・ そったこと:宮城。 ・ そっだっべ ・ そっだっ ぺ ・ そっだっへ 【複】そうでしょう 30年代前半の言葉。 ・ そっだに:岡山。 ・ そったに:青森。 ・ そっだよ 【複】そうだよ、そこだよ 30年代前半の言葉。 ・ そっだら ・ そったら ・ そーったら 【連体】そんな ・ そっつら:新潟。 ・ そんつらこと:そのようなこと:福島。 ・ そっち がし ・ そっちかし 【形動】そちらの端、そちら側、そちらの方 『かし』は、『岸』あるいは『〜が端』の意味か?。 神奈川でも使われることから関東方言か。 ・ そっちな 【代】そっちの ・ そっちらほー:そっちの方:神奈川。 一般に関西方言とされている。 『あっちゃ・こっちゃ・そっちゃ・どっちゃ』。 ・ そっちゃ:秋田。 ・ そーっちゃあっか ・ そーっちゃあっかや 【複】そんなことってあるの、ないだろう 『さにてやあるか』。 = 『そーたっちゃあっか』。 ・ そーっちゃあっかま:福島。 『ま』は感嘆詞。 促音便。 (そーって・そーべつ) 【副】全て 長野。 『総じて』が訛ったか。 促音便・清音化。 本来は 『そんでは・そんではや』。 ・ そっても 【副】ちょっとも、少しも 『そっとも』の転。 ・ そっと 【副】ちょっと、少し 消えつつある標準語。 今では『ちょっとやそっと』に残されている言葉。 ・ そっとぐ 【複】放って置く 『そっとしておく』意味。 ・ そっとも 【副】ちょっとも、少しも 消えつつある標準語。 ・ そっ ぱ 出っ歯 『反り歯』。 ・ そっ ぱ:青森・宮城・埼玉・山梨。 『集覧:多』。 ・ そっ ぱ いなし:馳走なし:佐渡島。 粗略なこと。 しそこない。 また、ぶしつけなこと。 )と同源。 古い標準語の『そっぱい・そっぺい(味わい、面白み、塩気)』の変化したもので、人名化した 『そそっぼー・そそっ ぽ ・そそっ ぽ ー』と同じ。 ・ ぞっ ぱ いな:いい加減な:石川。 ・ そっ ぺ ・ そっ ぺ ー 【形】しょっぱい 『そっぱい・そっぺい(味わい、面白み、塩気)』。 『反り辺』の意味か。 標準語の『岨』(そば・そわ)が訛ったものか、また『岨』は当て字で『反り端』の意味も考えられる。 『側辺』の意味も考えられる。 また古い言葉に 『ぞる、ぞれ』がありいずれも山の崩れたところを言う。 ・ そっ ぺ:山の斜面:千葉。 近世語に『そっぺいがない』(味がない。 愛想がない。 そっけない。 )がある。 ・ おそっ ぱ いなし:何のご馳走もおもてなしも出来ない:山梨。 ・ おそっ ぺ えなし:何のご馳走もおもてなしも出来ない ・ そっつきそっ ぺ ーもねー:神奈川。 ・ そっ ぱいもない:福島・静岡。 ・ そっ ぺ ねー:宮城。 ・ そ ぺ ね:秋田。 『集覧:多』。 『集覧:西・稲』。 ・ そっ ぽ:知らん顔:神奈川。 ・ そっ ぽ がす 【動】放っておく 『すっぽかす』。 『素』は『す、そ』と読む。 ・ そっ ぽ むぐ 【動】そっぽ向く、知らない振りをする 『外方を向く』。 ・ そっ ぽ る 【動】放る、捨てる、ほっぽる 『すっぽかす』に類似。 ・ そでー 【複】外へ 濁音化・逆行同化。 ・ そて:鹿児島。 (そでがえん) 【複】そうでは御座いません 宮城。 『そうでがんせん』がさらに訛ったものか。 ・ そーでがんす:静岡。 ・ そーでがんはー:静岡。 ・ そーでござりす:宮城。 ・ そーでござりしてござりす:宮城。 ・ そーですのー:そうでしたね:静岡。 ・ そーでさ 【複】そうです 近世語。 長塚節の『土』に頻繁に出て来る言葉。 時代劇でも耳にする。 『そうですわ』が訛ったもの。 ・ そーでさーえ:そうですよ:神奈川。 ・ そーですのー:静岡。 ・ そでっこ:神奈川。 江戸では 『そでない』と言ったという。 ・ そでねぐ ・ そーでねぐ 【複】そうでなくて 東北弁的言い回し。 『そう』を『そ』と言うのは古い標準語。 高齢者言葉。 『そう』を『そ』と言うのは古い標準語。 『そーでんす、そーでーんす』は 『そうであんす、そうでやす、そうでやんす』の流れ。 茨城では江戸時代の江戸言葉が色濃く残っているが、東北では例えば『 そーでござりしてござりす(さようでございます) そーでござりす(そうでございます):宮城』がある。 『ら』『れ』は古語の『らむ』の変化したもの。 現代では東海地方に『ら』が残る。 『そーたに』が何故 『そーてに』に訛ったかは、『そんな様に』と同じ意味の『そんな故に』が訛ったと考えられる。 『故』は万葉の時代には『え』とも言った。 どうやら『故』と『様』は同源らしい。 ・ そーでありやすか:そうですか:福島。 その時代の標準語。 今では死語。 ・ そど 外 濁音化。 梵字・経文・戒名などを記す。 板塔婆。 』とある。 また『搭』とは『〔仏〕 梵語卒塔婆・塔婆 仏陀の骨や髪または一般に聖遺物をまつるために土石を椀形に盛り、或いは煉瓦を積んで作った建造物。 聖跡を標示するために作った支提 シダイ 梵語caitya を塔と呼ぶこともある。 中国に伝えられて楼閣建築と結びつき、独特の木造・せん造などの層塔が成立した。 わが国では木造塔が多く、三重・五重の層塔や多宝塔・根本大塔などがある。 地中や地表面上の仏舎利収容部、心柱、頂上の相輪に本来の塔の名残が見られる。 石造には五輪塔や宝篋印塔などがある。 』とある。 日本語源説の珍説に英語起源説があるように『搭』とは英語の『tower』の酷似している。 これこそシルクロードのなせる業か。 ・ そど ぎ ぎ ・ そど ぎ き ・ そどきき 他人に聞かれること。 自分についての世間のうわさ 『外聞』の意味。 漢語が和語を圧倒する前の言葉と考えられる。 現代辞書には無い。 (そーとめ) 田植え女 静岡。 『さおとめ【早少女・早乙女】』の転。 『其なや』の意味。 ・ 〜そーな 【助動】〜(だ)そうだ 古語を借りれば『然りにてありぬ』であろう。 数々の民話では、『そうだ』を『そうな』という。 ・ 〜そーな:静岡。 ・ そないもぢ 鏡餅 『供え餅』。 ・ おすわり:神奈川。 『座り餅』の略。 ・ そーなのげ 【複】そうなんですか 『そうなのかい』。 ・ そーなもんか 【複】そうじゃない 『其にてあるものか』の意味。 一般に関西弁と理解されている 『そない』は、『その様〜』の意味で同源あり 『そなよ』の方が古い。 ・ そがー:そのよう:広島。 ・ そねー:岡山。 ・ ほんねん:山梨。 ・ そーなよなー 【複】そうだよなー 当時の高齢者言葉。 『そうなよなあ』なら古い標準語。 ・ そなよに ・ そなよーに 【複】その様 ・ そにゅん:鹿児島。 ・ そうならば ・ そーなれば 【複】〜そうなら 『そうならば』は現代語では現代形を示し『それなら』のニュアンスがあり、『そうなれば』は『そのように(将来)なるなら』のニュアンスがあるが本来は同じ意味である。 ・ そーなん ・ そうなんがー 【複】そうなの。 原型は『〜そうな』。 ・ そーなん:群馬。 ・ そーなんけー:神奈川。 ・ 〜そーに 【複】〜(だ)そうで 『〜そーな』の連用形。 ・ 〜そーに:たくさん・非常に:静岡。 もともと『峰』の『ね』には、根の意味があり、『そ』とは『背』の古形。 ・ そね:峰:福島。 ・ そね:山の上・尾根・丘のように小さな山の峰:神奈川。 ・ そね:傾斜した畑地:神奈川。 ・ そねむ 【動】嫉妬する、ねたむ 『嫉む、妬む、猜む』。 『ねたみそねみ』は今でも良く使われるが、『そねむ』は標準語の口語の中では消えつつある。 『ねたむ』は『根に溜む』意味すなわち心に溜める意味であることは明らかであり『嫉む、妬む、猜む』は当て字である。 一方『そねむ』は 『そむきねたむ』意味ではないかと思われるが、語源辞典の一説になっている。 (そのいちら) 【複】そのまま 静岡。 (そのいちり) 【複】それぎり 静岡。 (そのいと) 【複】そのうち 静岡。 ・ そのおり 【複】その時 『その折』。 ・ そのほり:静岡。 この言葉は現代標準語の成立にも関る。 『返し』なのか『貸し』なのか『代わり』なのかが重要である。 『為替』とは『かわし』『かわり』に通じ、代替の意味である。 現代では『為替(かわせ』と言うが、その昔は『交わし』であったろう。 その昔 『かいそうば』という言葉があった。 値段のことである。 辞書には無い言葉だが、もともとは物々交換の『交う』が『買う』に転じたことは間違いないだろう。 ・ そのかし:群馬。 ・ そのかーち:群馬。 ・ ほのかーし:山梨。 ・ その が な ・ その が の ・ その が ん それ、そのもの 『その物』の意味。 『位』と古語助詞の『けれ』は識別不能である。 古語の『位』は 『くらゑ』であったからである。 ・ そのけー:神奈川・山梨。 ・ そのけ その気(き) 『そのけ』(その傾向)の場合は標準語。 『その返し』『その為替』(そのかわし)。 『為替(かわし)』。 為替は当て字としか考えられない。 また、ひっくり返した『替為』こそ『かえし・かえち』読める。 『返し』も『為替(かわし)』和語で同源の可能性がある。 『その息災』の意味。 『息災』は標準語では、『何事もなく達者であること、またその様』の意味だが、茨城方言では、様子の意味、さらに悪い意味が加わっている。 ・ そのとーし 【複】その通り 当時の新方言と思われる。 今でも一部で使われているらしい。 ・ そのぶんこ 【複】その分 30年代の言葉。 『ぶんこ』は『分』の意味。 (そのほり) 【複】その折り 静岡。 ・ そのみ 【複】それ自身 『その身』。 ・ そのみ:宮城。 ・ そのやづ そいつ、それ 古語では『其奴(そやつ)』。 近世に『そのやつ』と言った可能性もあるだろう。 現代語の『そいつ』は『其奴(そやつ)』が変化したもの。 標準語の古形の流れの方言。 ・ そのの:静岡。 『峙つ・聳つ(そばだつ)』の『そば』と同じ。 古くは『そは』。 取手市では岡の斜面を言う。 (そーば) 粘り気が無いこと 静岡。 これは現代語の『蕎麦』の語源かもしれない ・ そーはいがった ・ そはいがった 【慣】それは良かった 『其(そ)は良かった』。 ・ そーはいがのきんたま 【慣】そううまくはいかない 江戸時代に『そうは旨くは烏賊の金玉』などと言われた。 イカには金玉が無いからそう言われると聞いたが、実際はそうでは無いらしい。 『烏賊の金玉』は、『とんび』のことで昔から珍味とされ、江戸後期の川柳に『金玉も入れなと女房烏賊を買い』などとある。 どうも曖昧な部分があって金玉が先か『とんび』が先なのかわからないが、珍味である『とんび』が無ければ『いかない』すなわち『良く無い』に懸けたのだろう。 (そばいこ・そべこ) 甘えっ子、甘えん坊 福島。 『戯える』。 『集覧:多・稲』。 古語の 『戯ふ(そばふ)』がが転じたもの。 室町時代から 『そばゆ』とも言う。 その後 『戯える(そばえる)』と言う。 標準語ではその他『風がおだやかに吹く。 日が照っているのに、雨が降る。 』意味がある。 この場合の『戯う・戯ふ・戯ゆ・戯える』は明らかに当て字で、元はいつも仲良く『側・傍』に居る意味であったのではあるまいか。 関東にて をどけると云、又 でうける(じょうける)といふ又 そばへるといふ。 陸奥にて あだけるといふ。 』とある。 ・ ぞーくる:大分・宮崎・熊本。 ・ ぞぜぇーる:長野。 ・ ぞぜる:子供がむずがっている:長野。 ・ ぞーつく:熊本。 ・ そばえる:岩手・宮城・山形・福島・茨城・千葉・栃木・富山・石川・静岡・三重・広島・山口・高知。 ・ そばえこ:甘えっ子:宮城。 ・ ぞーばれる:ふざける:静岡。 ・ そーばれる:ふざける:静岡。 ・ そびゃーめる:(動物が)じゃれる:神奈川。 ・ とばえる:静岡。 ・ ばえる:山形・鳥取・岡山・香川。 茨城で子供が甘えることを 『ばける』と言うのに似ている。 他動詞形に石川の 『そばやす』がある。 もてあそぶ意味である。 ・ そざえる:甘える:山梨・長野。 ・ そばえこ:甘えっ子:宮城。 ・ そばえる:甘える:山形。 ・ つばえる:甘える:中国・四国。 ・ どそばえる:甘える:岐阜。 ・ とばえる:甘える:宮城・高知。 ・ ぞーひょー:騒ぎ:長崎。 ・ そーましー:騒々しい:静岡・岐阜・愛知。 ・ そばだづ 【動】聳え立つ やや古い標準語の『峙つ・聳つ(そばだつ)』の濁音化。 また、『峙つ・聳つ(そばだつ)』は当て字で、崖は古くは 『そば、そは』言った。 ただし、『聳える』は平安時代からある言葉である。 ・ そばっかき:神奈川。 横目で見る。 『側める』。 (そーばん) 鐘や太鼓を叩いて祝福すること 神奈川。 寺院の場、また立回りなどに用いる。 大形の伏鉦 フセガネ を撞木 シユモク で鳴らす。 』とあり、道具の名前が行為の名称になったと考えられる。 『薔薇(そうび)』(ばら・いばら)が転じたと考えられる。 しょびく。 ・ せびく:群馬。 ・ そびく:引く:神奈川。 ・ ぞびく:引きずる:山梨。 (そびくれる) 【動】外れる 静岡。 ・ そふ ・ そーふ ・ そーふー 【複】そう言う風 『其風』の意味。 ・ そぶり 気配 『素振り』。 消えつつある標準語。 『集覧:新』。 茨城方言集覧では、『撚りの食わぬ糸』と解説されている。 標準語の『ぞべ糸』は『絹物のしつけ、刺繍 ししゆう などに用いる、片撚りの細い絹糸』とある。 ・ ぞべ:簡単:東京多摩。 当時は日常的に使っていた。 『騒く(ぞめく)』( 古くは清音 騒ぐ。 浮かれ騒ぎ歩く。 )に由来する言葉と考えられる。 ・ じょびじょび:神奈川。

次の

昔の茨城弁集/茨城方言大辞典/そ

ち きる 意味

[動ラ五(四)]• 1 つながっているものを断ったり、付いているものを離したりする。 特に、刃物などでものを分け離す。 ㋐刃物などで人を傷つけ、または、殺す。 ㋑鋭利なもので、からだの一部を傷つける。 ㋒切開手術をする。 3 ふさがっているものや閉じてあるものを開ける。 4 遠慮なく、鋭く批判する。 ㋐溝をほる。 ㋑部屋や土間の一部を掘り下げて炉やこたつをつくる。 ㋒謄写版のやすりの上で、鉄筆で文字を書く。 ㋐続いている物事を、そこでやめたり断ったりする。 ㋑続いている人との関係をなくする。 ㋒器械を操作してを止める。 ㋓道や列などを横切って通る。 7 券などにパンチを入れたり、その一部を離したりする。 8 振り落としたり、したたらせたりして水分などを取り去る。 9 一面に広がっているものを分けるようにして勢いよく進む。 10 トランプ・カルタ・花札などで、札をよくまぜ合わせる。 ㋐囲碁で、相手の石の連続を断つ。 ㋑将棋で、駒 こま を交換し、手に持つ。 特に、大駒を小駒と交換する。 12 免職・解雇・除名する。 13 物事に区切りをつける。 ㋐時期や数量を限定する。 ㋑ある基準の数値以下・以内にする。 ㋒伝票やなどを発行する。 14 際立った、または、思いきった行為・動作をする。 ㋐他に先立って始める。 ㋑威勢のいい、または、わざと目立つような口ぶり・態度をする。 ㋒歌舞伎や能で、強い感情を表すためにある目立つ表情・動作をする。 15 ハンドル・舵 かじ などを操作して、進む方向を変える。 16 卓球・テニス・ゴルフなどで、打球に特殊な回転を与えたり、その進路を曲げたりするように打つ。 カットする。 17 トランプで、切り札を出して勝負に出る。 18 空中にきまった形を描く。 19 (「鑽る」とも書く)石と金属を打ち合わせたり、木と木をこすり合わせたりして発火させる。 20 (動詞の連用形に付いて)• ㋐完全に、また、最後までその行為をする。 …し終える。 …し尽くす。 ㋑限界にきて、これ以上の事態は考えられない状態である。 すっかり…する。 ㋒きっぱり…する。 21 物事を決定する。 終える。 22 (木を切って)つくる。

次の

”切符を切る”の”切る”ってどういう意味ですか?

ち きる 意味

こんにちは。 5万部のベストセラー『 』を書いた、 です。 これまで色々なことで生きる意味に悩んで来られたと思いますが、 生きる意味には答えがあります。 『 』を書いた経験を活かして、 このページでは、本よりも簡潔に、そして明確に、 生きる意味の答えを公開して行きたいと思います。 生きる意味に悩むとき 人は、色々なきっかけで生きる意味悩むようになります。 たとえば、夫を亡くして、 「 生きる意味とは何か」 「 これから自分はどう生きていくべきか」 悩むようになったという方もあります。 家庭の環境が複雑になり、今までの生き方を後悔し、 絶望的に落ち込んでいる状況となったとき、 生きる意味について悩む場合もあります。 そのような苦しいことがなくても、 日々に希望がもてず、死なないから生きている、という状況で、 漠然と生きる意味に悩む場合もあります。 ストレスによる心の不調から、 「 なぜ、こんなに苦しんでまで生きていなければならないのか?」 「 いっそ死んだ方が楽ではないか?」 と思う人もあります。 そして、心理学や哲学の本を読み漁っても、どこを探しても答えがなく、 かれこれ何年も何十年も悩んでいるという人もあります。 しかし、生きる意味が分からなければ、 苦労した割に、意味のない人生になってしまい、 最後に人生を振り返ったときに、 「 意味のない人生だった」 とすることになってしまいます。 人生には制限時間があり、 「 」と言われるように、 あっという間に過ぎて行きます。 一刻も早く生きる意味が分かるように、 この記事を熟読するようにしてください。 生きる意味とは? まず「 生きる意味」とは、「 人間に生まれた意味」ということです。 何のために人間に生まれてきたのか。 何のために生きているのか、 なぜ生きねばならないのか、という 「 」のことです。 よくこれを誤解されるのは、 「 今生きている意味」です。 たとえば、ロゴセラピーで有名なフランクルが言うような、 「 やり残した仕事」や、 「 待っている人」のようなものを考える人があります。 そのようなものは、今を生きる意味にはなりますが、 やり残した仕事をやってしまえば終わりで、 何か次の仕事を見つけないと今を生きる意味がなくなりますし、 待っている人も、会えれば終わりです。 それらは今の一時的な生きる意味であって、 生まれてから死ぬまでの人生全体の意味にはなりません。 人生全体の意味については、フランクルも、 「 ロゴセラピストといえども患者に、 その意味がいったい何であるのかを告げることはできない」 (ヴィクトール・フランクル) と言っています。 そこで、ここではフランクルにもわからない、 人生全体の生きる意味を明らかにしていきます。 生きる意味はない? 多くの人が生きる意味が分からない 私たちは、何のために生まれて来たのかという、 人生全体の生きる意味を知りたいのですが、 世の中には「 生きる意味がない」 と言っている人がたくさんあります。 例えば、ただ自然発生的に生まれてきただけで、 生きる意味は特にないといいます。 「 死にたくないから生きているだけ」 という人もいれば、 「 人はいつか死ぬのだから無意味」 という人もあります。 たまに「 生きること自体に意味がある」 という人がありますので、 「 だからどんな意味があるの?」と聞きますと、 その肝心の生きる意味は分かりません。 これは単に、頭が悪いとか、 勉強不足で分からないというのではありません。 相当の知識人でも分からないのです。 知識人にも生きる意味は分からない 例えば人類発生から250万年の歴史を書いて、 全世界200万部のベストセラーとなり、 NHKクローズアップ現代でも特集された 『 』でも、 「 人間には数々の驚くべきことができるものの、 私たちは自分の目的が不確かなままで 相変わらず不満に見える」 とあります。 仏教の僧侶にも分からない人が多い でさえも、 「 残念ながら生きる意味は存在しません。 ただ生きて行くだけです」 とか 「 生きる意味を考えるよりも、 生きることに感謝して 生きて行くほうがずっといいと思う」 という人ばかりです。 では、仏教を説かれたお釈迦さまは、 生きる意味を教えられていないのでしょうか。 仏教で生きる意味はどこに教えられている? 仏教では、生きる意味をこのように教えられています。 人身受け難し、今已に受く。 仏法聞き難し、今已に聞く。 この身今生に向って度せずんば、 さらにいずれの生に向ってか、この身を度せん。 これは、多くの仏教の本の最初に載っている 大変有名な仏教の言葉です。 最初の「 人身」とは人間のことです。 「 人身受け難し今已に受く」とは、 「 生まれがたい人間に生まれることができてよかった」 という喜びの言葉です。 よくぞ人間に生まれたものぞという生命の大歓喜です。 を果たすと、このように、 「 人間に生まれてよかった」 という大満足の身になれるのです。 それは、色あせることのない喜びです。 その本当のは、 『 サピエンス全史』を書くような 人類250万年の歴史を知っている学者でも見当もつかないように、 仏教以外には教えられていません。 ですから次の「 仏法聞き難し今已に聞く」とは、 「 その本当のを教えられている 聞き難い仏法を聞くことができてよかった」 という喜びの言葉です。 仏教を聞くことがなければ、 を知ることもできなかった、 もちろん果たすこともできなかった、 仏教を聞くことができてよかった、ということです。 では、そのとは何でしょうか? 人間に生まれた目的とは? 本当の自分とは? 次に「 この身今生に向って度せずんば、 さらにいずれの生に向ってか、この身を度せん」とあります。 「 この身」とは、人間に生まれた自分自身のことです。 自分が生きる意味を知るには、 その生きている自分とは何かを よく知らなければなりません。 私たちは、自分というものは 生まれてから死ぬまでのことだと思っていますが、 本当はそうではありません。 生まれる前、果てしない遠い過去から、 死んだ後、未来永遠に続いていく、永遠の生命があります。 生まれる前を「 前生」 生まれてから死ぬまでを「 今生」 死んだ後を「 来生」といいます。 そして、、死に変わり、 果てしなく苦しみ迷いの旅を続けています。 生まれ変わりといっても、人間だけではありません。 、、、、人間、の6つの迷いの世界、「 六道」を 生まれ変わり死に変わりします。 それは、あたかも車の車輪が同じ所をぐるぐるぐるぐる回るように、 果てしなく生死を繰り返すので、「 」といわれます。 その果てしなく苦しみ迷いの旅を続ける永遠の生命が、本当の私であり、 「 この身」なのです。 人間に生まれたときしかできないこと 「 この身今生に向かって度せずんば」の 「 今生」とは、 人間に生まれている今のことです。 「 度する」とは、 この迷いの輪廻を離れることです。 「 この身今生に向って度せずんば、 さらにいずれの生に向ってか、この身を度せん」とは、 もし人間に生まれている今、 この迷いの解決ができなかったならば、いつできるというのだろう。 危ないところを救われた、ということです。 なぜかといいますと、この迷いを離れる方法は、 仏教にしか教えられていないのですが、 仏教を聞けるのは、6つの迷いの世界の中でも、 人間界だけだからです。 、、、の4つの世界では、 苦しみにせめられて仏教が聞けず、 では、楽におぼれて仏教が聞けません。 ですから唯一仏教を聞ける人間に生まれた目的は、 仏教の教えを聞いて、この永遠の迷いの解決し、 未来永遠の幸福になることだと教えられています。 これを仏教で「 人界受生の本懐(にんがいじゅしょうのほんがい)」といいます。 「 本懐」とは目的のことですので、 人間に生まれた目的のことです。 チャンスはいくらでもある? ところが、人間界に生まれるには、大変難しいことです。 人間に生まれるには、「 」といわれる 以下の5つのを守り続けなければなりません。 不(ふせっしょう)……生き物を殺さない 不(ふちゅうとう)……他人の物を盗まない 不(ふじゃいん)……不倫や浮気をしない 不(ふもうご)……嘘をつかない 不飲酒(ふおんじゅ)……お酒を飲まない ですから、1回でも生き物を殺したり、をついたり、 お酒を飲んだらもう人間に生まれられません。 こんな厳しいを一生守り続けることは、 普通はとてもできませんので、 「 人身受け難し」 人間に生まれることは大変難しい、 といわれています。 人間に生まれることは何億年に一度もない、有り難いことなのです。 その何億年に一度もない、生まれがたい人間に生まれたときしか果たせない、 迷いの解決をすることが、人間に生まれた意味なのです。 ですから 「 人身受け難し、今已に受く。 仏法聞き難し、今已に聞く。 この身今生に向って度せずんば、 さらにいずれの生に向ってか、この身を度せん」 とは、生まれがたい人間に生まれ、 聞き難い仏法を聞いた今、 果てしない迷いを解決して、永遠の幸福にならなければ、 いつ解決するというのか。 永遠のチャンスは今しかない。 何とかあなたも、生きている今、 この人間に生まれた目的を果たして、 決してのないようにしなさいよ、ということです。 では、どうすれば、迷いを解決して、 苦しみ迷いの輪廻を離れることができるかというと、 その迷いの根本原因を知らなければなりません。 それについては、メール講座と、小冊子にまとめてあります。 メニュー•

次の