カブトムシ 井口。 aikoと井口理のコラボCDやテレビ出演はある?熱愛発展の予感!|feel peaceful

【ピアノ動画】【ピアノ】カブトムシ aiko× King Gnu 井口 ver. コード弾き 演奏編

カブトムシ 井口

2月28日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)にEXILE THE SECOND、東京スカパラダイスオーケストラ、NEWS、日向坂46、aiko、chelmico、宮本浩次が出演した。 デビュー30周年の東京スカパラダイスオーケストラは、さかなクン、奥田民生の2人とともに、「Paradise Has No Border feat. さかなクン」「美しく燃える森 feat. 奥田民生」の2曲を披露。 谷中敦は「スカパラにとって重要な2曲をお2人方とコラボレーションできて光栄です。 音楽を通じて幸せを届けたいですね」と意気込んだ。 日向坂46は新曲「ソンナコトナイヨ」をパフォーマンス。 公式Twitterで展開されている「ソンナコトナイヨ」がキーワードの励まし動画が紹介されると、小坂菜緒の可愛さにタモリもおもわず肩を揺らして照れてしまう。 ここで特別に番組オリジナル励まし動画を撮影することに。 カメラを持つさかなクンに、小坂は「さかなクンお魚が詳しいんですよね? でも、お魚以外に得意なことがないって? ソンナコトナイヨ」と励ますものの、さかなクンは合間で「ギョギョ!」とリアクションし続け、タモリから「あのね、もう少し静かに聞きなさい。 せっかく励ましてるんだからね」と注意されてしまった。 スカパラのGAMOは佐々木久美に励ましてもらう。 緊張気味のGAMOに佐々木は「GAMOさん、時間かけて髪形セットしたのに、決まってないって思ってますか? ソンナコトナイヨ。 今日もばっちりとってもダンディーです!」と励ましの言葉を贈り、終始にやけっぱなしのGAMOは「ありがとうございます」と返していた。

次の

【イイ感じに分析】King Gnu 井口理さんのカブトムシハモりは何故心に響くのか

カブトムシ 井口

同チャートを1週間分集計した数値の今週分(3月26日公開:3月19日~3月25日集計分)のTOP10は以下の通り。 1位:Uru「あなたがいることで」 2位:YOASOBI「夜に駆ける」 3位:Rin音「snow jam」 4位:ALKALOID/天城 一彩(CV. 梶原 岳人)、白鳥 藍良(CV. 天崎 滉平)、礼瀬 マヨイ(CV. 重松 千晴)、風早 巽(CV. 中澤 まさとも)「Kiss of Life」 5位:Official髭男dism「I LOVE... 」 6位:Crazy:B/天城 燐音(CV. 阿座上 洋平)、HiMERU(CV. 笠間 淳)、桜河 こはく(CV. 海渡 翼)、椎名 ニキ(CV. そのほかも前週から引き続いてのTOP10入りが目立つが、今回は7位にランクインしたaiko「カブトムシ」について書いていきたい。 「カブトムシ」は、1999年にaikoが4thシングルとしてリリースし、彼女の名を世に知らしめた楽曲。 ではなぜ、このタイミングで「カブトムシ」が突如バイラルチャートを駆け上ったのか。 その熱狂の大元は、2月20日に放送されたラジオ番組『King Gnu井口理のオールナイトニッポン0 ZERO 』(ニッポン放送)に遡る。 King Gnuのフロントマンである井口理が、大ファンであるaikoへの愛を伝えるべく、手作りのシュークリームまで用意して彼女を迎えたこの日の放送。 SNSを中心に大盛り上がりとなったほか、radikoの再生数もうなぎ上りだったという。 だが、この日の反響がすぐにSpotifyのバイラルチャートに現れることはなかった。 なぜなら、aikoの楽曲はこの時点でストリーミングサービスに配信されていなかったからだ。 その約1週間後となる2月26日に、aikoは全楽曲をストリーミングサービスで配信開始した。 この辺りはタイミングの妙と言えるが、上記の『ANN0』のタイミングで解禁されていれば、もっと早くにチャートを駆け上ったに違いない。 そうして機を逸したかと思われた同楽曲だが、さらなる盛り上がりのタイミングが訪れる。 それは、3月5日に放送されたラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)だ。 しかしそこに井口が乱入し、またしても「カブトムシ」を歌唱。 この模様もSNSを中心に反響を呼んだ。 そして、今回のチャート入りの直接的な要因となったのは、3月23日に放送された『菅田将暉のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)でのこと。 3月12日には『King Gnu井口理のオールナイトニッポン0 ZERO 』でポルノグラフィティの岡野昭仁と「アゲハ蝶」を熱唱した井口が、この日はかねてから親交のある菅田の番組で、BUMP OF CHICKENの「天体観測」を熱唱。 この歌唱が話題になるのと合わせ、aikoとの「カブトムシ」歌唱が再び話題となり、このタイミングではストリーミングサービスに配信されていた「カブトムシ」の再生数が急増し、見事ランクイン、というわけだ。 ラジオやテレビ番組で、特殊なコラボや歌唱形態が話題になることは少なくないが、その際にダウンロード販売が伸びるのではなく、それと合わせてストリーミングサービスが盛り上がり、バイラルチャートに食い込んでくるというのは、今の時代ならではの現象といえるだろう。 違法アップロードされた音源や映像ではなく、このようにオフィシャルな配信サービスの音源で、電波での盛り上がりをしっかりアーティストに還元できる流れを利用し、新譜旧譜問わず、より作り手や曲の素晴らしさが伝わりやすい環境になれば幸いだ。

次の

aiko カブトムシ 歌詞

カブトムシ 井口

2月28日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)にEXILE THE SECOND、東京スカパラダイスオーケストラ、NEWS、日向坂46、aiko、chelmico、宮本浩次が出演した。 デビュー30周年の東京スカパラダイスオーケストラは、さかなクン、奥田民生の2人とともに、「Paradise Has No Border feat. さかなクン」「美しく燃える森 feat. 奥田民生」の2曲を披露。 谷中敦は「スカパラにとって重要な2曲をお2人方とコラボレーションできて光栄です。 音楽を通じて幸せを届けたいですね」と意気込んだ。 日向坂46は新曲「ソンナコトナイヨ」をパフォーマンス。 公式Twitterで展開されている「ソンナコトナイヨ」がキーワードの励まし動画が紹介されると、小坂菜緒の可愛さにタモリもおもわず肩を揺らして照れてしまう。 ここで特別に番組オリジナル励まし動画を撮影することに。 カメラを持つさかなクンに、小坂は「さかなクンお魚が詳しいんですよね? でも、お魚以外に得意なことがないって? ソンナコトナイヨ」と励ますものの、さかなクンは合間で「ギョギョ!」とリアクションし続け、タモリから「あのね、もう少し静かに聞きなさい。 せっかく励ましてるんだからね」と注意されてしまった。 スカパラのGAMOは佐々木久美に励ましてもらう。 緊張気味のGAMOに佐々木は「GAMOさん、時間かけて髪形セットしたのに、決まってないって思ってますか? ソンナコトナイヨ。 今日もばっちりとってもダンディーです!」と励ましの言葉を贈り、終始にやけっぱなしのGAMOは「ありがとうございます」と返していた。

次の