夕焼け チャイム。 夕方の「夕焼け小焼け」のチャイムを聞くのがイヤ

夕焼けチャイム

夕焼け チャイム

横浜市には「夕焼け小焼け」が流れない 夕方になると、どこからともなく聞こえてくるメロディ。 「夕焼け小焼け」が町に流れると、それは夕暮れの合図である。 …というのは、どうやら横浜では馴染みのないことのようだ。 大阪や長野など、これまで5回の引越し経験を持つ私。 思い返せば、夕方にチャイムやメロディが流れた町、全く聞くことのなかった町など、様々である。 「夕焼け小焼け」が鳴らない町、横浜 では、「夕焼け小焼け」の鳴る地域、鳴らない地域の差はいったい何なのだろうか。 早速調べてみることに。 「夕焼け小焼け」の正体とは? まずは投稿を頼りに、インターネットで情報を探っていると、こんなページにたどり着いた。 横須賀市ホームページより 横須賀市ホームページに、「夕焼け小焼け」に関する情報が記載されていた。 試験放送(ミュージックチャイム)というもので、横須賀市では4月1日から9月30日までの間、午後5時に「夕焼け小焼け」が流れるそうだ。 試験放送…? いったい、何の試験放送なのだ? よくよく詳細を確認すれば、その放送は屋外スピーカーを利用した行政防災無線というものを使って流れているという事が分かった。 行政防災無線とは、地震等の災害情報や気象警報などを市民へ伝達する放送。 夕方耳にする「夕焼け小焼け」などは、その行政防災無線が正常に働いているかどうかの試験放送だったのだ。 自治体によって多少異なるが、総務部や危機管理室、消防署などが指令卓となり、定時に試験放送として決まったメロディやチャイムを発信している。 災害は、いつ起こるかわからないため、毎日防災無線の点検を兼ねているというわけだ。 横浜市の近隣市における行政防災無線の定時点検 横浜市の近隣市である、川崎市、横須賀市、大和市、藤沢市、鎌倉市などにおいて行政防災無線と、その定時試験放送が確認できた。 鎌倉市の行政防災無線スピーカー これだけ周辺の市で行なわれていることが、横浜市には存在しない。 いったいどういうことなのだろうか。 そこで横浜市消防局危機管理室危機管理課に話を伺ってみることに。 なぜ横浜市には行政防災無線が無い?! 消防局危機管理室危機管理 課 、高橋氏いわく「横浜市には現在、行政防災無線はありません」とのこと。 確認すると、過去にあったわけでもないという。 消防局危機管理室は市庁舎にある 実際、行政防災無線には、地域や場所によって聞き取りづらいという大きな問題点がある。 メロディやチャイムであれば問題なくとも、音声による放送となると場所によって聞き取りづらくなるのは避けられない部分でもある。 特に横浜市は、住宅や商業地の密集度が高い場所や、山に囲まれた場所、高低差が激しい場所などがある。 非常時に放送が聞こえないようでは困るという懸念から、戸塚区の一部で試行的に実施しているほかは、横浜市では行政防災無線を設置してこなかったという。 ちなみに、横浜市では非常時の情報を発信する「防災情報eメール)」というサービスを実施している。 津波対策へ しかし、昨年の東日本大震災で状況は一変。 津波によって多くの犠牲者を生んだ一方で、防災無線によって避難できたという事例が多く挙がってきた。 海を抱える横浜市でも、いよいよ行政防災無線が本格的に設置されることとなった。 元禄型関東地震をシミュレーションして作成された「津波からの避難に関するガイドライン」。 津波避難施設などを指定し、防災管理が整備され始めている。 詳細については、以前紹介した「」を参照してもらいたい。 それらの一環として、「 津波警報伝達システム 」と呼ばれる無線スピーカーの設置が始まっている。 臨港パークの無線スピーカー(現状、システムは作動しない) 平成24年度の予算により、横浜市内にて「山下公園」や「赤レンガ倉庫」をはじめ、沿岸部中心に100箇所もの設置が計画されている無線スピーカー。 整備されれば、スピーカーの伝達範囲は半径約300m、リアルタイムな津波に関する非常警報が発令されることとなる。 さいごに 川崎や横須賀で夕方に流れているメロディが非常用の無線であったことや、横浜にはいままで一部の地域を除いて防災無線がなかった事実に驚いた。 しかし、これが単なる雑学で終ってはならない。 横浜市内の防災無線について、試験放送の詳細や定時に鳴るメロディ等の運用については未定であるため、スピーカーから「夕焼け小焼け」が流れるかどうはまだわからないが、 災害時の避難場所を把握したり、防災無線のスピーカーがどこにあるのか確認するなど、常に自己防災意識を持つことで、自分たちの安全を管理しなければならないと思った取材だった。 夕方の放送のほかに、お昼のチャイム、早朝のチャイムの流れる所も。 学童の見守り放送や振り込め詐欺注意も多くの市町村で流れる。 あろうことかPTAの連絡や、自治体の行事の案内が流れることも。 村長等の私信に使われるという事態にもなっている。 酷い地方では夜の火の用心放送や夜中の消防団員招集もしている。 朝昼のチャイムが、農家から議員への依頼により流されていることも公然のこと。 千葉県の多くの市町村では、毎日3~5回の定時放送が流れている。 文化程度が低いといわざるをえない。 横浜市の住民が、騒音による迷惑、苦痛を味わわないよう、どうか屋外放送は、適正な運用、最小限の使用を心がけてもらいたい。

次の

夕方5時のチャイムはなぜ流れるのか?理由を調べてみた!

夕焼け チャイム

ブログをご覧のみなさん、コンニチハ! 「明日浮きまっか?」 GW直前は忙しく予定が組めないでいたんだけれど急にバタバタと片付いた。 そうなると、急に浮きたくなってノビーに連絡してボカン水入らずで浮くことになった。 2人とも釣りは久しぶり。 いま何時が夜明けなのかの感覚が全くないまま調べもせずに現地に向かう。 向かったのは牛苦沼。 アシの育ち具合のチェックも兼ねて、あわよくば豚バスを釣ってやろうと企む。 が、なんだかんだと話ながら到着するとマヅメちょい過ぎ。 微妙な残念感がありつつも、貸し切りなのでリハビリフィッシング開始。 ひさしぶりに会ったノビーはムチムチだったけど楽しそう。 二人してポイントを見定めてキャストを繰り返す。 あの株いいね。 ん、奥のなんだ?? メータークラスの怪魚発見!!今日、オレはハンターになるのか?! いや、無理だ。 臭い!臭すぎる!! 移動!!! 「9時頃にもバリバリ釣ったことあるよ」 と、こんな姿勢でモチベーションが下がらないような情報を出すが、頭の中はもうすでに昼の麺のことを考えている。 つくばのイチカワは激並びすぎるので時間つぶしも兼ねて土浦まで足を伸ばすことにした。 オレらがお気に入りの「伊吹」の店主が前に来ていた「」。 開店30分前に着いてすでにちょっと並んでいる。 そそくさ並ぶとオレらの後ろに続々と20連ジョイントぐらいになりはじめた。 期待できるのか?! 限定の特濃煮干しが良かったんだけど、今日は煮干しじゃなかったので、ふつうの鶏つけ麺に。 鶏ポタ系でチャーシュー、穂先メンマもイイ感じ。 うまいなぁ〜とズルズルすすっているも半分で飽きてしまう…デーム。 かなり美味しいんだけど、好みが違うというかリピートはないなぁ。 腹パンになったところで午後のポイント探し。 土浦近辺も昔ノビーとかなり来たのでその話で盛り上がる。 まだPOPEYEにヘッドハンターズの菊地くんがいたころだから、かなりオールドスクール!!w ノビーがシトシトピッチャン買って、オイラはクリーパーのジョイント買ったな。 結局、どこが釣れてるとかそういう感じじゃなくてフィーリングで決めてみる。 夕焼けチャイムのあそこにしよう。 いい時間までガッツリ昼寝してデブまっしぐら。 特に最近の釣果情報なんかないんだけど、前にノビーがこの時期にイイ魚を釣っていたので再調査ということでバシバシ打っていく。 ノ:「ここね、夕焼けチャイム鳴ってからがイイらしいよ。 しかも、2回目のやつ」 うへー、まだ時間あるな。 ということで、ザキの「ホグ(プロト)」で釣ってやろうと投げたおす。 これ、ゲキネチラーにはもってこいだね。 ウェイト調整したらしいからもっと良くなっているとのこと。 マ:「あんたコレ使ったことあったっけ?」 と、ノビーにも渡して使ってもらう。 そんな感じで魚っ気もないままダダ流す。 ちょっと飽きてきた頃に1回目のチャイム。 が、特に変化なし。 ダダ流すのをやめて気になるあのポイントへと大移動をかます。 2度目のチャイムが鳴る。 良しっ! 昨年イイ思いをしたポイント。 今日はノビーにゆずってみる。 いきなりど真ん中にキャスト! モワンと魚が逃げたのか何なのか生命反応あり! で、 「ボカンッ!」 「今日アミないよっ!」 バラシの王様ノビーだったが、問題なく釣り上げる。 初バッスのナイスヨンロク! やるね!2回目のチャイム!! もう満腹。 自分が釣ったかのようなこの満足感。 オイラに2匹目のどじょうは釣れなかったので引き返すことに。 2回目のチャイム効果はまだ続いているのか?! ローライトを攻め気味にキャストしていたらけっこう引っかけてしまい、回収していると、ノビーの船から垂れていたルアーに、 チャイム効果、続いていたw ということで、ストップフィッシング。 「釣れる日」とは思っていなかったけど、イイもの見られたしこんな感じの1日が楽しかった。 さて、〆は昼飯のリベンジということで、 ノ:「痩せたい」.

次の

夕焼けチャイムについて|東京都北区

夕焼け チャイム

ブログをご覧のみなさん、コンニチハ! 「明日浮きまっか?」 GW直前は忙しく予定が組めないでいたんだけれど急にバタバタと片付いた。 そうなると、急に浮きたくなってノビーに連絡してボカン水入らずで浮くことになった。 2人とも釣りは久しぶり。 いま何時が夜明けなのかの感覚が全くないまま調べもせずに現地に向かう。 向かったのは牛苦沼。 アシの育ち具合のチェックも兼ねて、あわよくば豚バスを釣ってやろうと企む。 が、なんだかんだと話ながら到着するとマヅメちょい過ぎ。 微妙な残念感がありつつも、貸し切りなのでリハビリフィッシング開始。 ひさしぶりに会ったノビーはムチムチだったけど楽しそう。 二人してポイントを見定めてキャストを繰り返す。 あの株いいね。 ん、奥のなんだ?? メータークラスの怪魚発見!!今日、オレはハンターになるのか?! いや、無理だ。 臭い!臭すぎる!! 移動!!! 「9時頃にもバリバリ釣ったことあるよ」 と、こんな姿勢でモチベーションが下がらないような情報を出すが、頭の中はもうすでに昼の麺のことを考えている。 つくばのイチカワは激並びすぎるので時間つぶしも兼ねて土浦まで足を伸ばすことにした。 オレらがお気に入りの「伊吹」の店主が前に来ていた「」。 開店30分前に着いてすでにちょっと並んでいる。 そそくさ並ぶとオレらの後ろに続々と20連ジョイントぐらいになりはじめた。 期待できるのか?! 限定の特濃煮干しが良かったんだけど、今日は煮干しじゃなかったので、ふつうの鶏つけ麺に。 鶏ポタ系でチャーシュー、穂先メンマもイイ感じ。 うまいなぁ〜とズルズルすすっているも半分で飽きてしまう…デーム。 かなり美味しいんだけど、好みが違うというかリピートはないなぁ。 腹パンになったところで午後のポイント探し。 土浦近辺も昔ノビーとかなり来たのでその話で盛り上がる。 まだPOPEYEにヘッドハンターズの菊地くんがいたころだから、かなりオールドスクール!!w ノビーがシトシトピッチャン買って、オイラはクリーパーのジョイント買ったな。 結局、どこが釣れてるとかそういう感じじゃなくてフィーリングで決めてみる。 夕焼けチャイムのあそこにしよう。 いい時間までガッツリ昼寝してデブまっしぐら。 特に最近の釣果情報なんかないんだけど、前にノビーがこの時期にイイ魚を釣っていたので再調査ということでバシバシ打っていく。 ノ:「ここね、夕焼けチャイム鳴ってからがイイらしいよ。 しかも、2回目のやつ」 うへー、まだ時間あるな。 ということで、ザキの「ホグ(プロト)」で釣ってやろうと投げたおす。 これ、ゲキネチラーにはもってこいだね。 ウェイト調整したらしいからもっと良くなっているとのこと。 マ:「あんたコレ使ったことあったっけ?」 と、ノビーにも渡して使ってもらう。 そんな感じで魚っ気もないままダダ流す。 ちょっと飽きてきた頃に1回目のチャイム。 が、特に変化なし。 ダダ流すのをやめて気になるあのポイントへと大移動をかます。 2度目のチャイムが鳴る。 良しっ! 昨年イイ思いをしたポイント。 今日はノビーにゆずってみる。 いきなりど真ん中にキャスト! モワンと魚が逃げたのか何なのか生命反応あり! で、 「ボカンッ!」 「今日アミないよっ!」 バラシの王様ノビーだったが、問題なく釣り上げる。 初バッスのナイスヨンロク! やるね!2回目のチャイム!! もう満腹。 自分が釣ったかのようなこの満足感。 オイラに2匹目のどじょうは釣れなかったので引き返すことに。 2回目のチャイム効果はまだ続いているのか?! ローライトを攻め気味にキャストしていたらけっこう引っかけてしまい、回収していると、ノビーの船から垂れていたルアーに、 チャイム効果、続いていたw ということで、ストップフィッシング。 「釣れる日」とは思っていなかったけど、イイもの見られたしこんな感じの1日が楽しかった。 さて、〆は昼飯のリベンジということで、 ノ:「痩せたい」.

次の