オルク オーク。 史上最強オークさんの楽しい異世界ハーレムづくり 2

オークのイメージを覆す!?オススメ漫画5選

オルク オーク

オークの例 オークという語は、のがに借用されたものである。 オーク=ナスは「オルクスの死人」を意味しているようである。 に登場する( Orcus)は死者の国の神である、、ディース・パテルの別名である。 ハーデースと同様、オルクスは死者の国そのものを指す言葉ととることもできるかもしれない。 いずれにせよ、トールキンはベーオウルフのこの記述から「オーク」の名前をとった(後述)。 ただし、「オーク」という言葉は、海の怪物を指す言葉として別に英語に存在していた。 こちらはの著書『』における( orca)の記述に由来し、には伝統的な海の怪物として転化して用いられた。 ある資料に拠れば、はでオークに船を襲われてこれを倒したとされている。 の叙事詩『』では乙女アンジェリカを捕らえた海の怪物に与えられた名前であり、英雄はに乗ってこれと戦った。 このオークは巨大で、鱗があり、牙と豚のような鼻を持っていて、剛毛が生えていた。 オークの鱗がどうしても刃物を通さなかったため、ルッジェーロはオークを追い払ったにとどまり、のちがこのオークを力業で殺害している。 この用法がとブリテンの神話的な建国を描いたの叙事詩『ポリオルビオン』で借用されての単語となった。 の叙事詩『』でもこちらの用法が使われている。 ブレイクのオーク [ ] オークはによる神話の登場人物の一人でもある。 中世の海獣やトールキンの人間の形をした怪物と異なり、ブレイクのオークは善き存在として描かれ、創造の情熱と活力を体現した存在である。 トールキンのオーク [ ] 詳細は「」を参照 人間の形をした、海とは無関係の種族としてのオークはトールキンが創造したものである。 トールキンの著作における「オーク」は固有名詞として扱われ、語頭が大文字となっている場合もあるが、他の作品ではそうなっているとは限らない。 トールキンの著作ではオークは人間の姿をし、大きさは人間とほぼ同じで、醜く汚らわしい存在として描かれている。 知能はあるが鈍く惨めな生物で、極端に繁殖力が強く、人を殺す道具、つるはしややっとこなど、美しくないもの以外は作れるものの他の創造はできず、破壊するだけの存在として描写されている。 『』ではオークは邪悪な勢力(と)の兵士として使われた。 『』では、トールキンはオークに「」という単語を用いた。 この時には『ホビットの冒険』の世界とを同じものとする構想がまだなかったからである。 幸いなことにトールキンは神話に関する言及を『ホビットの冒険』に含めていたため、後になってホビットの土地を中つ国に組み込むことが可能だった。 『指輪物語』では「オーク」が大半を占め、「ゴブリン」が使われるのはそのほとんどがの言葉である。 『指輪物語』の発行後に、『ホビットの冒険』の「 goblin」は「 orc」の翻訳ということになり、目次の直前の注記が追加された。 トールキンはその書簡で、オークを古英語のオーク「悪魔」からとったのは、音声学的に適していたからにすぎないと述べている( The Letters of J. Tolkien No 144 (日付は1953年))。 他のファンタジー作品、ゲーム作品におけるオーク [ ] トールキンの叙事小説『』の刊行以降、オークは小説やで一般的に見られる存在となった。 こうした派生作品では、オークとゴブリンは二つの異なった種族とされていることが多い。 一時はのような顔で描かれることが多かったが、トールキンの作品にはそのような記述はない。 これはアイルランド語の orc(英語の porkと語源が同じ)が偶然にも豚という意味を持っていたためと、古来、聖職で、予言の力を持つとされた豚飼いが零落して邪悪なイメージを伴ったというアト・ド=ヴリースの説と関連すると思われる。 なお、『』の設定資料集 でによるオークのラフスケッチに「イノシシとブタと人間をかけあわせたような悪鬼」と説明があるので、少なくとも同作開発時期の頃には、すでにオーク=ブタのイメージがある程度広まっていたようである。 なお、多くのロールプレイングゲームでは、ゴブリンやなどとともに初期レベルのが相手にする比較的弱いモンスター(いわゆる雑魚モンスター)として登場することが多いが、より強力な上位種を設定するゲームもある。 他の種族が堕落してオークになるというトールキン以来の設定を引き継ぐ作品も多い。 旺盛な生殖欲も継承されるものもあり(漫画『』では、「以外のすべての種と交配し、子を産んでしまう」 という設定である)、そのような作品『』(作)では、「人口」の増加により他国へ侵略せざるを得ないオークの悲哀が描かれる。 風貌は「猪のような牙が目立つ豚のような顔」として豚説を採用。 また肌の色は例外なく灰色であり、青みがかった黄色から暗褐色まで幅広い肌の色をしていたトールキンのオークとは異なっている。 一般的にオークは生まれついて暴力的で邪悪な存在であるため、オークの役を演じたいプレイヤーに対してはハーフオークを演じることが推奨されている。 ハーフオークはオークと人間の混血である。 ルーンクエスト [ ] 『』のオークは浅黒い肌、長い腕、湾曲した脚を持ち、山間部や荒れ地に住む残虐な食人性の種族とされる。 太陽の下を嫌い、エルフが退化したものという点はトールキンのオークに忠実である。 架空の学名が "Orcanthropus piltdowni"と設定されており、を連想させる。 同ゲームのメインとなる背景世界ではなく、特定の背景世界に依存しない『グリフィン・アイランド』の敵役として登場する。 ドラゴンクエストシリーズ [ ] スタッフがはっきり「ブタ(イノシシ)」と明記してデザインさせたオークで、初出は前述のように『ドラゴンクエストII』。 外見は二足歩行する茶色いフサフサした体毛をしたイノシシそのもの(手は人間に近い)といった風貌だが、槍をもったり(『ドラゴンクエストII』のみ無し)衣服を纏い靴も履いている。 本編中では毛の色が金や青やピンクの色違いの近縁種もおり、こうしたものも含めると作品にもよるがただのパワーファイターだけではなく回復・蘇生呪文を使う系統に位置付けられている。 同シリーズにはこれ以外にも「オークマン、バーサクオーク、ハイオーク(鎧兜をつけたブタ顔人間、オークと違い体毛は薄い)」、「ピンクオーク(ピンク色の太った小悪魔)」、「オークデビル(棍棒を持った紫のイボイノシシ顔の人間)」というオークとつくモンスターがいくつかいるが、いずれもブタやイノシシをイメージするデザインのものである。 アースドーンとシャドウラン [ ] ファンタジーロールプレイングゲームの『』と『』では、オーク ork は一般的なファンタジーにおけるオークと異なり、生まれついて邪悪であるとも善良であるとも決められていない。 アースドーンでは、、、オブシディマン、トゥスラング、、ウィンドリングと並び立つ種族である。 シャドウランではオークは、トロール、エルフ、ドワーフなどとおなじく遺伝子変異によって人間から変化したメタヒューマンであるとされている。 『シャドウラン』におけるメタヒューマンは「人種差別」を象徴する。 なお初期の版では、「ヒューマニクス(人間至上主義)・ポリクラブ」と「ORC」(オーク人権団体)の諍いがあることになっている。 ウォーハンマー [ ] の『』や『』、『ウォーハンマー40000』にもオークは登場する。 肉体的にはオークは人間よりも背が高く、幅広で、類人猿のように足が短く手が長い。 緑色の肌が特徴で、類縁種であるやスノットリングとともにグリーンスキンと呼ばれることもある。 他の勢力と能力を均等化させるため、彼らはマシンガンや手榴弾、さらには宇宙船まで持っている。 ウォーハンマーにおけるオークは知能は高いわけではないが、時に悪知恵が働く。 オークは好戦的な種族である。 他の作品との相違点として、生態としては菌類であり、単為生殖、光合成、繭性成長を行う。 この性質上、性欲が存在せず、かわりに戦闘欲が存在する。 敵が居ない場合、同族内で戦争を開始する異常な好戦性は、これが原因とされている。 ウォークラフト [ ] コンピューターゲームの『』シリーズでは惑星Draenor出身のShaman文化を奉ずる気高い種族である。 かつてはBurning Legionとして知られる邪悪な力によって堕落させられた存在であったが、自ら呪いを打ち破り、理性と文化を取り戻した。 『ウォークラフト』のオークは筋骨隆々で、緑色の肌を持ち(ただし肌の色は呪いによって緑となったのであり、本来の色は褐色である)、顔には豚に似た鼻と大きな口、牙を持っている。 作中ではそのこわもての外見とは裏腹に、善良で高潔な種族として描かれることもある。 3作目以降はオークが主人公ともいえるストーリー構成で、MMORPGである最新作『』はしばしばWorld of Orcraft(Orccraft)と揶揄される。 リネージュII [ ] の『』でのオークは、炎の種族で、神が作り出した種族の中で最も強い肉体と精神力を持つ。 巨人が滅亡した後、一時期はエルフを追い出して大陸最強の座まで登りつめたこともあるが、エルフとヒューマンの連合軍に負け、現在は大陸北部の極寒地に住む。 ファイナルファンタジーXI [ ] の『』では、オークはの一種族である。 オークは暗黒の時代に黄昏の神プロマシアによってヴァナ・ディールの人間などの勢力と戦わせるために作られた、老若男女皆兵の好戦的な種族である。 ブレイド・オブ・アルカナ [ ] 『』のオークは豚人族とも呼ばれる闇の種族で、下級精霊アルカイが堕天した人間からさらに堕落した成れの果てとされる。 黒い皮膚と血液を持ち、眼は赤く、かぎ爪の生えた長い腕を持つ。 他の闇の種族とともに「北狄」という勢力を構成し、その中核を占めている。 その上位にはエルフの堕落したハイ・オークが支配者として存在する。 しかしその社会は強者がその力により支配するもので、オークの奴隷だった人間の少女が実力でハイ・オークに取って代わり、部族の女王になった例もある。 アルシャード [ ] 『』のオークはゴブリンが奈落によって汚染された種族であり、その体格はゴブリンよりも一回り大きく、非常に力が強いとされている。 奈落の尖兵の代表格として人類の古い仇敵である。 奈落の種族は一般的に、個体としての感情が希薄な代わりににより統制された行動を取るとされるが、神々の欠片シャードの力により自意識に目覚めた一部のオークは、誇り高き戦士となるため、にすることもできる。 Gothic [ ] の『 Gothic』では、オーク( orcs、 orcish people)は人間より少し知能が劣る。 好戦的な種族で、体格は大きく、力は人間(彼らは Morraと呼ぶ)よりとても強い。 ただ、このゲームの性質上、人間とオークのどちらかが善く、どちらかが悪いというようなものはない(ただしプレイヤーは人間なので少しだけ偏りがある)。 プレイヤーはゲームを進める上で彼らのために働くことを選ぶことすら出来る。 彼らはBeliarと呼ばれる神(ゲーム中では暗黒の神で、 Innosという火の神と敵対する)を信仰しており、 Shamanという祭司もいる。 The Elder Scrolls [ ] 『』の世界においてオークは、エルフや人間、獣人達と同様にプレイヤーキャラやNPCとして登場する。 表向きは数多の種族と共に文化生活を送る好戦的で豪胆な戦士系種族として描かれてはいるが、ゲームに登場する一部の書物ではゴブリンやオーガと同じく野生の凶暴な亜人種となっており、その性質上獣人同様に被差別種族として描かれている。 また、地方によって差別の度合いは異なるようで、オークを完全に拒絶する地方もあれば書店や宿屋をオークが経営する地方もある。 ただし、「醜い種族」という概念はどの地方でも共通しており、事実、緑色の肌に獣のような目と牙という外見を持っている。 脚注 [ ] [].

次の

史上最強オークさんの楽しい異世界ハーレムづくり【単話】(22)は漫画村やzip・rar以外の方法で簡単に無料に読破可能!|無料で漫画を読む方法

オルク オーク

Contents• 村を復興させるために とりあえず冬を越せるための食料を提供したいといいました。 そして村長は、 たしかに魔蟲のせいで畑が潰されて 食料が蓄えられていないといいましたが、 エルフの誇りとして そのような施しを受けるわけにはいけないといいました。 そしてオルクは、妻ティータの実家を助けるのは当然で、 プライドも大事だが民を見殺しにしてもいいのかと尋ねました。 それでも村長は 切り詰めていけばなんとかやっていけるといいました。 しかしオルクは、 そのようなことをしていけば、 病人などがでてしまって、 より負荷が重なり悪循環になってしまうといいました。 そして村長はお礼に差し出せる代価がないといいました。 そしてオルクは代価は魔蟲の死骸がほしいといいました。 魔蟲の死骸をオルクなら有効活用できるため、 食料を買うために使うお金より 何十倍も稼げるため十分だといいました。 そうしてようやく村長は、オルクにお願いをすることにしました。 魔蟲の粘液を排除するオルク 畑の持ち主のエルフが魔蟲の粘液を取り出そうとしますが、 なんでも溶かすため移動させることすらできず、 畑が終わったと思いました。 そこにオルクが来て、 水の精霊を出し水で粘液を包み込みました。 なんでも溶かす粘液を包み込んだ水は けして汚されない清浄な水のため溶かすことはできない とオルクはいいました。 そして次に土の精霊を出し穴を掘りました。 そしてあたりの粘液をその中に入れ片付けてしまいました。 そして畑の持ち主のエルフは、 オルクに心の底から感謝しました。 魔蟲の死骸 ティータは魔蟲の死骸がお金になるのか疑問でした。 そしてオルクが、 この皮は勇者の力で全力で放った 火魔術でも燃やしきれなかったので、 防具としてみるなら世界最高の素材だといいました。 そしてオルクはティータに剣で切ってみるようにいいました。 そして言われた通り切りにいってみるティータでしたが、 全く刃が通りませんでした。 そしてオルクが、 これでこの皮の価値が分かっただろうといいました。 しかし価値は分かっても 切れないのではどうしようもないので、 どうするのか聞くとオルクは、 大賢者マリンから卒業祝いでもらった 仕込み刀の杖を取り出しました。

次の

【これでてめえも族長だ!】 #01 そもそもオルクとは?

オルク オーク

Contents• 村を復興させるために とりあえず冬を越せるための食料を提供したいといいました。 そして村長は、 たしかに魔蟲のせいで畑が潰されて 食料が蓄えられていないといいましたが、 エルフの誇りとして そのような施しを受けるわけにはいけないといいました。 そしてオルクは、妻ティータの実家を助けるのは当然で、 プライドも大事だが民を見殺しにしてもいいのかと尋ねました。 それでも村長は 切り詰めていけばなんとかやっていけるといいました。 しかしオルクは、 そのようなことをしていけば、 病人などがでてしまって、 より負荷が重なり悪循環になってしまうといいました。 そして村長はお礼に差し出せる代価がないといいました。 そしてオルクは代価は魔蟲の死骸がほしいといいました。 魔蟲の死骸をオルクなら有効活用できるため、 食料を買うために使うお金より 何十倍も稼げるため十分だといいました。 そうしてようやく村長は、オルクにお願いをすることにしました。 魔蟲の粘液を排除するオルク 畑の持ち主のエルフが魔蟲の粘液を取り出そうとしますが、 なんでも溶かすため移動させることすらできず、 畑が終わったと思いました。 そこにオルクが来て、 水の精霊を出し水で粘液を包み込みました。 なんでも溶かす粘液を包み込んだ水は けして汚されない清浄な水のため溶かすことはできない とオルクはいいました。 そして次に土の精霊を出し穴を掘りました。 そしてあたりの粘液をその中に入れ片付けてしまいました。 そして畑の持ち主のエルフは、 オルクに心の底から感謝しました。 魔蟲の死骸 ティータは魔蟲の死骸がお金になるのか疑問でした。 そしてオルクが、 この皮は勇者の力で全力で放った 火魔術でも燃やしきれなかったので、 防具としてみるなら世界最高の素材だといいました。 そしてオルクはティータに剣で切ってみるようにいいました。 そして言われた通り切りにいってみるティータでしたが、 全く刃が通りませんでした。 そしてオルクが、 これでこの皮の価値が分かっただろうといいました。 しかし価値は分かっても 切れないのではどうしようもないので、 どうするのか聞くとオルクは、 大賢者マリンから卒業祝いでもらった 仕込み刀の杖を取り出しました。

次の