約款 民法 改正。 民法改正により新設された定型約款とは

約款が変わる! 民法改正で「定型約款」が誕生

約款 民法 改正

「定型約款」ってなに? 約款は、たとえばネットでのサービスなどで、利用規約などと同じように「同意」を求められ、ろくに読みもせず「同意します」をクリックしてしまう、あの約款です。 保険などの金融商品などでは約款は重要ですし、旅行などでも約款に同意することがあるでしょう。 私たちがなにげなく利用している鉄道も、JRや民鉄などで、それぞれに「運送約款」を提示していますが、読んだことのある人はほとんどいないと思います。 改札を抜けたら、約款を読んだものとみなす、みたいなことになっているんですよね。 これほど重要な約款なのに、 これまで法律では規定されていませんでした。 2017年、およそ120年ぶりに民法改正となり、その1つとして、 「定型約款」の考えが取り入れられました。 だいたい、約款は法的な定義がないので、「これが約款だ!」とは言いにくいものでした。 契約は相対で口約束でも成立するものですが、契約書はそれを書面に記しておくいわば「証拠」としての書類。 ただし契約については民法で定められているのに、契約書については法律では定められていないので、契約するお互いが了解していればどんな契約書でもOKなのです。 ところが、多数の相手と同じ内容の契約をするときに、契約者の名前などが違うだけで、細かい部分はみな同じなとき、別に「約款」を作っておいて契約では、「それに同意」とだけしておけば便利だし、都合いいよね、ということから、約款は利用されてきました。 今回の改正で、「定型約款」の項目が法制化されたため、今後、約款には、「これまで通り、各社で作っていた約款」と、民法の規定による「定型約款」の2種類になると考えられます。 詳細は施行時(2020年予定)までに、条例などで規定されていくことでしょう。 いまの段階では法律の条文のみなので、具体的な部分ははっきりしませんが、少なくとも条文からは、次のように考えることができます。 こちらに法案があります。。 その「第五款 定型約款」(93ページ)をご覧ください。 ここではいくつかのことが定義されています。 簡単に整理します。 定型約款を準備した者が、あらかじめその定型約款を契約の内容とする旨を相手方に表示していたとき。 ただし、合意が認められない場合もあります。 この法律に則った定型約款は、個別の合意なく内容を変更できます。 ただし、次の場合のみです。 「変更しました、合意してね」はダメということです。 とはいえ、かなり重要なことでも「官報に掲載」すればいいこともあるわけですから、約款の変更について商取引が不便になるほどの難しい条件をつけることはないだろうとは思いますけれども。 参考になる本と雑誌 『週刊エコノミスト 2017年07月11日号 ビジネスが変わる民法改正』 『平成29年大改正! 民法の全条文』(三省堂編修所編集) 『詳説 改正債権法』(債権法研究会著・編) 人気の記事(24時間)• 狂犬病は特効薬がないので、もし感染したら死を待つしかありません。 かなり、重要な問題です。 (2017年6... 投稿者: 2020年5月23日 に投稿された• 激変する上野駅の前で 『JR上野駅公園口』(柳美里著)を持ち出して、上野駅の公園口前で撮影してみました。 投稿者: 2017年8月19日 に投稿された• フレアビジネス研究会は、書籍、雑誌、Webで活躍する編集者・ライターによるビジネス系コンテンツの研究会で... 投稿者: 2017年8月14日 に投稿された• 「定型約款」ってなに? 約款は、たとえばネットでのサービスなどで、利用規約などと同じように「同意」を求めら... 投稿者: 2017年7月3日 に投稿された• 『充たされざる者』(カズオ・イシグロ著、古賀林幸訳) 948ページも... 投稿者: 2018年1月10日 に投稿された• 今日の言葉 003 誰のために仕事をするの? きちんとした事を成し遂げようと思うんだったら、 自分は宇宙... 投稿者: 2020年6月28日 に投稿された• 彼女は誰? 彼女は誰なのでしょう。 十和田市現代美術館に入り、順路の示すとおりに最初に入った... 投稿者: 2019年9月1日 に投稿された• 夏が過ぎようとし... 投稿者: 2017年7月14日 に投稿された• 『日の名残り』 カズオ・イシグロ著, 土屋 政雄訳 2017-01-24記(見出しなど再編集しまし... 投稿者: 2017年7月14日 に投稿された• 『わたしたちが孤児だったころ』(カズオ・イシグロ著、入江真佐子訳)... 投稿者: 2020年3月7日 に投稿された• タイトルのインパクトが強いですが、本書はまじめに自身の再生を目指して生き... 投稿者: 2017年11月15日 に投稿された• 先日、ちょっとおもしろいテレビ番組がありました。 NHKスペシャル マネー・ワールド~資本主義の未来~... 投稿者: 2018年10月15日 に投稿された• 投稿者: 2019年10月10日 に投稿された• 以前、「ベーシックインカムで失うものはなにか?」を書きましたが、2020年1月、中国武漢から世界に広がった新... 投稿者: 2020年3月26日 に投稿された• 『エグゼクティブ・コンディショニング』 ダウンロード動画つき ZERO GYM 著、松尾伊津香著・監修... 投稿者: 2020年4月24日 に投稿された• 『物流業界立て直しバイブル』(岡卓也著 本書は、物流コンサルの視点から中小物流企業を主な対象として... 投稿者: 2020年4月27日 に投稿された• 本書は、著者が長年築き上げてきた「輸入ビジネス」(著者の経営する株式会社インポートプレナーによって商標登... 投稿者: 2020年5月17日 に投稿された• 『「アタマのやわらかさ」の原理。 クリエイティブな人たちは実は編集している』 松永光弘著 15年にわた... 投稿者: 2018年10月26日 に投稿された.

次の

民法改正(1)定款約款のルールが定められました

約款 民法 改正

改正民法:民法の一部を改正する法律(平成29年法律第44号)に基づく改正後の民法 定型約款変更の要件 定型約款の変更 民法の原則では、契約当事者の合意がなければ、一旦締結した契約の個別の条項を変更することはできません。 しかし、多数の相手方との間で締結している定型取引にかかる契約で、特にこれが一定期間継続するものであるときに、定型約款準備者側で約款中の条項を変更する必要性が生じた際、全当事者と個別に合意しない限り変更の効力が生じないとしたのでは、取引において定型約款を用いる実益がなくなり、現実的ではありません。 そこで、改正民法では、以下のいずれかの要件(実体的要件)を満たせば、2で述べる手続を経たうえで、定型約款を変更できるとする規定が新設されました(改正民法548条の4第1項)。 定型約款の変更が、相手方の一般の利益に適合するとき( 利益変更) または• 定型約款の変更が、契約をした目的に反せず、かつ、変更の必要性、変更後の内容の相当性、改正民法548条の4の規定により定型約款を変更することがある旨の定めの有無およびその内容その他の変更に係る事情に照らして合理的なものであるとき( 不利益変更) 上記のうち、利益変更に関しては、相手方に不利益がないため、広範に変更が認められることに違和感はないかと思います。 そこで以下では、不利益変更の要件について概説します。 目的適合性について 定型約款の変更が、契約をした目的に反しないかどうかは、 一方当事者の主観的な意図ではなく、両当事者で共有された当該契約の目的を基準に判断されます。 たとえば、定型約款準備者の採算性を確保するための不利益変更の場合、それだけではただちに目的適合性が認められることにはならないでしょう。 以下では、法文に例示列挙された要素ごとに解説を加えたいと思います。 (1)変更の必要性について ここにいう変更の必要性とは、相手方から個別同意をとることの困難性や、当該変更がなければ契約をした目的を達せられないような事情の有無をいいます。 ですので、定型取引にかかる契約であっても、実際の契約相手方の人数が少ない場合や、あえて変更しなくても契約をした目的が達せられるような場合には、変更の必要性が乏しく、合理性を否定する方向に作用するといえるでしょう。 (2)変更後の内容の相当性について 変更後の内容が相当であるか否かは、相手方に及ぶ不利益の性質や程度等を勘案して判断されることになります。 現時点で具体的な基準は定められておらず、ケースバイケースの判断になりますが、たとえば、原材料の高騰によりサービス料金を値上げするような変更を例にとれば、原材料の高騰分を転嫁する以上の値上げについては、相当性なしと判断されるものと思われます。 なお、不当条項規制 の対象となるような条項は、相当性を欠くと判断されるでしょう。 (3)変更条項の有無およびその内容について 改正民法548条の4の規定により定型約款を変更することがある旨の定め(「 変更条項」)とは、たとえば「本約款は、民法548条の2の規定により変更されることがあります。 」というような定型約款内の定めのことをいいます。 改正民法には、この変更条項の有無が、約款変更の合理性を基礎づける一事情となることが明記されました。 ただ、単に変更条項を設けるだけでは、合理性を基礎づける事情としては弱く、肝腎なのは「その内容」の部分です。 変更条項により合理性を基礎づけるためには、定型約款の変更を必要とする事由を、想定しうる限り例示的に列挙したうえで、変更の手続も明記しておく必要があります。 (4)その他変更に係る事情について 上記のほか、たとえば変更後の契約内容に拘束されることを望まない相手方に、任意の解除権を与えているかどうか、同業他社が一般に相手方に課している負担との対比、変更の効力発生までの猶予期間の長短等も、変更に係る事情として、合理性判断の一事情とされます。 変更の手続について 変更の手続 定型約款の変更を行うには、上記 1で述べた実体的な要件のほかに、以下の手続(手続的要件)を経る必要があります(改正民法548条の4第2項)。 定型約款の変更の効力発生時期を定めること• 定型約款を変更する旨および変更後の定型約款の内容ならびにその効力発生時期をインターネットの利用その他の適切な方法により周知すること 上記の手続は、不利益変更の場合のみならず、利益変更の場合にも必要になります。 不利益変更の場合に手続を怠れば、いかに目的に適合した合理的な変更であっても、効力が生じないことになりますので、注意が必要です。 さらに、不利益変更の場合には、変更の効力発生時期が到来するまでに周知することも必要になりますので(改正民法548条の4第3項)、併せて留意が必要です。 周知の方法 定型約款の変更に関しては、相手方に個別に通知することまでは必要なく、適切な方法で周知されていれば足ります。 したがって、ウェブサイトに変更する旨とその内容、効力発生時期を掲載し、相手方の閲覧の機会を設ける程度でも、周知に関する手続的要件は満たされます。 ただし、相手方の権利義務に一定の変更を及ぼすなど、不利益の程度が小さいとはいえないような変更については、変更の合理性(実体的要件)を担保するため、相手方に個別に通知することも検討に値するものと思われます。 経過規定との関係 「 」で言及したように、定型約款の変更に関する規律は、改正民法施行前に締結された定型取引に係る契約にも適用されます(改正民法附則33条1項)。 したがって、現在運用し、また今後運用しようとする定型約款に、契約の目的や、具体的な変更条項を盛り込むなどしておけば、改正民法施行後に定型約款の変更を行うにあたり、目的適合性や合理性を基礎づける事情となりますので、今後は、このような定めの有無を必ず確認すべきといえるでしょう。

次の

民法改正で新たに明文化された「定型約款」とは?

約款 民法 改正

2020年4月1日改正の新民法は、これまでに生じた取引に適用されるでしょうか。 また、基本契約がある取引や、規約・約款に基づく取引はどうなるでしょうか。 1 はじめに 2020年4月1日に新民法が施行されました。 施行日以降に生じた取引は、新民法に基づくことになります。 他方、施行日より前に締結されている契約には、従来の民法が適用されることがあります。 そのため、2020年4月1日以降も、従来の民法を全く参照する必要がなくなるわけではありません。 本稿では、新民法と従来の民法のいずれが適用されるのか、について実務上留意するべき点を解説します。 2 経過措置 2020年4月1日の施行日(以下、「施行日」といいます。 )を境にして、あらゆる法律関係について、突然に新民法を適用すると、従前の法律関係に基づいて営まれてきた社会生活の安定性は大きく損なわれてしまいます。 そこで、従来の民法によって生じた法律関係をある程度尊重して、円滑に新民法に基づく法律関係に移行する必要があります。 新民法では、一定期間、従前の民法の適用を認めることを定めています。 これを経過措置といいます。 (附則に定められています) 3 施行日(2020年4月1日)より前に締結された契約 施行日より前に締結された契約(2020年3月31日までに締結された契約)については、従来の民法が適用されます(附則第34条)。 このような契約についてトラブルが生じた場合には、従来の民法を参照して解決を図ることになります。 具体例は以下の通りです。 X社とY社との間で2019年12月1日に開発委託契約が締結されたとします。 この契約について、施行日後の2020年6月30日にX・Y間でトラブルが生じたとします。 この場合、トラブルが生じたのは施行日の後です。 しかし、契約の締結日が施行日前の2019年12月1日であるので、従来の民法によって解決することになります。 4 施行日前に締結した基本契約と、その個別契約 取引の基本的な条件を定めた基本契約を交わしておき、個別的な条件を定めた個別契約を随時交わすという取引は一般的にされています。 このような基本契約・個別契約に基づく取引に適用される法令を検討します。 基本契約については、施行日前に締結していれば、従来の民法が適用されます。 また、基本契約を施行日後に締結していれば、(当然ですが)新民法が適用されます。 個別契約については、施行日前に締結していれば、従来の民法が適用されます。 以上は特に問題ありませんが、基本契約を施行日より前に締結し、その個別契約を施行日後に締結した場合、その個別契約に適用されるのが新民法であるか、従来の民法であるかについては、必ずしも明確ではないといえます。 1つの考え方としては、施行日後に締結したものであるという点を重視し、新民法が適用されるという考えもあり得ます(この場合、基本契約は従来の民法、個別契約は新民法となります)。 もう1つの考え方としては、基本契約には従来の民法が適用されるため、個別契約についても従来の民法が適用されることが当事者の合理的意思と理解します。 この場合、個別契約についても、基本契約と同様に従来の民法が適用されるという考えもあります。 上記のとおり、施行日後に締結された個別契約に適用される法令は、明確ではありません。 そのため、施行日後の個別契約においては、例えば、「本個別契約に適用される法令は、基本契約に適用される法令と同一とする。 」などと明記しておくことが望ましいといえます。 (基本契約と個別契約が別個と法令の規律に服するとすれば、その解釈が極めて困難になるものと思われます) 5 施行日前に締結した契約が、施行日以降に合意更新された場合 施行日前に締結した契約が施行日以降に合意更新された場合には、合意更新されるまでに従来の民法が適用されます。 他方、合意更新された後は、たとえ施行日より前に締結された契約であっても、新民法が適用されます(法務省見解)。 この理由としては、契約の締結の時点で、更新されて新民法が適用されることを予測できたためとされます。 2019年7月1日に、X社とY社は、賃貸借契約を締結しました。 契約期間は1年間であり、契約期間満了日までに更新拒絶をしなければ自動的に更新することになっています。 この契約について、自動更新がされた場合、それぞれの期間において、適用される民法はどのようになるかを検討します。 この契約は、2019年7月1日から2020年6月30日までが契約期間です。 2020年4月1日の施行日以降も、6月30日までは、従来の民法が適用されます。 2020年7月1日に自動更新された後は、新民法が適用されます。 このように、合意更新がされるまでは従来の民法が適用され、合意更新がされた以降は、新民法が適用されることとなります。 契約書の内容が新民法に従ったものになっていない場合には、トラブルになりかねません。 また、法務省の見解は上記のとおりであったとしても、当事者としては、必ずしも合意更新後は新民法を適用する意思ではなかった場合もあると思われます。 このように、合意更新後の契約条件について、新民法であるのか、従来の民法であるのかに関して疑義が生じるおそれがあります。 このおそれがある場合は、契約の相手方と協議をして、いずれが適用されるべきであるのかを確認し、覚書を交わしておくなどすれば、明確になり安心です。 6 定型約款 多くの利用者との間で契約を締結するために、規約や約款などの一律の契約条件を用意し、これに従ってもらうという運用をしているサービスも多いと思われます。 このような規約や約款は、新民法では、「定型約款」として、その内容や手続きについてルールが定められています。 定型約款については、施行日前に生じた取引であっても、施行日以後は、新民法の規律が適用されます(附則第33条)。 この点、他の契約などとは大きく異なる点であるので、注意が必要です。 (ただし、例外的に、施行日より前に「反対の意思表示」をしていた場合は、施行日前に生じた取引に関し、新民法が適用されます) 具体例は、以下の通りです。 X社は、2019年4月1日に利用規約を制定してサービスをリリースし、リリース直後から多数のユーザーがこのサービスを利用するようになっています。 X社は、利用規約には、「新民法の施行日以降も現行民法を適用する」旨を記載していません。 この場合、2020年4月1日の施行日以降は、これらのユーザーについて、全て新民法が適用され、定型約款の規律に服することになります。 これは、施行日より前に利用規約に同意したユーザーなども同じく、新民法が適用されます。 7 最後に 以上のとおり、新民法が施行された後も、従来の民法が適用される場合があります。 また、従来の民法と新民法のいずれが適用されるのかが不明確な場面もあります。 この検討のために本稿が役立つと幸いです。 8 参照条文(新民法附則) (定型約款に関する経過措置) 第三十三条 新法第五百四十八条の二から第五百四十八条の四までの規定は、施行日前に締結された定型取引(新法第五百四十八条の二第一項に規定する定型取引をいう。 )に係る契約についても、適用する。 ただし、旧法の規定によって生じた効力を妨げない。 2 前項の規定は、同項に規定する契約の当事者の一方(契約又は法律の規定により解除権を現に行使することができる者を除く。 )により反対の意思の表示が書面でされた場合(その内容を記録した電磁的記録によってされた場合を含む。 )には適用しない。 3 前項に規定する反対の意思の表示は、施行日前にしなければならない。 (贈与等に関する経過措置) 第三十四条 施行日前に贈与、売買、消費貸借(旧法第五百八十九条に規定する消費貸借の予約を含む。 )及びこれらの契約に付随する買戻しその他の特約については、なお従前の例による。 2 前項の規定にかかわらず、新法第六百四条第二項の規定は、施行日前に賃貸借契約が締結された場合において施行日以後にその契約の更新に係る合意がされるときにも適用する。 3 第一項の規定にかかわらず、新法第六百五条の四の規定は、施行日前に不動産の賃貸借契約が締結された場合において施行日以後にその不動産の占有を第三者が妨害し、又はその不動産を第三者が占有しているときにも適用する。 Category:契約 , 契約書 TAGS:企業法務 , 契約 , 契約書 , 従来の民法 , 改正民法 , 新民法 , 旧民法 , 民法 , 民法改正.

次の