チョ グク スキャンダル。 チョグク問題を簡単に。なぜ韓国人は激怒しているのか【娘の不正入学】

文政権はファシズム国家?チョグク法相任命?スキャンダルで日本批判!

チョ グク スキャンダル

文政権はファシズム国家? ファシズムと言うと第2次世界大戦時のドイツのヒトラーやイタリアのムッソリーニを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか? 高校の世界史でファシズムが第2次世界大戦を引き起こす原因となったと学習したと思います。 過去には、同国初の女性外相である康京和(カン・ギョンファ)氏の就任をめぐっても、娘の偽装転入や不明朗な不動産取引、税金の申告漏れ、娘の米国国籍取得疑惑などが浮上した。 「醜聞の女王」と呼ばれたが、文氏は聴聞会を開いたうえで、外相に任命した。 前出の室谷氏は「普通なら、国民が独裁政治を批判するものだが、文政権は警察や軍を押さえているといわれる。 法治国家ではなく、ファシズム国家だと思った方がいい。 チョ氏の法相就任に反対するデモがあっても政権批判にはならない理由はそこにある。 また新たな『日本批判』で争点をつくって批判を受け流すだろう」と推測する。 一昨日の記事ですが、ファシズム国家と言うワードが出てきました。 確かに文政権は危険だと思える部分はあります。 現在の韓国の外相もチョグク氏と同様にスキャンダル疑惑があったようですが、結果的には聴聞会を開いたうえで就任させています。 今回も同じような方法を取ると見られているようです。 文政権が警察や軍を抑えているのが本当であれば、独裁国家と言っても過言ではありません。 チョグク氏の法相就任反対デモがあっても政権批判にならないのは裏がありそうです。 文政権がメディアを抑えているのではと思われても無理はない状態です。 日本よりの発言をした人に対して親日のレッテルを貼り、弾圧している状態です。 文政権にからすれば、日本に好感を持つ考えは許せないのかもしれません。 政権に批判的なメディアを攻撃するなどファシズム的な考えをしていると思われても無理はないです。 文政権はチョグク氏のスキャンダルを日本批判で回避 文在寅大統領の側近中の側近とも言えるチョグク氏のスキャンダルによって文大統領は苦しい選択をしないといけない状況になりました。 チョグク氏を切り捨てるか、徹底的に守り法相に任命するかです。 これだけのスキャンダルが出てしまった以上、韓国国民の怒りを買うのは当然で責任を取らせて結果的に切り捨てる方が政権運営的には安全な選択です。 文大統領の後継者として、法相候補としてチョグク氏を推している文大統領でしたが、次々と出てくるスキャンダルで韓国世論から猛批判を受けている状況で計画が狂ったと言えるでしょう。 法相として司法改革を進める側の立場の人間がスキャンダルまみれでは支持を失うのは当然です。 チョグク氏のスキャンダルがメディアで大きく取り上げられるようになったころに韓国がGSOMIA破棄を決定したことでスキャンダルの批判を回避しようとしたのではとの意見もあります。 文政権はチョグク氏を法相任命か? 韓国国内から猛批判を浴びているチョグク氏を文在寅大統領が守り、法相に任命でもすれば文政権に対する批判もより強くなるのは避けられないでしょう。 そうなると国内の不満が文政権に一気に向いてくるのでその矛先を変えるために反日感情を煽り日本批判を激しくしてくることが予想できます。 内政も外交も手詰まり感がある文政権がスキャンダルで国民から猛批判を浴びているチョグク氏を法相に任命するのは 飛んで火にいる夏の虫としか思えないです。 文大統領もチョグク氏を法相に任命するリスクは分かっているでしょうから、日本批判を展開して国内の反日感情を煽る可能性は高いでしょう。 朴槿恵政権時の崔順実ゲート事件のようなことにはしたくないので文政権は反日を激しくして政権批判を抑え込もうとすると考えられます。 最後に 昨年の徴用工裁判やレーダー照射事件などで日韓関係が悪化し、今年の7月に半導体材料の輸出厳格化、先週には韓国のグループA(ホワイト国)除外など日本政府は厳格な対応をしています。 日韓関係の悪化により、日本は韓国をグループA(ホワイト国)から除外し輸出管理強化を行っていることで日本からの輸入に時間がかかる品目も今後増えるでしょう。 日韓関係の改善の糸口は全く見えていない状態です。 内政面でも韓国の文在寅大統領は側近のチョグク氏のスキャンダル問題で支持率が低下していますが、法相にそのまま任命する可能性が高いでしょう。 その際の批判を抑える為に日本批判をより強めることが予想されます。 内政も外交も四面楚歌状態の韓国の文政権ですが、今後はどうなっていくのでしょうか?.

次の

チョグクはイケメンでもカツラ疑惑?経歴や年齢は?スキャンダルで瀕死!

チョ グク スキャンダル

支持率低下の理由は側近のスキャンダル 支持率低下の背景にあるのは、文大統領の側近で、次期法務部長官として指名されている曺国(チョ・グク)氏のスキャンダルとの見方が濃厚だ。 曺国氏の娘の大学進学をめぐる疑惑が次々に浮上している。 大学受験戦争が激しい韓国では、政権に近い人間の不正入学疑惑は政権の命取りになりかねない。 現地メディアの世論調査では、曺国氏を法務部長官に任命することに反対する声が6割以上に上り、批判の矛先は文大統領にも向いている。 「リアルメーター」の1日ごとの文大統領の支持率をみると、19日には50. 0%だった支持率が22日の44. 2%まで4日連続で下落。 逆に、不支持率は45. 9%(19日)から、52. 8%(22日)まで上がり続けた。 23日にGSOMIA破棄が伝えられると、23日には支持率が45. 4%(不支持率52. 0%)に小幅回復したが、韓国国内ではGSOMIA破棄の判断自体を疑問視する声も。 野党からは、「GSOMIA破棄は曺国氏の疑惑隠し」との。 24日には、ソウル市内で文在寅大統領の退陣を求める数万人規模の集会が。 この日の早朝には北朝鮮が弾道ミサイルを発射したこともあり、ここでもGSOMIA破棄を非難する声が大きく上がった。 どんな人物? 曺国氏は、文在寅政権が発足した2017年に青瓦台の民情首席秘書官に抜擢された人物で、文大統領からの信頼が厚い。 facebookでは日本に対する過激発言も注目を集めていた。 日本が韓国への輸出管理を強化した7月には、facebookで 「『戦争』は『戦争』である。 このような状況で重要なのは『進歩』か『保守』か、『左』か『右』かではなく、『愛国』か『利敵』かである」と投稿。 徴用工裁判の最高裁判決についても、韓国国内で疑問を持つ人に対して 「最高裁判決を否定したり非難、罵倒したりするのは、まさに日本政府の立場だ。 私は、そのような主張をする韓国人を『親日派』と呼ぶべきだと思う」と批判し、 「日本の韓国支配の『不法性』を認めるかどうかが、すべての問題の根源だ」と主張していた。 強硬路線を軌道修正? 8月27日、韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相はGSOMIA破棄について再検討する可能性に。 「GSOMIAが終了する11月23日まで約3カ月の時間が残っている」として、 「その期間に打開策を見いだし、日本の不当な措置を原状回復し、我々はGSOMIA終了を再検討できると考える」と述べたという。 また、 「私は日本政府が事態をこれ以上悪化させないと信じる。 事態を悪化させなければ韓日両国政府が現状況を打開できると判断する」と日本に秋波を送った。

次の

文政権はファシズム国家?チョグク法相任命?スキャンダルで日本批判!

チョ グク スキャンダル

支持率低下の理由は側近のスキャンダル 支持率低下の背景にあるのは、文大統領の側近で、次期法務部長官として指名されている曺国(チョ・グク)氏のスキャンダルとの見方が濃厚だ。 曺国氏の娘の大学進学をめぐる疑惑が次々に浮上している。 大学受験戦争が激しい韓国では、政権に近い人間の不正入学疑惑は政権の命取りになりかねない。 現地メディアの世論調査では、曺国氏を法務部長官に任命することに反対する声が6割以上に上り、批判の矛先は文大統領にも向いている。 「リアルメーター」の1日ごとの文大統領の支持率をみると、19日には50. 0%だった支持率が22日の44. 2%まで4日連続で下落。 逆に、不支持率は45. 9%(19日)から、52. 8%(22日)まで上がり続けた。 23日にGSOMIA破棄が伝えられると、23日には支持率が45. 4%(不支持率52. 0%)に小幅回復したが、韓国国内ではGSOMIA破棄の判断自体を疑問視する声も。 野党からは、「GSOMIA破棄は曺国氏の疑惑隠し」との。 24日には、ソウル市内で文在寅大統領の退陣を求める数万人規模の集会が。 この日の早朝には北朝鮮が弾道ミサイルを発射したこともあり、ここでもGSOMIA破棄を非難する声が大きく上がった。 どんな人物? 曺国氏は、文在寅政権が発足した2017年に青瓦台の民情首席秘書官に抜擢された人物で、文大統領からの信頼が厚い。 facebookでは日本に対する過激発言も注目を集めていた。 日本が韓国への輸出管理を強化した7月には、facebookで 「『戦争』は『戦争』である。 このような状況で重要なのは『進歩』か『保守』か、『左』か『右』かではなく、『愛国』か『利敵』かである」と投稿。 徴用工裁判の最高裁判決についても、韓国国内で疑問を持つ人に対して 「最高裁判決を否定したり非難、罵倒したりするのは、まさに日本政府の立場だ。 私は、そのような主張をする韓国人を『親日派』と呼ぶべきだと思う」と批判し、 「日本の韓国支配の『不法性』を認めるかどうかが、すべての問題の根源だ」と主張していた。 強硬路線を軌道修正? 8月27日、韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相はGSOMIA破棄について再検討する可能性に。 「GSOMIAが終了する11月23日まで約3カ月の時間が残っている」として、 「その期間に打開策を見いだし、日本の不当な措置を原状回復し、我々はGSOMIA終了を再検討できると考える」と述べたという。 また、 「私は日本政府が事態をこれ以上悪化させないと信じる。 事態を悪化させなければ韓日両国政府が現状況を打開できると判断する」と日本に秋波を送った。

次の