リンデロンvg。 リンデロン-VG軟膏0.12%

リンデロン-VG軟膏0.12%

リンデロンvg

リンデロン-VG軟膏0. 薬物アレルギー 小児湿疹 薬疹 ケロイド、肥厚性瘢痕 多形滲出性紅斑 湿疹(皮膚炎) 痒疹、ストロフルス 接触皮膚炎(かぶれ) 尋常性乾癬 アトピー性皮膚炎 リンデロン-VG軟膏0. や、などを治療するお薬です。 炎症をおさえる ステロイド剤と、 細菌を殺す 抗生物質が配合されています。 皮膚のかゆみ、赤み、はれなどをおさえる働きがあります。 リンデロン-VG軟膏0. 外傷の二次感染• の結痂• の湿潤• の二次感染• の 糜爛• ・群の結痂• ・群の湿潤• ・群の二次感染• ・群の糜爛• 手術創の二次感染• の結痂• の湿潤• の二次感染• の糜爛• の結痂• の湿潤• の二次感染• の糜爛• 進行性指掌角皮症の結痂• 進行性指掌角皮症の湿潤• 進行性指掌角皮症の二次感染• 進行性指掌角皮症の糜爛• の二次感染 リンデロン-VG軟膏0. 人により副作用の発生傾向は異なります。 記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。 主な副作用 魚鱗癬様皮膚変化、皮膚刺激感、過敏症、接触性皮膚炎、発疹、中心性漿液性網脈絡膜症、皮膚感染症、皮膚真菌症、皮膚カンジダ症、皮膚白癬、皮膚ウイルス感染症 起こる可能性のある重大な副作用 眼圧亢進、緑内障、後嚢白内障 上記以外の副作用 ざ瘡様発疹、酒さ様皮膚炎、口囲皮膚炎、ほほに潮紅、口囲潮紅、丘疹、膿疱、毛細血管拡張、ステロイド皮膚、皮膚萎縮、紫斑、多毛、皮膚色素脱失、下垂体・副腎皮質系機能抑制、急性副腎皮質機能不全、腎障害、難聴 リンデロン-VG軟膏0. 1日1~数回、適量を塗布する• なお、症状により適宜増減する リンデロン-VG軟膏0. 以下の病気・症状がみられる方は、• ウイルス皮膚感染症• 過敏症• けじらみ• 鼓膜に穿孔のある湿疹性外耳道炎• 第2度深在性以上の熱傷• 動物性皮膚疾患• スピロヘータ皮膚感染症• 真菌皮膚感染症• 耐性菌による皮膚感染• 第2度深在性以上の凍傷• 非感性菌による皮膚感染• 潰瘍<ベーチェット病は除く> 患者の属性に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、• 妊婦・産婦• 高齢者 年齢や性別に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際、十分に注意して下さい。 高齢者 65歳〜.

次の

リンデロン−VG軟膏0.12%の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

リンデロンvg

抜け毛がどのような状態か判りませんが、円形脱毛症などでは普通に処方される薬です。 先の方が書かれているようにステロイド軟膏です。 ステロイドの元気ホルモン作用で毛乳頭の動きを活発にする作用を期待します。 効き始めるまで最低数週間はかかると思ってください。 ステロイドが何でも怖いわけではありませんよ。 頭皮によくすりこむ感じでつけてください。 少なくとも個人輸入の発毛剤を使ったりするよりは安全です。 医師を信用して大丈夫ですよ。 キツい生活のようですから、全身のコンディションも影響しているのでしょうね。 余計なお世話かもしれまええんが、頭だけではなく、全身の健康もお気をつけ下さい。

次の

リンデロンvg軟膏0.12についての質問です。陰部に痒みが出て婦人科を受...

リンデロンvg

リンデロンVGは、幅広い皮膚トラブルに使用される処方薬です。 特に化膿している状態の皮膚に処方されることが多く、使用したことがあるという人も多いのではないでしょうか。 リンデロンVGには、軟膏・クリーム・ローションの3タイプがあり、患部の位置や症状によって使いわけられます。 12%/リンデロン-VGクリーム0. 12%の添付文書 リンデロンはさまざまな皮膚疾患に処方されますが、以下のような症状によく処方されます。 ベタメタゾン吉草酸エステル(ステロイド)+ゲンタマイシン硫酸塩(抗生物質) 【ベタメタゾン吉草酸エステル(ステロイド)】 ベタメタゾン吉草酸エステルは、ステロイドの消炎鎮痛剤で、炎症を鎮める効果があります。 【ゲンタマイシン硫酸塩(抗生物質)】 ゲンタマイシン硫酸塩は抗生物質です。 免疫機能が下がった患部が感染症になるのを防ぎます。 また、細菌の増殖を防ぎ、感染が広がり症状の悪化をおさえます。 ただし、抗生物質は長期使用すると細菌に耐性ができ効果が出づらくなることがあります。 ステロイド外用剤(塗り薬)は、体内への吸収度の違いにより、以下の5段階にわけられています。 ・Strongest(ストロンゲスト):もっとも強い ・VeryStrong(ベリーストロング):非常に強い ・Strong(ストロング):強い ・Medium(ミディアム):おだやか ・Weak(ウィーク):弱い リンデロンVGの体内吸収度の強さは、5段階の真ん中3番目の「Strong(ストロング)」です。 ステロイドと聞くと副作用を心配する人もいるかもしれませんが、適切に使用すれば高い効果を得ることができる優れた薬です。 ステロイド剤を使用するときは必ず医師の指示通りに使用してください。 指定された患部以外に使用したり、全体に塗り広げたりしないように注意しましょう。 リンデロンVGを購入する場合は医師の処方箋が必要であり、処方箋なしに薬局やドラッグストアなどで購入することはできません。 また、リンデロンVGと全く同じ薬は現在市販されていません。 しかし、リンデロンVGと似たような成分配合であり、同じような効果が期待できる薬は市販されています。 なお、リンデロンVGと同じステロイド成分である「ベタメタゾン吉草酸エステル」を配合している市販薬は現在2つのみ販売されています。 市販薬の中で最もリンデロンVGと似ている薬は「ベトネベートN軟膏AS」です。 ベトネベートN軟膏ASもリンデロンと同じステロイド+抗生物質の薬です。 【ベトネベートN軟膏ASの成分】 ベタメタゾン吉草酸エステル(ステロイド)+フラジオマイシン硫酸塩(抗生物質) ベタメタゾン吉草酸エステルはリンデロンVGのステロイドと同じ成分であり濃度も同じです。 リンデロンVGと異なる点は、配合された抗生物質の成分です。 ベトネベートN軟膏ASに含まれている抗生物質のフラジオマイシン硫酸塩は、リンデロンVGに含まれているゲンタマイシン硫酸塩と同じように細菌のタンパク質合成を阻害することによって、細菌の増殖を阻害する作用があります。 そのため、ベトネベートN軟膏ASは、リンデロンVGとほとんど同じ効果を期待できるといえます。 ベトネベートN軟膏ASとベトネベートクリームSは、配合されている成分が異なるため、効能・効果が若干異なります。 自分の症状に合わせて薬を選択しましょう。 判断がつかない場合は、薬局などで薬剤師や登録販売者に相談することをおすすめします。 今回は処方薬リンデロンVGの類似薬として、薬局やインターネットで購入できる市販薬ベトネベートN軟膏ASを紹介しました。 ベトネベートN軟膏ASもリンデロンVG同様ステロイド剤なので、大量に長期間使用すると副作用が起こることがあります。 必ず使用上の注意を読んで用法用量を守って使い、使用中に異変や違和感が起きた時は皮膚科などに相談しましょう。

次の