イオン シネマ 米沢。 イオンシネマ-映画館、映画情報、上映スケジュール、試写会情報、映画ランキングのシネマ情報サイト

イオンシネマ-映画館、映画情報、上映スケジュール、試写会情報、映画ランキングのシネマ情報サイト

イオン シネマ 米沢

全館営業再開のご案内 平素よりイオンシネマをご愛顧賜り誠にありがとうございます。 政府の緩和指針に基づく各自治体の休業要請の緩和を受けて、5月18日(月)より順次営業を再開してまいりましたが、6月1日(月)より全92劇場にて営業を再開させていただきます。 引き続き新型コロナウイルス感染症拡大予防策を行ってまいりますので、何卒ご協力いただきますようお願い申し上げます。 なお、営業時間や上映スケジュールは劇場により異なります。 ご利用の際は、お越しいただくを事前にご確認くださいますようお願いいたします。 お客さまが安心して映画をご鑑賞いただけるよう、あらゆる観点から感染拡大リスクの低減に努めてまいります。 ご飲食時を除き、ご鑑賞時もマスク等の着用にご協力ください。 ・発熱や咳などの症状がある場合や、過去2週間以内に感染拡大が続いている国や地域へ訪問歴がある等、健康に不安のあるお客さまはご来場をお控えください。 ・現金授受の無いオンライン購入(e席リザーブ)やキャッシュレス決済、自動券売機のご利用にご協力ください。 5度以上のお客さまは、ご入場をご遠慮いただく場合がございますので予めご了承ください。 ・咳エチケットのご協力をお願いいたします。 ・体調の優れないお客さまやお手伝いを希望されるお客さまは、スタッフまでお声掛けください。 ・券売機等に整列される際は、足元の目印に沿ってお並びください。 ・チケットや商品をご購入の際は、代表の方のみお並びください。 ・入退場時は、周囲の方と間隔を空けてお進みください。 ・エスカレーターご利用の際は、出来るだけ他のお客さまとの間隔をお取りください。 ・エレベーターは、一度にご利用頂ける人数の制限、またはハンディキャップの方のみのご利用とさせていただく場合がございます。 ・ロビーなどの混雑状況により、入場制限をさせていただく場合がございます。 ・対面での飲食や、ご鑑賞中の会話はお控えください。 ・ご購入予定の無い商品には、極力お手を触れないようご協力ください。 ・マイバックご持参のお客さまは、ご来館前後の洗浄・消毒にご協力ください。 ・感染された方と同一劇場・同一日時にご鑑賞をされたことを報道等でお知りになった場合は、お近くの保健所までご連絡をお願いいたします。 【ご案内】 ・座席は、前後左右1席の間隔を空けて販売させていただいております。 ・座席・肘掛け等手が触れる場所は消毒を行っております。 ・常時空調設備を稼働させ、適切に空調換気を行っております。 ・ロビーのテーブルやソファは数を少なくして設置しております。 ・レジに飛沫防止シートを設置しております。 ・券売機・レジ・トイレは間隔を空けてご利用いただいております。 ・金銭の受け渡しは、コイントレーを使用させていただきます。 ・飲食売店でポップコーンをご購入の際は、使い捨て手袋をお渡ししております。 またドリンクをご購入のお客さまには個包装ストローをお渡ししております。 ・チケットのご呈示のみでご入場いただけます。 ・ブランケットの貸出サービス、トイレ内ジェットタオルのご利用を休止しております。 ・退場の際のゴミ捨て用に専用テーブルを設置しております。 ・従業員の体調管理・衛生管理を強化すると共に、フェイスシールド、マスクの着用、手指の消毒を行っております。 ・事前チケット販売一時中止について 当日券の販売はご鑑賞当日のみとさせていただきます。 インターネット e席リザーブ はご鑑賞当日の0:15から、劇場ではご鑑賞当日の営業開始時より当日券を販売します。 ・休校期間中の小中高生さまのご利用について 各自治体の判断で休校の措置が取られた場合、休校期間中の小中高生のお客さまのご鑑賞につきましてはご遠慮いただく場合がございます。 政府、自治体の見解および感染状況により、対策内容は変更させていただく場合がございます。 予めご了承いただきますようお願いいたします。 【ACチケット】 ・延長:2020年8月31日 ・対象:2020年3月1日~7月31日有効期限の対象チケット ・対象チケット:シネマチケット(カード型、ECサイト含む電子コード型)/シネマギフト/無料鑑賞券/WEBスクリーン券 *GLC特別映画優待券は除きます。 *コンビニで発券されたシネマチケットは、当日券交換時にチケット有人窓口へお持ちください。 *その他の上記対象チケットの有効期限は、5月末までに順次自動延長されます。 *下記URLより「チケット購入番号」「暗証番号」を入力し「照会」をクリックすると、チケットの有効期限・ご利用有無をご確認いただけます。 【ワタシアタープラス会員証/お持ちのミタ】 ・延長:有効期限日より6ヵ月 ・対象:2019年6月25日~2020年5月31日にワタシアタープラスへ入会・更新いただいた方の会員証/お持ちのミタ 例) ・2019年6月25日入会の方・・・2020年6月24日の会員期限を、2020年12月24日まで延長 *すでに更新された場合は、2021年12月24日まで延長 ・2019年6月25日に最終ミタを取得された方・・・2020年6月24日のミタ有効期限を、2020年12月24日まで延長 *月の日数の都合上、月末月初付近に入会された一部の方は6ヵ月後の月末日までの延長となります。 予めご了承くださいませ。 【ワタシアタープラスクーポン】 ・2020年3月1日~7月31日有効期限の対象クーポンを2020年8月31日まで延長 ・対象クーポン:入会クーポン/2ミタdeクーポン/6ミタ無料鑑賞クーポン *月イチクーポンは毎月1日に定期発行しておりますので、有効期間は平常通り当月末日までとさせていただきます。 【紙製ポイントカード】 ・2019年6・7・8月発行のカード:無料鑑賞券の利用期限を2020年8月31日まで延長 ・2019年9・10月発行のカード:押印期限・無料鑑賞券の利用期限 共に2020年8月31日まで延長.

次の

イオンシネマ 米沢

イオン シネマ 米沢

歴史・概要 [ ] 行政主導の商業核構想の挫折 [ ] 昭和30年代中ごろに「カクダイ(かくだい食品、の前身の一つ)」や「」、「糸屋」、「みどりや」などの食品や衣料品を扱うスーパーが米沢市でも営業するようになって競争が激化し始めた。 それを受けて、米沢市の商業面での求心力を高めようと米沢市と米沢商工会議所が中心になって、移転後の米沢市役所跡地を活用して大型店を設置することを構想したのが始まりである。 当初は、米沢市役所本庁舎跡地には地場資本とに本拠地を置く「」が共同で出資する「米沢中合」、分庁舎跡地には地元商店が入居する「あづま」の建設を行う方向で計画の策定が進められた。 ところが、この米沢市役所跡地の計画とは別にに本拠地を置く「」が米沢店を開設するための申請を行ったため、「米沢中合」と合わせて一気に2つの百貨店が開業を目指す状況となった。 商業の活性化のための中心核となる大型店という構想が進められていたことから1店舗の百貨店が開業することへの理解は進んでいたものの、同時に2店舗が開業することに対しては絶対反対といった強い反発が地元の商業者などから生じることになった。 さらに、両店ともに米沢市街に本拠地を置く資本が中心となるものであったことから、市外資本の進出への反発も重なり、強い反対運動が展開されることになった。 そこで、「過当競争の自粛」や「米沢市商店街連合会の協同事業への協力」などの条件を課したうえで、売場面積の削減幅をから共に約36. この結審を受けて、「大沼米沢店」が、米沢市の中心市街地の一角にある「平和通り」に地上6階建ての店舗を建設し、売場面積約3,511m 2で地場資本のテナントも導入する形で、1970年(昭和45年)11月に開業した。 ところが、「米沢中合」は出店せず、名店街協同組合を発足させて進められていた寄合百貨店「あづま」も頓挫して、行政主導の商業核の設置構想は挫折する形となった。 米沢ショッピングセンターの開設とジャスコの進出 [ ] 米沢ショッピングセンター Yonezawa Shopping Center 米沢ショッピングセンター英字表記の壁面看板 先述の米沢市役所跡地での行政主導の商業核の設置構想が挫折したのを受けて、米沢市役所分庁舎跡地(敷地面積約2,948m 2)での寄合百貨店「あづま」の予定地に、1971年(昭和46年)10月に開業したのが地下1階・地上4階建ての「米沢ショッピングセンター」である。 このショッピングセンターは、当時地場資本でスーパーを展開していた「かくだい食品(の前身の一つ)」が「(現・イオン・)と提携して開設したものであった。 開設に当たっては、「ジャスコチェーン」や「ジャスコモード」といったダミー会社が運営する店舗が集まった「」の形式であったため、百貨店法の規制を逃れて開業することになった。 そのため、売場面積は約6,175m 2と「大沼米沢店」を大きく上回る規模での開設が実現した。 ただし、市役所跡地への地元商店が入居する寄合百貨店構想を引き継ぐ側面があったことから、開業時には地元商店のテナントが41店入居する形となった。 その後、「大規模小売店舗法」への移行に伴ってこのショッピングセンターはその規制対象に加えられ、法改正を経て規定された「第一種大規模小売店舗」となり、擬似百貨店としての運営が必要なくなったことから「ジャスコ」を核店舗として営業を続けた。 しかし、1991年(平成3年)に「ジャスコ」が撤退することに伴って閉鎖となり、「米沢ショッピングセンター」としての歴史に終止符を打った。 なお、2001年(平成13年)8月21日付で「ジャスコ」から「イオン」に社名変更し 、2011年(平成23年)3月1日に店名も「ジャスコ」から「イオン」にされているが 、このショッピングセンターの核店舗だった「ジャスコ」は当店の直接の前身ではない。 当ショッピングセンターの店舗跡には翌年の1992年(平成4年)に、 「米沢ポポロ」が開業。 しかし、中心市街地の衰退も重なり、テナントが埋まらず、ビル内に市民ギャラリーを併設した。 その後は、大河ドラマ『』の放映に併せ、1階に歴史資料館「戦国の杜」を、(平成22年)から(平成24年)3月まで、1階にて開いていた。 米沢市が中心市街地活性化基本計画事業の一環として解体されて(平成26年)度に「米沢新文化複合施設」が建設される予定だった。 しかし、ポポロに入居するテナントの一つが(平成24年)4月に退去しない意向を示し 、テナントとビル所有者間の訴訟となったため 、西側の 「まちの広場」に変更された。 なお、米沢ショッピングセンター5階には、「米沢セントラルボウル」があったが、(平成21年)を持って、閉鎖された。 「米沢ファミリーデパート」は、当時地場資本で衣料店を展開していた「クサカリ」が「ニチイ(後の、現・イオンリテール)」と提携して開設したものであった。 開設に当たっては、この店舗も「米沢ショッピングセンター」と同様にダミー会社が運営する店舗が集まった「疑似百貨店」の形式であったため、百貨店法の規制を逃れて開業することになった。 また、食料品売り場は直営ではなく、(後のヨークベニマル)が入居。 紅丸商事にとって、この店舗が福島県外初の店舗となった。 そのため、売場面積は約5,500m 2と「大沼米沢店」を大きく上回る規模での開設が実現した。 なお、開業時には5階にボウリング場が入居していたが、1974年(昭和49年)に撤退した。 その後、「大規模小売店舗法」への移行に伴ってこの店舗はその規制対象に加えられ、法改正を経て規定された「第一種大規模小売店舗」となり、擬似百貨店としての運営が必要なくなったことから「サンホーユー(後のマイカル東北)」の店舗として営業を続けた。 しかし、当店が「米沢サティ」として開業することに伴い、1994年(平成6年)1月に閉店した。 建物は、1996年(平成8年)5月から7月にかけて解体された。 跡地は1996年(平成8年)に市が購して「まちの広場」として整備・利用されていたが 、2013年(平成25年)10月4日に市民ギャラリーと米沢市立図書館を併設した「米沢新文化複合施設」が着工した。 2016年7月1日、新文化複合施設であるが開館した。 米沢サティ [ ] 米沢サティ(2009年7月撮影) 「米沢サティ」は米沢市の郊外の 山形県道152号米沢環状線沿いに 、1994年(平成6年)3月4日に開業した。 先述の通り、当店の開業に伴って「サンホーユー」の店舗を閉店したほか、「米沢ショッピングセンター」も「ジャスコ」が撤退していったん閉鎖となるなど、大型店が3店舗並んでもっとも繁栄していた「平和通り」を含めた米沢市のは集客の核を失って商業の中心としての地位を喪失する形となった。 当店は(平成13年)9月に秋田サティ、旧・盛岡南サティ、一関サティ、米沢サティ、福島サティ、会津サティ、いわきサティなどと共にマイカル東北からマイカル本社に譲渡されてマイカル直営店舗になった。 しかし、同月14日に「マイカル」はにの適用を申請して事実上破綻した。 イオングループへ [ ] その後、イオンが再建の支援を行う上で求めていたため、同年11月22日に東京地方裁判所にの適用を申請して、破綻処理の手法を民事再生法から切り替えることになった。 「マイカル」は「イオン」の支援を受けて経営再建を行うことになったことに伴い、同社のプライベートブランド「」を取り扱うことになった。 2011年(平成23年)3月1日に営業していたサティは全てへ転換したため 、当店も店名を変更している。 また、シネマコンプレックスの「」は運営会社の「ワーナー・マイカル」が「イオンシネマズ」と(平成25年)に合併して「」となるのに伴い、劇場名を「イオンシネマ」に変更することになった。 年表 [ ]• (46年)10月 - 米沢市役所本庁舎跡地に地下1階・地上4階建ての「米沢ショッピングセンター」が開業。 (昭和47年)11月 - 米沢市役所分庁舎跡地に「米沢ファミリーデパート」が開業。 (3年) - 「ジャスコ」が撤退し、「米沢ショッピングセンター」が閉鎖。 (平成6年)• 1月 - 「サンホーユー(旧・米沢ファミリーデパート)」が閉店。 - 「米沢サティ」開店。 - 「米沢」開館。 (平成13年)• 9月 - マイカル東北から本社に譲渡され、マイカル直営店舗になる。 9月14日 - 「マイカル」がにの適用を申請して事実上破綻。 9月18日 - 「マイカル東北」が東京地方裁判所に民事再生法の適用を申請して事実上破綻。 11月22日 - 「マイカル」が東京地方裁判所にの適用を申請して、破綻処理の手法を民事再生法から切り替え。 (平成17年) - 新装開店• (平成23年)• - GMS事業の再編に伴い、に吸収合併され「」へ店名変更。 (平成25年) - 「ワーナー・マイカル・シネマズ」が合併して「」となるのに伴い、劇場名を「イオンシネマ」に変更。 (令和2年)3月1日 - 店舗の管理・運営および食品売場をイオン東北に移管。 フロア構成 [ ]• 1階 - 食品&H&BC(美&健康)のフロア• 2階 - 婦人・紳士・服飾&肌着のフロア• 3階 - キッズプラザ&ホームファッションのフロア• イオンシネマ米沢 [ ] ワーナー・マイカル・シネマズ米沢(2010年8月撮影) イオンシネマ米沢(イオンシネマよねざわ)は、が経営している、イオン米沢店の別館にある映画館()である。 1998年(平成10年)12月5日に「ワーナー・マイカル・シネマズ米沢」としてオープン。 2013年(平成25年)7月1日にワーナー・マイカルがと合併したのに伴い現名称に改称。 ワーナー・マイカル・シネマズとしては唯一、総座席数が1,000席未満だった。 なおイオン米沢店とは、道路を隔てた位置に存在する。 イオンシネマ米沢スクリーン詳細 スクリーンNo. 座席数 音響 備考 1 84 5. 1chデジタルサウンド 2 122 3 112 4 122 6. 1chサラウンドEX 5 112 5. 1chデジタルサウンド 6 212 6. 1chサラウンドEX 対応 7 184 5. 1chデジタルサウンド 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 1992年に現在の米沢店が開店したため、ヨークベニマル米沢中央店に改称。 統合後は()の722席(5スクリーン合計)が最少。 2012年1月• 日本食糧新聞社. 2001年8月22日• 毎日新聞社. 2011年3月1日• 「武士の館 戦国の杜」公式サイトより(2015年9月23日閲覧)。 米沢日報 置賜日報社. 2012年5月7日 web板• 米沢日報 置賜日報社. 2012年8月31日• 米沢日報 置賜日報社. 2012年7月27日• 「いよいよ5月31日閉店となります 米沢セントラルボウル」 米沢セントラルボウル公式ブログより(2015年9月22日閲覧)。 NVCガイド 1996年5月23日. 2013年11月4日閲覧。 米沢日報 置賜日報社. 2014年1月25日• 米沢日報 置賜日報社. 2013年10月14日 web板• 日本食糧新聞社. 2001年9月24日• 日本食糧新聞社. 2001年9月19日• 日本食糧新聞社. 2001年11月28日• 日本食糧新聞社. 2002年3月27日• 日刊工業新聞社. 2013年6月12日 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。 この項目は、・に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

米沢市の映画館 上映スケジュール・上映時間

イオン シネマ 米沢

映画館を条件で絞り込む 条件に一致する映画館 1館• 車イス席あり( 1)• アルコールあり( 1)• 駐車場あり( 1)• 駐車場100台以上( 1)• 23時以降の上映( 1)• 3D上映対応( 1)• 4D上映対応( 0)• IMAX( 1)• Doly Atmos対応( 0) (15)• アベンジャーズ• アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン• 一度死んでみた• 犬鳴村• 君の名は。 君の膵臓をたべたい 2017• シン・ゴジラ• 心霊喫茶「エクストラ」の秘密-The Real Exorcist-• ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語• 囚われた国家• パラサイト 半地下の家族• ブラッドショット• ブレードランナー ファイナル・カット• ワールドエンド.

次の