モンハン ダブル クロス イャンガルルガ。 隻眼イャンガルルガの弱点、倒し方攻略

モンスターハンターダブルクロス(MHxx)で、イャンガルルガの双剣...

モンハン ダブル クロス イャンガルルガ

簡易データ 種類 弱点属性 弱点部位 風圧 咆哮 震動 鳥竜種 水 頭 大 小 有 状態異常攻撃・注意事項• 火属性やられ• くちばしついばみ攻撃 前に飛び出し、くちばしでついばんでくる攻撃 突進 突進して地面に倒れ込む。 怒り時には火炎をばらまきながら突進してくる 宙返り尻尾攻撃 宙返りしながら尻尾で攻撃を仕掛ける。 尻尾を食らうと毒状態になる 回転尻尾攻撃 体を旋回して尻尾で周囲を攻撃する。 尻尾を食らうと毒状態になる 火の玉ブレス 前方に火の玉を吐いての攻撃 攻略方法・立ち回り イャンガルルガは怒り状態になる頻度が高く、疲労状態の時間が短いのが特徴。 尻尾攻撃には毒の付加効果があるので、解毒薬を必ず準備しておこう。 しかし、攻撃頻度が高いモンスターなので、解毒薬を飲むタイミングには注意。 疲労時にはクチバシの攻撃が地面に突き刺さって、隙ができるので見逃さないようにしよう。 咆哮はエフェクトは派手だが咆哮【小】なので耳栓で防ぐことができる。 剣士であればイャンガルルガの周囲を時計回りに立ち回ることで、攻撃を対処しやすい。 主な攻撃のチャンスは以下の通り。 1度目の突進をかわした後、モンスターの背後に回り、2度目は相手の後ろを追いかける。 2回目の突進後に攻撃のチャンス。 攻撃を横方向に回避した後に攻撃のチャンス。 横から回り込むようにして近づき、攻撃しよう。 横方向にかわして反撃しよう。 モンスター一覧.

次の

(隻眼)イャンガルルガ

モンハン ダブル クロス イャンガルルガ

数値の場合は、数値が高いほどダメージが与えやすい。 0は無効。 隻眼という二つ名の通り、左側の眼がなく、右側の眼はナルガクルガが怒ったときのように赤く光っている。 尻尾の毒攻撃がより強化されているなどの特徴がある。 【隻眼イャンガルルガの特徴】 ・ 尻尾は切断することが可能だが尻尾の肉質が先端部を除いて硬い。 ・ サマーソルト尻尾攻撃を受けると劇毒状態になる。 尻尾を破壊すると猛毒に、切断すると毒状態に弱体化する。 劇毒状態は赤色の毒状態で、通常の毒よりも早いスピードで体力が減少し、毒無効のスキルで無効化できず、猛毒へと変化するといった特徴がある。 ・ 尻尾を切断すると尻尾での攻撃のリーチは短くなるものの尻尾での攻撃時に毒を伴うのは変更がないが、尻尾の毒状態が劇毒から猛毒状態に変化し、毒の効果が弱まる。 ・ クチバシの攻撃は龍属性ダメージだが、攻撃を受けても龍属性やられにはならない。 ・ 怒り状態になると口から火が漏れる。 怒り状態では落とし穴を回避する。 通常時は有効。 ・ 疲労状態になるとヨダレをたらす。 疲労状態になると炎ブレスが不発になるほか、連続ついばみ攻撃とサマーソルト尻尾攻撃のスキが大きくなり、サマーソルト尻尾攻撃時の風圧【小】が消える。 ・ 体力が少なくなると脚を引きずってエリア移動する。 ・ 頭の部位破壊は2段階で、1段階でトサカが壊れて、2段階でクチバシが壊れる。 【G級の行動パターンの変化】 G級になるとクチバシで地面の岩盤をめくり返す攻撃が強化され、遠距離まで届く3つの岩石を飛ばすようになる。 クチバシは龍属性ダメージ(龍属性やられにはならない) 疲労状態になるとクチバシが地面に刺さって少しの間抜けなくなる。 レベル5以上になると地面を掘り返すときに前方範囲に地面が突き出して攻撃範囲が広くなり、G級以降になると遠距離まで届く3つの岩石を飛ばすようになる。 連続火球ブレス 前方に火の球を3回連続して吐き出して攻撃する。 疲労状態になると不発になる。 突進クチバシ攻撃 前方に突進しながらクチバシを地面に突き刺して攻撃する。 クチバシは龍属性ダメージ(龍属性やられにはならない) 回転尻尾攻撃 回転して尻尾を振り回して攻撃する。 攻撃を受けると猛毒状態になる。 サマーソルト尻尾攻撃 尻尾で空中へ蹴りあげるように攻撃する。 攻撃に当たると劇毒状態になる。 空中を滑空してそのままサマーソルトに移行する場合もある。 尻尾を破壊すると猛毒となり、切断すると毒になる。 突進攻撃 前方に突進して攻撃する。 バックジャンプ咆哮 後方にバックジャンプをしながら咆哮を行う。 超ダッシュ 構えた後、土ぼこりをあげながら通常のダッシュよりも速いスピードで突進する。 防具・スキルデータ• 武器データ• 武器ごとの各種人気ランキング• 基本情報• 狩猟スタイル• オトモ、ニャンター• 狩りの基礎知識• モンスターデータ• 【ア行】• 【カ行】• 【サ行】• 【タ行】• 【ナ行】• 【ハ行】• 【マ行】• 【ラ行】• 二つ名持ちモンスターデータ•

次の

イャンガルルガ モンハンダブルクロス (MHXX)

モンハン ダブル クロス イャンガルルガ

【鳥竜種:黒狼鳥】イャンガルルガの特徴• 非常に怒りやすく、疲労時間が短い。 怒り時は、落とし穴を回避する。 疲労時は、連続ついばみ時、2連続クチバシ突き刺し時に、クチバシが地面に刺さって隙ができる。 疲労時は、3連ブレスが不発になり、サマーソルト後の着地時も隙ができる。 ダブルクロスのイャンガルルガのクチバシを用いた攻撃は、龍属性を帯びている(龍属性やられ効果はなし)。 掲載しているのは、攻撃が1~2番くらい効果的な部位と肉質。 落し物 3• 部位破壊報酬 部位 下位 上位 G級 耳• クチバシ• 予備動作の後、両翼を広げて咆哮を放つ。 【対処方法】小ジャンプしたら、回避かガードで対処すると良い。 サマーソルト尻尾攻撃 【予備動作】2歩後ろへ後ずさる。 予備動作の後、1回転して前方を尻尾でなぎ払う。 当たると毒状態になる。 【対処方法】足元にいる時は尻尾側へ回避。 近距離にいる場合は、横方向へ回避すると良い。 【行動後】そのまま着地するパターンと、咆哮しながらバックジャンプして、再度空中からサマーソルトを出すパターンがある。 連続ついばみ 【予備動作】距離が近い時はそのまま、距離がある時は小さく跳びかかる。 予備動作の後、4回連続でついばむ攻撃。 【対処方法】正面にいる時は、すれ違うように回避すると良い。 ガードはスタミナを連続で削られてしまう。 突進 【予備動作】なし 振り向きの後、おもむろに駈け出して、最後はそのまま倒れこむ。 【対処方法】正面にいる時は、すれ違うように回避すると良い。 ガードはスタミナを連続で削られてしまう。 2回転尻尾攻撃 【予備動作】なし イャンガルルガの右半身側へ最初に尻尾がくる。 【対処方法】近距離にいるなら左半身側へ回避、距離があるなら、離れるように回避すれば良い。 ジャンプ2連クチバシ突き刺し 【予備動作】正面にいる時はそのまま、背後から近づくと振り向きながら。 ジャンプした後、まず左寄りの地面へクチバシを突き刺した後、右よりの地面へクチバシを突き刺す。 【対処方法】ジャンプを確認したら近付かないで、1発目の攻撃が終わった後、1発目に突き刺した位置から攻撃すると良い。 3連火炎ブレス 【予備動作】口から炎を漏らし、頭を持ち上げる。 【対処方法】3発目を放った後に動けない時間がある。 予備動作の後、後方へジャンプすると同時に咆哮した後、前方へ滑空しつつサマーソルト尻尾攻撃を繰り出す。 【対処方法】耳栓のスキルがあれば楽に回避できますが、耳栓がない場合もパッドを入れつつBボタンを連打すれば回避できる。 毒の状態異常への対処 地上での回転尻尾攻撃と、バックジャンプからのサマーソルトに当たると毒状態になるが、解毒薬を飲んでいると、その隙にまた攻撃を受ける可能性があるので、毒状態によくなってしまう人は、毒無効のスキルを付けておくのも手。 怒り時に接近してきた時の対処 イャンガルルガは怒り時に接近してきた後、「2連クチバシ突き刺し」や「回転尻尾攻撃」を多用してくるので、接近された後は、イャンガルルガに正対した状態で、後方か左斜め後方に回避すると、どちらの攻撃も回避できるので、回避後に反撃していくと良い。 2連クチバシ突き刺し後の隙を狙う 怒り時には、頻繁に2連クチバシ突き刺しを繰り出すので、剣士はイャンガルルガの前方でこの攻撃を誘い、1発目の後を狙っていくと安全に頭を狙っていける。 剣士の基本の立ち回り 剣士だと時計回りで立ち回るのが安定。 因みに獰猛化個体も頭の耐久値はそれ程変わってないのか原種と同じくらいよく怯む。 他の獰猛個体よりは怯みを見越した攻撃は成功しやすい。

次の