豆腐ハンバーグ ダイエット。 【満腹】豆腐ダイエットレシピ簡単アレンジ献立20選|効果や食べ方を解説

豆腐ハンバーグのカロリー・糖質は?ダイエット中の注意したい食べ方|CALORI [カロリ]

豆腐ハンバーグ ダイエット

豆腐ハンバーグって ダイエットにいいんだよね、 と思っている方。 実際はどうなのか 考えたことありますか? ダイエットに必要なのは、 栄養バランスのとれた食事です。 ただただカロリーが低いだけでは 健康が損なわれます。 そして、きちんと カロリー計算してくださいね。 いくらバランスの良い食事でも、 食べすぎはダメです。 豆腐は大豆からできており、 植物性たんぱく質が豊富で 食物繊維も豊富です。 イソフラボンという 女性ホルモンと似た性質を持つ、 栄養素も入っており、 女性の健康にも良いです。 動物性たんぱく質と比べて ヘルシーと言えるでしょう。 ではもっとくわしく、 豆腐の栄養やカロリー、糖質、 また、豆腐ハンバーグは ヘルシーなのかどうかなどについて 見ていきましょう。 スポンサーリンク ダイエットに必要なのは 運動と、栄養バランスのとれた食事です。 運動して筋肉を増やすためには 良質なたんぱく質が必要不可欠です。 筋肉量を増やし、 基礎代謝を高めることで、 やせやすい体にすれば、 痩せやすくなります。 豆腐ならば、良質な 植物性たんぱく質と食物繊維が 摂取できるのでダイエットにぴったりです。 カロリーだけでなく糖質についても低く、 高血糖で悩みを抱えている方にも おすすめのメニューです。 糖質が高い食べ物は穀物類で、 圧倒的に高いのですが 豆類も比較的高いのです。 しかし、豆類の中で大豆は糖質が低く、 安心して食べることができる食材なのです。 しかも、たんぱく質の量も高く、 腹持ちがいいので ダイエット向きの食材です。 大豆は日本人が古くから 食べている食材です。 納豆やきなこ、ひじきと大豆の炒め煮、 現代では豆腐ハンバーグが人気ですね。 今までは、大豆は料理の材料としてのみ 扱われることが多かったのですが、 最近は大豆を使った ヘルシーなクッキーやバーが、 たくさんのメーカーから 売り出されています。 近年、研究がすすみ 大豆の健康効果がわかって、 より手軽に簡単に大豆の栄養を とることができるように なってきたという事です。 ぜひ大豆を美味しく食べて 美容と健康維持に役立てたいですね。 豆腐ハンバーグってヘルシーなの?普通のハンバーグとどっちがカロリーが高い? ごくごく一般的な ハンバーグのカロリーと 豆腐ハンバーグのカロリー (一人分)を比べると、 合いびき肉のハンバーグのカロリー ・335キロカロリー 豆腐ハンバーグのカロリー ・234キロカロリー 豆腐ハンバーグの方が 約100キロカロリーほど カロリーが低いです。 豆腐ハンバーグのレシピは バリエーションが豊かです。 シンプルな豆腐のみのもの、 鶏肉が入っていたり、山芋が入ったり、 ひじきが入ったり、 枝豆が入ったり様々なレシピがあります。 それによって食感が良くなり、 ボリュームや食べ応えが増して ヘルシーなのに満足感のある ハンバーグになります。 栄養価についても、 例えばひじきを入れれば 鉄分を補うことができます。 とくに野菜やきのこは 低カロリーで食物繊維もとれるため、 よりヘルシーなメニューになりますね。 まとめ 豆腐ハンバーグは、 ひき肉のみの普通のハンバーグに 比べればカロリーは低いので、 ダイエットにぴったりです。 ただ、注意は必要で、 ハンバーグに添えるソースを デミグラスソースや とろーりチーズなどにすると カロリーが跳ね上がってしまいます。 和風のあんかけソースに 大根おろしをそえたり、 ぽん酢などの低カロリーの ソースを添えてください。 たかがソース、されどソース。 確実にカロリーを減らすならば カロリーの低いものを合わせてください。 また、豆腐ハンバーグが カロリーが少ないからと言って、 ご飯を増やさないように 注意してください。 ご飯を食べすぎては 元も子もありません。 肉汁たっぷりのチーズ入り ハンバーグもとても魅力的ですが、 ダイエットするには不向きです。 あっさりした野菜入り 豆腐ハンバーグなら、 食べ応えもありますし 食物繊維もとれて便秘解消、 ダイエットにもおすすめです。 もしダイエット中に、 どうしてもハンバーグが食べたくなったら 豆腐ハンバーグをお召し上がりください。

次の

【豆腐ハンバーグおろしポン酢ソース】ダイエット中にオススメ!!柚子胡椒のさっぱりレシピ

豆腐ハンバーグ ダイエット

たんぱく質 現代人が不足しがちな「たんぱく質」を補うことができるのは、豆腐を食べる1番のメリット。 しかも、植物性のたんぱく質なので脂質も抑えることができる。 サポニン、レシチン 大豆に含まれる「サポニン」と「レシチン」はダイエットに効果的。 「サポニン」はポリフェノールの一種で脂質代謝をアップしたり、活性酸素の除去をサポートする働きがある。 「レシチン」は脂肪の代謝がスムーズになるので脂肪肝の人にもおすすめ。 その他に脳を活性化する働きもあるのだとか。 ビタミンB1、B2、ナイアシン ビタミンB1、B2、ナイアシンなども含まれていて、三大栄養素の代謝を上げてくれるのでダイエットの強い味方。 大豆イソフラボン ダイエットを続けていると栄養が足りなかったり偏ったりすることで肌が荒れたり、骨が弱くなったりすることがある。 豆腐に含まれる「大豆イソフラボン」が美肌や骨の補強をしっかりとサポートしてくれる。 ダイエット中にくずれがちなホルモンバランスを整えてくれるのも「大豆イソフラボン」。 ホルモンバランスが整うことでイライラを軽減でき、ストレスによるドカ食いやリバウンドをしにくい体質に。 ストレスが溜まっていると痩せにくくなるのでホルモンバランスを整えるのは鍵となる。 オリゴ糖、マグネシウム 腸内環境の面からダイエットをサポートしてくれる「オリゴ糖」と「マグネシウム」も豊富に含まれている。 「オリゴ糖」は善玉菌のエサになって善玉菌そのものを増やしてくれる。 「マグネシウム」は腸の働きを活性化させて便秘改善に効果的。 また酵素の働きをサポートしてくれるので、野菜などと一緒に豆腐を食べることで野菜の酵素のパワーを引き出すことができる。 豆腐は木綿と絹の2種類を多く見かけるが、この2つでダイエット効果に違いはあるのだろうか? 高杉さんにくわしく伺うと… 木綿豆腐 木綿はたんぱく質量が多く、食べ応えもあるので、食べたい欲が強いひとは木綿がおすすめ。 たまご豆腐、高野豆腐 豆腐に似た食材として「たまご豆腐」「高野豆腐」がある。 「たまご豆腐」は豆腐ではなく茶碗蒸しのようにたまごに近い食品なので動物性たんぱく質になる。 「高野豆腐」も豆腐ではなく乾物の1種で、水分をたくさん吸収するので汁物に入れると食べ応え抜群。 カルシウムが豊富なのも特徴。 ここでは、高杉さん考案の自宅で簡単にできる豆腐メニューを一挙ご紹介。 キムチーズ豆腐 木綿豆腐をレンジで加熱して、キッチンペーパーでしっかり水分を取る。 レンジでチーズがとろけるまで加熱したら完成。 豆腐のとろろ昆布のせ 豆腐にとろろ昆布をのせるだけ。 カレー豆腐 カレーの缶詰を豆腐にかけるだけ。 濃い味で満足感を得られる。 好バランス鍋 汁物は野菜がたくさん食べられるのでおすすめ。 鍋に鶏肉や魚を入れるとそれだけで栄養バランスが整う。 ねぎやニラに含まれるアリシンが糖の代謝を上げてくれるビタミンB1の吸収を高めるのでダイエット効果がアップ。 ・「豆腐ダイエット」は正しい方法で取り入れれば痩せることができる。 ・豆腐ばかり食べすぎるとカロリーオーバーになるのは当然。 湯豆腐など、なるべく消化がいい状態で食べたり、夜の1食に食べるタイミングに気をつけるとダイエット効果が高くなる。 ・3食すべてで豆腐を摂取するというよりも、夕食時にご飯や炭水化物の代わりに豆腐を食べるのがおすすめ。 また、夕飯で食べるのであれば湯豆腐がおすすめ。 消化にいい上にカロリーも抑えられる。 スープや鍋に豆腐を入れて食べるのもおすすめ。 ・豆腐ダイエットをやるうえで、 食べる量と塩分過多には注意が必要。 ・豆腐は賢く食べることで、たんぱく質のほか、サポニン、レシチン、ビタミンB1、B2、ナイアシン、大豆イソフラボン、オリゴ糖、マグネシウムなど、さまざまな栄養素を摂取することができる。 ・豆腐のデメリットは、豆腐ばかり食べるとアミノ酸のバランスが偏ってしまう点。 そのため、アミノ酸のバランスを整えるための、肉や魚などの動物性たんぱく質もしっかりと摂る必要がある。 ・豆腐の種類は「木綿豆腐」と「絹ごし豆腐」。 「たまご豆腐」や「高野豆腐」は豆腐ではない。

次の

【激痩せ】豆腐を主食にする置き換えダイエット効果 腹持ちいい木綿豆腐で毎日痩せる!

豆腐ハンバーグ ダイエット

4月25日• 豆腐ハンバーグは低カロリー? ハンバーグに使われることが多い牛ひき肉は、100gあたり272kcal、豚ひき肉は100gあたり236kcalです。 しかし、木綿豆腐は100gあたり80kcalと低カロリーなので、お肉の一部を豆腐に置き換えることでカロリーオフにつながります。 さらに、100gあたり186kcalの鶏ひき肉を使ったり、濃厚なデミグラスソースなどではなく、大根おろしなどを使ったあっさりとした和風ハンバーグにすることで、よりカロリーを抑えられますよ。 豆腐の栄養効果とは? たんぱく質 豆腐の原材料である大豆は「畑の肉」と呼ばれるほどたんぱく質が豊富に含まれています。 たんぱく質は筋肉を作る材料となるため、筋肉量を維持しつつダイエットを行っていくうえで欠かせません。 また、たんぱく質は健康な髪や皮膚、ホルモンなどの材料にもなるので、綺麗にやせるためにとても大切な栄養素です。 大豆イソフラボン 大豆イソフラボンはポリフェノールの一種で、女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをします。 そのため、ホルモンバランスの乱れから起こる月経トラブルや更年期障害の予防・改善、美肌、骨粗しょう症予防など様々な効果が期待できます。 レシチン レシチンは大豆に含まれる不飽和脂肪酸の一種です。 血液の流れを促し、動脈硬化などの生活習慣病を予防する効果が期待できます。 管理栄養士おすすめ!豆腐ハンバーグレシピ ポテトin豆腐ハンバーグ マッシュポテトやチーズを包んだ、ボリュームのある豆腐ハンバーグです。 玉ねぎを炒めず生の状態でタネに混ぜ込む事で食感や歯ごたえが増すので、満足感のある一品になるうえに、炒める時間や冷ます時間を短縮できるので一石二鳥です。 じゃがいもには炭水化物が多く含まれているで、その分主食の量は少なめにすると炭水化物の摂り過ぎを防ぐ事が出来ます。 また、チーズには日本人に不足しがちなカルシウムが豊富に含まれています。 特に女性は閉経後に骨粗しょう症のリスクが高まりますので、早いうちからカルシウムをしっかりと摂取しておくのが望ましいです。 豆腐ハンバーグ 低脂質な豚もも肉や彩りの良い野菜をたっぷりと使った、低カロリーで栄養価の高い豆腐ハンバーグです。 豚肉には炭水化物の代謝をサポートするビタミンB1が豊富に含まれており、肥満予防や疲労回復などの効果が期待できます。 また、野菜やキノコ類を加える事でビタミン、ミネラル、食物繊維もしっかりと摂れますし、カロリーを抑えつつボリュームのある一品になります。 さらに、歯ごたえもあるので食べ過ぎ予防にもつながりますね。 和風豆腐ハンバーグ 低脂質・高たんぱくな鶏ひき肉を使った、あっさりとした和風豆腐ハンバーグです。 長ネギやえのきだけなど、歯ごたえのある食材を加えると自然と噛む回数が増え満足感を感じやすくなります。 まとめ いかがでしたか? 普通のハンバーグは脂質や糖質が多く高カロリーですが、豆腐ハンバーグでしたらダイエット中でも安心して食べる事が出来ます。 また、豆腐ハンバーグと言っても様々なレシピがありますので、お気に入りのレシピを見つけてみて下さいね!.

次の