福沢 諭吉 代表作。 楽天Kobo電子書籍ストア: 福沢諭吉作品集

楽天Kobo電子書籍ストア: 福沢諭吉作品集

福沢 諭吉 代表作

福沢諭吉は1835年生まれの教育者。 幕末から明治にかけて活躍しました。 慶應義塾大学の創設者としても有名です。 彼が生まれた中津藩は身分制度が特に厳しく、たとえ能力のある人でも位の低い人は重要な役職に登用されることはありませんでした。 この時の経験が、封建制度に疑問を抱く彼の思想の原点になっているといえます。 5歳ころから漢学に触れ、その後も『論語』や『史記』など多くの書物をくり返し読み、暗記するものもあったそうです。 そのほか、儒学や蘭学も学びました。 1853年、ペリー率いる黒船が来航したことで、徳川幕府は混沌としていきます。 勝海舟など身分の高くない者からも広く意見を募るようになり、諭吉もそれまで学んでいた外国語や化学などの知識を用いて、幕府重臣の通訳をするようになりました。 1859年、前年に締結された「日米修好通商条約」の批准のために使節団が渡米することになると、諭吉も「咸臨丸(かんりんまる)」船長の従者として参加。 アメリカで見聞を広げます。 近代教育、病院、保険、銀行などの考え方を学び、日本に伝えました。 帰国後は通訳、翻訳家として欧米の書物を研究。 日本の近代化への提言を進めていきます。 このころから幕府内でも一目置かれるようになり、彼がまとめた砲術書や欧米の書物は、他の藩でも学ばれました。 明治維新後は新政府からの出仕を断り、教育活動に専念していきます。 自らが運営していた蘭学塾を「慶應義塾」と名付け、旧幕臣を受け入れるなど身分に捕らわれない教育をおこない、自由で平等な教育論を推し進めていきました。 1:近代教育の礎を作り上げた 諭吉は、その生涯を教育に捧げ、近代教育の礎を作り上げました。 慶応義塾大学以外にも、一橋大学や早稲田大学、専修大学などの創立に関わり、『学問のすすめ』など多くの本を残しました。 2:洋書の翻訳をした 彼が生きた幕末~明治初期、特に幕末は江戸時代の鎖国のせいで、外国語ができる人が多くありませんでした。 諭吉は20代前半の適塾時代から洋書の翻訳を行っています。 「speech」を「演説」、「society」を「社会」と訳したのは諭吉と言われています。 3:銀行の考え方を伝えた 江戸時代に欧米を回っていた福沢諭吉は帰国後、中央銀行という考え方を日本に伝えました。 複式簿記を日本に伝えたのも諭吉の功績です。 4:保険制度を紹介した 江戸時代までは、有事の際は親族間でなんとかするという考えが多数をしめていましたが、諭吉が『西洋旅案内』でヨーロッパの保険制度を紹介したことがきっかけで保険という考えが広まりました。 5:さまざまな提言をおこなった 新聞に「国会論」を掲載し、国会開設や憲法制定に向けた提言を行いました。 また、木戸孝允と協力して近代学校制度「学制」を制定したのも福沢諭吉です。 他にも新聞社や病院など、日本の近代化に大きな足跡を残した人物です。 ちなみに、初めて新聞に天気予報を載せたのも彼だと言われています。 『学問のすすめ』から読む福沢諭吉の名言、格言 「賢人と愚人との別は、学ぶと学ばざるとによって出来るものなり。 」 こちらは『学問のすすめ』の初編に載っている言葉です。 「賢い人と愚かな人との違いは、学ぶか学ばないかによってできるものなのだ。 」という意味。 明治維新直後の国民へ、主権者としての自覚を促す強い訴えを感じることができます。 「見込みあればこれを試みざるべからず。 未だ試みずして先ずその成否を疑う者はこれを勇者というべからず。 」 4編に収録されている言葉です。 「見込みがあるならば、それを試さないでいるべきではない。 試してみることもしないでできるかできないかを考える人は、勇者ではない。 」という意味。 とにかくやってみなければはじまらない!ということですね。 「進まざる者は必ず退き、退かざる者は必ず進む。 」 『学問のすすめ』の5編にある言葉です。 「進歩しない者は必ず退歩する。 退歩しない者は、必ず進歩する。 」という意味。 つまり、「我々は止まってることはなく、前進しているか後退しているかのどちらかしかない」ということです。 進歩をしていないということは停滞ではなく、後退しているのと一緒なので、前進し続けるべきだということですね。 「読書は学問の術なり、学問は事をなすの術なり。 」 こちらも5編の言葉。 当時の読書といえば、情報収集の大部分を担っていました。 しかし諭吉は、本を読んでインプットするだけでは学問とは言えず、何か行動を起こすことに役立ててこそ学問だと言っています。 ただこれは読書を否定しているわけではなく、インプットのベースとして同時に本を読むことの大切さも説いているのではないでしょうか。 「人にして人を毛嫌ひするなかれ。 」 『学問のすすめ』最終17編、最後の一文がこの言葉です。 冒頭に載っている「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずと言えり」は非常に有名ですが、人間のくせに人間を毛嫌いするのはよくないというこの言葉も、忘れずに胸に留めておきたいフレーズです。 現代語で読む、福沢諭吉の代表作 近代教育の礎を築いた諭吉の教育論をまとめた名著『学問のすすめ』を現代語でわかりやすく編集した作品です。 諭吉の教育者としての偉大さに触れ、現代にも生き続ける、学ぶことの重要性を再認識する本です。 彼の有名な言葉「天は人の上に人をつくらず、人の下に人をつくらず」の本当の意味は「人は生まれた時には、貴賎や貧富の区別はない。 ただ、しっかり学問をして物事をよく知っているものは、社会的地位が高く、豊かな人になり、学ばない人は貧乏で地位の低い人となる、ということだ。 」と、説くところから本作は始まります。 有名な言葉ですが、その真意までは理解していた人は少ないのではないでしょうか。 福沢諭吉が説く学問の意味が綴られていきます。 現在でも、慶応義塾大学に入学すると配られている本で、彼の軽い口調で語られる本作は読みやすく、そこに語られる諭吉は、勉強の仕方も行動も破天荒で読み物としてもおもしろい本です。 有名な「門閥制度は親の敵」の言葉も、この本から生まれました。 「中津では身分がすべてを決める封建制度で物をきちんと箱の中に詰めたように秩序が立っていて、何百年経ってもちょいとも動かない。 」(『新訂 福翁自伝』より引用) 福沢諭吉が封建制度の撤廃や、晩年の自由運動、男女平等などに尽力する思想は、この幼少の頃の体験に基づいていると思われます。 教育者の原点から近代化の歴史に思い巡らすのも楽しい作品です。 西洋文明から学ぶ日本国の行く末 「願わくば後世の学者が大いに学んで徹底的に西洋のさまざまな書籍を読み、徹底的に日本の事情を詳しくして一層所見を広くし議論を密に行って、真に『文明の全大論(大文明論)』を書いて、日本の面目を一新することを希望する」(『文明論之概略』より引用) このように作者が願い記した本作は、意向通り現在でも研究され続けています。 今の日本を福沢諭吉がみたらどう思うか。 想像しながら読むのもおもしろいかもしれません。 「国の独立は目的である。 今の我が国の文明はその目的に達する手段である」(『文明論之概略』より引用) そう結論付け、西洋列国に屈しない独立国としての日本を願った諭吉。 学ぶことの大切さと国を思う強い意志を感じることができます。 批判される危険思想の真実とは 著者は、これら非難を浴びている文章は、諭吉の死後に書き加えられたものであるとし、その根拠、推理過程を積み上げていきます。 著者の仮説を作中で証明していく手法は説得力があり、歴史の陰に隠れた真実を暴き出していきます。 福沢諭吉を取り上げた本はたくさんありますが、そのほとんどは彼の功績を称えるものです。 今作はタブー視されていた彼の影の部分をクローズアップして、なおかつ、その批判を覆す趣向で書かれています。 偉大な人物の別の顔を垣間見る貴重な体験が出来る本ですし、謎ときのように書かれている本作は、ミステリーを読み解く醍醐味も感じられる作品です。 スピンオフのような読み物としても面白いでしょう。 福沢諭吉が託した未来とは 「彼はこれほど国家に貢献しながら、国家に依存することを潔しとしなかった。 『立国は私なり、公に非ざるなり』『一身の独立なくして一国の独立なし』そう説いて、彼は『民』であること『私立』であることに、誇りを持ち続けた。 福沢の『独立自尊』の精神が今ほど必要とされる時代はない。 」(『福沢諭吉 国を支えて国を頼らず』より引用) 彼の生涯を知ることで、その教育者として偉大さを知ることはもちろんのこと、自分自身の生き方を見直すきっかけになるかもしれません。 日本の紙幣に印刷された人物で、初めての文化人が福沢諭吉です。 学問の世界では神仏化されるほど日本人の心に刻まれた教育家でもあります。 彼の生涯を読み、その思想と言葉を触れることで、現代人に必要な学ぶ心に気付かされるかもしれません。

次の

福沢諭吉「学問のすすめ」の内容と心に残る名言の意味を簡単に紹介します

福沢 諭吉 代表作

また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 福沢諭吉の代表作『学問のすすめ』。 「天は人の上に人を造らず~」という一節はあまりに有名ですが、 この書籍を通じて福沢諭吉が伝えたかったいちばんのメッセージとはいったい何か? それは「学ぶことの重要性」です。 学ぶことで外の世界を知り、欧米列強の圧力下に負けない人になってほしい。 自分の足で立てる「独立心」を養ってほしい。 それこそが福沢諭吉の思いだったのです。 同作には現代社会に生きる私たちにとって、 学ぶ姿勢から社交の大切さまで、 社会人として生きるために必要なことがたくさん書かれています。 ・仕事がつまらない…… ・やりがいが見出せない… ・今の職場に不満がある… そんな方はぜひ本作を読んで、 「今」を乗り切るヒントを見つけてください。 学ぶことでしか『今』は変えられない! やりたいことがあるのであれば、 それを忘れずに成長していけばいい。 いつかチャンスは必ず来るのだから。 過去と現在の時間の進み方が違う設定なので、福沢諭吉の若い頃〜晩年の頃までの様子が楽しめます。 」 この一節が有名ですよね。 私もこの一節しか知らず、この一節だけでは、 「人類皆平等。 (当時まだ根強かった)身分制度などで差別するな。 人に優しく生きるべし。 」 など、主に道徳を説いたものだと思ってしまいます。 でも学問のススメのメインテーマは、学問を通して自立した国・人間になること。 国民一人一人が学び、自立し、結果、日本も自立する。 人生は生まれや家柄によって決まるわけではなく、「学んだか、学んでないか」、「努力したか、努力しなかったか」で決まるという考え方は、現代に生きるビジネスパーソンにも共通するシンプルな法則。 実行すればすぐに効果が得られるビジネスのテクニックを学ぶのも大事ですが、もっと根底にある普遍の法則を学べる学問のススメは社会人はもちろん、フリーランスの方や会社経営者にもぴったりな最強のビジネス本です。 色々と紹介されている思想の中で私が心に残ったものを1つご紹介します。 ・愚民の上にからき政府あれば、良民の上には良き政府あるの理なり。 故に今、我日本国においてもこの人民ありてこの政治あるなり。 今この日本においても、このレベルの国民だから、このレベルの政府があるのだ。 高校・大学の無償化や、さらに貧困家庭には教科書を無償にする、遠方の学校に行く場合は家賃を援助するなど、日本政府が子供の教育にもっと投資するとそのリターンは計り知れないものになると思うのでどんどん進めていってもらいたいものです。 結局子供たちが未来の日本を動かしていくのですから・・・ 本書は、福沢諭吉の思想が分かりやすく理解できるのはもちろん、福沢諭吉の人柄や歴史も見れてとてもおもしろかったです。 ビジネスパーソンは一読を! 福沢諭吉といえば、学問のすすめとか、一万円札に印刷された著名人であることくらいは知っていても、実際何をしたのかということを答えられる人はそんなにはいらっしゃらないのではないでしょうか。 私たちは、初めて会った人に対して、どういう人物であるかを判断する材料として、学歴とか職業とか、外見だけで判断してしまいがちです。 けれども、本当に必要なことは、そのようなことで人を見るのではなく、誰もが平等であり、学問を学ぶことによって得られた知識を、 生活に生かすことが大切だということを言っているのです。 相手とよりよい関係を築くためには、自分から心を開いて、警戒心を取ってもらうことが大切です。 きちんとした身なりでいるとか、当たり前の事もたくさん書かれていますが、なかなか分かってはいても、実行できないことがたくさんあります。 相手をうらやんだり、ねたんだりするのではなく、自分に何が足りないのかを、冷静に振り返って反省して改善していくことで、 失敗を成功に変えていくことができるのです。 選挙制度や病院の制度、政治や郵便局など、私たちが今、快適な生活を送られるのは、福沢諭吉さんがその礎を築いていってくれたおかげであることが、このマンガでよくわかります。 どんな人かは知りたいけれど、文章を読むのは苦手とおっしゃる方には、このようなマンガで身につくシリーズはお勧めです。 福沢諭吉については、「学問のすすめ」を書いた人であるとか、慶応義塾大学をおこした人であるとか、通り一遍の知識しかありませんでした。 本書は、福沢諭吉の生涯に寄り添いつつ、「学問のすすめ」について、漫画でわかりやすく解説。 そのため、福沢諭吉の人となりや人生についても知ることができます。 幼くして父を亡くしたため、内職で家計を助けたり、内職のため按摩の修行をしたりとかなりの苦労人。 こういったことは全く知らなかったので、読んでいて驚きの連続でした。 そして、代表作である「学問のすすめ」についても、「天は人の上に人を作らず」レベルな知識のなかった私にとっては、今更ながら感心することしきり。 「学ぶことの重要性を説いている」本という程度の知識しかなかったのですが、「自由とわがままの違い」「人をうらやむことのマイナス」「他人を自分の考えで制さない」といった生き方について広く説いてあり、現代においても全く古びていません。 この時代にここまで普遍的な考えを打ち出していたのかと思うと、「一万円札」になるのも納得。 小、中学生が読んでも十分わかりやすい本だと思うので、親子で一緒に手に取るのもおすすめです。 現時点ではこのメニューの読み込みに問題があります。 window. declare 'config. ssl-images-amazon. ssl-images-amazon. ssl-images-amazon. ssl-images-amazon. ssl-images-amazon. ssl-images-amazon. ssl-images-amazon. ssl-images-amazon. gif"] ; window. declare 'config. getNow 'config. prefetchUrls' ; window. AmazonUIPageJS? AmazonUIPageJS : P. when 'A'. AmazonUIPageJS? AmazonUIPageJS : P. when 'A'. ssl-images-amazon. js,11vrNkbdcvL. js,21qaguVEGfL. js,41pGxpj0ctL. js,51MzEF-M1PL. js,313jWehHlpL. ssl-images-amazon. css,21TJB5pc5TL. css,31FX6DlOvlL. css,21lRUdwotiL. css,41TCfXduFuL. css,11G4HxMtMSL. css,01XHMOHpK1L. css? language-ja. declare 'config. flyoutURL', null ; window. declare 'btf. lite' ; window. declare 'btf. full' ; window. declare 'btf. exists' ; window. AmazonUIPageJS? AmazonUIPageJS : P. register 'navC.

次の

【おすすめ本】学問のすすめがわかるおすすめ本まとめ5選!〜現代に通じる生きる力を身につける〜

福沢 諭吉 代表作

きわめて多作だった福沢諭吉ですがどの著作を重要視するかで福沢はその相貌を変えてくるようです。 『西洋事情』『』『文明論之概略』「通俗民権論」「国会論」「通俗国権論」「脱亜論」「」「」『』さらには「福沢全集緒言」など、これらは福沢の著作のごく一部ですが、著作名を挙げるだけでも福沢の思考の多面性がうかがえるようです。 「福沢については、昔からいろいろなレッテルが貼られています。 相矛盾するレッテルが、さんざ貼られてきたわけです。 また、実際、福沢のものをお読みになったらわかりますけれども、表面的に取れば相矛盾したようなことを言っておりますので、それを統一的に把握するということは非常に困難です」(丸山眞男「福沢諭吉の人と思想」) 福沢にはどのような「レッテル」が貼られていたのでしょうか。 思いつくままあげてみると、啓蒙思想家、自由主義者、民権論者、国権論者、絶対主義思想家、帝国主義者、プラグマチスト、近代主義者、そして教育者などでしょうか。 こうして並べると明治日本の変貌にあわせるように、福沢はその時々で時流・世情に応じて姿を変えてきているように思うかもしれません。 しかし決してそうではありません。 時の権力や世相に寄り添い、あるいはおもねるような思想家・教育者・ジャーナリストではありませんでした。 この本で記されているように伊藤博文等の明治政府に対抗した姿勢からもハッキリと見てとれます。 その姿勢はいまのジャーナリズム、ジャーナリストや評論家などに見習ってほしいところです。 それが本書を書き始めた動機である。 この本は実に的確に福沢の生涯を追い、彼が追い求めたものをとらえかえしています。 この本を横に置いて福沢の著作を読めば、膨大な著作に埋もれて、福沢の精神(生き方)を見失ったりすることはありません。 いうまでもなく、福沢はなによりも教育者でした。 人を教えることに誇りを持ち、教鞭を執る人々に敬意を持たなければならない。 この場合の「教師」は学校の教師に限らない。 「生徒」もまた子供とは限らない。 社会の至るところで「教育」は必要とされている。 (略)福沢諭吉は我々に、教育の本質が「愛」であることを教えてくれている。 ここを見失うと福沢を誤解することになります。 有名な上野戦争(彰義隊と新政府軍の戦争)の音を遠くに聞きながら、生徒へ講義を続けていたというエピソードはそれを象徴しています。 福沢が主張した「一身の独立なくして一国の独立なし」(『学問のすゝめ』)にふれて北さんはこう記しています。 (略)彼は、「民」であること、「私立」であることに、誇りを持ち続けた。 なにより「この人民ありてこの政府あり」(『学問のすゝめ』)と断じた福沢にとって、民衆の涵養こそが第一義でした。 福沢にとって民衆の生が国家(政府)の存在より大きいものであることは自明でした。 幕府の崩壊、新政府の成立、新政府成立に寄与した士族層の解体、新たな支配層、富裕層の出現を目の当たりにしてきたのですから。 「門閥制度は親の敵」とまでいった福沢が見た新政府はどのようなものだったのでしょう。 それは門閥を倒したかわりに薩長の藩閥を生み出したのに過ぎません。 支配層が交代しただけです。 門閥を嫌悪・批判した福沢がそのような藩閥体制を認めるはずはありません。 根底にある体制・権力(者)への批判が「丁丑公論」「痩我慢の説」を書かせたのです。 ここで重要なのは「教育の本質が愛」という北さんの指摘です。 これはもともとは東宮(今上天皇)の教育係を務めた小泉信三がその姉との会話で福沢について触れた時に語られたものだそうです。 福沢の教育愛とはどのようなものなのか。 「半学半教」がこの教育愛を実践する姿をあらわしています。 「半学半教」とは教える側、学ぶ側は一方的なものではなく、お互いに教えあい学びあうということです。 啓蒙が時に権威・権力的になることはしばしば見られます。 福沢は自身の体験から教育の中に潜む権力性を見抜いていました。 そこから生まれた「半学半教」だったのです。 教育問題はいまでも多くの課題を残しています。 所得格差が教育格差を生み、さらに学歴格差、所得格差へと続く悪循環。 教育自体が権力的なものを生み出しています。 福沢の時代には社会的不平等を解決するものとして教育がありました。 けれども今では教育は社会的不平等を固定化あるいは拡大化するものとなっています。 福沢がこの実情を見たらなにを思うでしょうか。 「一身独立」はどこへいったのでしょうか。 親学に代表されるような道徳・倫理教育へも福沢は容赦ない批判をするように思います。 儒学者が幕藩体制(門閥)を支え、明治啓蒙家が藩閥(選民)政府を支えたように、教育という名の体制擁護がそこにはうかがえるからです。 明治政府に阻害されながらも独立自尊を貫き、曲学阿世とは最も遠い人物がこの本に描かれています。 明治政府のいかがわしさを最初に指摘した福沢が、現在の日本が行おうとしている明治賛美、あるいは明治150年記念事業を知ったらどう思うでしょうか。 「馬鹿野郎!」と一喝する声が聞こえてきます。 そして福沢が記した「この人民ありてこの政府あり」という言葉の重みをあらためて噛みしめる必要がありそうです。 福沢の総体を追求したこの本は、優れた評伝がしばしば優れた入門書・ガイドブックとなるという、その素晴らしい実例だと思います。 必読です。 ところで福沢に現在を予見していたような1文があります。 「西洋文明国の事情を一見すれば人生の自由を貴び、其同等同権を重んじ、文物燦然として誠に文明の名に違はざるが如くなれども、其自由発達の極は貧富の不平均を生じて之を制するの手段なく、貧者はますます貧に陥り、富者はいよいよ富を積み、名こそ都(すべ)て自由の民なれ、其実は政治専制時代の治者と被治者との関係に異ならず」 自由発達の行方が貧富の格差を生み、自由とは名ばかりで専制(独裁)政治を生む……今の私たちの世界そのもののように思えます。 こういう認識こそが今に通じる福沢の凄みというものだと思います。

次の